ルフィの母親は既に登場している?ポートガス・D・ルージュが母親の可能性を考察【ONE PIECE(ワンピース)】

ルフィは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物であり主人公。麦わら帽子がトレードマークで、海賊王になるという夢を叶えるために海へと乗り出した。
ルフィの家族で本編に登場しているのは祖父のガープ、父のドラゴン、義兄のエースとサボ、そして育ての親のダダン。しかし母親に関しては一切語られていない。この記事ではルフィの母親をポートガス・D・ルージュと考察する。

出典: www.google.com

ルージュがガープの娘である根拠

●ガープはロジャーの話の途中では渋っていたのに、保護を実施した ※これだけでほぼ確定的
●ルージュを保護してくれるガープをロジャーが確信
●出産前のルージュが海軍のガープを見ても安心している(悪魔の実をくれた父ガープだと分かっていたから)
●ガープが来た途端に出産。(待っていた証拠)
●出産後にもガープが部屋にいて、ルージュは安心・感激している。
●自分の寿命が尽きることが分かっていても、全面的に赤子を託せる相手としてガープを認識。
●ビッグ・マムとガープの子に位置する7女に空欄
●1年以上ずっと、ガープの気持ちが揺らがなかった。

●ルージュがガープに対し、「子供をお願いします」とか依頼をしない
●ルージュがガープに対し、「本当に貴方を信じて大丈夫ですか?」ような問いかけをしない

そんな事しなくても父親ならばやってくれると信じ切っている。依頼や問いかけすら不要な間柄。産めて嬉しいという態度を見せるだけで成立。

●ロジャーはガープに依頼しているが、ルージュはガープへの依頼自体が不要となると、ロジャーよりもルージュの方がガープに近い間柄。

○ルージュが産んだのはルフィだが……
●エースにせよ、ガープと似ている
●エースを異常に可愛がるガープ
●エースにせよ、センゴクから「家族」と扱われる
●エースを助けようとしたり、エースの死でガープは本気の涙
●エースに関し、ダダンがガープへ「家族だろ」と語る

【ここでイラスト描きさんへお願い】
ロジャー、ルージュ、エースの3人が集まった絵を描いたりせず、ロジャー&ルージュには真の子ルフィが加わった絵を公開して欲しい。ガープがいてもいい。

【名前トリック解説】
「ルージュが付けたがっていた名前エース」と「実際に付いた名前ルフィ」とを、読者へ混同させるトリックがある。エースという名は、ルージャやロジャーが付けたがっていた名前であって、実際にはガープがルフィと名付けたというカラクリ。

ボニーがガープの娘である根拠

●食いっぷりが一致
●大喰らいの大はビッグ・マムで、喰らうの擬音は「ガプ」
●拳骨のガープに対して、骨=bone → 女なので bonney
●ボニーの息子だと特定したエース、ジェム、ベラミー、バルトロメオにガープと共通点
●ボニーの子だと特定した、カクとサディが猿に関わる
●ビッグ・マムとガープの子に位置する5女に空欄
●ガープの孫息子ルフィとボニーが似ているので近親(母兄=ぼにい)
●史実のボニーの父親は政府高官
●ボニーと双子だと特定したダダン(アン)の父親をガープだと特定できる
●ガープの娘だと特定したルージュの能力を得ている

出典: www.google.com

ダダンがガープの娘である根拠

●体格がガープ
●身内を不意打ちで激しく殴る癖
●ガの濁点「゛」をリが小さくなった字だと解釈すると、ガープ → カーリーノ○
●拳骨の拳に対して、手がたくさんある女神カーリー。
●史実のアンの父親は政府高官
●ダダンはボス猿と呼ばれる
●そもそもガープがエースを預けに行った、赤子を預けられる信頼度合い
●ルフィまでも預けた
●ダダンの方も子育てを引き受けた
●山賊という犯罪者なのにガープが取り締まらない
●ロジャーやルージュから託されたのに、更にアッサリ預けて当然なガープの態度(ルージュやボニーも納得できる関係)

出典: battle-one.com

ガープの幼少期

●ガープは少年時代に山賊同然

●ガープがダダンに金を払ったりしない
●ダダンがエースを人質にして、ガープを脅したりしない
●ガープの兄スラップ村長がダダンの家に遊びに行くなど山賊相手に付き合いがある(親戚付き合い、村長の姪がダダン)
●ガープの兄スラップ村長が山賊ダダン相手に口喧嘩(ダダンは姪なので命を奪ったりしてこない確信が村長にある)
●村長もダダンの居場所を海軍に通報したりしない
●ダダンの方もガープが捕まえないことをほぼ確信(信用している)
●ビッグ・マムとガープの子に位置する4女に空欄
●エースの死後、ダダンがガープの家族に介入
●ガープが殴られても反撃しない(むしろ殴られにやってきた。ダダンの気持ちにフォローが必要な深い関係)
●ガープを殴っても反撃しない事をダダンは分かっていてた(もし、ダダンがガープの方が強いと認識していたら攻撃はおかしいし、ガープの方が強いと思っていなかったら、子育てを拒否すれば良かった)

【数学的アドバイス】
各キャラに10~20の証拠があるが、1つでも正解していれば説が成立。決定的な証拠が1つあるだけでも成立したも同然。
証拠の数が多い場合、1つ1つの証拠がいまいちでも、確率の計算上は説が成立する。数学が得意なら、この話はすぐに理解できる。数学が苦手な場合には、丸暗記してもらいたい。間違っても「全ての証拠が完璧である必要がある」なんて思ってはいけない。「1つでも優れた証拠があれば成立同然で、変な証拠でも成立の確率を上げる要素」が正解。完全に間違っている証拠は、加算分がゼロになるだけで、説の成立に対してマイナスにはならない。

例えば、ルージュの得た悪魔の実はガープではなくロジャーから受け取っていたとする。当チャンネルの根拠の1つは間違いだ。しかし、「ガープの娘がルージュ」という真相は全く変わらない。

【ガープがルージュに悪魔の実を渡した根拠】
まず、能力の性質を特定したい。寿命移動の能力だと考察。寿命を失うと老い、寿命を得ると若返る。これはイムや五老星が、奴隷とかに使わせるような能力。能力者はイムとかに寿命を提供して寿命が尽きて死亡する。寿命の吸い上げをイムたちは繰り返していて、そのことをガープは知っているのだ。海軍将校の上層ならば、ある程度自由に動ける。天竜人から悪魔の実を盗めるのは、ロジャーよりもガープが的確。もちろん、天竜人の情報そのものはロジャーから聞いていたのだろう。

ボニーがルージュから能力を継承したわけだが、海軍の赤犬はボニーを捕まえてホッとしている。元々、天竜人が管轄する能力だからこそ、ボニーの確保で安心したのだ。

【ボニーと くま】
別まとめに「近い血縁は無い」と詳しく語っているので、当まとめでは、ジョーク調で語る。
ボニーとくまのシーンが出た時期は、当チャンネルが「ボニーはエースの母親でガープの娘だ」と完璧に証明した後。すなわち、ボニーとくまの、結局は何も定まっていない変なシーンが出たことこそが、「ボニーはエースの母親でガープの娘」である更なる証拠になった。

