【進撃の巨人】ミカサ「アルミンが反抗期になった」オロオロ【厳選名作SS】

進撃の巨人の厳選名作SSを掲載しています。なんだか最近アルミンの様子がおかしい事を心配するエレンとミカサ。もしかして反抗期では?と温かく見守ろうとします。普段見られないアルミンの反抗期が楽しめるSSです。

ミカサ「アルミンが反抗期になった」オロオロ

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 00:19:51 ID:Wp1/87KM

ミカサ「エレンどうしよう」アセアセ

エレン「兄貴分の俺と、姉貴分のおまえで何とかするしかねーだろ」アセアセ

6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 01:09:36 ID:Wp1/87KM

ーーエレンsideーー

エレン「アルミン!まだ寝癖治ってないぞ!」

アルミン「チッ……」スタスタ

エレン「」

ーーミカサsideーー

ミカサ「アルミン。ご飯食べるときは肘を突いてはダメ。行儀が悪い」

アルミン「うるさいなぁ……」ボソッ

ミカサ「!?」ビクッ

25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 02:12:36 ID:Wp1/87KM

エレン「ということがあったんだ……」ズーン

ミカサ「私もこういうことがあった……」ズーン

エレン「アルミン……どうしちまったんだろう……」

エレン「今までこんなこと一度も無かったのにな……」

ミカサ「優しくて、賢いアルミンがそんなこと言うなんて考えられない」

ミカサ「きっと夢だったのだろう……」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 02:19:29 ID:Wp1/87KM

エレン「現実を見ろよ……最近妄想癖が酷いって女子が言ってたぞ……」

ミカサ「その女の名前を聞きたいけど、今はアルミンのことが優先」

ミカサ「エレン、何か知ってることはないの?」

エレン「全くわかんねぇ……昨日の夜まではいつものアルミンだったんだけど、朝起きたらこれだ……」

エレン「ミカサは何か心当たりはないか?」

ミカサ「心当たりは無いけど一つだけ思い当たる節がある。」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 02:30:04 ID:Wp1/87KM

エレン「何だよ!知ってるなら早く教えろよ!」

ミカサ「知ってる訳じゃない。ただの仮説だけど最近までのエレンと少し同じ感じがしただけ。」

エレン「俺と同じ?…………な、なんだよ!?早く教えろよ!」

ミカサ「反抗期。」

エレン「……はぁ?」

ミカサ「反抗期。」

エレン「……あ、あぁ……?俺に反抗期になった心当たりはねぇけど本当かよ?」

ミカサ「はぁぁ……」呆れ

ミカサ「エレンとアルミンのことを一番見てるのは私。アルミンの年齢、時期、態度、状態から見て」

ミカサ「当たらずとも遠からずと言ったところだろう。」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 02:45:07 ID:Wp1/87KM

エレン「俺に自覚は無かったけど、おまえが言うなら何となくだがアルミンの今の態度は反抗期だな!」

ミカサ「うん。可愛いアルミンなら反抗期も可愛いと思っていたら全然違って、私の心が深く削がれてしまった……」ズーン

ミカサ「エレン。私の心を癒やして欲しい。」

エレン「はぁ?今はそんなことよりどうアルミンと接してやるか考えるぞ!」

ミカサ「……正直、反抗するアルミンもエレンの時のようにお世話したり構ってあげたりしたい。」

エレン「……もし俺が反抗期だったとして考えると、無理に構うのはダメだ!」

ミカサ「どうして!」ウルウル

エレン「おまえは俺のカーチャンかっ!ってなって鬱陶しいだけだからな」

エレン「だから、少し距離をとりつつ見守ってやろう……」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 02:55:51 ID:Wp1/87KM

ミカサ「っ!!……エレンが言うのであれば従おう」ウルウル

エレン「まぁ、少し見守ってやろうぜ!深入りしないで見守ってやるのも大切だろ?」

ミカサ「分かった。できるだけ我慢してみる」

エレン「おう!じゃあ訓練行こうぜ!たしか対人格闘だったな!」

32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 03:10:14 ID:Wp1/87KM

ーー対人格闘ーー
ヒュッ バシッ ドカ ズテーン

ライナー「」チーン

アニ「はっ…図体でかいくせに情けないね」

アニ「次はあんたが暴漢役だよ。エレン」

エレン「よっしゃ!今日こそ一本とってやるよ!」

エレン「行くぞ!!」

アニ「ん?ちょっとまちな。あれ見てみな。」

アルミン「………………」スタスタ

アニ「あんたの幼なじみサボってるみたいだよ?」

エレン「(サボリも反抗期の特徴だよな……)いやっ!アルミンは今あれでいいんだ」

アニ「はぁ?あんた私が対人格闘サボってるとき呼びつけたよね?」

エレン「!あ、あれはライn」

33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 03:19:33 ID:Wp1/87KM

アニ「アルミン!」

アルミン「!??」

アニ「ちょっとこっち来なよ」

アルミン「…………」スタスタ

アルミン「……何かな?」

アニ「あんた何さぼってんのさ?」

アニ「教官の頭突きくらってそれ以上身長縮めたくなかったらちゃんと訓練するんだね」ドヤァ フンス

アルミン「……チッ」ボソッ

アルミン「アニには悪いけど余計なお世話だよ」ニコッ

アルミン「元さぼり常習犯で僕より身長が低いアニにはそんなこと言われたくないね」

アニ「」

34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 03:25:25 ID:Wp1/87KM

エレン「あ、アルミン!」

アルミン「はぁー……まだなにかあるのかい?」

エレン「(あっ!大人しく見守るんだったな!)い、いやっ……何でもない……」

アルミン「……そう……じゃあ僕はもう行くよ」

アルミン「…………」スタスタ

キース「そこまでっ!!この後は各自昼食をとれっ!!!」

アニ「」グスッ

ライナー「」チーン

クリスタ「」ジーーー

ユミル「」ジーーー

ミカサ「」ジーーー

40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:06:49 ID:Wp1/87KM

ーー昼食ーー

ワイワイガヤガヤ テンシ… パァン!!

エレン「……アニ、大丈夫か?」

アニ「は?何が?意味が分からない」

エレン「いや、さっきのアルミンのことだけど……」

エレン「まだ少し目が赤いぞ」

アニ「あ、あれはっ!……少しビックリしただけだから」シュン

41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:08:17 ID:Wp1/87KM

エレン「それなら良いんだか……」

ミカサ「エレンと……アニっ」スタスタ ギロッ

アニ「はぁー……」シュン

エレン「ミカサか、何に睨んでんだよ?」

ミカサ「……何でアニがここに座ってるの?」

エレン「席なんてどこでもいいだろ?それにアニはさっきアルミンとな……」

ミカサ「……そう」

エレン「そうって……アルミンのことなのに詳しく聞かないのか?」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:10:03 ID:Wp1/87KM

ミカサ「アルミンのことなら訓練中ずっと見守っていたから、アニとのことも見ていた。」

エレン「そうか」

アニ「ねぇ……アルミンはどうしちゃったんだい?」

アニ「まったく……傷つくよ……いつからあいつはあんな目で私を……うぅ」グスッ

ミカサ「アニ落ち着いて。アルミンは反抗期なだけ」

アニ「本当に?……私のこと嫌いになったんじゃないの?」

43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:12:06 ID:Wp1/87KM

ミカサ「反抗期とはいえアルミンが誰かを嫌いになるなんて無いと思う。」

アニ「そうかい……ふふ」ニヤ

エレン「?」

ミカサ「?」

アニ「ならお姉ちゃんとしてアルミンが反抗期抜けるまでしっかりサポートしてやらなきゃね」ニヤニヤ

ミカサ「は?」

アニ「ん?何さ?」

ミカサ「エレンとアルミンのお姉ちゃんは私。そして母であり妹であり幼なじみのポジション」

ミカサ「ので」

ミカサ「アニはお姉ちゃんではないし。お姉ちゃんポジションは譲らない」

ミカサ「しかし私も鬼ではない。」

ミカサ「ので」

ミカサ「お兄ちゃんポジションならあげよう。アニは兄だからお兄ちゃんがお似合い。」プークスクス

44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:13:22 ID:Wp1/87KM

アニ「」ブチッ

アニ「表に出な。女子力皆無の腹筋女に、金髪乙女のお姉ちゃん力見せてやるよ」ガタッ

アニ「それに黒髪のあんたと金髪のアルミンなら私の方が似合ってるから」プークスクス

ミカサ「上等」ガタッ

エレン「おまえら辞めろよ!くだらねぇことでいちいち争ってんじゃねぇ!!」

ミカサ「エレンごめんなさい。だけどこれは譲れない戦い。」

アニ「はぁ?これ以上大切なことはないから」ギロッ

エレン「」ビクッ

アニ「行くよ」スタスt

ミカサ「ええ」スタスt

46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:15:34 ID:Wp1/87KM

ギィ バタン←食堂の扉が開く音

アルミン「…………」スタスタ

エレミカアニ「」ビクッ

アルミン「…………」スタスタ

エレン「あ、アルミン!席とっておいたからここ座れよ!」

アルミン「!どうも……それよりミカサとアニ通路の真ん中に突っ立ってて邪魔なんだけど?」

ミカサ「ご、ごめんなさい……すぐ座る……」シュン

アルミン「それに食事中に席をたつのは行儀悪くないの?僕は散々ミカサに行儀のこといわれたんだけど?」

ミカサ「アルミン……ごめんなさい……」シュン

アニ「アルミン!その言い方は嫌味ったらしくて良くないよ。(お姉ちゃんアピール成功した……ふふ!)」

アルミン「ん?」キョロキョロ

アニ「どうしたんだい?」

アルミン「あぁ!そこにいたのか!アニは背が小さいから見つけるのが大変だね」ニコッ

48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:18:19 ID:Wp1/87KM

アニ「」

アルミン「…………」

アルミン「エレン」

エレン「な、なんだアルミン……?」ビクッ

アルミン「今日はひとりで食べるから」

エレン「あ、あぁ……アルミンもひとりで食べたいときもあるもんな!」ビクビク

アルミン「ん…………それじゃ」スタスタ

エレン「」ビクビク

ミカサ「」シュン

アニ「」グスッ

49 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:19:57 ID:Wp1/87KM

スタスタスタスタ

ユミル「よぉ!おまえら!」

クリスタ「みんなこんにちは!私たちも一緒にたべていいかな?」

エレン「あぁ……かまわねえよ……」

クリスタ「ありがとう!あ、あとね!訓練中と今ちょっと見てたんだけどアルミンって……」

エレミカアニ「」ビクッ

クリスタ「反抗期だったりして……」

エレミカアニ「」ビクビク

クリスタ「あははー……そうなんだぁー……」

ユミル「ふーん……あんな男女が反抗期だからってビクビクしてんじゃねーよ」

ユミル「ぶん殴ればビビってすぐ反抗期抜けると思うぜwww」

50 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:21:49 ID:Wp1/87KM

クリスタ「ユミル!!そんなこと行っちゃだめだよ!」

ユミル「はいはい、クリスタは反抗期になっても可愛いんだろうな!」ギュー

クリスタ「うっ!苦しいからやめてよ!」

ミカサ「アルミンは強い子だから、例え殴ったって意志は変わらない」

ミカサ「それにアルミンは可愛いけど男の子。男女と言うのは止めて」ギロッ

エレン「そうだぞ!アルミンのことを悪く言う奴は女だろうがゆるさねぇぞ!!」ギロッ

ユミル「あー悪かった悪かった!だから睨むなよ」

クリスタ「ユミルがごめんね…それで、私たちは今日アルミンの変化に気づいたんだけど、いつから反抗期なの?」

エレン「それなんだか昨日までは普通だったのに今朝急に……」

ユミル(…ふーん)

51 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:23:23 ID:Wp1/87KM

クリスタ「そっかぁ…急にじゃ戸惑ってエレン達も大変だったね…」

クリスタ「私たちに出きることがあったら何でも言ってね!仲間のためだし出きることがあったら協力するから!」

ミカサ「クリスタ、ありがとう。」

ユミル「クリスタが協力するんなら私もやってやんよ」

ユミル「それに優等生の反抗期なんて面白そうだしなwwww」

ミカサ「なら優しく見守ってあげて。反抗期ならそれが一番だと聞いた。」

クリスタ「うん!分かったよ!」

ユミル「……りょーかい」

エレン「じゃあ早く飯食って午後の訓練行こうぜ!」

アニ「」グスッ

52 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:25:10 ID:Wp1/87KM

ーーそれから数日の間ーー

エレン「アルミーン!ちゃんと髪乾かしてから寝ろよ!」

アルミン「……チッ」

エレン「」ズーン

ミカサ「アルミン、寝るときお腹を出さないように腹巻きをして。風邪を引いてしまう。」

アルミン「……うるさいなぁ」ボソッ

ミカサ「」ズーン

アニ「早く寝な…夜更かしすると身長伸びないよ(お姉ちゃんっぽいこと言えた!)」

アルミン「……チビ」ボソッ

アニ「」ズーン

アルミン「……ホモ……汗っかきの巨人……雌豚……チビハゲ……放屁女……チビ女神……」

一同「」ズーン

アルミン「…………」

54 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:26:46 ID:Wp1/87KM

ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーー

ユミル「……おまえらそっと見守る気ないだろ…がっつり世話焼いてんじゃねぇか!」

クリスタ「あははは……(ちょっとアルミンが反抗期になった理由わかる気がする…)」

ミカサ「やはりアルミンのお世話をしないなんて無理だった……」

エレン「あぁ……お節介が体に染み着いてやがる……」

アニ「私はこれから成長するんだ……」グスッ ブツブツ

ユミル「はぁー……マジでおまえら何なんだよ…」

ミカサ「めんぼくない……」

ユミル「……まぁいい、ここ数日おまえら見てて分かったとこがあったからな」

ユミル「めんどくせぇが後は私に任せてみな…」

56 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:28:38 ID:Wp1/87KM

ミカサ「あなただとアルミンに変なことをする可能性がある」ギロッ

ユミル「しねぇよ!!」

クリスタ「ミカサ、ユミルを信じてあげて!ユミルはなんだかんだで面倒見がいいからほっとけないんだと思うよ!」

エレン「ユミル頼む!俺たちの心はもうボロボロだ…」

アニ「お姉ちゃんとして私からも頼むよ…」

ミカサ「は?」

アニ「……」

ユミル「任せとけ。夕食後にでもアルミン捕まえて話してみるよ」

エレミカアニ「任せた…」

57 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:30:31 ID:Wp1/87KM

ユミル「あぁ……またな」スタスタ

クリスタ「みんなまた後でね!」スタスタ

ユミル「……」スタスタ

クリスタ「……」スタスタ

クリスタ「…ユミルはやっぱり優しいんだね!」クスクス

ユミル「はぁ?何でだよ?」

クリスタ「言わなくてもわかってるくせにー!」ニヤニヤ

ユミル「ちっ…一応協力してやってるからな…これ以上こじれてめんどくさくなんのが嫌なだけだよ!」

クリスタ「ユミルはツンデレさんだね」ニヤニヤ

ユミル「クリスターーー!!今日は随分と生意気だな!こうしてやるー!!」モミモミ

クリスタ「キャャャー!!ユミルやめてよー!」

フフフ ココガエエノンカ
ソンナトコサワラナイデヨーーー
アッコリコリシテキタ……

ーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーー

58 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:32:01 ID:Wp1/87KM

ーー夕食ーー

エレン「ユミル頼んだぞ!」

ミカサ「任せた。でも変な気は起こさないで」

アニ「まぁ精々がんばりなよ」

クリスタ「ユミルなら平気だよ!頑張ってきてね!」

ユミル「正直めんどくさくてたまらねぇけどな……」

アルミン「…………」スタスタ

ギィ バタン←食堂の扉が閉まる音

ユミル「ちっ…行ってくる」

ーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーーー

59 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:33:41 ID:Wp1/87KM

ーーひとけの無い場所ーー

アルミン「…………はぁ」スタスタ

ユミル「よぉ!」

アルミン「!」ビクッ

アルミン「…ユミルが僕に話しかけるなんて珍しいね。何か用かな?」

ユミル「あー別にたいした用はないんだけどな…最近調子はどうよ?」

アルミン「まぁまぁだね……そういえば最近エレン達とよく一緒にいるみたいだけど、エレン達に何か言われたきたのかい?」

ユミル「はっ!めざとい野郎だとは思っていたがこんなにすぐ気づくとは恐れ入ったぜ」

アルミン「君も相変わらず品のない口調の女だね。少しはなおしてみたら?」

ユミル「おーおー!あいつ等が言ってたように随分と生意気になったみたいだなwww」

60 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:35:51 ID:Wp1/87KM

アルミン「これ以上用がないなら宿舎にもどりたいんだけど……?」

ユミル「そんな堅いこというなよなー!」

ユミル「正直ここにきたのはエレン達は関係なくて私の興味だしなwww」

アルミン「は?君に興味もって貰えるようなことはしてないと思うけど?」

ユミル「ふーん……おまえ皆に嫌われたいからそんな態度してんだろ?」

アルミン「……違うから。何勘違いしてんのかな……?」

ユミル「あんたも頑固だね…そんな所もそっくりだ……」

アルミン「はぁ?勘違いだからもう僕は行k」

ユミル「お前の場合は皆に嫌われながら死にたいってか?私の知ってる奴とはまるで逆だわwww」

アルミン「っ!……違うから…」

ユミル「動揺してんじゃねぇよ…そっくりだって言ったろ?」

ユミル「前々から似てる(容姿)とは思ってはいたがここ最近観察してわかったが、いくら何でも似すぎ(性格)だよ…」

61 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:37:19 ID:Wp1/87KM

アルミン「だから違うって言ってるだろうが!!!!」ギロッ

ユミル「じゃあなんでお前は相手に辛辣なこといったあとに悲しそうな表情してんだよ……」

アルミン「…………観察しすぎだよ……ストーカーかよ…」

ユミル「おう!」

アルミン「……ソバカス女……ブス……」

ユミル「おう!」

アルミン「……分かってんなら…グスッ…僕に構わないでくれよ…ズズッ」ウル

ユミル「お前に似てる私の知り合いは私にとって命より大切な奴だ……」

ユミル「だからそいつに似てるお前もほっとけねぇんだよ……」

ユミル「……理由…話せよ…なに言われたって私はお前を嫌いにならねぇぞ……?」ギュッ

アルミン「……グスッ……ぅう…うっうわわわわーーーんん……ズズッ」ポロポロ ギュッ

ユミル「……フフッ」ニコッ ナデナデ

62 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:38:47 ID:Wp1/87KM

ーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー

ーー数分後ーー

ユミル「……落ち着いたか?」ギュー ナデナデ

アルミン「…ありがとう……だいぶ落ち着いたよ。情けないところ見せちゃったね……」

ユミル「別にいいよ……それより話してみろ…暇つぶし程度に聞いてやる」ギュッ ナデナデ

アルミン「ありがとう……それとそろそろ離してもらってもいいかな?///」アセアセ

ユミル「ダメだ!話し終わるまではこのままだ!!」ギュッ ナデナデ

アルミン「こっ困るよ!!いっ、いろいろ当たってるから!!////」アセアセ

ユミル「はっ!私にブスって言った罰だ!」ギュッ ナデナデ

アルミン「ぅう……わかったよ…(むしろご褒美だよ……///)」

63 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:40:23 ID:Wp1/87KM

ユミル「あぁ……ゆっくりでいいから全部はなすんだぞ?」ギュッ ナデナデ

アルミン「うん…じゃあ言うけど……僕たちは後1ヶ月足らずで訓練兵を卒業する……」

アルミン「卒業した後は僕は調査兵団に行くんだ……」

ユミル「……知ってるよ」ギュッ ナデナデ

アルミン「調査兵団は一番死亡率が高いんだ……そして僕は弱いんだ……」

アルミン「同期の中で一番早く死んでもおかしくない……」

ユミル「……あぁ」ギュッ ナデナデ

アルミン「そんな弱い僕に対しても皆は優しくしてくれるし、辛いときは一緒に泣いてくれたっ……」ウル

アルミン「だから!!…グスッ…こんな僕に優しくしてくれた皆には最期くらい恩返しをしたいんだ!…ズズッ」ポロポロ

ユミル「……要するに、皆がお前をだいっ嫌いになれば、お前が死んだ時に『アルミンが死んでよかったな』ってなって皆の心労を軽くしようとしてたのか?」ギュッ ナデナデ

65 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:42:13 ID:Wp1/87KM

アルミン「……うん…前から考えてたけど実行する勇気がなくて…グスッ…自分の弱さが悔いよ……ズズッ」ポロポロ

ユミル「はぁ……お前は糞野郎だな…そんなことして皆喜ぶと思ってんのか?」ギュッ ナデナデ

アルミン「…ぅう…グスッ」ポロポロ

ユミル「お前は頭がいい馬鹿だな……もう……私も含めて104期の皆はこんな事じゃお前を嫌いになれねぇ…」ギュッ ナデナデ

ユミル「お前がこんな事したって皆反抗期位にしかおもってねぇぞ?」ギュッ ナデナデ

ユミル「中には反抗期だからもっと構ってやりたいって言ってる馬鹿もいる……」ギュッ ナデナデ

ユミル「お前の作戦は失敗だよ…敵が悪すぎたな……」ギュッ ナデナデ

ユミル「お前の作戦は皆には内緒にしといてやるよ……だから、ちゃんとみんなに謝れるな?」ギュッ ナデナデ

アルミン「うん…グス…僕…酷いことを言った皆に謝る……ズズッ」ウル

66 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:44:14 ID:Wp1/87KM

ユミル「……よしっ…お前はいい子だな!」ギューー

アルミン「ぐぇっ……苦しいよ!ユミル!!」ジタバタ

ユミル「おっと!悪かった。私はついて行かなくて大丈夫か?」ギュッ ナデナデ

アルミン「大丈夫だよ!ひとりで平気さ!」

ユミル「そうか!じゃあ明日の朝ちゃんと言うんだぞ?」ギュッ ナデナデ

アルミン「うん……ユミルは優しいね!お姉ちゃんみたいっていうか…なんかすごく安心する…////」モジモジ

ユミル「はぁ!?///変なこと言ってんじゃねぇぞ!!もう夜遅いんだから早く帰って寝ろよ!!///」パッ ゲシッ

アルミン「痛っ!はは……またなんかあったらユミルを頼っていいかな?//」

67 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:46:48 ID:Wp1/87KM

ユミル「し、仕方ねぇからまたつきあってやんよ!!////」

アルミン「ありがとう!じゃあ僕はそろそろ行くね!!お休みユミル!!」

ユミル「チビはさっさと寝ろよ……お休みアルミン///」ウツムキ

アルミン「うん!また明日ね」タッタッタッタ クルッ

アルミン「それとーー!!ユミルは綺麗だからねーーー!!ブスって言ってごめんなさーーーい!!」

ユミル「うううううるせぇぇぇーーーーー!!!早く寝ろやクソチビがぁぁーーー!!!////」

アルミン(ユミルがお姉ちゃんかぁー…1人子だからお姉ちゃんとか憧れてたんだよな……////)タッタッタッタ

ーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーー
ーーーーーー

68 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:49:43 ID:Wp1/87KM

ーー翌日・朝食ーー

アルミン「エレン、ミカサ、アニ本当にごめんなさい!ちょっと皆に反抗したり意地悪いいたくなっちゃったんだ!!」orz

エレン「顔上げろよ!アルミンが戻ってくれたならそれだけでいいさ!」オロオロ

ミカサ「アルミンの反抗期が終わった…母と姉と妹と幼なじみとしてもう少し見ていたかった…」ウルウル

アニ「ちっ…これから可愛がってやるから精々覚悟しときな(お姉ちゃんとして弟を可愛がる!)」ワクワク

アルミン「皆ぁ……本当にありがとう…!ウルウル 卒業まで後少しだけど僕もっと強くなるよ!!」フンス

ガチャ バタン←食堂の扉が開く音

ユミル「ふぁ~~……眠すぎる……」目ゴシゴシ

クリスタ「ユミル……食堂くる前に顔くらい洗いなよ……」

71 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:51:38 ID:Wp1/87KM

アルミン「あ!!」

ユミル「……あん?」

アルミン「お姉ちゃーーん!!」タッタッタッタ ダキッ

ユミル「……」

ユミル「……//」ナデナデ

エレミカアニクリ「」

アルミン「エレン、ミカサ、アニにはちゃんと謝れたよ!!」キラキラ

ユミル「そうか!じゃあほかの奴らにも謝ってこい!」ナデナデ

アルミン「うん!わかったよ!行ってくるねユミルお姉ちゃん!」タッタッタッタ

73 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:53:45 ID:Wp1/87KM

ユミル(……悪い気はしないな)ニヤニヤ

アニ「…………勝負は!今!!ここで決める!」指スッ

ユミル(あんな相談乗っちまったんだ……クリスタのついでにあいつも守ってやるか…)

ミカサ「ユミル……削ぐ!!」

エレン「おまえら止めろよ!!アニはよくわかんねぇけどミカサはブレードしまえよ!!!」

クリスタ「誰がーーー!!男の人よんでーーーーー!!」ウルウル

ダッダッダッダ ザァー

ライナー「アニやめるんだ!!(結婚しよ)」

ジャン「ミカサも落ち着け!(止める振りしておっぱいさわってやる!)」

ダズ「オウェェェ!ヴォロロロ……(家族にこの恐怖を味合わせるわけには行かない!キリッ)」ビチャビチャ

74 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 18:56:38 ID:Wp1/87KM

ユミル(……あいつが)

ライナー「ぐはぁっ!」チーン

ユミル(……世界一強くなって)

ジ/ャ/ン「」チーン

ユミル(……世界一優しくなって)

ダズ「もう……胃液が……」バタ

ユミル(……世界中に愛されて)

ユミル(……私より1日でも後に、何の悔いもなく死ねるその日まで…)

終わり

78 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 19:02:07 ID:Wp1/87KM

後日談

ミカサ「850歩譲ってアルミンがユミルの弟になったのは認めよう。だけど私は母で妹で幼なじみ。」

ユミル「妄想ひでぇなぁ……軽く引くわ……それに譲るも何も関係ないから」

アルミン「戸籍とかは違うけどね…ハハハ」

アニ「ちっ…納得いかないね」イライラ

ユミル「た だ の 仲 間 のアンタには関係ないから」

アルミン「アニも大事ななかまだよ…ハハハ」

ミカアニ「」ガタッ

ユミル「」ニヤニヤ

アルミン「喧嘩はやめてよ!」

79 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 19:03:48 ID:Wp1/87KM

アルミン「それにミカサは僕の大事な幼なじみで親友だから大好きだよ!」ニコッ

アルミン「アニもちっちゃくてすぐ泣いちゃうのが妹っぽくて可愛いよ!」ニコッ

ミカサ(腹筋美少女幼なじみを極めるのもありかもしれない)ニヤァ

アニ(泣き虫ツンデレ乙女を極めるのか)ニヤァ

ユミル(考えること丸分かりだよ……まぁ姉ちゃんが悪い虫つかねぇようにしてやるか……)

終わり

eri-02
eri-02
@eri-02

Related Articles関連記事

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツは『進撃の巨人』の登場人物で、「始祖ユミル」とも呼ばれている。エルディア人こと「ユミルの民」の始祖となった女性で、光るムカデのような生物と接触したことで彼女は「始祖の巨人」の能力を得たとされている。マリア・ローゼ・シーナという名前の3人の娘達がおり、パラディ島の3重の壁は彼女達の名前から名付けられた。ユミルの死後、巨人化能力は3人の娘達に引き継がれ、さらに子々孫々に脈々と継承されることとなった。

Read Article

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団に所属する兵士長。1人で1個旅団(約4000人)並みの戦力を持つとされ、「人類最強の兵士」として名高い。三白眼と刈り上げた髪型、小柄な体格が特徴で、ブレードを逆手に持って回転しながら巨人の肉を切り刻む戦闘スタイルを好んでいる。性格は冷静沈着で無愛想。スラム出身ということで言動も粗暴である。神経質で潔癖症だが、部下の最期を看取る際には汚れを気にせず手を握るという仲間想いの一面もある。

Read Article

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄。「獣の巨人」の継承者として調査兵団の前に立ちはだかり、高い投擲能力で多くの兵士を殺傷した。「九つの巨人」の継承者で組織されるマーレの戦士部隊のリーダーであり、多くの戦場でマーレに勝利をもたらしてきた。しかしその真の目的はエルディア人の救済であり、全てのエルディア人から生殖能力を奪うことで巨人の力を巡るこれ以上の悲劇を起こらないようにしたいと考えている。

Read Article

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハートとは、『週刊少年マガジン』に連載されている諫山創原作の漫画・テレビアニメ作品に登場する人物である。主人公のエレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団に所属し、卒業後は憲兵団に入団する。口数が少なく感情を表に表さないため、取っ付きにくい印象を与える性格。しかし格闘技に優れており、冷静な判断を下せるため訓練兵団卒業の際は4位の成績を収める実力の持ち主。

Read Article

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で、ユミルの民であることを偽造してマーレ人になりすまし、マーレ治安当局の職員として潜入していたエルディア復権派のスパイである。九つの巨人の一つである「進撃の巨人」の力を身に宿し、通称「フクロウ」と呼ばれている。 ユミルの呪いによって寿命が近い自分の代わりに、グリシャ・イエーガーにエルディア復権の願いを託して壁の中へ行くよう指示した。その後進撃の巨人を継承させる為無垢の巨人化したグリシャに捕食され、スパイとしての任務を果たし、その生涯を終えた。

Read Article

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガーとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の主人公。壁の外の世界に強い憧れを持っており、幼少期から調査兵団に入ることを目指してきた。その想いは、母親を巨人に食い殺されたことで一層強まり、調査兵団に入って巨人を駆逐することを心に誓う。性格は熱血漢で直情的。無鉄砲と思えるほどの勇敢さから、強大な巨人相手にも物怖じせずに向かっていく。命の危機に瀕した際に巨人化する能力に目覚め、人類の自由のためにその力を振るっていくことになる。

Read Article

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスターとは『進撃の巨人』の登場人物で、104期訓練兵団の卒業生。当初は駐屯兵団に所属していたが、ウォール・マリア最終奪還作戦の前に調査兵団に移籍した。「獣の巨人」を倒すための特攻作戦では唯一生き残り、瀕死のエルヴィン団長をリヴァイ達の元へ連れて行った。その後はエレンをパラディ島の救世主として祭り上げる「イェーガー派」の中心人物として、兵団総統を暗殺しクーデターを先導した。

Read Article

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライスとは『進撃の巨人』のキャラクターでマーレの戦士候補生。戦士候補生の同期であるガビ・ブラウンに好意を抱いており、彼女を救うために「鎧の巨人」継承を目指している。内気な性格だが、「悪魔の末裔」と言われるパラディ島の人々に対しても自分達と変わらない人間だと捉える優しい心の持ち主。心的外傷を負った兵士にも親切に接しており、そこでクルーガーと名乗る負傷兵と出会い、交流を深めていく。

Read Article

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で「車力の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成されるマーレの戦士の一員として、数々の戦場で功績を打ち立ててきた。当初は始祖奪還計画に参加せずマーレ本国を守っていたが、850年「獣の巨人」であるジーク・イェーガーと共にパラディ島に上陸する。ウォール・マリア奪還を狙う調査兵団との決戦では後方支援を担当し、負傷したジークと「鎧の巨人」であるライナー・ブラウンの逃走を助けた。性格はマイペースだが、冷静沈着で判断力に優れている。

