【ポケモン剣盾】ステロを撒いて自主退場!ジュラルドンの育成論まとめ【ポケットモンスターソード・シールド】

ポケットモンスターソード・シールドの新ポケモン・ジュラルドンの育成論をまとめています。ステロ・壁張り・アタッカーをこなす超優秀なドラゴンポケモン。専用技てっていこうせんで自主退場も狙えます。パーティ編成の参考にどうぞ。

今回のドラゴンポケモン

ジュラルドン

HP 70
こうげき 95
ぼうぎょ 115
とくこう 120
とくぼう 50
すばやさ 85
平均 / 合計 89.2 / 535

ライトメタル
自分の『おもさ』が半分になる。(技『けたぐり』『くさむすび』対策などで有効)

ヘヴィメタル
自分の『おもさ』が2倍になる。(技『ヘビーボンバー』などで有効)

*すじがねいり
相手の 技を 引き受ける 特性や 技の 影響を 無視して攻撃できる

ひらいしん・よびみず・サイドチェンジ・このゆびとまれ・スポットライト

▼ステロ役にピッタリの理由
・高耐久なので、ステロを撒きやすい
・耐性が多く、ステロを撒きやすい
・ステロを撒いた後、壁貼りができる。またアタッカーもこなせる
・アタッカーを装い、ステロを撒ける【多くの人は特殊技を警戒する】
・ちょうはつが飛んでこない【てってい光線があるので、挑発をしない】

実用性としては、前者は抜群になるけたぐりによって受けるダメージ、後者はヘビーボンバーの威力に関わってくるが、

重くなっても80㎏であるためヘビーボンバーでは40㎏超えの相手には最低威力になってしまい、尚且つライトメタルの個体に比べてけたぐりの威力が二倍の差が出るため、どちらかといえば前者に分があるか。

おすすめの特性は

すじがねいり

この指とまれ・サイドチェンジを無視できる。そのためダブルで活躍できる。

・この指止まれ【優先度+2】
ちゅうもくのまと状態になり相手の技を全て自分が受けるが、対象を選択する技にしか効果はない。

・サイドチェンジ【優先度+2】
端同士にいる自分と味方の位置を入れ替える。

すじがねいり優秀だけど完全ダブル用だな

専用技

てっていこうせん【はがね:特殊】

威力140【単体】
命中95
PP5

威力は高いが、最大HPの半分を消費する。ステロ、壁貼りで自主退場する時に使う。

ステロ巻いて、壁張って、徹底光線で火力出しつつ自主退場

龍舞ギャラで雑に突っ込む

勝ち

環境が煮詰まってない今の状態ならこれで無双できる

ジュラルドンの役割

ステロ撒き

相手の交代先に、わずかなダメージを与える。岩4倍なら、半分近く減らせる。

ダブル・トリプルは交代が多いので、ステロが活躍する。

こんな時に使おう

▼きあいのタスキ潰しに効果的。まきびしと違い、全てのポケモンにダメージが与えられる。そういう点ではまきびしの上位互換といえる。

▼特にリザードン、ファイアローなどいわタイプを4倍弱点として持っているポケモンはHPを半分も奪える。

▼目の前のポケモンではなく、交代により逃げていったポケモンを攻撃するワザと見なすこともできる。あと少しで倒せる場合などは特に有力な選択肢となり得る。

▼このダメージにより確定で耐えられたものが乱数耐えになったり、低乱数1発が高乱数1発になる。そのため高速アタッカーによる3タテ勝利を狙う戦略では特に有効。

▼相手がとんぼがえり・ボルトチェンジをよく使う場合や、相手にふきとばしやあくびなどで交代を強要させる場合も効果的。

▼交換回数が増えるため、3vs3より6vs6において真価を発揮する。そのためこの技の対策となるこうそくスピンの価値も上がる。

出典 ポケモンWIKI

壁貼り

ひかりのかべ・リフレクターを貼り、味方全員をサポートする。

ミミッキュの剣舞が決まるので、全抜きを狙える。

メタルバースト

相手から受けた技【物理・特殊】を1、5倍にして返す。弱点を耐えた後、撃つと1撃で倒せる。

レベル技

LV.01 はがね メタルクロー
物理 威力50 命中95 PP35
10%の確率で自分の「こうげき」を1段階アップ

LV.01 ノーマル にらみつける
変化 威力0 命中100 PP30
相手の「ぼうぎょ」を1段階ダウン

LV.06 かくとう いわくだき
物理 威力40 命中100 PP15
50%の確率で相手の「ぼうぎょ」を1段階下げる

LV.12 あく つめとぎ
変化 威力0 命中- PP15
自分の「こうげき」と命中率をそれぞれ1段階アップ

LV.18 はがね きんぞくおん
変化 威力0 命中85 PP40
相手の「とくぼう」を2段階下げる

LV.30 ドラゴン ドラゴンテール
物理 威力60 命中90 PP10
後攻になり、自分よりレベルの低い野生ポケモンなら、攻撃後に戦闘が終了する。トレーナー戦の場合、強制的にポケモンを入れ替えさせる

LV.36 はがね てっぺき
変化 威力0 命中- PP15
自分の「ぼうぎょ」を2段階アップ

LV.42 ノーマル とぎすます
変化 威力0 命中- PP30
次のターンの攻撃が必ず急所に当たる(急所ランク+3)。

LV.48 ドラゴン ドラゴンクロー
物理 威力80 命中100 PP15
通常攻撃

LV.54 はがね ラスターカノン
特殊 威力80 命中100 PP10
10%の確率で相手の「とくぼう」を1段階ダウン

LV.60 はがね メタルバースト
物理 威力- 命中100 PP10
そのターンの最後に受けたダメージを1.5倍にして相手に与える

LV.66 ノーマル はかいこうせん
特殊 威力150 命中90 PP5
使用した次のターンは行動ができない

nishinoya
nishinoya
@nishinoya

Related Articles関連記事

ポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター ソード・シールド』は、株式会社ポケモンから発売されたNintendo Switch用ロールプレイングゲーム。2019年11月15日に『ポケットモンスター ソード』と『ポケットモンスター シールド』の同時に二本発売され、ポケットモンスターシリーズの8作品目となる。公式略称は『ポケモン剣盾』。 今作の舞台であるガラル地方で、主人公はポケモンバトルの最高峰であるポケモンリーグへ挑み、チャンピオンを目指す。また、ポケモンが巨大になるダイマックス現象の謎へと挑む。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のモンスターボールまとめ

『ポケットモンスター』は株式会社ポケモンから発売されているゲームソフトシリーズである。ポケットモンスター(ポケモン)と呼ばれる架空の生き物をパートナーとして、野生のポケモンやトレーナーのポケモンと勝負したりしながら冒険する。そのポケモンを捕まえるための道具がモンスターボールである。初代の『赤・緑・青』が発売された当初は「ボールを投げたあとにボタン連打すると捕獲率が上がる」という噂もあった。

Read Article

ポケットモンスターの伝説のポケモンまとめ

『ポケットモンスター』とは株式会社ポケモン(発売当初は任天堂)から発売されているゲームソフトシリーズの名称である。略称は『ポケモン』。自身がトレーナーになり、「ポケモン」と呼ばれる生物をパートナーとして旅をする。 伝説のポケモンは公式の説明文によると「各地方で滅多に見ることの出来ない貴重なポケモン」のことであり、基本的にゲーム中に1匹しか出現しないポケモンたちの総称である。各世代で複数の伝説のポケモンが登場している。

Read Article

ポケットモンスター ブラック・ホワイト(ポケモンBW)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスターシリーズ』の第5作目。イッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では「ポケモンを自由にするため、ポケモンの解放を訴える」プラズマ団という組織が登場し、ストーリー中に各地で戦うことになる。本作のテーマは「多様性」で、ゲーム中の登場人物やポケモン、ストーリーなどに反映されている。

Read Article

ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2(ポケモンBW2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』とは、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の続編作品であり、前作から2年後のイッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では前作に登場したプラズマ団が復活し、ストーリー中に各地で戦うことになる。トレーナーの成長についても描かれ、前作でのライバルであったN(エヌ)や共に旅に出たベルやチェレンなどの成長した姿なども見ることができる。

Read Article

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ(ポケモンDPt)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの第4作目。『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』が発売され、後に新たな要素が追加された『ポケットモンスター プラチナ』が発売された。冒険の舞台はシンオウ地方で、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグを制覇することが主なゲーム目標となる。

Read Article

ポケットモンスター X・Y(ポケモンXY)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター X・Y』とはロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、第6作目にあたる。プレイヤーはカロス地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。フレア団という悪の組織が登場し、ストーリー中に大きく関わってきて、各地で戦うことになる。メガシンカという通常の進化とは異なるポケモンのパワーアップ要素が初登場する。『ポケットモンスター』シリーズでは初のグラフィックが3Dの作品。

Read Article

ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー(ポケモンGSC・HGSS)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『金・銀・クリスタル』は第2作目であり、『ハートゴールド・ソウルシルバー』は『金・銀・クリスタル』のリメイク作品に当たる。ジョウト地方とカントー地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。前作『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』に登場した悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の都市伝説・豆知識・裏設定まとめ

『ポケットモンスター』は、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称は『ポケモン』。「集める、育てる、戦う」のコンセプトに従い、ポケモンと呼ばれる生き物を収集、育成、そして対戦させるRPGである。『ポケモン』には稀に背筋に寒気を覚えるような設定が盛り込まれている。2016年で20周年を迎えた長寿シリーズなだけに、様々な裏設定や都市伝説が囁かれている。

Read Article

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『ルビー・サファイア・エメラルド』は第3作目であり、『オメガルビー・アルファサファイア』は『ルビー・サファイア・エメラルド』のリメイク作品に当たる。ホウエン地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、「マグマ団・アクア団」という組織と各地で戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン(ポケモンSM・USUM)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『サン・ムーン』は第7作目であり、『ウルトラサン・ウルトラムーン』は『サン・ムーン』にストーリーやシステムを一部追加したバージョンになっている。プレイヤーはアローラ地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、スカル団やエーテル財団といった組織と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン(ポケモンRGBP・FRLG)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの1つで、『赤・緑・青・ピカチュウ』は第1作目、『ファイアレッド・リーフグリーン』は『赤・緑』に様々な要素を追加したリメイク作品になっている。プレイヤーはカントー地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、世界征服を目論む悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

NEW

ポケットモンスター(ポケモン)のメガシンカ・ゲンシカイキまとめ

『ポケットモンスター』とは株式会社ポケモンより発売されているロールプレイングゲームのシリーズである。ポケットモンスター(ポケモン)と呼ばれる生き物を捕獲・育成してポケモンリーグという施設のチャンピオンを目指す。 メガシンカとは、『ポケットモンスターX・Y』で追加された新要素。「旧シリーズのポケモンを再びピックアップする」という理念のもと追加されたシステムである。メガシンカと似たものに、伝説のポケモンであるグラードンとカイオーガが太古の姿に戻るゲンシカイキというものも存在する。

Read Article

ポケットモンスター サン&ムーン(Pokémon: Sun & Moon)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター サン&ムーンとはゲーム『ポケットモンスター』シリーズを原作とした、アニメ『ポケットモンスター』シリーズの第6作。『ポケットモンスター サン・ムーン』や『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の舞台となる温暖で自然豊かなアローラ地方で、ポケモンが大好きな主人公サトシが、学校生活を送ったり、島めぐりをしたり、ポケモンに出会ったり新たな冒険をする物語。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のZワザ・Z技まとめ

「Zワザ(Z技)」とは、ポケットモンスターサン・ムーンから登場した要素。1戦闘中に1度しか使えないいわば必殺技のことである。インフレする対戦環境に適応できる一部以外のポケモンへの救済措置として登場した。 問題点や調整不足もみられるが、Zワザの登場によりあらゆるポケモンが活躍できる機会を得られるようになった。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の特性まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。発売20周年を迎えた長寿シリーズであるが、その戦闘システムの基本は初代である「ポケットモンスター赤・緑」から変わっていない。この記事では、第三世代こと「ルビー・サファイア」から新たに加えられた要素である「とくせい(特性)」について解説する。

Read Article

Pokémon GO(ポケモンGO)のネタバレ解説・考察まとめ

「Pokémon GO(ポケモンGO)」とは2016年に配信開始をした、ナイアンティックと株式会社ポケモンが共同開発したスマホゲーム。実際の世界の地図とゲームが連動しており、プレイヤーは歩いていると出現するポケモンを捕まえ、図鑑完成を目指したり対戦を楽しむゲーム。配信開始から大人気アプリとなり、5つのギネス記録を作り、世界的な社会現象となった。

Read Article

ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンの魅力まとめ

前作、ポケットモンスターサン・ムーンに新要素を加えてバージョンアップとして登場したのが、ウルトラサン・ウルトラムーンである。前作と同じく島巡りと呼ばれる旅に出た主人公がいくつもの試練を乗り越えて、チャンピオンを目指すストーリーだが、前作から新たに追加された新要素もたくさんあるので、前作を遊んだからと言って飽きることはないだろう。 今回はポケットモンスターウルトラサン・ウルトラムーンの魅力に迫る。

Read Article

ポケモン剣盾で「なぞのばしょ」が発見!ダイパリメイクの伏線かと話題に【ポケットモンスターソード・シールド】

ポケットモンスターソード・シールドにおいて、「つづきからはじめる」を選択するとごくまれに真っ暗な空間に閉じ込められるバグが発生するとのこと。ダイヤモンド・パール時代に有名だったバグ「なぞのばしょ」を連想させるとネット上で話題になっています。

Read Article

【ポケモン剣盾】対戦に使える最強ポケモンランキング【ポケットモンスターソード・シールド】

この記事では、ポケットモンスターソード・シールドにおける最強ポケモンランキングをまとめました。どのポケモンも強いので、四天王・チャンピオン・バトルタワー・ランクバトル・レートでも活躍します。旅パや対戦におけるパーティ編成の参考にしてください。

Read Article

信じるか信じないかはあなた次第!ポケットモンスター ソード&シールド/ポケモン剣盾の怖い話

世界的な人気を誇るコンテンツ「ポケモンシリーズ」のニンテンドーSwitch専用ソフト『ポケットモンスター ソード&シールド』、通称「ポケモン剣盾」は従来シリーズより進化したグラフィックや「ワイルドエリア」などの新しいシステムで話題となったが、ネット上では剣盾にまつわる怖い話や噂がまことしやかに囁かれている。

Read Article

【ポケモン剣盾】どれもオシャレ!みんなの着せ替えコーデまとめ【ポケットモンスターソード・シールド】

2019年に発売されたポケットモンスターソード・シールド。新ポケモンが注目されるその一方で、主人公の着せ替えコーデも話題になっています。皆さんのおしゃれなコーディネートをまとめてみました。服装で迷ったら、この記事を参考にしてください。

Read Article

【ポケモン剣盾】最初に選べる御三家のオススメは?強さ・種族値まとめ【ポケットモンスターソード・シールド攻略】

ポケットモンスターソード・シールドで最初に選べる御三家ポケモン、ヒバニー・メッソン・サルノリ。その中で1番オススメの御三家をまとめました。さらに御三家それぞれの種族値・最終進化も公開しています。旅パ選びの参考にしてください。

Read Article

目次 - Contents