2.5次元の誘惑(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『2.5次元の誘惑』とは、橋本悠による『少年ジャンプ+』にて連載されているコスプレラブコメ漫画である。
唯一の漫画研究部の部員兼部長の高校生アニメオタク奥村正宗。ある時新入生の天乃リリサが入部する。2人は漫画のキャラクターである『リリエル』の話しで意気投合し部室内でのコスプレ撮影をすることになる。部室から始まる高校生コスプレイヤー達の物語である。
コスプレイヤーやオタクにとってのあるあるや苦悩、魅力に加え高校生の青春が合わさった漫画となっている。

『2.5次元の誘惑』の概要

『2.5次元の誘惑』とは、橋本悠による『少年ジャンプ+』にて2019年6月15日より毎週土曜日更新にて連載されているコスプレラブコメ漫画である。
次にくる漫画マンガ大賞2020webマンガ部門で4位を獲得。
また2020年2月3日の『週刊プレイボーイ』7号にてグラビアアイドルでありコスプレイヤーである伊織もえによる『2.5次元の誘惑』の作品内で出てくる人気キャラクターリリエルのコラボグラビアが表紙を飾った。
物語は、高校生2年生の奥村正宗が1人で活動している漫画研究部の部室に、新入生の天乃リリサが見学をしたいとやってくる所から始まる。
奥村は追い返そうとするが、リリサが作中のアニメであるリリエルの旧劇場版を見つけてしまいそこから2人は意気投合。リリサの夢はリリエルにコスプレしたROMを販売する事だと言い、その撮影を奥村にしてほしいとお願いする。
2次元の漫画とアニメを愛する奥村であったが、3次元であるコスプレの撮影には正直興味がなかったが、リリサの熱意に負け協力することに。
どれだけエロいコスプレをしてこようと決して邪な心は抱かないと自信を見せていた奥村だったが、コスプレをしリリエルになったリリサを見た瞬間、奥村は崩れ落ちる。そこには本物のリリエルがそこにいた。
2次元が嫁と決めていた。3次元には興味がないと決めていた。しかしその狭間である2.5次元の魅力を知ってしまった部室から物語ははじまる。

『2.5次元の誘惑』のあらすじ・ストーリー

コスプレとの出会い

春の新入生

突然部室に入ってきた新入生と天乃リリサとリリエルのアニメで意気投合してしまう奥村

高校生2年生の奥村正宗が1人で活動している漫画研究部。その日奥村は部室でアニメ鑑賞をしていた。
奥村は見ていたアニメに出てくるリリエルというキャラクターを俺の嫁と呼ぶ程に愛していた。
3次元に興味はないと、高校二年生でそう言い切れる程に彼は2次元にはまっていた。
その部室に突然、天乃リリサという新入生が大きなスーツケースを持って「見学してもいいですか」とやってきた。
奥村は適当に追い返そうとするが、エロいキャラが大好きで、特に男の幻想を詰め込んだと言われるリリエルに憧れを抱いており「リリエルになりたい」とまで豪語するリリサに思わず興味を持ってしまう。
そして鑑賞していたアニメがリリエルの旧劇場版であることをリリサが見つけてしまい、2人で鑑賞することになり、そのまま意気投合。
するとリリサから「先輩にご相談したいことがあるのですが」と持ってきた大きなスーツケースの中身を広げる。
リリサはROMとよばれるコスプレの写真や動画を詰めた作品をコレクションしており、自分自身もコスプレをしてROMを作りたいと奥村に伝え、その撮影を手伝ってくれないかとお願いしてきた。
3次元であるコスプレの撮影には正直興味がなかった奥村。しかし部員1人になる前、同じオタクだった先輩達と部室で楽しく過ごしていた頃を思い出し、リリサの熱意に負け協力することに。
奥村の嫁は2次元のリリエルであり、リリサがどれだけエロいコスプレをしてこようと決して邪な心は抱かないと自信を見せていたが、突然部室内で脱ぎだしコスプレを始めるリリサを見て動揺する奥村。
ただのコスプレ。3次元の女子が着替えても何も変わらないと思っていた奥村であったが、「いいですよ」とリリサに言われ振り返って彼女を見た。そして奥村は崩れ落ちる。
奥村は「ここは2次元か?」と錯覚してしまう程、リリサのリリエルは完ぺきなものだった。
冷静になろうとしていた奥村であったが、「下着もコスプレの一部なので見てほしい」とリリサがコスプレの説明をするためにスカートの中の下着を見せ意見を聞かれたところで奥村の頭は限界を迎え倒れる。
2次元と3次元の狭間であるコスプレの2.5次元の世界を知った奥村、新しい天乃リリサという新入部員が加わり、漫画研究部の活動は始まる。

学校での撮影会

漫画研究部で昔使用していたカメラを見つけるリリサ

奥村とリリサは部室で対戦ゲームをして親睦を深めている時、奥村は1人ではない部活に楽しさを感じてしまう。
またゲームだけやっていては部活動にならないと、コスプレ撮影を開始する。
入部した日と同じ、リリエルにコスプレするリリサ。撮影ポーズでリリエル外伝81話のセンター扉絵のポーズをリリサがした時、本物のリリエルだと奥村は感動しシャッターを切り続ける。
リリサはさらにエロさが必要だと奥村に迫り、リリエルのパンツ、下乳からのアングルで撮影するように要求され、奥村は困惑しながらもリリサの圧に負けて協力する。
撮影が終わり、リリサが着替え用としたとき、胸元のファスナーが噛んで外れなくなってしまう。
奥村が外そうと強く引っ張るとファスナーが全て外れてしまいリリサの胸が見えてしまうハプニングが起きるが、奥村は高速の振り向きで見るのを回避することに成功する。
リリサがお礼を言おうとした時、慣れないヒールを履いている為足がもつれ倒れそうになり、奥村は抱きかかえ助けるのだが、結局その動きでリリサの胸を鷲掴みにしてしまう。
三次元に興味がなかった奥村とリリサだが、予期せぬハプニングが連続し、2人は異性として意識をするようになる。
しかしお互いが3次元の恋を知らずに生きてきた為、胸のドキドキ感や体の暑さを風邪だと思うほど、鈍感であった。
次の日、奥村が部室を開けると本棚の上のある物を取ろうと奮闘しているリリサがいた。2人で協力し回収すると、それは昔部活で使用していた一眼レフカメラであった。
カメラの保存データには昔の楽しかった写真がいくつも残っており、奥村は過去の思い出に浸る。リリサはその姿を見て部活を自分のコスプレの我儘ばかりでは駄目だと考え、奥村に部活で何がしたいのかを聞くが、奥村はコスプレ撮影が純粋に楽しかった事、リリサのリリエルが完成度が高くとてもかわいかった事を伝え、このまま部活動としてコスプレ撮影を続けていく事を伝える。
そして手に入れた一眼レフカメラの撮影テストも兼ね、その日は制服姿のままで撮影を開始する。
最初、リリサはコスプレではない為やる気がでなかったが、制服のコスプレの撮影をしていると発想の転換を行い、パンツがギリギリ見える座り方や、床に座り込み眼鏡を探すドジっ子のフリをし奥村に撮影させる。
テスト撮影が終了し、画像を確認するリリサであったが、自分のパンツがコスプレ用のものではなかった事にその時に気付き、全てのデータを削除するよう奥村に伝えるが、カメラに綺麗に写るリリサを見て奥村はこれも楽しい部活動の1ページになるのならと、最初の撮影した1枚だけは削除せず残しておくのであった。
部活動を終え、部室に戻っている時、校長先生が新入生の女の子に校内を案内していた。その子は奥村を見て「大っ嫌いな先輩を見つけた」と呟いた。

