【進撃の巨人】アルミン「エレン、だぁいすきだよ」ニコッ【厳選名作SS】

進撃の巨人の厳選名作SSを掲載しています。冗談のつもりでエレンに「大好き」と言ったアルミンですが、エレンに本気にされてしまい…。何とか弁解しようとしますがミカサや他の同期も巻き込んでどんどんややこしい方向に転がっていきます。

アルミン「エレン、だぁいすきだよ」ニコッ

出典: 4.bp.blogspot.com

16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 04:42:57.30 ID:vBVRLg0j0

エレン「えっ!? んなっ、ば、ばば馬鹿野郎ッアルミン! 男がそんな気持ち悪いことするなよ!///」

アルミン(えっ、何この拒否に見せかけた満更でもない反応……)

エレン「男に、だ、大好きとか言うんじゃねえよ!///」

アルミン(冗談のつもりだったのに……)

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 04:53:24.54 ID:vBVRLg0j0

エレン(どうしたっつうんだアルミンのやつ。いや、それよりもオレか)

アルミン「……あの、エレン?」

エレン(どうしたんだオレ。なんでこんなドキドキしてんだよ、なんだこの気持ち)

アルミン「エレン、その……ごめん」

エレン(どうすりゃ良いんだこういう時!? 素直に自分の気持ちを伝えりゃ良いのか!? ええいこんなったらヤケだ!)

アルミン「あのね……さっきのは冗だ」

エレン「アルミン……俺も、大好きだぜ」

アルミン「……」

21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 05:02:50.03 ID:vBVRLg0j0

アルミン(あれぇ? おかしいな、なんかとんでもない方向に進んでるぞ?)

エレン「……///」

アルミン(エレンはなんで頬を赤らめているのかな? おかしいなー、怖いなー、嫌だなー)

エレン「……っ!?」

アルミン(ん? エレンの顔色が変わった? 何が)

ミカサ「……」

アルミン「……」

ミカサ「……」

24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 05:14:15.21 ID:vBVRLg0j0

エレン「な、なんだよ突然現れるなよ驚いたぞ!」

ミカサ「……」

アルミン「……ミカ」

ミカサ「エレン……」

エレン「……んなっ、なんだよ?」

ミカサ「私も、その……エレンのこと……だいすき///」ボソッ

アルミン(うっわーこれもう僕、無事じゃ済まされないんだろうなー、うっわー)

エレン「おお、そうか。それでどうした?」

ミカサ「……」

アルミン(エレンはエレンでそこらへん全くブレがないんだもんなー。ごめんねまた迷惑かけそうだアルミ胃ン)

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 05:26:07.60 ID:vBVRLg0j0

ミカサ「……アルミン?」

アルミン「ふぅぁいっ!? なんだいミカサぁっ!?」

ミカサ「ちょっとこっちに来て」

アルミン(どうしようか、もう今の内に頭を回転させて戦闘準備した方が良いかな……)

ミカサ「……大丈夫」

アルミン「……?」

ミカサ「話し合うだけだから」

アルミン「……」

エレン「アルミン!」

アルミン「っ!?(お願いだエレン、元はと言えば僕のせいだがそれでもこれ以上話しをややこしくしな)」

エレン「……また、あとでな!///」

アルミン(ェエエエエレエエエエエエエエエエエエンンン!!!)

ミカサ「……大丈夫、話しあ、う、ダケダカラ」

アルミン「……」

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 05:32:45.71 ID:vBVRLg0j0

―物陰―

コソッ、コソコソッ

クリスタ(み、見ちゃった……聞いちゃった……///)

クリスタ(きゃああああっ!/// 何あれぇぇぇ!?///)

クリスタ(アルミンとエレンってそ、そそそ、そういう//関係だったのぉー!?)

クリスタ(幼馴染って聞いてたけど、た、確かにアルミン可愛いし……こ、れ、はっ!?///)

クリスタ「……ふ、ふっふっふっふっふ。うふふふふっ」

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 05:49:17.71 ID:vBVRLg0j0

ミカサ「……」

アルミン「……(考えるんだアルミン、この状況を打破する一手を!)」

ミカサ「……」

アルミン「……(臆せば死だ! 勝利条件は誤解を解く、ただそれだけ!)」

ミカサ「……アルミン?」

アルミン「ミカサ、あれはね……ええと、ちょっとしたじゃれあいなんだよ(一気に決めなくて良い、少しずつ活路を開け!)」

ミカサ「……じゃれ、あい?」

アルミン「そう、女の子相手にはそんなこととてもできないけど、男同士だと軽いノリで言い合えるもんなんだ!(光明を探せアルミン!)」

ミカサ「軽い、ノリ?」

アルミン「そうだよ! 考えてもみなよ、異性にあんなこと言われたら恥ずかしいだろ? 男同士だと馬鹿なノリでできるんだ!(これで……しまった!)」

ミカサ「……う、うぅ」ウルウル

アルミン(遅かったぁ! 僕はなんて失敗を……)

ミカサ「……でも、エレンは私には恥ずかしがってなかった。アルミンには恥ずかしがってた」グスンッ

アルミン(つまるところそれが今この状況の原因だったんだあああああ!!!)

34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 05:59:34.23 ID:vBVRLg0j0

アルミン(それに……)

ミカサ「……うぅっ、ひっぐ、ぐすん」

アルミン(おいおいおい、これは予想外のミカサだ)

ミカサ「……」グスンッ

アルミン(対人格闘術の訓練で習った受け身を最悪は使うつもりでいたけど……)

ミカサ「……ふぅっ」ウルウル

アルミン(心の受け身なんて習ってないよ!)

ミカサ「……アル、ミン?」

アルミン「ど、なんだいミカサ」

35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 06:08:45.79 ID:vBVRLg0j0

ミカサ「……私は、恥ずかしがられなかった」

アルミン「……(落ち着け考えろ、大丈夫だ自身を持てアルミン、守れ我がアルミ胃ンを!)

ミカサ「これは、どういうこと?」

アルミン「……それは、そう! もうエレンとミカサは恥ずかしがるなんていう初々しい段階を越えているからだよ」

ミカサ「ッ!?」

アルミン「この世界に数多くいる夫婦がお互い大好きだよと言い合う時、わざわざ恥ずかしがったりするかい?」

アルミン「しないだろ? そうなんだしないんだよ、それはなぜか夫婦だからだ! 恥ずかしがるなんてお子様鼻水もんの反応はお互いしないんだ」

アルミン「それはなぜか夫婦だから! 少なからずエレンはミカサの大好きを恥ずかしがらなかった……それはなぜか!?」

ミカサ「夫婦だから!」

アルミン(よっしサブリミナル成功!)

38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 06:20:42.65 ID:vBVRLg0j0

アルミン「……ミカサ?」

ミカサ「……うん!」

アルミン「だから、そう気を落とすことはないんだよ? 逆に、喜ぶべきことだ」

ミカサ「夫婦だから!」

アルミン「……僕の言葉に赤面したエレンと僕の関係は、言わば初々しいカップル」

ミカサ「うんうん!」

アルミン「でも、ミカサとエレンは違う。そんな関係鼻で笑い飛ばすような関係……そう」

ミカサ「夫婦!」

アルミン「……だから泣くことはないんだ、女子寮に戻って早く寝な。エレンの夢を見れると良いね」

ミカサ「そうする! ありがとうアルミン!」スタスタスタ

アルミン(よかったあああ! 助かったああああ! やったぞアルミ胃ン!)

ミカサ「……最後に、アルミン」

アルミン「ん? どうしたんだいミカサ?」ニコッ

ミカサ「……たとえアルミンでも、私たち夫婦の絆を壊すようなことをしたら、許さないから」

アルミン「……? ? んんっ? えっ(あれ、あれミカサ。何かとんでもない勘違いをしていないか!?)

41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 06:31:37.06 ID:vBVRLg0j0

アルミン「……」

アルミン「行ってしまった」

アルミン(……しかしアルミン、よく考えろ。しょせんこの場をなんとか治めたにすぎないんだ)

アルミン(ミカサは変な勘違いをしている様子だったし、肝心のエレンはもっとひどい……)

アルミン(今回に限って言えば自分の撒いた種なんだから、これからくる超大型級の嫌な予感と胃痛は覚悟しよう)

アルミン(その上で、それでも僕の可愛いアルミ胃ンを全力で守りながら……)

アルミン「……この誤解と、戦ってやる!」

44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 06:44:42.08 ID:vBVRLg0j0

…翌日…

ジャン「よっしゃああああ! 待ちに待った訓練休暇だァ! マルコ、早く街に遊びに行こうぜ!」

マルコ「せめて朝食を食堂で食べてから行こうよジャン」

エレン「ったくジャンの野郎、朝っぱらから元気だなー」

アルミン「ははは、そりゃあ偶の休暇だもん一分一秒も無駄にしたくないんだろうね(良かった、見た所いつも通りのエレンだ)」

ミカサ「おはよう」

エレン「おう、ミカサ! おはよう!」

アルミン「おはようミカサ」

ミカサ「……」

アルミン(顔には出ていないけど、マフラーに当たる鼻息が荒い。注意を向けるべきはまずミカサか)

エレン「俺たちも早く朝飯食って街へ出かけようぜ!」

サシャ「エレェン! なんなら私がごはん食べるの手伝いますよ!」

エレン「うわっ! お前も突然現れるなよサシャ! 驚いちゃうだろ!」

アルミン(一番良いのは、エレンが昨晩のことを忘れてくれることなんだけど……ん? あれは)

クリスタ「アルミンっ、ちょっとこっち来てっ」

46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 06:55:05.32 ID:vBVRLg0j0

アルミン(クリスタ? いやあ、いつ見ても可愛いなぁ。特にこの時間、朝日に輝くクリスタは女神と呼ぶにふさわしいね)

アルミン「エレン、ミカサごめんちょっと席を外すね。僕に構わず食べてて」

サシャ「アルミィン!」

アルミン「良いよサシャ」

サシャ「神ィィィン!!!」

アルミン(さてと……)スタスタスタ

アルミン「おはようクリスタ」

クリスタ「おはよう! ……ごめんね、エレンたちとごはん食べてたのに呼んじゃって」

アルミン「全然問題ないよ、むしろ今は好都合だ」

ミーナ「……うん、やっぱりクリスタの言った通りだ」ヒソヒソ

ユミル「……まあまあだな。だけど私のクリスタに適う可愛さじゃねえよ」ヒソヒソ

アルミン「ん?(あれ、アルミ胃ン? おいどうしたアルミ胃ン? 何をそう苦しんでいるんだアルミ胃ン?)」キリキリキリ

48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 07:04:17.88 ID:vBVRLg0j0

アルミン「……」

クリスタ「……」

アルミン「……」

クリスタ「……」

アルミン「……はぇっ? ごめん、今なんて言ったの?(あまりに突然のことに思考が停止してしまった)」

ユミル「おい劣等生! お前変なコト考えてんじゃねえだろうな!?」

ミーナ「アルミンがへ、変なコト……/// か、考えてるわけないよユミル!」

アルミン「……(僕を買い被り過ぎだユミル。そんな思考を巡らす余裕もなく脳機能は停止したんだよ。クリスタの言葉に理解できず)」

アルミン「ごめんクリスタ、もう一回言って」

クリスタ「あ、あのねアルミン……この後、私たちの寮に……来てほしいの?」

ライナー「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

アニ「うっさい」

ライナー「ぐわああああああああああああああああああああああああああああ!!!」

50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 07:17:48.03 ID:vBVRLg0j0

―女子寮―

アルミン(部屋の形は男子寮と変わらない、限られた空間に押し込まれた二段ベッド)

アルミン(……しかしなんだろうな、匂いが違う。なんて良い香りなんだ。花瓶……お花の類が飾られてるわけでもないのに)

アルミン「……」

クリスタ「……」

ユミル「……けっ、私の天使は全く……変なこと考えやがる」

ミーナ「でも、私も興味あるな!」

アルミン(だめだ、これから何が起こるか全然わからない。ただでさえ昨晩の件で頭の中はいっぱいだってのに)

アルミン「……ど、どうしたのかな? め、クリスタ」

クリスタ「ぅう……その、ね」モジモジ

アルミン「……その、いや、別にクリスタが言いづらいなら待ってるけど(モジモジしてるクリスタ可愛過ぎるな)」

クリスタ「そのね……これ」バサッ

アルミン「……っん゛な゛!?」

クリスタ「アルミンに着てほしいのっ!」

アルミン(女の子の服……スカートだとぉッ!?)

53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 07:32:58.39 ID:vBVRLg0j0

アルミン(落ち着け、落ち着けアルミン! 昨日からこの言葉を何度言ったことか! 知らん!)

クリスタ「や、やっぱり……だめ、だよね」ウルッ

アルミン「ッ!?(か、わ、い、すぎだよクリスタ涙目涙目クリスタぁぁぁ!)」

アルミン「……(どうするんだアルミン!? すっごく可愛いよクリスタ! えっ、着ちゃう? いやいやいや!)」

クリスタ「うぅっ」ウルウル

アルミン「良いよ、ははっ。他の誰でもないクリスタの頼みだ……着てあげるよ」

クリスタ「ほ、ほんとっ!?」パアッ

アルミン(うっわ可愛い、いや違う)

ユミル「……」

ミーナ「アルミン女装っ、アルミン女装っ!」ワクワク

アルミン(言ってしまったああああああああああああああああ!!!)

57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 07:49:54.91 ID:vBVRLg0j0

クリスタ「やったぁ! じゃあさっそく着替えようアルミン!」

アルミン「ちょ、ちょっと待って! せめてその前に納得のいく理由をきか」

クリスタ「ユミル! ミーナ!」

ユミル「はいはい私の可愛い天使ちゃん」ガシッ

ミーナ「絶対可愛くなるってアルミンは! 今のままでも十分可愛いもん!」ガシッ

アルミン「へっ?(えっ、なんで僕のこと押さえつけてるの?)」

クリスタ「今脱がせるからねアルミン!」

アルミン「いやっ、へっ?(何て言ったのこの人!?)」

ユミル「へっへっへ、まずは上着からだァ!」スルッ

アルミン「んあっ……ちょ、っと! 自分で着替えるよクリスタぁ」

クリスタ「……だめ、こういうのは気持から入ってもらわないと」

59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 08:02:58.26 ID:vBVRLg0j0

アルミン「気持から、って……ひぐぅっ。押さえつけられて服を引き剥がされれば女の子になるっての!?」

クリスタ「うふふふふ、うんっ! 特にアルミンは!」

アルミン「そんなっ、誰の理論だよぉ……気になるよぉ」

クリスタ「持論っ!」ニコッ

アルミン(この子悪魔だったああああああああああああ!!!)

ユミル「ひぇっひぇっひぇ、痛い思いしたくなかったら大人しくしてなアルミンちゃぁん?」

アルミン「いやあああああああああああああああん!!!」

ミーナ「アルミンって肌白いんだねー! 見て見て、こんなに綺麗!」

アルミン「はああああああああああああああああん!!!」

クリスタ「ユミル、ミーナ待って! ……そこは、私が取り換える!」

アルミン「ふぇぁっ?(おい、そこは私が取り換える? ちょっと待て、僕は今パンツしかはいてないんだぞ!?)

60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 08:13:44.38 ID:vBVRLg0j0

ユミル「……くっそ、劣等生のクセに羨ましいことされやがって!」

アルミン(いやいやいや、これが羨ましい? だとしたら僕は全力で軽蔑するぞユミル!)

クリスタ「見せないところもしっかりとね!」

ミーナ「クリスタ……そ、そのパン、つ……誰の?」

クリスタ「私のっ!」

アルミン(この子悪魔じゃないただの変態さんだったあああああああああ!!!)

アルミン「ふぇっ……いやっ、いやあああああ! やめてはなしてええええええ!」ジタバタジタバタ

ユミル「ぐへへへ、いくら暴れようが私の力にゃ敵わんだろうよアルミンちゃん」

アルミン「……」

ミーナ「あれれ……大人しくなっちゃった」

アルミン「もう好きにして……」シクシクシク

クリスタ「……ちょっと乱暴にしすぎたかな。ごめんなさい、アルミン……では」スルスル

アルミン(謝るけどそこはしっかりやるのね……)シクシクシク

クリスタ「わあ……こ、これが///」ユミル「へえ……」ミーナ「ふあっ! ひひひひひっ!」

63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 08:25:12.62 ID:vBVRLg0j0

(残り三分の二、略)

アルミン「もうお嫁に行けない……」シクシクシク

クリスタ「その時は私が貰ってあげる!」

ユミル「お、おいクリスタ、私との結婚は!?」

クリスタ「そんな約束してないもんっ」

ユミル「そ、そんなぁ……」

ミーナ「そんな話ししてる場合じゃないわよ二人とも……」

ユミル「んあ?」

クリスタ「ミーナ?」

ミーナ「……見て」

アルミン(完全女装)「ふっ、うぅ……」シクシク

ユミル「お、おお、マジかよ……」

ミーナ「……っふ、やっぱり私の目は正しかったってことね(いやーんアルミンきゅん可愛いぃぃぃ!!!)」

クリスタ「ふっふっふっふ、うふふふふ……アルミン、とっても可愛い」

66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 08:40:42.83 ID:vBVRLg0j0

アルミン「……」

アルミン「で、順序が逆になってしまったけど……クリスタ、なぜこんなことをしたのか理由を聞きたい」キリッ

ユミル「凛々しい顔しても可愛いだけだからなアルミンちゃん」

アルミン(完全女装)「……(精いっぱいのキメ顔をっ!)」キリッ

ミーナ(舐めたい)

クリスタ「そ、それはね……/// ユミル、ミーナ、ちょっと耳貸して」

ユミル「ん?」

ミーナ「なーに?(アルミン舐めたい)」

クリスタ「……レン、サ……たり……まち……って」ゴニョゴニョ

ユミル「? おお、一応わかった。そう言ってくれば良いのな?」スタスタ

ミーナ「えー……じゃあアルミン、またねー」スタスタ

アルミン(なんだ? 二人を退室させた? ……なぜだ)キリッ

68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 08:53:17.87 ID:vBVRLg0j0

アルミン「……」

クリスタ「……」

アルミン「今、なんて?」

クリスタ「協力!」

アルミン「なんの?」

クリスタ「恋愛!」

アルミン「誰との?」

クリスタ「もちろん、エレンっ!」

アルミン「……はは(完全に迂闊だったァ! 撒いた種はクリスタの所にも落ちていたのかァ!)

クリスタ「アルミンって可愛いからね、だったらもっと可愛くすればもっとエレンも喜ぶと思うの!」

アルミン(善意なのかそれは!? っていうかエレンもミカサもクリスタもなんでそんな素直に信じるの!?)

アルミン「……そ、それよりも(そう、それよりも真っ先に確認すべきことがある。あの二人を退室させた理由、撒いた種の範囲に繋がる情報!)

クリスタ「なあに?」

アルミン「あの二人は、このことについては知ってるのかい?」

70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 09:10:47.56 ID:vBVRLg0j0

クリスタ「大丈夫っ! これはアルミンと私だけの秘密だからっ!」ニコッ

アルミン「二人は知らないってことか……よか(ん? 待てよ……何か僕は決定的な間違いをしていないか?)