ルージュはビッグ・マムの娘

マガジン4より

ビッグ・マムのニセ娘リストが紹介される前に、ちゃんと「大幅に変更」と記してある。ルージュを紹介したら、強烈なネタバレだもんね。

要約すると「本編の内容ではない。大幅に変更した本編が別個に存在」というわけだ。

購入者は「本編の娘たち」を見たいはずなのに、全く別の構想資料と称した偽者たちをつかまされている。せめて「大幅に変更なんて無い状態の構想資料」ならともかく。

構想から変更があったことなんてどうでもよく、スマートに「本編の娘たち」を教えてくれない時点で、本物を隠したいからこそ。

コミックの読者コーナーでは、普通に「本編の話」が語られる。例えば、3女アマンドは本編の話として語られた。

出典: www.amazon.co.jp

7女がルージュ。
ニセ7女が紹介されている関連書籍は、「構想資料」を利用したルフィ母を隠すための誤誘導。グッズのビブルカードには偽者達は出てこない。

ビッグ・マム21女にプラリネがいて、金髪ソバカス女。現実にはプラリネ・ルージュという菓子がある。

ビッグ・マムは幼少期にはソバカス。

出典: comiblo.com

用済みと夫を捨てるリンリン

ガープも用済みにされた。
性格が悪い女と結婚は無いのではなく、結婚したら性格が悪かったのでガープは捨てられたのが正解。もちろん、ガープが逃げていてもいい。

パウンドが捨てられるシーンだが、パウンドの方は冷たく捨てられるとは思っていなかった。つまり、ラブラブの夫婦だった。

リンリンが夫を次々と変えていることは、結婚時のパウンドは知っている。にもかかわらず、別れが想定外ということは、相当にラブラブだったのだ。

ガープも本気になり、4人の子供を作った。
アン(ダダン)
ボニー(エースの真の母)
デボン(サボの真の母)
ルージュ(ルフィの母)

デボンとルージュの双子(出産日は異なる)を妊娠させた後、ガープが逃げたり、捨てられたとか。ガープは娘の名前や性別すら知らずに別れた。ダダンはガープを父親とは認めない。物心ついてから自分の側に居たためしがないのだから。

【ビッグ・マムの子は85人】
どうして85人も子がいて、更に孫だらけのキャラ・リンリンを作者は登場させたのか? ルフィやルージュをその中にこっそりと紛れ込ませるため。夫の43人にしても、こっそりとガープを仕込むため。

木は森に隠せ(木の葉を隠すなら森の中)ということわざがある。ビッグ・マムの子の中に、ルフィの母親を入れるというのは、隠す時にやってしまいがちなトリックだ。しかし、一定水準を超える冴えた考察者の前では、むしろ、森(夫が43人で85人も子供がいる)を用意していることこそが極めて不自然。森そのものが、とにかく目立ってしまい、集中的に捜索することに繋がり、当チャンネルでは43人の夫の全員と、85人の子供全員を特定した。木を隠すには森だが、作者は森を隠すトリックを用意していなかったというわけだ。そして、森と言っても、木の数(43と85)が決まっているので、全部チェックすればいいだけの話。そして、43という数は「ルフィのそれまでの物語で、格のある男性キャラ数」とほぼ一致するスケールなので、当チャンネルには即バレだった。85という数から明確に登場した子供の数を引いた数は「ルフィのそれまでの物語で、目立って関わったキャラ数」に余裕で吸収されるスケールとなる。

更には、木(ビッグ・マムの直接の子)を特定すれば、枝(更に子供)も特定しやすくなる。エース、ルフィ、ペローナ、ベラミー、カクなど、芋づる式にビッグ・マムの孫が特定できた。

renote.jp

気絶の仕方が同じ

同じく海に落ちる2人。
ビッグ・マムは記憶喪失に。ルフィも記憶の混乱がアニメで起こる。

ビッグ・マムとルフィの共通点なんて、当チャンネルが示さなくても、読者の方でいくつも見つかろう。

www.youtube.com

89巻より

ルフィの母のママだから、ハハハハママママという笑い方のリンリン。
ビッグ・マムという異名も、グランド・マザー(偉大な母=英語の祖母)で、ルフィの婆ちゃんを示している。

ルフィはマム8女のブリュレ(鏡能力)を「eda」と呼ぶが、鏡に写してeだけ回転させるとobaになり、叔母というワードが浮き出る。ルフィの祖母はビッグ・マム! 自動的にガープの妻がビッグ・マム。

出典: onepiece.wikia.com

シャーロット・リンリン(6歳)

ソバカス娘リンリン。
魚人っぽい歯、ルフィも魚人の血だから歯が再生する。
ビッグマムはビッグキスの魚人の血。しらほしの祖母でもある。

マムからマの右の棒をずらすと「キ」、ムの下棒を上に移動すると「ス」。マム → キス

構想資料でデタラメの子供が紹介される理由は、実はルージュを隠すためだけでなく、しらほしの母オトヒメ、ナミ、ロビンの母オルビア、サンジの母ソラ、ビビの母ティティ、エースの母ボニー、サボの母デボンなど、とにかく麦わらの一味やこれまでのキャラがマムの子孫だと知られないように。

ビッグ・マムと瞳の色が一致

ソバカス女ルージュ。
ルの字の跳ねを除去するか回転で「リ」、ジには「ン」のパーツ。

ちなみに、ナミもビッグ・マムの娘。ルージュはナミの姉でもあるので、ナミの瞳の色と一致。というか、リンリンとナミの瞳色も一致。

出典: onepiece.wikia.com

ルージュの祖母(リンリンの母)

むしろマムの母親とルージュとが似ている。

ルージュやボニーの婆ちゃん。
ルフィやエースのひい婆ちゃん。

次は特定までには至らないが、ココロの母親でもあり、バッキンの姉だと考えている。リンリンとココロの顔は近いし、バッキンとリンリン母の前髪がパッツンで同じ。

ダダンはルージュの姉

リンリンやルージュと瞳色が一致というか、髪色、瞳色、顔の造形がナミとそっくり。男を強く殴る癖も共通。ナミの母親を探している人は、ダダンを無視してどこを探しているのだろう? 実際には姉にせよ。

ルフィやエースが、なぜダダンの所に押し付けられたか? この血縁関係で完璧。甥達ならば、渋々にせよダダンは面倒を見ねばならないし、打ち解ければ家族だ。

ガープに「ワシに育てられると思うのか?」と言われれば、ダダンは引き受けることに。その道理だが、ガープは娘のダダンを全く育てられていない。そんな男がエースを育てられるわけがないのだ。

ナミはビッグ・マムの娘で、フランキーとチョッパーはビッグ・マムの息子だと考察。

ナミ……ガン・フォールとの娘
フランキー……ベガパンクとの息子
チョッパー……ミヤギ(ミンク族の医者)との息子 ※動物と魚人の遺伝子で変なトナカイに
キャロット……ネコマムシとの娘 ※やたらチョッパーがアニキ面するのは、実の兄だから

ルージュの姉にはオルビア(ロビンの母:過熟児で産まれた)、鬼夫人アマンド(ゾロの母)、ルージュの妹にはソラ(サンジの母)がいる。

ちゃーんと、そこだけビッグ・マムの子供に空きがある。ビッグ・マムは物語の中盤以降に作者が編み出したのではなく、連載開始前からのキモ。骨の姿の音楽家というキャラ(ブルック)にも連載開始前から構想の絵が存在していた。

なお、当チャンネルが暴いてしまったので、作者は後出しで、次女モンデ(構想段階)のような反則級の誤誘導を実施。当チャンネルに対抗した誤誘導なので、当チャンネルと愛好者以外は、まず解けないパズル。

グッズのビブルカードにはビッグ・マムの子の偽者達は出てこないと語ったが、当チャンネルが「偽者」と疑ったキャラは、本当に誰一人としてカードになっていない。ビッグ・マムの娘だけでなく、息子も偽者はカードになっていない。

【テストで0点を取る確率】
次の話は数学が得意とか、金田一少年の事件簿などで、トリックを色々と知っている前提でないと理解しにくいかも。

コミックだけでビッグ・マムの娘達と息子達を埋めてゆくと、空欄が発生する。この空欄は30人くらい(正確には28人)になり、要するに「ビッグ・マムの子だと作者が読者に知られたくないキャラ」となる。当チャンネルは誰が入るのか「全ての空欄に対して」考察した。位置(26女など)が間違っていても、キャラが合っていれば正解と判断する。「正解数ゼロ」なんて状況は確率的にあり得ないことは理解できるだろうか? しかし、「本編ではない構想段階の資料」と照らし合わせると、実は当チャンネルの特定したキャラは、1人も正解していない。テストでいうと、0点というわけだ。例えば、「14人は正解して、14人はハズレ」「23人も外したけど、5人は正解だった」「コアラとアルビダだけは正解していた」のようなことが起きず、全滅となる。

一方、解答(構想資料)では矛盾が30個くらいある。

この現象は「知られたくない人」が、知られたくない部分全てに偽者を用意した場合に発生するのだ。

renote.jp

マガジン4、5の構想資料……。
せっかく、関連書籍を買ってくれた人まで、だまし討ちのようなワンピースのトリック。
そこまでして隠したい対象は、「名前のあるほとんどのキャラはイムとジーベックの子孫」という真相。大昔のキャラ(カルガラとかノーランド、オーズ、リューマ、ズニーシャ)も現在のキャラの先祖という形で親戚。

当まとめは、単純にロジャーとルージュの息子がルフィで、祖母がビッグ・マムという話をしたいのではない。ロジャーやビッグ・マムすら、イムやジーベックの子孫という話なのだ。

renote.jp

renote.jp

yuriiii312
yuriiii312
@yuriiii312

Related Articles関連記事

ONE PIECE(ワンピース)のネタバレ解説・考察まとめ

ONE PIECE(ワンピース)のネタバレ解説・考察まとめ

『ONE PIECE』は『週刊少年ジャンプ』にて連載されている尾田栄一郎による漫画作品。海賊王を目指して「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める主人公「モンキー・D・ルフィ」を中心に仲間との友情や夢、バトルなどの海洋冒険ロマンが描かれている。また、2015年に「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスにも認定されているほど人気の高い作品である。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ONE PIECE』は、尾田栄一郎によって『週刊少年ジャンプ』に1997年34号より連載されている漫画作品。 時は大海賊時代。主人公「モンキー・D・ルフィ」は海賊王を夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探しに海に出る、海洋冒険ロマン。夢への冒険、仲間たちとの友情といったテーマで展開される深いストーリー、心を動かす名言の数々は日本中のみならず海外でも高い評価を得ている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の悪魔の実まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の悪魔の実まとめ

『ONE PIECE』とは、週刊少年ジャンプにて長期連載中の大人気少年漫画。海賊王になることを夢見る少年モンキー・D・ルフィが、仲間とともに大海原を大冒険する。『悪魔の実』によって手に入れた能力で繰り広げられる数々のバトルは、この漫画をさらに面白くさせている。今回は、その『悪魔の実』についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のロックス海賊団まとめ

ONE PIECE(ワンピース)のロックス海賊団まとめ

『ロックス海賊団』とは、『ワンピース』に登場した伝説の海賊団である。 後に名を成す海賊たちが多数在籍しており、その当時は『最強の海賊団』として世界に名を轟かせていた。船長のロックス・D・ジーベックは、海賊王であるゴールド・ロジャーの『最初にして最強の敵』とされていた。 すでに壊滅しているが、船長を失っても力を増していると言われている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の海賊船・軍艦・客船まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の海賊船・軍艦・客船まとめ

『ONE PIECE』は1997年から『週刊少年ジャンプ』にて連載が開始された、尾田栄一郎による海賊を題材とした海洋冒険漫画。 世界中の海を海賊が行き交い、様々に活躍する大海賊時代。主人公モンキー・D・ルフィは海賊王になることを夢見て故郷を飛び出し、仲間と共に大海原へと、冒険の旅へと臨んでいく。 舞台が海洋であるだけに、作中には数多くの海賊団、海軍、民間の船乗りが登場し、それぞれが個別に個性豊かな船舶を所有している。本記事では『ONE PIECE』に登場する多種多様な船舶を紹介していく。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のDの一族まとめ

ONE PIECE(ワンピース)のDの一族まとめ

Dの一族とは、尾田栄一郎の漫画作品『ONE PIECE』に登場するキャラクターたちである。海賊王を目指す少年モンキー・D・ルフィを始め、作中で時たま「D」のミドルネームを持つ者が現れる。彼らは「Dの一族」或いは「Dの意思を継ぐ者」とも称される。Dの一族には、権力に縛られない自由な気風を持つ人物が多く、世をひっくり返すほどの海賊や革命家が多く存在する。たびたび「Dはまた嵐を呼ぶ」との意味深な表現がされており、作品世界を支配する組織・世界政府からは危険視されている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の王下七武海まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の王下七武海まとめ

『ONE PIECE』とは尾田栄一郎の漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。時は大海賊時代。ワンピースと呼ばれる宝と海賊王の名を巡り、主人公モンキー・D・ルフィと仲間たちが冒険をし、時に海軍や他海賊と戦闘する。王下七武海とは、海軍と手を組んだ大物海賊たちを示す。それぞれの野望や思いを胸に海賊行為を行う七武海は、その戦力や個性、バックボーンにより、物語に花を添える存在である。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の海賊旗まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の海賊旗まとめ

『ONE PIECE(ワンピース)』とは、尾田栄一郎による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 海賊王に憧れるモンキー・D・ルフィが「ひとつなぎの大秘宝(=ワンピース)」を見つけるために仲間と共に冒険を繰り広げる。迫力のあるバトルシーンだけでなく、ギャグシーン、仲間との友情を描いている。『ONE PIECE(ワンピース)』において、1つの海賊団につき1つの「海賊旗」が存在し、作中では様々な海賊旗が登場する。

Read Article

【ONE PIECE】ジュエリー・ボニーとルフィ&エースの関係の徹底解説・考察まとめ【ワンピース】

【ONE PIECE】ジュエリー・ボニーとルフィ&エースの関係の徹底解説・考察まとめ【ワンピース】

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する女海賊、ジュエリー・ボニー。彼女は主人公モンキー・D・ルフィやその兄ポートガス・D・エースと深い関係にあるかもしれない。「大喰らい」の異名をもつ彼女。一見がさつに見える彼女は、物語の中で何か深い過去を想像させるような謎めいた行動を見せる。ストーリー上やキャラの元ネタなどから紐解いていく内容と解説。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の革命軍まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の革命軍まとめ

『ONE PIECE』とは、尾田栄一郎による漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。海賊王を目指す少年・モンキー・D・ルフィが、ひと繋ぎの大秘宝ワンピースを求め仲間たちと冒険を繰り広げる。夢、冒険、バトルと少年漫画王道の要素に、差別や戦争といった社会問題を加えた独自の作風で世界的人気を得る。革命軍とは、『ONE PIECE』に登場する組織であり、800年に渡りこの世界を支配してきた世界政府の打倒を目的とする。直接の敵対関係である世界政府からは、海賊以上に危険視されている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の海軍まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の海軍まとめ

海軍とは、尾田栄一郎の漫画作品『ONE PIECE』に登場する海上治安維持組織である。海軍本部は「偉大なる航路(グランドライン)」の三大勢力の一つとして世界の均衡を保っている。主な任務は海賊を始めとする違法行為の取り締まりや罪人の逮捕で、悪魔の実の能力者、覇気使いといった猛者が多く所属する。「正義」の名のもとに民間人を守る立場だが、海兵の中には自らの正義を暴走させる者、正義よりも己の利益や権威を重視する者もいる。不都合な事実の隠蔽や奴隷売買の黙認など、海軍には闇も多い。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の最悪の世代・超新星まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の最悪の世代・超新星まとめ

最悪の世代・超新星とは、尾田栄一郎の漫画作品『ONE PIECE』に登場する海賊たちである。主人公のモンキー・D・ルフィも含め、海賊として旗揚げして1年も経たぬうちに懸賞金額が億を超えた11名を「超新星」と呼ぶ。これに海軍と最強の海賊白ひげとの戦争のきっかけを作ったマーシャル・D・ティーチを加えた12名が後に「最悪の世代」と呼ばれるに至った。最悪の世代たちは、互いに同盟を組む、四皇と呼ばれる大物海賊の傘下に入りながら彼らの隙を伺うなどして各々の野望に突き進む。

Read Article

光月おでん(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

光月おでん(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

光月おでんとは、『ONE PIECE』に登場するワノ国の侍で、重要人物の一人である。 破天荒だが、その大きすぎる器に多くの者が惹かれている。作品で重要な意味を持つ『歴史の本文(ポーネグリフ)』を作った『光月家』に生まれ、四皇"白ひげ"ことエドワード・ニューゲート率いる白ひげ海賊団、そして海賊王ゴール・D・ロジャー率いるロジャー海賊団に在籍した。ロジャーと共に『ラフテル』へと辿り着き、全ての真実を知った男である。

Read Article

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の必殺技まとめ

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で、多岐にわたる技を駆使しての戦いや、仲間のサポートをしている、知的でミステリアスな雰囲気の美女、ニコ・ロビンの技についてまとめてみた。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、船長ルフィと供に数々の強敵を倒し、世界一の剣豪を目指している三刀流の使い手「ロロノア・ゾロ」の技についてまとめてみた。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、海賊麦わらの一味のコックで、戦闘においても主力として一味を支えているサンジの技についてまとめてみた。

Read Article

ゴール・D・ロジャー(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ゴール・D・ロジャー(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ゴール・D・ロジャーとは、は、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。偉大なる航路(グランドライン)を制覇し、海賊王と呼ばれた男。最後の島・ラフテルへとたどり着き、すべての謎を解き明かした重要人物である。 ロジャー海賊団解散後、海軍に自首し故郷・東の海(イーストブルー)のローグタウンで公開処刑された。死の間際に放った遺言は多くの人間を海へ駆り立て、世に大海賊時代を巻き起こす。主人公のルフィもその一人である。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 夢への冒険のため、仲間のために、数々の敵の野望を打ち破り、海軍の包囲網を突破してきたのが、本作の主人公で、海賊麦わらの一味船長「モンキー・D・ルフィ」。 今回はルフィの技についてまとめてみた。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

ナミ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、巧みな航海術で仲間達をサポートし、また天候を利用した戦闘で数々の危機を乗り越えてきたナミの技についてまとめてみた。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で人間の能力を手に入れたトナカイで、多彩な力を発揮し数々の強敵を打ち負かしている、麦わらの一味の船医、トニートニー・チョッパーの技についてまとめてみた。

Read Article

ウソップ・そげキング(ONE PIECE)の必殺技まとめ

ウソップ・そげキング(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、臆病で口八丁な性格ながらも、機転を効かせ様々な敵を打ち負かして来た、海賊麦わらの一味の狙撃手ウソップの技についてまとめてみた。

Read Article

ビッグ・マム/シャーロット・リンリン(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ビッグ・マム/シャーロット・リンリン(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ビッグ・マム/シャーロット・リンリンは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。 偉大なる航路(グランドライン)の後半の海・新世界に皇帝のように君臨する4人の大海賊・四皇の内の1人。お菓子の為なら一国を滅ぼしてしまう凶悪な人物。43人の夫を持ち、その夫との間に85人の子供を産んでいる。その子供達とビッグ・マム海賊団を結成しており、その船長を担っている。

Read Article

フランキー/カティ・フラム(ONE PIECE)の必殺技まとめ

フランキー/カティ・フラム(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、サイボーグである自身の特性を活かした戦法で、数々の敵との戦闘を行なっているフランキーの技についてまとめてみた。

Read Article

トラファルガー・ロー(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

トラファルガー・ロー(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

トラファルガー・ロー(本名:トラファルガー・D・ワーテル・ロー)とは、『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。主人公モンキー・D・ルフィと同時期に台頭してきたルーキー海賊・超新星(最悪の世代)の一人。ハートの海賊団の船長であり、新世界編突入時は王下七武海になっていた。 新世界編では、ルフィ率いる麦わらの一味と同盟を組み、強敵たちと激戦を繰り広げる。ルフィと同じく「D」を名に持つ「Dの一族」であり、物語の重要人物である。

Read Article

ブルック(ONE PIECE)の必殺技まとめ

ブルック(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、「ヨミヨミの実」の力で死後魂となり、黄泉の国から復活したガイコツで、素早い剣術から多くの敵を打ち負かしてきた音楽家、ブルックの技についてまとめてみた。

Read Article

ジンベエ(ONE PIECE)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ジンベエ(ONE PIECE)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『週刊少年ジャンプ』で大人気連載中の海賊漫画『ONE PIECE』。 長い連載の中で、魅力的なキャラクターが多数登場しており、それらのキャラによる夢・絆・信念に基づくセリフは読者の心を震わせてきた。 今回は、その侠気ある性格から人気が高い「海峡のジンベエ」の名言について紹介する。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ゾロとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の三刀流の剣豪。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な剣術を用いて戦闘を行う。 黒い手ぬぐい、左目の傷、腹巻き、左耳のピアスが特徴。冷静沈着で、剣士としての誇りを持っている。一味の中では副船長のような立場にある。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ヴィンスモーク・サンジとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』のコック。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な脚技を用いて戦闘を行う。大の女好きであり、綺麗な女性に対してはたとえ敵であっても目をハートにして優しく接する。幼少の頃に極度の飢餓を経験した事から、食べ物を粗末にする事を決して許さない。全ての海の魚が集うとされる『オールブルー』を夢見ている。

Read Article

黒ひげ/マーシャル・ D・ティーチ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

黒ひげ/マーシャル・ D・ティーチ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

マーシャル・ D・ティーチ(通称:黒ひげ)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 かつては大海賊・白ひげ海賊団の船員であり、今では『新世界』に皇帝のように君臨する海賊『四皇』の1人に数えられている。ルフィの義兄弟・エースが死ぬことになった原因を作った、ルフィ宿敵の相手である。作中で唯一、悪魔の実の能力を2つ所持している人物である。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ナミ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ナミとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の航海士。幼少から学んできた航海術と、身体で気候の変化を感じ取る才能で『偉大なる航路(グランドライン)』のデタラメな気候を乗り越える。 整った顔立ちと、魅力的なスタイルの持ち主。金には意地汚く、金銀財宝を目の前にすると、人が変わる。

Read Article

カイドウ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

カイドウ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

カイドウとは、【ONE PIECE】に登場する海賊である。 「偉大なる航路(グランドライン)」の後半の海「新世界」に皇帝のように君臨する4人の海賊「四皇」の1人。『世界最強の生物』と呼ばれる人物である。 ワノ国将軍・黒炭オロチと手を組み、ワノ国を牛耳っている。強大な軍勢を築いて世界を巻き込む戦争を引き起こそうとしている。

Read Article

白ひげ/エドワード・ニューゲート(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

白ひげ/エドワード・ニューゲート(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

白ひげ/エドワード・ニューゲートとは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。 海賊王ゴール・D・ロジャーと渡り合った大海賊。新世界に皇帝のように君臨する4人の海賊四皇の1人。悪魔の実「グラグラの実」の能力者で「世界最強の男」と称されていた。 ロジャー、エース、おでんといった重要人物と大きく関わっている。マリンフォード頂上戦争の戦いで死亡した。

Read Article

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ニコ・ロビンとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の考古学者。ハナハナの実の能力者で、自由に身体の一部を咲かせる事ができる。 考古学の聖地『オハラ』の唯一の生き残り。8歳にして考古学者になり、ポーネグリフの解読を可能にした天才。現状、ポーネグリフを解読できる唯一の存在であり、物語の中で重要な役割を担っている。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

モンキー・D・ルフィとは、『ONE PIECE』の主人公であり、麦わらの一味の船長である。 左目の下の傷と、麦わら帽子が特徴。『ゴムゴムの実』を食べ、全身がゴムの『ゴム人間』になった。命を救ってくれた恩人・シャンクスに憧れ、海賊となった。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した『ひとつなぎの財宝(ワンピース)』を求めて海に出て、様々な冒険を繰り広げる。

Read Article

ウソップ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ウソップ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ウソップとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の狙撃手。長く伸びたピノキオ鼻が特徴。 卓越した狙撃の腕前でパチンコを駆使して戦う。 臆病者で嘘つき。戦闘に関しては自信がなく、逃げ出そうとする事が多い。だが、仲間の為や誇りの為ならば身を切って戦おうとする一面もある。

Read Article

目次 - Contents