【ONE PIECE】傅ジローとコウシロウが同一人物である可能性についての徹底解説・考察まとめ【ワンピース】

傳ジロー(でんじろー)とコウシロウは、共に『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。光月おでんに忠誠を誓う赤鞘九人男の一人傳ジローは、狂死郎と名を変えておでんの仇である黒炭オロチに仕えている。対してコウシロウはロロノア・ゾロの出身地であるシモツキ村で道場をしている剣士である。この二人の容姿が似ていることなどから、実は同一人物であるという考察が囁かれている。

傳ジローの顔

ほんのりタレ目で、丸みを帯びた目。
口は裂けていない。

傳ジローは愛着が持てる顔と言える。
海軍のコビー系の顔だ。

買い物がズルイくらい上手。

出典: bibi-star.jp

たしぎとの関係は後述

眼鏡を上げる仕草が一致。
やや垂れ目。

剣の買い物が上手。

たしぎとの関係は後述と書いたが、鋭い人は もう続きを読まなくても分かるでしょ。傳ジローの正体が誰で、狂死郎のわけがないことを。

傳ジローはコウシロウが正体で、作戦で狂死郎と人物が入れ替わった。そして、狂死郎が小紫や錦えもん達を信用させるために、傳ジローを名乗っただけ。

顔の違う人物が、実在人物の名を自称しても、同一人物で確定ではない。

ゾロを名乗ったマンジャロウ

このキャラ(髪型、髪色、上半身の服まで同じ)がゾロを自称してもゾロではない。顔の区別が不完全なチョッパーがゾロだと信じたとしても、このキャラがゾロで確定するわけではない。

チョッパーなど異種族は、人間の顔の違いをあまり把握できない(多少はできる)。魚人が人間を区別する場合も同様。

マンジャロウが「オレはゾロ」と発言しても、読者は信じなかった。理由は顔が違うからだ。にもかかわらず、同様に狂死郎が「オレは傳ジロー」と発言して、なんで読者は信じるのやら。

ウソップは修行の2年間で太ったので、ゾロだって太ることはあり得る。顔が違うことこそが、読者の別人認定の要因。

バルジモアのフランキーと偽フランキー

2年後に現れた時、顔が変わってもおかしくない状況なのに、更には(フランキーを自称する男は)フランキーだと紹介されているのに、読者・視聴者は、フランキーだと信じなかった。髪色はもちろん、服装や髪型のセンスまで同じなのに読者・視聴者は誰も信じず、信じたチョッパーを笑った。

顔が違うという状況は、別人を確定付ける強力な証拠なのだ。別顔の狂死郎が傳ジローを自称した程度でどうなるものではない。

偽者を信じた場合、なにか原因がある。チョッパーならば人間ではないとか、小紫ならば本物の日和ではないとか。

出典: ameblo.jp

一時的に目が吊り上がることはある

誰でも怒りで目が吊り上がるシーンはある。
しかし、その目が固定されることは異常(馬鹿げている)。

傳ジローが狂死郎だと言われる根拠(ガセだが主張のまとめ)

出典: buzz-manga.com

髪の生え際(ぎわ)が近い

これは微妙。全く違うわけではないにせよ。
また、20年の間に、むしろ前髪後退しているべき。

たとえ生え際が近くても、髪型のセンスが違いすぎる。更には服装のセンスが違う。

狂死郎は口裂けだし、顔の縦横比で、横が小さい。輪郭が異なる。

生え際が近い理由は、誤誘導キャラだからこそ。本人の証拠という解釈が誤り。

かつらを取った状態が地毛の色だと仮定すると、青紫ということに。この理由は後述。

両替商というのは、要するに銀行経営者。

お金を借りる傳ジロー

主張……傳ジローはワノ国中を歩き回り、金を借りたり返したり。

反論……一見、お金を扱うので両替商のように思うが、このセリフは借りたり返している一般人の立場なので、両替商(金貸し)とは立場が全く逆。もちろん、出世して両替商になることはできるが、借りる立場そのものは、証拠ではない。

現実に直すと明白。消費者金融で借りたり返している人間は、金を貸す勉強になってるわけでもないし、金貸しの立場とは真逆で繋がらない。

将軍の犬=スパイ

主張……犬には忠実な下僕という意味もあるが、「スパイ」という意味もある。だから傳ジローだ。

反論……スパイなのは認めるが、傳ジローである根拠としては薄い。

主張……おでん将軍の犬(下僕)なんだ。

反論……死んだおでんには何も報告できない(犬になれない)。モモの助はまだ将軍ではない。おでんは人格者なので、家臣を犬扱いはしない。家臣は自らを犬だと卑屈にならなくていい。むしろ、おでんの犬ではない証拠が、このシーン。仮におでんの意味でも、赤鞘である必要はない。例えば、康イエの家臣とか。

出典: twitter.com

アニメの主題歌では赤鞘の酒天丸の後ろに狂死郎がいる

反論……確かにいる。登場の順でたまたま、酒天丸と一緒になったか、誤誘導があるかのどちらか。肯定派の論調だと、仮に主題歌で狂死郎が単独で描かれ、酒天丸の次に登場しても、「酒天丸の次に登場したので傳ジローだ」と主張するだけだ。小紫は単独で描かれるとして、一体、狂死郎は誰と一緒に描かれれば別人判定なの? その話なくして、「酒天丸と一緒だったので傳ジロー」は不成立。

どうせ、狂死郎が出ていなくても、肯定派は「正体が傳ジローだからこそ、あえて出していない」と言うだけなのだから。

【その他】
●狂死郎はモモの助達の味方っぽい(トキを奥方と呼んだ、オロチに関し裏で悪口、小紫を斬った風に見せかけた、小紫の落とした判じ絵を秘密にして小紫に返した、味方であるゾロとは戦いたくなかった「やめておけ、浪人」)
反論……味方なのは認めるが、傳ジローである根拠としては薄い。傳ジローならば味方だろうが、味方だからといって傳ジローには限定されない。例えば、康イエの家臣でも味方確実。

●傳ジローは おでん達の金を管理しているっぽい
反論……誰かが管理せねばならないなら、よく借りていた傳ジローがやるしかない。貸す立場の狂死郎とは結びつかない。傳ジローは現代に直すと「経理」に過ぎない。

●きょうしろう と でんじろーは名前が似ている
反論……後半が似ているのは確かだが、対抗馬がコウシロウなので、単に似ているだけではコウシロウ説に対して優位にはならない。

●性格は20年の間に悪くなった(変わった)、だから狂死郎だ
反論……性格が同じでも狂死郎で、性格が違っても狂死郎だという論法はおかしい(性格に関係なく傳ジローならば、性格は根拠にできない)。性格のみならず、顔やセンスまでもならば、なおさら。肯定派の主張は、前提に「狂死郎だ」とあるだけで、根拠と混同している。前提が狂死郎ならば、結論が狂死郎なのは当たり前。前提の時点でミスっている。

●人相は20年の間に悪くなった(変わった)、だから狂死郎だ
反論……顔が同じでも狂死郎で、顔が違っても狂死郎だという論法はおかしい。顔が違う同一人物の場合には、妥当な老い方だとか、顔に隠している部分を作るとか、名前を一致させるとか、作中で同一人物だと即座に説明するのが、一流の漫画家による表現の鉄則。デブ女海賊アルビダは、痩せても名前はもちろん同じで、即座に同一人物と明かし、変わった理由も表現された。康イエとトノ康も、直ちに同一人物だと表現され、多少の人相は変わっているが顔の原型は同じ。

●顔や人相が変わった理由はこうだ、だから狂死郎だ
反論……顔が変わった根拠が存在しないので、その理由付けをしても無効。顔が変わった理由に対して「狂死郎だから変える必要があった」というのはおかしい。今度は狂死郎である根拠が必要になる。顔が違うけど狂死郎である根拠に対し「顔が変わった」という説明では無限ループ。前提と結論を常に逆にしているので、肯定派は迷走する。

主張……「顔が変わった理由は狂死郎だから」「狂死郎である理由は顔が変わったから」……これは根拠と結論が無限ループしている。

それから、顔を変えるだけでオロチを騙せるのならば、忍者の雷ぞうこそが適役だ。

●怒りの感情でイキナリ顔と人格が変わった、だから狂死郎だ
反論……顔でも性格でも、一致するならば同一人物を主張するのもいいが、違う場合には「違っているが変わった」なんて主張は、同一人物の証拠にならないことを把握を。同一人物だと作中で確定した場合に、「変わった」を主張できる程度の話。「こんな顔の場合には別人認定」という説明が全く存在しない。顔が違っても傳ジローならば、ドフラミンゴでも成立してしまう。顔が違う場合に同一人物という主張をしたい場合、同時にドフラミンゴやミホークではない説明もしないといけなくなる。他のキャラ全般に対し、顔や髪型を変えた傳ジローではない証拠も「顔が変わった論」には必要なのだ。更には、怒りで顔が変わらないキャラ(一時的に変わっても当然のごとく戻る)ばかりなので、なぜ狂死郎に限って変わって固定されたかの根拠も重要。要するに、成立はまずあり得ない。

以上の顔の話をまとめる。「顔が違うけれど傳ジロー」という話をしたいならば、顔の違う別キャラ(ドフィとかミホークとかクロコダイルとか……)も全員チェックし、傳ジローなのか、そうでないのかを調べないといけない。そのチェックが無いのに「顔は変わったんだ」と語る説は却下。ましてや、様相が近い「コウシロウ」がいるのだから、なおさら。

更には、顔が想定外に変わったのならば、逆にいつ元に戻るかも想定外となる。そんなリスクを抱えつつ、オロチの側にいることは不可能。最初からオロチの知らないあの顔だから成立する。

●傳ジローと狂死郎は顔の造りが似ている
反論……全くもって似ていない。「顔(人相)や性格は怒りで、もしくは20年で変わったんだ」という言い訳のほうがマシ。

ソックリ(www)な傳ジローと狂死郎

狂死郎の目の角度。これだけ吊り上がったキャラは、ワンピース全キャラチェックでも、そうそういない。傳ジローは口裂けもなく、吊り目さが皆無で丸目なのに、狂死郎と似ているなんて、妄想が度を超えてしまっている。

狂死郎は顔がキモイが、傳ジローは愛着が持てる。

「顔が全く違うけれど狂死郎だ」という話が、根拠として不成立なことは発言者も気づきやすいので、顔が同じだと思いこむことで、説を成り立たせようとする盲目的な説。

出典: animesoku.com

この例ならば似ているとか同一人物と認定できる

金獅子のシキが黒炭家だと考察できる。

妥当な老い方で、口元や眉が一致。鼻は角度の違いで一致。そして、前髪はちゃんと後退している。同じ方がおかしい。

シキのような特徴的な眉ならば、一致する場合に根拠の1つとしてもいいが、線一本の眉が一致しても、あまり意味は無い。

傳ジローの顔は怒りで変わったという迷走もあるが、シキが悔しさで顔が変わらなかった理由も必要になる。要するに、顔が変わった論は不成立。

それから、本当に同一人物という演出を作者がしたいならば、顔を変えるなんてやり方は愚。シキのように、一致する顔をコッソリと描くのが一流。

出典: onepiece-log.com

この例ならば似ているとか同一人物と認定できる

これだけ似ていて、同一人物を主張できる。

おかしなのは、これだけ似ているお玉と日和を別人だと思いつつ、なんで、傳ジローと狂死郎が似ていると思えるのか謎。作者の尾田氏が妖術でもかけたのかよ。

この似具合では、康イエの部下や魚人の河松に区別はできない。小紫を名乗ることになった少女が狂死郎に会うのは7年後なのでなおさら。

トキは最期のシーンで辞世の句を発するが、その時にお玉らしき人物が、目をつぶって手を合わせている。

狂死郎は(勘違いにせよ)日和と再会できて感激したのだから、顔が戻るべき(傳ジローではないので、そうならない)。

出典: www.nepece.com

キラー=ギン説(完全終了)

説は根強く続いていたのだが、キラーの素顔が出た時点で、流石に完全終了となった。

顔の違いは全てを打ち消すのだ。顔が違っていても、狂死郎だとしつこく言い続けるのは、キラー=ギン説の主張者よりも迷走が止まらない。

キラーとギンの顔の違いについて、若返ったとか、目が似ているとか、眉が似ているとか、サンジの施しによる感動で顔が変わったとか、無価値な話をされても困るのだ。

傳ジローと狂死郎が別人である根拠

出典: amuse-labo.com

傳ジローが どこにいるのか知らない

狂死郎と「いい仲」の小紫が知らないのはおかしい。
もちろん、小紫は嘘つきなので、小紫の嘘だと信じる人には微妙だろうが。なお、小紫の嘘を信じるならば、まずは日和と名乗ったことを嘘だと判断すべき。

面白いのは、当チャンネルがこの場所でこの話をした途端、(当時の)最新号で「狂死郎が小紫に、味方にも傳ジローだと話してはいけないと語るシーン」が登場。作者サイドは当チャンネルをベースに誤誘導を作っていることが確定的。

当チャンネルの考察力をベースに作者が誤誘導を作ると、他の考察者はことごとく誤誘導される。

護衛の中に狂死郎が?!(おでん処刑前)

当チャンネルが「小紫はおしとやかなので日和ではない」と書いた途端、日和の影武者(小紫)も飛び蹴りを実施。すでに影武者と入れ替わったシーン。今回はその話ではなく護衛の侍について。

康イエの家臣にも、立派な武士が揃っているので、その中に狂死郎がいてもおかしくない。そうなれば、狂死郎と傳ジローは別人ということに。

差し当たり、画像の左端のキャラに注目。

お忍びの狂死郎(現代)と20年前の護衛

左側の狂死郎は、いつもの髪から前方のかつらを除去すると、この髪型となろう。傳ジローとは似ても似つかない。

右側の笠の男。鼻からアゴの形や、髪の輪郭が、お忍び狂死郎っぽい。

笠の影だから髪が黒いだけ。また、室内でも笠なんておかしい。まるで狂死郎の髪型を隠すためにかぶらせたよう。

一方では、現場にいる日和(すでに影武者)が、この男の顔を確認できないという状況でもある。

康イエの家臣で、裏切っていないとなれば、モモの助の味方なのは妥当。また、この場で偽者の日和の顔を見ても、影武者だと気づけない。

過去の狂死郎?

康イエと馬で護衛に向かうシーン。970話より。
康イエが一番目立っているが、次に目立つのはこのキャラ。というか、康イエとこのキャラだけ、頭部が描かれている。

康イエの家臣ならば、赤鞘の紋章なども知っている。

ちなみに、康イエ達は、おでんの処刑時にも問題なく城の中で生活していた。当時の康イエには、オロチ達の魔手は延びていないのだ。

おでんの処刑後、康イエ達も攻撃を受け、ボロボロになった狂死郎と傳ジローがお堂(閻魔堂)で一緒になり、入れ替わった展開を読み取るべき。

出典: onepiece-log.com

丑三つ小僧と繋がる康イエ

丑三つ小僧は自分だと康イエは名乗り出るわけだが、名乗り出る直前の時点で狂死郎が捕まると、長年の作戦が無駄になる。つまり、狂死郎の正体を知っている康イエが動いた。

狂死郎が康イエの家臣である証拠だらけ。

赤鞘と手合わせしたい

赤鞘が身内ではなく、自分とは別のような言い回し。腕に自信のある康イエの家臣ならば、おでんの家臣たちと腕くらべをしたいのは妥当。

狂死郎が赤鞘の一員ならば、メンバーとは一緒に鍛錬している。わざわざ手合わせする必要はない。赤鞘のメンバーの一部は未来へ飛んでいるのだから、当時と実力が変わっていない。そんな相手に「オレは20年間で強くなったから、仲間に実力を思い知らせてやる」というのは、おかしい。

光月家という言い回しも身内外の言い方だし、亡霊というのも身内には失礼。味方ながらも、赤鞘達にライバル意識を持つ立場と言える。

狂死郎は酒を飲んでひっくり返っている無作法な奴。

fanta
fanta
@fanta

Related Articles関連記事

ONE PIECE(ワンピース)のネタバレ解説・考察まとめ

『ONE PIECE』は『週刊少年ジャンプ』にて連載されている尾田栄一郎による漫画作品。海賊王を目指して「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める主人公「モンキー・D・ルフィ」を中心に仲間との友情や夢、バトルなどの海洋冒険ロマンが描かれている。また、2015年に「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスにも認定されているほど人気の高い作品である。

Read Article

NEW

ONE PIECE(ワンピース)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ONE PIECE』は、尾田栄一郎によって『週刊少年ジャンプ』に1997年34号より連載されている漫画作品。 時は大海賊時代。主人公「モンキー・D・ルフィ」は海賊王を夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探しに海に出る、海洋冒険ロマン。夢への冒険、仲間たちとの友情といったテーマで展開される深いストーリー、心を動かす名言の数々は日本中のみならず海外でも高い評価を得ている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の悪魔の実まとめ

『ONE PIECE』とは、週刊少年ジャンプにて長期連載中の大人気少年漫画。海賊王になることを夢見る少年モンキー・D・ルフィが、仲間とともに大海原を大冒険する。『悪魔の実』によって手に入れた能力で繰り広げられる数々のバトルは、この漫画をさらに面白くさせている。今回は、その『悪魔の実』についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のロックス海賊団まとめ

『ロックス海賊団』とは、『ワンピース』に登場した伝説の海賊団である。 後に名を成す海賊たちが多数在籍しており、その当時は『最強の海賊団』として世界に名を轟かせていた。船長のロックス・D・ジーベックは、海賊王であるゴールド・ロジャーの『最初にして最強の敵』とされていた。 すでに壊滅しているが、船長を失っても力を増していると言われている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の王下七武海まとめ

『ONE PIECE』とは尾田栄一郎の漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。時は大海賊時代。ワンピースと呼ばれる宝と海賊王の名を巡り、主人公モンキー・D・ルフィと仲間たちが冒険をし、時に海軍や他海賊と戦闘する。王下七武海とは、海軍と手を組んだ大物海賊たちを示す。それぞれの野望や思いを胸に海賊行為を行う七武海は、その戦力や個性、バックボーンにより、物語に花を添える存在である。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の海賊船・軍艦・客船まとめ

『ONE PIECE』は1997年から『週刊少年ジャンプ』にて連載が開始された、尾田栄一郎による海賊を題材とした海洋冒険漫画。 世界中の海を海賊が行き交い、様々に活躍する大海賊時代。主人公モンキー・D・ルフィは海賊王になることを夢見て故郷を飛び出し、仲間と共に大海原へと、冒険の旅へと臨んでいく。 舞台が海洋であるだけに、作中には数多くの海賊団、海軍、民間の船乗りが登場し、それぞれが個別に個性豊かな船舶を所有している。本記事では『ONE PIECE』に登場する多種多様な船舶を紹介していく。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のDの一族まとめ

Dの一族とは、尾田栄一郎の漫画作品『ONE PIECE』に登場するキャラクターたちである。海賊王を目指す少年モンキー・D・ルフィを始め、作中で時たま「D」のミドルネームを持つ者が現れる。彼らは「Dの一族」或いは「Dの意思を継ぐ者」とも称される。Dの一族には、権力に縛られない自由な気風を持つ人物が多く、世をひっくり返すほどの海賊や革命家が多く存在する。たびたび「Dはまた嵐を呼ぶ」との意味深な表現がされており、作品世界を支配する組織・世界政府からは危険視されている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の海賊旗まとめ

