猫で名画を描いてみた「スーザン・ハーバート」の絵画

Original

世界的に有名な「真珠の耳飾の少女」や「ヴィーナスの誕生」・・・それなのに、登場人物が全部猫に置き換えられている!?画家スーザン・ハーバートさんは、猫と名画を合体させた新しいアートを作り上げました。

アダムの創造

126370642642516329201

システィーナ礼拝堂にあるラファエロの名画「アダムの創造」が猫化

Delphic sibyl 1 c28195

同じくシスティーナ礼拝堂から、「デルフォイの巫女」の猫化。表情までオリジナルに似せています。

ヴィーナスの誕生

Susan herbert   gatos na arte   cats in art  7

ボッティチェリの名画もこの通り猫化

真珠の耳飾の少女

Original

ハーバートさんは、フェルメールやマネの絵画から作品を再構成するときでも、自分のスタイルをめったに変えることはありません。そうすると、バロックと印象派の境界線はぼんやりしてしまいますが……まあ……「モナ・リザ」の微笑を演じる猫を見て、一体誰がその審美的な違いに気づくでしょう?

ゴッホの自画像

Susan herbert

タッチをちゃんと似せているところが憎いです!

歴史上の人物画も

Img 7

オーストリアの王妃、エリザベートもキッチリ猫化。長い髪の毛は尻尾で表現しています。

名作映画も

227510b9274a

名画だけではなく、往年の名作映画の1シーンなども猫化しています。おなじみ「風と共に去りぬ」を猫化。

81qvghnadvl

画集のほかに、カレンダーやグッズなども発売されています。猫好きは必見!

とんとん
とんとん
@tonton

目次 - Contents