Read Article

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディスとは『進撃の巨人』の登場人物で第104期訓練兵団の指導教官。スキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられている。元々は第12代団長として調査兵団を率いていたが、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせたにもかかわらず成果を残せなかったことから、自分の無能を悟りエルヴィン・スミスに団長職を引き継がせた。主人公エレンの父親であるグリシャ・イェーガーとは以前から面識があり、彼が消息を絶つ直前に顔を合わせた最後の人物である。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの父。シガンシナ区で診療所を開き街の人々から尊敬を集めていたが、シガンシナ区に巨人が流入した後行方不明となる。失踪直前エレンに巨人化の薬を打ち込み、世界の真実が隠された自宅地下室の鍵をエレンに託した。物語中盤で彼が壁外の世界から「始祖の巨人」奪還のためにやってきた巨人化能力者であったことが明らかとなる。

Read Article

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の団員。主人公エレン・イェーガーとはウォールローゼ南区第104期訓練兵団時代の同期である。責任感が強く、リーダーシップもあることから同期の中ではまとめ役を担っていた。しかし、その正体はウォール・マリアを破壊した「鎧の巨人」であり、始祖奪還を目的にパラディ島に送り込まれたマーレの戦士である。正体が判明した後はたびたびエレン達と対立し、始祖の力を巡って死闘を繰り広げていく。

Read Article

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリスとは『進撃の巨人』の登場人物で、憲兵団の新兵。アニ・レオンハートとは同期でルームメイト。ウェーブヘアが特徴の少女で、軽薄で不真面目な言動が多い。他の新兵同様安全な内地で楽をするために憲兵団に入ったが、実は機転の利くところがある。アニのことは愛想のない同期だと思っていたが、ストヘス区の戦闘以降行方不明になったことを心配しており、アニの正体が「女型の巨人」であることを知って大きなショックを受けていた。同期のマルロ・フロイデンベルクに好意を持っているが、マルロ本人は気づいていない。

Read Article

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツとは『進撃の巨人』の登場人物。主人公エレンの父親グリシャの前妻で「獣の巨人」ジークの母。その正体はフリッツ王家の末裔。ストーリー上、巨人の歴史と王家の情報を語る重要な役割を持つ。パラディ島に移住することを拒みマーレに留まった一族は、代々巨人の情報を隠し持っており、その末裔であるダイナはエルディア復権派と共に始祖の巨人の奪還を企てるが、計画は息子ジークの密告により失敗。ダイナは巨人化後、グリシャの後妻であるカルラを捕食する。最期はエレンの持つ座標の力で巨人の群れに喰われた。

Read Article

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルトとは『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。金髪ボブカットの中性的な外見を持つ。大人しいが芯の強い勇敢な性格で探求心が強い。祖父の影響で人類はいずれ壁の外に出るべきだという思想を持っており、エレンが外の世界に憧れるようになったのもアルミンの影響である。小柄で身体能力は低いものの、知能や判断力はずば抜けており、エレンや調査兵団の窮地をその知略で度々救っている。

Read Article

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物で、中央第一憲兵団対人立体機動部隊の隊長。かつて「切り裂きケニー」の異名を取った大量殺人鬼だったが、ウーリ・レイスとの出会いを経て現在は中央第一憲兵団に所属し対人戦闘を専門とする部隊を率いている。リヴァイ・アッカーマンの育ての親であり、彼に戦闘技術を教えた人物でもある。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、対立した調査兵団を大いに苦しめた。

Read Article

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団第13代団長である。調査兵団は人類の生存圏を広げることを目的とし、日々巨人との死闘を繰り広げている。その類まれなる頭脳と判断力から大きな功績を挙げているが、目的のためなら手段を選ばない非情さから「悪魔的」と称されることもある。彼の真の目的は世界の真実を解き明かし、「人類は王家によって記憶を改竄された」という父の仮説を証明すること。人類最強と称されるリヴァイ兵士長を調査兵団に入れたのも彼である。

Read Article

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマンとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。本作のヒロイン的ポジションで、幼い時にエレンに助けられた経験から、彼を守ることを自分の使命だと考えている。驚異的な身体能力を持ち、トップの成績で訓練兵団を卒業。実戦でも1人で複数の巨人を討伐する実績を残す。性格は寡黙で口下手だが、エレンのこととなると取り乱す一面もある。物語後半において、母方の祖先が東洋にあるヒィズル国将軍家だったことが明らかになった。

Read Article

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で、「マーレの戦士」候補生。天真爛漫で型破りな性格で、憧れの従兄であるライナーから「鎧の巨人」を継承するため日夜訓練に励んでいる。パラディ島のエルディア人を悪魔の末裔として強く憎んでおり、彼らを皆殺しにして自分達善良なエルディア人を収容区から解放することを願っていた。しかし成り行きでパラディ島に渡ることとなり、そこで出会った人々との交流からガビの考え方は変化し始める。

Read Article

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイスとは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。壁内人類の真の王家であるレイス家当主。実質的には壁内での最高権力者である。ウーリ・レイスの兄であり、フリーダ・レイスやヒストリア・レイスの父親。正妻との間に5人の子がいたが、当時使用人として働いていたアルマとも関係を持ち、ヒストリアが産まれたことにより、事実的には子供は6人。だがグリシャにより正妻との間の子は皆殺されてしまい、生き残っている子供はヒストリアただ1人である。

Read Article

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタインとは『進撃の巨人』の登場人物で、調査兵団に所属する兵士。第104期訓練兵団を6番で卒業した。自己の保身を第一に考える現実主義者で、思ったことを率直に言い過ぎる性格からたびたび主人公のエレン・イェーガーと対立していた。当初は巨人の脅威から逃れるために内地への配属を希望していたが、友人のマルコ・ボットが戦死したことで考えを大きく変え、調査兵団に入団する。入団後は持ち前の現状把握能力を活かして同期のまとめ役として活躍した。

