色あせない名作!SLAM DUNKの名言集

Sss1

不朽の名作『SLAM DUNK』
今回はその作品を彩った名言の数々をご紹介したいと思います。

「大好きです。今度は嘘じゃないっす」

201502250047285ec

この言葉は本当に胸に響きました。
晴子さんに好かれるために好きだと嘘をついて始めたバスケ。
様々な過程を経て本当に好きになったバスケ。
それに対する思いをこの世界に引き入れてくれた憧れの晴子さんに告げる。
桜木花道の成長の集大成といえるセリフだと思います。

「敗因はこの私!陵南の選手たちは最高のプレイをした!」

5ae86112

個人的に田岡茂一は指導者の鏡だと思います。
それを表した名言がこちら。
彼は監督しているチームの奮闘をたたえ、自分の方針が間違っていたと認めます。
こんな監督がいたら、チームの士気も上がりますよね。

海南に天才はいない だが 海南が最強だ!!

77e81fc1

高頭監督の力強い名言です。
どれだけ海南が努力を積んで試合に臨んでいたかが分かる言葉ですね。
王者の貫録を感じさせます。

あきらめたらそこで試合終了だよ

P1210492 1 1

有名すぎる名言ですね。
何事もやらなければ成し遂げられない。
それを分かりやすく端的に伝える安西先生は非常に教師として優秀だと思います。

引退がのびたな

Bm1kvbqceaay9lo

このセリフ非常に好きです。
以前にこれで負けたら引退だとつぶやいた小暮に対する桜木の優しさが伝わる名言ですね。

骨が折れてもいい…歩けなくなったっていい…!!やっとつかんだチャンスなんだ…!!

Slamdunk 13 037

赤木の悲痛な叫びが響く名言。
全国大会への彼の思いが伝わります。

『桜木選手、初めてダンク決めたのはいつですか?』将来、絶対聞かれるよ…

Slamdunk 15 144

試合でミスをしたことを後悔している花道にこの名言。
ミスした部分ではなく、その試合で花道が輝いた部分をほめる。
それができる晴子さんは本当に素晴らしい人間だと思います。

「やっとできたぜ オヤジの言ってたのが…ダンコたる決意ってのができたよ」

20130828 423227

選手生命に関わるかもしれない怪我を背中に負った桜木の決意を表した名言。
コレの直前の「オヤジの栄光時代はいつだよ…全日本の時か? オレは………オレは今なんだよ!」というセリフと合わせて、彼がバスケットにどのような思いを持っているかが伝わる言葉ですね。

「おめーらバスケかぶれの常識はオレには通用しねえ!! シロートだからよ!!」

Slamdunk 28 014

素人だからこそ常識は関係ない。
どんなに点差があっても勝つ。
そんな力強さがカッコいい名言です。

天才ですから

1302499881449s

やはり最後はこれ!
花道を代表する名台詞!
本当にカッコいい主人公です。

いかがでしたか?

20080731201344

他にもさまざまな名言がありますが選びきれませんでした。
花道たちの活躍が見たい方、この機会にぜひスラダンを読み直してみてください。
新しい発見に出会えるかもしれませんよ。

bcfree
bcfree
@bcfree

Related Articles関連記事

SLAM DUNK(スラムダンク、スラダン)のネタバレ解説まとめ

スラムダンクとは1990年から96年に週刊少年ジャンプにて連載された井上雄彦によるマンガ作品である。不良高校生だった主人公・桜木花道は、一目惚れした赤木晴子の勧めでバスケ部に入部する。素質はあるものの初心者の桜木は、元々の破天荒な性格から予想外のプレーで周囲を驚かせるが、リーダーの赤木やチームメイトと共に全国制覇を目指し、バスケットマンとして成長していく。

Read Article

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

雨上がり決死隊のトーク番組、略して「アメトーーク」ですが、毎回面白いですよね。近年ではperfumeさんやハーフ芸人会、プレゼン大会などもあり、その面白さは無限大です。そんな中、今回は「アメトーーク」の中で取り上げられたアニメ・漫画に関する回、DVDのvol.1からvol.15巻までを、まとめてみました。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents