P.A.WORKSが今年で15周年!それを記念した企画とは…?

5df7f6f155e3f35290af963300d5ba55f67d36fa1416748993

今年で創業15周年のP.A.WORKS、おめでたいですね。
そこで今回は、そんなP.A.WORKSの作品やそれを記念した企画の詳細についてご紹介していきます!

様々な有名作品を世に出したあの『P.A.WORKS』が今年で創業15周年になりました。

15周年記念作品やイベントなど様々な企画をしているようです。
記念作品がどんなものになるのか気になります!
確か10周年記念の時は『花咲くいろは』でしたよね。
小学校受験用教材として有名な「こぐま会」とのコラボもあって、楽しみです!

それを記念して今回は私が思うP.A.WORKSの素晴らしい作品を3つ紹介していきます。

SHIROBAKO

Hp%e7%94%a8%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab

まずは、『SHIROBAKO』から!
アニメの制作進行など様々な現場を詳しく描かれています。
5人の奮闘や成長も見ることが出来る素晴らしい作品です。
ちなみにこの作品のおかげで制作進行の希望者が増えたようですね!

凪のあすから

Top visual5

続いては『凪のあすから』です。
こちらは海と陸地に住む、7人の男女の恋模様を描いています。
甘く切ないストーリーに惹かれた視聴者も多かったのではないでしょうか。
まさかこんな事になってしまうとは…!という思いがけない展開になった所も良かったです。

Another

121118

最後に私が選んだのは『Another』です!
夜見山北中学校で起こる怪奇な殺人事件を描いたホラーサスペンスです。
2012年に映画化もされましたね。
この作品が最後まで黒幕が分からないところが良いですね。
あと、キャラが個性的で魅力がありますね!

まとめ

P.A.WORKS15周年おめでとうございます!
全ての企画が楽しみですね!
あなたが思う最高傑作は何ですか?
今後も素敵な作品が生まれる事を期待しています。

関連

twitter.com

www.pa-works.jp

なつり
なつり
@natsuri0801

Related Articles関連記事

SHIROBAKO(シロバコ)のネタバレ解説まとめ

2014年10月~2015年3月に放映された日本のオリジナルテレビアニメーション作品。P.A.WORKS制作、監督は水島努。同じ高校のアニメーション同好会でアニメを作っていた、あおい、絵麻、しずか、美沙、みどりが、いつか共にアニメを作るという夢を抱えながら、それぞれの道で懸命に奮闘するアニメーション業界の日常を描いた群像劇である。全24話。

Read Article

有頂天家族(The Eccentric Family)のネタバレ解説まとめ

2013年に放映されたアニメ。 原作は『四畳半神話大系』、『夜は短し歩けよ乙女』の森見登美彦。3部作となる予定の「たぬきシリーズ」である。キャラクターデザインは『さよなら絶望先生』の久米田康治。 2013年には漫画化、2014年には舞台化された。 豪華なキャストと丁寧な描写で根強いファンがついており、2017年4月9日より第2期である『有頂天家族2』が放送開始する。

Read Article

Angel Beats!(エンジェル ビーツ)のネタバレ解説まとめ

Key所属のシナリオライター「麻枝准」が原作・脚本を手掛けた作品。 2010年にTBS系で放送された、全13話のアニメオリジナル作品である。 死後の世界の学園を舞台とし、「人生」をテーマとした青春アニメ。 テストや球技大会などの日常的な学園生活、銃火器や刀剣を用いた戦いを描く非日常な生活、登場人物の送った生前の理不尽な人生、この3つを柱にストーリーが展開されていく。

Read Article

Charlotte(シャーロット)のネタバレ解説まとめ

「Angel Beats!」に続く、Keyにより制作されたオリジナルアニメ作品。 主人公「乙坂 有宇」の成長と人間模様に焦点があてられており、思春期の真っただ中にいる「完全ではない特殊能力」を持つ仲間とともに、彼らの前に立ちふさがる残酷な運命に対して抗っていく物語である。 2015年に全13話が放送され、翌年にOVAがリリースされた。

Read Article

Angel Beats!(エンジェル ビーツ)の名言・名セリフまとめ

「Angel Beats!」は、P.A.WORKS制作によるテレビアニメ作品。 主人公「音無結弦」が目覚めると、そこは死後の世界だった。そこで出会った「仲村ゆり」に理不尽な人生を強いた神への復讐を目的とする「死んだ世界戦線」へと誘われる。音無は戦線の一員として、「天使」と呼ばれる少女と戦いを繰り広げる日々が始まる。 青春コメディ要素もありながら、人生に言及する重みのある名言を多く残す。

Read Article

目次 - Contents