【進撃の巨人】ジャン「何も起きそうにない」【厳選名作SS】

進撃の巨人の厳選名作SSを掲載しています。ひょんなことから密室に2人で閉じ込められてしまったジャンとサシャ。助けが来る気配もなく、狭い空間でだんだんとお互い意識していき…?

ジャン「何も起きそうにない」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 22:04:34 ID:EI7iv8zc

ミカサ「エレン、その野菜は炒めるんじゃなくてこっち に…」

エレン「あ、あぁ。つーかミカサもう少し離れろよ。動きづれぇだろ」

ミカサ「確かに。悪かった」

ジャン「……………………チッ」

ジャン「ほらマルコ、芋」

マルコ「あぁ、ありがとう。流石ジャンだね。キレイに 剥けてる」

ジャン「お世辞なんていらねえって」

マルコ「お世辞なんかじゃ……あれ?」

ジャン「どーしたよ」

※微エロ

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 22:07:07 ID:EI7iv8zc

マルコ「お酒が切れてるみたいだ。あれがないと臭みが 取れないんだよな……」

ジャン「食糧庫だろ?取ってきてやる」

マルコ「え、いいの」

ジャン「なに驚いてんだよ…失礼だな。いいんだよ」

ジャン(ここにいると胸糞悪いしな)

マルコ「じゃあ任せたよ」

ジャン「おー」ヒラヒラ

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 22:10:16 ID:EI7iv8zc

ジャン(しっかし今日の夕焼けは濃いな)

ガチャ

キイィ…

サシャ「……………」モグモグクチャクチャ

ジャン「……………」

サシャ「………………」ムシャムシャハフハフ

ジャン「………………お、あったあった」ガチャガチャ

サシャ「………………」ごくんっ モグモグ

ジャン「……………おい、一応聞いてみるが」

サシャ「?」ムシャムシャ ごくんっ

ジャン「何してんだ?」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 22:13:05 ID:EI7iv8zc

サシャ「塩漬けした肉を食べてますけど」ムシャッ

ジャン「しれっとした面で言うなよ。盗んだんだろ?本 当にバカだな」

サシャ「失礼な。バカって言った方がバカなんです。そ れにこのお肉は元々ここにあったものです。持ち出して ないから盗んだことにはならないです」クチャクチャ

ジャン「あぁ、聞いたオレがバカだったな。付き合ってられん」ヒラヒラ

サシャ「あっ!ジャンも食べたかったんですね?」

ジャン「何でそうなる」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 22:15:55 ID:EI7iv8zc

サシャ「遠慮せずに言ってくれたら良かったのに」

グイグイ

ジャン「!?何しやがる!」

サシャ「お裾分けですよ~」←ジャンのポケットに肉を詰めてる

ジャン「止めろバカ!」

サシャ「遠慮しないでくださいよ」グイグイ

ジャン「離せ芋女!」

サシャ「!?離しません!」

なんだ?食糧庫が騒がしいな >

ジャン「」ビクッ

サシャ「」ビクッ

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 22:18:36 ID:EI7iv8zc

ジャン(教官じゃねーか)

サシャ「あわわわわわわ」

ジャン(ヤバイぞ……こんなとこ見られたらオレまで……) キョロキョロ

ジャン「!………こっち来い!」グイッ

サシャ「!?」

ガタガタッ

ガタッ

ガチャッ キイィ……

キース「む……?」キョロキョロ

キース「声がしたようだったが……………………」カツカツ

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 22:23:52 ID:EI7iv8zc

キース「うむ…………………誰もいないようだな」

キイィ…… バタン

ジャン「……………はぁ、危なかったぜ」

サシャ「危機一髪でしたね」

ジャン「誰のせいだ誰の」

サシャ「空き箱があって助かりました!」

ジャン「人の話聞いてんのか?ったく、重てぇんだから さっさと退けよ。腹が潰れる」

ジャンの腹の上にサシャが跨がっています。

空き箱は隙間が多く外からの光が入っています。

箱の中で足は伸ばせていません。

サシャ「さっきから失礼ですよジャン!」

ジャン「あーわかったから。かったから、ふた開けろ よ」

サシャ「もう!私そんなに重くないです」グイグイ

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 22:26:58 ID:EI7iv8zc

サシャ「………」グイグイ

ジャン「どうしたよ」

サシャ「いえ、大きい箱ですし、力がいるみたいです ね………ふんっ!」ガンッ

サシャ「………」ガンッガンッ

ジャン「お、おい壊すなよ」

サシャ「」ゴンッ

ジャン「頭突きしてどうする」

サシャ「…………………開きません」

ジャン「ハァ?そんな訳ねーだろ。めちゃくちゃボロい 木箱じゃねーか」グイグイ

ジャン「………………」ガンッ ガンッ

ジャン「……………………開かねぇ」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 22:30:15 ID:EI7iv8zc

ジャン「いやそんな訳ねー」ガンッガンッ

サシャ「板にしては硬すぎますね」ガンッ

ジャン「おい、ちょっと頭下げてろ。蹴るからよ」

サシャ「らじゃ」

ガンッ!

ガンッ!

ジャン「………………………」

サシャ「…………あの」

ジャン「………………………冗談だろ……」

ガンッ!

ジャン「マジかよ!?開かねぇ!」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 22:34:25 ID:EI7iv8zc

サシャ「えええ……」

ジャン「何でだ?普通のボッロイ木箱だったじゃねぇか……こんな開かないなんてことあんのか?」

サシャ「開け方があるんでしょうか?どこかはまってるとか……」

ジャン「なるほどな」

蓋の裏を触って調べています。

ジャン「…………何も」

サシャ「ないですね……」

ジャン「……閉じ込められたってことか」

サシャ「………みたいです」

ジャン「ハァー、クッソついてねぇ。最悪だ」

サシャ「……………」

サシャ「す、すみません…私が…」

ジャン「自覚してんのかよ。全くだぜ。人を巻き込みや がって」

サシャ「すみません…」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 22:39:32 ID:EI7iv8zc

サシャ「あ、あのでも、ほら」

ジャン「?」

サシャ「私、塩漬けの肉持ってますし!水もあるので飢 えはしませんよ!」

ジャン「何の心配だよ。すぐ出られるっての」

サシャ「?と、言いますと?」

ジャン「マルコがオレが食糧庫にいるって知ってる。遅 けりゃ心配して向かいに来るだろ」

サシャ「!さすがジャンってば良い友達を持ちました ね」

ジャン「まあな」///

サシャ「マルコは周りをよく見ていますから、異変にすぐ気づいてくれますね。ジャンと違って」

ジャン「何で今ケンカ売ったんだ?あ゛?」むぎゅー

サシャ「ほっぺいはいですー」

ザッザッザッ

ジャン「!……来たな」

サシャ「マルコ!神です!」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 22:45:22 ID:EI7iv8zc

ガチャ .

