ホーム・アローン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホーム・アローン』とは、1990年にアメリカで公開され興行収入が全世界で4億7668万ドルを記録したコメディ映画である。クリスマスにひょんなことから1人で留守番をすることになった小学生のケビン・マカリスターが泥棒を撃退して自分の家を守るストーリーとなっている。ケビンが初めて1人になり鬱陶しさを感じていた家族の大切さを再確認する、家族を題材にした作品である。クリスマス休暇を題材にした映画であることからクリスマスの定番としても有名で、主演を務めたマコーレー・カルキンの出世作としても知られている。

アメリカやヨーロッパでは、およそ12月20日前後から年明けくらいまでの間に休暇を取る人が多く、クリスマス休暇と呼ばれている。
人によって過ごし方や休みの期間は様々であるが、家族と過ごすことが定番で家でゆっくりしたり、実家に帰ったり、旅行に行ったりすることが多い。
クリスマス休暇を取ることは当たり前のことであるため、この時期のアメリカやヨーロッパの仕事は滞ることが多い。
マカリスター家もクリスマス休暇を利用して、ピーターの兄が住むパリへ旅行に行く計画を立てていた。

泥棒

クリスマス休暇でほとんどの家が留守になるのを狙ってマカリスター家に泥棒に入ることを企てていたハリーとマーヴのことを指す。
大きな屋敷であるマカリスター家に目を付けて、シカゴにあるマカリスター家周辺に泥棒に入る計画を立てていた。ハリーはクリスマス休暇前に事前に警察に扮して各家庭の防犯設備や旅行期間などを聞き出していた。
しかしいざクリスマス休暇になってマカリスター家へ行ってみると、電気が予定以外のところで付いたりパーティーをしているように見えたりと、人がいると思われるような出来事が重なり何度も泥棒に入ることをあきらめる。しかし、すべてケビンが泥棒を追い払うためにしていたことだと気付いたハリーは、クリスマスイブの夜にマカリスター家への泥棒を決行することを決める。

サンタの家

クリスマスのためにイベント用として設けられたもの。サンタの家にいる妖精もサンタクロースも偽物である。
クリスマスイブの夜に、1人での生活が心細くなったケビンはサンタの家を訪れる。ケビンは偽物のサンタクロースに「本物のサンタに伝えて。プレゼントはいらないから家族を戻してって」と伝える。偽物のサンタクロースは「分かった」と返事をして、ケビンにお菓子をくれた。

『ホーム・アローン』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

ケビン・マカリスター「こんないやな家族、みんな消えちまえ」

屋根裏の入り口で喧嘩するケビン(左)とケイト(右)

マカリスター家ではパリ旅行出発前夜、夕食に宅配のピザを注文していた。ケビンが自分の頼んだピザを探していると、バズが「お前のピザは俺が食った。欲しいならゲロで出すしかねえ」と言って吐くまねをしてからかう。怒ったケビンはバズに体当たりする。体当たりのはずみでバズが机にぶつかってジュースが床にこぼれたり、止めようとした大人が転んでさらにピザや飲み物が散乱してしまったりと食卓は大惨事になってしまう。ケイトが「ケビン、なんてことするの」と大きな声で注意する。ケビンが「バズが悪いんだ、わざと僕のピザを食べたんだ」と言うと、フランクに「自分のしたことを見てみろ、この悪ガキ」と怒鳴られてしまう。ケビンが周りを見渡すと、皆がこぼれたものの片づけをしながら白い目でケビンを見ていた。ケイトは「ケビン、上に行っていなさい。みんなにおやすみは?」とケビンを無理やり寝室へ連れて行く。ケビンは「どうしていつも僕だけが怒られるんだ」と文句を言いながら、ケイトに手を引かれて付いて行く。
ケイトは「15人もいて問題を起こすのはあなただけよ」とケビンをたしなめながら2階へ連れて行く。ケビンは「僕だけいじめられるんだ」と不服そうに答えると、ケイトは「相手にするからいけないのよ。さあ屋根裏に行って」と言いながら屋根裏への入り口のドアを開けた。ケビンは「やだ、こわいもん」と言ってなかなか屋根裏へ行かない。ケイトは「あとでフラーも来るわ」と答えるが、ケビンは「やだ。だってあいつおねしょするんだ。おしっこをかけられるのは絶対いやだよ」とわがままを言う。ケイトは少しイライラして「分かったわ、フラーは他で寝かせるわ」と言うと、ケビンは急に1人で屋根裏で寝るのが怖くなり「ごめんなさい、ママ」と謝る。ケイトはケビンが謝るのも聞かず「今更遅いわ、さあ、行って」と屋根裏へ行かせようとする。悲しくなったケビンは「家族みんなで僕をいじめるんだ」とケイトに口答えする。するとケイトはクリスマスが近いことから「サンタさんに新しい家族を頼んだら」と冗談を言うと、ケビンは「家族なんていらない。新しいのも古いのも、家族なんてくそだ」と暴言を吐いてしまう。ケビンの言葉で完全に怒ってしまったケイトは「部屋から出ないのよ、今夜はもう顔も見たくないわ」とケビンに言い放つ。ケビンも売り言葉に買い言葉で「ママの顔なんて一生見たくない、他のみんなも見たくない」と言う。ケイトが「本気じゃないでしょうね?目が覚めた時、家族が一人もいなくなったらとっても悲しくなるわよ」と言うと、ケビンははっきり「ならないね」と答える。ため息をついたケイトは「じゃあ、もう一回言えば。願いが叶うかもよ」と言うと、ケビンは「こんないやな家族、みんな消えちまえ」と捨て台詞を吐いて1人で屋根裏に上がり、ベッドに寝転んで眠りについた。
翌朝家族が家中を探しても見当たらなかったため、クリスマスの前に「家族が消えてしまえ」と口に出したことで「サンタクロースが願いを叶えてくれた」とケビンは勘違いした。家族が消えてケビンが家で1人になってしまうという物語のきっかけになった一言である。

