おかあさんといっしょ「歴代人形劇」についてまとめています

それぞれの時代で愛されてきた、おかあさんといっしょ「人形劇」についてまとめています。

2000年~2009年『ぐ~チョコランタン』

~引用~
スプー、アネム、ズズ、ジャコビ、ガタラットの5人がチョコランタンの町を舞台に仲良く遊んだり、時には喧嘩したりする、等身大の着ぐるみによる人形劇。

なおスプーとガタラットは、「ぐ〜チョコランタン」開始前の1999年4月よりミニ人形劇「スプーとガタラット」に登場していた。
引用先:http://dic.pixiv.net/a/ぐ~チョコランタン

2009年~2011年『モノランモノラン』

“ 3人の小鬼、「ライゴー」、「スイリン」、「プゥート」が、「ものものランド」を舞台に修行をするお話。"
引用先:http://dic.pixiv.net/a/モノランモノラン

2011年~現在『ポコポッテイト』

大海原にポコッと浮かぶ、ジャガイモにそっくりな島「ぽていじま」。

海あり、山あり、超古代文明が眠る密林あり、さらに温泉も湧き出る楽園のような島である。

この自然溢れる島に住むのがラーテルの男の子「ムテ吉」。

そこへ、都会の全く別世界から不思議なトンネルを通って、マンチカンの女の子「ミーニャ」とジャコブヒツジの男の子「メーコブ」がやってくる。

おばあちゃんと町外れに二人で暮らしていたムテ吉にとっては、初めての友達である。

育った環境も違えば、性格も全く違う。

そんな彼らに友情が芽生え、不思議な島での楽しい生活が始まる。
引用先:http://ja.wikipedia.org/wiki/ポコポッテイト

ikiterubouzu
ikiterubouzu
@ikiterubouzu

目次 - Contents