神のみぞ知るセカイ キャラクター紹介!

神のみぞ知る世界は週刊少年サンデーに連載されていた若木民喜さん作の漫画です。この作品で私が好きなキャラクターについてご紹介したいと思います。

桂木桂馬
主人公の高校2年生の青年です。根っからのゲーマーで授業中であってもゲームに没頭しています。勉強を全くしていないのですが、テストでは常にトップクラスで、いわゆる天才です。このようなところが魅力だと思います。

エルシィ
ある日突然、桂馬の前に現れた悪魔。悪魔ではありますが、とても可愛らしく、人間のような悪魔です。300年間生きているそうですが、桂馬には馬鹿にされることが多々あり、性格は幼いです。

ハクア
常に完璧を求める、エルシィとは正反対の悪魔です。完璧を求める性格であるが故に、桂馬と衝突することがあります。学校を首席で卒業した証として鎌を所有しており、駆け魂を捕獲する際に、使用します。

汐宮栞
桂馬と同じ高校に通う女の子。本がとても好きで、図書館中の本を全て読み終え、その中身さえ記憶している。もの静かな性格で、言いたいことが言えなかったりしますが、心の中ではおしゃべりです。
この作品で私が好きなキャラクターは以上なのですが、他にも魅力のあるキャラクターが多数登場します。ぜひこの漫画を読んでみてください。

inaya
inaya
@inaya

Related Articles関連記事

神のみぞ知るセカイ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

神のみぞ知るセカイ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『神のみぞ知るセカイ』とは、2008年から2014年まで『週刊少年サンデー』にて連載していた、若木民喜によるラブコメ漫画である。コミックスの累計発行部数は700万部以上で、3度に渡ってアニメが放映された。恋愛シミュレーションゲーム、いわゆるギャルゲーをこよなく愛する高校生桂木桂馬が、悪魔のエルシィと共に駆け魂(かけたま)と呼ばれる悪人の魂を捕まえるため、現実の女子たちを恋に落としていく物語。現実の女性たちと関わっていく中で成長する桂馬や、桂馬を巡って繰り広げられる恋愛模様が見どころである。

Read Article

さらい屋 五葉(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

さらい屋 五葉(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『さらい屋 五葉』とは『月刊IKKI』(小学館刊)で連載されていた時代劇漫画、およびそれを原作としたテレビアニメである。時は江戸時代、藩主から暇を出され江戸にやってきた侍・秋津政之助は、誘拐組織「五葉」の頭である弥一の用心棒をすることになった。渋々、弥一の仕事を手伝う政之助だったが、この出会いをきっかけに人として成長していくのである。『ふたがしら』や『ACCA13区監察課』など人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、かどわかしを生業にした個性豊かな登場人物たちの時代劇エンターテインメントだ。

Read Article