【進撃の巨人】ミカサ「周りがレズだらけで私の貞操が危ない」【厳選名作SS】

進撃の巨人の厳選名作SSを掲載しています。女子寮のメンバーに貞操を狙われるミカサ。やむなく男子寮に逃げ込んでくるがそこも安心できる場所ではなく…。果たしてミカサは貞操を守り切れるのか?

ミカサ「周りがレズだらけで私の貞操が危ない」

出典: animeflow.net

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 18:35:32.01 ID:LE6OIlfW0

ミカサ「だから今日から男子寮で寝かせて欲しい」

アルミン「ダメに決まってるでしょ、とりあえず冷静になってよ」

ミカサ「アルミン、あなたは分かっていない。ここ数日私がどれだけ窮地にいたかを」

ライナー「とは言え流石にミカサといえども男子寮で寝泊まりは危険過ぎるだろう。
曲がりなりにもお前は女なんだぞ?」

ミカサ「ライナー、はっきり言わせてもらう。
男子寮で寝泊まりするほうが、私がこのまま女子寮にとどまるよりも100倍安全だと」

ジャン「そうは言っても教官が許すはずないぜ? 俺は構わないけどよ」

マルコ「ジャンが構う構わないは別としても、流石に無理だと思うよミカサ」

ミカサ「皆には迷惑をかけないと約束する。ただ私はエレンの布団で一緒に寝るだけ」

エレン「は? 大体予想は付いたけど冗談じゃねぇぞ!
俺一人でもベッドは狭いっていうのによ!」

ミカサ「ここに来る前までいつも一緒に寝ていたのだから、今更私は気にしない」

エレン「気にするのは俺だ! 大体お前の言ってること本当なのかよ!?
どう見ても女子組がレズばっかなんて信じられねぇぞ」

アルミン「確かに、いくらミカサの言うことでもちゃんと根拠を示してくれないことにはね。
にわかには信じがたいことなわけだし」

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 18:42:09.42 ID:LE6OIlfW0

ミカサ「…分かった。そこまで言うなら証拠を示そうと思う。
エレン、これを持っていて」ヌギヌギ

エレン「ちょ! 待てよミカサ! ここでいきなり服脱ぐんじゃねぇ!」

ミカサ「下着をつけているから大丈夫、心配いらない」

ジャン(眼福キター!)

アルミン「いきなり脱ぐなんて…って、何その首筋のアザ?」

ベルトルト「打ち身…じゃないよね、形的にも」

ライナー「しかも一つじゃないぞこれ…これなんなんだアルミン」

アルミン「…いや、まさかそんな…」

フランツ「それキスマークだよね、ミカサも結構やるじゃない」

エレン「キスマーク!?」

ジャン「エレンこの野郎!」

エレン「違う、俺じゃねぇぞ! つーか怖っ! なんだその顔初めてみた」

16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 18:47:30.82 ID:LE6OIlfW0

ミカサ「ここ数日、気づかないうちに誰かに付けられたらしい…。
私も鏡を見て初めて気づいた」

アルミン「その…ミカサ? これはフランツの言ったとおり…」

ミカサ「恐らくキスマークで間違いない…。そんなことを女子寮で誰かがいっていた」

ジャン「つまり、男が付けたわけじゃないんだよな!?」

ミカサ「それはありえない、エレンでない限りは」

ライナー「まぁ冷静に考えて寝こみ以外でミカサにキスマーク付けられるような奴は
104期に存在するはずないからな」

ベルトルト「そうだよね、無理無理」

コニー「試みた奴が次の日デスマスクで発見されるのがオチだな」

エレン「ちょっと待てよ。ってことは、そのキスマークは女子の誰かが付けたってことか?」

アルミン「そう考えるのが一番妥当だよね、まぁ僕はキスマーク自体を見たことがないから、
ミカサのそれが本当にキスマークなのかが判断できないけど」

ミカサ「私は事実のみを述べている、信じて欲しい切実に」

フランツ「いや、これは間違いなくキスマークだと思うよ」

一同(説得力が違う…)

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 18:54:04.33 ID:LE6OIlfW0

ミカサ「それ以外にも証拠に値する根拠が…」

コンコン

ライナー「まずい、教官か!?」

アルミン「ミカサ、とりあえず隠れて! エレン!」

エレン「おう、ミカサ、俺の布団かぶっておとなしくしとけ!」

ミカサ「う、うん…」

ジャン「ベルトルトとマルコもミカサが見えないようにそこ座っとけよ!
とりあえず俺とアルミンが出る」

ベルトルト「わかった」

マルコ(こう言うときはマトモなんだよね)

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 19:05:03.03 ID:LE6OIlfW0

ジャン(アルミン…)

アルミン(うん)

アルミン「あの、どなたでしょうか?」

クリスタ「あ、ごめんねアルミン。もしかしてもう寝てた?」

ジャン「何だクリスタかよ、びっくりさせやがって」

クリスタ「?」

アルミン「いやいやこっちの話さ。所で、こんな時間にどうしたの?」

マルコ(教官じゃなくてとりあえずは安心だ)

ライナー(なんせ天使のクリスタだからな、トラブルを持ち込むはずはねぇ)

クリスタ「あのね、まだ”女子寮”にミカサが戻ってきていないの。
誰かミカサがどこにいるのかしらないかなぁって」

ミカサ「…!」ゾクッ

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 19:10:00.93 ID:LE6OIlfW0

クリスタ「知らない?」

アルミン「……」

ジャン(あれ…? クリスタってこんな感じだったか?)