ケビン・マカリスター「サンタに伝えてほしいんだ。今年はオモチャはいらないから家族を返してって伝えて」

話をするサンタクロース(左)とケビン(右)

クリスマスイブの夜にケビンは近所にあるサンタクロースの家に行く。サンタクロースの家は、クリスマスの期間に偽物の妖精とサンタクロースが子どもにお菓子を配るなどするイベント用のものだった。ケビンは、サンタクロースの家を閉めようとしていた妖精に扮した女性に「まだサンタさんいる?とっても大事な話があるんだ」と話し掛ける。女性は「車で帰るところよ。用があるなら急いで」と答えてサンタのほうを指さす。偽物のサンタクロースはタバコを吸いながら自分の車に貼られていた駐車違反の札をはがして「警察はサンタをなんだと思っているんだ」と文句を言っているところだった。ケビンはサンタクロースの元へ駆け寄ると、偽物のサンタクロースは慌ててタバコを隠す。ケビンは「あんたは偽物だってわかってる。でもサンタに雇われてるんでしょ?サンタに伝えてほしいんだ。今年はオモチャはいらないから家族を返してって伝えて。もしついでがあったらおじさんも」と言う。偽物のサンタクロースは「いいとも。ちゃんと伝えておくよ」と言いながらお菓子をくれた。
買い物に1人で行ったり1人で泥棒を撃退しようとしたりと大人ぶろうとしているケビンだが、サンタクロースが「家族を消してほしいという願いを叶えてくれた」と本気で信じていることが子どもらしい分かる一言である。また同時にケビンが家族の大切さを感じ始めたことが分かる言葉でもある。

ケビン・マカリスター「本当は僕は家族のこと大好きなんだ。でも時々大嫌いって言っちゃうし、つい思っちゃう」

教会で話をするマーリー(左)とケビン(右)

クリスマスイブの夜、ケビンは賛美歌に導かれて教会を訪れた。教会の中にはマーリーがいた。マーリーは微笑みながら「メリークリスマス。座っていいかな」と言いケビンの隣に座る。マーリーは「孫娘が歌ってるんだ。あの赤毛の子だ」と賛美歌を歌っている子どもたちのうちの1人を指さす。そして、怖がっているケビンにマーリーは「君はお隣の子だな。会ったら挨拶をしてほしいんだ。怖がらなくていい。わしの噂が流れているが全部うそだ」と言う。ケビンは「分かった」と答える。マーリーは「今年はいい子にしてたか?」と尋ねるとケビンは「うん」と頷く。マーリーが「誓ってか?」と言うと、「家族なんていらない」と言ってしまったことを思い出したケビンは「いや」と答える。マーリーは「やっぱりな。自分が悪いと感じた時にはここへ来るといい」と言う。ケビンは「みんなそう?おじいさんもそれでここへきてるの?僕はここへ来るまでいい子じゃなかったんだ。言っちゃいけないことを言ったり。今年はいい子なんかじゃなかったな」と話す。マーリーはケビンの話を聞きながら「そうか」と頷く。ケビンは「本当は僕は家族のこと大好きなんだ。でも時々大嫌いって言っちゃうし、つい思っちゃう。言ってること分かる?」と続ける。マーリーは「家族への思いは複雑なようだな。心の底ではみんなを愛してる。でもそれを忘れて時々みんなを傷つけてしまう。それは大人だって一緒だよ」と言って、マーリー自身も息子と喧嘩をしてしまい何年も話していないことを打ち明ける。
ケビンがクリスマス前に家族と喧嘩をし「家族なんて消えてしまえ」と言ったことを後悔していることが分かるセリフである。また、いつも側にいるからこそありがたみを忘れてしまいがちな家族の本質をつく印象的な一言となっている。

