アベンジャーズに出てた人 その2 クリス・ヘムズワース

7013871683 02f357da17 m

日本でも大ヒットしている映画「アベンジャーズ」シリーズ。でも出演している俳優たちについてはよく知らない方も多いのでは?アベンジャーズのメインキャストたち紹介していく勝手にシリーズ企画の第2弾、今回はマイティ・ソー役のクリス・ヘムズワースにスポットをあてていきます。

クリス・ヘムズワース

7627364408 ee8993c87b m

クリス・ヘムズワース(Chris Hemsworth, 1983年8月11日 - )は、オーストラリアの俳優。身長191cm。
2004年にテレビドラマ『Home and Away』のロビー・ハンター役のオーディションを受けるが、落選。しかしその後、同作品のキム・ハイド役に抜擢され、2007年まで出演する。2005年にはロギー賞を受賞する。

2009年にはJ・J・エイブラムスの映画『スター・トレック』でジェームズ・T・カークの父親のジョージ・カークを演じた。

2011年に公開されたマーベル・コミック原作の映画『マイティ・ソー』で主人公のソーを演じた。また、2012年公開の『アベンジャーズ』、2013年公開の『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でも同役で出演する。

2013年の映画『ラッシュ/プライドと友情』では、往年のF1レーサーでプレイボーイとしても知られたジェームス・ハント役を演じる[5][6]。

2014年には、『ピープル』誌が選ぶ「最もセクシーな男性」に選ばれた。

出典: ja.wikipedia.org

大きく注目されてきたのはここ数年になってからと、比較的キャリアは若い俳優ですね。
身長191cm。たかっ。
高身長でハンサム、いかにもな主役キャラです。リア充でアメフト部のキャプテンとかやってるのが似合いそうな顔。
そんな彼の出演作を見ていきましょう。

スター・トレック

まずはこちら、名作SFシリーズ「スター・トレック」の映画をを現代的に新たに作ったリブート版です。
この作品ではクリス・ヘムズワースの出番は冒頭のみです。予告では0:22にチラッと映ります。しかし主人公の父親という重要な位置づけで出ており、強い印象を残しています。

キャビン

次はこちら。
衝撃のラストが映画ファンの間で話題になったホラー映画「キャビン」です。
この映画ではクリスはいかにもパニック映画の主人公、といった感じのキャラで出てきます。頼れる皆のリーダー的なポジションです。
しかしこの映画は後半の展開が誰にも予想できない方向に飛んでいき、クリスも予想外の方向に飛んでいきます。ちょうど予告の1:21で飛んでいます。どこに飛んで行ったかは映画を見れば分かります。ヒーロー的なキャラなのに〇〇して〇〇とは思いませんでした。
予告編でもしつこいほど宣言しているように、映画の冒頭から主人公たちを監視する謎の組織が出てきて「これは普通のホラー映画とはちょっと違うぜ」感を出しながら、ちょっと違うどころではない方向へ話が吹っ飛んでいきます。
個人的に非常におすすめのホラー映画です。ただしとてもグロい映画です。

レッド・ドーン

2012年のアクション映画「レッド・ドーン」。こちらはラストどころか最初から衝撃的にストーリーが始まります。
アメリカ全土を、なんと輸送機の大群に乗ってきた北朝鮮軍が一斉降下で占領してしまいます。
クリス・ヘムズワースは襲撃から逃れた若者たちをまとめて反乱軍を組織し、リーダーとして北朝鮮軍に立ち向かうという役どころで、これまたいかにもなヒーローキャラ、アメリカっぽい英雄キャラとして活躍します。
よくこんな設定の話を映画化できたもんです。
普通に考えてリアリティのない、あり得ない内容だ!ということでけっこうな酷評を受けたようですが、この映画は真面目な戦争映画として見るものではありません。ファンタジーだと思って見ると楽しめます。魔女やドラゴンが現実にいるわけない!と怒ったりしないのと同じです。話の現実味にはこだわらず派手なアクションと爆発だけを楽しむ娯楽性重視の映画です。

11570190793 571985cda2 m

「ハンガー・ゲーム」で主人公のパートナー役のジョシュ・ハッチャーソンも出ています。

まとめ

いかがだったでしょうか。
「アベンジャーズ」や「マイティ・ソー」シリーズでは金髪ロン毛とひげ、そして赤いマントの神様役をしているので、普通の格好をした短髪のクリスは初めて見たという方もいるかもしれませんが、普段はこんな感じです。
ハンサムで男らしいキャラが似合う俳優クリス・ヘムズワース。これからもどんどんキャリアを重ねていくでしょう。
その活躍に期待です。

うろたんし
うろたんし
@urotanshi

Related Articles関連記事

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(Thor: The Dark World)のネタバレ解説まとめ

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』とはマーベルコミックのヒーロー、ソーを主役とした映画シリーズの第2弾であり、2013年に公開された。次元移動のできる橋を壊してしまったソーは、地球にいるジェーンを想いながらも次期国王としての仕事をこなしていた。そんなとき、ジェーンがインフィニティ・ストーンのひとつを吸収してしまうという事件が起きたため、恋人と世界を守るためにソーは再び地球に降り立った。

Read Article

マイティ・ソー(Thor)のネタバレ解説まとめ

アメリカのMARVELが出版しているコミックスに出てくるヒーロー、マイティ・ソーが主役の映画シリーズの第1作目である。個々のヒーロー映画をクロスオーバーさせたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中では第4作目に当たる。アスガルドの第1王子のソーは、その傲慢さゆえに弟の策略にのり人間界に追放されてしまう。人間たちと関わるうちに感謝の心を学んだソーは、弟を止めるために立ちあがる。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(Captain America: The Winter Soldier)のネタバレ解説まとめ

スティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となった。彼は国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の一員として正義の為に戦う。 マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の続編として制作。2011年に製作された『アベンジャーズ』の後日談でもある。

Read Article

アベンジャーズ(Marvel's The Avengers)のネタバレ解説まとめ

マーベル・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給で公開された2012年の映画。アメリカン・コミックヒーローのクロスオーバー作品である。 『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』などアメリカン・コミックのヒーロー達で結成したアベンジャーズが、地球支配を目論むロキと闘う姿を描く。

Read Article

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(Avengers: Age of Ultron)のネタバレ解説まとめ

”Marvel's The Avengers”の続編として、ジョス・ウェドン監督を中心に制作され2015年に公開された。原作コミックでも人気のヴィラン、ウルトロンの人類滅亡の野望を止めるべくアベンジャーズが再び立ち上がった。 20世紀FOXが製作するX-MENの方で出演していたためMCUには出ないと思われていたクイックシルバーが参入し、ファンを驚かせた。

Read Article

アイアンマン2(Iron Man 2)のネタバレ解説まとめ

マーベルコミックにおいて連載されている作品が原作であり、マーベルシネマティックユニバースにおいては第3作品目である。2010年公開。前作でアイアンマンとして活動することを宣言してから半年後の世界を描いており、アベンジャーズ計画が本格始動した回。装着した生命維持装置により命の危機に直面するトニーだったが、同時にライバル会社のハマーと組んだ電撃の鞭を操るウィップラッシュの襲撃に逢ってしまう。

Read Article

アイアンマン(Iron Man)のネタバレ解説まとめ

アイアンマンとは、2008年に公開された「マーベル・コミック」の「アイアンマン」を原作としたスーパーヒーロー映画。監督はジョン・ファヴロー。 トニーはある日、プレゼンのために親友のいる空軍を訪れているところをテロリストに襲撃される。 そこでトニーは自社の兵器が罪のない人間の命を奪っているところを目撃。 トニーは悪に立ち向かうためにスーツを身にまとう。

Read Article

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(Captain America: Civil War)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の続編として2016年に製作された。 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後日談で、アベンジャーズの2大巨塔キャプテン・アメリカとアイアンマンが、ヒーローを監視下に置く『ソコヴィア協定』を巡って対立する姿を描く。