幼馴染の橘美花莉

海外での撮影から帰国し遅れて入学してきた人気モデルの橘美花莉

新入生の女の子の名前は橘美花莉。モデル活動をしている有名な芸能人であった。海外での撮影が終わり、日本に戻りこの学校に新入生として少し遅れての入学であった。
突然の有名人の入学で盛り上がる校内の生徒達。男子生徒からは「みかリン」と呼ばれ、校内でサインを求められ続ける程の人気だった。
サインをしている時に美花莉は男子生徒達にこの学校に漫画の部活がないかと聞いて回るが情報を得られない状態が続く。
放課後になり、美花莉が入学したことが他のクラスにも話題になり、どの部活に入るかに視線が注がれる。廊下は生徒でいっぱいになり、断りながら通ろうとする美花莉であったが、書道部が持っていたバケツの水が美花莉の服にかかってしまいずぶ濡れになってしまう。走って立ち去ろうとする美花莉の目の前に部室のドアを開けて飲み物を買いに行こうとする奥村が現れる。
美花莉は「先輩」とそのまま抱きついてしまう。他生徒から殺意の視線を感じた奥村はそのまま美花莉を部室内に入れて匿うことに。
橘美花莉は奥村との幼馴染であり、美花莉は過去に同じ町に住む子供にいじめられた過去があり、それを助けたのが奥村であった。それ以降、美花莉は奥村に好意を抱いていた。
人気モデルになったのもスカウトから声をかけられた時、可愛くなれたら先輩である奥村に好きになってもらえるかもというのがモデルになった最初の理由であった。
濡れてしまった服が乾くまで部室で待つ奥村と美花莉。美花莉はもう子供ではなくなった体を見せ奥村を誘惑するが、奥村は今でも一番好きなのはリリエルだと断言し、美花莉は昔から何も変わらない奥村を見て嬉しいけれど悲しい気持ちになり、服を着替えそのまま部室から出て行ってしまう。
学校の屋上で1人佇む美花莉。その時先ほどいた部室を見ると奥村と楽しそうに話す女子生徒の姿が。真相を突き止めるべく部室に戻りドアを開けるとそこにはリリエルにコスプレをしたリリサとそれを撮影する奥村がいた。
他の三次元の女の子と楽しむ奥村を見た美花莉は怒り、奥村を責め立てるが、実は美花莉と同じクラスメイトであったリリサが仲裁に入り「一緒にコスプレをやりませんか?」と勧誘する。
理解が追い付かない美花莉であったが、リリエルのコスプレを見ている奥村が赤面している姿を見て、今までの自分の盲点、奥村にはリリエルのコスプレで攻めれば攻略できると考えた美花莉はリリサの誘いを受け、コスプレ撮影を一緒にする事に。
2人で話し合い、美花莉はリリエルの友達であるミリエラというキャラクターのコスプレをすることに決まる。
コスプレ衣装はリリサが全て手作りで作成しており、美花莉のミリエラの衣装もリリサが採寸し作ることに。
コスプレ愛が強いリリサが作る衣装は360度どこから見ても本物のキャラクターに見えるように、どれだけ二次元を三次元にもってこれるかのみを考えて作られており、それを見た美花莉は少し甘く見ていたコスプレに対する考え方を改めることになる。
水着以上に肌の露出が多いコスプレ衣装が完成し、最初は着る事を躊躇する美花莉であったが、意を決して着替え、奥村に披露するとそこには人生で初めて生きた眼で美花莉を褒める奥村が。
リリサが美花莉と2人で併せ撮影がしたいと奥村にお願いする。しかも今回は2人でアイスを舐めたり胸に手を当てて体力を回復する原作再現のシーンを撮影というエロさ全開の撮影であった。
順調に撮影が進むと思われたが、リリサと美花莉の胸パーツの衣装が絡まってしまう。
このままではリリサが頑張って作った衣装が壊れてしまうことを危惧した美花莉は奥村にリリサの胸を持ち上げて絡まっている所を外すようにお願いする。予期せぬハプニングの中、心頭滅却し邪な心を取り払いながらリリサの悲しいほどに柔らかい胸を奥村は泣きながら持ち上げる。
そして脇にあるホックを外した時、リリサと美花莉の衣装が全て外れ、奥村は鼻血を吹きながら倒れていった。
撮影が終わり、また美花莉と一緒にリリエルで楽しめ方ことを嬉しく思う奥村。
美花莉はこの時に、今までは自分の事を奥村に好きになってほしいばかりで、奥村の本当に好きな事を理解しようとしていなかったことに気付く。
コスプレは奥村の愛する二次元へ美花莉を連れて行ってくれることを知る。
そしてコスプレは奥村との恋心を近づける最適な手段だと知った美花莉はこれからも一緒にコスプレをやってあげてもいいとリリサに伝えるのであった。

