【龍が如く】もはやキャラ崩壊! 伝説の極道、桐生一馬のネタセリフ【画像&解説付き】

極道をテーマにしたゲーム『龍が如く』シリーズ。 硬派なゲームの印象がありますが、実はお遊び要素・おふざけ要素もかなり強く、バカゲー的な楽しさも兼ね備えています。 このまとめでは豊富なセリフ選択肢の中から、ネタ系セリフを紹介していきます。

『龍が如く』シリーズについて

セガが開発・発売しているアクションアドベンチャーゲーム
主人公・桐生一馬と欲望と暴力の渦巻く神室町を主な舞台とし、愛・人情・裏切りのドラマが展開される。

出典: dic.nicovideo.jp

主人公・桐生一馬
元・極道で、親殺し(自分が所属する組の組長を殺害する事)の汚名を着せられて組を破門される。
しかし極道絡みの事件に巻き込まれ、後に”伝説の極道”と呼ばれるようになる。

正義感と仁義に篤く、彼に憧れて極道に足を踏み入れる者も大勢いる。

出典: dic.nicovideo.jp

硬派でありつつ、かなりお遊び要素が強い!

”ヤクザをテーマに桐生さんの生き様を描く”と聞くと、いかにも硬派で入りにくい作品のように思うのではないでしょうか。
それが原因で敬遠している人もいるかもしれません。

しかしそれは大きな間違いです!

主人公の桐生さんは確かに硬派ですが、それ以外の部分はかなりお遊び要素が強い。
ミニゲームやサブイベントが豊富であり、サブイベントには完全におふざけなイベントも多い。
全力で笑いを取りに来るゲームです。

ネタ系セリフも多い!

龍が如くには選択肢でセリフを選ぶシーンが数多くあるのですが、実はネタ系の選択肢も多く、面白いセリフがたくさんあります。

プレイヤーの選択次第ではとんでもない天然と化すなど、キャラクター的にも魅力溢れる人物である。

出典: dic.nicovideo.jp

【おっぱい大好き桐生ちゃん】

『2』のサブイベントにて、”謎の店”に入店した桐生さん。
出迎えてくれたお姉さんは桐生さんにある質問をするのですが……。

なんという質問でしょう。

質問に対する選択肢が出ますが、一番下に酷いものが見えます。
硬派で男気溢れる桐生さんがそんな事を言うはずがありませんが……。

こ れ は ひ ど い

権力や暴力には決して屈しない桐生さんも、プレイヤーの意思には逆らえません。

この後にヤクザ達との喧嘩が始まり、最後はカッコいいセリフで締められるのですが、この「おっぱい、おっぱい」を聞いてしまうと笑いしか起きなくなってしまいます。

【音楽に厳しい桐生さん】

『2』のサブイベント。
街を歩いていると、ラッパー志望の青年に出会い、自作のラップを聞かされます。
その感想を求められるのですが……。

なんとシンプルな評価。
「メロディにアレンジが足りない」だとか「勢いだけで歌詞の作りこみが甘い」といった評価はややこしい。
評価はシンプルに、『最高』か『最悪』か。

「最悪だ」

半端な優しさはミュージシャンの腕を狂わせる。
悪いと思ったら悪いと言う。
さすが桐生さんです。

【バナナ(意味深)が自慢の桐生さん】

『2』のキャバクラでの会話。
席についたキャバ嬢はバナナが好きと言ってきました。

ゲームシステム上しょうがないとはいえ、自分から話を振ってくるとは相当バナナが好きなようです。

本物のバナナだけじゃなく、バナナのぬいぐるみでも好きだと言うキャバ嬢、ゆま。
この話題に対して桐生さんが返す言葉は……。

俺のバナナは、い ら な い か ?

元・東城会四代目にして伝説の極道、桐生さんの貴重な下ネタシーン。
破天荒を通り越して、もはやキャラ崩壊のセリフです。

このド下ネタに対して、ゆまは恥ずかしがるのか、笑うのか、怒るのか。
どんな反応が返ってくるのかと思いきや……。

「俺の(栽培している)バナナはいらないか?」(ゆま脳内変換)

これは気付かなかったのか、気付いた上で上手く切り返したのか……。

この後には桐生さんが戸惑いを隠しつつ会話を進めるのですが、プレイヤーはそこまでの一連の流れに笑いを誘われること請け合いです。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

NEW

龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

NEW

龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

目次 - Contents