なぜか有名人同士で激似な人たちまとめ

芸能人やテレビで見るような有名人は世の中でも限られた人たちだが、不思議なことに有名人同士でそっくりさんが存在する。ここでは有名人同士で激似な人たちを紹介する。

「久保田智子」と「芹那」と「のっち(Perfume)」と「本田翼」

出典: pbs.twimg.com

久保田智子:TBSアナウンサー
芹那:タレント。女性アイドルグループSDN48の元メンバー
のっち:テクノポップユニット Perfume のメンバー
本田翼:女優、モデル。

renote.jp

「マーク・ザッカーバーグ」と「高橋茂雄」

マーク・ザッカーバーグ:FacebookのCEO
高橋茂雄:お笑いコンビサバンナのボケ(たまにツッコミ)担当
国を越えてそっくりは珍しい。

「マツコ・デラックス」と「宝富士」

出典: tnk.sakura.ne.jp

マツコ・デラックス:日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント
宝富士 大輔:現役大相撲力士、最高位は西前頭10枚目。

「タルヤ・ハロネン」 と 「近藤春菜」

タルヤ・ハロネン:フィンランド元大統領
近藤春菜:お笑いコンビ「ハリセンボン」のツッコミ担当

「本田圭佑」と「ネイマール」

本田圭佑:サッカー日本代表
ネイマール:サッカーブラジル代表

「桑田佳祐」と「長門裕之」

出典: blogimg.goo.ne.jp

長門裕之

俳優
2011年5月21日、77歳で亡くなった。

「富澤たけし」と「岡田克也」と「フランケンシュタイン」

富澤たけし

お笑いコンビサンドウィッチマンのボケ担当。2007年M-1グランプリ王者。

岡田克也

政治家。民主党幹事長(第4代・第8代・第11代)、民主党代表(第4代)、外務大臣(第142代・第143代)などを歴任した。

フランケンシュタイン

しばしば誤解されるが、フランケンシュタインは人造人間の名前ではなく、それを作った科学者(ヴィクター・フランケンシュタイン)の姓である。

「市川知宏」 と 「チュートリアル 徳井義実」

徳井義実

お笑いコンビ・チュートリアルのボケ
ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞、上方漫才大賞新人賞などを獲得し、2006年、第6回「M-1グランプリ」優勝。2007年コンビで東京へ拠点を移した。

市川知宏

俳優
第21回『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』のグランプリ受賞者。
「美咲ナンバーワン!!」「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」「蜜の味〜A Taste Of Honey〜」など

「山本耕史」と「田中理恵」

出典: t0.gstatic.com

山本耕史

俳優
16歳のころ『ひとつ屋根の下』の文也役で広くお茶の間で知られるようになる。2004年にはNHK大河ドラマ『新選組!』で局長近藤勇を支え続ける土方歳三役を演じた。
主に舞台を活動の中心としており、多くのミュージカルに主演している。「KOJI YAMAMOTO & K.D earth」としてインディーズレーベルよりCDをリリース、ボーカル・ギター・キーボードなどをこなしライブ活動もしている。

出典: t3.gstatic.com

田中理恵

体操選手
ロンドンオリンピック女子体操日本代表
弟の佑典、兄の和仁も五輪出場を決め、3兄弟揃っての五輪出場は日本体操史上初の快挙となった。オリンピックでは団体の2大会連続決勝進出(8位入賞)に貢献したほか、個人総合で16位の成績を収めた。

「広田レオナ」 と 「真木よう子」

yama_ratelnos
yama_ratelnos
@yama_ratelnos

Related Articles関連記事

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

Read Article

NEW

本田翼が可愛い!星のドラゴンクエストのCM画像・動画を一挙公開【星ドラ】

『星のドラゴンクエスト』とは、2015年にリリースされたオリジナルストーリーが楽しめるスマホアプリである。イメージキャラクターに女優の本田翼を起用し、リリース前に作成されたCMや画像が【可愛い】と話題になった。本記事では本田翼が様々な役柄に挑戦した『星のドラゴンクエスト』のCM・画像をまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents