【進撃の巨人】アニ「私も恋バナがしたい」【厳選名作SS】

進撃の巨人の厳選名作SSを掲載しています。いつもクールなアニは同期達の恋バナにも無関心。しかしある時、恋愛小説を借りたことから恋の話にハマってしまい…一転して恋バナに興味津々に。

アニ「私も恋バナがしたい」

出典: 1.bp.blogspot.com

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 17:07:38 ID:4gI2437E

ハンナ「でね…フランツが…」

ミーナ「きゃー!素敵ー!」

クリスタ「ミカサ、今日のエレンとのお出かけはどうだった?」

ミカサ「うん…とても楽しかった」

サシャ「わぁーよかったですねぇ」

キャイキャイ ワイワイ

アニ「…」ペラ

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 17:08:30 ID:4gI2437E

ミーナ「アニもこっち来て恋バナしよーよー」

アニ「いい…興味ないしくだらない」

ミーナ「えぇー私たちぐらいの年頃ではかなり重要なことだよー?」

アニ「誰が誰を好きとかどうでもいい。勝手にどうぞって感じ」ペラ

ミーナ「アニも気になる男子とかいないのー?」

アニ「いない」

ミーナ「わぁ。即答」

アニ「関係ない上に興味もない話してもしょうがないでしょ」ペラ

ミーナ「話聞いてるだけでも面白いのに…そういえば何読んでるの?」

アニ「歴史書」

ミーナ「渋い…あ、じゃあオススメの恋愛小説かしてあげる!これぐらいならいいでしょ?」ゴソゴソ

アニ「(面倒くさい…)あーはいはい…そこまで言うならかりるよ…」ヒョイ

ミーナ「わーい!また感想聞かせてね!」

アニ(はぁ…さっさと読んで返そ…)ペラペラ

3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 17:09:04 ID:4gI2437E

アニ(「恋壁」…?あぁなんか一時期女子の間で流行ってたね…)ペラ

アニ(なんか頭の悪そうなカップルが妊娠するやつでしょ?面白そうだとは思えなかったけど…)ペラ

アニ(…)ペラ

アニ(…)ペラ

アニ(…)ペラペラ

4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 17:09:47 ID:4gI2437E

30分後

アニ(…///)

アニ(…はっ!なに夢中になって読んでるんだ…)

アニ(こんな毒にも薬にもならない本…)チラッ

ミーナ「えー!ハンナそれ本当!?」

ハンナ「もう!ミーナ声が大きい…」テレテレ

アニ(…ま、まぁ全部読まないで批判するのも失礼だからね…最後まで読むよ…)

アニ(…別に続きが気になる訳じゃ…)ペラ

アニ(…)ペラペラペラ

5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 17:10:18 ID:4gI2437E

翌朝

サシャ「ふぁぁ…みなさんおはようございます…ってアニ!すごい隈ですよ!」

クリスタ「わぁ!目も真っ赤!大丈夫?」

アニ「…大丈夫」ボー

ユミル「お前…ただでさえ怖い顔がさらに迫力増してるぞ…」

ミーナ(もしかして一晩中読んでたのかな…)

アニ「…」ボー

6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 17:11:01 ID:4gI2437E

アニ「…」ペラペラ

ミーナ「アニ、すっかり恋愛小説にはまちゃったね」

アニ「…」ペラペラ

ミーナ「しかし意外だなー勧めといてなんだけどすぐ突っ返されるかと…」

アニ「…」ペラペラ

ミーナ「しかもそんなに本買い込むとは思わなかったよ。私の持ってた本も全部読んじゃうし」

アニ「…ミーナ」ペラペラ

ミーナ「ん?なに?」

アニ「うるさい」ペラペラ

ミーナ「あ、ごめん…」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 17:11:51 ID:4gI2437E

アニ(いままで食わず嫌いしてたけど恋愛物がこんなに面白いなんて…!)

アニ(これは皆夢中になるはずだ…)

アニ(…ん?あれは…)

ミカサ「エレン、あの…今度の休日、また買い物に付き合ってほしいのだけど…」

エレン「はぁ?この間行ったばっかだろ?」

ミカサ「うん…だけど…」

エレン「うーん…あ、じゃあ今度はアルミンも一緒に連れてこうぜ。本屋覗きたいって言ってたし」

ミカサ「あ、そう…うん…分かった…」シュン

エレン「?なんだお前?」

ミカサ「なんでも…きっとアルミンも喜ぶ」シューン

エレン「???」

アニ(!!これは…!)

8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 17:12:42 ID:4gI2437E

アニ(全然興味なかったから意識したことなかったけどミカサってエレンが好きなんだよね!?)

アニ(二人は幼馴染!しかもミカサの片思いっぽい!)

アニ(すごい!小説みたい!今のやり取りの切なさがなんとも言えない!)

アニ(小説に限らず身近にもこんな展開があるなんて!)

アニ(いままでなんで知らなかったんだろう!)

アニ(やっば!人様の恋愛事みるのめっちゃ楽しい!)フッスー

アニ(他に…他になんかないかな?)キョロキョロ

ジャン「」ギリギリギリギリ

アニ(おぉ!)

9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 17:13:14 ID:4gI2437E

アニ(ジャンが二人を…ていうかエレンをめっちゃ睨んでる!)

アニ(そういえばジャンがミカサのこと好きなのも周知の事実!)

アニ(あ!これが俗にいう三角関係ってやつじゃない?)

アニ(なにこれ美味しい!)

アニ(いつもはエレンとジャンの喧嘩うるさいなと思ってたけど…)

アニ(そうと分かれば話は別!どんどんやれ)

アニ(これから退屈な訓練生活が楽しくなりそう!)ワクワク

ミーナ「アニ、今日はなんかいきいきしてるね…?」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 17:13:44 ID:4gI2437E

夜・女子寮

ハンナ「…それでね…フランツが…」

クリスタ「わぁーやっぱり憧れるなぁー」

ユミル「おいおい。クリスタには私がいるだろー?」

クリスタ「もーユミルったら」

ミカサ「ハンナの話は聞いてると幸せになる」

ハンナ「私の話だけじゃなくてミカサの話も聞かせてよー」

ミカサ「あ、えっと…」

ミーナ「ほらほら照れちゃって・」

サシャ「最近どうなんですかー?」

ワイワイ キャッキャ

アニ「…」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 17:14:17 ID:4gI2437E

アニ(すごい混ざりたい!皆の恋バナ聞きたい!)

アニ(でもあんなこと言っちゃって今更混ざれない!)

アニ(ていうか私のキャラ的に不自然すぎる!恥ずかしい…)

アニ(見てるだけじゃ分からないことも多いし…ハンナとフランツの恋愛事情も知りたいけど…)チラッ

ワイワイ キャッキャ

アニ(無理!あの空気に馴染める気がしない…)

アニ(私も恋バナ聞きたい…でもそんな話ができる人なんて…)

アニ(…)

アニ(あ、ライナーとベルトルト…)

アニ(…)

12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 17:14:48 ID:4gI2437E

アニ(ないわー…自分で考えといてないわー…)

アニ(あいつらが好きな人云々話してたらなんか…)

アニ(なんか想像するだけで…)ウヘア

アニ(ん、なんだろうこの感覚…知ってる…)

アニ(…あ、これあれだわ)

アニ(両親が凹凸して自分が生まれたと知ってその凹凸をうっかり想像した時の気持ちだ…)ウヘア

アニ(身内の恋愛事情は知りたくないわー…)ウヘア

アニ(…うまい具合に人の恋バナを聞く方法は無いものか…)

23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 19:57:10 ID:JQLr3B1E

ミーナ「あ、そういえばトロスト区にはよく当たる占い屋さんがあるんだけど皆知ってる?」

クリスタ「え?そんなのがあるの?聞いたことないや」

ミーナ「ちょっと路地の裏にあるから見つけにくいんだけどね」

サシャ「さすが地元民は詳しいですねー」

ミーナ「特に恋愛占いはすごいらしよ!ミカサも占ってもらったら?」

ミカサ「是非…と言いたいけどそういうところは料金が心配…」

ユミル「確かに。たかが相談聞いて助言するだけなのに高すぎるよな」

アニ「!」

ミーナ「あー…そうかも…また機会があったら行ってみるといいかもね」

ハンナ「もっと気軽にいけるならいいのにねー」

アニ「…」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 19:58:00 ID:JQLr3B1E

アニ「…」

アニ「ひらめいた」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/10(火) 17:15:24 ID:TEkMJp5A

カーンカーン

ライナー「よし。終わりか」

ベルトルト「訓練と比べると技巧はだいぶ楽だよね」

ライナー「そうだな。さて、早く寮に戻って休むか」

ベルトルト「うん…」チラッ

アニ「」ガサガサ

ライナー(こいつまたアニのこと見てるな…ていうかアニもなにしてんだ…)

ベルトルト「あ、行こうか。ライナー」

ライナー「ん?おう」

スタスタ

アニ「廃材ゲット」ガサガサ

28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/10(火) 17:15:56 ID:TEkMJp5A

次の日

アニ「」ヨッコラ ヨッコラ

ベルトルト(なんだあれは)

エレン「おい、アニの奴、珍しく倉庫の掃除当番やってるぞ」

アルミン「これまた大きな箱抱えてるね。何が入ってるんだろ?」

エレン「どうせガラクタかなんかだろ。あそこの倉庫はゴミしか置いてないし」

アルミン「あはは、確かに。一気に整理でもすんのかな?」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/10(火) 17:16:36 ID:TEkMJp5A

裏庭

トンカン トンカン

アニ「よし。こんなものかな」

アニ「後は倉庫で見つけた古いカーテンで仕切って…」バサバサ

アニ「…うん…うん!いい感じ!」

アニ「あとは看板を…」ヨイショ

【マドモアゼル・玲音の館】

アニ「」フーッ

30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/10(火) 17:20:19 ID:TEkMJp5A

ミカサ「今日もエレンにうるさいって言われた…」ショボン

ミカサ「私はエレンが心配なだけなのに…なんで上手くいかないんだろう…」トボトボ

ミカサ「…あ、掲示板…なんか連絡事項貼ってあるだろうか…」

ミカサ「…?これは…?」

勉強・ 恋 愛 ・人間関係…
キビしい訓練生活の中で悩みを抱えているそこのあなた!
マドモアゼル玲音がお悩み解決に尽力いたします(`・∀・´)

マドモアゼル・玲音の館
場所 訓練所裏庭

料金はいただきません。まずはお気軽にお越しください☆

31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/10(火) 17:21:09 ID:TEkMJp5A

ミカサ「占い屋さん…?しかも訓練所内に…?」

ミカサ「なぜ恋愛って文字だけやたら大きいのか分からないけど…」

ミカサ「…」

ミカサ「…お金とらないんだ…」

ミカサ「…」

ミカサ「…試しに行ってみようか…」

32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/10(火) 17:21:44 ID:TEkMJp5A

裏庭

ミカサ「ス○ーピーに出てくるルー○ーのカウセリングみたいなのが建ってる…」

ミカサ「カーテンがあるから向こう側が見えないけど…」

ミカサ「マドモアゼルはいるのだろうか…すいません。相談に来たのですけど…」

マドモアゼル「いらっしゃい。もしかして恋の悩みかい?」

ミカサ「な、なぜ分かったの…?」

マドモアゼル「私は一目見るだけでその人の悩みが分かるのさ。あんたの思い人はエレン・イェーガーだろう?」

ミカサ「!?まさかそこまで分かってしまうなんて!」

マドモアゼル「…さて、ここに来たということは何か悩みがあるんだろう?話してみなさい」

ミカサ「あ、はい…」



33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/10(火) 17:23:07 ID:TEkMJp5A

マドモアゼル「…ふんふん。なるほど。それはあんたの振る舞いに問題があるね」

ミカサ「え、そうなんですか…?(めちゃくちゃ根掘り葉掘り聞かれた…)」

マドモアゼル「あんたは押し過ぎなんだ。押してばっかりじゃ男はどんどん逃げて行ってしまうんだよ」

ミカサ「!?それは困る!」

マドモアゼル「そうだろう?そこで提案だ。押してダメなら引いてみな、って言葉があるだろう?」

ミカサ「…?えぇ…」

マドモアゼル「いままでずっと自分について回ってた女がある日急に距離を置くようになったらどうなると思う?」

ミカサ「…さぁ…」

マドモアゼル「自分から離れないと思って安心していたのに距離を置かれて急に焦り出すってのはよくあることなんだ」

ミカサ「?」

マドモアゼル「ま、要するにちょっと離れて様子みてみたらいいんじゃないか?他の男と話してるのを見せてもいいかもね」

ミカサ「え…でも…そんな試すようなこと…」

マドモアゼル「じゃあずっと現状維持でいいのかい?それだとなにも変わらないままだよ?」

ミカサ「…頑張って…みます…」

マドモアゼル「…」ヨシ!

39 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/11(水) 00:04:43 ID:boafqZ46

アニ「恋愛小説で得た知識がこんなところで役に立つとは」

アニ「相手を嫉妬させてアピールするのはなかなか美味しい展開だよね」

アニ「あのエレンがどう動くか楽しみだ…」

アニ「面白い展開も見れそうだし、恋バナもじっくり聞けるしで一石二鳥だね」

アニ「この調子でどんどん行こう」

アニ「さぁて次のお客さんが来るまで『シナチュウ』(※)でも読んでるかなー」パラパラ

※「シーナの中心で愛を叫ぶ」の略。一時期流行った

40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/11(水) 00:05:16 ID:boafqZ46

ハンナ「…あのー…やってますか…?」

アニ「(!お客さん第二号来た!)…いらっしゃい…」

ハンナ「あの…掲示板の張り紙を見てきたんですけど…」

マドモアゼル「…あんた、彼氏との間になんかあったのかい?」

ハンナ「!?分かるんですか?」

マドモアゼル「さぁ、詳しく話してごらん…」ワクワク

ハンナ「実は…彼が最近そっけない気がして…」

マドモアゼル「」フムフム

41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/11(水) 00:06:03 ID:boafqZ46

数日後

ミカサ「…」スタスタ

アルミン「エレン…ミカサと喧嘩でもしたの…?」

エレン「いや。そんなことないけど…」

アルミン「最近全然一緒にいないじゃないか。なんか怒らせるようなことしたんじゃないの?」

エレン「心当たりがないんだが…」

ミカサ「…あ、ジャン。今日の訓練も一緒に組んでほしいのだけど…」

ジャン「マジか!喜んで!」

ミカサ「ありがとう」

ワイワイ

アルミン「…最近ジャンと仲いいよね」

エレン「そうか?」

アニ「そうなんじゃない」ヌッ

エレン「うぉ!?お前どこから!?」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/11(水) 00:06:34 ID:boafqZ46

アニ「あんたがいつもミカサのことうっとおしがってたから向こうも嫌になったんじゃない?」

エレン「はぁ?」

アニ「ま、いつまでもミカサが自分についてきてくれると思わないことだね」

アルミン「…アニ、どうしたの?」

アニ「別に。ただ乙女代表として一言言いたかっただけ」スタスタ

アルミン「…?」

エレン「なんなんだ…あいつは…」

アニ(よし。煽るだけ煽った)グッ

43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/11(水) 00:07:18 ID:boafqZ46

アニ(…)ジー

フランツ「…」スタスタ

アニ(…今だ!)ヒラッ ダダッ!

フランツ「うん?手紙が落ちてる?」

アニ(よし!拾った!)コソッ

フランツ「…?ハンナ宛?」ゴソゴソ

フランツ「…」

フランツ「…見てもいいかな…」キョロキョロ

アニ(…)ジー

フランツ「…少しぐらいなら…」

アニ(よし、よし!)

フランツ「…差出人、書いてないな…」ゴソゴソ

44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/11(水) 00:07:59 ID:boafqZ46

ハンナさんへ

いつもお慕いしています。あなたの花のような笑顔は訓練の疲れを癒してくれます。
しかし私にはあなたを影から見つめることしかできません。
あなたには既に愛する人がいるのを知っているからです。
あなたの幸せは私の幸せ…そう思っておりました。
しかし最近のあなたはどこか物憂げな表情をしていることが多く見受けられます。
原因は彼にあるのでしょう?
あなたのように美しい人がありながらそのありがたみを忘れ、雑に扱っているのではないでしょうか。
私ならあなたに絶対そのような思いはさせないのに。
もしあなたがこれ以上苦しむようなら、私はあなたを盗みに行きます。
しかし万が一彼が再びあなたのことを深く愛するようになったら私は潔くあきらめましょう。
あなたの幸せが私にとって一番の幸せなのですから。

フランツ「な…!な…!な…!」ワナワナ

アニ(撤退ー!)タッタッタ

45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/11(水) 00:08:31 ID:boafqZ46

ハンナ「マドモアゼル!あなた様が占った通りになりました!」

マドモアゼル「私はほんの少し助言をしただけさ…」

ハンナ「彼、以前にも増して優しくなって…もうこれ以上幸せなことってないです!」

マドモアゼル「それはよかった」ウンウン

ハンナ「本当にありがとうございます!」

マドモアゼル「お礼はいいから詳しく話を聞かせておくれ。また今後について占ってあげるよ」

ハンナ「わぁ!やったぁ!あ、これ、お礼のアップルパイです!お納めください」スッ

マドモアゼル「え、いいの?」

ハンナ「?」

マドモアゼル「(やば、思わず素に…)コホン…ありがたく頂こう」

48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/11(水) 08:34:19 ID:l9dpe69.

アニ「美味しい!アップルパイ美味しい!」パクパク

アニ「思ったよりいい商売だね…ハンナは贔屓にしてあげよ」パクパク

アニ「この数年で磨いてきたスパイスキルも役立つ役立つ」パクパク

アニ「半分は明日のお楽しみにしよっと。さぁって今日はもう店じまいかなー」ゴソゴソ

キース(なんだあれは)

49 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/11(水) 08:35:13 ID:l9dpe69.

キース(変な物が建っていると聞いて見にきたが…あれはレオンハートか…?)

キース(占い…?なぜそんなことを…)

キース(…きっとレオンハートなりに周りと馴染もうとした結果なのだろう…)

キース(本来なら厳罰だが…今回は見逃してやろう…)ソー

アニ「…?誰かいた?…気のせいか」

56 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/11(水) 23:58:00 ID:mRlxZkfg

エレン「…なぁ、ミカサ」

ミカサ「…なに」

エレン「お前、最近オレのこと避けてるよな…?」

ミカサ「…」

エレン「そのさ…もしお前の気に障ることしたのならはっきり言ってくれないか?」

ミカサ「…そんなことはない」

エレン「じゃあどうして避けたりするんだ?」

ミカサ「えっと…」

エレン「…」

ミカサ「…」

エレン「…よし、分かった。お詫びになんか好きなもの奢ってやる。これでどうだ?」

ミカサ「!そ、それは二人で…ってこと?」

エレン「まぁオレが悪いみたいなのにアルミンを付き合わせるのは悪いからな…それでいいか?」

ミカサ「…うん!」パァァ

アニ(きたー!)

57 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/11(水) 23:58:39 ID:mRlxZkfg

アニ(ミカサからお礼にカップケーキもらった)アーン

アニ(すごく美味しい。手作りとかすごい)モグモグ

アニ(ごちそうさま)フー

アニ(最近はお客さんが増えてきたからおやつ事情が潤うな)

アニ(謝礼代わりにお菓子っていうのが定着しているらしい)

ミーナ「アニ、お布団の中で何やってんのー?」

アニ「ちょっとウトウトしてただけ」

サシャ「おやつでも隠れて食べてるのかと思いました」

ミーナ「あはは。サシャじゃないんだから」

サシャ「むむ!失礼な!」

ミーナ「ははは。ごめんってー」

サシャ「もう…夕飯の時間だし、アニもそろそろ行きましょうよ」

アニ「はいはい」ムクリ

58 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/11(水) 23:59:31 ID:mRlxZkfg

食堂

ワイワイ

ハンナ「…でね!本当にすごいの!」

ユミル「へぇー」

ミカサ「あれは本物」

クリスタ「私も他の子から聞いたよーすごい当たるんだってね」

サシャ「?みなさんなんの話してるんですか?」

59 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 00:00:09 ID:uDoqmlZc

クリスタ「あ!知ってる?裏庭の占い屋さん!」

ミーナ「あー!最近噂の!なんでも占ってもらったら恋がすごく上手くいくっていう!」

ユミル「確かに急にカップルが増えたよなー」

ハンナ「私、実はフランツと上手くいってなかったんだけど、占ってもらったら前よりもいい感じになって…」テレテレ

ミカサ「私も素っ気なかったエレンがデートに誘ってくれた…」コソッ

サシャ「すごい実績ですねー」

ミーナ「どんな感じだった?」

ハンナ「うーん…なぜかやたら細かく説明を求められるんだよね」

ミカサ「きっとあれはカウセリングの一環。あれのおかげで的確な占い結果が出るのだと思う」

ユミル「なんだそりゃ。私が聞いた話だと成績について相談した奴は随分ざっくりだったらしいぞ」

クリスタ「きっと本来は恋愛占いが専門なんじゃないかな?」

アニ(だって興味ないし)

60 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 00:00:44 ID:uDoqmlZc

ミーナ「マドモアゼル玲音だっけ?どんな人なの?」

ハンナ「それがいつもカーテンで仕切られてるから顔は見えないんだよねー」

サシャ「訓練兵の誰かじゃないんですか?」

ミカサ「私もそう思ったのだけどそれだと教官がなにも言わないのはおかしい」

クリスタ「怒られそうだもんね…てことは外部から特別に来てる人?」

ユミル「訓練所が占い師を招く意味が分からないけどな…」

ミーナ「黙認してるってことは教官の知り合いかもしれないね」

ハンナ「うーん…」

61 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 00:01:37 ID:uDoqmlZc

ミーナ「それにしても女子の間で大流行だよね!」

ハンナ「予約制とかになったらやだなぁ…マドモアゼル、とても頼りになるのに…」

ミカサ「同感…」

クリスタ「そんなに的確なアドバイスしてくれるなんてきっとマドモアゼルは恋愛上級者なんだろうね」

アニ「!?」

62 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 00:02:08 ID:uDoqmlZc

ハンナ「きっと経験豊富な素敵な女性なんだろうなー」

ミカサ「ありとあらゆる男性を虜にしてきたに違いない」

アニ「」

ユミル「占い師っていうからには神秘的なイメージがあるよな」

ミーナ「魔性の女?って感じ?」

ミカサ「背が高く、美しい長髪を持つの絶世の美女」

ハンナ「色気を感じさせる一方、全てを包み込む母性」

クリスタ「成熟した大人の女性…て感じかな?」

アニ(えらいイメージがついてしまった)

ハンナ「今度はみんなで行ってみない?」

クリスタ「うん!…あれ?サシャは?」

63 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 00:02:39 ID:uDoqmlZc

エレン「なんか女子がやたら盛り上がってるな」

アルミン「あぁ、なんかよく当たる占い屋があるらしいね」

エレン「占い?女子って本当にそういうの好きだよなー」

アルミン「特に恋愛関係の的中がすごいんだって」

ライナー「」ピク

ジャン「」ピク

マルコ(うわぁ)

アルミン「占ってもらった人はもれなく付き合うか、進展があるかしてるんだって」

ライナー「」ピクピク

ジャン「」ピクピク

コニー(うわぁ)

エレン「ふーん…アルミン詳しくないか?」

64 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 00:03:10 ID:uDoqmlZc

アルミン「まぁ皆噂してるしね…」

ライナー「…なぁ…アルミン…ちょっと詳しく教えてくれないか?」

ジャン「…オレからも…」

アルミン「え…うん」

コニー「野郎どもが集まって恋愛占いの話とかえげつないわ」

マルコ「コニー、言っちゃだめだ」

エレン「え、なんでお前らそんな興味深々なんだよ」

ジャン「うるせぇ!お前には分からねぇよ!」

65 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 00:03:44 ID:uDoqmlZc

説明終わり

ジャン「ふーん…」

ライナー「なるほどな…」

エレン「なんだよお前ら…恋愛なんて気にする柄かよ…気持ちわりぃ…」

ジャン「あーマジお前ぶん殴りたいわ…」

ライナー「お前だって無関係ではないと思うがな…」

エレン「はぁ?」

ベルトルト「あ、ライナー、席取っといてくれてありがとう」

ライナー「おう。お疲れ」

エレン「あ、ベルトルト。聞いてくれよ。こいつら占いに興味あるんだってよ」

ベルトルト「占い?」

ジャン「裏庭に手作りの占い屋があるんだってよ。こう、カーテンで仕切ってあって…」

ベルトルト「なにそれ…」

ライナー「あれ?そういえばアルミン達どこ行った?」

66 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 00:04:17 ID:uDoqmlZc

サシャ「へーん…みんな恋してていいですよねー…」ウジウジ

コニー「最近カップルがやたら増えたのはそういうことだったのか」

アルミン「なーんかこれから男子にも流行りそうで怖い」

マルコ「君がきっかけ作ったけどね。今さっき」

サシャ「どーせ私はそのブームに乗れませんよーだ」ウジウジ

コニー「孤独が沁みるぜ」

アルミン「恋愛に縁が無いもの同士頑張ろうね…」

マルコ「そうだね…」

67 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 00:04:48 ID:uDoqmlZc

マルコ「…思ったんだけどこういうのは占ってもらえないのかな?」

サシャ「こういうのとは?」

マルコ「相手がいなくて悩んでます的な」

コニー「おぉ!」

サシャ「あーなんか聞いた話だとカップルか片思いかじゃないとダメっぽいです」

アルミン「そうそう。ある程度形がないとざっくりしたアドバイスしかしてくれないみたい」

マルコ「恋愛にある程度縁がある前提かー」

コニー「なんだそれ…もしかしてその占い師、恋バナ聞きたいだけなんじゃないか」

アルミン「うーん…どうなんだろ…」

サシャ「あー素敵な恋がしたい」

74 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:52:24 ID:xcmU7QIk

数日後

マドモアゼル「なに馬鹿言ってんだい!あんたのその子を思う気持ちはその程度なのかい!?」

ジャン「あ、姐さん…!」

マドモアゼル「ちょっと分が悪いからって弱音吐いてんじゃないよ!あんたはこれくらいで諦めるような男なのかい!」

ジャン「オレが…オレが間違ってました!頑張ってみます!」

マドモアゼル「ふん…しっかりやるんだよ」

ジャン「はい!」

75 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:53:04 ID:xcmU7QIk

アニ「ふぅ…おかげさまで最近は男子も来るようになったね」

アニ「さらに恋愛事情が分かって楽しいのなんの」

アニ「お礼のお菓子もたっぷりで幸せ」

アニ「ひと段落したし、ジャンの持ってきたプリン食べよ」ゴソゴソ

アニ「そうだ。この間買った『馬車男』(※)読みながら食べようかな」

※冴えない男がシーナ行きの馬車の中で絡まれていた美女を助けることで始まる恋物語。一時期流行った。

76 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:53:41 ID:xcmU7QIk

アニ「…にしても私の実績すごくない?カップルを何組誕生させたことやら」

アニ「もしかしたら天職かもしれない」

アニ「普段の人間観察が生きるね」

アニ「…もともと話し相手がそんなにいないから人間観察しかやることないんだけど」

アニ「…」

アニ「…まぁ楽しいからいいのさ…」モグモグ

77 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:54:15 ID:xcmU7QIk

アニ「もう遅いし今日はここまでかな」ノビー

カーン カーン

アニ「ん、もうすぐ消灯か」

アニ「…」

アニ「…なにか忘れてるような…」ウーン

アニ「…」

アニ「…」

アニ「…」

アニ「」

アニ「あぁ!!」

78 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:55:02 ID:xcmU7QIk

ダダダッ

アニ「ハァー…!ハァー…!ご、ごめん…遅れた…!」ゼーゼー

ベルトルト「忘れてて来ないのかと思ったよ…」

アニ「ご、ごめんって…!わ、忘れてはなかった!本当に!」

ベルトルト「…」ジー

アニ(うわ…めっちゃ見てる…!だからごめんって!)

ベルトルト「…なにかあったの?」

アニ「ちょっと用事があって…次からは気を付けるから…」

ベルトルト「分かったよ…さぁ始めようか」

アニ「…ライナーは?」

ベルトルト「兵士モードだよ…まったく自分で召集かけておいて…」

アニ「寝てるときに鼻にカナブンでも突っ込んでおいて」

ベルトルト「それは前にやったから枕に男子10人ぶんの使用済み靴下詰めてきた」

アニ「そう」

ベルトルト「時間が無いから手短に情報交換しようか」

hacca
hacca
@hacca

Related Articles関連記事

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツは『進撃の巨人』の登場人物で、「始祖ユミル」とも呼ばれている。エルディア人こと「ユミルの民」の始祖となった女性で、光るムカデのような生物と接触したことで彼女は「始祖の巨人」の能力を得たとされている。マリア・ローゼ・シーナという名前の3人の娘達がおり、パラディ島の3重の壁は彼女達の名前から名付けられた。ユミルの死後、巨人化能力は3人の娘達に引き継がれ、さらに子々孫々に脈々と継承されることとなった。

Read Article

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団に所属する兵士長。1人で1個旅団(約4000人)並みの戦力を持つとされ、「人類最強の兵士」として名高い。三白眼と刈り上げた髪型、小柄な体格が特徴で、ブレードを逆手に持って回転しながら巨人の肉を切り刻む戦闘スタイルを好んでいる。性格は冷静沈着で無愛想。スラム出身ということで言動も粗暴である。神経質で潔癖症だが、部下の最期を看取る際には汚れを気にせず手を握るという仲間想いの一面もある。

Read Article

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄。「獣の巨人」の継承者として調査兵団の前に立ちはだかり、高い投擲能力で多くの兵士を殺傷した。「九つの巨人」の継承者で組織されるマーレの戦士部隊のリーダーであり、多くの戦場でマーレに勝利をもたらしてきた。しかしその真の目的はエルディア人の救済であり、全てのエルディア人から生殖能力を奪うことで巨人の力を巡るこれ以上の悲劇を起こらないようにしたいと考えている。

Read Article

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハートとは、『週刊少年マガジン』に連載されている諫山創原作の漫画・テレビアニメ作品に登場する人物である。主人公のエレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団に所属し、卒業後は憲兵団に入団する。口数が少なく感情を表に表さないため、取っ付きにくい印象を与える性格。しかし格闘技に優れており、冷静な判断を下せるため訓練兵団卒業の際は4位の成績を収める実力の持ち主。

Read Article

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で、ユミルの民であることを偽造してマーレ人になりすまし、マーレ治安当局の職員として潜入していたエルディア復権派のスパイである。九つの巨人の一つである「進撃の巨人」の力を身に宿し、通称「フクロウ」と呼ばれている。 ユミルの呪いによって寿命が近い自分の代わりに、グリシャ・イエーガーにエルディア復権の願いを託して壁の中へ行くよう指示した。その後進撃の巨人を継承させる為無垢の巨人化したグリシャに捕食され、スパイとしての任務を果たし、その生涯を終えた。

Read Article

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガーとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の主人公。壁の外の世界に強い憧れを持っており、幼少期から調査兵団に入ることを目指してきた。その想いは、母親を巨人に食い殺されたことで一層強まり、調査兵団に入って巨人を駆逐することを心に誓う。性格は熱血漢で直情的。無鉄砲と思えるほどの勇敢さから、強大な巨人相手にも物怖じせずに向かっていく。命の危機に瀕した際に巨人化する能力に目覚め、人類の自由のためにその力を振るっていくことになる。

Read Article

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスターとは『進撃の巨人』の登場人物で、104期訓練兵団の卒業生。当初は駐屯兵団に所属していたが、ウォール・マリア最終奪還作戦の前に調査兵団に移籍した。「獣の巨人」を倒すための特攻作戦では唯一生き残り、瀕死のエルヴィン団長をリヴァイ達の元へ連れて行った。その後はエレンをパラディ島の救世主として祭り上げる「イェーガー派」の中心人物として、兵団総統を暗殺しクーデターを先導した。

Read Article

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライスとは『進撃の巨人』のキャラクターでマーレの戦士候補生。戦士候補生の同期であるガビ・ブラウンに好意を抱いており、彼女を救うために「鎧の巨人」継承を目指している。内気な性格だが、「悪魔の末裔」と言われるパラディ島の人々に対しても自分達と変わらない人間だと捉える優しい心の持ち主。心的外傷を負った兵士にも親切に接しており、そこでクルーガーと名乗る負傷兵と出会い、交流を深めていく。

Read Article

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で「車力の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成されるマーレの戦士の一員として、数々の戦場で功績を打ち立ててきた。当初は始祖奪還計画に参加せずマーレ本国を守っていたが、850年「獣の巨人」であるジーク・イェーガーと共にパラディ島に上陸する。ウォール・マリア奪還を狙う調査兵団との決戦では後方支援を担当し、負傷したジークと「鎧の巨人」であるライナー・ブラウンの逃走を助けた。性格はマイペースだが、冷静沈着で判断力に優れている。

Read Article

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディスとは『進撃の巨人』の登場人物で第104期訓練兵団の指導教官。スキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられている。元々は第12代団長として調査兵団を率いていたが、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせたにもかかわらず成果を残せなかったことから、自分の無能を悟りエルヴィン・スミスに団長職を引き継がせた。主人公エレンの父親であるグリシャ・イェーガーとは以前から面識があり、彼が消息を絶つ直前に顔を合わせた最後の人物である。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの父。シガンシナ区で診療所を開き街の人々から尊敬を集めていたが、シガンシナ区に巨人が流入した後行方不明となる。失踪直前エレンに巨人化の薬を打ち込み、世界の真実が隠された自宅地下室の鍵をエレンに託した。物語中盤で彼が壁外の世界から「始祖の巨人」奪還のためにやってきた巨人化能力者であったことが明らかとなる。

Read Article

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の団員。主人公エレン・イェーガーとはウォールローゼ南区第104期訓練兵団時代の同期である。責任感が強く、リーダーシップもあることから同期の中ではまとめ役を担っていた。しかし、その正体はウォール・マリアを破壊した「鎧の巨人」であり、始祖奪還を目的にパラディ島に送り込まれたマーレの戦士である。正体が判明した後はたびたびエレン達と対立し、始祖の力を巡って死闘を繰り広げていく。

Read Article

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリスとは『進撃の巨人』の登場人物で、憲兵団の新兵。アニ・レオンハートとは同期でルームメイト。ウェーブヘアが特徴の少女で、軽薄で不真面目な言動が多い。他の新兵同様安全な内地で楽をするために憲兵団に入ったが、実は機転の利くところがある。アニのことは愛想のない同期だと思っていたが、ストヘス区の戦闘以降行方不明になったことを心配しており、アニの正体が「女型の巨人」であることを知って大きなショックを受けていた。同期のマルロ・フロイデンベルクに好意を持っているが、マルロ本人は気づいていない。

Read Article

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツとは『進撃の巨人』の登場人物。主人公エレンの父親グリシャの前妻で「獣の巨人」ジークの母。その正体はフリッツ王家の末裔。ストーリー上、巨人の歴史と王家の情報を語る重要な役割を持つ。パラディ島に移住することを拒みマーレに留まった一族は、代々巨人の情報を隠し持っており、その末裔であるダイナはエルディア復権派と共に始祖の巨人の奪還を企てるが、計画は息子ジークの密告により失敗。ダイナは巨人化後、グリシャの後妻であるカルラを捕食する。最期はエレンの持つ座標の力で巨人の群れに喰われた。

Read Article

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルトとは『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。金髪ボブカットの中性的な外見を持つ。大人しいが芯の強い勇敢な性格で探求心が強い。祖父の影響で人類はいずれ壁の外に出るべきだという思想を持っており、エレンが外の世界に憧れるようになったのもアルミンの影響である。小柄で身体能力は低いものの、知能や判断力はずば抜けており、エレンや調査兵団の窮地をその知略で度々救っている。

Read Article

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物で、中央第一憲兵団対人立体機動部隊の隊長。かつて「切り裂きケニー」の異名を取った大量殺人鬼だったが、ウーリ・レイスとの出会いを経て現在は中央第一憲兵団に所属し対人戦闘を専門とする部隊を率いている。リヴァイ・アッカーマンの育ての親であり、彼に戦闘技術を教えた人物でもある。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、対立した調査兵団を大いに苦しめた。

Read Article

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団第13代団長である。調査兵団は人類の生存圏を広げることを目的とし、日々巨人との死闘を繰り広げている。その類まれなる頭脳と判断力から大きな功績を挙げているが、目的のためなら手段を選ばない非情さから「悪魔的」と称されることもある。彼の真の目的は世界の真実を解き明かし、「人類は王家によって記憶を改竄された」という父の仮説を証明すること。人類最強と称されるリヴァイ兵士長を調査兵団に入れたのも彼である。

Read Article

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマンとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。本作のヒロイン的ポジションで、幼い時にエレンに助けられた経験から、彼を守ることを自分の使命だと考えている。驚異的な身体能力を持ち、トップの成績で訓練兵団を卒業。実戦でも1人で複数の巨人を討伐する実績を残す。性格は寡黙で口下手だが、エレンのこととなると取り乱す一面もある。物語後半において、母方の祖先が東洋にあるヒィズル国将軍家だったことが明らかになった。

Read Article

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で、「マーレの戦士」候補生。天真爛漫で型破りな性格で、憧れの従兄であるライナーから「鎧の巨人」を継承するため日夜訓練に励んでいる。パラディ島のエルディア人を悪魔の末裔として強く憎んでおり、彼らを皆殺しにして自分達善良なエルディア人を収容区から解放することを願っていた。しかし成り行きでパラディ島に渡ることとなり、そこで出会った人々との交流からガビの考え方は変化し始める。

Read Article

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイスとは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。壁内人類の真の王家であるレイス家当主。実質的には壁内での最高権力者である。ウーリ・レイスの兄であり、フリーダ・レイスやヒストリア・レイスの父親。正妻との間に5人の子がいたが、当時使用人として働いていたアルマとも関係を持ち、ヒストリアが産まれたことにより、事実的には子供は6人。だがグリシャにより正妻との間の子は皆殺されてしまい、生き残っている子供はヒストリアただ1人である。

Read Article

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタインとは『進撃の巨人』の登場人物で、調査兵団に所属する兵士。第104期訓練兵団を6番で卒業した。自己の保身を第一に考える現実主義者で、思ったことを率直に言い過ぎる性格からたびたび主人公のエレン・イェーガーと対立していた。当初は巨人の脅威から逃れるために内地への配属を希望していたが、友人のマルコ・ボットが戦死したことで考えを大きく変え、調査兵団に入団する。入団後は持ち前の現状把握能力を活かして同期のまとめ役として活躍した。

Read Article

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団所属のベテラン兵士。初登場時は分隊長だったが、後にエルヴィン・スミス団長の後を継いで調査兵団第14代団長に就任する。ゴーグル(平常時は眼鏡)を着用し、茶髪を無造作に1つにまとめた中性的な外見をしている。明るく聡明な人物だが、巨人に対する情熱は人一倍で変人揃いの調査兵団内でも特に異彩を放っている。ウォール・マリア最終奪還作戦以降は左目を負傷したことから眼帯を着用している。

Read Article

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナとは『進撃の巨人』の登場人物で反マーレ派義勇兵の中心人物。マーレに滅ぼされた国の出身で、「獣の巨人」継承者で王家の血を引くジーク・イェーガーの信奉者として活動し、パラディ島の近代化に大きく貢献した。ジークの提唱する「エルディア人安楽死計画」達成のためなら寝食を共にした仲間すら殺害する冷酷な性格の女性。しかし実際にはマーレの被害者というのは虚偽であり、「世界を救う英雄」に憧れているだけのごく一般的なマーレ人である。

Read Article

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ(ヒストリア・レイス)とは、諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物。第104期訓練兵団卒業生であり、主人公エレン・イェーガーは同期の1人。小柄で温厚、思いやりのある可愛らしいアイドル的な存在として登場する。同期のユミルと仲が良い。成績10位以内に入っているが、実際はユミルからその座を譲られただけで身体能力は人並みである。本名はヒストリア・レイスといい、壁内世界の真の王家の末裔であることが後に発覚する。

Read Article

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の兵士。坊主頭が特徴で、小柄な体格を生かした小回りの利く機動を得意としている。バランス感覚にも優れ104期訓練兵団を8番の成績で卒業したが、少々頭の回転が鈍く同期達からはバカ扱いされている。同期のサシャ・ブラウスとはバカ同士気が合うようで、よく訓練中に2人でふざけていた。当初は憲兵団を志望していたが、主人公のエレン・イェーガーに感化され調査兵団に入団を決めた。入団後はムードメーカーとして活躍する。

Read Article

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガトとは『進撃の巨人』の登場人物でマーレ軍エルディア人戦士隊隊長。後にマーレ上層部が全滅すると元帥に就任した。ジーク・イェーガーやライナー・ブラウンら「マーレの戦士」達を選抜し育て上げた人物でもある。性格は厳格で戦士候補生に対する態度も威圧的だが、大多数のマーレ人とは異なりエルディア人に対する差別感情は薄く、部下たちを1人の人間として尊重している。現状認識能力に優れ、始祖奪還作戦を数人の子供に託すマーレ軍上昇部の正気を疑っていた。

Read Article

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウスとは「進撃の巨人」シリーズの登場人物であり、主人公エレン・イェーガーと同じ調査兵団に所属している女性。頭はあまり良くないが、並外れた身体能力と勘の良さは周囲からも認められている。狩猟を生業とする村の出身であるため、食べ物には目がなく食料庫からよく盗みを働いていた。方言で話すことに抵抗があるため他人には敬語で話す。天真爛漫で非常にマイペースな性格の持ち主である。

Read Article

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団団員。第104期訓練兵団を3位で卒業し、どの分野でもそつなくこなすことができる優秀な人物である。ただし優柔不断で判断を他人に任せる傾向があり、積極性に欠けることから他の同期と比べると少し影が薄い。その正体は、ウォール・マリア陥落の主因となった「超大型巨人」であり、始祖奪還作戦のために大国マーレから派遣された「マーレの戦士」の1人だった。任務を達成し故郷に帰ることを切望していたが、結局その願いは叶わず異国の地で命を落とすこととなる。

Read Article

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアードとは『進撃の巨人』の登場人物で「顎の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成される「マーレの戦士」の一員として、「顎の巨人」の持ち味である硬い顎と牙や俊敏性を活かし数々の戦場で活躍している。戦士候補生時代の同期であるライナー・ブラウンとは「鎧の巨人」継承権をめぐって争ったライバルだった。自分ではなく能力の低いライナーが「鎧の巨人」継承者として選ばれたことや、兄のマルセルがライナーをかばって巨人に食われたことから、ライナーに対して悪感情を抱いている。

Read Article

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、レイス家の長女。黒髪で青い瞳を持つ。レイス家当主のロッド・レイスとその正妻の第1子として生まれた。表向きは地方の貴族として振る舞っているが、実際は壁内の真の王家の末裔。レイス家に代々引き継がれている特別な巨人能力を叔父のウーリ・レイスから引き継ぎ、宿している。本人の飾らない性格は多くの者から慕われており、妾の子である異母妹ヒストリアにも姉として優しく接していた。

Read Article

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシスとは『進撃の巨人』の登場人物で駐屯兵団の司令官。スキンヘッドと口ひげが特徴の年配の男性。巨人との戦いの最前線である南側領土の最高責任者として、果断な指揮を振るい人類を守り抜いてきた。人類の勝利のためなら成功率の低い作戦でも取り入れる柔軟な判断力の持ち主だが、飄々とした言動や戦場でも酒を持ち歩く姿勢から「生来の変人」としても知られている。トロスト区攻防戦では巨人化したエレン・イェーガーによる穴の封鎖作戦を採用し、人類の勝利に貢献。兵団によるクーデターの際も大きな役割を果たした。

Read Article

目次 - Contents