『ONE PIECE(ワンピース)』とは、尾田栄一郎による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 海賊王に憧れるモンキー・D・ルフィが「ひとつなぎの大秘宝(=ワンピース)」を見つけるために仲間と共に冒険を繰り広げる。迫力のあるバトルシーンだけでなく、ギャグシーン、仲間との友情を描いている。『ONE PIECE(ワンピース)』において、1つの海賊団につき1つの「海賊旗」が存在し、作中では様々な海賊旗が登場する。

Read Article

【ONE PIECE】ジュエリー・ボニーとルフィ&エースの関係の徹底解説・考察まとめ【ワンピース】

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する女海賊、ジュエリー・ボニー。彼女は主人公モンキー・D・ルフィやその兄ポートガス・D・エースと深い関係にあるかもしれない。「大喰らい」の異名をもつ彼女。一見がさつに見える彼女は、物語の中で何か深い過去を想像させるような謎めいた行動を見せる。ストーリー上やキャラの元ネタなどから紐解いていく内容と解説。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の革命軍まとめ

『ONE PIECE』とは、尾田栄一郎による漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。海賊王を目指す少年・モンキー・D・ルフィが、ひと繋ぎの大秘宝ワンピースを求め仲間たちと冒険を繰り広げる。夢、冒険、バトルと少年漫画王道の要素に、差別や戦争といった社会問題を加えた独自の作風で世界的人気を得る。革命軍とは、『ONE PIECE』に登場する組織であり、800年に渡りこの世界を支配してきた世界政府の打倒を目的とする。直接の敵対関係である世界政府からは、海賊以上に危険視されている。

Read Article

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で、多岐にわたる技を駆使しての戦いや、仲間のサポートをしている、知的でミステリアスな雰囲気の美女、ニコ・ロビンの技についてまとめてみた。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、船長ルフィと供に数々の強敵を倒し、世界一の剣豪を目指している三刀流の使い手「ロロノア・ゾロ」の技についてまとめてみた。

Read Article

光月おでん(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

光月おでんとは、『ONE PIECE』に登場するワノ国の侍で、重要人物の一人である。 破天荒だが、その大きすぎる器に多くの者が惹かれている。作品で重要な意味を持つ『歴史の本文(ポーネグリフ)』を作った『光月家』に生まれ、四皇"白ひげ"ことエドワード・ニューゲート率いる白ひげ海賊団、そして海賊王ゴール・D・ロジャー率いるロジャー海賊団に在籍した。ロジャーと共に『ラフテル』へと辿り着き、全ての真実を知った男である。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、海賊麦わらの一味のコックで、戦闘においても主力として一味を支えているサンジの技についてまとめてみた。

Read Article

NEW

ゴール・D・ロジャー(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ゴール・D・ロジャーとは、は、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。偉大なる航路(グランドライン)を制覇し、海賊王と呼ばれた男。最後の島・ラフテルへとたどり着き、すべての謎を解き明かした重要人物である。 ロジャー海賊団解散後、海軍に自首し故郷・東の海(イーストブルー)のローグタウンで公開処刑された。死の間際に放った遺言は多くの人間を海へ駆り立て、世に大海賊時代を巻き起こす。主人公のルフィもその一人である。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 夢への冒険のため、仲間のために、数々の敵の野望を打ち破り、海軍の包囲網を突破してきたのが、本作の主人公で、海賊麦わらの一味船長「モンキー・D・ルフィ」。 今回はルフィの技についてまとめてみた。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、巧みな航海術で仲間達をサポートし、また天候を利用した戦闘で数々の危機を乗り越えてきたナミの技についてまとめてみた。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で人間の能力を手に入れたトナカイで、多彩な力を発揮し数々の強敵を打ち負かしている、麦わらの一味の船医、トニートニー・チョッパーの技についてまとめてみた。

