【進撃の巨人】ライナー「俺の同郷がこんなに可愛い」【厳選名作SS】

進撃の巨人の厳選名作SSを掲載しています。ライナーとアニ、ベルトルトの同郷3人組が中心のSSです。ある朝突然子供になってしまったアニとベルトルト。2人は無事に大人に戻れるのでしょうか?

ライナー「俺の同郷がこんなに可愛い」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 13:36:06 ID:Wnho/HjA

※同郷が幼馴染み、それを皆知ってるなどご都合主義設定

――――――――――――――――――――――――――――――――

―男子寮 朝

アルミン「朝だよエレン、起きなよ」

エレン「ああ、おはよう……」

ライナー「ベルトルト、お前もそろそろ起きろ」

ベルトルト「…………」

ライナー「おーい」ユサユサ

アルミン「姿が見えないね」

ライナー「こいつ丸まって寝るからな、布団の中に入り込んでる」

エレン「窒息しちゃうんじゃないか、布団剥がしてやれよ」

ライナー「それもそうだな、そうすりゃ起きるだろう。ほら」ガバッ

…ウワァァァ!?

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 13:37:10 ID:Wnho/HjA

―同時刻 女子寮

ミーナ「んー……あれ、私が一番かあ。珍しいなあ」

ミーナ「むふふ、アニの寝顔見ちゃおうっと」

ミーナ「アーニッ」ペラッ

キャアアアア!

ミカサ「何事!?」バッ

ハンナ「むにゃ……あれ、フランツはどこ……?」パチッ

ミーナ「わあ、起こしちゃってごめんね!あのね、アニがね、アニがっ」ワタワタ

ミカサ「落ち着いて。もう起床時刻だから大丈夫」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 13:38:13 ID:Wnho/HjA

アニ「……んう……うっさい……」

ハンナ「ね、ねえミーナ、その子は誰なの?」

ミーナ「……アニ、じゃないかな……って」

ハンナ「アニ?確かに似てるけど……子供だよ?」

ミカサ「うん、アニを小さくしたよう」

アニ「……」ポー

ミーナ「ねぇ、お名前なんていうのかなぁ?」ニコニコ

アニ「……あんた誰なの」

ミーナ「」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 13:41:16 ID:Wnho/HjA

―男子寮

ライナー「な…な…」

アルミン「い、いきなり叫んでどうしたの、ライナー」

エレン「おどかすなよ……ベルトルトは起きたか?」

ライナー「すまん……いや、起きたは起きたが……」

ベルトルト「んー……あ、おはようライナー」チンマリ

アルミン「えっ、こ、子供?」

エレン「……ベルトルトそっくりな子供だな」

ライナー「おそらく本人だ、俺はこの顔をよく知ってる。七歳くらいか」

アルミン「本人……でもなんで子供に?」ジッ

エレン「小さいな。コニー、いやクリスタより小せえんじゃないか」ジー

ベルトルト「ライナー……」サッ

アルミン「あ、怖がらせちゃったかな」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 13:42:36 ID:Wnho/HjA

ライナー「人見知りなんだ、小さい頃は特にひどかった」

エレン「ベルトルト、俺たちのこと忘れちまったのか?」スッ

ベルトルト「……ライナー」ギュッ

ライナー「大丈夫だ、顔は恐いが悪い奴じゃない」

エレン「恐い顔で悪かったな……」ムスッ

アルミン「あはは、拗ねないでよエレン。でも本当に分からないんだね」

ライナー「みたいだな。どうしてこうなったか見当もつかないが……一先ず着替えて教官に会うか。お前らもついてきてくれるか?」

アルミン「うん、いいよ!」

ライナー「アルミンがいると説得力段違いだからな、心強いぜ」

エレン「頑張れよアルミン!」

アルミン「正直僕も分からないことだらけだけど……やれるだけやるよ」

ライナー「よし。ほら、行くぞベルトルト」

ベルトルト「うん……」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 13:43:10 ID:Wnho/HjA

―食堂

ミーナ「ライナー達いないね」

ハンナ「まだ来てないのかな……フランツ!」

フランツ「ハンナ!」

ウフフフフ

ミーナ「ああー、二人の世界に行っちゃった……」

アニ「……降ろして」

ミカサ「それはできない相談」ガッシリ

アニ「蹴るよ」

ミカサ「小脇に抱えられているのに?今のあなたではリーチが足りない」

アニ「……」ムスー

ミーナ「ふふ、むくれるアニかわいい」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 13:45:45 ID:Wnho/HjA

