ご近所物語の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ご近所物語』とは、1995年から矢沢あいが雑誌『りぼん』で連載した漫画、及びそれを原作としたアニメ作品。コミックは全7巻。自分のブランドの店を持つことが夢である主人公の幸田実果子と、彼女が通う矢澤芸術学院(通称:ヤザガク)でファッションに関する勉強をする個性豊かなキャラクターたちとの学生生活を描く。自分の夢や将来、そして恋愛などについて高校生の男女が、悩みながら成長していく青春恋愛漫画。

実和子は何か嫌なことがあるとすぐにおなかが痛くなってしまう。リサの息子である嵐と徳森の息子である浩行は幼馴染の実和子を元気づけようとクリスマスプレゼントに彼女が欲しいと言った星の代わりに金平糖を買って届けようとする。しかし、金平糖くらいで実和子のお腹が治るわけはないとわかっている嵐と浩行は「こんなもので治ったら奇跡だけど」とつぶやく。その言葉に対する返し。

幸田留里子の名言・名セリフ/名シーン・名場面

パトリシア

元夫である広彦の写真展にこっそり向かった実果子の母親の留里子。受付で芳名帳に記入を求められてしまい、自分が来たことをばれないように本名ではなく咄嗟に書いた名前。広彦は芳名帳をのちに見た途端に「パトリシア」というインパクトの強い名前を書く人物なんて「留里子しかいない」ということで、彼女が来たということがわかり、大笑いしていた。

浜田の名言・名セリフ/名シーン・名場面

浜田「手にした服をどう着こなすかは お客様が決めることよ。それが服を選ぶ楽しみにつながると私は思うけど…」

アキンドの活動を見に、実果子たちの担任である浜田は、フリマ会場を訪れる。その際、実果子の作った服のサイズが小さすぎて売れていないということを指摘する。「色もデザインも小柄な人に似あう服だから」と言う実果子の意見に対し、浜田が言った言葉。厳しくてストレートなセリフであるが、将来性のある実果子に対してだからこその言葉でもある。浜田の言葉に対し、着る側に服を選んでもらうということが大事だと学び、実果子も素直に納得する。実果子は反省し落ち込むが、その後実果子の作ったリュックが売れ、もう一度頑張ろうという気持ちになる。

浜田「たかが1年ちょっと離れたぐらいでダメになる恋愛ならどのみちダメよ」

ツトムと離れたくないからと、ロンドン留学を一度は断った実果子。しかし、担任である浜田は実果子の実力を評価していた。そのため、恋人を理由にロンドン留学を断り夢を諦めるなんてありえないという意味を込めて実果子に伝えた言葉。

中須茉莉子の名言・名セリフ/名シーン・名場面

茉莉子「どーでもいー人と世界広げても、中身が空っぽってカンジ それなりに楽しーけどなにしても感動がないのよねー」

中須茉莉子は実果子やツトムの一つ上の先輩。彼女はスタイルもよくきれいな容姿をしているためミス・ヤザガクを獲得したこともある。しかし、そんな彼女の周りには彼女の容姿目当ての人達ばかり集まってしまう。そんな人たちと適当に遊んでいた茉莉子であったが、ツトムの実果子に対する愛情を知って自分の行動の虚しさを実感したときのセリフ。

田代勇介の名言・名セリフ/名シーン・名場面

勇介「おまえよくもおれをここまで本気にさせてくれたよなぁ」

田代勇介はツトムの友達で、アキンドの仲間の一人。茉莉子と付き合ったり別れたりを繰り返しダラダラした学生生活を送っていた。絵の才能があるのに、真剣にならない勇介に対しお節介をやいてしまう歩。歩は勇介のことがずっと好きでいたが自分の気持ちより勇介の幸せを優先し、恋心はひた隠しにしつつ勇介を応援していた。茉莉子と別れた勇介は自分のことを見直し、絵に対しても真意に向き合うことを決める。そして、歩に対する恋心を自覚し、歩に告白をしたときのセリフ。この告白後、歩と勇介は付き合い、後に結婚することとなる。