ケビン・マカリスター「ここは僕のうちだ。僕が守るんだ」

ハリーとマーヴがマカリスター家に泥棒に来ることを知ったケビンは、クリスマスイブの夜に家に着くと「ここは僕のうちだ。僕が守るんだ」と言って泥棒達を迎え撃つ準備を始めた。ケビンは模造紙に戦闘プランと題した家中の泥棒への罠を考えていたのだ。戦闘プランを元に家中に泥棒を足止めする罠を仕掛ける。準備が終わってケビンが冷凍食品を温めて食べようとした時、21時を告げる時計の鐘が鳴った。ケビンは裏口のドアの脇にエアガンを持って立ち「いよいよだ。怖がるなよ、ケビン」と自分に喝を入れ泥棒に立ち向かう。
物語のクライマックスである家中に仕掛けを作って泥棒を撃退するというシーンの冒頭のセリフである。まだ小学生のケビンが家族と過ごした家を守るために奮起した時の勇気あふれる言葉となっている。

『ホーム・アローン』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

38歳になったケビンのパロディCM

『ホーム・アローン』が公開されてから28年後の2018年12月に、GoogleアシスタントのCMに38歳になったケビンを演じた俳優・マコーレー・カルキンが出演した。CMは『ホーム・アローン』のパロディという形で製作され、ひげを剃った後に使うローションを塗るシーンやベッドの上で飛び跳ねるシーン、宅配ピザにギャング映画を流して対応するシーンなどが再現された。しかし映画の時とは違い38歳になったケビンは、スマートフォンでGoogle Assistantを駆使しピザを注文したり室温を調整したりする。ベッドを飛び跳ねて腰を痛めてしまうのも、ケビンが年を取ったことを感じさせる内容となっている。CMの最後では『ホーム・アローン』と同様に泥棒がやって来るのだが、ケビンはGoogleアシスタントを使って「Operation Kevin」を実行し、玄関ドアのスマートロックを起動などして泥棒は家に入ることが出来ずに終わってしまう。

3uMEGRACHIVE
3uMEGRACHIVE
@3uMEGRACHIVE

Related Articles関連記事

ホーム・アローン2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ホーム・アローン2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホーム・アローン2』とは、クリスマス休暇に旅行に行く予定で空港を訪れていた主人公の小学生ケビンが、家族とはぐれて1人だけニューヨークに行ってしまったことから始まるコメディ映画である。主人公ケビンを演じたマコーレー・カルキンの出世作でもある、大ヒット映画『ホーム・アローン』の続編として公開された。前作にも登場した泥棒ハリーとマーヴの悪事を暴いて撃退する展開は変わらず、最後ははぐれた家族と再会する温かいストーリーとなっている。クリスマス映画の定番としても知られている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

「ハリー・ポッター」とは作家J・Kローリングが描いた小説から始まり、映画化も行われている作品である。 主人公ハリーが悪と戦いを繰り広げ、魔法を用いた世界で、杖や魔法薬を用いることで魔法や呪文を行使できる。 一部の呪文には、効果が対になる呪文が設定されており、これを作中では「反対呪文」と呼ぶ。 このハリー・ポッターの映画や小説で登場した魔法を一覧にまとめた。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの料理・食べ物・飲み物・お菓子まとめ

ハリー・ポッターシリーズの料理・食べ物・飲み物・お菓子まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。舞台はイギリスの魔法界。作中にはイギリス魔法界ならではの様々な食べ物・飲み物・お菓子が登場する。人間界には無い少し変わったものも多く登場し、作品に楽しさ・面白さといった彩りを添えている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。 普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。 作中には戦いの行方を左右する重要なものや物語の鍵となるものから、魔法使い達の日常で使われるものまで、様々な魔法具やアイテムが登場する。