ジャン「お、おはようミカサ!」スッ

ミカサ「ジャン。おはよう」

ミーナ「ジャン、ライナー見なかった?」

ジャン「ライナー?見てねえな。用があるのか……その子供は何だ」

ミカサ「この子のことで用があるの」

マルコ「ライナーならエレンやアルミンと一緒に教官室へ向かうのを見たよ」ヒョコッ

ジャン「マルコ、よく見てたな」

マルコ「ジャンはミカサを見つけて一人で行っちゃったからね」

ジャン「そうだったか」

ミカサ「教官室……ありがとう」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 13:47:51 ID:Wnho/HjA

ミーナ「行こっか、朝ごはんはまだ大丈夫だよね?」

ミカサ「ええ。速やかに済ませれば、きっと」

パタパタパタ

ジャン「行っちまった……」

マルコ「何だったんだろうね?」

ジャン「さあな、どうせまた面倒事の種だろ」

マルコ「今の子供、アニによく似てたね」

ジャン「妹かなんかか?……いや、ないな」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 13:49:23 ID:Wnho/HjA

―教官室付近 廊下

ミーナ「あ、居た!ライナー!」

ライナー「どうした?……ってミカサ、その子供」

ミカサ「おそらくアニ」

アニ「ライナーだ、早く降ろさせてよ」ジタバタ

エレン「アニもか……」

ミーナ「も?そういえばベルトルト居ないね」

ミカサ「まさか」

アルミン「この、ライナーの陰に隠れてる子がベルトルトだよ」

ベルトルト「……知らない人増えてる……」ビクビク

ミーナ「へえ……小さくて可愛いね」エヘヘ

エレン「和んでる場合かよ……」

ライナー「俺たちは教官に事情の説明をしに来たんだが、お前らもか?」

ミーナ「ううん、アニが名前も教えてくれなくてね。ライナー探そうってなったの」

アルミン「じゃあこのまま一緒に説明しちゃおうか、教官室へ行こう」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 13:50:19 ID:Wnho/HjA

―教官室

コンコン

キース「入れ」

ライナー「失礼します!本日――」

ハンジ「大丈夫、大体の事情は分かってるよ!」

エレン「!? 調査兵団の方がなぜ」

キース「それはな……」チラッ

ハンジ「私のせいだからだよ、ごめんね」

ミカサ「えっ」

キース「こちらは調査兵団のハンジ分隊長だ。……訓練兵の中に自身の開発した薬で

被害を受けた者がいる可能性がある、と昨晩連絡を受けてな」

ハンジ「今朝こっちに来たんだ。そこの二人でいいのかな、薬を吸っちゃったのは」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 13:51:31 ID:Wnho/HjA

ライナー「薬の被害……?二人は大丈夫なのですか」

ハンジ「大丈夫だよ。ちょっとの間子供になるだけ。一日か二日間かな」

アルミン「その、断定される根拠とは?何の薬なのですか?」

ハンジ「一つずつ答えようか。薬はね、以前作った失敗作なんだけど」

アルミン「はい」

ハンジ「巨人を小さくする薬」

ライナー「」ビクッ

エレン「巨人を小さく……?」

ハンジ「実際投与したらさ、一日~二日で効果が切れちゃって。なんとか取り押さえたけど、あの時はもう」

キース「分隊長殿」

ハンジ「ごめんなさい。で、その後私もうっかり吸っちゃってね!人体にも同様の効果が出ました、って訳さ」

アルミン(生き急ぎ、って噂は聞いてたけどここまでとは)

エレン(戻らなかったらどうするつもりだったんだよ)

12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 13:52:54 ID:Wnho/HjA

ハンジ「君達」

アニ「?」ポカン

ベルトルト「はい……」オドオド

ハンジ「少し前に、倉庫のお掃除しただろう?覚えてるかな?」

ベルトルト「え……」

アニ「知らない」

ハンジ「んー、やっぱり記憶も戻ってるか……困ったね」

ライナー「私が覚えています」

ハンジ「おお、頼むよ」

ライナン「あの日は私とレオンハート、フーバーの三名で第五倉庫の清掃を担当していました。」

ハンジ「うんうん、そこでなにか薬品こぼれてなかったかな?」

ライナー「そのような報告はありませんでしたが、蓋がとれた空瓶の入った箱があったかと。中身を点検し、棚に納めました」

ハンジ「じゃあ、その時に気化したのを吸い込んだんだろうね……君は平気なの?」

ライナー「ハッ、今のところは」

ハンジ「そうか、吸引量が少なかったのかな……じゃあキース教官、私は早速薬を回収に。倉庫の鍵借りますね」ガチャ

13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 13:54:14 ID:Wnho/HjA

キース「お願いします……貴様らは両名が元に戻るまで面倒を見てやれ。その体では不自由も多いだろう」

「ハッ!」バッ!