Read Article

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団所属のベテラン兵士。初登場時は分隊長だったが、後にエルヴィン・スミス団長の後を継いで調査兵団第14代団長に就任する。ゴーグル(平常時は眼鏡)を着用し、茶髪を無造作に1つにまとめた中性的な外見をしている。明るく聡明な人物だが、巨人に対する情熱は人一倍で変人揃いの調査兵団内でも特に異彩を放っている。ウォール・マリア最終奪還作戦以降は左目を負傷したことから眼帯を着用している。

Read Article

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナとは『進撃の巨人』の登場人物で反マーレ派義勇兵の中心人物。マーレに滅ぼされた国の出身で、「獣の巨人」継承者で王家の血を引くジーク・イェーガーの信奉者として活動し、パラディ島の近代化に大きく貢献した。ジークの提唱する「エルディア人安楽死計画」達成のためなら寝食を共にした仲間すら殺害する冷酷な性格の女性。しかし実際にはマーレの被害者というのは虚偽であり、「世界を救う英雄」に憧れているだけのごく一般的なマーレ人である。

Read Article

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ(ヒストリア・レイス)とは、諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物。第104期訓練兵団卒業生であり、主人公エレン・イェーガーは同期の1人。小柄で温厚、思いやりのある可愛らしいアイドル的な存在として登場する。同期のユミルと仲が良い。成績10位以内に入っているが、実際はユミルからその座を譲られただけで身体能力は人並みである。本名はヒストリア・レイスといい、壁内世界の真の王家の末裔であることが後に発覚する。

Read Article

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の兵士。坊主頭が特徴で、小柄な体格を生かした小回りの利く機動を得意としている。バランス感覚にも優れ104期訓練兵団を8番の成績で卒業したが、少々頭の回転が鈍く同期達からはバカ扱いされている。同期のサシャ・ブラウスとはバカ同士気が合うようで、よく訓練中に2人でふざけていた。当初は憲兵団を志望していたが、主人公のエレン・イェーガーに感化され調査兵団に入団を決めた。入団後はムードメーカーとして活躍する。

Read Article

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガトとは『進撃の巨人』の登場人物でマーレ軍エルディア人戦士隊隊長。後にマーレ上層部が全滅すると元帥に就任した。ジーク・イェーガーやライナー・ブラウンら「マーレの戦士」達を選抜し育て上げた人物でもある。性格は厳格で戦士候補生に対する態度も威圧的だが、大多数のマーレ人とは異なりエルディア人に対する差別感情は薄く、部下たちを1人の人間として尊重している。現状認識能力に優れ、始祖奪還作戦を数人の子供に託すマーレ軍上昇部の正気を疑っていた。

Read Article

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウスとは「進撃の巨人」シリーズの登場人物であり、主人公エレン・イェーガーと同じ調査兵団に所属している女性。頭はあまり良くないが、並外れた身体能力と勘の良さは周囲からも認められている。狩猟を生業とする村の出身であるため、食べ物には目がなく食料庫からよく盗みを働いていた。方言で話すことに抵抗があるため他人には敬語で話す。天真爛漫で非常にマイペースな性格の持ち主である。

Read Article

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団団員。第104期訓練兵団を3位で卒業し、どの分野でもそつなくこなすことができる優秀な人物である。ただし優柔不断で判断を他人に任せる傾向があり、積極性に欠けることから他の同期と比べると少し影が薄い。その正体は、ウォール・マリア陥落の主因となった「超大型巨人」であり、始祖奪還作戦のために大国マーレから派遣された「マーレの戦士」の1人だった。任務を達成し故郷に帰ることを切望していたが、結局その願いは叶わず異国の地で命を落とすこととなる。

Read Article

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアードとは『進撃の巨人』の登場人物で「顎の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成される「マーレの戦士」の一員として、「顎の巨人」の持ち味である硬い顎と牙や俊敏性を活かし数々の戦場で活躍している。戦士候補生時代の同期であるライナー・ブラウンとは「鎧の巨人」継承権をめぐって争ったライバルだった。自分ではなく能力の低いライナーが「鎧の巨人」継承者として選ばれたことや、兄のマルセルがライナーをかばって巨人に食われたことから、ライナーに対して悪感情を抱いている。

Read Article

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、レイス家の長女。黒髪で青い瞳を持つ。レイス家当主のロッド・レイスとその正妻の第1子として生まれた。表向きは地方の貴族として振る舞っているが、実際は壁内の真の王家の末裔。レイス家に代々引き継がれている特別な巨人能力を叔父のウーリ・レイスから引き継ぎ、宿している。本人の飾らない性格は多くの者から慕われており、妾の子である異母妹ヒストリアにも姉として優しく接していた。

Read Article

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシスとは『進撃の巨人』の登場人物で駐屯兵団の司令官。スキンヘッドと口ひげが特徴の年配の男性。巨人との戦いの最前線である南側領土の最高責任者として、果断な指揮を振るい人類を守り抜いてきた。人類の勝利のためなら成功率の低い作戦でも取り入れる柔軟な判断力の持ち主だが、飄々とした言動や戦場でも酒を持ち歩く姿勢から「生来の変人」としても知られている。トロスト区攻防戦では巨人化したエレン・イェーガーによる穴の封鎖作戦を採用し、人類の勝利に貢献。兵団によるクーデターの際も大きな役割を果たした。

Read Article

目次 - Contents