勇介「てめぇの明日も見えねぇのに おまえとの未来に保証なんかできない 幸せに…なって下さい」

お互い好きあっているのに、些細なことで喧嘩ばかりを繰り返す勇介と茉莉子。すれ違いばかりを繰り返した結果、付き合っていくのは難しいと思い、茉莉子は幼馴染と付き合い始める。そのことを聞いた勇介は茉莉子に説得しに行くが、自分では茉莉子のことを幸せにしてあげることはできないとわかったときの、別れの言葉。

勇介「この学校の連中はさ、みんなそれなりに夢やら目標やらがあって、 それを当然のことみたいに思ってる。 おれらのトシでそんなの見つかってる方がめずらしーのによ。 そんなヤツらの中で、自分見失って置いてかれるヤツの気持ちが、おまえわかる? 置いてかれないように必死になってるヤツの気持ちがわかる?」

toumyoubien0
toumyoubien0
@toumyoubien0

Related Articles関連記事

ご近所物語(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ご近所物語』とは1995年から矢沢あいが雑誌『りぼん』で連載した漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。自分のブランドの店を持つことが夢の実果子。矢澤芸術学院(通称:ヤザガク)でファッションに関する勉強に励んでいる。実果子は幼馴染で同級生のツトムとは友達以上恋人未満の関係。二人を中心に個性豊かなキャラクターたちが、夢のためにどう生きていくか、愛とはなにかなどを学んでいく。大人になる途中の男女が、将来のために何をしていくべきなのかを考えながら成長していく青春恋愛バラエティ漫画。

Read Article

NANA(ナナ)のネタバレ解説・考察まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画。実写映画化、アニメ化もされた人気作。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。大雪で足止めされた新幹線の中で、同じ名前で同い年の2人が偶然隣り合わせる。それぞれ目的を抱え東京へ向かっていた2人だったが、ひょんなことから同居することになるのだった。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説・考察まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。 創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

Read Article

NANA(ナナ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画で、実写映画化、アニメ化もされた人気作だ。最初は2話のみの読み切りとして描かれていたが、「連載して欲しい」という要望が多数あったため連載がスタートした作品。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

Paradise Kiss(パラダイス・キス)のネタバレ解説・考察まとめ

『Paradise Kiss』とは1999年より矢沢あいが女性ファッション雑誌『Zipper』に連載していた漫画、およびそれを原作としたアニメ、映画作品である。母親の期待に応えるため受験勉強に明け暮れていた早坂紫が、矢澤芸術学院服飾科のジョージ、美和子、嵐、イザベラたちパラダイス・キスのメンバーと出会い、モデルを目指す物語。恋愛と将来の夢、家族との関わりを通して、成長していく姿と作中のオシャレな服が魅力的。ジャンルは少女漫画。矢沢あいの作品「ご近所物語」の続編作品である。

Read Article

NANA(ナナ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『NANA』とは、矢沢あいによる少女漫画及びそれを原作としたアニメ・実写映画。この記事では、『NANA』のアニメに使われた歴代のオープニング・エンディング主題歌・挿入歌と、実写映画の主題歌・挿入歌を紹介する。アニメの主題歌は土屋アンナが歌唱を担当したことでも話題となった。実写映画の主題歌についても、日本レコード大賞特別賞を獲得するなど高い評価を受けている。

Read Article

NEW

Paradise Kiss(パラダイス・キス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『Paradise Kiss(パラダイス・キス)』とは、雑誌『Zipper』にて連載された矢沢あいの漫画作品である。進学校に通う早坂紫が、矢沢芸術学院生「パラダイス・キス」のメンバーからファッションショーのモデルになるよう誘われる。夢を追う彼らに刺激を受け、紫も人生への考え方に変化が表れてゆく。ファッションへの情熱やキャラクター達の人生観、恋愛模様が凝縮され、今でも人気の高い作品。ファンの心を射抜く矢沢あいの名言や名シーンを紹介する。

Read Article

目次 - Contents