ご近所物語の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ご近所物語』とは、1995年から矢沢あいが雑誌『りぼん』で連載した漫画、及びそれを原作としたアニメ作品。コミックは全7巻。自分のブランドの店を持つことが夢である主人公の幸田実果子と、彼女が通う矢澤芸術学院(通称:ヤザガク)でファッションに関する勉強をする個性豊かなキャラクターたちとの学生生活を描く。自分の夢や将来、そして恋愛などについて高校生の男女が、悩みながら成長していく青春恋愛漫画。

ヤザガクには夢や希望をもって入学してくる生徒が多い。そんな中では、はっきりとした夢や希望が持てないと周りから取り残されてしまう。茉莉子は夢や希望を持てずにおり、その結果学校を突如辞めてしまう。弟である新太郎は勇介に茉莉子のことを止めて欲しいとお願いをするが、ヤザガクでやりたいことを見つけられずにいた勇介は茉莉子の気持ちがわかり、引き留めずに茉莉子の選択を受け入れる。新太郎はそのことを冷たいと感じたが、勇介は茉莉子の決断を受け入れた思いを語る。

太田麻衣の名言・名セリフ/名シーン・名場面

ピィちゃん「なかなか思うように計画進まないね。次のフリマはいつやれるのかなぁ…」

実果子とリサの友達でアキンドメンバーの一人であり、愛称はピィちゃんと呼ばれている太田。アキンドの活動をすごく楽しみにしているのだが、バイトや恋愛などでなかなか次のフリマ活動の予定が決まらないことを嘆いたセリフ。ピィちゃんのもどかしさがよく伝わってくる。

中須新太郎の名言・名セリフ/名シーン・名場面

新太郎「それって優しさ?それとも見はなしてんの?」

茉莉子の弟で、アキンドのメンバーの一人である新太郎。ドレッドヘアーで浮かれた性格が特徴だが、姉である茉莉子のことは大切に思っている。茉莉子が学校を辞め、横浜の実家に戻ってしまったことを勇介以外には告げずにいたことを心配した新太郎は勇介に相談をする。しかし、勇介は茉莉子が誰にも言わずに学校を辞めたことは自分の意思だと解釈し、アキンドメンバーに伝えることはしない。そんな勇介の態度に対して新太郎が言った言葉。いつもは浮かれたキャラクターが真顔で勇介に喧嘩腰で挑む姿は姉に対する思いの強さが表れて非常に緊迫したシーンとなっている。

西野ジローの名言・名セリフ/名シーン・名場面

ジローの素顔

ツトムの友達でアキンドの仲間の一人のジロー。彼の特徴は、リーゼントにサングラスに関西弁。一度も素顔を見せたことがなかったジローであったが、漫画が最終回を迎える際に、ピィちゃんにだけならという理由でサングラスを外したジロー。ピィちゃんの理想のタイプは白タイツの似合う王子様という高めのものだが、そんな彼女がジローの素顔を見た瞬間に鼻血を吹き出してしまう。ピィちゃんのリアクションから驚くほど端正な顔の持ち主であろうことは想像できるが、結局その素顔は明かされることはなかった。

及川歩の名言・名セリフ/名シーン・名場面

歩「『よかったネ』『田代くん』 ……だめだ…言えないや… どうしよう…困ったな…… 笑って言えるはずだったのにな… どうしよう……」

ツトムの友達で、ツトムの紹介でアキンドに入ることとなった歩。歩はずっと田代への恋心をひた隠しにし、田代と茉莉子がうまくいくようにお節介を焼いたりしていた。そのおかげでヨリを戻すこととなった田代と茉莉子。その報告を聞いた歩は、田代の前では泣かずに、一人屋上へ向かいこのセリフを言いながら泣き出してしまうのである。

徳森浩昭の名言・名セリフ/名シーン・名場面

徳ちゃん「あのねおまえ達…いつも言ってるけどここは酒出す店で子供の来るところじゃ……」

実果子とツトムと同じマンションに住んでいる2人の兄貴的存在の徳森浩昭、通称「徳ちゃん」。バーのオーナーをしており、落ち着いた店を目指しているが、いつも実果子とツトムが喧嘩をしつつ訪れるためなかなか理想の店にはできずにいる。そんな2人をなだめつつ未成年だからバーに来てはいけないことを優しく伝えたセリフ。2人は徳ちゃんの話を聞くことなく、この後も何度もバーに訪れるシーンが描かれている。

陶波法司の名言・名セリフ/名シーン・名場面

のりじ「お帰り実果子ちゃん」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ご近所物語(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ご近所物語』とは1995年から矢沢あいが雑誌『りぼん』で連載した漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。自分のブランドの店を持つことが夢の実果子。矢澤芸術学院(通称:ヤザガク)でファッションに関する勉強に励んでいる。実果子は幼馴染で同級生のツトムとは友達以上恋人未満の関係。二人を中心に個性豊かなキャラクターたちが、夢のためにどう生きていくか、愛とはなにかなどを学んでいく。大人になる途中の男女が、将来のために何をしていくべきなのかを考えながら成長していく青春恋愛バラエティ漫画。

Read Article

NEW

NANA(ナナ)のネタバレ解説・考察まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画。実写映画化、アニメ化もされた人気作。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説・考察まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。 創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

Read Article

NANA(ナナ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画で、実写映画化、アニメ化もされた人気作だ。最初は2話のみの読み切りとして描かれていたが、「連載して欲しい」という要望が多数あったため連載がスタートした作品。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

NANA(ナナ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『NANA』とは、矢沢あいによる少女漫画及びそれを原作としたアニメ・実写映画。この記事では、『NANA』のアニメに使われた歴代のオープニング・エンディング主題歌・挿入歌と、実写映画の主題歌・挿入歌を紹介する。アニメの主題歌は土屋アンナが歌唱を担当したことでも話題となった。実写映画の主題歌についても、日本レコード大賞特別賞を獲得するなど高い評価を受けている。

Read Article

NEW

Paradise Kiss(パラダイス・キス)のネタバレ解説・考察まとめ

『Paradise Kiss』とは1999年より矢沢あいが女性ファッション雑誌『Zipper』に連載していた漫画、およびそれを原作としたアニメ、映画作品である。母親の期待に応えるため受験勉強に明け暮れていた早坂紫が、矢澤芸術学院服飾科のジョージ、美和子、嵐、イザベラたちパラダイス・キスのメンバーと出会い、モデルを目指す物語。恋愛と将来の夢、家族との関わりを通して、成長していく姿と作中のオシャレな服が魅力的。ジャンルは少女漫画。矢沢あいの作品「ご近所物語」の続編作品である。

Read Article

目次 - Contents