クリスタ「それはそうだよね、いくらアルミンが女の子みたいに可愛いからって……男の子同士だもん」

アルミン「う、うん……うん?(なんだ、なんだこの違和感、嫌な予感は?)

クリスタ「男の子同士は……ちょっと特殊だもんね。でも大丈夫!」

アルミン「……?(くそっ、さっきの着替えの時に僕の防衛本能が働いて思考するのを止めたからっ!)

クリスタ「心配しないで良いんだよ、アルミン。応援してるのは私だけだから!」

アルミン「……そ、う(クリスタはエレンとの恋愛が恥ずかしいんだと思って周りに知られたくないから僕が確認したと……ッヌハァ!?)」

アルミン「クリスタ、あの、ああ……もう遅いや(さっさとクリスタの勘違い指摘すれば良かったんだァ!!!)

72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 09:30:51.44 ID:vBVRLg0j0

クリスタ「……え、えっと。ん?」

アルミン(ああくそ! そこまで頭が回らなくなってたのか僕は!)

アルミン(被害規模の確認なんていつだって出来たんだ! それよりも僕は……)

アルミン(目の前の爆発物を解除するタイミングを逃したんだ! 手遅れだ!)

クリスタ「え、えと……」

アルミン(すでにクリスタは、僕がエレンとの恋愛(んなもんないけどさぁ!)は)

アルミン(できるだけ内密にしてほしいという理由で、先の二人は知っているのかと聞いたと思い込んでいる!)

クリスタ「ア、アルミン……?」

アルミン(正確には思い込ませてしまったわけだが……僕の愚かな失敗なのは確かだから!)

アルミン(……しかし、ここからどうしろと言うのだ。つまりはこの格好でエレンに会えということだろう!)

クリスタ「あーるーみーんー?」

アルミン(そんなことにでもなったら、あのエレンだってこの僕の姿にドン……び……)

アルミン「……」

クリスタ「だ、大丈夫アルミン? 頭抱えてるけど、頭痛いの?」

アルミン(エレン満更でもなかったんだったあああああああああ!!!)

79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 09:56:42.42 ID:vBVRLg0j0

クリスタ「熱……あるの? ごめんね、無理させちゃったのかな」ピトッ

アルミン「ほっ!?」

クリスタ「あれ……別に熱があるってわけではないみたいだね」

アルミン(完全女装)(く、くっくクリスタの手が僕のおでこに!? こ、これは男なら誰もが一度は夢見ること!)

アルミン(完全女装)(ふっわあああああ! 僕、男で良かったあああ!! ライナー残念でしたああああ!!!)

アルミン「……もう、良いんじゃないか? 僕」ボソッ

クリスタ「え? アルミンなんて言ったの?」

アルミン(……わからない、けど、何かな今のクリスタはとても生き生きして見える。普段の五割増しに輝いて見える)

アルミン「……クリスタ、手伝ってくれるのかい?(この幸せそうなクリスタをずっと見る為にこの身を裂いても良いのかもしれないな)」

クリスタ「っ! うんっ! 私、良いこ……アルミンの応援したい!」ニコッ

アルミン「じゃあ、お願いするね(ホントこの女神……悪魔だわ。頑張って手伝おうとしてるクリスタを手伝いたくなっちゃう)

クリスタ「じゃあねえ、アルミンっ! 今から街へ行きましょう!」

アルミン「わかった!(ごめんねアルミ胃ン……クリスタの笑顔の為に、君に辛い思いをさせることになる)」

アルミン(……それにしても、時折一瞬だけ見せる悲しい顔はなんなんだろうな)

82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 10:21:27.71 ID:vBVRLg0j0

―食堂―

サシャ「……」モグモグ

コニー「……」

アルミン「……(うわぁ……できれば誰にも見つからずに街へ行きたかったぁ)」

サシャ「……」モグモグ、ゴクンッ!

コニー「……」

アルミン「……」

サシャ「誰ですかそちらの美少女は!?」

コニー「ねえなんで今日訓練ないの!? ねえなんでみんないないのォ!?」

アルミン(ああ、サシャ……コニー……君たちがサシャとコニーで心の底から良かったと思うよ)

105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 14:41:45.50 ID:vBVRLg0j0

クリスタ「……やっぱりどこからどう見ても美少女だよね!」

サシャ「はい! ……でも、あれ? 訓練兵にこんな子いましたっけ?」

クリスタ「この子ね、アルミンなんだよ!」

アルミン「んなっ!? ク、クリスタ!?(言っちゃったよこの子!?)」

サシャ「へっ? アル、ミン……?」

クリスタ「私が無理矢理アルミンに頼んでこういう格好させてるの!」

サシャ「へえー! アルミンだったんですか!? 凄いですね、どこからどう見ても女の子ですよ!」

クリスタ「……ごめんねアルミン。でも、下手に隠すよりはこういう風に伝えた方が良いと思って」ボソッ

アルミン「……いや、むしろこれで良いよクリスタ。ありがとう(無理矢理女装させられたのは事実だもんな)」

サシャ「それにしても、アルミンもよくクリスタの我がままに付き合いましたね! 断ってもよかったのに」

クリスタ「私がどうしてもって食い下がったの……でも良いでしょ? こんな美少女見れたんだからっ」

サシャ「はいっ! おなか減りました!」

アルミン「……あ、ありがとうクリスタ(自分一人だけこの現況の元凶に身を投じたのかクリスタ……)」

コニー「へえー、アルミンって名前の女の子もいるんだな! 男子訓練兵にもいるんだぜアルミンってやつ!」

アルミン(コニー……)

107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 15:00:06.63 ID:vBVRLg0j0

アルミン「あのねコニー……アルミンって名前の別人じゃなくて、僕がそのアル」

ユミル「おうおうクリスタ、アルミン……なんだ芋女とコニーのバカもお揃いか」

コニー「あぁっ!? 誰がバカだクソ女っ!」

ミーナ「久しぶりアルミン!(ふおおおお! やっぱりアルミンきゅん可愛いー!!)」

クリスタ「……ユミル、ミーナ、エレンとミカサは先に街へ行かせたの?」

ユミル「ああ……ちゃんと『エレンとミカサは二人で先に街行って』って伝えたぞ」

ミーナ「エレンがアルミンのこと凄く気にしてたけど、どうにか二人とも街へ行ってくれたよ」

クリスタ「そっか! ありがとうねユミル、ミーナ!」

ユミル「じゃあクリスタ、頼み聞いたんだから今夜は一緒のベッドで寝ようぜ」

クリスタ「えぇっ!? そんなの聞いてないよ!」

ユミル「私がタダで働くと思ったのかー? 何があっても一緒に寝るからなー!」

アルミン(クリスタは、街で僕とエレン会わせるつもりなのか。確かに、訓練兵だけのここよりはマシか)

108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 15:14:15.88 ID:vBVRLg0j0

クリスタ「じゃ、アルミン! 私たちも街に行こうっ!」ギュッ

アルミン「わわっ、クリスタ、腕引っ張んないでっ」

ユミル「あれ、私は?」

ミーナ「私は?」

クリスタ「今日はアルミンと二人で遊ぶの!」

アルミン(完全女装)「えっ!(二人で遊ぶ、二人きり、デート!? クリスタとデート!? よっしゃあああああ!)」

クリスタ「行こうっアルミン!」スタスタスタ

ユミル「行っちまった……え、私、クリスタに嫌われたの?」

サシャ「クリスタに鬱陶しがられたんじゃないですかー?」

ユミル「えっ、そ、そうなのかコニー!?」

コニー「俺に聞くなよ!」

ミーナ「んー、だったら私たちも街へ行っちゃおっか? 偶然ばったり会うんだったら問題ないもんね」

ユミル「そうだな、よし、そうしよう! ほら行くぞ芋女、バカ」

コニー「はぁ!? なんで俺がお前らと街行かなきゃなんねえんだよぉー?」

109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 15:34:40.29 ID:vBVRLg0j0

―ウォール・ローゼ南方の街―

クリスタ「あっちの壁の、その向こうがトロスト区なんだね!」

アルミン「あー、確かジャンの出身地だったね」

クリスタ「今や壁一枚向こうは巨人だらけの最前線の街だもんね……」

アルミン「ジャンも……その不安をたまに僕に相談してたよ。家族を連れて内地に行きたいって」

クリスタ「あのジャンが……そんなことアルミンに相談してたんだ」

アルミン「エレンとは衝突してばかりだけど、ジャンも家族思いの良い人なんだよね」

クリスタ「ふふっ」

アルミン「? なんで笑うのクリスタ」

クリスタ「アルミンって優しいなーって思って」ニコッ

アルミン「あ、あはははは、そうかい?(かっわいいいい!!! やっぱりこうして良かったあああああ!!!)

112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 15:42:31.59 ID:vBVRLg0j0

ベルトルト「あっ」

アルミン「あっ」

クリスタ「あっ、ベルトルト!」

ベルトルト「やあクリスタ、ええっと……そっちの子はクリスタの友達?」

アルミン「えっ、ベルトルト(まさか、ベルトルトも僕に気づかないなんて……)」

ベルトルト「っ? その声は……えっ、もしかしてアルミン!?」

クリスタ「ふふふっ、そうなんだよー! 私がお願いしてね、女装してもらったの!」

ベルトルト「……そ、そうなの?」

アルミン「う、うん……クリスタの頼みでこうなってる、うん」

ベルトルト「……か、可愛い」ボソッ

アルミン「えっ、今なんて言った?(あれ、なんだこの胸のざわつきは)」

114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 15:51:52.13 ID:vBVRLg0j0

クリスタ「でも、珍しいね」

ベルトルト「……な、何が?」

クリスタ「訓練休暇にベルトルトが一人で街に来てるって」

ベルトルト「そ、そうかなぁ」

アルミン「そういえばライナーは?」

ベルトルト「ライナーは……多分この街の大通りの方にいるんじゃないかな?」

アルミン「そっか、一緒じゃないの?」

ベルトルト「う、うん、僕はこっちに用があって」

クリスタ「へえー、なんだかわからないけどお互い休暇楽しもうね!」

ベルトルト「うん、じゃあ……またね二人とも!」

クリスタ「ばいばーい!」

アルミン「じゃあね、ベルトルト(ベルトルトはトロスト区の方の壁見上げて何してたんだろうな……)」

115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 16:02:02.76 ID:vBVRLg0j0

―大通り―

クリスタ「さすがは大通りだね」

アルミン「賑わってるねー、人でいっぱいだ」

クリスタ「わあっ、アルミン! よく見たら私たち以外の訓練兵もいっぱいいるよ!」

アルミン「そうだねー、偶の休暇に集まる所はみんな一緒ってわけだ」

クリスタ「こうして見ると、みんな普通の子供たちだよね!」

アルミン「はははっ、それは僕とクリスタにも言えることじゃないか」

クリスタ「ああっ、それもそうだった……てへ」

アルミン(うっわめっちゃ可愛いじゃんよおおおおおおクリスタはああああああん!!!)

クリスタ「普通の子供たち、とかおばさん臭かったかな?」

アルミン「そんなことないよ、クリスタはどこからどう見てもただの女の子だもん」

クリスタ「アルミンも、どこからどう見てもただの可愛い女の子だよっ」クスッ

アルミン「……(あれ? どうしようこれ。僕、ハマっちゃいそう)」

116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 16:10:48.74 ID:vBVRLg0j0

ワイワイガヤガヤ、ワイワイガヤガヤ

アルミン「人が多いね……大丈夫クリスタ? 疲れたら言ってね」

クリスタ「大丈夫っ! 毎日訓練してるんだもんこんなことで疲れたりしないよ!」

アルミン「そっか、元気だなークリスタ」

クリスタ「ふふん!」

アルミン「……でさ、あのねクリスタ」

クリスタ「うん? なあにアルミン?」

アルミン「多分だけど、クリスタは街の中で僕とエレンを会わせたいんだよね?」

クリスタ「あ……やっぱりバレてた?」

アルミン「それはいいんだけどね、クリスタ。この、人が多くて広い街の中でそれをどうやってやるの?」

クリスタ「……。……? ……あっ」

アルミン(あ、あれぇ……? クリスタってまさかアホの子なんじゃないだろうな?)

119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 16:31:05.08 ID:vBVRLg0j0

アルミン「まあ、さっきも言ったように集まる所はみんな似たようなものだろうし」

クリスタ「う、うん」

アルミン「こういう訓練兵がたくさん集まりそうな所を見て回ればいつかは見つかるんじゃないかな」

クリスタ「な、なんかアルミン」

アルミン「ん?」

クリスタ「なんというか、凄く他人事な感じがするのは気のせいかな」

アルミン「……あ、ああ(そうか、今のエレン探しは僕のためにやってるってことになってるんだ)」

クリスタ「その……なんか私がアルミンを付き合わせちゃってるみたいな感じになってて申し訳なくて……」

アルミン「大丈夫だよ、クリスタが僕に協力してくれてるんでしょ?(いや実際そうなんだけどさぁ)」

クリスタ「う、うんっ!」

アルミン(……なんか僕、気付かぬうちに底なし沼に沈んでいってないか?)

125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 17:45:43.04 ID:vBVRLg0j0

アルミン(それと一つ、何か引っかかることがあるんだけど……)

クリスタ「あー、この服可愛い! どうしよっかな、給付金持ってきたし買っちゃおうかな」

アルミン「クリスタが着たらどんな服だって可愛くなっちゃうよ」

クリスタ「もーアルミンってば、そんな可愛い格好で言われても嫌味なだけだよ?///」

アルミン(なんだ? この引っかかるもの……物凄く、この身に関わることな気がする)

クリスタ「あっ! この服アルミンが着たらとっても似合いそう! どうこれ!? 私買うから今度着て見てよ!」

アルミン「そんな悪いよ……せっかくの給付金なんだから自分の為に使いな」

クリスタ「このスカートもアルミン似合いそう……ん? あっ! アルミン! あのお花屋さんの前にいるのエレンたちじゃない!?」

アルミン(なんだろう、今すぐにでも気付かなきゃ僕、死ぬ気がする。そんな嫌な予感が……)

クリスタ「おーいエレーン!」

エレン「ん? おお、クリスタ! ……と、誰だ横にいる女の子、は」

ミカサ「……」

アルミン「……」

ミカサ「……」

アルミン「……(そうだ、ミカサがいたんだったァァァァァァァ!!!)

126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 17:55:18.99 ID:vBVRLg0j0

ミカサ「……」

アルミン「……」

クリスタ「えへへ、可愛いでしょ! 実はねアル」

アルミン「クリスタダメェ!」(全力の女声)

クリスタ「ひえっ!」

ミカサ「……」

ミカサ『私たち夫婦の絆を壊すようなことをしたら、許さないから』

アルミン「ッ!?」ゾクッ

アルミン(な、なんだこの背中を下から上に撫ぜる悪寒は!?)

ミカサ「……」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

アルミン(ミカサの僕を見る目が大変なことになってる。僕だって勘付かれた!?)

ミカサ「……」スタ……スタ……

アルミン(こっちに来る! この状況、ミカサの今の心境……恐らくだが、初めて感じるが)

ミカサ(『戦え!』『戦え!』『戦え!』)スタ……スタ……

アルミン(これはまさしく……殺気!?)

128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 18:04:28.73 ID:vBVRLg0j0

アルミン「クリスタ先に寮へ帰ってて良いから!」ダダダッ!

クリスタ「えっ!? ど、どうしたの急に走り出して!?」

ミカサ「……逃がさない」シュダダダダダッ!

エレン「うわっ! なんだよミカサ!? どうしたんだよ!」

クリスタ「……ミカサも行っちゃった」

エレン「……」

クリスタ「……あ、エレン」

エレン「よお、クリスタ。さっきの子は誰だったんだ?」

クリスタ「ああ、そうそう。うふふっ、可愛いでしょ?」

エレン「あ、ああ、そうだな」

クリスタ「あの子ね、実はアル」

ユミル「クリスタちゃああああん! 見つけたぞー!!」ギュッ

クリスタ「わ、わぁっ! ユミルっ! 驚かさないでよ!」

ユミル(何だか知らねえがアルミン、お前が苦労してるのはなんとなくわかる。あいつらが来るまでどうにかミカサから逃げのびてくれ)

131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 18:14:06.11 ID:vBVRLg0j0

ミカサ「アルミン……アルミンなんでしょ? ねえ返事してよアルミン、ねえってば」ダダダッ!

アルミン(うおおおおおおお! 後ろから声が、ミカサの声が!)ダダダッ

ミカサ「アルミン、アルミン、アルミン……どうして逃げるの? 私から逃げる理由があるの? どうしてアルミン」

アルミン(完全女装)(うっわ、うっわうっわスカート走りづらいいいいいい! こんなんじゃすぐつかま)

ミカサ「……」バリバリッ、ビリビリビリッ、バチバチバチ(脳から強い電流が流れる音)

アルミン「……へ?」

ミカサ「……ト……ダチ……ミン……」ブツブツブツ

アルミン「……な、なんか言ってる」

ミカサ(リミッター解除:『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツブツ

アルミン(なんか凄いことになってるよおおおおおおおおおおおおおおお!!!)

200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 00:40:28.95 ID:xvVMENXZ0

ライナー「おっちゃんこの服くれー」

おっちゃん「はいよまいどありー」

ライナー「……ベルトルトは無事に下見できてるのか? まあ心配いらんだろう」

ドドドドドドドドドドドド

ライナー「ん、なんだこの音? え? ベルトルト、まさかあいつ、いやまさかな」

「うおー! なんだ今物凄い勢いで女の子が走り抜けていったぞ!」

「と思ったらまた女の子がさっきの子追いかけていったぞ!」

「なんだなんだ何が始まるってんだ!」

「追いかけてた女の子めっちゃ怖かったぞ!」

「逃げてた女の子めっちゃ可愛かったぞ!」

ライナー(? なんだなんの騒ぎだ?)

アルミン(完全女装)「すみませんどいてくださいぃぃぃぃ!」

ライナー「はうぁあああああ!!!」ドキーン

205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 00:58:30.58 ID:xvVMENXZ0

ライナー(なんだこの気持ちは、俺の発達した大胸筋のもっと奥がざわつくこの気持ちは///)ドキドキ

ライナー(目の前から迫りくるこの世の者とは思えない可愛さをもったあの女の子を見てからだ///)ドキドキ

ライナー(胸が苦しい……まさか、そんなまさか!? ライナー! お前は戦士なんじゃねえのか!?)ドキドキ

ライナー(常に硬派で訓練兵みんなの兄貴分、漢ライナーじゃなかったのかよ!? ……そんな、こ、これが)ドキドキ

アルミン(完全女装)「すみませんどいてくださぁぁぁいぃぃぃ!」

ライナー(……一目惚れ//////////////)ドキドキ

ライナー(いやいかん! ライナー目を覚ませライナー!)

ライナー(俺には結婚を誓った(嘘)最愛の天使クリスタがいるじゃねえか!)

ライナー(何を考えてるんだライナー、浮気なんて戦士がすることじゃねえ!)

アルミン(完全女装)「どいて、お願いっ! どいてぇぇぇ!!!」

ライナー(……結婚したい)

206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 01:10:22.04 ID:xvVMENXZ0

アルミン(大通りで人が多くて助かった、ミカサも全速力で走れない!)

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツ

アルミン(さっきから何を言ってるんだミカサは……? そ、それよりもまず今はこの状況を整理しないと!)

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツ

アルミン(なんで追っかけてくる? なんで殺気を放つ? なんでなんか凄いことになってる?)

アルミン(そもそもミカサは、今の僕を見てアルミンだと認識して)

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツ

アルミン(……るのか)

アルミン(その上でこの状況! 少なくともミカサが僕に危害を加えようとしたことなんてなかった!)

アルミン(……どうして)

ミカサ『……たとえアルミンでも、私たち夫婦の絆を壊すようなことをしたら、許さないから』

アルミン(しっかり言ってましたああああああああああああああああ!!!)

208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 01:26:02.52 ID:xvVMENXZ0

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツ

アルミン(確かについ昨晩にしっかり言ってたね! 堂々と宣言してたね!)

アルミン(でもどうしてだいミカサ! 昨日も言ったようにミカサとエレンは夫婦なんだから(方便)、僕とエレンの関係なんて鼻で笑えよ!)

アルミン(……)

アルミン(いや別にそんな関係になったつもりはないけどさぁ!!!)

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツ

アルミン(初々しいカップルの関係なんて鼻で笑い飛ばせミカサとエレンは夫婦なんだからって言ったじゃないか!)

アルミン(どうしてこんなことになっちゃってるんだいミカサ!)

ミカサ『……たとえアルミンでも、私たち夫婦の絆を壊すようなことをしたら、許さないから』

ミカサ『私たち夫婦の絆を壊すようなことをしたら、許さないから』

アルミン(……? 待てよ、まさか)

ミカサ『私たち夫婦の絆を壊すようなことをしたら』

ミカサ『私たち夫婦の絆を壊すような』

アルミン(あまりそうは思いたくない……けどまさか!)

アルミン(ミカサがエレンとの夫婦仲を危惧するレベルで僕が可愛くなってしまったということかァ!!!)

210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 01:40:39.62 ID:xvVMENXZ0

アルミン「ひぃぃぃぃ! ……? あれは、ライナー!」

ライナー「……うぁっ、こっち向いてくれた///」ドキドキ

アルミン(これは……ライナーには申し訳ないけど、君の体の大きさを利用させてもらうよ!)

ライナー「あ、あのっ! これから一緒にお食事」

アルミン(ライナーの横を抜けて体勢を低く保ち逃げる!)タッタッタッタッタ

ライナー「……行っちまった、ちぇっ。お? あれはミカサじゃないか」

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツ

ライナー「おーいミカサぁ! 一人かぁ!? エレンのやつはどうしたぁ!?」

アルミン(ミカサと僕の直線状にライナーを置き、ライナーの影に隠れつつ逃げる!)

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツ

ライナー「ははは、お前が一人なんて珍しいな! ああそうだ、さっき美味そうなお菓子買ったんだよミカサも食べ」

ミカサ(『覚醒』)「邪魔」

ライナー「ぐわああああああああああああああああああああああああ!!!」

ミカサ(『覚醒』)「……」

ミカサ(『覚醒』)「見失った……」

214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 02:00:09.76 ID:xvVMENXZ0

―大通り・路地裏―

アルミン「はあ、はあ、っはあ! な、なんとか逃れられた……」

アルミン「くそぅっ、一体僕が何したっていうんだ」グスン

アルミン「いつもいつも胃痛を引き起こしてくれる原因のエレンをちょっとからかってみただけじゃないか!」

アルミン「……それがいけないっていうのかよっ、僕は……僕はちょっとやり返すのもダメなのかよ!」

アルミン「……」

アルミン「どうしてこうなった」

アニ「じゃあねおばちゃん。また来るね」

アニ(あー良い買い物した。路地裏でこんな可愛い人形売ってるなんて……帰ったらミーナに自慢しよ)

アルミン「……あ」

アニ「……え」

アルミン(完全女装)「……あ、アニ」

アニ(人形抱きしめてるアニ)「……え、アル、え、ミン?」

217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 02:18:03.40 ID:xvVMENXZ0

アニ(人形抱きしめてるアニ)(……えっ、アル、ミンで良いんだよ、ね?)

アニ(人形抱きしめてるアニ)(可愛い……じゃない! なんだその格好は……なんだその格好は!?)

アニ(人形抱きしめてるアニ)(何? これがアルミンの休暇の過ごし方なの? え、そういう趣味なの?)

アルミン(完全女装)(アニ、人形抱きしめてるよ)

アルミン(完全女装)(へー、アニも意外と女の子な趣味あるんだなぁ)

アルミン(完全女装)(あーいやいや! アニだって女の子なんだから意外とか言ったら失礼だよ!)

アニ(人形抱きしめてるアニ)(これは……どうすれば良いんだ? いや、人の趣味なんて人それぞれだし私も認めてあげなくちゃいけないのか!)

アルミン(完全女装)(でも、やっぱり意外だよアニ。訓練兵の中では『氷の女』とか言われてるけど、全然乙女じゃないか!)

アニ・アルミン「……い、良い趣味して」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

アニ・アルミン「……る……ね?」

ミカサ(『覚醒』)「……」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

アニ・アルミン「……」

ミカサ(『覚醒』)「ア・ル・ミ・ン・ミ・ツ・ケ・タ」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 02:33:06.71 ID:xvVMENXZ0

アルミン(ん見ぃぃぃぃつかったあああああああああああ!!!)

アニ「な、何あれ! あれも趣味なの!?」

アルミン「何言ってるんだいアニ!? 早く逃げなきゃ!」グイッ

アニ「あっ」

アルミン「えっ!? どうしたのアニ!? 早く、今は早く逃げるんだ!」

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツブツ

アルミン「来るよおおおおおおおおお!! 早く逃げるんだアニいいいいい!!」

アニ「……手とか、握られたことなかったんだよ///」

アルミン(完全女装)「……」

アルミン(完全女装)(乙女えええええええええええええええええええ!!!)

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツブツ

アニ「アルミン……手、離して」

アルミン「ええっ!? どうして!?」

アニ「アルミンには私の恥ずかしい姿見られ過ぎた。私はね……『氷の女』って思われてた方が、居心地が良いんだよ」

223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 02:47:08.90 ID:xvVMENXZ0

アニ「このお人形さん持ってて」

アルミン「えっ? っと、アニ……何するの?」

アニ「あんたはそのまま逃げてな、理由はわからないけどあの女に殺されそうなんでしょ?」

アルミン「……(はい全くその通りでございます)」

アニ「ちょうど良いね、訓練休暇の日も格闘術の訓練は継続してやるつもりだったんだ」

アルミン「まさか、アニ?」

アニ「それに……あんな状態の成績順位暫定一位さんなんて貴重じゃないか」

アルミン(そのまさかじゃんか、アニ……格闘術の構えしてるよ。止めるべきか!)

アニ「止めるな!」

アルミン(完全女装)「ひっ!」

アニ「最近はどこぞの死に急ぎの練習相手ばかりしてるから、久しぶりに格上とやってみたくなったんだよ」

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツブツ

アニ「アルミンは早く逃げな」

226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 03:11:14.42 ID:xvVMENXZ0

風を切る音を残し、アニの右足から繰り出される鋭い蹴りがミカサの側頭部をとらえる。
……が、次に聞こえた音はアニの蹴りが頭を直撃する鈍い音ではなく、威力を全て殺され軽く受け止められる気の抜けた音だった。

アニ「ッ!? ……な」

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツブツ

すぐに受け止められた足を引き、その反動で瞬時に一回転、渾身の後ろ回し蹴りをミカサの顎目がけて放つ。
重く鈍い音。そしてすぐに辺りはミカサの声だけを残し静まりかえる。そう、ミカサの声は消えていないのだ。

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツブツ

アニ「ぅうっぐぅぅ……!」

重く鈍い音がしたのは確かだ。しかしそれはアニの蹴りがミカサの顎を直撃したそれではなかった。
必死で痛みからくる悲鳴を堪えるアニ。もはやアニの右足は使い物にならなくなっていた。
あの音の正体……それは、アニの蹴りをミカサが真正面から殴り飛ばした音だったのだ。

アルミン(完全女装)「……あ」

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツブツ

アルミン(完全女装)「……あ、ああ、あ」

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツブツ

アルミン(完全女装)「アニィィィィィィィィィィッ!!!」

229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 03:24:23.15 ID:xvVMENXZ0

ミカサ(『覚醒』)「邪魔」

アニ「ぐぅっ!」

アルミン(アニがやられた……くそっ! 僕はまたこうして震えるだけで何もできないのか!?)

アニ「……逃げ……な。お人形さん持って……早く……はや、く!」

アルミン(アニがせっかく僕を助けようとして闘ったのに! 僕は……僕はッ!)

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツブツ

アルミン(怖い、怖いよ! 死ぬほど怖いよ! だからってアニを置いて逃げるのか!?)

アルミン(死ぬほど怖ければ逃げて良いっていうのか!? 違うだろ!)

アルミン(弱いから逃げるんだ! 死ぬほど怖くたって逃げない人間を、僕は知ってるはずだ!)

アルミン(そしてその人間は、強い! 僕が尊敬する、大好きな幼馴染!)

アルミン(力を貸してとは言わない、ただ、見てろ!)

アルミン「……逃げない、どんなに怖くたって!」

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツブツ

アルミン(完全女装)「僕は闘う!!!」

231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 03:38:09.79 ID:xvVMENXZ0

アルミン『……ん』

アルミン『……あれ、ここは』

アルミン『アニ!? ミカサッ!? ……あれ?』

アルミン『いない……それに僕は路地裏にいたはずじゃ、なんだこの草原は』

アルミン『え、っと。ミカサと対峙してからの記憶がない、どうしたんだ、誰かがここへ運び込んだのか?』

アルミン『見渡す限りの草原……巨人もいない、ここはウォール・ローゼなのか? シーナなのか?』

アルミン『とりあえず人を呼ばないと! おーい! おーい!』

???『うるっせぇーなー、ったくよー。せっかく寝てたのによー、少しは休ませてくれってんだよったくよー』

アルミン『草原の中から何かが起き上がって……ッ!? その形、そして荒れた表面、まさか君は!?』

アルミ胃ン『ったく、本体様は俺を休ませないのが趣味なのかよっつう話しだよ』

アルミン『アルミ胃ィィィィィィィィィン!!!』

238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 03:54:08.31 ID:xvVMENXZ0

アルミ胃ン『うるっせえよ、んな大声で怒鳴らなくても聞こえてるわ!』

アルミン『ど、どうしてアルミ胃ンが僕の目の前に!? じゃ、じゃあ僕の中のアルミ胃ンはどこに!?』

アルミ胃ン『落ちつけよ本体様さんよ、俺が外に出てきたとでも思ってんのか?』

アルミン『えっ、ち、違うのかい!?』

アルミ胃ン『違うに決まってんだろうがボケ! 大体、人間と同じ大きさの人間の喋る胃があってたまるか!』

アルミン『……ッハ!(それもそうだ!)』

アルミ胃ン『ったくよー、可愛らしい格好しちゃって本体様ぁ。おつむは良い方だったんじゃねえのかよ?』

アルミン『こんな状況に対処できる頭なんて持ってないよ!』

アルミ胃ン『それもそうかぁ』

アルミン『こ、ここはどこなんだい? 僕は死んだのかい?』

アルミ胃ン『ここは本体様の腹ン中だよ』

アルミン『えっ! ……僕の、中?』

アルミ胃ン『そうだ、つまりは俺が出てきたんじゃなくて、本体様が入ってきたっつうわけだ』

243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 04:06:20.15 ID:xvVMENXZ0

アルミン『なんだって!? この草原は、僕のお腹の中なのか!?』

アルミ胃ン『だからそう言ってんだろ』

アルミン『きょ、興味深い、人間が自分のお腹の中に入った時、辺りは草原のように見えるのか!』

アルミ胃ン『軽く変人みたいなこと言ってるから気をつけろ本体様』

アルミン『凄いな、草原かぁ!』

アルミ胃ン『あ、いやなこれな、草原に見せてるだけなんだ』

アルミン『……え? 見せてるだけ? どういうことだい?』

アルミ胃ン『上に太陽があるだろ?』

アルミン『ああ、どこからどう見ても太陽だよ』

アルミ胃ン『あれはこの草原ホームでは太陽っつう象徴になってるけど、脳みそだ』

アルミン『……? え? ん?』

アルミ胃ン『アルミソだ。お前が可愛がってでっかくでっかく育った、お前の脳みそだ』

アルミン『アルミソォォォォォォォォォ!!!』

249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 04:34:23.24 ID:xvVMENXZ0

アルミ胃ン『あの太陽……アルミソが、本体様に気ィつかって腹の中を草原に見せてくれてんだ』

アルミン『そ、そんなことができるのかい僕のアルミソは!?』

アルミ胃ン『ホームはノーマル、草原、お家、訓練所、男子寮、森、街中、川、船の中、巨人だらけがある』

アルミン(ほとんど見たことある記憶ばっかりじゃないか……それもそうか。草原は想像するに難くないからって感じかな)

アルミン『ちなみに、ノーマルってどんなのなんだい?』

アルミ胃ン『……見たいの?』

アルミン『ああ! こんな貴重な体験、知れる内に知っとかないと!』

アルミ胃ン『わかったよ……アルミソ! 本体様のご要望、ノーマルだ!』

草原→ノーマル

アルミン『ッんな!?』

アルミ胃ン『もちろんわかってたんだろうが、一応言っとくと、ノーマルはもろ本体様の腹の中、だ』

アルミン『ひ、ひぃぃぃぃぃぃ!』

アルミ胃ン『実際にこういう構造ってわけじゃねえけどな、臓物大集合ホーム……だ?』

アルミン『……』ゲロゲロゲロ

アルミ胃ン『アルミソォォォォォ! 草原! 早く草原にしてえええええ!』

250:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 04:55:46.82 ID:xvVMENXZ0

ノーマル→草原

アルミン『はあ、はあ、はあ……うっぷ』

アルミ胃ン『落ち着いたかよ本体様』

アルミン『あ、ああ、大分ね』

アルミ胃ン『……そうかい』

アルミン『……どうして』

アルミ胃ン『……』

アルミン『どうして僕をここへ呼んだんだい?』

アルミ胃ン『……アルミソが呼んだんだよ、覚えてるか? 今朝、本体様の防衛本能によって頭の回転が停止したの』

アルミン『……ああ、あの時か(服を脱がされてクリスタたちに好き放題された時、一時思考が止まったんだ)』

アルミ胃ン『その時にな、アルミソが本体様の意識を内部へ移転させる能力を覚醒させたんだ』

アルミン『な、なるほど(なんだそれ)』

アルミ胃ン『この意識移転も、ある種の防衛本能なんだろうな』

アルミン『ど、どうしてアルミソは今、そんなことを?』

アルミ胃ン『……それが本題だ。助けるためだ、本体様……そんでもってミカサをよ』

252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 05:07:42.19 ID:xvVMENXZ0

アルミン『僕と、ミカサを助ける……?』

アルミ胃ン『本体様……俺もあんたの一部だって事を忘れるんじゃあないぜ』

アルミン『アルミ胃ン……』

アルミ胃ン『つまりすなわち、俺が言うことは本体様も心の奥で、体の中で思ってることだってことだ』

アルミ胃ン『そんでもって、本体様の可愛がってる賢いアルミソは、しっかりそれを理解して考えてる』

アルミン『な、何を……』

アルミ胃ン『ミカサの暴走を止める方法だよ』

アルミン『ッ!?』

アルミ胃ン『助けるも何も、俺はあんた……本体様の一部なんだ』

アルミン『……』

アルミ胃ン『助言じゃねえ、ただ、アルミンが本音をアルミンにぶちまけたってだけなんだよ』

アルミン『本音……ぶち、まける』

アルミ胃ン『本体様が気づく、それだけさ』

253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 05:21:01.01 ID:xvVMENXZ0

アルミン『アルミ胃ン僕は』

アルミ胃ン『おーっともう時間がねえ! アルミソ! 本体様の意識を外に移転しろ!』

アルミン『ま、待って! まだ話し足りないよ!』

アルミ胃ン『何言ってんだよ、いつだって話せるじゃねえか鏡に向かってよォ!』

アルミン(違う、そうじゃない、一言だけ……せめて一言!)

アルミ胃ン『移転が始まった……本体様、せいぜい頑張りな。大切な友達、助けてやれよ』

アルミン『アルミ胃ン!』

アルミ胃ン『なーんだよまだ何かあるのかったくよー。ったくお喋りな本体様だ』

アルミン『ごめん、ごめんねアルミ胃ン!』

アルミ胃ン『……』

アルミン『こんな本体で……いつもいつも、アルミ胃ンを痛めつけてる本体でごめんね!』

アルミン『もっと胃痛とか起こさない良い本体がよかったよね! 本当に、こんな弱い本体でごめん!』グスン、ヒッグ、グスン

アルミ胃ン『……ははは、ばーか。こちとら生まれた時からずっと本体様と一緒なんだ』

アルミン『――――――――――!』

アルミ胃ン『……ここより居心地の良い体なんざ、知ってるわけねえだろったくよ』

257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 05:34:18.60 ID:xvVMENXZ0

「おいマルコ! なんとしてでもミカサ押さえつけてろ!」

「無理無理無理だって! あそこに倒れてるのアニでしょ!? 僕がミカサ抑えられるわけないって!」

「おいお嬢ちゃん! しっかりしろ、大丈夫かお嬢ちゃん!」

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツブツ

アルミン「……んぅ、こ、こ、は?」パチッ

マルコ「ジャン! 女の子は目を覚ましたのかい!?」

ジャン「……お、おお! 大丈夫そうだ!(……おいおい、この子)」

アルミン(ジャンとマルコ……とミカサも!?)

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツブツ

アルミン(そういえばこの二人も今朝、意気揚々と街へ行くって言ってたな)

ミカサ(『覚醒』)「邪魔」

マルコ「ぐふっ」

ジャン「マルコォォォォォォォォォ!!(……この子)」

アルミン(完全女装)「くっ! 眠ってる場合じゃない!」

ジャン「……(めちゃくちゃ可愛いじゃねえかあああああああ!!!)」

258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 05:44:37.40 ID:xvVMENXZ0

ジャン(……可愛い)

ジャン(いやいやいや! おいジャン、てめえ何考えてんだ馬鹿野郎ッ!)

ジャン(俺には心に決めた相手、ミカサがいるんじゃねえのかよ!)

ジャン(あの黒い綺麗な髪に一目惚れして、それ以来俺はミカサを好きでいると誓っただろうが!)

ジャン(……それを、どこの誰だか知らねえ女の……子)

アルミン(完全女装)「……あ、ああ、ミカサが来るよ! ミカサが近づいて来るって!」ブルブルブル

ジャン(震えて……可愛い小動物みてえだ)

ジャン(違う違う違う! だから俺はミカサ一筋なんだっつうの!)

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツブツ

ジャン(……そう、俺の好きなやつはただ一人! ミカ)クルッ

ミカサ(『覚醒』)「……」

ジャン(ちけえ……)

ミカサ(『覚醒』)「邪ま……」

260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 05:58:12.61 ID:xvVMENXZ0

ジャン(なんだっつうんだ!)

ジャン(偶の休暇で街へ出たら、死に急ぎ野郎とミカサが並んで歩いてやがって!)

ジャン(遊び半分で(物凄く真剣に)二人のあとつけてたら、いきなりミカサが女の子追って走り始めて!)

ジャン(ライナーの野郎は千切り飛ばされるわアニはぶっ倒れるわマルコもやられるわ!)

ミカサ(『覚醒』)「……魔」

ジャン(今度は俺がやられる番なのかよおおおおおおおおお!!)

ガシッ!

ミカサ(『覚醒』)「……ッ」

ジャン「ッ!? お、お前ら!」

サシャ「大丈夫ですか!? アルミン! ジャン!」

コニー「どういうことだよこれおい!? ユミルに言われてミカサ探してたらよォ! なんだこれどういう状況だ!?」

ミーナ「アルミン大丈夫!? 怪我ない!?(やっぱりアルミンきゅん可愛いいいいい! 怪我あったらペロペロしたいよぉぉぉぉ!)」

アルミン(完全女装)「サシャ! コニー! ミーナ!」

ジャン(ん? ちょっと待て、え? なんだ? アルミンっつったか? あーん? ど、どこにアルミンがいるんだ?)

279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 09:13:01.63 ID:xvVMENXZ0

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツブツ

サシャ「ぬうぐおおおおおお……! 三人がかりでも押さえつけられませんよっ!」

コニー「っていうか今にも吹き飛ばされそうだ! こいつミカサだよな!? 化け物とかじゃねえよな!?」

サシャ「ミカサ! 聞こえてますか!? どうしたんですかそんなにおなか減ってるんですかァ!?」

コニー「お前じゃねえんだからそんなワケねえだろうが!」

ミカサ(『覚醒』)「アルミンは友達アルミンは幼馴染アルミンは大切な友達アルミンは……」ブツブツブツ

アルミン「サシャ! コニー! ミーナ! もういい、ミカサから離れてくれ」

サシャ「アル……ミン? でもそうしてしまうと、またアルミンを襲うんじゃないですか!?」

ジャン「……おい、ちょ」

コニー「今すぐにでもジャンとアルミンに取り押さえるの手伝ってほしい状況なのに、離せってなんだよ!?」

ジャン「え……えとぉ」

アルミン(完全女装)「大丈夫だ! ミカサを止める方法を考えた! 一か八かだけど、僕を信じてくれ!」

ジャン「あの……さぁ、え? この女の子、アルミンなのか?」

281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/25(土) 09:24:42.72 ID:xvVMENXZ0

コニー「ああァ!? なんだこんな時に!? そうだよアルミンって名前の女の子だ!」

ジャン「おいサシャ、ミーナ。この子は死に急ぎ野郎の友人のアルミンなのか?」

アルミン(完全女装)「ジャン……僕はアルミン・アルレルトだよ。エレンの幼馴染の」

サシャ「……そのように、クリスタから聞いてますけど」

ミーナ「正真正銘男の子のアルミンだよっ!(あーマジでアルミン舐めたい)」

ジャン「……」

コニー「……? ……っ! ……ッ!?」

ジャン(なんてこったぁぁぁああああああああ!!! 野郎……しかもアルミンだったのかよおおおおおおおお!!!)

コニー「どういうことだそれえええええええ! おいアルミン! お前ってアルミンだったのか!」

アルミン(完全女装)「そ、そうだけど。コニー……今さらかよ」

コニー「アルミンすげえ可愛いじゃねえかっ! すげえなっ!!」

ジャン(俺は……アルミンを、野郎を好きになりそうだったってのかよ!)

ponz
ponz
@ponz

Related Articles関連記事

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツは『進撃の巨人』の登場人物で、「始祖ユミル」とも呼ばれている。エルディア人こと「ユミルの民」の始祖となった女性で、光るムカデのような生物と接触したことで彼女は「始祖の巨人」の能力を得たとされている。マリア・ローゼ・シーナという名前の3人の娘達がおり、パラディ島の3重の壁は彼女達の名前から名付けられた。ユミルの死後、巨人化能力は3人の娘達に引き継がれ、さらに子々孫々に脈々と継承されることとなった。

Read Article

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団に所属する兵士長。1人で1個旅団(約4000人)並みの戦力を持つとされ、「人類最強の兵士」として名高い。三白眼と刈り上げた髪型、小柄な体格が特徴で、ブレードを逆手に持って回転しながら巨人の肉を切り刻む戦闘スタイルを好んでいる。性格は冷静沈着で無愛想。スラム出身ということで言動も粗暴である。神経質で潔癖症だが、部下の最期を看取る際には汚れを気にせず手を握るという仲間想いの一面もある。

Read Article

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄。「獣の巨人」の継承者として調査兵団の前に立ちはだかり、高い投擲能力で多くの兵士を殺傷した。「九つの巨人」の継承者で組織されるマーレの戦士部隊のリーダーであり、多くの戦場でマーレに勝利をもたらしてきた。しかしその真の目的はエルディア人の救済であり、全てのエルディア人から生殖能力を奪うことで巨人の力を巡るこれ以上の悲劇を起こらないようにしたいと考えている。

Read Article

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハートとは、『週刊少年マガジン』に連載されている諫山創原作の漫画・テレビアニメ作品に登場する人物である。主人公のエレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団に所属し、卒業後は憲兵団に入団する。口数が少なく感情を表に表さないため、取っ付きにくい印象を与える性格。しかし格闘技に優れており、冷静な判断を下せるため訓練兵団卒業の際は4位の成績を収める実力の持ち主。

Read Article

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で、ユミルの民であることを偽造してマーレ人になりすまし、マーレ治安当局の職員として潜入していたエルディア復権派のスパイである。九つの巨人の一つである「進撃の巨人」の力を身に宿し、通称「フクロウ」と呼ばれている。 ユミルの呪いによって寿命が近い自分の代わりに、グリシャ・イエーガーにエルディア復権の願いを託して壁の中へ行くよう指示した。その後進撃の巨人を継承させる為無垢の巨人化したグリシャに捕食され、スパイとしての任務を果たし、その生涯を終えた。

Read Article

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガーとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の主人公。壁の外の世界に強い憧れを持っており、幼少期から調査兵団に入ることを目指してきた。その想いは、母親を巨人に食い殺されたことで一層強まり、調査兵団に入って巨人を駆逐することを心に誓う。性格は熱血漢で直情的。無鉄砲と思えるほどの勇敢さから、強大な巨人相手にも物怖じせずに向かっていく。命の危機に瀕した際に巨人化する能力に目覚め、人類の自由のためにその力を振るっていくことになる。

Read Article

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスターとは『進撃の巨人』の登場人物で、104期訓練兵団の卒業生。当初は駐屯兵団に所属していたが、ウォール・マリア最終奪還作戦の前に調査兵団に移籍した。「獣の巨人」を倒すための特攻作戦では唯一生き残り、瀕死のエルヴィン団長をリヴァイ達の元へ連れて行った。その後はエレンをパラディ島の救世主として祭り上げる「イェーガー派」の中心人物として、兵団総統を暗殺しクーデターを先導した。

Read Article

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライスとは『進撃の巨人』のキャラクターでマーレの戦士候補生。戦士候補生の同期であるガビ・ブラウンに好意を抱いており、彼女を救うために「鎧の巨人」継承を目指している。内気な性格だが、「悪魔の末裔」と言われるパラディ島の人々に対しても自分達と変わらない人間だと捉える優しい心の持ち主。心的外傷を負った兵士にも親切に接しており、そこでクルーガーと名乗る負傷兵と出会い、交流を深めていく。

Read Article

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で「車力の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成されるマーレの戦士の一員として、数々の戦場で功績を打ち立ててきた。当初は始祖奪還計画に参加せずマーレ本国を守っていたが、850年「獣の巨人」であるジーク・イェーガーと共にパラディ島に上陸する。ウォール・マリア奪還を狙う調査兵団との決戦では後方支援を担当し、負傷したジークと「鎧の巨人」であるライナー・ブラウンの逃走を助けた。性格はマイペースだが、冷静沈着で判断力に優れている。

Read Article

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディスとは『進撃の巨人』の登場人物で第104期訓練兵団の指導教官。スキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられている。元々は第12代団長として調査兵団を率いていたが、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせたにもかかわらず成果を残せなかったことから、自分の無能を悟りエルヴィン・スミスに団長職を引き継がせた。主人公エレンの父親であるグリシャ・イェーガーとは以前から面識があり、彼が消息を絶つ直前に顔を合わせた最後の人物である。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの父。シガンシナ区で診療所を開き街の人々から尊敬を集めていたが、シガンシナ区に巨人が流入した後行方不明となる。失踪直前エレンに巨人化の薬を打ち込み、世界の真実が隠された自宅地下室の鍵をエレンに託した。物語中盤で彼が壁外の世界から「始祖の巨人」奪還のためにやってきた巨人化能力者であったことが明らかとなる。

Read Article

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の団員。主人公エレン・イェーガーとはウォールローゼ南区第104期訓練兵団時代の同期である。責任感が強く、リーダーシップもあることから同期の中ではまとめ役を担っていた。しかし、その正体はウォール・マリアを破壊した「鎧の巨人」であり、始祖奪還を目的にパラディ島に送り込まれたマーレの戦士である。正体が判明した後はたびたびエレン達と対立し、始祖の力を巡って死闘を繰り広げていく。

Read Article

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリスとは『進撃の巨人』の登場人物で、憲兵団の新兵。アニ・レオンハートとは同期でルームメイト。ウェーブヘアが特徴の少女で、軽薄で不真面目な言動が多い。他の新兵同様安全な内地で楽をするために憲兵団に入ったが、実は機転の利くところがある。アニのことは愛想のない同期だと思っていたが、ストヘス区の戦闘以降行方不明になったことを心配しており、アニの正体が「女型の巨人」であることを知って大きなショックを受けていた。同期のマルロ・フロイデンベルクに好意を持っているが、マルロ本人は気づいていない。

Read Article

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツとは『進撃の巨人』の登場人物。主人公エレンの父親グリシャの前妻で「獣の巨人」ジークの母。その正体はフリッツ王家の末裔。ストーリー上、巨人の歴史と王家の情報を語る重要な役割を持つ。パラディ島に移住することを拒みマーレに留まった一族は、代々巨人の情報を隠し持っており、その末裔であるダイナはエルディア復権派と共に始祖の巨人の奪還を企てるが、計画は息子ジークの密告により失敗。ダイナは巨人化後、グリシャの後妻であるカルラを捕食する。最期はエレンの持つ座標の力で巨人の群れに喰われた。

Read Article

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルトとは『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。金髪ボブカットの中性的な外見を持つ。大人しいが芯の強い勇敢な性格で探求心が強い。祖父の影響で人類はいずれ壁の外に出るべきだという思想を持っており、エレンが外の世界に憧れるようになったのもアルミンの影響である。小柄で身体能力は低いものの、知能や判断力はずば抜けており、エレンや調査兵団の窮地をその知略で度々救っている。

Read Article

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物で、中央第一憲兵団対人立体機動部隊の隊長。かつて「切り裂きケニー」の異名を取った大量殺人鬼だったが、ウーリ・レイスとの出会いを経て現在は中央第一憲兵団に所属し対人戦闘を専門とする部隊を率いている。リヴァイ・アッカーマンの育ての親であり、彼に戦闘技術を教えた人物でもある。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、対立した調査兵団を大いに苦しめた。

Read Article

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団第13代団長である。調査兵団は人類の生存圏を広げることを目的とし、日々巨人との死闘を繰り広げている。その類まれなる頭脳と判断力から大きな功績を挙げているが、目的のためなら手段を選ばない非情さから「悪魔的」と称されることもある。彼の真の目的は世界の真実を解き明かし、「人類は王家によって記憶を改竄された」という父の仮説を証明すること。人類最強と称されるリヴァイ兵士長を調査兵団に入れたのも彼である。

Read Article

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマンとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。本作のヒロイン的ポジションで、幼い時にエレンに助けられた経験から、彼を守ることを自分の使命だと考えている。驚異的な身体能力を持ち、トップの成績で訓練兵団を卒業。実戦でも1人で複数の巨人を討伐する実績を残す。性格は寡黙で口下手だが、エレンのこととなると取り乱す一面もある。物語後半において、母方の祖先が東洋にあるヒィズル国将軍家だったことが明らかになった。

Read Article

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で、「マーレの戦士」候補生。天真爛漫で型破りな性格で、憧れの従兄であるライナーから「鎧の巨人」を継承するため日夜訓練に励んでいる。パラディ島のエルディア人を悪魔の末裔として強く憎んでおり、彼らを皆殺しにして自分達善良なエルディア人を収容区から解放することを願っていた。しかし成り行きでパラディ島に渡ることとなり、そこで出会った人々との交流からガビの考え方は変化し始める。

Read Article

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタインとは『進撃の巨人』の登場人物で、調査兵団に所属する兵士。第104期訓練兵団を6番で卒業した。自己の保身を第一に考える現実主義者で、思ったことを率直に言い過ぎる性格からたびたび主人公のエレン・イェーガーと対立していた。当初は巨人の脅威から逃れるために内地への配属を希望していたが、友人のマルコ・ボットが戦死したことで考えを大きく変え、調査兵団に入団する。入団後は持ち前の現状把握能力を活かして同期のまとめ役として活躍した。

Read Article

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイスとは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。壁内人類の真の王家であるレイス家当主。実質的には壁内での最高権力者である。ウーリ・レイスの兄であり、フリーダ・レイスやヒストリア・レイスの父親。正妻との間に5人の子がいたが、当時使用人として働いていたアルマとも関係を持ち、ヒストリアが産まれたことにより、事実的には子供は6人。だがグリシャにより正妻との間の子は皆殺されてしまい、生き残っている子供はヒストリアただ1人である。

Read Article

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団所属のベテラン兵士。初登場時は分隊長だったが、後にエルヴィン・スミス団長の後を継いで調査兵団第14代団長に就任する。ゴーグル(平常時は眼鏡)を着用し、茶髪を無造作に1つにまとめた中性的な外見をしている。明るく聡明な人物だが、巨人に対する情熱は人一倍で変人揃いの調査兵団内でも特に異彩を放っている。ウォール・マリア最終奪還作戦以降は左目を負傷したことから眼帯を着用している。

Read Article

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナとは『進撃の巨人』の登場人物で反マーレ派義勇兵の中心人物。マーレに滅ぼされた国の出身で、「獣の巨人」継承者で王家の血を引くジーク・イェーガーの信奉者として活動し、パラディ島の近代化に大きく貢献した。ジークの提唱する「エルディア人安楽死計画」達成のためなら寝食を共にした仲間すら殺害する冷酷な性格の女性。しかし実際にはマーレの被害者というのは虚偽であり、「世界を救う英雄」に憧れているだけのごく一般的なマーレ人である。

Read Article

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ(ヒストリア・レイス)とは、諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物。第104期訓練兵団卒業生であり、主人公エレン・イェーガーは同期の1人。小柄で温厚、思いやりのある可愛らしいアイドル的な存在として登場する。同期のユミルと仲が良い。成績10位以内に入っているが、実際はユミルからその座を譲られただけで身体能力は人並みである。本名はヒストリア・レイスといい、壁内世界の真の王家の末裔であることが後に発覚する。

Read Article

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の兵士。坊主頭が特徴で、小柄な体格を生かした小回りの利く機動を得意としている。バランス感覚にも優れ104期訓練兵団を8番の成績で卒業したが、少々頭の回転が鈍く同期達からはバカ扱いされている。同期のサシャ・ブラウスとはバカ同士気が合うようで、よく訓練中に2人でふざけていた。当初は憲兵団を志望していたが、主人公のエレン・イェーガーに感化され調査兵団に入団を決めた。入団後はムードメーカーとして活躍する。

Read Article

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガトとは『進撃の巨人』の登場人物でマーレ軍エルディア人戦士隊隊長。後にマーレ上層部が全滅すると元帥に就任した。ジーク・イェーガーやライナー・ブラウンら「マーレの戦士」達を選抜し育て上げた人物でもある。性格は厳格で戦士候補生に対する態度も威圧的だが、大多数のマーレ人とは異なりエルディア人に対する差別感情は薄く、部下たちを1人の人間として尊重している。現状認識能力に優れ、始祖奪還作戦を数人の子供に託すマーレ軍上昇部の正気を疑っていた。

Read Article

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウスとは「進撃の巨人」シリーズの登場人物であり、主人公エレン・イェーガーと同じ調査兵団に所属している女性。頭はあまり良くないが、並外れた身体能力と勘の良さは周囲からも認められている。狩猟を生業とする村の出身であるため、食べ物には目がなく食料庫からよく盗みを働いていた。方言で話すことに抵抗があるため他人には敬語で話す。天真爛漫で非常にマイペースな性格の持ち主である。

Read Article

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団団員。第104期訓練兵団を3位で卒業し、どの分野でもそつなくこなすことができる優秀な人物である。ただし優柔不断で判断を他人に任せる傾向があり、積極性に欠けることから他の同期と比べると少し影が薄い。その正体は、ウォール・マリア陥落の主因となった「超大型巨人」であり、始祖奪還作戦のために大国マーレから派遣された「マーレの戦士」の1人だった。任務を達成し故郷に帰ることを切望していたが、結局その願いは叶わず異国の地で命を落とすこととなる。

Read Article

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアードとは『進撃の巨人』の登場人物で「顎の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成される「マーレの戦士」の一員として、「顎の巨人」の持ち味である硬い顎と牙や俊敏性を活かし数々の戦場で活躍している。戦士候補生時代の同期であるライナー・ブラウンとは「鎧の巨人」継承権をめぐって争ったライバルだった。自分ではなく能力の低いライナーが「鎧の巨人」継承者として選ばれたことや、兄のマルセルがライナーをかばって巨人に食われたことから、ライナーに対して悪感情を抱いている。

Read Article

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、レイス家の長女。黒髪で青い瞳を持つ。レイス家当主のロッド・レイスとその正妻の第1子として生まれた。表向きは地方の貴族として振る舞っているが、実際は壁内の真の王家の末裔。レイス家に代々引き継がれている特別な巨人能力を叔父のウーリ・レイスから引き継ぎ、宿している。本人の飾らない性格は多くの者から慕われており、妾の子である異母妹ヒストリアにも姉として優しく接していた。

Read Article

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシスとは『進撃の巨人』の登場人物で駐屯兵団の司令官。スキンヘッドと口ひげが特徴の年配の男性。巨人との戦いの最前線である南側領土の最高責任者として、果断な指揮を振るい人類を守り抜いてきた。人類の勝利のためなら成功率の低い作戦でも取り入れる柔軟な判断力の持ち主だが、飄々とした言動や戦場でも酒を持ち歩く姿勢から「生来の変人」としても知られている。トロスト区攻防戦では巨人化したエレン・イェーガーによる穴の封鎖作戦を採用し、人類の勝利に貢献。兵団によるクーデターの際も大きな役割を果たした。

Read Article

目次 - Contents