キイィ……

ジャン「マ………」

ユミル「クリスタ、足元気を付けろよ」

ジャン「!」

クリスタ「大丈夫だよ。ユミルは心配しすぎ!」

ユミル「しすぎ、じゃねーよ。今にもビンに潰されそう なくせに」

サシャ「クリス………もがっ」

ジャン(待て!)

サシャ「ふがふが」

クリスタ「よいしょ」ガシャン

ユミル「がんばったなクリスタぁ~」わしゃわしゃ

クリスタ「子供扱いしないでよ!」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 22:48:33 ID:EI7iv8zc

ユミル「優等生に頼まれてたの、なんだっけ?」

クリスタ「お酒でしょ?ジャンが遅いからって……そうい えば、ここに来るまでジャンに会わなかったね?」

ユミル「サボりだよサボり。面倒くさくなって寮に戻っ たんだろ」

クリスタ「ジャンはそんなことしないよ!」

クリスタ「あ と、サシャも見ないし……」

ユミル「芋女?そういや見てねえな。アイツこそサボり だろ」

クリスタ「そんなわけないよ。どうかしたのかな……心配…」

サシャ「もがっ…クリっ……もがもが」 ジャン(バカ野郎!)

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 22:53:24 ID:EI7iv8zc

ガタッ

クリスタ「?今なんか……音が……」キョロキョロ

ユミル「……………………」

クリスタ「この辺から?…………気のせいかな?」キョロキョロ

ユミル「…………………」

ユミル「……………………………ふぅん」ニヤァ

クリスタ「ごめんね、気のせいだったみたい。行こっか」

ユミル「あー大丈夫だってクリスタ」ポンポン

クリスタ「?何が?」

ユミル「案外二人一緒にいるかもしれねえ。二人で夕飯 のレシピについて語り合ってんだろ」

クリスタ「?……ジャンとサシャのことを言ってるの?」

ユミル「そうそう。まぁ語り合ううちにヤッちまったりしてよ…ブハッ」

クリスタ「もう。ユミルはすぐそーやって…」

キイィ… . バタン

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 22:57:25 ID:EI7iv8zc

サシャ「ぷはぁっ!はぁっ…はあっ…死ぬところでした 」

ジャン「何でだよマルコ…何でお前が来ない…」

サシャ「ジャン!どうするんですか!クリスタとユミル 行っちゃいましたよチャンスだったのに!」

ジャン「ふざけんな。ユミルにこんな状況バレたら明日からオレの毎日が地獄になっちまう。知ってんだぞ?お前がパ シられてんの」

サシャ「そ、それは………でもそれだけじゃないですし…… おしゃべりとか出来ますし……」

ジャン「パシられるついでに話して仲良くなれるから良 いってか?そりゃお前の場合だろ」

サシャ「そうですけど……今はここから出ることを優先す べきだったんじゃ……」

ジャン「分かってんよ……おいサシャ、箱の向きを変えるぞ」

サシャ「?」

ジャン「横に体当たりして箱を倒すんだよ。衝撃で蓋が 開くかもしれねえ。オレは動けねえからお前がガンバ レ」

サシャ「!さすがジャン!頭良いですね!任せてください!」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 23:04:53 ID:EI7iv8zc

サシャ「せーのっ!」

ドンッ!!

グラッ……

ガンッ

サシャ「ひゃうっ!」

ジャン「ってぇ!」

サシャ「あいたた……」

ジャン「ゲホッ…埃クセッ」

サシャ「………ジャンが上になっただけじゃないです か?」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 23:16:12 ID:EI7iv8zc

ジャン「マジで開かねえのかよ」

サシャ「どうするんですか?他の手はないんですか?」

ジャン「…誰か来るのを待つしかねぇな……」

サシャ「そんなぁ……だからさっき……」ジワワ

ジャン「泣きてえのはこっちだ」

サシャ「もう夕飯の時間になってますよぉ……私のパァン が…」ウルウル

ジャン「そこかよ」

サシャ「今日は!久しぶりに肉の入ったスープだって聞 いてたのにぃ!!私の分がみんなに食べられちゃいま す!」

ジャン「いやテメーはすでに肉食ってたじゃねえか!」

サシャ「!?そうでした!お肉はあるんでした」ムシャムシャ

ジャン「……解らねえな……何でまた肉を食い始めた?」

サシャ「ここに肉があったからです」クチャクチャ

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 23:19:09 ID:EI7iv8zc

ジャン「あー…疲れる。喉いてえ」

サシャ「喋りすぎて喉乾いたんじゃないですか?」ムシャ ムシャハフハフごくんっ

ジャン「誰のせいだ誰の」

サシャ「水ありますよ」

ジャン「おぉ、サンキュ」

サシャ「あ、でも先に私が。何か喉乾いちゃって…」ゴ クゴク

ジャン「塩漬けの肉なんか食うからだろうが!」

サシャ「ぷはぁっ…美味しかった!ジャンもどうぞ」

ジャン(……ハッ……間接キス……)

ジャン「ときめかねえ……何で芋女なんだよ」ゴク

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 23:22:27 ID:EI7iv8zc

カラッ…

ジャン「おい。一口で終わっちまったんだが?」

サシャ「あはっ。まあ、まあ」

ジャン「…………」

サシャ「いだっ!いだっ!脇腹つつくの止めてくださ い!」

ジャン「水が切れたんだ。助けが来るまでオレはもう喋 らん」

サシャ「!そうですね。出来るだけ口が乾かないように した方がいいですよね」

ジャン「………………」

サシャ「………………」

ジャン「……………………」

サシャ「ジャン!静かだと何か耐えられないんですけ ど!?」

ジャン「1分どころか30秒も経ってねえぞ」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 23:28:34 ID:EI7iv8zc

サシャ「ジャンだってほら、さっきから手に何か持って るじゃないですか?それ飲み物ですよね?」

ジャン「あ?これは酒だよ」

サシャ「最高じゃないですか。喉が乾いたらそれ飲めば いいです」

ジャン「バカか!?本当にバカだな!?罰則喰らいてえんだな!?」
サシャ「ジャンたら罰則ごときにビビっていますね?仕 方ないから共犯になってあげます」ササッ

ジャン「!?いつのまに酒を奪った…!?」

サシャ「お肉残しておけばよかったです」ゴクゴク

ジャン「マジで飲みやがった…」

サシャ「料理酒は味がいまいちですね」

ジャン「酒くせえ……今何時だ?」

サシャ「そういえば薄暗くなってきましたね」

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/11(日) 20:09:32 ID:sAGlbbS.

ジャン「チッ。こんなとこで一晩明かすなんて絶対御免 だぜ」

サシャ「一晩?訓練でもないのにジャンと一晩一緒に過 ごすんですか?そんなことしたら私お嫁に行けないじゃ ないですか!」

ジャン「元から行けねえよお前は」

サシャ「お父さんに怒られちゃいます」

ジャン「なんか……あれだわ。そういう概念があったこと に驚きだわ」

サシャ「ジャンは私をなんだと思ってるんですか?」

ジャン「なにってお前…芋だろ」

サシャ「人間の枠組みで考えてくださいよ!」

ジャン「やっぱりただの木箱だよな…」

サシャ「聞いてるんですか?聞いてませんね?」

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/11(日) 20:13:21 ID:sAGlbbS.

ジャン「腕がいてえ」

サシャ「ずっと伸ばしてるからじゃないですか?曲げれ ばいいのに」

ジャン「誰かさんが下にいるから曲げられねえんだよ」

サシャ「私に遠慮することないですよ。さあさあ」グイグ イ

ジャン「うおっ、やめろっ引っ張んな!」

ドサッ

ジャン「……………」

サシャ「よしよーし」ナデナデ

ジャン「屈辱……ッ」

ジャン(でもやわらけえ)

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/11(日) 20:17:20 ID:sAGlbbS.

ザッザッザッ……

ジャン「!誰か来た…!」

サシャ「よしよし。おかあさんだと思ってくれていいで すよ?」ナデナデ

ガチャッ

キイィ…

??「……………」

?????「………………」

ジャン(誰だ…?クソッ、隙間からじゃ腹までしか見えね え…)

??「…………………」

?????「…………………」

ジャン(誰だか分からねえ内は下手に動けねえ)

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/11(日) 20:19:19 ID:sAGlbbS.

??「…………」

?????「………………」

ジャン(つーか何か喋れよ!!)

??「………………………」

?????「………………持とうか?」

??「いい」

ジャン(もう少しハッキリ話せよおぉ!誰だか分から ん!!)

キイィ…… バタン

ジャン「行っちまった…」

ジャン「誰だったんだ……」

サシャ「んー……ジャンー…なんか暑いんですけど」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/11(日) 20:25:34 ID:sAGlbbS.

ジャン「そりゃな…この中狭いしこれだけ密着してりゃあ 暑くもなるだろ」

サシャ「んー…暑いです。脱がしてくれませんか?」モゾ モゾ

ジャン「はぁッ!?」

サシャ「ジャケットを」

ジャン「お、おぉ。驚かせんなよ」ゴソゴソ

サシャ「何に驚いたんですか?」モゾモゾ

ジャン「な、なんでもねーよ!」ゴソゴソ

サシャ「ハァーありがとうございます。少し楽になりま した。よいしょ」ギュギュ

ジャン「おい何してんだ」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/11(日) 20:27:39 ID:sAGlbbS.

サシャ「お腹に汗かいちゃって気持ちわるいんです」← シャツを引っ張りだしています

ジャン(うっ…へそ…白い…)

サシャ「うーん……おかしいですねまだ暑いです」モゾモゾ

ジャン「今度はなんだ!?」

サシャ「足を出そうかと」←足だけでブーツを脱ごうと しています

ジャン「バカかッ!はしたない事すんじゃねえ!」

サシャ「別にいいじゃないですか。よく見えないし、誰 もいませんし」

ジャン「…………なぁ、お前酔ってねえよな?まさか よ……」

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/11(日) 20:36:46 ID:sAGlbbS.

サシャ「はぁ?酔ってるわけないです。ジャンは変なこ とばっかり言いますね」モゾモゾ

ジャン「う゛」

サシャ「もうちょっとー」モゾモゾ←膝がジャンの内腿に 擦れています

ジャン「おいバカ」

サシャ「足だけでも脱げそうなんです!あと少しなんで す!」モゾモゾ←擦れています

ジャン「わ、わわわかった!脱がす!オレが脱がしてや るから止めろ!」

ガチャッ

キイィ…

エレン「大丈夫かよアルミン」

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/11(日) 20:49:30 ID:sAGlbbS.

アルミン「だっ…い、じょ…ぶ……クリスタだってっ…持っ て、…たんだ…っ!男の僕が、できない…ッわけっ、……な いっ」

エレン「お、おお。おいおい転ぶんじゃねぇぞ」

アルミン「段差なん、て、へ、いき…っ……はあっ!」ガ チャン

エレン「スゲーな。頑張ったじゃん。こっちに重ねとけ ばいいんだよな?」

アルミン「ハァッ…ハァッ………最後まで僕がやるのに…も う……」

サシャ「もがもが」モゾモゾ

ジャン(よりによって死に急ぎ野郎じゃねーか!なんで だマルコなぜ来ないマルコ)

サシャ「ふがふが」モゾモゾ

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 00:31:30 ID:Z/07nOEM

アルミン「そういえば聞いた?ジャンが行方不明らしい よ。夕飯にも顔を出さなかったって…」

エレン「へー知らねえ」

ジャン(畜生ッ!薄い反応がムカつくッ!)

アルミン「マルコがすごく心配してたんだ」

エレン「便所でも行ってんじゃね」
ジャン(どんだけ長え便所だよ!今すぐ出て行って殴り てえッ)イライラ

アルミン「あぁそっか…お腹でも壊しちゃったのかな?で もよりにもよって肉の日にそんなことになるなんて、 ジャンもついてないね」

エレン「誰かの恨みでも買ったんじゃねえの」

アルミン「え?なにそれ、エレンのこと?ふふ………」

ジャン(オレはてめえが今ここに来たことを恨んでる よ)

アルミン「…………エレン?どうかした?」

ジャン(さっさと帰れ)

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 00:46:05 ID:8RvOS2EY

アルミン「えっ…なに触ってるんだよ?やめなよ…」

エレン「いいじゃん。誰もいねえし」

アルミン「だめだよ!そんなとこ…触っちゃ…」

ジャン(え?)

アルミン「エレン…本当にダメだってば…!我慢してよ… そんな…あっ!」

エレン「すっげ……硬くなってる」

ジャン(え?)

アルミン「エレン!誰も見てないからって…やめてよ…」

エレン「なんだよ…アルミンだってコレ触りてえだろ?ほ ら」

アルミン「そうやって共犯にしようとして…」

ジャン(おい)

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 00:49:52 ID:8RvOS2EY

アルミン「ひゃっ!…やっ、きもちいい……」

エレン「な、気持ちいいよな?」

アルミン「あっ!エレン、そんなに強く握ったら…」

エレン「すっげ……食べたい」

アルミン「うん……僕もだ」

ジャン(おい!さっさと帰れよホモどもぉお!!食糧庫 で何やってんだ!!)

アルミン「エレン、寮に戻ろう。手を洗わなきゃ」

エレン「ちぇっ。分かったよ」

キイィ…… バタン

44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 01:19:35 ID:a0eccPAE

サシャ「ぷはぁっ!……エレンとアルミンは何してたんで しょうか?」

ジャン「知らねえよ。考えたくもねえ」

サシャ「仲良いですよね」

ジャン「気持ち悪いぐらいな」

サシャ「そうですか?私は羨ましいです」

サシャ「私にはエレンとアルミンのような、親友って呼 べる友達がいないですから」

ジャン「……………」

サシャ「いたら、何でも話せるんだろうなって思いま す。悩みごとでも、秘密でも、楽しいことでも何でも打 ち明けられて…いいだろうなって、羨ましいです」

ジャン「悩みなんてあったのかよ」

サシャ「本当に失礼ですね!ありますよ悩みぐらい」

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 01:34:38 ID:a0eccPAE

ジャン「親友ってのは、確かにいいもんかもしれねえ が、いないからって羨むほどのことでもねえだろ」

サシャ「ジャンにはマルコがいるからそんなこと言えるんです!」

ジャン「まぁ、聞け。お前は親友はいないかもしれねぇが、誰とでもそつなく付き合ってる。そいつらだってお 前の悩みぐらい聞いてやれるんじゃないかと思うが?」

サシャ「…………ジャンもですか?」

ジャン「オレは聞き流すだけだが」

サシャ「………じゃあ話しません。私は受け止めてもらいたいので」

ジャン「同調してほしけりゃ、してやるよ」

サシャ「………暑いから早くブーツ脱がしてください」

ジャン「お、おぉ。そうだったな」ゴソゴソ

46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 01:51:35 ID:a0eccPAE

サシャ「ジャン!」ギュッ

ジャン「!?」

サシャ「なんだか寂しいです。ぎゅーってしてください!」

ジャン「暑いんじゃなかったのか」

サシャ「心が!ハートが寂しいんです!私もさっきした んですから、ジャンもぎゅーってしてくださいよ」

ジャン(完全に酔ってる)

ジャン「いやだ」

サシャ「同調してくれるって言ったのに……」ギリギリ

ジャン「いてっ!いてぇっ!分かった!分かったよ!」 ギュッ

サシャ「フフフ」

47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 02:09:39 ID:a0eccPAE

ジャン(…………なんでオレは芋女を抱き締めてんだ……ミカサがよかった…とまでは思わないが…)

サシャ「ジャンはいい身体してますね?」

ジャン「どこ触ってやがる」

サシャ「全体的にかたいですね?これだけ筋肉がついてて重くないんですか?」

ジャン「おい触んなよ変態」

サシャ「いいじゃないですか。男の人にこんなに触れる 機会なんて滅多にないんですから。あ、お尻と太股はさ すがにやわらかいです」←膝がジャンの内腿に擦れてい ます

ジャン「……!」

サシャ「あれ?でもやっぱり硬いですね?か た……………?」

ジャン「………………………」

サシャ「……………………し、失礼しました」

48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 02:12:58 ID:a0eccPAE

ジャン「………………」

サシャ「…………………」

ジャン「…………………」

サシャ「……………………」

ジャン「……………おい何か喋れよ死ぬほど恥ずかしいだろうが!!」

サシャ「す、すみません。デリケートな問題かと……」

ジャン「こんな時ばっか黙りやがってよ」むぎゅー

サシャ「ほっぺいはいですー」

ジャン「勘違いすんなよ。これは外部からの刺激によってだな、つまりお前にどうこう思った訳じゃねえからな」

サシャ「え………………それはちょっと…残念じゃないですか、ジャン」

ジャン「誰が残念だってえ?」むぎゅー

サシャ「いはいです!ちがくてっ残念なのは私がという かっ」

49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 02:21:54 ID:a0eccPAE

ジャン「はぁ?」

サシャ「ほら訓練兵なので、この3年間女の子扱いされることが少なかったといいますか…まあ昔からなんですが。 なのでそういう反応をいただけると女扱いされた気がし て…」

サシャ「ちょっと嬉しかったので…ちょっと残念です…///」

ジャン(女扱いされてえなら、普段の生活見直したらどうだよ?)

サシャ「すみません、そんなわけないですもんね」

ジャン(と言いたいところだが言いづれえ)

サシャ「ジャンの髪の毛って面白いですよね?ここジョ リジョリなのにここからフワフワで」 ワシャワシャ

ジャン(なんか……ちょっと………)

50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 02:26:00 ID:a0eccPAE

サシャ「耳たぶやわらかいですねー。あ、肉が食べたく なりました…」

ジャン(かわ………………いや消えろよ煩悩!!)

サシャ「ジャン?……………あの……まだ、あれですか?」 ←膝でジャンの内腿を擦っています

ジャン「じっとしてられねえのかよ!」

サシャ「はひっ、すみません!」

ジャン「……………」ギュッ

サシャ「…………………」

ジャン(早く来いよマルコォ…)

サシャ「あの……ジャン」

ジャン「なんだ」

サシャ「……………胸…触ってみませんか?」

61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:18:23 ID:FES1s1Ms

ジャン「…………」

サシャ「…………」

ジャン「……………」

サシャ「胸触ってみまs」

ジャン「いや言い直さなくていい」
サシャ「そうですか?」

ジャン「……………」

サシャ「……………」

サシャ「…………」プチプチ

ジャン「ままままてなな何してんだバカ!」

サシャ「え?返事がなかったので触る気なのかと……」← シャツのボタンを外しています

ジャン「んなつもりねぇよ!大体なぁっ、お前さっき嫁 にいけないだの怒られるだの言ってたじゃねぇか。あれ はどうなった」

62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:20:31 ID:FES1s1Ms

サシャ「あの時はそう思ったんですけど、今はあんま り…。バレなければ誰か貰ってくれますよ」←ボタンを全部外しました

ジャン「流されやすいにも程があんだろ!つーかやっぱ り酒くせぇよ酔っぱらい」

サシャ「なに言ってるんですか?私お酒なんて飲んでま せんよ?」

ガチャッ… ………

キイィ……

コニー「……誰もいないぜー」

63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:27:32 ID:FES1s1Ms

マルコ「だよな…。ハァー、本当にどこ行ったんだ?ジャンのやつ」

コニー「クリスタ達が会ってないって言ってたんだろ? 酒は取りに来ないでサボったんじゃねえの?」

マルコ「いいや。もしサボりだとしたら夕飯の時間には 戻ってくるだろ?もう日が暮れそうだっていうのに、姿 が見えないのは心配だよ」

ジャン(マ、マルコ……!)

サシャ「もがもが」

コニー「そういや夕飯のとき、サシャも見なかったんだ よなー」

マルコ「うん、それも珍しいことだ」

コニー「肉でも盗み食いして教官に叱られてんのかな?」

マルコ「さあ…それは……でも、消灯時間まで戻らないよ うなら、教官に話さなくちゃいけないよ。どこかで寝過 ごしているだけだとしたら、事が大きくなる前に僕らで 見つけてあげないと」

64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:29:49 ID:FES1s1Ms

ジャン(マルコ!オレはここにいるんだ!ボロい木箱の 中にいるんだよ!……なのに)

サシャ「ふがふが」←シャツがはだけて胸が見えていま す。腹も見えています。ジャンに組み敷かれたような体 勢です。

ジャン(見つかってもいい状態じゃねえ…色んな意味で終 わっちまう…!)

マルコ「どうした?」

コニー「いや、なんだこの箱?ひっくり返ってら」

マルコ「本当だ……ずいぶん大きい箱だな。何が入ってるんだろ」

ジャン(げっ!!)

65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:32:53 ID:FES1s1Ms

コニー「とりあえず元に戻し…重っ!」

マルコ「大丈夫?手伝うよ。せーのっ!」

グググ……

ガタンッ

ジャン(いてっ!)

サシャ「もがっ!」

マルコ「?…今何か声が聞こえなかった?」

コニー「そーか?気のせいじゃねえ?つーかマジで重かったなコイツ。中身なんだよ芋か?」

マルコ「そっか…気のせいか…。音に敏感になってるんだ な…」

コニー「んんっ?開かねえぞ…んだこれ?ボロいくせして 頑丈だな」グググ

66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:36:46 ID:FES1s1Ms

マルコ「や、止めておきなよ。鍵が付いてるのかもしれないし、壊したらコニーこそ教官に絞られるよ」

コニー「あー…そうだよな…止めとくわ」

マルコ「次は井戸の辺りを探してみよう」

キイィ……

バタン

67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:49:17 ID:FES1s1Ms

ジャン「…………」

サシャ「…………」

ジャン「…………」

サシャ「…………」←ジャンの腹の上に跨がっています。最 初の体勢に戻りました。

ジャン(……直にじゃねぇけど…全部見えてんじゃねぇか… これ……)

サシャ「……マルコ行っちゃいましたよ?なんで引き止めなかったんですか?」

ジャン(下着……白……胸……)

サシャ「もう、本当にここで一晩過ごさないといけない んでしょうか?」

ジャン(あんまり…無i)

サシャ「むっ…今、失礼なこと思いませんでしたか?」

ジャン「はぁっ!?お、思ってねぇよ。人の心読もうと すんな!」

68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:55:13 ID:FES1s1Ms

サシャ「さんざん失礼なこと言われたのでイマイチ信じられません」←腰の位置を後退させています。

ジャン「……!」

サシャ「……………」

サシャ「あ……あれから結構経ちましたけど……まだ……そ の…あれですよね……?」

サシャ「…差し出がましいことを聞きますが…本当に私 じゃないんでしょうか…」

サシャ「私はさっき話した通り、そっちの方が嬉しいん ですけど……」

サシャ「…………」ギュッ

ジャン「………………よ、よよっ酔っぱらい」

サシャ「…酔っぱらってなんかないです」ムゥ

69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:58:24 ID:FES1s1Ms

サシャ「私のことバカバカ言いますけど、ジャンだって 大概です!ふーっ」←ジャンの耳に息を吹きかけていま す

ジャン「………!」ゾワワ

サシャ「……暑いです…プラムが食べたいです…梨も…」 ギュッ

ジャン「………」

サシャ「ザクロ…」

ジャン「…………」

サシャ「…………」スリスリ

ジャン「………………………」

70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 23:00:05 ID:FES1s1Ms

ジャン(………………)

ジャン(…………)

ジャン(…………………あぁ…もうどうでもいいよな……)

73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 23:17:49 ID:FES1s1Ms

ジャン「………」フニフニ

サシャ「…………!」

ジャン(…………やわらけ……)むにむに

サシャ「あっ、あの、では!生の方がいいですよね…? ちょっと待ってくださいね」←下着を外しています

ジャン「へっ、いや」

サシャ「………ど、どぞ///」

ジャン(……………な、何やってんだオレは…)

ジャン(………でもやわらけえ…)フニフニ

サシャ「…………」←顔を背けています

ジャン(…顔見せたくねえのか。オレもどんな顔すりゃい いのか分かんねえしな…)フニフニ

サシャ「…………っ」ビクッ

74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 23:22:36 ID:FES1s1Ms

ジャン「………」ムニムニ←乳首を摘まんだりしています

サシャ「っ…あ、……っ」

ジャン「…………!///」カァーッ

サシャ「ジャン…あんまり…強くは…」

ジャン「わ、悪い」ゴソゴソ ←上半身をできるだけ起こし ています

サシャ「いえ、こちらこそ」

ジャン(…やっぱ酒くせえけど、でもいい臭いもするよう な…)チュッチュッ ←首筋に口付けています

サシャ「う、ううう……ちょっとくすぐったいです…」

ジャン「………」チュッ

サシャ「うう……」

75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 23:25:50 ID:FES1s1Ms

サシャ「んっ!?」ビクッ

ジャン「………」←乳房を口に含んでいます

サシャ「……ん、…ひゃっ…」

ジャン「………」チュ チュ

サシャ「やっ…あ…ジャン…っ」

ジャン「………」チュッ

サシャ「ん、んふふ…よしよーし。こうしてるとお母さんのこ と思い出しますよね?ふふふ…」

ジャン「…………」

ジャン(………今ッ!ババアの顔がッ!横切ったじゃねえか 畜生ッ!)

78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 23:38:20 ID:FES1s1Ms

ジャン「お前はマジで口閉じてた方がいいわ…」

サシャ「あ……はぁ、話し方がおかしいっては、よく言われます……」

サシャ「んっ…私、って……いつも、そうなんですよね」

サシャ「他人に、自分を知られるのが…怖くて…周りの人 はよくしてくれるのに……この3年間…本当の自分を見せ ることなんて出来ませんでした……」

サシャ「親にも…臆病って…言われて…」

サシャ「だから……なんだか…お酒の勢いでも…なんでもい いから」

サシャ「こうやって誰かに裸をみられてるのは、自分の 全部を見せているみたいで…いま、嬉しくて…」

サシャ「それでジャンが触ってくれたから、私……なんだ か、もう、なんでもできそうな気がするんです」

サシャ「…だから、ありがとうございます///」ギュッ

サシャ「……………ジャン?」

79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 23:41:05 ID:FES1s1Ms

サシャ「ん、」

サシャ「………ジャンって男のくせに、くちびるプルプルです ね……ん」

サシャ「……………」

サシャ「…………………あの………」

サシャ「びっくりしました………キスってこんなに気持ち いいんですね、んふふ」

サシャ「ん………んんっ……はぁ………」

サシャ「………………あの」

サシャ「…………最後まで、しますか?」

83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/13(火) 00:21:20 ID:y.Fohdmc

ジャン「いや、手ぇ綺麗じゃねえからこれ以上はな…」

サシャ「そ、そうですよね…!」

ジャン「ここ食糧庫だし……」

サシャ「………はい、そうでしたね///」

ジャン「だろ………」

サシャ「……………………………あの、ジャン」

84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/13(火) 00:23:30 ID:y.Fohdmc

サシャ「も、もう一回、プルプルを私にください…」

ジャン「他に言い方ねえのか」

サシャ「だって本当にプルプルですよ?もうちょっとカ サついてると思ってたのに、塩漬けの肉にも負けないく らいの柔らかさでしたよ?プルプル揉みたいくらいです よ?私のおっぱいよりも」

ジャン「やめろ、やめろ、分かったからやめろ」

サシャ「はい……んっ、」

サシャ「ん……………」チュ

ガタンッ

85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/13(火) 00:39:30 ID:eX1h6XXA

ジャン「…………」

サシャ「ジャン?」

ジャン「何だ今の音………」

ジャン「蓋の…」グイグイ

ガコッ

サシャ「…………………え?え!?」

ジャン「蓋が……………」

サシャ「開きました……」

86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/13(火) 00:42:57 ID:eX1h6XXA

サシャ「はあっ!外です!食糧庫です!よい香りで す!」

ジャン「………どうなってんだ?」

サシャ「ああっ!あそこにぶら下げてある燻製が私を呼 んでいます!呼んでいます!」ガタッ

ジャン「何かの拍子でか……?」

サシャ「あぁこの肌触りスベスベで気持ちがいいです硬 さもたまらないです食べ頃ですね食べ頃です」 サワサワ

ジャン「サシャお前ブーツ履けよ」

サシャ「すぐにスライスして……ハァ…ハァ…」

ジャン「服もちゃんと着ろよてめぇ!」バシッ

87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/13(火) 00:46:52 ID:eX1h6XXA
_______________________
_________________

ジャン「……………………ハァー」

サシャ「遅かったじゃないですか」ムシャムシャ

ジャン「待ってたのかよ……寮に帰れっつったじゃねえ か…」

サシャ「ちゃんと抜けましたか?」クチャクチャ

ジャン「黙ってろよホントによぉ…っ!」むぎゅー

サシャ「ほっぺいはいですー」

ジャン「お前の恥じらいの基準はなんなんだ?」

88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/13(火) 00:51:59 ID:eX1h6XXA

サシャ「そんなの恥ずかしくて言えません」ムシャムシャごくんっ

ジャン「すっかり暗くなってるし…夕飯食いっぱぐれるし…ついてねえ…」

サシャ「燻製食べますか?」

ジャン「いらねえよ!さっさと帰ってクソして寝ろ」

サシャ「言われなくても帰りますよ。では、女子寮はこっちなので」ヒラヒラ

ジャン「おー」ヒラヒラ

89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/13(火) 00:55:12 ID:eX1h6XXA

ジャン(…………)

ジャン(………芋女相手に何してんだ…)

ジャン(何も起きるわけねえと思ったのによ……)

.
91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/13(火) 00:59:13 ID:CqtUcDpQ

サシャ【それでジャンが触ってくれたから、私……なんだ か、もう、なんでもできそうな気がするんです】

サシャ【…だから、ありがとうございます///】

ジャン「………」トボトボ

.

92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/13(火) 01:07:29 ID:CqtUcDpQ

タッタッタッ…

ジャン「おいサシャ」

サシャ「?なんですか?やっぱり食べたくなったんですか?もう齧っちゃいましたけど…」

ジャン「違えよ…何でも食いもんに結び付けんな」

サシャ「だってそれ以外に何がありましたっけ…」

ジャン「………………………送ってく」

サシャ「!」

サシャ「……………はいっ///」

完。

93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/13(火) 01:18:45 ID:CqtUcDpQ

おまけ--箱--

ミカサ「着いた」ドサッ

アルミン「すごいなミカサは……1回も休まないで着くなんて…その芋全部で2、30kgはあると思うよ?」

ミカサ「なんならアルミンをおんぶしながらでも良かった」

アルミン「えっ…それは遠慮しとくよ…」

ミカサ「うん、冗談。どこに置けばいい?」

アルミン「置く場所がないね…何かに移せればいいんだけど…あれ?」

ミカサ「どうかしたの」

アルミン「この燻製…昨日はもっとあった気がしたんだけどな。料理に使ったのかな?」

ミカサ「昨日?エレンとビンを運んでたとき?」

アルミン「うん。そのときはもっと大きくて…スベスベで…」

ミカサ「スベスベって、触ったの」

アルミン「あ…」

ミカサ「……アルミンはエレンと一緒にいるとときどき悪い子になる…」

94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/13(火) 01:22:47 ID:CqtUcDpQ

アルミン「…あっ、ミカサあの箱は?結構入りそうだよ」

ミカサ「本当」

アルミン「ちょっと汚れてるけど…このくらいなら大丈夫だよね」

ミカサ「じゃあ、移す」ノッシノッシ

ガタンッ

ミカサ「……?」

95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/13(火) 01:25:47 ID:CqtUcDpQ

ガタガタッ

ミカサ「この箱………」

グイッ

ミカサ「!?」

アルミン「ミカサ!?大丈……うわあっ!?」

ガタガタッ

ガタンッ

シーン…

おまけ__完。

101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/13(火) 01:57:20 ID:CqtUcDpQ
おまけ--帰り道--

サシャ「ジャン、どうしちゃったんですか?」

ジャン「何がだ」

サシャ「だっていつでも自分が一番かわいいジャンが自由時間を削ってまで私を送ってくれるなんて、あり得ないです」

ジャン「酷い言い草だな。自分が一番可愛くて何が悪いって?」

サシャ「もしかしてあの……今日のこと引き摺られたら困るって感じですか?」

ジャン「!」ビクッ

サシャ「やっぱり……」

サシャ「大丈夫です…私は酔っぱらってましたので…明日になったら忘れてます」

ジャン「……そりゃ助かるけどよ…」

サシャ「ジャンは中途半端なのはイヤですもんね?もうプルプルが欲しいとか言いませんから、大丈夫です」

ジャン「おう…」

ジャン(何でちょっとムカつくんだ……)

本当に完。

関連リンク

renote.jp

T-yoshi
T-yoshi
@T-yoshi

Related Articles関連記事

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツは『進撃の巨人』の登場人物で、「始祖ユミル」とも呼ばれている。エルディア人こと「ユミルの民」の始祖となった女性で、光るムカデのような生物と接触したことで彼女は「始祖の巨人」の能力を得たとされている。マリア・ローゼ・シーナという名前の3人の娘達がおり、パラディ島の3重の壁は彼女達の名前から名付けられた。ユミルの死後、巨人化能力は3人の娘達に引き継がれ、さらに子々孫々に脈々と継承されることとなった。

Read Article

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団に所属する兵士長。1人で1個旅団(約4000人)並みの戦力を持つとされ、「人類最強の兵士」として名高い。三白眼と刈り上げた髪型、小柄な体格が特徴で、ブレードを逆手に持って回転しながら巨人の肉を切り刻む戦闘スタイルを好んでいる。性格は冷静沈着で無愛想。スラム出身ということで言動も粗暴である。神経質で潔癖症だが、部下の最期を看取る際には汚れを気にせず手を握るという仲間想いの一面もある。

Read Article

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄。「獣の巨人」の継承者として調査兵団の前に立ちはだかり、高い投擲能力で多くの兵士を殺傷した。「九つの巨人」の継承者で組織されるマーレの戦士部隊のリーダーであり、多くの戦場でマーレに勝利をもたらしてきた。しかしその真の目的はエルディア人の救済であり、全てのエルディア人から生殖能力を奪うことで巨人の力を巡るこれ以上の悲劇を起こらないようにしたいと考えている。

Read Article

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハートとは、『週刊少年マガジン』に連載されている諫山創原作の漫画・テレビアニメ作品に登場する人物である。主人公のエレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団に所属し、卒業後は憲兵団に入団する。口数が少なく感情を表に表さないため、取っ付きにくい印象を与える性格。しかし格闘技に優れており、冷静な判断を下せるため訓練兵団卒業の際は4位の成績を収める実力の持ち主。

Read Article

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で、ユミルの民であることを偽造してマーレ人になりすまし、マーレ治安当局の職員として潜入していたエルディア復権派のスパイである。九つの巨人の一つである「進撃の巨人」の力を身に宿し、通称「フクロウ」と呼ばれている。 ユミルの呪いによって寿命が近い自分の代わりに、グリシャ・イエーガーにエルディア復権の願いを託して壁の中へ行くよう指示した。その後進撃の巨人を継承させる為無垢の巨人化したグリシャに捕食され、スパイとしての任務を果たし、その生涯を終えた。

Read Article

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガーとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の主人公。壁の外の世界に強い憧れを持っており、幼少期から調査兵団に入ることを目指してきた。その想いは、母親を巨人に食い殺されたことで一層強まり、調査兵団に入って巨人を駆逐することを心に誓う。性格は熱血漢で直情的。無鉄砲と思えるほどの勇敢さから、強大な巨人相手にも物怖じせずに向かっていく。命の危機に瀕した際に巨人化する能力に目覚め、人類の自由のためにその力を振るっていくことになる。

Read Article

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスターとは『進撃の巨人』の登場人物で、104期訓練兵団の卒業生。当初は駐屯兵団に所属していたが、ウォール・マリア最終奪還作戦の前に調査兵団に移籍した。「獣の巨人」を倒すための特攻作戦では唯一生き残り、瀕死のエルヴィン団長をリヴァイ達の元へ連れて行った。その後はエレンをパラディ島の救世主として祭り上げる「イェーガー派」の中心人物として、兵団総統を暗殺しクーデターを先導した。

Read Article

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライスとは『進撃の巨人』のキャラクターでマーレの戦士候補生。戦士候補生の同期であるガビ・ブラウンに好意を抱いており、彼女を救うために「鎧の巨人」継承を目指している。内気な性格だが、「悪魔の末裔」と言われるパラディ島の人々に対しても自分達と変わらない人間だと捉える優しい心の持ち主。心的外傷を負った兵士にも親切に接しており、そこでクルーガーと名乗る負傷兵と出会い、交流を深めていく。

Read Article

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で「車力の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成されるマーレの戦士の一員として、数々の戦場で功績を打ち立ててきた。当初は始祖奪還計画に参加せずマーレ本国を守っていたが、850年「獣の巨人」であるジーク・イェーガーと共にパラディ島に上陸する。ウォール・マリア奪還を狙う調査兵団との決戦では後方支援を担当し、負傷したジークと「鎧の巨人」であるライナー・ブラウンの逃走を助けた。性格はマイペースだが、冷静沈着で判断力に優れている。

Read Article

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディスとは『進撃の巨人』の登場人物で第104期訓練兵団の指導教官。スキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられている。元々は第12代団長として調査兵団を率いていたが、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせたにもかかわらず成果を残せなかったことから、自分の無能を悟りエルヴィン・スミスに団長職を引き継がせた。主人公エレンの父親であるグリシャ・イェーガーとは以前から面識があり、彼が消息を絶つ直前に顔を合わせた最後の人物である。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの父。シガンシナ区で診療所を開き街の人々から尊敬を集めていたが、シガンシナ区に巨人が流入した後行方不明となる。失踪直前エレンに巨人化の薬を打ち込み、世界の真実が隠された自宅地下室の鍵をエレンに託した。物語中盤で彼が壁外の世界から「始祖の巨人」奪還のためにやってきた巨人化能力者であったことが明らかとなる。

Read Article

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の団員。主人公エレン・イェーガーとはウォールローゼ南区第104期訓練兵団時代の同期である。責任感が強く、リーダーシップもあることから同期の中ではまとめ役を担っていた。しかし、その正体はウォール・マリアを破壊した「鎧の巨人」であり、始祖奪還を目的にパラディ島に送り込まれたマーレの戦士である。正体が判明した後はたびたびエレン達と対立し、始祖の力を巡って死闘を繰り広げていく。

Read Article

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリスとは『進撃の巨人』の登場人物で、憲兵団の新兵。アニ・レオンハートとは同期でルームメイト。ウェーブヘアが特徴の少女で、軽薄で不真面目な言動が多い。他の新兵同様安全な内地で楽をするために憲兵団に入ったが、実は機転の利くところがある。アニのことは愛想のない同期だと思っていたが、ストヘス区の戦闘以降行方不明になったことを心配しており、アニの正体が「女型の巨人」であることを知って大きなショックを受けていた。同期のマルロ・フロイデンベルクに好意を持っているが、マルロ本人は気づいていない。

Read Article

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツとは『進撃の巨人』の登場人物。主人公エレンの父親グリシャの前妻で「獣の巨人」ジークの母。その正体はフリッツ王家の末裔。ストーリー上、巨人の歴史と王家の情報を語る重要な役割を持つ。パラディ島に移住することを拒みマーレに留まった一族は、代々巨人の情報を隠し持っており、その末裔であるダイナはエルディア復権派と共に始祖の巨人の奪還を企てるが、計画は息子ジークの密告により失敗。ダイナは巨人化後、グリシャの後妻であるカルラを捕食する。最期はエレンの持つ座標の力で巨人の群れに喰われた。

Read Article

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルトとは『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。金髪ボブカットの中性的な外見を持つ。大人しいが芯の強い勇敢な性格で探求心が強い。祖父の影響で人類はいずれ壁の外に出るべきだという思想を持っており、エレンが外の世界に憧れるようになったのもアルミンの影響である。小柄で身体能力は低いものの、知能や判断力はずば抜けており、エレンや調査兵団の窮地をその知略で度々救っている。

Read Article

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物で、中央第一憲兵団対人立体機動部隊の隊長。かつて「切り裂きケニー」の異名を取った大量殺人鬼だったが、ウーリ・レイスとの出会いを経て現在は中央第一憲兵団に所属し対人戦闘を専門とする部隊を率いている。リヴァイ・アッカーマンの育ての親であり、彼に戦闘技術を教えた人物でもある。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、対立した調査兵団を大いに苦しめた。

Read Article

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団第13代団長である。調査兵団は人類の生存圏を広げることを目的とし、日々巨人との死闘を繰り広げている。その類まれなる頭脳と判断力から大きな功績を挙げているが、目的のためなら手段を選ばない非情さから「悪魔的」と称されることもある。彼の真の目的は世界の真実を解き明かし、「人類は王家によって記憶を改竄された」という父の仮説を証明すること。人類最強と称されるリヴァイ兵士長を調査兵団に入れたのも彼である。

Read Article

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマンとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。本作のヒロイン的ポジションで、幼い時にエレンに助けられた経験から、彼を守ることを自分の使命だと考えている。驚異的な身体能力を持ち、トップの成績で訓練兵団を卒業。実戦でも1人で複数の巨人を討伐する実績を残す。性格は寡黙で口下手だが、エレンのこととなると取り乱す一面もある。物語後半において、母方の祖先が東洋にあるヒィズル国将軍家だったことが明らかになった。

Read Article

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で、「マーレの戦士」候補生。天真爛漫で型破りな性格で、憧れの従兄であるライナーから「鎧の巨人」を継承するため日夜訓練に励んでいる。パラディ島のエルディア人を悪魔の末裔として強く憎んでおり、彼らを皆殺しにして自分達善良なエルディア人を収容区から解放することを願っていた。しかし成り行きでパラディ島に渡ることとなり、そこで出会った人々との交流からガビの考え方は変化し始める。

Read Article

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイスとは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。壁内人類の真の王家であるレイス家当主。実質的には壁内での最高権力者である。ウーリ・レイスの兄であり、フリーダ・レイスやヒストリア・レイスの父親。正妻との間に5人の子がいたが、当時使用人として働いていたアルマとも関係を持ち、ヒストリアが産まれたことにより、事実的には子供は6人。だがグリシャにより正妻との間の子は皆殺されてしまい、生き残っている子供はヒストリアただ1人である。

Read Article

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタインとは『進撃の巨人』の登場人物で、調査兵団に所属する兵士。第104期訓練兵団を6番で卒業した。自己の保身を第一に考える現実主義者で、思ったことを率直に言い過ぎる性格からたびたび主人公のエレン・イェーガーと対立していた。当初は巨人の脅威から逃れるために内地への配属を希望していたが、友人のマルコ・ボットが戦死したことで考えを大きく変え、調査兵団に入団する。入団後は持ち前の現状把握能力を活かして同期のまとめ役として活躍した。

Read Article

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団所属のベテラン兵士。初登場時は分隊長だったが、後にエルヴィン・スミス団長の後を継いで調査兵団第14代団長に就任する。ゴーグル(平常時は眼鏡)を着用し、茶髪を無造作に1つにまとめた中性的な外見をしている。明るく聡明な人物だが、巨人に対する情熱は人一倍で変人揃いの調査兵団内でも特に異彩を放っている。ウォール・マリア最終奪還作戦以降は左目を負傷したことから眼帯を着用している。

Read Article

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナとは『進撃の巨人』の登場人物で反マーレ派義勇兵の中心人物。マーレに滅ぼされた国の出身で、「獣の巨人」継承者で王家の血を引くジーク・イェーガーの信奉者として活動し、パラディ島の近代化に大きく貢献した。ジークの提唱する「エルディア人安楽死計画」達成のためなら寝食を共にした仲間すら殺害する冷酷な性格の女性。しかし実際にはマーレの被害者というのは虚偽であり、「世界を救う英雄」に憧れているだけのごく一般的なマーレ人である。

Read Article

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ(ヒストリア・レイス)とは、諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物。第104期訓練兵団卒業生であり、主人公エレン・イェーガーは同期の1人。小柄で温厚、思いやりのある可愛らしいアイドル的な存在として登場する。同期のユミルと仲が良い。成績10位以内に入っているが、実際はユミルからその座を譲られただけで身体能力は人並みである。本名はヒストリア・レイスといい、壁内世界の真の王家の末裔であることが後に発覚する。

Read Article

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の兵士。坊主頭が特徴で、小柄な体格を生かした小回りの利く機動を得意としている。バランス感覚にも優れ104期訓練兵団を8番の成績で卒業したが、少々頭の回転が鈍く同期達からはバカ扱いされている。同期のサシャ・ブラウスとはバカ同士気が合うようで、よく訓練中に2人でふざけていた。当初は憲兵団を志望していたが、主人公のエレン・イェーガーに感化され調査兵団に入団を決めた。入団後はムードメーカーとして活躍する。

Read Article

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガトとは『進撃の巨人』の登場人物でマーレ軍エルディア人戦士隊隊長。後にマーレ上層部が全滅すると元帥に就任した。ジーク・イェーガーやライナー・ブラウンら「マーレの戦士」達を選抜し育て上げた人物でもある。性格は厳格で戦士候補生に対する態度も威圧的だが、大多数のマーレ人とは異なりエルディア人に対する差別感情は薄く、部下たちを1人の人間として尊重している。現状認識能力に優れ、始祖奪還作戦を数人の子供に託すマーレ軍上昇部の正気を疑っていた。

Read Article

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウスとは「進撃の巨人」シリーズの登場人物であり、主人公エレン・イェーガーと同じ調査兵団に所属している女性。頭はあまり良くないが、並外れた身体能力と勘の良さは周囲からも認められている。狩猟を生業とする村の出身であるため、食べ物には目がなく食料庫からよく盗みを働いていた。方言で話すことに抵抗があるため他人には敬語で話す。天真爛漫で非常にマイペースな性格の持ち主である。

Read Article

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団団員。第104期訓練兵団を3位で卒業し、どの分野でもそつなくこなすことができる優秀な人物である。ただし優柔不断で判断を他人に任せる傾向があり、積極性に欠けることから他の同期と比べると少し影が薄い。その正体は、ウォール・マリア陥落の主因となった「超大型巨人」であり、始祖奪還作戦のために大国マーレから派遣された「マーレの戦士」の1人だった。任務を達成し故郷に帰ることを切望していたが、結局その願いは叶わず異国の地で命を落とすこととなる。

Read Article

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアードとは『進撃の巨人』の登場人物で「顎の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成される「マーレの戦士」の一員として、「顎の巨人」の持ち味である硬い顎と牙や俊敏性を活かし数々の戦場で活躍している。戦士候補生時代の同期であるライナー・ブラウンとは「鎧の巨人」継承権をめぐって争ったライバルだった。自分ではなく能力の低いライナーが「鎧の巨人」継承者として選ばれたことや、兄のマルセルがライナーをかばって巨人に食われたことから、ライナーに対して悪感情を抱いている。

Read Article

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、レイス家の長女。黒髪で青い瞳を持つ。レイス家当主のロッド・レイスとその正妻の第1子として生まれた。表向きは地方の貴族として振る舞っているが、実際は壁内の真の王家の末裔。レイス家に代々引き継がれている特別な巨人能力を叔父のウーリ・レイスから引き継ぎ、宿している。本人の飾らない性格は多くの者から慕われており、妾の子である異母妹ヒストリアにも姉として優しく接していた。

Read Article

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシスとは『進撃の巨人』の登場人物で駐屯兵団の司令官。スキンヘッドと口ひげが特徴の年配の男性。巨人との戦いの最前線である南側領土の最高責任者として、果断な指揮を振るい人類を守り抜いてきた。人類の勝利のためなら成功率の低い作戦でも取り入れる柔軟な判断力の持ち主だが、飄々とした言動や戦場でも酒を持ち歩く姿勢から「生来の変人」としても知られている。トロスト区攻防戦では巨人化したエレン・イェーガーによる穴の封鎖作戦を採用し、人類の勝利に貢献。兵団によるクーデターの際も大きな役割を果たした。

Read Article

目次 - Contents