【ONE PIECE】傅ジローとコウシロウが同一人物である可能性についての徹底解説・考察まとめ【ワンピース】

傳ジロー(でんじろー)とコウシロウは、共に『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。光月おでんに忠誠を誓う赤鞘九人男の一人傳ジローは、狂死郎と名を変えておでんの仇である黒炭オロチに仕えている。対してコウシロウはロロノア・ゾロの出身地であるシモツキ村で道場をしている剣士である。この二人の容姿が似ていることなどから、実は同一人物であるという考察が囁かれている。

母と再会したクザン(コウシロウの弟)

コウシロウも再会したろう。

クザンも幼少期に荒れていたが、父も母もいなくなったから。コウシロウやクザンの父については後述。

先入観で、身なし子はもう二度と親と再会しないイメージがあろう。だったら、とっくに再会済みが真相。

つるの不自然なポーズに注目。息子の側でリラックスというのもあるが、分娩台ポーズだと考察。青キジを出産したという暗喩だ。青キジの方も胎児ポーズ。1つの舟=体が1つだった。水=羊水(胎児の浮かぶエリア)。

そして、その後、竜(天竜人)が、つるを狙うのだ。オダッチは何も考えていないと思っているファンも目立つが、作者は相当に考えていて、人物関係は複雑だってば。

狂死郎の素性

狂死郎の正体は、金獅子のシキと老婆の芸者(提灯ババ)の息子。狂死郎は日和の顔をシッカリとは知らないので、7年後、日和を名乗る小紫を日和だと信じた。しかも、小紫の方も傳ジローをあまり知らないので、狂死郎を傳ジローだと信じた。

出典: onepiece-log.com

服の紋に注目

○の中に●のデザイン。
魚の目をイメージしており、父母や先祖が魚人ということに。
タコの吸盤とも解釈でき、黒炭家の証。

居眠り狂四郎 → Inemuri Kyousierou → Kurosumi no Ie → くろすみのいえ → 黒炭家

もはや芸術の域(当チャンネルが)。

ヒョウゾウ(39歳)

居眠りする癖がある。
ヒョウモンダコの魚人。狂死郎のように酒飲みで、狂死郎の服の紋と形とスケールが完全一致。狂死郎の兄だと考察。

狂死郎の本名はヒョウシロウ?

トキの護衛時に19歳くらいで、20年経って39歳が狂死郎の年齢。傳ジローとは、何もかも不一致。

仮に狂死郎の年齢が50歳だと発表されても、当チャンネルが間違っていたわけではない。むしろ、当チャンネルが正解していたので、「トキの能力の副作用で狂死郎も過去へ飛んだ」という設定を追加するだけの話。

出典: onepiece.wikia.com

提灯ババ

狂死郎の母親かな。
提灯の「チョウ」と「キョウ」は語呂と文字の形が近い。
提灯ババの母親がバッキン。父親は光月クローバー? クローバー博士の後ろ髪と通じるものがある。

狂死郎が光月に味方する理由は、母親にある。バッキンは光月スキヤキの元妻だと考察。

「きょうしろ」というのは大豆の品種「京白丹波」で、クローバー(マメ科)と植物つながり。

出典: vtastes.com

バッキン

○の中に●のデザイン。
バッキンの孫息子なので、狂死郎は近いデザイン(ヒョウモンダコ)。
すでに示したよう、バッキンの正体は人魚。

ちなみに、ジャッジの祖母(元ジェルマ女王)だと考察。時を超えたので、極度のヨボヨボ老婆ながらも、生きている。右腕は失っているはず。服の紋が赤髪だし、シャンクスの祖母でもあると考察。