Read Article

アイアンマン3(Iron Man 3)のネタバレ解説まとめ

マーベルで連載されているヒーローコミックの実写化作品で、アイアンマンシリーズとしては第3作品目。”アベンジャーズ”のNY決戦後の1年後の話で、アイアンマンことトニーがテロと、自身の精神的問題と戦う。1作目からトニーを苦しめている悪の組織、テン・リングスとの最終決戦が今作では描かれていて、シリーズで1番多くのアイアンマンスーツが登場するのも見どころのひとつ。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(Captain America: The First Avenger)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された劇場公開作品。 ひ弱な青年だったスティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となり、世界征服を企てる組織ヒドラのレッド・スカルと戦うことになる。アベンジャーズのリーダーであるキャプテン・アメリカのデビュー作。

Read Article

インクレディブル・ハルク(The Incredible Hulk)のネタバレ解説まとめ

2008年に公開された、マーベルコミックスに登場するヒーローの実写化作品である。『アイアンマン』をスタートとしたMCUシリーズの第2作目であり、型破りなヒーロー・ハルクの誕生の経緯を描いている。ハルクに変身するため軍から追われることになったバナー博士の苦悩が物語の軸。次作から主人公・バナー博士の俳優が変更になっているため、エドワード・ノートン演じるバナー博士を見られるのはこれが最初で最後である。

Read Article

スター・トレック BEYOND(スター・トレック ビヨンド、Star Trek Beyond)のネタバレ解説まとめ

世界的人気を誇るジーン・ロッデンベリーのオリジナル『スター・トレック』を元に、2009年にJ・J・エイブラムズによってリブートされた作品。本作はシリーズ3部作の最後を飾る。 ジャスティン・リン監督(『ワイルド・スピード』シリーズ)が指揮。 エイリアンの襲撃を受け、エンタープライズ号を脱出したクルー達。降り立った未知の惑星でクルー達の絆が試される。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(The Amazing Spider-Man)のネタバレ解説まとめ

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

スパイダーマン:ホームカミング(Spider-Man: Homecoming)のネタバレ解説まとめ

スパイダーマン:ホームカミングとは2017年に公開されたアクション映画である。監督はジョン・ワッツ、主演はトム・ホランドが勤めている。マーベル・コミックのスパイダーマンを原作とした作品でアクション映画だが超能力を得た高校生の主人公が高校生活とヒーロー活動の両立に悩みながら成長していく人間ドラマも描かれている。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(Guardians of the Galaxy, GotG)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックの中でもマイナーながらもカルトな人気を誇るコミックの実写映画化作品。トレジャー・ハンターのピーターが、緑の肌の美しき暗殺者ガモーラ、遺伝子操作で生まれたアライグマに似たロケット、樹木型ヒューマノイドのグルート、それに全身イレズミ・マッチョのドラックス等と共に、銀河を舞台に凶悪な敵に立ち向かう痛快スペース・アクション。14年に公開され、全世界で7億ドルを超える大ヒットとなった。

Read Article

アベンジャーズに出てた人 その1 ジェレミー・レナー

「日本よ、これが映画だ」のCMのおかげで大体の日本人が知っている映画「アベンジャーズ」シリーズ。でも主要登場人物のうち、日本で広く名前が知れ渡っている俳優は「アイアンマン」役のロバート・ダウニー・Jrくらいではないでしょうか。意外と知らない他のメインキャストについて、今回から勝手にシリーズものとして紹介していきます。

Read Article

新たなマーベルヒーローの誕生! 映画「アントマン」がやっぱり面白い!

様々なヒーローを世に生み出しているマーベルコミックスからこの度また新たなヒーローが誕生しました。その名もアントマン。え、なんかちょっとダサい、と思ったそこのあなた、ぜひこの映画をご覧になってみてください。最高にクールなミクロヒーローであることが分かります。映画「アントマン」をご紹介致します。

Read Article

目次 - Contents