Read Article

ハリー・ポッターと賢者の石(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと賢者の石(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと賢者の石』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。魔法学校を通じて、ハリーと友人たちの絆や成長を描いていく。 1997年に刊行されたJ・K・ローリング原作小説を映画化したもので、2001年に公開された。ハリーポッターシリーズ第一弾。

Read Article

マイ・ガール(My Girl)のネタバレ解説・考察まとめ

マイ・ガール(My Girl)のネタバレ解説・考察まとめ

『マイ・ガール』とは1991年アメリカのロマンティックコメディー映画。1970年代のアメリカの田舎町を舞台に、父子家庭で育った11歳の多感な少女ベーダと幼馴染の少年トーマスとの友情と淡く切ない初恋を通して、ベーダの心の動き、成長を爽やかに描く。 父親にできた新しい恋人との関係、ファーストキス、失恋、大切な親友の死、大人の階段を登り始めた11歳のひと夏の物語。トーマス役を『ホームアローン』のマコーレー・カルキンが務めたことでも話題になった。 その後、続編の『マイ・ガール2』も制作された。

Read Article

ハリー・ポッターと秘密の部屋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと秘密の部屋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。二年生になったハリーはドビーに「ホグワーツに行ってはいけない」と忠告を受ける。そして忠告通り、ホグワーツで生徒が襲われるという事件が発生。五十年前に開かれたという秘密の部屋をヒントに、ハリー、ロン、ハーマイオニーがその謎を追う。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第二弾。

Read Article

ホーム・アローン3(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ホーム・アローン3(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホーム・アローン3』とは、1997年にアメリカで、翌1998年に日本で公開されたコメディ映画である。ピーター率いる犯罪グループが盗んだアメリカの国家機密のマイクロチップが隠されたラジコンカーを、ひょんなことからもらった主人公のアレックスが、ラジコンカーを奪いに来る犯罪グループを自宅に罠を仕掛けて迎え撃つ話だ。国際的な犯罪に手を染める4人組が、アレックスの仕掛ける容赦ない罠によって次々倒されるという爽快さが魅力の一つである。

Read Article

【タイタニック】今すぐ見るべき「名作映画」ランキングTOP30!【ゴッド・ファーザー など】

【タイタニック】今すぐ見るべき「名作映画」ランキングTOP30!【ゴッド・ファーザー など】

これだけ観ておけば話の種に困ることはない、名作だけに絞った映画ランキングを作りました!タイタニックやゴッド・ファーザーなど、映画好きなら全て観ておいて当たり前の作品ばかりです!もしまだ観たことがない映画があれば、この機会に是非鑑賞してみてください!

Read Article

見逃してない!?絶対観るべき定番映画30選【メジャーどころ】

見逃してない!?絶対観るべき定番映画30選【メジャーどころ】

「名作」と呼ばれる映画には、観る人の心を激しく揺さぶる不思議な力があります。その中には、時代や世代を超えて親しまれているものも。この記事では、そんな素晴らしい定番映画を国内外問わず30個厳選して紹介しています。あなたはもう全部観ましたか?見逃しているならもったいないですよ!

Read Article

NEW
【アイス・エイジ】クリスマスに観たい!幸せな気分になれるおすすめ冬洋画17選【ホーム・アローン】

【アイス・エイジ】クリスマスに観たい!幸せな気分になれるおすすめ冬洋画17選【ホーム・アローン】

クリスマスといえば、冬の一大イベント!街を彩るイルミネーションを目にすると、自然にテンションが上がるという方も多いのではないでしょうか。この記事では、そんなクリスマスにピッタリな洋画についてまとめています。不朽の名作コメディ『ホーム・アローン』はもちろん、クリスマスの夜を飾るにふさわしい恋愛映画もありますので、お好きなものを選んでくださいね!

Read Article

かつての面影はどこへやら…マコーレー・カルキンの壮絶人生【世界一有名な子役】

かつての面影はどこへやら…マコーレー・カルキンの壮絶人生【世界一有名な子役】

クリスマスに観たくなる映画『ホーム・アローン』。その主演を務めた少年マコーレー・カルキンは、当時「世界一有名な子役」としてギネスにも登録されたほどの人気を博しました。その後すっかり彼の姿を見かけなくなってしまいましたが、実は壮絶な人生を歩んでいたのです。この記事では、そんなマコーレー・カルキンについてまとめました。

Read Article

目次 - Contents