出典: onepiece.wikia.com

ソラとジャッジの娘達

名前の付け方も含めて、ジェルマの血筋で、バッキンと同じ紋の帽子をイチカがかぶっている。また、バッキンとほぼ同じ形の帽子。

こんなに可愛い人魚達なのに、サンジは全く反応せず。妹だからで完全に伏線回収。

イチカ、ニカ……ヨンカツー
1x2x3x4+42=66

ニカとサンカの帽子の色は、雲と空でソラに繋がる。

ソラがサンジを捨ててでもジャッジから逃げた理由は腹に5つ子がいたから。

詳しくはソラのまとめでどうぞ。

狂死郎の髪が青紫の理由は、ワノ国の純血ではなく、ジェルマとのハーフだから。

renote.jp

自称・光月おでん(ヤマト)

おでんに憧れて、おでんを名乗るヤマト。
同様に、傳ジローに憧れて、傳ジローを名乗っているという解釈でもいい。
そもそも、傳ジロー自体がコウシロウの偽名なので、傳ジローがいなくなった以上、狂死郎こそが現在の傳ジローという解釈でもいい。

出典: ameblo.jp

名前が改まったら吹き出しで紹介

狂死郎は傳ジローに成りすましただけなので、吹き出しでは紹介がない。誰かに成り済ますわけではない自称は吹き出しになる。

ちなみに、小紫も日和に成りすました。吹き出しで「光月日和」と紹介はない。

ポーラという名前を自称……吹き出しになる
正体はダブルフィンガー(コードネーム)……吹き出しになる

傳ジローしか知らないことを知る理由

閻魔堂でコウシロウと狂死郎の2人が会合した時に聞いたから。

いずれ狂死郎が傳ジローとして合流するときのため、本物の傳ジローであるコウシロウが、錦えもんに信じてもらうためのカードとして教えた。

ここでも面白い演出を発見。河松は日和と小紫の区別はつかなかったが、傳ジローと狂死郎の顔の違いは区別できることに。異種族の河松でも別人だと分かるのに、読者は引っ掛かった。

どっちが本名なの?(傳ジローなのかコウシロウなのか)

コウシロウ

目を細めてニンマリ。

1巻で出てくるようなキャラクターの別名を、作者がずっと抱えていたとは考えにくい。

また、コウシロウの名は、鴻(こう)と白でオオハクチョウという鳥の名前。傳ジローでは、鳥の名前(つるの息子の証)にならない。

傳ジローは自称(おでんの本名デンを付けたかった)、または拾った人が付けた名前。他には、フルネームを漢字にすると、傳とも読めるカナだとか。母つると再会して、本来の名前を知ったとか。

ナミも元々はナツミカンだったのに、ベルメールによってナミになったと考察。作者の頭の中での前例はある。

【メタ推理】
実はワノ国編が始まる前に、当チャンネルは光月おでんの正体を人魚デンだと証明していた。一方、ワノ国編になり、やたら同じ名前が登場するようになった。

※既存キャラに対し、ワノ国で登場という形で記す
●海軍のつるに対して、茶店のお鶴さん(本名は鶴女)
●くまに対して、クマ五郎
●マルコが治療していたスフィンクスの「タマ」に対し、お玉(本名は日和)
●ビッグ・マム将星スムージーに対し、鉄筋のスムージ
●白ひげ団スピード・ジルに対して、馬娘のスピード
●中将トキカケに対して、トキ、時ジロー

当チャンネルがとっくにおでんの正体を暴き、生きていることを証明してしまっていたので、「同じ名前、似た名前は普通にあるよ」という誤誘導のために、傳ジロー(でんじろー)なんて、紛らわしい名前を設定せねばならなかったと分析。

しかし、これまでの物語では故意に同じ名前なんて存在していなかった(正確には「ピサロ」という名前がミスで1件だけかぶっている)のに、急にワノ国で同じ名前ばかり出てきたことこそ(作者がミスするわけない)が、ますます「おでん=デン」の証拠となる。

というわけで、コウシロウが本当の名前。

傳ジローは自称?

おでん(デン)と傳ジローが初めて接触したシーンだが、その時にはすでに信望者だった。名無し、もしくはコウシロウが、憧れたデンに次郎を付けて名乗っただけとも考えられる。名前があまりにも偶然に一致するからだ。自分自身には「お」を付けて「おでんじろー」と呼ぶわけがない。

視点を変えると、おでん処刑前の時点で自称の偽名。オロチから隠れるために偽名を使う必要がない時点で偽名の理由は、読者に本名を知られたくないから。そういう観点でもコウシロウだと判明する。

傳ジローが錦えもんに対し「頭の切れる男」「尊敬に値する」と言うわけがない。狂死郎説は作者の誤誘導の結果。当チャンネルこそが正解。

錦えもんを尊敬する狂死郎

おでん以外を見下す傳ジローのワケがない。

傳ジローならば、錦えもんの頭が平凡なのは分かっている。

皆に知性を疑われる錦えもん

ただでさえ、傳ジローが他人を尊敬することは無い。赤鞘の他のメンバーに、頭脳に関しては軽視されている錦えもん。そんな彼の知性に対する賞賛や尊敬なんて、傳ジローに取って絶対にあり得ない。

ここまで読んで、まだ傳ジローが狂死郎だと信じている人っているのかな?

康イエの家臣・狂死郎ですら、オロチに頭を下げるのは悔しい。
全ての大人を見下す傳ジローが頭を下げるのは無理。もっと自分に最適な行動でおでんに仕えるべき。それが、ワノ国を出て強い侍達を育成すること。

【傳ジローが偽名となると】
元々、傳ジロー自体が自称なので、傳ジローの名前を譲渡することすらできる。黒炭ヒョウシロウという名前を捨てた狂死郎が更に傳ジローになったとしても、「ワンピースには同じ名前のキャラクターはいない」という法則が成立する。

ガン・コウシロウ → 傳ジロー → 霜月コウシロウ
黒炭ヒョウシロウ → 狂死郎 → 傳ジロー

よって、コミックの読者コーナーとかに傳ジローとあっても、元々の傳ジローではなく、傳ジロー2世みたいなものだと解釈しよう。日本には襲名という儀式があり、先代の名前をそのまま受け継ぐ習わしがある。

ついでに、霜月の姫と結婚して姓が変わったコウ三朗。
ガン・コウ三朗 → 霜月コウ三朗 → 天狗山飛徹

【傳ジローの名前は受け渡された】
まとめ読者はもう、コウシロウが傳ジローだと理解しているだろうから、最新考察(96巻登場時点)を語る。傳ジローの名前は狂死郎に譲渡してしまったと考察。よって、過去編で登場した傳ジローは間違いなくコウシロウなのだが、既に名前を狂死郎に渡してしまった。現在の傳ジローが誰なのかという話になると、なんと狂死郎こそが傳ジローとなる。

なぜ、この話をするのかと言うと、コウシロウの身長は184cmで過去編の体型を考えると、もちろんマッチする。一方、現在の傳ジローの身長は306cmとなっている(96巻)。要するに、元々、傳ジローという名前自体が、コウシロウという本名を嫌ったための自称というわけだ。

他の考え方としては、妻イワンコフのホルモンで、身長は変えられるのかも。傳ジローの好物は「牛すじ」で、これは狂死郎のことではなくコ"ウシ"ロウのことかも知れない。緑牛くいなの父でもあるので、牛が関わるのだ。

なお、初代・傳ジロー、2代目・傳ジローという考え方でいいのだが、結局の所、当チャンネルが正体を発表したからこそ、そういう形になった可能性もある。そもそも、2代目だとしても、錦えもん達や子供の頃の小紫に対して、傳ジローを名乗る必要性は必ずしも高くない。遊郭の経営者として小紫を保護したり、狂死郎一家の頭として錦えもん達に加勢しても、物語の方向性は同じだ。

人斬り鎌ぞうへの誤誘導

出典: onepiece-log.com

人斬り鎌ぞう

顔が出るまでは、人斬り鎌ぞうが傳ジローではないかと、ネットでは噂になっていた。傳ジローがワノ国にいるという思考だ。

言い換えると、傳ジローの正体をコウシロウから遠ざけるためのトリックだった。コウシロウだと物語まで予想されてしまうので、まずは鎌ぞうという誤誘導があった。

この観点でも、狂死郎が傳ジローではなく、コウシロウこそが傳ジローとなる。

出典: onepiece.ria10.com

人斬り鎌ぞうの正体はキラー

鎌ぞうの正体は外人のキラーだった。

そして、同一人物なので、サクッと吹き出しで紹介される。傳ジローを名乗った狂死郎や、日和の影武者・小紫には、この手の吹き出しの紹介がない。

出典: cogito-ergosum.com

自称ナゾムズ

自称でも、作中に実在の別人に成り済ますわけではないのだから、吹き出しでちゃんと紹介される。狂死郎は傳ジローの偽者なので、「傳ジロー」という吹き出しの紹介は無い。

偽フランキーとかは、読者が偽者だと見抜けるから吹き出しで紹介された。しかし、読者が見抜けないのに吹き出しにしたら騙しだ。近年は、あまりにも裏切る騙しは控えたいのが作者。真相を明かす時に読者は不快となるからだ。

狂死郎とコウシロウが兄弟説は却下

fanta
fanta
@fanta

Related Articles関連記事

ONE PIECE(ワンピース)のネタバレ解説・考察まとめ

『ONE PIECE』は『週刊少年ジャンプ』にて連載されている尾田栄一郎による漫画作品。海賊王を目指して「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める主人公「モンキー・D・ルフィ」を中心に仲間との友情や夢、バトルなどの海洋冒険ロマンが描かれている。また、2015年に「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスにも認定されているほど人気の高い作品である。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ONE PIECE』は、尾田栄一郎によって『週刊少年ジャンプ』に1997年34号より連載されている漫画作品。 時は大海賊時代。主人公「モンキー・D・ルフィ」は海賊王を夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探しに海に出る、海洋冒険ロマン。夢への冒険、仲間たちとの友情といったテーマで展開される深いストーリー、心を動かす名言の数々は日本中のみならず海外でも高い評価を得ている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の悪魔の実まとめ

『ONE PIECE』とは、週刊少年ジャンプにて長期連載中の大人気少年漫画。海賊王になることを夢見る少年モンキー・D・ルフィが、仲間とともに大海原を大冒険する。『悪魔の実』によって手に入れた能力で繰り広げられる数々のバトルは、この漫画をさらに面白くさせている。今回は、その『悪魔の実』についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のロックス海賊団まとめ

『ロックス海賊団』とは、『ワンピース』に登場した伝説の海賊団である。 後に名を成す海賊たちが多数在籍しており、その当時は『最強の海賊団』として世界に名を轟かせていた。船長のロックス・D・ジーベックは、海賊王であるゴールド・ロジャーの『最初にして最強の敵』とされていた。 すでに壊滅しているが、船長を失っても力を増していると言われている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の海賊船・軍艦・客船まとめ

『ONE PIECE』は1997年から『週刊少年ジャンプ』にて連載が開始された、尾田栄一郎による海賊を題材とした海洋冒険漫画。 世界中の海を海賊が行き交い、様々に活躍する大海賊時代。主人公モンキー・D・ルフィは海賊王になることを夢見て故郷を飛び出し、仲間と共に大海原へと、冒険の旅へと臨んでいく。 舞台が海洋であるだけに、作中には数多くの海賊団、海軍、民間の船乗りが登場し、それぞれが個別に個性豊かな船舶を所有している。本記事では『ONE PIECE』に登場する多種多様な船舶を紹介していく。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の王下七武海まとめ

『ONE PIECE』とは尾田栄一郎の漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。時は大海賊時代。ワンピースと呼ばれる宝と海賊王の名を巡り、主人公モンキー・D・ルフィと仲間たちが冒険をし、時に海軍や他海賊と戦闘する。王下七武海とは、海軍と手を組んだ大物海賊たちを示す。それぞれの野望や思いを胸に海賊行為を行う七武海は、その戦力や個性、バックボーンにより、物語に花を添える存在である。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のDの一族まとめ

Dの一族とは、尾田栄一郎の漫画作品『ONE PIECE』に登場するキャラクターたちである。海賊王を目指す少年モンキー・D・ルフィを始め、作中で時たま「D」のミドルネームを持つ者が現れる。彼らは「Dの一族」或いは「Dの意思を継ぐ者」とも称される。Dの一族には、権力に縛られない自由な気風を持つ人物が多く、世をひっくり返すほどの海賊や革命家が多く存在する。たびたび「Dはまた嵐を呼ぶ」との意味深な表現がされており、作品世界を支配する組織・世界政府からは危険視されている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の海賊旗まとめ

『ONE PIECE(ワンピース)』とは、尾田栄一郎による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 海賊王に憧れるモンキー・D・ルフィが「ひとつなぎの大秘宝(=ワンピース)」を見つけるために仲間と共に冒険を繰り広げる。迫力のあるバトルシーンだけでなく、ギャグシーン、仲間との友情を描いている。『ONE PIECE(ワンピース)』において、1つの海賊団につき1つの「海賊旗」が存在し、作中では様々な海賊旗が登場する。

Read Article

【ONE PIECE】ジュエリー・ボニーとルフィ&エースの関係の徹底解説・考察まとめ【ワンピース】

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する女海賊、ジュエリー・ボニー。彼女は主人公モンキー・D・ルフィやその兄ポートガス・D・エースと深い関係にあるかもしれない。「大喰らい」の異名をもつ彼女。一見がさつに見える彼女は、物語の中で何か深い過去を想像させるような謎めいた行動を見せる。ストーリー上やキャラの元ネタなどから紐解いていく内容と解説。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の革命軍まとめ

『ONE PIECE』とは、尾田栄一郎による漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。海賊王を目指す少年・モンキー・D・ルフィが、ひと繋ぎの大秘宝ワンピースを求め仲間たちと冒険を繰り広げる。夢、冒険、バトルと少年漫画王道の要素に、差別や戦争といった社会問題を加えた独自の作風で世界的人気を得る。革命軍とは、『ONE PIECE』に登場する組織であり、800年に渡りこの世界を支配してきた世界政府の打倒を目的とする。直接の敵対関係である世界政府からは、海賊以上に危険視されている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の海軍まとめ

海軍とは、尾田栄一郎の漫画作品『ONE PIECE』に登場する海上治安維持組織である。海軍本部は「偉大なる航路(グランドライン)」の三大勢力の一つとして世界の均衡を保っている。主な任務は海賊を始めとする違法行為の取り締まりや罪人の逮捕で、悪魔の実の能力者、覇気使いといった猛者が多く所属する。「正義」の名のもとに民間人を守る立場だが、海兵の中には自らの正義を暴走させる者、正義よりも己の利益や権威を重視する者もいる。不都合な事実の隠蔽や奴隷売買の黙認など、海軍には闇も多い。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の最悪の世代・超新星まとめ

最悪の世代・超新星とは、尾田栄一郎の漫画作品『ONE PIECE』に登場する海賊たちである。主人公のモンキー・D・ルフィも含め、海賊として旗揚げして1年も経たぬうちに懸賞金額が億を超えた11名を「超新星」と呼ぶ。これに海軍と最強の海賊白ひげとの戦争のきっかけを作ったマーシャル・D・ティーチを加えた12名が後に「最悪の世代」と呼ばれるに至った。最悪の世代たちは、互いに同盟を組む、四皇と呼ばれる大物海賊の傘下に入りながら彼らの隙を伺うなどして各々の野望に突き進む。

Read Article

光月おでん(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

光月おでんとは、『ONE PIECE』に登場するワノ国の侍で、重要人物の一人である。 破天荒だが、その大きすぎる器に多くの者が惹かれている。作品で重要な意味を持つ『歴史の本文(ポーネグリフ)』を作った『光月家』に生まれ、四皇"白ひげ"ことエドワード・ニューゲート率いる白ひげ海賊団、そして海賊王ゴール・D・ロジャー率いるロジャー海賊団に在籍した。ロジャーと共に『ラフテル』へと辿り着き、全ての真実を知った男である。

Read Article

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で、多岐にわたる技を駆使しての戦いや、仲間のサポートをしている、知的でミステリアスな雰囲気の美女、ニコ・ロビンの技についてまとめてみた。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、船長ルフィと供に数々の強敵を倒し、世界一の剣豪を目指している三刀流の使い手「ロロノア・ゾロ」の技についてまとめてみた。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、海賊麦わらの一味のコックで、戦闘においても主力として一味を支えているサンジの技についてまとめてみた。

Read Article

ゴール・D・ロジャー(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ゴール・D・ロジャーとは、は、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。偉大なる航路(グランドライン)を制覇し、海賊王と呼ばれた男。最後の島・ラフテルへとたどり着き、すべての謎を解き明かした重要人物である。 ロジャー海賊団解散後、海軍に自首し故郷・東の海(イーストブルー)のローグタウンで公開処刑された。死の間際に放った遺言は多くの人間を海へ駆り立て、世に大海賊時代を巻き起こす。主人公のルフィもその一人である。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 夢への冒険のため、仲間のために、数々の敵の野望を打ち破り、海軍の包囲網を突破してきたのが、本作の主人公で、海賊麦わらの一味船長「モンキー・D・ルフィ」。 今回はルフィの技についてまとめてみた。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、巧みな航海術で仲間達をサポートし、また天候を利用した戦闘で数々の危機を乗り越えてきたナミの技についてまとめてみた。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で人間の能力を手に入れたトナカイで、多彩な力を発揮し数々の強敵を打ち負かしている、麦わらの一味の船医、トニートニー・チョッパーの技についてまとめてみた。

Read Article

ウソップ・そげキング(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、臆病で口八丁な性格ながらも、機転を効かせ様々な敵を打ち負かして来た、海賊麦わらの一味の狙撃手ウソップの技についてまとめてみた。

Read Article

ビッグ・マム/シャーロット・リンリン(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ビッグ・マム/シャーロット・リンリンは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。 偉大なる航路(グランドライン)の後半の海・新世界に皇帝のように君臨する4人の大海賊・四皇の内の1人。お菓子の為なら一国を滅ぼしてしまう凶悪な人物。43人の夫を持ち、その夫との間に85人の子供を産んでいる。その子供達とビッグ・マム海賊団を結成しており、その船長を担っている。

Read Article

フランキー/カティ・フラム(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、サイボーグである自身の特性を活かした戦法で、数々の敵との戦闘を行なっているフランキーの技についてまとめてみた。

Read Article

トラファルガー・ロー(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

トラファルガー・ロー(本名:トラファルガー・D・ワーテル・ロー)とは、『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。主人公モンキー・D・ルフィと同時期に台頭してきたルーキー海賊・超新星(最悪の世代)の一人。ハートの海賊団の船長であり、新世界編突入時は王下七武海になっていた。 新世界編では、ルフィ率いる麦わらの一味と同盟を組み、強敵たちと激戦を繰り広げる。ルフィと同じく「D」を名に持つ「Dの一族」であり、物語の重要人物である。

Read Article

ブルック(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、「ヨミヨミの実」の力で死後魂となり、黄泉の国から復活したガイコツで、素早い剣術から多くの敵を打ち負かしてきた音楽家、ブルックの技についてまとめてみた。

Read Article

ジンベエ(ONE PIECE)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『週刊少年ジャンプ』で大人気連載中の海賊漫画『ONE PIECE』。 長い連載の中で、魅力的なキャラクターが多数登場しており、それらのキャラによる夢・絆・信念に基づくセリフは読者の心を震わせてきた。 今回は、その侠気ある性格から人気が高い「海峡のジンベエ」の名言について紹介する。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ゾロとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の三刀流の剣豪。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な剣術を用いて戦闘を行う。 黒い手ぬぐい、左目の傷、腹巻き、左耳のピアスが特徴。冷静沈着で、剣士としての誇りを持っている。一味の中では副船長のような立場にある。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ヴィンスモーク・サンジとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』のコック。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な脚技を用いて戦闘を行う。大の女好きであり、綺麗な女性に対してはたとえ敵であっても目をハートにして優しく接する。幼少の頃に極度の飢餓を経験した事から、食べ物を粗末にする事を決して許さない。全ての海の魚が集うとされる『オールブルー』を夢見ている。

Read Article

黒ひげ/マーシャル・ D・ティーチ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

マーシャル・ D・ティーチ(通称:黒ひげ)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 かつては大海賊・白ひげ海賊団の船員であり、今では『新世界』に皇帝のように君臨する海賊『四皇』の1人に数えられている。ルフィの義兄弟・エースが死ぬことになった原因を作った、ルフィ宿敵の相手である。作中で唯一、悪魔の実の能力を2つ所持している人物である。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ナミとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の航海士。幼少から学んできた航海術と、身体で気候の変化を感じ取る才能で『偉大なる航路(グランドライン)』のデタラメな気候を乗り越える。 整った顔立ちと、魅力的なスタイルの持ち主。金には意地汚く、金銀財宝を目の前にすると、人が変わる。

Read Article

カイドウ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

カイドウとは、【ONE PIECE】に登場する海賊である。 「偉大なる航路(グランドライン)」の後半の海「新世界」に皇帝のように君臨する4人の海賊「四皇」の1人。『世界最強の生物』と呼ばれる人物である。 ワノ国将軍・黒炭オロチと手を組み、ワノ国を牛耳っている。強大な軍勢を築いて世界を巻き込む戦争を引き起こそうとしている。

Read Article

白ひげ/エドワード・ニューゲート(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

白ひげ/エドワード・ニューゲートとは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。 海賊王ゴール・D・ロジャーと渡り合った大海賊。新世界に皇帝のように君臨する4人の海賊四皇の1人。悪魔の実「グラグラの実」の能力者で「世界最強の男」と称されていた。 ロジャー、エース、おでんといった重要人物と大きく関わっている。マリンフォード頂上戦争の戦いで死亡した。

Read Article

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ニコ・ロビンとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の考古学者。ハナハナの実の能力者で、自由に身体の一部を咲かせる事ができる。 考古学の聖地『オハラ』の唯一の生き残り。8歳にして考古学者になり、ポーネグリフの解読を可能にした天才。現状、ポーネグリフを解読できる唯一の存在であり、物語の中で重要な役割を担っている。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

モンキー・D・ルフィとは、『ONE PIECE』の主人公であり、麦わらの一味の船長である。 左目の下の傷と、麦わら帽子が特徴。『ゴムゴムの実』を食べ、全身がゴムの『ゴム人間』になった。命を救ってくれた恩人・シャンクスに憧れ、海賊となった。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した『ひとつなぎの財宝(ワンピース)』を求めて海に出て、様々な冒険を繰り広げる。

Read Article

ウソップ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ウソップとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の狙撃手。長く伸びたピノキオ鼻が特徴。 卓越した狙撃の腕前でパチンコを駆使して戦う。 臆病者で嘘つき。戦闘に関しては自信がなく、逃げ出そうとする事が多い。だが、仲間の為や誇りの為ならば身を切って戦おうとする一面もある。

Read Article

目次 - Contents