【アルスラーン戦記 1期】流浪の楽士・ギーヴのキラキラシーンまとめ

アルスラーン戦記21話目にして唐突に軍から追放され旅立ってしまったギーヴ。だがその真相は、軍内の対立を鎮めるための一時的な離脱だった。しかし、やはり彼が去ってしまうとどこか物足りなさを感じてしまう…。その原因はギーヴ特有の発光現象・キラキラ効果にあるのではないか?という考えに至ったので、この記事を作成してみた。

念のため言っておくがファランギースは暴力女キャラではない。
ギーヴの執念とも言える鬱陶しさが、彼女をこのような行動に追い立てているのだ。

【第11話 ペシャワールヘの道】時として、それは灯火にもなる

見よ、このファランギース殿の鬱陶しそうな顔を。
こんな対応をされてもまるでそれを楽しんでいるかのようなギーヴは、「愛しのファランギース殿」と一緒に居られて如何に幸いかを熱弁するが、絶世の美女はこれを一蹴。『わしはお主と一緒であることが、最大の不幸じゃ』と宣言し、ギーヴはあっけなくフられるのだった。

しかし、流浪の楽士は”諦める”という事を知らない。

ギーヴ『ファランギース殿!?神に仕える神官ともあろう方がっ…』

暗闇を照らすほどのキラキラを発動させるギーヴだが、現状、敵の猛追から逃れている最中なのでふざけてる場合ではないのだ。

真面目に逃げろやww

【第12話 騎士の忠義】尺にギリギリに滑り込む

不覚にもファランギースと離散し、子供2人(アルスラーンとエラム)のお守りをする羽目になったギーヴだが、ペシャワール城塞を前にして偶然にもファランギースとの再会を果たす。

EDに差し掛かる直前、「今日はギーヴのキラキラが無かったな」と残念がるファンの期待に応えるこの男からは、一種のプロ意識を感じる。

なんだろう、なんか鼻につくわwww

【第15話 シンドゥラの黒豹】いつものキラキラをモブが浴びるとどうなるのか?

ジャスワントも大概、鬱陶しそうである。
アルスラーン軍の使者として敵地・グジャラート城に乗り込んだギーヴは、ここぞとばかりに城の女官にキラキラし始めるのだった。

いつもキラキラする相手があのファランギースなのでイマイチその威力が分からなかったのだが、女官達はこのギーヴの表情にメロメロになっていた。
どうっやら、彼が色男という認知は正しいようだ。

しかし、彼がファランギースを魅了する日が来るのかは定かではない。

【第21話 別れの詩】な、なんだこのイケメンは!!…と思った直後の「やっぱりこいつギーヴだわ」感

キメるときはキメる男、旅の楽士ギーヴは汚れ役を引き受けて軍を去っていった。
そして姿をくらました後、自分の手柄だと分からないようにアルスラーン軍のピンチを救ったのだ。

本当に最後の最後でいいとこ取りだった。

これはイケメンですわ(´<_` )

しかしキラキラする姿は相変わらず。
馬も大概鬱陶しそうである。

最初はただの金好きで女ったらしの信用ならないフラフラ野郎だと思っていたのに…。
実はいい奴だし、実力もあるし、アルスラーンにも忠誠誓うし、汚れ役もやるしで、ギーヴには次第に愛着が沸いていたようだ。

本編もあと4話しか無いそうだし、これ以上の登場(キラキラ)は期待できない。
が、2期があればまた会えるだろう。

さよならギーヴ。

要するにこういう事だ。

ファランギースにキラキラすれば無視されるか、足蹴にされるかのどちらかが大半を占めるが、一般女性には普通にメロメロ効果があるようだ。

ついでに言うと週1のペースで見た場合、ファランギースとの掛け合いが実に面白かったのだが、まとめて見るとかなり鼻につく事が分かった。

まあ、ファランギース殿の気持ちを少し理解できたので、今回は良しとしよう…。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アルスラーン戦記(アル戦)のネタバレ解説まとめ