コスプレイヤー達の戦い

コスプレイベント出陣

初めてのコスプレイベントでリリエルの衣装を着て撮影をするリリサ

5月のGWに、リリサはいよいよ自分のリリエルのROM(写真集)を作り、販売イベントに参加する決意を奥村に伝える。
イベントで販売する為のROMはリリサが全て自作すると言っていたが写真の加工や編集を一つ一つ行うため、学校に泊まり込みが必要なほど長時間な作業であった。
手伝うと約束していた奥村はリリサと夜を徹して学校で作業を行い、表面が白紙ではあったが、何とかイベントまでにROMを作成することに成功する。
イベント当日になり待ち合わせの駅で白シャツに黒ズボンというオタクの馬鹿の一つ覚えコーデで身を固めリリサがどんな服装で来るのかを想像しながら待つ奥村。
そこに現れたリリサは横かけポーチと黒スカートという女の子らしいセンスある服装。その三次元女子の可愛さに戸惑う奥村。
リリサは事前に美花莉に当日の服装の事を相談していたのであった。
イベント会場に到着し、ROMを広げ販売の準備を行う奥村とリリサ。その隣では自分たちとは違い綺麗に印刷されたROM、ポスターを張り付け準備をする男性が。
男性はオギノと言い、コスプレイヤーであるマギノのサポーターとして今回イベントに参加していた。
マギノは奥村達の真っ白なROMを見て最初は誰でも失敗はするものとイベントが始まる前からリリサを励ましにかかる。またオギノはカメラマンである奥村を見て眼で勝利宣言を伝えて来る。
悔しくなった奥村はリリサにイベントが開始したらリリサの衣装に着替えて魅力をわかってもらうとするが、リリサはたくさんのコスプレイヤーがいる中で緊張してしまい自分のコスプレに対する自信を無くしてしまい萎縮してしまう。
販売イベントが開始され、隣のマギノ、オギノペアの物販は列ができる程好調に売れていくが、真っ白なROMの奥村、リリサペアには閑古鳥が鳴く。
マギノから声かけセールストークが大事と言われるがそれができたらオタクやっていませんと前に進めずにいる奥村とリリサ。
お客さんが来ては、買わずに帰ってを繰り返しているうちに、リリサは奥村に「もう帰りましょう。どうせ売れないし」と片付けようとする。
奥村は再度リリエルの衣装に着替えるようにリリサに伝えるが、萎縮しているリリサはもう諦めようとしていた。
その時「リリサのリリエルが世界一可愛いんですけど!?」とイベント会場内で大声で奥村はリリサに伝える。
「リリサの最強のリリエルをみんなに見せてやれ」と奥村はリリサの手を強引に引っ張り、更衣室へと急ぐ。
奥村の応援に心を打たれたリリサはコスプレをする事を決意するが、着替えている時にネットウィッグを忘れたことに気付く。
またもや諦めかけたが、その時周りにいた同じコスプレイヤーの人が声をかけてくれ、ネットウィッグをプレゼントされる。
コスプレイヤーの人は「あげる用だから返さなくてもいい」と伝えると、その後次から次へと他のコスプレイヤーがリリサの元に駆け寄り、他に足りないものはないかと心配してくれた。
そこにはコスプレを楽しむ者同士、助け合う気持ちが溢れていた。
そしてそのコスプレイヤー達の中に、リリサが中学時代から憧れている伝説のコスプレイヤーまゆらと一緒にコスプレをしていたサキュバスのコスプレイヤーがいた。
彼女はリリサに見せパンツをその場で貸し出した。多くのコスプレイヤーの助けを受け、感極まるリリサであったが撮影ブースが閉まってしまうと言われ急いで奥村の場所へ戻ることになる。
奥村の元へ帰ってきたリリサのリリエルは、奥村が言う通り誰が見ても非常に完成度の高いものであった。
すぐに販売ブースで話題になり撮影の列ができはじめる。
何をすればいいのか分からない奥村であったが、隣席のオギノが状態を察して、また自分も撮影したいが為に人混みの列に声をかけて撮影スペースの確保と時間もないため囲み撮影でと皆に伝える。
奥村はその手際の良さでリリエルの撮影会の力を最大限発揮してくれたオギノに感謝することしかできなかった。
1人の撮影オタクはこの時「できるだけ撮っておけ。この子は化けるぞ」と呟き、そのまま撮影会は無事終了した。
初ROMは残念ながら1枚も売ることができなかったが、それ以上に貴重な経験ができた2人。
イベント後にリリサは見せパンツを貸してくれたサキュバスの人を駅で呼びかけて探すことにする。
駅前で何度も大きな声で呼びかけるリリサ。
そこに大人の女性がやってくる。
その女性こそがサキュバスのコスプレをしていたエリであった。
普段は駅付近でOLしているからこれ以上騒がないでくれと懇願するエリ。
お礼をして返す時にリリサは「私もいつかまゆら様みたいに最高のROMを作ります」と意気込んでいたが、エリの口から出た言葉は「まゆらはもうイベントには来ないかもしれない」であった。

奥村の特訓

奥村の撮影練習に協力してくれたコスプレイヤーマギノとカメラマンのオギノ

奥村は次のイベントに向け、自分の撮影スキルの向上の為にリリサには内緒でオギノ、マギノペアに連絡を取り、撮影の特訓を依頼した。
後日、撮影スタジオに案内される奥村。
そこにはコスプレしたマギノが待っており、すぐに撮影の練習をすることに。
写真はコンビで作るものと語るオギノ。
撮影はコスプレイヤーの眼のタイミングが大事だと奥村はオギノから教わる。
特訓中、オギノは奥村に次のコスプレ界は誰がくるか?という話を奥村に振る。そして現在のコスプレ四天王の話を勝手に始める。
イベント毎にキャラクターの身長や体重までも合わせてくるという驚異のコスプレイヤー淡雪エリカ。
大企業のバックアップで世界一の衣装とメイクを持つと言われるプロのコスプレイヤー753(なごみ)。
タイツへの変態的な拘りとSNSの影響力で熱狂的な信者を多数獲得している星月夜姫。
圧倒的なボディと他の追随を許さないキャラ愛で伝説となったまゆら。
この四人の中に、オギノは自らペアであるマギノもいつか連れていくと豪語する。
リリサが望むのであればリリエルもいずれ四天王と対峙することになるだろうと考え奥村は自らの気持ちを再度奮い立たせた。
撮影特訓終了後、マギノを車で乗せていこうとするオギノであったが、即座に断りタクシーで帰るマギノ。
レイヤーとは適度な距離感が大事と体を張って奥村に教えるオギノであった。

部活存続の危機

漫画研究部を存続させるためのアドバイスをする生徒会長の瀧翠理

ある日、漫画研究部に生徒会長である瀧翠理が現れる。
どうやら漫画研究部は3年前に顧問である藤本先生が定年退職になってから顧問不在のままになっており、また部活動としての活動レポートがない事からこのままでは廃部になり部室を明け渡すことになるという。
部を存続させる為には新しい顧問を見つける必要があり、奥村は職員室で顧問になってくれる先生を探すが見つけられずにいた。
しかしその時、新任教師のまゆり先生なら今部活動の顧問を持っていないという情報を得る。奥村は急ぎまゆり先生を探すことにする。
奥村は理科室で男子生徒に囲まれているまゆり先生を見つけ、顧問になってくれとお願いする。
しかし、まゆり先生はどこかで見たことあるような妖艶な雰囲気を出していた。
思わず「まゆら様?」と奥村が声に出したその時。
まゆり先生に引きずられ人気のない所に連れていかれ誰から聞いたと問いただされる。
まゆり先生は実は伝説のコスプレイヤーまゆらであった。
奥村は部活動存続の為にまゆり先生に顧問になってくれないかと再度お願いするが、まゆり先生からは「私はコスプレを裏切ったから引き受けられない」と断られてしまう。
後日、奥村はまゆり先生を無理やりリリサに合わせる事にし、コスプレを見てもらい顧問になってもらえるよう計画する。
リリエルのコスプレを見たまゆり先生は興奮し天乃リリサのファンになり、いつかリリサのROMをもらうという条件で顧問ではないが今回の活動レポートの提出だけは助けてくれることを約束する。
奥村はまゆり先生より児童教室での朗読ボランティアの活動を紹介され、リリエルのコスプレをして子供たちに絵本を読む活動を行う。
子供達にも反響がよく大成功かと思われたが、レポート作成後に奥村とリリサは漫画研究部として、本当はコスプレの活動をしている事、大好きな事を隠して嘘の報告することに疑問を抱き、まゆり先生に本当の部活動で行っているコスプレを報告したいと伝える。
まゆり先生はいい大人になってもコスプレをしている自分の現実を見て嫌気がさし、仲間を見捨てるような形でコスプレという趣味を辞めてしまった。
世間一般にとってコスプレは恥ずかしいもの、人には隠して楽しむものと思っていた。
しかしリリサは自分の事を話すなら漫画が好きでアニメが好きでリリエルが好きでコスプレを愛していると隠すことなく伝えてきた。
リリサの真っすぐな気持ちに体裁だけを考えていたまゆら先生はコスプレが大好きだったという大切な事を思い出させられることになる。
まゆら先生は漫画研究部の顧問をする事を決める。
部活動としてコスプレの大会に出る事に決まり、校長先生、生徒会からも許可を得て、漫画研究部は次のコスプレイベントへの準備に取り掛かる。

コスプレストリーム55編

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents