Saucy Dog(サウシードッグ)の徹底解説まとめ

Saucy Dog(サウシードッグ)とは、男性2人と女性1人からなる日本のロックバンドである。代表曲「いつか」を台頭に、日常を彩るような効果を持つ曲の雰囲気が人気を博している。ボーカル石原の優しい声とサビで出る突き抜けた高音のギャップはSaucy Dog特有の空気感に欠かせない材料だ。2013年に大学で結成され、ボーカル石原を中心に何度かメンバー編成がなされ現メンバーに至る。情景描写の多い歌詞や潔いハイトーンボイスが若者を中心に魅了し、大成功を遂げている。

『レイジーサンデー』

2021.8.25

1.なつやすみ
2.シンデレラボーイ
3.リスポーン
4.わけあって
5.君がいない
6.週末グルーミー
7.東京
8.sugar

※CDには、ボーナストラック「いつもの帰り道」収録。

数あるアルバムの中でもラブソングが多い。「シンデレラボーイ」など心揺さぶられる曲が多く、熱く人間味のあふれるアルバムとなっている。コロナ禍で家に1人籠っていることが多かった石原は、人に会えなくて寂しい気持ちを恋愛に落とし込んだり過去を思い返したりして歌詞作りに励んでいたという。

DVD&Blu-ray

「YAON de WAOOON」2019.4.30 日比谷野外音楽堂

2019.12.18

1.真昼の月
2.ナイトクロージング
3.ジオラマ
4.あとの話
5.曇りのち
6.マザーロード
7.Wake
8.Tough
9.いつか
10.コンタクトケース
11.へっぽこまん
12.世界の果て
13.煙
14.メトロノウム
15.バンドワゴンに乗って
16.ゴーストバスター

En1.月に住む君
En2.グッバイ

「send for you」2021.2.5 日本武道館

2021.8.25

1.真昼の⽉
2.雀ノ⽋伸
3.ナイトクロージング
4.煙
5.メトロノウム
6.シーグラス
7.結
8.BLUE
9.曇りのち
10.Humming
11.寝ぐせ
12.へっぽこまん
13.ilm
14.コンタクトケース
15.雷に打たれて
16.ゴーストバスター
17.バンドワゴンに乗って
18.sugar
19.今更だって僕は⾔うかな

En1.いつか
En2.猫の背

・Documentary of send for you
・2021.2.6 "リベンジエピソード@日本武道館" 「今更だって僕は言うかな」/「グッバイ」
・2021.3.31 "リベンジエピソード@なんばHatch" Documentary &「sugar」
・Humming ~send for you ver.~
・バンドワゴンに乗って ~send for you ver.~

Saucy Dogの代表曲とミュージックビデオ(MV/PV)

いつか

Saucy Dogを代表する失恋ソング。ひんやりとした冬の空気と雄大な自然の中、メンバーたちが演奏するミュージックビデオとなっている。序盤の石原の呟くような歌い方と、時が刻一刻と流れていく様子を表したような秋澤のベースがとてつもなくマッチしている。冬の静けさとサビの熱い感情の爆発とのギャップが聞き手の心に突き刺さる。熱くなったサビの余韻を秋澤・せとのコーラスが支えている。一言で言うと、まさに「エモい」曲である。

コンタクトケース

特徴的なメロディーが寂しいような、落ち込んだような歌声とともに始まる。朝起きたら隣に寝ていた彼女がいなくなっていた、というシチュエーションの曲である。彼女がいきなりいなくなった時に置いていくものがコンタクトケースだという発想は、実際に体験した人にしかわからないと思われるほどリアルだ。余力のあるまま彼女に手放されてしまった男性のどうしようもない後悔が痛いほど胸に刺さる。もう部屋には自分1人しかいない、という様子が曲調からありありと感じられる。

シンデレラボーイ

この曲は石原が昔彼女に浮気をされた体験をもとに作られたという。歌詞やミュージックビデオの主人公は女性である。浮気をされても嫌いになれない自分を女々しく感じたのであろうか。相手の心が自分から離れてゆくのに諦めきれずだらだらとすがってしまう地獄のような日々。実際体験したことのない人でも、この曲を聞くと胸が苦しくなってしまうだろう。ミュージックビデオ内で歌詞と並行して展開される漫画のストーリーがよりリアルに心に訴えかけてくる。

ああ、もう。

片想いを楽しむには必須の曲。女の子が振られる場面から始まるポップなミュージックビデオとなっている。チョコレートの「DARS(ダース)」とコラボしており、ビデオの所々で出てくる。楽しい部分だけでなく、辛い部分、悲しい部分、悔しい部分などもひっくるめて「恋がしたい!」と思えるような曲である。

今更だって僕は言うかな

narumi
narumi
@narumi

目次 - Contents