Saucy Dog(サウシードッグ)の徹底解説まとめ

Saucy Dog(サウシードッグ)とは、男性2人と女性1人からなる日本のロックバンドである。2013年に大学で結成され、ボーカル石原を中心に何度かメンバー編成がなされ今のメンバーに至る。一時はメンバーがボーカルのみとなる事態にまで陥ったが、情景描写の多い歌詞や潔いハイトーンボイスが若者を中心に魅了し、今や大成功を遂げている。

Saucy Dogの概要

出典: pbs.twimg.com

Saucy Dog(サウシードッグ)は、ボーカル・ギター石原慎也(いしはらしんや)、ベース秋澤和貴(あきざわかずき)、ドラム・コーラスせとゆいかからなる日本の3人組ロックバンドである。2013年に大学で結成され何度もメンバー編成を繰り返して今のメンバーに至る。一時はメンバーがボーカルのみとなる危機に陥ったが、ボーカル・ギター石原を中心にめげずに活動を続けた結果、日本の人気ロックバンドのひとつとなった。

情景描写が多い歌詞と石原の潔いハイトーンボイスが多くのファンを魅了している。穏やかな曲が多いが、心に訴えかけてくるパワーはとてつもないものである。日常の生活の中の雰囲気や湧き出る感情が最大限に音楽で表現されている。日常感がとても大切にされているため、多くの人が共感できる歌詞や曲調になっている。

また、日常を大事にする穏やかな面と共に作詞する石原の潔い考え方や未来への強い希望などが織り交ざっている面があるのも魅力である。なかなかメンバーが固定せず葛藤を経験した石原。そんな苦労を乗り越えて今に至る石原にしか作れないメッセージがファンの心を掴んでいるのだろう。

Saucy Dogの活動経歴

バンド結成

出典: pbs.twimg.com

Saucy Dogの始まりは、2013年11月16日の大学でのバンド結成だった。現メンバーの中で結成当初の初期メンバーだったのはボーカル・ギター石原のみである。Saucy Dogというバンド名は"saucy"=「生意気な、図々しい」と"dog"=「犬」という英単語が掛け合わされており、「スヌーピーのように小生意気ながらも、老若男女から幅広く愛されるバンドになりたい」という想いが込められている。

結成直後の2014年に1stアルバム『さよなら、ライカ』をリリースするなど、出だしは順調だった。

メンバー脱退

出典: pbs.twimg.com

ボーカル・ギター石原

活動開始当初は順風満帆だったSaucy Dogだが、2015年12月26日にボーカル・ギターの石原のみを残し旧メンバーが脱退してしまう。そこから石原はSaucy Dogを守ろうと一人懸命に努力する。

ベース秋澤和貴が加入

秋澤和貴は元々別のバンドで活動していたが、saucy dogから石原以外のメンバーが全員脱退した後、石原から声をかけられ2016年4月3日に正式加入。音楽をやめようと思っていた矢先の出来事だった。UKロックを好みJ-POPをあまり聞いてこなかった秋澤は演奏方法に馴染むのに苦労した。

ドラム・コーラス瀬戸ゆいかが加入

瀬戸ゆいかはかつてSaucy Dogの対バン相手だったバンドから加入した。Saucy Dogは女性ファンが多かったためはじめは自分が入って良いのだろうかと不安になったが、今もなお老若男女から愛されている。

Saucy Dogのメンバー

旧メンバー

アオキテツ(あおきてつ)

1992年7月5日生まれ。2018年2月にa flood of circleに加入。石原、秋澤と同じく大阪スクールオブミュージック専門学校に通っていた。1学年下にいい声をした後輩として石原を知り、当時のSaucy Dogに誘った。石原を生意気で可愛い弟のような存在だとブログで綴っている。

現メンバー

石原 慎也(いしはら しんや)

ヴォーカル・ギターを担当。1994年3月3日生まれ。島根県出身。メインソングライターである。

小学4年生から高校3年生まで吹奏楽をやっていたこともあり、元々はクラシック音楽が好き。島根県立松江農林高等学校に通っていた頃当時の友達に誘われてバンドを始めた。それがきっかけでそこからギタリストを目指し島根から大阪スクールオブミュージック専門学校へ行った。その頃やっていた弾き語りを当時のSaucy Dogメンバーに気に入られて誘われ、Saucy Dogに加入した。音楽専門学校で入学当初はギターコースを選択したが学内で組んだバンドでヴォーカルをした際に自分の歌唱に満足がいかなかったため、悔しさのあまりヴォーカルコースへ編入した。

唯一のオリジナルメンバーであり、メンバー全員が脱退した後もSaucy Dogという名前を一人で守り続けてきた。ライブの振る舞いに対してファンから好意的な意見が多い。

narumi
narumi
@narumi

目次 - Contents