ドラゴンクエストウォークのネタバレ解説まとめ【DQウォーク】

『ドラゴンクエストウォーク』とは、現実とリンクしたマップに表示されるドラクエでおなじみのモンスターたちと戦いつつ、実際の目的地まで歩いて冒険をするという位置情報アプリゲームである。モンスターを倒せば経験値やゴールドが手に入り、レベルアップするとドラクエシリーズのキャラ達を仲間にすることができるのだ。本記事ではリリース発表時のSNS上の期待の声も併せて、『ドラゴンクエストウォーク』の情報をまとめて紹介する。

新作アプリが発表!

スクウェア・エニックスは、スマホ向けの新タイトル「Dragon Quest Walk(ドラゴンクエストウォーク)」を発表しました。

出典: japanese.engadget.com

Pokémon GOのように、街を歩いて冒険する位置情報ゲーム。コンパスを背負ったスライム「スラミチ」がガイド役を務め、モンスターとの対戦やレベルアップの要素を盛り込んでいるほか、実際にあるランドマークなどをゲーム内の要素として取り入れている点に特色があります

出典: japanese.engadget.com

プレイヤーは実際の街をベースとしたゲームマップ上で冒険。街を歩くとモンスターがシンボルとして表示され、タップすると戦闘ができます。戦闘はドラクエシリーズらしく、ターン制のコマンドバトルを採用。勝利すると経験値やお金(ゴールド)を獲得できます。

出典: japanese.engadget.com

「ドラゴンクエストウォーク」発表PV

日常の世界がドラクエに!

プレイヤーの位置情報と連動するゲームマップ上に、モンスターや実在する建物が出現。モンスターを倒すと経験値やアイテムを入手できる。「クエスト」と呼ばれるストーリーに沿って、実際の建物を目的地に設定し、そこに向かって歩く――というモードを搭載。「日常の風景がドラクエの世界になる」という。

東京タワー、金閣など、各都道府県の「ランドマーク」と呼ばれる建物の付近には「ご当地クエスト」も用意する。プレイヤーが好きな場所に「自宅」を建てることも可能だ。

出典: www.itmedia.co.jp

2016年ごろ、同作のプロデューサーの柴貴正さんが、ゲームデザイナーの堀井雄二さんに「スマートフォンならではの(位置情報を活用した)遊び方を、ドラクエの世界にも持ち込めないか」と相談し、プロジェクトがスタートしたという。「当時は『Pokemon GO』が流行していた。ポケモンはポケモンならではの面白さがあるが、(位置情報を)ドラクエと掛け合わせるとどんな遊びができるかを考えた」(柴さん)

出典: www.itmedia.co.jp

スマートフォン向け『ドラゴンクエスト』新作発表会

SNSでは期待の声の嵐!

myako
myako
@myako

Related Articles関連記事

『ドラゴンクエストウォーク』のおもしろ画像まとめ

『ドラゴンクエストウォーク』のおもしろ画像まとめ

アプリをダウンロードしてスマホを持ち歩くと、画面の中に様々なドラクエのモンスターが登場する『ドラゴンクエストウォーク』。時には日常生活の風景の中にモンスターが現れ、思わず笑ってしまうような光景が完成することもある。ドラゴンクエストウォークプレイ中に誕生したおもしろ画像をまとめて紹介する。

Read Article

賛否両論!?ドラゴンクエストウォークの評判・レビューまとめ【DQウォーク】

賛否両論!?ドラゴンクエストウォークの評判・レビューまとめ【DQウォーク】

『ドラゴンクエストウォーク』とは、画面に表示されたマップ内に現れるドラクエシリーズのモンスターたちを倒しながら、歩いて目的地へ向かうという位置情報を用いたアプリゲームである。地図は現実世界とリンクしており、日常生活の中にふとおなじみのモンスターが現れる楽しさと、歩いて冒険するという健康志向が注目され話題となった。本記事ではドラクエウォークがリリースされた後のユーザーたちの評判・レビューをまとめて紹介する。

Read Article

ドラゴンクエストウォーク、レアアイテム・レアモンスターの情報まとめ【DQウォーク】

ドラゴンクエストウォーク、レアアイテム・レアモンスターの情報まとめ【DQウォーク】

『ドラゴンクエストウォーク』とは位置情報のシステムを用いたスマホアプリで、現実とリンクしたマップに出没するモンスターを退治したり、歩いて目的地まで冒険をするという内容である。『ドラゴンクエスト』シリーズでおなじみのモンスターやアイテム、武器などが多数登場しており、その中にはレアものも含まれている。本記事では『ドラゴンクエストウォーク』に登場するレアモンスター及びレアアイテムの情報をまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents