怪談でおなじみ稲川淳二も絶叫!?バイオハザード7の内容を徹底解説!

たくさんの派生作品が発売されている大人気ホラーゲームの『バイオハザード』シリーズ。その中でも特にPS4用ソフトとして発売された『バイオハザード7 レジデント イービル』が、「怖すぎる!」として話題になっている。怪談話でおなじみの稲川淳二がVR版をプレイし、「とにかく怖かった!」とツイートしたのだ。いったいどれほどの恐怖が待ち受けているのか。本記事では『バイオハザード7 レジデント イービル』の内容を、他プレイヤーの感想と併せてまとめて紹介する。

稲川淳二がTwitterを更新

出典: i.ytimg.com

「こんばんは、稲川淳二です。」

笑ったw

ホラーゲーム『バイオハザード7』のプロモーションだった

稲川淳二がインタビューで語った『バイオハザード7』の感想

出典: nakamotofilm.com

過剰な演出で脅かそうという魂胆も見られない。ただ、「ここは一体何があった場所なんだろう」という異様な空気があらゆる所から感じられる。

出典: www.jp.playstation.com

私はさっきゲームの中で扉の鍵を探したり、よくわからない肉が入っている冷蔵庫を開けたりしてましたけど、なぜか調べたくなってしまう。

出典: www.jp.playstation.com

そして、謎が明らかになってくると、心臓がドクンドクンしてきて、怖いんだけど、答えを知りたくなっている自分がいる。止まらないでしょ、こうなると。

出典: www.jp.playstation.com

なぜ『バイオハザード7』は怖いのか

出典: mm-oh.com

三人称視点から一人称視点に

キャラクターが画面に映っている従来のシリーズ作品とは異なり、「バイオハザード7」は一人称視点である。

出典: www.4gamer.net

カメラが主人公の後ろではなく主人公目線に

ysdysd
ysdysd
@ysdysd

Related Articles関連記事

バイオハザード7 レジデント イービル(Biohazard 7)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード7 レジデント イービル(Biohazard 7)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード7 レジデント イービル』とは、2017年1月26日にカプコンよりPlayStation4、PlayStationVR、XboxOne、PC用に発売されたサバイバルホラーゲームである。 行方不明となった妻のミア・ウィンターズを探しているイーサン・ウィンターズを主人公とし、舞台であるバイオハザード化したベイカー邸からの脱出が今作の主軸となっている。

Read Article

【Biohazard 7 resident evil】E型被験体 エヴリンの情報まとめ【バイオハザード7 レジデント イービル】

【Biohazard 7 resident evil】E型被験体 エヴリンの情報まとめ【バイオハザード7 レジデント イービル】

『バイオハザード7 レジデント イービル』のに登場するE型被験体「エヴリン」。見た目は10歳前後の少女だが、その正体は、人間の胚に特異菌を組み込んで培養して生み出された「B.O.W.(生物兵器)」である。彼女は本作の事件における中心的存在だが、人為的に生み出された結果、家族を求めて周囲の人間に特異菌に感染させたという非常に悲しき存在でもある。そんなエヴリンの情報をまとめた。

Read Article

未来体験!おすすめのPlayStation VR用ソフトを紹介!【スカイリムほか多数】

未来体験!おすすめのPlayStation VR用ソフトを紹介!【スカイリムほか多数】

高品質のグラフィックスやサウンド、ハイスペックなCPUによってスムーズなプレイができると評判の「PlayStation 4」。大変魅力的な据え置き型ゲーム機だが、特筆すべきは「VRソフト」に対応しているという点である。VRは専用のゴーグルを身に着けることで「仮想現実空間」に入り込むことができ、まさにゲームの世界で実際にプレイしているような没入感を味わえるのだ。本記事では特におすすめしたいPS4のVRソフトを、厳選して紹介する。

Read Article

ホラーに原点回帰したバイオハザード7 レジデント イービルの情報まとめ【BIOHAZARD 7考察】

ホラーに原点回帰したバイオハザード7 レジデント イービルの情報まとめ【BIOHAZARD 7考察】

『バイオハザード7 レジデント イービル』は『バイオハザードシリーズ』の作品である。シリーズが進むにつれてホラーよりもアクションの側面が強くなっていったが、『バイオハザード7』では「恐怖」をテーマに原点回帰がなされ、ホラーな演出が増加。初代の『バイオハザード』に近い雰囲気となっている。

Read Article

目次 - Contents