ピクミン2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピクミン2』は2004年4月に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。『ピクミン』の続編であり、ピクミンシリーズの第2作目である。2009年3月には『Wiiであそぶ ピクミン2』としてWiiに移植された。
前作の『ピクミン』で惑星から脱出した「キャプテン・オリマー」は、ホコタテ星へ帰ることができた。しかし、オリマーが勤めているホコタテ運送会社は莫大な借金を抱えてしまっていた。
前作の「愛のうた」に続き、ピクミンの特徴を歌ったCMソング「種のうた」が人気となった。

「のぞみの大地」の地下洞窟「夢の穴」の最下層にいるボス、「ヘラクレスオオヨロヒグモ」が所持しているお宝の一つ。一つで1000ポコの価値がある。
毒ガスを噴射する。

『ピクミン2』の用語

オニヨン

ピクミンの「母体」で、ピクミンたちの家のようなもの。ピクミンの各色に対して1つずつオニヨンがある。ピクミンはペレットや倒した原生生物をオニヨンに運び、新しいピクミンのための栄養源とする。ピクミンがステージ上に100匹未満の場合は、オニヨンが新しいピクミンのタネが吹き出す。既に100匹がステージ上にいる場合は、オニヨンの中でピクミンが増えていく。ペレットと同じ色のオニヨンに運び込むことで、より多くのピクミンを増やすことができる。
夜は夜行性の原生生物から逃れるため、ドルフィン号と共に上空へと避難する。
『ピクミン2』から新しく増えた紫ピクミンと白ピクミンは、ドルフィン初号機がオニヨンの代わりとなり、ドルフィン初号機の前でピクミンを呼び出すことができる。

ホコタテ星人

身長が3cmほどの小さな種族で、「キャプテン・オリマー」や「ルーイ」、「社長」とその家族がホコタテ星人となる。ホコタテ星人にとって、ピクミンの星の大気中に含まれる酸素は猛毒であり、宇宙服を着ていないと生きていけない。
『ピクミン2』では生命維持装置の準備が万端であるため、期限なく冒険することができる。

ホコタテ運送会社

廃墟のようになってしまったホコタテ運送会社

オリマーやルーイが勤めている運送会社。ホコタテ星の田舎で社長が細々と営んでいる。オリマーがいないときに、新入社員のルーイが大事な荷物である「ゴールデンピクピクニンジン」を宇宙ウサギに食べられてしまうという失敗をし、多額の借金を負ってしまった。

ドルフィン号

右がドルフィン号。社長がオリマーの許可なく売りさばいてしまう。左は社長の愛船「ドルフィン初号機」。

前作『ピクミン』で登場したオリマーの愛船。オリマーの同意なく、ホコタテ運送会社の借金のカタに売り飛ばされる。

ドルフィン初号機

オリマーが持ち帰ったお土産に反応するドルフィン初号機

社長の愛船。会社創業時からあり、年季が入っている。ドルフィン号より口うるさく、虫が苦手。洞窟などで原生生物を運び込むと文句を言われる。

ホコタテ星の通貨「ポコ」

オリマーのお土産に価値があり、10100ポコあった借金が10000ポコになった

ホコタテ星の通貨は「ポコ」である。ホコタテ運送会社の抱えた借金は「10100ポコ」であったが、オリマーが子供のために持ち帰ったお土産に思わぬ価値があり、残り「10000ポコ」となった。

花ピクミン、蕾ピクミン、葉ピクミン

ピクミンの頭に生えている葉には成長段階がある。生まれてすぐの時は葉ピクミンで、葉ピクミンや蕾ピクミンが大地のエキスを吸うと花ピクミンになる。地面に埋まったまま時間が経過すると、葉ピクミンは蕾ピクミンに、蕾ピクミンは花ピクミンになる。
花、蕾、葉の順で攻撃力が高く、移動速度も速い。また、移動速度は紫の葉ピクミンが一番遅く、白の花ピクミンが一番速い。
前作の『ピクミン』ではフーセンドックリに吹かれると花が散ってしまっていたが、『ピクミン2』はピクミンがフリーの状態になり、少しだけ動かされるだけになった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ピクミン(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピクミン』は2001年10月26日に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。ピクミンシリーズの第1作目である。後に、2008年12月25日に『Wiiであそぶ ピクミン』としてWiiに移植された。 宇宙を旅する途中で、ホコタテ星人の「キャプテン・オリマー」は未知の惑星に墜落してしまう。そこで出会った奇妙な生物「ピクミン」と共に、未知の惑星からの脱出を目指す。 2001年11月には『ピクミン』のCMソング「愛のうた」が話題になり、愛らしいが悲しさもある歌詞が人気となった。

Read Article

ピクミン3(デラックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピクミン3 デラックス』とは、2013年にWiiUで発売された『ピクミン3』に追加コンテンツが収録された、2020年発売のNintendoSwichソフトである。母星の食糧危機を解決する為に未知の惑星に調査に赴き、その星で出会ったピクミン達と協力し食糧確保を目指す。今作から3人のキャラクターを操作することになり、キャラクターを切り替えながらそれぞれで行動することにより前作より幅広く多様な探索が行えるようになった。

Read Article

ファミコンウォーズ(Famicom Wars)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファミコンウォーズ』(Famicom Wars)とは任天堂が開発、発売した戦略・戦術型シュミレーションゲームである。レッドスター軍とブルームーン軍の2チームで対戦。歩兵や戦車、戦闘機、戦艦など全16種類の兵器が登場する。交互にコマンドを進めていくフェーズ・ターン制で、通常マップ15面に最終マップ2面の全17面構成となっている。また、マップには地形効果があり、戦術性をより高めている。シンプルだが奥深く、飽きのこないウォー・シュミレーションゲームだ。派生したシリーズが各種存在する。

Read Article

MOTHER3(マザー3)のネタバレ解説・考察まとめ

『MOTHER3』とは任天堂、東京糸井重里事務所、ハル研究所、ブラウニーブラウンが開発し、任天堂から発売されたゲームボーイアドバンス専用のロールプレイングゲームである。『MOTHERシリーズ』の3作目。人の優しさ、人と人との繋がりが描かれる場面が非常に多く、多くのプレイヤーの感動や共感を呼んだ。舞台となるのは謎の時代・謎の世界に存在するただ一つの島、ノーウェア島。そこで悪事を働くブタの覆面をした兵士たちと、彼らと相対するリュカたちとの戦いを描く。

Read Article

「ピクミン3」ゲーム紹介前編~ピクミンと力を合わせて生き残れ!~

現在、「ピクミン」の最新作はWiiUで発売されている「ピクミン3」。「その名前は聞いたことがある」とか、「CMは見たことある」と言う方は多いと思いますが、「ピクミン」がどんなゲームか、ご存知ですか?今回は、このゲームの目的(ストーリーのはじまり)と、小さな相棒・ピクミンたちについてご紹介します!

Read Article

「ピクミン3」ゲーム紹介後編~「ピクミン」はアクションサバイバルゲームだった~

現在、「ピクミン」の最新作はWiiUで発売されている「ピクミン3」。「その名前は聞いたことがある」とか、「CMは見たことある」と言う方は多いと思いますが、「ピクミン」がどんなゲームか、ご存知ですか?今回は、アクションサバイバルゲームとしての「ピクミン」の魅力と、遊び方をご紹介します!

Read Article

目次 - Contents