『アルスラーン戦記』とは、田中芳樹による大河ファンタジー小説。荒川弘によってコミカライズされ、それを原作に映画やアニメ、ゲームなどにもなった。テレビアニメは2015年4月から同年9月までの第1期(全25話)と2016年7月から同年8月までの第2期(全8話)までが放送された。荒川版のコミカライズは2013年9月より別冊少年マガジンにて連載中。架空の王国を舞台に戦乱の世界で1人の王太子・アルスラーンの成長と仲間たちとの絆を描いた英雄譚である。

Read Article

アルスラーン戦記(アル戦)の名言・名セリフまとめ

『アルスラーン戦記』は別冊少年マガジンで連載中の原作・田中芳樹、作画・荒川弘で描かれる大河ファンタジー漫画。王子アルスラーンが仲間たちともにルシタニアに征服されたパルスの奪還を目指す物語である。王子アルスラーンの成長とともに、その周りを彩るキャラクターたちの個性あるセリフを紹介する。

Read Article

アルスラーン戦記「黒衣の騎士・ダリューン」の過保護な名言/迷言まとめ‐その概要に迫る

物語当初からアルスラーンに忠誠を誓い、右腕として活躍している天下無双の騎士・ダリューン。彼の言動にはアルスラーンに対する並々ならぬ忠誠心が見え隠れしますが、それは時として”過保護”なレベルにまで達する事があります。一体、それはどれ程の物なのか…?ここでは過保護なダリューンの忠臣セリフをまとめて振り返っています。

Read Article

アルスラーン戦記 第1巻 あらすじ/コミックおまけ収録 ネタバレ

田中芳樹原作、ハガレンでもお馴染みの荒川弘版「アルスラーン戦記」の内容まとめです。アニメを観た人も、原作小説を読み終えた人も楽しめる!それが漫画版「アルスラーン戦記」ではないでしょうか。今回は、単行本でしか見られないイラストや対談インタビューについてザッとまとめています。(※画バレ無し)

Read Article

【アルスラーン戦記】ダリューンがアルスラーン(殿下)を呼んだ回数を徹底調査!

若干14歳の王太子・アルスラーンに揺るぎない忠誠を誓うダリューン。アルスラーンを「殿下!」と呼び仰ぐ姿が本編でも印象的ですが、あまりの殿下コールの多さから、ダリューンが海外で「殿下マン」と呼ばれてるのをご存知でしょうか?一体、作中随一の忠臣は、何度「殿下」と口にしたのか…。全25話分に渡って調査し、まとめてみました。長いです。

Read Article

「アルスラーン戦記」を見た海外の反応 動画(全25話)

アニメの面白さは万国共通なのか!?「アルスラーン戦記」を楽しむ世界中のアニメファンのリアクション動画を全25話分まとめています。本編を見た事がある人もそうでない人も、同じ作品を愛する者同士のリアクションには共感してしまう所があるかもしれません。(※最終話のみリアクション動画が無かったため、コメントを載せています。全動画の表示に時間がかかります。ご了承ください。)

Read Article

アニメの裏話も!「アルスラーン戦記 風塵乱舞」ミニ朗読劇まとめ

「アルスラーン戦記2期 風塵乱舞」の放送を記念して配信されているミニ朗読劇のまとめです。第1章はアルスラーンとダリューン、第2章はアルスラーン・ナルサス・エラム。第3章はヒルメス・サーム・ザンデで、新たに公開された第4章がギーヴ・ファランギース編となっています。アニメとは少し違った視点で語られるエピソードから覗く、キャラの意外な能力にも注目です!

Read Article

アルスラーン戦記 第2巻 あらすじ/コミックおまけ収録 ネタバレ

第2巻の内容などについてのまとめ。荒川弘版のアルスラーン戦記の魅力は、アニメ視聴済みの方でも原作読破組でも楽しめるところだと思います。天才軍師ナルサスや、その従者エラム、さらに流浪の楽士ギーヴと絶世の美女ファランギースが登場し、アルスラーン戦記は新たな顔を見せ始めますよ。(※画バレ無し)

Read Article

目次 - Contents