クリスタ「ねぇアルミン?」

アルミン「うーん、ごめんちょっと僕達もわからないかな…。
ミカサのことだから一人で特訓でもしてるのかもしれない」

クリスタ「そうなのかな…。ねぇエレン、本当に知らないの?」

エレン「知らねぇな。第一俺がミカサの行動逐一把握してるわけ無いだろ?
きっと一人で何かやってんだよ」

クリスタ「ふーん。そうなんだ…」チラッ

ベルトルト「な、何?」ビクッ

クリスタ「ううん。何でもないよ」ニコッ

クリスタ「そっか、ミカサここにはいないんだね」

アルミン「クリスタ、ミカサに何か用事でもあったの?」

クリスタ「私は用事ないんだけど、夜になってもミカサが戻ってこないから心配になっちゃって。
こんな時間にごめんね、それじゃ私戻るから」

28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 19:14:19.64 ID:LE6OIlfW0

アルミン「……」

ジャン「…。よし、足音は聞こえなくなったぞ」

コニー「あのさ…俺の勘違いじゃなければだけどよ」

ジャン「あぁ、みなまで言うな」

アルミン「…エレン、ミカサはどう?」

エレン「昔みたいに小さく丸まってる。リスみたいにな」

ライナー「クリスタは天使なんだよな? な? そうだろ?」

ベルトルト「ライナーちょっと黙っててよ。
しかし…いつものクリスタと様子が違ったよね…何というか…」

アルミン「ちょっと怖かったね」

マルコ「組手の時ミカサを見つめるジャンみたいな目つきだったよね」

一同「あぁー、確かに」

ジャン「おいおいそこ同意すんなよ」

30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 19:19:14.94 ID:LE6OIlfW0

ミカサ「いまので大体の状況は理解してもらえたと思う」ヒョコ

エレン「お、頭だけ出てきた」

ジャン(弱ったミカサもいいな…)

マルコ(あ、下世話なこと考えてる顔してる)

アルミン「あのさ…もしかしてクリスタって…」

ミカサ「クリスタどころではない。成績上位を占めるほとんどの女性が…」

ライナー「マジかよ」

ベルトルト「ほとんどって…アニも?」

ミカサ「えぇ。アニは最近入浴の時間強い視線を感じていた。まるで鷹のような」

ベルトルト「」

アルミン「…信じたくないけど…」

ジャン「ミカサが嘘言うやつじゃないことは分かってるしな。
それにさっきのクリスタの様子も合わせると…」

エレン「冗談キツいぜ…」

33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 19:24:26.69 ID:LE6OIlfW0

ミカサ「何より恐ろしいのは、表立って行動していないところ。
このキスマークも私が寝ている時に密かに付けたらしい。
それに、ここ最近身の回りのものが無くなることがよく起こる、
何故かなくなって2日も経つと戻ってくるけれど」

エレン「一体何に使ってるんだよ」

ミカサ「言わないで欲しい」

エレン「悪い、つい」

ジャン「そろそろ話戻すか。とりあえず女どもは黒に近いグレーだとわかった。
そんでこの後どうするかだ。ミカサを匿うか、見捨てるか」

ライナー「やけに偏った選択肢だな」

マルコ「仲間を見捨てるなんてちょっとね、ジャンの恣意的なものを感じるけど」

エレン「とりあえず数日様子見でいいだろ、それまでは俺のベットで寝とけ。
俺はアルミンのベッドに入れてもらうからさ」

ミカサ「え?」

エレン「え? じゃねーだろ馬鹿かお前。歳と周りの状態考えろっての

35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 19:28:35.69 ID:LE6OIlfW0

ミカサ「……」

アルミン「そんな顔してもダメだって」

ミカサ「…分かった。アルミンがそういうのなら、従おう…」

ミカサ以外(きっと納得してないんだろうな(ね))

エレン「そうと決まればあんまり夜遅くなる前に寝ちまうか。
遅くまで騒いでてマジで教官来ても困るしな」

ジャン「お前にしてはまともなこと言うじゃねぇか」

エレン「お前にしてはは余計だろ馬面」

ジャン「へっ、夜にミカサ襲ったりすんなよ?」

エレン「そのセリフ、そっくりお前に返すぜ」

マルコ(やれやれ)

アルミン(全く)

そして、女子寮はミカサ不在のまま、朝を迎えるのだった

36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 19:34:06.30 ID:LE6OIlfW0

???「どうだった?」

???「見つからなかったよ。多分アルミンたちがかくまってるんだと思う」

???「ちっ、今日こそはと思ってたのによ…。誰かさんが先走ってあんな事しなけりゃ…」

???「言いたいことがあるなら直接言いなよ。あんただってミカサの下着を盗んだくせに」

???「あ? ちゃんと返したからいいだろうが」

???「まぁまぁ皆さん落ち着きましょうよ。どうせ匿うと言っても長い間は持ちませんって」

???「でも長引いたら嫌だなぁ…あんなに我慢したのに。アニはいいよね、つまみ食いしたんだから」

???「だからそれは悪かったって」

???「で、だ。さっさとミカサを取り戻す方法、いい案持ってる奴いないのか?」

???「それなら私にいい考えがある。仮に男子寮にミカサがいなくてもこっちに不利益はない方法がね」

???「どんな方法だ?」

???「まぁ聞きなよ…行動に移すのは明日以降だけどね…」

40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 19:45:21.70 ID:LE6OIlfW0

翌日 朝食にて

ミカサ「…誰も見ていない?」

エレン「平気だ、今出れば誰にも見られねぇよ」

ミカサ「わかった」コソッ

アルミン「ミカサ。昨日どうして女子寮に帰らなかったのか、聞かれたらどうするんだっけ?」

ミカサ「昨日は夜一人で特訓中に教官から倉庫の掃除を命じられ、夜遅くまでそこにいた。
終わった時間が遅かったので、部屋に戻ったが鍵が閉まっていた。だから仕方なく外で夜を過ごした」

エレン「この言い訳で大丈夫か?」

アルミン「正直厳しいけど、仕方ないよ。でも長い間言いとおせる理由でもない。
早いうちに事の真偽と解決に尽力しないとね」

ジャン「とりあえず、今日はそれとなく女子共にカマかけてみるってことでいいな。
一体誰がレズで誰がノーマルなのか分からねぇと対策も撃てねぇ」

ライナー「コニーがサシャ、エレンがアニ、アルミンと俺がクリスタ、マルコがユミルだったよな」

ベルトルト「さり気なく自分を入れるなよライナー…」

43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 19:50:14.04 ID:LE6OIlfW0

ミカサ「それじゃあ私はここで別れよう。食堂であってもいつもどおりで」

エレン「おう」

アルミン「いつもどおり僕達の方に来れば問題ないよ。それじゃ後でね」

ミカサ「ありがとうみんな」タタッ

コニー「いつものミカサよりも何か可愛かったな」

ライナー「あの冷静なミカサが怖がってる姿は珍しかった」

ジャン「正直萌えました」

マルコ「自分に正直なのも考えものだと思うけどね」

アルミン「そこまで追い詰められてたってことでしょ?
相手が男ならまだしも女、しかも仲がいい友達じゃ動揺もするって」

エレン「よし、それじゃ俺達も行くか。皆で固まっていっても不自然だし、
俺とアルミンは少し遅れて行くぜ」

ジャン「そうだな。じゃ、マルコ行くか」

ライナー「ベルトルトとコニー一緒に行こうぜ」

48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 20:01:39.72 ID:LE6OIlfW0

エレン「よし、このくらいだと不自然でもないだろ、行こうぜアルミン」

アルミン「うん。ミカサがちゃんとできてればいいけど…」

エレン「まあアイツなら大丈夫だろ、心配し過ぎだって。
それに、女子のうち全員がレズってわけじゃないだろうし、味方もいるぜきっと」

アルミン「そうだといいんだけど…」

食堂

クリスタ「ミカサ心配したんだよ! どこに行ってたの!!」ギュッ

アニ「あんたのことだから一人で特訓でもしてたんだろうさ。
全く、一言いってくれればよかったのに、傷つくよ」

ユミル「私の愛するクリスタを心配させるなんていい根性してやがるな全く」グリグリ

サシャ「本当ですよ! ミカサがいないとどうにも締まりがなくていけません」

ミーナ「ほらミカサ、野菜好きだったでしょ? 私のあげるね」

ミカサ「…う、うん…でも私…エ、エレンのところに…」


アニミカサクリスタ
机机机机
サシャミーナユミル

51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 20:06:37.52 ID:LE6OIlfW0

エレン「」

アルミン「なにあれ…なにあれ」

エレン「ど、どういう事だよジャン!」

ジャン「…分からねぇ…。ただ言えることは、俺達が声をかけるまもなく、あいつらミカサを包囲しやがった」

アルミン「そんな…まさか6人全員…?」

エレン「いや、単にミカサがいなかったのを純粋に心配してるだけかもしれねぇ」

クリスタ「ほらミカサ、全然食べてないよ? 食べさせてあげる。ほらあーん」

ミカサ「クリスタ、気持ちは嬉しいけれど…」

サシャ「ミカサ、口にソースがついてますよ、拭いてあげますね」ペロッ

ミカサ「サ、サシャ!?」

アルミン「…」

マルコ「…」

エレン「…あのミカサが自分を全く制御できてねぇ…」

ベルトルト「そこの二人、なんで前かがみになってるのかな?」

ライナー「い、いや」 ジャン「ち、ちげぇって」

57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 20:20:04.79 ID:LE6OIlfW0

エレン「やべぇ…やべぇよ…」

アルミン「あ、ミカサが子鹿みたいな目でこっちにヘルプしてる」

ジャン「!」ガタン!

マルコ「お前じゃねぇ、座ってろ」

ライナー「だけどよ、あの包囲網をかいくぐってミカサを連れてくるのは至難の業だぞ」

ベルトルト「うん。まさか5人全員だなんてね…」

コニー「よし、俺が行ってくるしかねぇ!」

アルミン「コニーが!?」

コニー「恐らくあっちは昨日俺達がミカサをかくまったって感づいてやがる。
だから朝からああやって捕まえちまってるわけだ。つまり、昨日クリスタに見られた
ジャンとアルミン、そしてエレンは行ったところで警戒されるに決まってる。
だけど俺やマルコは違うだろ? 昨日も殆ど絡みなかったからな、恐らくまだノーマークだ」

アルミン「…えっと…」

男一同「どちらさま?(キャラ違わない?)」

コニー「あ、ひっでぇな! そうやって俺はアホキャラ扱いかよ!」

61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 20:25:14.93 ID:LE6OIlfW0

マルコ「でもコニー、あいつらからミカサを引き離すいいアイディアなんてあるの?」

コニー「まずサシャは芋で釣れるだろ? 一人抜ければ包囲網にも穴が空く。
その後上手いこと俺とマルコがあの場所に留まれば、
少なくともこれ以上何かが起こるってことはなくなるだろ」

マルコ「それで、僕もいかなきゃならないの?(凄い嫌な予感するんだけど)」

コニー「一人じゃ何されるかわかんねぇだろ! あいつら獣の眼差しだぜ?」

アルミン「よし、コニーの作戦で行こう。その後僕達もさり気なく会話に加わるよ。ちょうど後ろの机ががら空きだからね」

エレン「いつになくコニーが頼り甲斐あるな」

ライナー「いや、これは恐らく後々のフラグ…」

ベルトルト「よし、コニー話しかけに行ったみたいだよ…。あ」

ジャン「…飛んだな」

エレン「あぁ…小さいからな、コニーは」

アルミン「マルコも蛇に睨まれた蛙みたいになってるね」

63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 20:29:13.79 ID:LE6OIlfW0

ユミル「何かいたか?」

ミカサ「あのコnクリスタ「誰もいなかったよね」

アニ「それで、何か用?」

マルコ「」

サシャ「とりあえず、パァンはもらっておきますね。それと」

サシャ「あんま調子くれてんといてまうでおどれ」ボソッ

マルコ「」ダラダラ

ミーナ「じゃ、用事も済んだみたいだし、ほらミカサあーんして?」

ミカサ「いやだから私は…」

アニ「…そういえば、今日の格闘技の訓練。新技試してみたいんだよね…」ボソッ

ミカサ「…。頂きます」

66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 20:37:00.98 ID:LE6OIlfW0

そして訓練も終わり

エレン「酷い目にあった…なんだよ今日のアニ…」

アルミン「エレンじっとしてて、湿布上手く貼れない」

エレン「だってよ痛ッ! あいつよくわからない新技執拗に…」

アルミン「エレンはまだマシだよ…ほら」

ライナー「」ボロッ

ベルトルト「」ボロッ

コニー「オソラキレイ」

ジャン「…おい!?…そんな…お前…マルコなのか…? いやそんなはずはねぇ…」

ライナー「理不尽だろ。なんでミカサに俺がこうまでされないといけないんだ?」

アルミン「あれだよ、ミカサだってストレス発散しないとやってられないんだよきっと」

エレン「ベルトルトも地味にユミルにボコられてたしな」

ベルトルト「せめてアニが良かった…」

エレン「頭の方も重症らしい」

70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 20:41:31.25 ID:LE6OIlfW0

コンコン

アルミン「誰?」

ミカサ「私。やっと抜けだしてこられた」ハァハァ

エレン「やけに息切れしてるな」

アルミン「さぁ早く入って…ってすごい格好!」

ミカサ「はぁ…はぁ…。身体を完全に制御できるのは私だけではなかったらしい…」

エレン「シャツ…なんだよなそれ? 原型とどめてねぇぞ」

アルミン「見てないでシャツ貸してあげてよエレン! マルコ! ジャンが倒れたから介護して!」

マルコ「ほんと耐性ないんだから」

ジャン「ふふっ…悔いはねぇよ」

ライナー「しかし、奴ら見境無さ過ぎじゃねぇか? 今までは水面下でやってたはずだろ?」

ベルトルト「教官にチクられたら手を出せなくなるからね。その前にってことなのかも」

73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 20:51:33.06 ID:LE6OIlfW0

ミカサ「ふぅ…今日はじめてちゃんと呼吸が出来た気がする」

エレン「そこまでかよ、追い詰められすぎだろ」

ミカサ「エレン。もし朝から今までライナー、ジャン、ベルトルト、コニー、アルミン、マルコがニヤニヤしながら
貴方の尻を見つめていたらどう思う?」

エレン「…」

エレン「…」ゾクッ

ライナー「何故今俺を見た」

エレン「ミカサ…すまねぇ…」

ミカサ「大丈夫、貴方が悪いわけじゃない」

エレン「ミカサ…」

ジャン「…」イラッ

77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 20:56:25.88 ID:LE6OIlfW0

アルミン「所で、今日に収穫から話すことにしようか。皆何かある?」

ジャン「何かあるとか言われてもよ…もう答えは出てんだろ」

ライナー「あぁ…。残酷な現実だがな」

エレン「恐らくミカサの部屋の、ミカサ以外全員は…」

ミカサ「ガチレズ」

一同「」はぁーー…

ミカサ「それで、私の貞操が失われる前に、なんとか現状を打破したい。
アルミン、なにかいい案は考えついた?」

アルミン「やっぱり、と言うか一番効果がありそうなのは…キース教官に話すことだよね」

エレン「やっぱそれか…でもそれやると彼奴等がやばいだろ」

アルミン「うん…。この国の法律では同性愛は違法だからね。
もしこの事実を進言したら…きっと5人は無罪放免って訳にはいかないと思うよ」

ミカサ「それは困る。彼女たちはガチレズとはいえ、私にとって初めて出来た同性の友人なのだから。
誰も傷つかずに解決する方法はないの?」

80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 21:02:28.61 ID:LE6OIlfW0

アルミン(そう言われても…。今日わかったのはクリスタたちはレズじゃなくて、ガチレズだってこと。
つまりミカサをターゲットにしている以上…誰も傷つかない解決方法なんて…)

エレン(何故かここ数日ミカサを見ると胸がもやもやする)

ジャン(俺があいつらに直接…いやいやいや、それじゃ自殺と同義だ。
ミカサが俺に振り向きつつ上手く切り抜ける方法…クソッ、そんな方法あるわけねぇ!)

ライナー(いっそのことエレンとミカサが付き合うとかすればいいんじゃないのか?
エレンは否定してるがこいつらどう見ても相思相愛だ。
いくらガチレズでも彼氏、しかもエレンがいるとなれば諦めるんじゃないだろうか)

ベルトルト(とりあえずエレンと一発ヤって、純潔散らしてからだったら言葉の上では
危機は去ることになるんじゃないかな)

ミカサ(こんなに恐ろしい体験は初めてエレンにあった時以来かも知れない。
特にクリスタとアニが怖い。超怖くて体がうまく動かないくらい怖い)

マルコ(なんで今日僕あんな酷い目にあったんだろう。単なるとばっちりだったよね?)

コニー()

84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 21:07:04.38 ID:LE6OIlfW0

一同「…ふぅーー…」

アルミン「どう、みんな?」

ライナー「どうと言われてもな…ベルトルト?」

ベルトルト「流石にこんな短い時間でいい考えは出ないかな…マルコ」

マルコ「右に同じ、ジャン」

ジャン「いっその事一回好きにさせてみるとかどうよ?」

エレン「は?」

ミカサ「は?」

ジャン「まて、落ち着けよお前等…。ミカサもその尖ったの置いてくれ」

ミカサ「ジャン。返答次第では貴方のうなじが削がれることになる」

ジャン「いや何もヤるだけが同性愛ってわけじゃないだろ?
あいつらだってもしかしたら、ミカサに理解してもらいたいだけかもしれないぜ?」

エレン「理解もクソもないだろ、ノーマルとレズホモは相容れないんだよ」

ライナー「だからどうして俺を見るエレン」

90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 21:14:41.66 ID:LE6OIlfW0

ジャン「なぜか知らんがミカサの部屋はミカサ以外ガチレズだ。
そこでだ、とりあえず表面上はガチレズのふりをしていれば、
意外と最悪の事態は割けられるんじゃないかって言いたいんだよ」

アルミン「なるほど。ジャンの言うことも一理あるかもしれないね」

エレン「ちょっと待て、ついていけねぇ説明してくれ」

アルミン「だから、敢えて懐に踏み込むことによって、かえって見の安全を確保するってことだよ。
肉を切らせて骨を断つ的なあれだよ。
ミカサがエレンを好きなことは恐らく女子全員が知ってることだよね?」

ミカサ「そ、そんな…恥ずかしいことを…」ポッ

アルミン「(えぇー…)だから本番はエレンのためにとっておきたいからとか言っておけば、
最悪純潔を散らすことにはならないかもしれないってことだよ!」

エレン「オレはミカサとヤるつもりなんてないぞ」

アルミン「ちょっと黙っててエレン。幸運にも訓練兵としてここにいる期間は後半年弱。
それまで耐え抜けばいいだけの話さ」

ミカサ「なるほど…」←よく分かってない

エレン「なるほど」←最期の半年耐えるの部分しか分かってない

91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 21:20:34.32 ID:LE6OIlfW0

アルミン「だからミカサは女子寮に戻って「皆のやっていること、
私も興味が少しある…。でも怖いから始めは優しくして欲しい」
とか何とか言って切り抜ければいいんじゃないかな?
あとはのらりくらりと半年間半レズみたいな立ち位置でいればうまくいくかもしれない」

マルコ(正直無理がある気がするんだけど…)

ライナー(半年だぞ、無理だろ…あいつら魔獣だぞ)

ベルトルト(無理でしょ…。アルミンもうやけになってない?)

ミカサ「…ねぇアルミン。それうまくいくと思えないのだけれど」

アルミン「僕もうまくいくとは思ってないよ」

一同「!?」

ミカサ「ア、アルミン…?」

アルミン「だって誰も傷つかないで解決する夢の様なプランなんてあるはずないよ!!
そもそもなんでミカサの部屋はあんなにレズばっかりなのさ!?
人口の比率から考えてもありえない密度だよ、絶対感染源がいるよ」

ジャン「アルミン落ち着け、答えがないからってテンパるんじゃねぇ」

アルミン「なんでクリスタまでガチレズなんだよ! もうどうにもならないじゃん!」

97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 21:27:02.71 ID:LE6OIlfW0

ライナー「!」ピクッ

ライナー「おい皆、誰か近づいてくるぞ」

アルミン「まさかまたクリスタ…?」

エレン「ミカサ、隠れとk」キース「アッカーマン」

アルミン(まずい!)

ジャン(何か言い訳を…!)

ミカサ「…」

キース「…ミカサ・アッカーマン。ここにいるんだろう? 返事をしろ」

ミカサ「…はい、教官…」

キース「とある訓練兵から進言があった。アッカーマンが夜な夜な男子寮に通っているとな。
何か申し開きする理由があるか?」

ミカサ「…いえ…あのですが…」

アルミン「教官! 僕らは教官がご想像しているようなことは一切していないと証明できます!」

キース「君には聞いていないアルレルト訓練兵」

ジャン「教官。僕たちはただ、この時間にアルレルトから座学の内容を教えてもらうことにしていただけです。
アッカーマンは今季座学の成績を落としたため、こうやって男子寮にまで来て勉学に励んでいただけですが」

103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 21:35:42.52 ID:LE6OIlfW0

キース「それが男子寮に女子訓練兵が来ていい理由になると思っているのか?」

ジャン「それは、共同の自習室のことを言っておられるのですか?」

キース「…」

ジャン「今まではあの部屋を使い勉学に励んでいました。
しかしながら先週から部屋の燭台が故障し、勉学を試みるに十分な環境でなかったことは明白であります」

ジャン「そして、この部屋にいる私を含む7名は、皆トップに近い成績を残しています。
わざわざ合い挽きまでしてそれを捨てる理由があるでしょうか?」

キース「…」

ジャン「加えて、断言できる事実でありますが…。
僕らの中で一体誰が、ミカサ・アッカーマンに暴行を加える事が可能でしょうかキース教官」

キース「……」

ジャン(ダメか…?)

キース「ふっ…。確かにその通りだ。キルシュタイン訓練兵、中々の申し開きだった。
しかし、本来時間外で男子寮に女子訓練兵が通うことは禁じられている、逆もまた然り。
アッカーマン訓練兵は本来の持ち場に戻り、二度とこのようなことの無いように。
また、貴様らの勉学のため、早急に変わりの燭台を手配しよう」

110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 21:41:41.77 ID:LE6OIlfW0

キース「消灯時間はとうに過ぎている。勉学に励むのも結構だが、
休むことも訓練の一環だ、それをゆめゆめ忘れるな」

ガチャン

ジャン「…」

一同「…」

ジャン「ふぅ――…。危なかった…、こんなんで憲兵団の道を閉ざされるなんて勘弁だ」

アルミン「助かったよジャン」

ライナー「正直終わったかと思ったぞ」

マルコ「流石だね」

エレン「馬面のくせにやるじゃん」

ベルトルト「」アセダク

コニー「オレバカだからよくわかんねぇけど、助かったんだよな?」

ジャン「うるせぇ、あんまり褒めるな気持ちわりい…」

ミカサ「ジャン…。私達が窮地を脱したのは貴方のおかげ、本当に感謝している」

ジャン「っと…。もういいって! それに、教官が戻ってくる前にさっさと部屋戻れよミカサ。
次来た時はもう言い訳思いつかねぇぞ!」

115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 21:46:48.67 ID:LE6OIlfW0

ミカサ「そうしよう。みんな、迷惑をかけて申し訳なかった」

アルミン「迷惑だなんて思ってないよ、ねぇ?」

ライナー「まぁな、だがオレに理不尽な暴力を行使するのは止めてくれ」

ベルトルト「ははっ、確かに」

エレン「ほらさっさといけよ、あと。服後で返せよ」

ジャン「二度とゴメンだぜったく」

マルコ「素直じゃないんだから、耳赤いし」

バタン

男子一同「……」

コニー「あのよ…俺がバカだったら聞き流して欲しいんだけど、
まだ何一つ解決してねぇよな?」

男子一同「…そ、そういえば…」

ミカサ(私のわがままのせいで、エレンだけでなく皆を危険にさらしてしまった…。
こういうことは二度と起こさないようにしないと…)

ガチャ

クリスタ「おかえりミカサ、大変だったでしょ? 大丈夫だった?」ニッコリ

120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 21:54:52.41 ID:LE6OIlfW0

ミカサ「えっ…なんで知って」

クリスタ「ほらほら、もう夜遅いんだから早く部屋入って入って!」

ミカサ「え、あの」

バタンガチャリ

ミカサ「???」

クリスタ「ほら座ってミカサ。良かったね戻ってこれて」ニッコリ

ミカサ「…どうして?」

クリスタ「ん?」

ミカサ「さっき、どうして私に大変だったと聞いたの? 何故知っているの?
あなたは私に何があったかしらないはず、そうでしょ?」

クリスタ「あぁーー」

ユミル「ほらやっぱりボロだしたよクリスタ」

ミーナ「だってミカサの匂いがするって凄い興奮してたもんね!」

アニ「ふん…アホらしい」

サシャ「まだじゃんけん負けたの根に持ってるんですか?」

124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 21:59:09.21 ID:LE6OIlfW0

クリスタ「だって教官にチクったの私なんだもん」ニコッ

ミカサ「」ゾクッ

ミカサ「…ちょっとトイレに…」

ガシッ

ユミル「まぁまぁ、ちょっと座って落ち着こうぜ? な?」

アニ「そうだよ…ずっと一緒だったのにいきなりいなくなったりして…。つれないじゃないか」

ミカサ(動かない…!?)

ミカサ「…いつ私があそこにいると気づいたの?」

クリスタ「勿論昨日部屋に行った時だよ、当たり前でしょ?」

ミカサ「私の姿は見えていなかったはず」

クリスタ「見えてなくってもわかるよ…。匂いでね」ニカッ

ミカサ「っ!」

クリスタ「ミカサの上品なメスの匂いなんて、何処に至って感じ取れるに決まってるよ。
だって何度も何度も嗅いできたんだもん」

131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 22:06:51.58 ID:LE6OIlfW0

クリスタ「それなのに…ミカサったらひどいよ。そんなに蠱惑的で優雅な匂いを漂わせてるのに、
汚らしい雄臭い匂いを付けてこようとするんだもん。そんなの絶対ダメ」

ミカサ「クリスタ…近い…」

クリスタ「ねぇミカサ? あなたを初めてみた時から、私きっとこの人になら殺されてもいいって思えるようになったの
ふふっおかしいと思うでしょでもこれはおかしくなんかないんだよきっと運命みたいなやつなんだと思う
ほらこんなにいい匂いがしてる今ちょっと怖いんでしょ?わかるよだってミカサの匂いはいつだって嗅いできたんだから
あっ!首筋に冷や汗流れてる綺麗ミカサって汗の匂いも素敵だよね本当は汗の匂いなんてくさいはずなのに
ミカサの匂いはまるで私にとっては香水みたいに感じられるんだよこれも私とミカサが特別な何かで結ばれてる
証なんじゃないかなって思うんだえへっちょっと味も見ていいかなきゃっ今の声ミカサが出したの?
可愛いもっと聞かせて?いつもの冷静なミカサとは思えない女の子の声聞いちゃった聞いちゃった!
そんな目で私を見ないでよミカサだってミカサが悪いんだもん私達ずっとミカサのこと見てきたのに
あんな汚らしい奴らと一緒に異様だなんておかしいと思うよね?絶対思うよだって同性愛は世界の真理だもん
きっとミカサも理解できるよ大丈夫優しくするから最初だけだよ辛いのはそこを乗り越えたらきっと新しい世界が…」

ミカサ(これはヤバイ)ダラダラ

ユミル「おいクリスタ、あんまり独り占めすんなよ…。私にも味あわせろよ」ぺろっ

ミカサ「ユ、ユミル!?」

136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 22:14:08.96 ID:LE6OIlfW0

ユミル「お前の髪…綺麗だよな…」

ミカサ「…」

ユミル「初めてお前の髪を見た時私は頭がおかしくなったのかと思ったんだだってそうだろ?
女の髪を見てるだけで私気づいたら濡れてたんだぜ?しかもパンツから糸引くくらいにしっとりとな
馬面が似たようなこと感じてたらしいけど最初に気づいたのは私だあぁなんて綺麗なんだろうな
漆黒なのにまるで碧色がかったこの黒髪なのにどうして切っちゃったんだよ!!あの雄ブタのせいだろ?
アイツが私のミカサを騙したんだ許せないこのきれいな黒髪を切っちゃうだなんてさ理解できないね
勿論あの時切ったミカサの髪は残らず保存してあるから安心してくれミカサの髪を捨てるなんてありえないだろ?
ほら手櫛ですくだけでもこんなにつややかで光沢があるでも少し油が残ってるなミカサもしかして頭洗ってないんじゃないか?
勿論それでも私は構わないけどなむしろ洗ってないほうが自然なミカサを感じることができるからいいかもしれない
って思えてきたよほら今の私こんなにぐしょぐしょだろ?みかさはどうなんだおいおい今更なんで嫌がるんだよ
もうミカサが帰ってくるのはここしかないんだぞ楽しまないと損だってミカサあぁミカサ…お前の髪にこすりつけていいか
いやもうこすりつけるって今決めたもう拒否なんかさせないぞほらても縛ったから逃げられないよミカサミカサミk…」

ミカサ「」ドンビキ

アニ「あんた邪魔だよ。その位置じゃダメなんだ…そうだろ?」

アニ「ほら、なんてきれいな瞳なんだろうね…ミカサ」

141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 22:21:04.25 ID:LE6OIlfW0

アニ「なんで目をそらすのさ? 傷つくよ…。でもあんたの潤んだ瞳…
その瞳のせいなんだから…責任、取ってよね」

アニ「本当はずっとまえからこうしたかったんだよミカサふふふだって最初は話しかけることも出来なくてね
ほんとうに辛い毎日だったよでも訓練が始まってからは違った毎日が天国に変わったんだ
こうやってあんたと同じ部屋で毎日を過ごせることがねそして私はいつもあんたのその瞳を見つめていたんだよ
でもあんたの瞳はあの死にたがりの方ばかり見ていて辛いったら無かったよだからアイツと訓練することにしたんだ
その途中で死にたがりを痛めつければあんたはあたしを見つめてくれるからね案の定あんたはそうしてくれた
その漆黒のうつくしくまめやかな瞳で私を殺さんとばかりに見つめてくれたその時の私の気持ちがわかる?
きっと誰にもわからないと思うし理解してもらおうとも思わないんだきっといつか私はあんたに殺されるのかもしれないね
でもいいんだその時には私の瞳とあんたの瞳を同じ瓶に浮かべて欲しいよそうして死んだ後も一緒に
いや死んでからも永遠に同じ景色を見続けることが出来るそうだろう?なんで目をそらすんだいミカサ
でも潤んだ眼差しも綺麗だよこれからはあんな奴は見つめないで私だけを見つめてそうしてくれたら私は…」

ミカサ「…!?」

ミカサ(足が!?)

サシャ「ミカサの足って…すべすべしていて美味しそうです…
どんなアジがするのか…確かめてもいいですよね? ね?」

king0523
king0523
@king0523

Related Articles関連記事

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツは『進撃の巨人』の登場人物で、「始祖ユミル」とも呼ばれている。エルディア人こと「ユミルの民」の始祖となった女性で、光るムカデのような生物と接触したことで彼女は「始祖の巨人」の能力を得たとされている。マリア・ローゼ・シーナという名前の3人の娘達がおり、パラディ島の3重の壁は彼女達の名前から名付けられた。ユミルの死後、巨人化能力は3人の娘達に引き継がれ、さらに子々孫々に脈々と継承されることとなった。

Read Article

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団に所属する兵士長。1人で1個旅団(約4000人)並みの戦力を持つとされ、「人類最強の兵士」として名高い。三白眼と刈り上げた髪型、小柄な体格が特徴で、ブレードを逆手に持って回転しながら巨人の肉を切り刻む戦闘スタイルを好んでいる。性格は冷静沈着で無愛想。スラム出身ということで言動も粗暴である。神経質で潔癖症だが、部下の最期を看取る際には汚れを気にせず手を握るという仲間想いの一面もある。

Read Article

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄。「獣の巨人」の継承者として調査兵団の前に立ちはだかり、高い投擲能力で多くの兵士を殺傷した。「九つの巨人」の継承者で組織されるマーレの戦士部隊のリーダーであり、多くの戦場でマーレに勝利をもたらしてきた。しかしその真の目的はエルディア人の救済であり、全てのエルディア人から生殖能力を奪うことで巨人の力を巡るこれ以上の悲劇を起こらないようにしたいと考えている。

Read Article

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハートとは、『週刊少年マガジン』に連載されている諫山創原作の漫画・テレビアニメ作品に登場する人物である。主人公のエレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団に所属し、卒業後は憲兵団に入団する。口数が少なく感情を表に表さないため、取っ付きにくい印象を与える性格。しかし格闘技に優れており、冷静な判断を下せるため訓練兵団卒業の際は4位の成績を収める実力の持ち主。

Read Article

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガーとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の主人公。壁の外の世界に強い憧れを持っており、幼少期から調査兵団に入ることを目指してきた。その想いは、母親を巨人に食い殺されたことで一層強まり、調査兵団に入って巨人を駆逐することを心に誓う。性格は熱血漢で直情的。無鉄砲と思えるほどの勇敢さから、強大な巨人相手にも物怖じせずに向かっていく。命の危機に瀕した際に巨人化する能力に目覚め、人類の自由のためにその力を振るっていくことになる。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で、ユミルの民であることを偽造してマーレ人になりすまし、マーレ治安当局の職員として潜入していたエルディア復権派のスパイである。九つの巨人の一つである「進撃の巨人」の力を身に宿し、通称「フクロウ」と呼ばれている。 ユミルの呪いによって寿命が近い自分の代わりに、グリシャ・イエーガーにエルディア復権の願いを託して壁の中へ行くよう指示した。その後進撃の巨人を継承させる為無垢の巨人化したグリシャに捕食され、スパイとしての任務を果たし、その生涯を終えた。

Read Article

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で「車力の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成されるマーレの戦士の一員として、数々の戦場で功績を打ち立ててきた。当初は始祖奪還計画に参加せずマーレ本国を守っていたが、850年「獣の巨人」であるジーク・イェーガーと共にパラディ島に上陸する。ウォール・マリア奪還を狙う調査兵団との決戦では後方支援を担当し、負傷したジークと「鎧の巨人」であるライナー・ブラウンの逃走を助けた。性格はマイペースだが、冷静沈着で判断力に優れている。

Read Article

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の団員。主人公エレン・イェーガーとはウォールローゼ南区第104期訓練兵団時代の同期である。責任感が強く、リーダーシップもあることから同期の中ではまとめ役を担っていた。しかし、その正体はウォール・マリアを破壊した「鎧の巨人」であり、始祖奪還を目的にパラディ島に送り込まれたマーレの戦士である。正体が判明した後はたびたびエレン達と対立し、始祖の力を巡って死闘を繰り広げていく。

Read Article

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライスとは『進撃の巨人』のキャラクターでマーレの戦士候補生。戦士候補生の同期であるガビ・ブラウンに好意を抱いており、彼女を救うために「鎧の巨人」継承を目指している。内気な性格だが、「悪魔の末裔」と言われるパラディ島の人々に対しても自分達と変わらない人間だと捉える優しい心の持ち主。心的外傷を負った兵士にも親切に接しており、そこでクルーガーと名乗る負傷兵と出会い、交流を深めていく。

Read Article

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルトとは『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。金髪ボブカットの中性的な外見を持つ。大人しいが芯の強い勇敢な性格で探求心が強い。祖父の影響で人類はいずれ壁の外に出るべきだという思想を持っており、エレンが外の世界に憧れるようになったのもアルミンの影響である。小柄で身体能力は低いものの、知能や判断力はずば抜けており、エレンや調査兵団の窮地をその知略で度々救っている。

Read Article

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団第13代団長である。調査兵団は人類の生存圏を広げることを目的とし、日々巨人との死闘を繰り広げている。その類まれなる頭脳と判断力から大きな功績を挙げているが、目的のためなら手段を選ばない非情さから「悪魔的」と称されることもある。彼の真の目的は世界の真実を解き明かし、「人類は王家によって記憶を改竄された」という父の仮説を証明すること。人類最強と称されるリヴァイ兵士長を調査兵団に入れたのも彼である。

Read Article

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの父。シガンシナ区で診療所を開き街の人々から尊敬を集めていたが、シガンシナ区に巨人が流入した後行方不明となる。失踪直前エレンに巨人化の薬を打ち込み、世界の真実が隠された自宅地下室の鍵をエレンに託した。物語中盤で彼が壁外の世界から「始祖の巨人」奪還のためにやってきた巨人化能力者であったことが明らかとなる。

Read Article

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマンとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。本作のヒロイン的ポジションで、幼い時にエレンに助けられた経験から、彼を守ることを自分の使命だと考えている。驚異的な身体能力を持ち、トップの成績で訓練兵団を卒業。実戦でも1人で複数の巨人を討伐する実績を残す。性格は寡黙で口下手だが、エレンのこととなると取り乱す一面もある。物語後半において、母方の祖先が東洋にあるヒィズル国将軍家だったことが明らかになった。

Read Article

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で、「マーレの戦士」候補生。天真爛漫で型破りな性格で、憧れの従兄であるライナーから「鎧の巨人」を継承するため日夜訓練に励んでいる。パラディ島のエルディア人を悪魔の末裔として強く憎んでおり、彼らを皆殺しにして自分達善良なエルディア人を収容区から解放することを願っていた。しかし成り行きでパラディ島に渡ることとなり、そこで出会った人々との交流からガビの考え方は変化し始める。

Read Article

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツとは『進撃の巨人』の登場人物。主人公エレンの父親グリシャの前妻で「獣の巨人」ジークの母。その正体はフリッツ王家の末裔。ストーリー上、巨人の歴史と王家の情報を語る重要な役割を持つ。パラディ島に移住することを拒みマーレに留まった一族は、代々巨人の情報を隠し持っており、その末裔であるダイナはエルディア復権派と共に始祖の巨人の奪還を企てるが、計画は息子ジークの密告により失敗。ダイナは巨人化後、グリシャの後妻であるカルラを捕食する。最期はエレンの持つ座標の力で巨人の群れに喰われた。

Read Article

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタインとは『進撃の巨人』の登場人物で、調査兵団に所属する兵士。第104期訓練兵団を6番で卒業した。自己の保身を第一に考える現実主義者で、思ったことを率直に言い過ぎる性格からたびたび主人公のエレン・イェーガーと対立していた。当初は巨人の脅威から逃れるために内地への配属を希望していたが、友人のマルコ・ボットが戦死したことで考えを大きく変え、調査兵団に入団する。入団後は持ち前の現状把握能力を活かして同期のまとめ役として活躍した。

Read Article

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団所属のベテラン兵士。初登場時は分隊長だったが、後にエルヴィン・スミス団長の後を継いで調査兵団第14代団長に就任する。ゴーグル(平常時は眼鏡)を着用し、茶髪を無造作に1つにまとめた中性的な外見をしている。明るく聡明な人物だが、巨人に対する情熱は人一倍で変人揃いの調査兵団内でも特に異彩を放っている。ウォール・マリア最終奪還作戦以降は左目を負傷したことから眼帯を着用している。

Read Article

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディスとは『進撃の巨人』の登場人物で第104期訓練兵団の指導教官。スキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられている。元々は第12代団長として調査兵団を率いていたが、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせたにもかかわらず成果を残せなかったことから、自分の無能を悟りエルヴィン・スミスに団長職を引き継がせた。主人公エレンの父親であるグリシャ・イェーガーとは以前から面識があり、彼が消息を絶つ直前に顔を合わせた最後の人物である。

Read Article

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ(ヒストリア・レイス)とは、諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物。第104期訓練兵団卒業生であり、主人公エレン・イェーガーは同期の1人。小柄で温厚、思いやりのある可愛らしいアイドル的な存在として登場する。同期のユミルと仲が良い。成績10位以内に入っているが、実際はユミルからその座を譲られただけで身体能力は人並みである。本名はヒストリア・レイスといい、壁内世界の真の王家の末裔であることが後に発覚する。

Read Article

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイスとは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。壁内人類の真の王家であるレイス家当主。実質的には壁内での最高権力者である。ウーリ・レイスの兄であり、フリーダ・レイスやヒストリア・レイスの父親。正妻との間に5人の子がいたが、当時使用人として働いていたアルマとも関係を持ち、ヒストリアが産まれたことにより、事実的には子供は6人。だがグリシャにより正妻との間の子は皆殺されてしまい、生き残っている子供はヒストリアただ1人である。

Read Article

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウスとは「進撃の巨人」シリーズの登場人物であり、主人公エレン・イェーガーと同じ調査兵団に所属している女性。頭はあまり良くないが、並外れた身体能力と勘の良さは周囲からも認められている。狩猟を生業とする村の出身であるため、食べ物には目がなく食料庫からよく盗みを働いていた。方言で話すことに抵抗があるため他人には敬語で話す。天真爛漫で非常にマイペースな性格の持ち主である。

Read Article

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物で、中央第一憲兵団対人立体機動部隊の隊長。かつて「切り裂きケニー」の異名を取った大量殺人鬼だったが、ウーリ・レイスとの出会いを経て現在は中央第一憲兵団に所属し対人戦闘を専門とする部隊を率いている。リヴァイ・アッカーマンの育ての親であり、彼に戦闘技術を教えた人物でもある。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、対立した調査兵団を大いに苦しめた。

Read Article

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナとは『進撃の巨人』の登場人物で反マーレ派義勇兵の中心人物。マーレに滅ぼされた国の出身で、「獣の巨人」継承者で王家の血を引くジーク・イェーガーの信奉者として活動し、パラディ島の近代化に大きく貢献した。ジークの提唱する「エルディア人安楽死計画」達成のためなら寝食を共にした仲間すら殺害する冷酷な性格の女性。しかし実際にはマーレの被害者というのは虚偽であり、「世界を救う英雄」に憧れているだけのごく一般的なマーレ人である。

Read Article

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスターとは『進撃の巨人』の登場人物で、104期訓練兵団の卒業生。当初は駐屯兵団に所属していたが、ウォール・マリア最終奪還作戦の前に調査兵団に移籍した。「獣の巨人」を倒すための特攻作戦では唯一生き残り、瀕死のエルヴィン団長をリヴァイ達の元へ連れて行った。その後はエレンをパラディ島の救世主として祭り上げる「イェーガー派」の中心人物として、兵団総統を暗殺しクーデターを先導した。

Read Article

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリスとは『進撃の巨人』の登場人物で、憲兵団の新兵。アニ・レオンハートとは同期でルームメイト。ウェーブヘアが特徴の少女で、軽薄で不真面目な言動が多い。他の新兵同様安全な内地で楽をするために憲兵団に入ったが、実は機転の利くところがある。アニのことは愛想のない同期だと思っていたが、ストヘス区の戦闘以降行方不明になったことを心配しており、アニの正体が「女型の巨人」であることを知って大きなショックを受けていた。同期のマルロ・フロイデンベルクに好意を持っているが、マルロ本人は気づいていない。

Read Article

目次 - Contents