Read Article

ウソップ・そげキング(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、臆病で口八丁な性格ながらも、機転を効かせ様々な敵を打ち負かして来た、海賊麦わらの一味の狙撃手ウソップの技についてまとめてみた。

Read Article

フランキー/カティ・フラム(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、サイボーグである自身の特性を活かした戦法で、数々の敵との戦闘を行なっているフランキーの技についてまとめてみた。

Read Article

ビッグ・マム/シャーロット・リンリン(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

シャーロット・リンリン(通称:ビッグ・マム)とは、ONE PIECEに登場する海賊である。 『偉大なる航路(グランドライン)』の後半の海『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。お菓子の為なら一国を滅ぼしてしまう凶悪な人物。 85人の子供を出産しており、その子供達とビッグ・マム海賊団を結成している。

Read Article

ブルック(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、「ヨミヨミの実」の力で死後魂となり、黄泉の国から復活したガイコツで、素早い剣術から多くの敵を打ち負かしてきた音楽家、ブルックの技についてまとめてみた。

Read Article

ジンベエ(ONE PIECE)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『週刊少年ジャンプ』で大人気連載中の海賊漫画『ONE PIECE』。 長い連載の中で、魅力的なキャラクターが多数登場しており、それらのキャラによる夢・絆・信念に基づくセリフは読者の心を震わせてきた。 今回は、その侠気ある性格から人気が高い「海峡のジンベエ」の名言について紹介する。

Read Article

トラファルガー・ロー(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

トラファルガー・ロー(本名:トラファルガー・D・ワーテル・ロー)とは、『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。主人公モンキー・D・ルフィと同時期に台頭してきたルーキー海賊・超新星(最悪の世代)の一人。ハートの海賊団の船長であり、新世界編突入時は王下七武海になっていた。 新世界編では、ルフィ率いる麦わらの一味と同盟を組み、強敵たちと激戦を繰り広げる。ルフィと同じく「D」を名に持つ「Dの一族」であり、物語の重要人物である。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ゾロとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の三刀流の剣豪。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な剣術を用いて戦闘を行う。 黒い手ぬぐい、左目の傷、腹巻き、左耳のピアスが特徴。冷静沈着で、剣士としての誇りを持っている。一味の中では副船長のような立場にある。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ヴィンスモーク・サンジとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』のコック。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な脚技を用いて戦闘を行う。大の女好きであり、綺麗な女性に対してはたとえ敵であっても目をハートにして優しく接する。幼少の頃に極度の飢餓を経験した事から、食べ物を粗末にする事を決して許さない。全ての海の魚が集うとされる『オールブルー』を夢見ている。

Read Article

黒ひげ/マーシャル・ D・ティーチ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

マーシャル・ D・ティーチ(通称:黒ひげ)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 かつては大海賊・白ひげ海賊団の船員であり、今では『新世界』に皇帝のように君臨する海賊『四皇』の1人に数えられている。ルフィの義兄弟・エースが死ぬことになった原因を作った、ルフィ宿敵の相手である。作中で唯一、悪魔の実の能力を2つ所持している人物である。

Read Article

カイドウ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

カイドウとは、【ONE PIECE】に登場する海賊である。 「偉大なる航路(グランドライン)」の後半の海「新世界」に皇帝のように君臨する4人の海賊「四皇」の1人。『世界最強の生物』と呼ばれる人物である。 ワノ国将軍・黒炭オロチと手を組み、ワノ国を牛耳っている。強大な軍勢を築いて世界を巻き込む戦争を引き起こそうとしている。

Read Article

白ひげ/エドワード・ニューゲート(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

エドワード・ニューゲート(通称:白ひげ)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 海賊王『ゴール・D・ロジャー』と渡り合った大海賊。『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。グラグラの実の能力者で『世界最強の男』と称されていた。 ロジャー、エース、おでんといった重要人物と大きく関わっている。『マリンフォード頂上戦争』の戦いで死亡した。

Read Article

目次 - Contents