アニ「……なにあれ?」

ベルトルト「ライナーもやってるね……まねしておこうか」バッ

アニ「うん」バッ

ミーナ(きゃわわ……っいけないいけない)

21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 19:10:55 ID:EIhR974c

―食堂

ミーナ「よかった、朝ごはんまだ残ってて」

ミカサ「ええ、意外とすんなりいった」

アルミン「ハンジ分隊長が居たからね、原因も治る条件もすぐ分かったから」

エレン「そこは不幸中の幸い、って感じだったな……ライナーは大変だけどな」

アニ「ライナー、スプーン大きくて使いにくい」グイッ

ベルトルト「ライナー、知らない人が沢山いる……こわい」ギュウ

ライナー「アニ、小さいスプーンを借りてきてやるから引っ張るな。ベルトルト、少し離してくれるか」

ベルトルト「えっ……」

ライナー「こいつらがいるから大丈夫だ。俺の友達だからな、怖くないのは分かっただろう」

ベルトルト「……うん」チラッ

22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 19:11:59 ID:EIhR974c

アルミン「あっ、ちょっと気を許してくれたね」ホッ

エレン「怯えられっぱなしにはならなさそうだな」ホッ

アルミン「はは、今朝の「恐い顔」気にしてたの?」

エレン「まあな……」

ミカサ「大丈夫、エレンは優しい。私達はよく知っている。きっと分かってもらえる」

アニ「パン大きい」ムグ

ベルトルト「大きいね」ニコニコ

ミーナ「ウフフ、今の二人には多いかな?」

サシャ「食べきれないのでしたら是非私に!」ズイッ

ミーナ「わあっ!サシャ、どこから」

サシャ「パンが余る匂いがしましたので!」

アニ「……パン欲しいの?」ムグムグ

23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 19:13:20 ID:EIhR974c

サシャ「下さるんですか!小さいアニは天使ですね!」パアア

アニ「ちょっとならいいよ、はい」チギリ

サシャ「やったぁー!ありがとうございます!」

ベルトルト「……あ、あの」オドオド

サシャ「ウム?」モゴモゴ

ベルトルト「そんなにお腹空いてるんですか?」

サシャ「ごくん。ええ!」

ベルトルト「……はい、どうぞ」チギリ

サシャ「どうもありがとうございます!小さいベルトルトも神様の如しですね!」

ユミル「おい見ろクリスタ、芋女がガキに餌付けされてるぞ」

クリスタ「……この子たちって、アニとベルトルト?」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 19:19:42 ID:EIhR974c

ユミル「確かによく似てるが……おい、ライナー」

ライナー「やっと戻ってこられた……うん?どうした」

クリスタ「おはようライナー」

ライナー「クリスタ、おはよう」

ユミル「このガキ共はベルトルさんと、アニか?」

ライナー「そうだ。色々あってな……教官にも話はつけてある」

クリスタ「その小さいスプーンは二人の?」

ライナー「ああ、いつものが使いづらいと言うから借りてきたんだ」

クリスタ「ふふ、ライナー優しいんだね」ニッコリ

ライナー「そ、そうか?」テレッ

25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 19:23:44 ID:EIhR974c

アニ「ライナー、スプーン早く」グイーッ

ベルトルト「…………」ガシッ

ライナー「だから引っ張るな……ベルトルトも無言で腕にしがみつくな」

ミカサ「フフ、ライナーはお父さんみたい」

アルミン「ミ、ミカサ、せめてお兄さんって」

エレン「いや、どう見ても父さんだぜあれ」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 19:25:43 ID:EIhR974c

ライナー「ほら、アニ。ベルトルトも」

アニ「ありがと。やっとスープ食べれるよ」パシッ

ベルトルト「僕のも?ありがとうライナー」ニコ

ミーナ「はあ、可愛い……お手手小さい……」ポワーン

クリスタ「ミーナ、幸せそうだね」

サシャ「可愛いもの好きですもんねえ」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 23:46:14 ID:IoHKnugk

ジャン「お前ら何を固まってんだよ?……子供が増えてやがる」

マルコ「みんなおはよう。アルミン、その子達は誰だい?」

アルミン「おはよう、色々あってさ……」カクカクシカジカ

マルコ「それじゃ、弟妹とかじゃなくて本人なのか?」

ジャン「何でもありだな調査兵団……」

サシャ「もぐもぐ……あっ、おはようございますコニー」

コニー「よっ。そいつらは誰かの弟妹なのか?」

サシャ「アニとベルトルトです!天使のような子たちですよ!」

コニー「まじか!ベルトルトが俺より小さい!うちの弟くらいか?」

ワイワイキャッキャ

ジャン「……感覚で理解できる奴らは楽だな」

アルミン「そうだねえ」ハハハ

31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 23:47:25 ID:IoHKnugk

アニ「またいっぱい来た……」ゴクン

ベルトルト「……この人たち、みんなライナーの友達?」

ライナー「そうだ、だから怖くない」ポンポン

ベルトルト「……そっか、怖くないんだ」

アニ「もぐ……ライナー」

ライナー「なんだ、スープが熱いか?」

アニ「ちがう。あんただけなんでそんなに大きくなってるの?」

ベルトルト「ほんとだ、ライナーが大人みたい!」

ジャン「今疑問に思ったのか、結構遅いな」

ユミル「そういや、今まで何で普通に懐いてたんだろうな」

ミカサ「幼馴染みの本能を侮ってはいけない……私も、エレンやアルミンが大人や子供になっても即座にわかる自信がある」

マルコ「な、なるほど。そういうものなのかな?ミカサが言うとやたら説得力があるなあ」

32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 23:48:56 ID:IoHKnugk

ベルトルト「ライナー、ここはどこなの?この人たちは?」

アニ「なんでそんなに大きいの?」

ライナー「ここは訓練兵団だ。俺達はここで兵士になるため様々な訓練を……」

ベルトルト「??」

アニ「わかんない、もっと簡単に言って」

ライナー「俺達は色々あってここで暮らしている。こいつらは仲間だ。

お前達も少ししたら大きくなるから気にするな。分かったか?」

ライナー(……まだ戦士として教育を受ける前か、うっかり口を滑らすことはなさそうだ)

ベルトルト「うん、わかったよライナー。ライナーは先に大きくなったんだ」

アニ「あんた年上だもんね」

ベルトルト「大きいライナーは友達がいっぱいいるんだね」

ライナー「……そういうことだ、よく分かったな」ナデナデ

33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 23:49:56 ID:IoHKnugk

ベルトルト「えへへ……」

アニ「ちょっと、髪やってもらったのにくずれるでしょ」アセッ

ミーナ「またやってあげるよ」ウフフ

ユミル「なんともまあ。随分ザックリした結論が出たもんだな」

クリスタ「まだ小さいから、あんまり難しいこと言われてもわかんないもん。

私達が仲間だって知ってくれてるだけで十分だよ」

ユミル「はいはい、相変わらずの女神さまっぷりで」ナデクリ

34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 23:52:15 ID:IoHKnugk

カンカンカンカン

サシャ「お、鐘の音。あと十分で朝食が終わりますね。ふふふ、食べきるお手伝いなどしますよぉ、皆さん」

アルミン「わわっ、皆食べ終わってたの!?」

ライナー「俺達は遅れて来たからなあ」

ミーナ「すっかりみとれてたあ!」

エレン「やべえ、急いで食っちゃわないと……!」モグモグ

ミカサ「エレン、急ぎつつよく噛むようにして」

アニ「……さわがしい」

ベルトルト「うん。でも、よかった。ほんとに怖い人たちじゃないんだね」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 02:35:57 ID:uWvLyQrE

―兵舎廊下 各寮への別れ道

ミーナ「じゃあ、アニはここで一回お別れね」

アニ「なんで?」

サシャ「私達は男女で別れて生活しているからですよ。起きた時もライナー達は居なかったでしょう?」

アニ「なんで別なの?一緒にいればいいのに」

ミカサ「流石はアニ。私もそうしたいのは山々……

でも、大きくなると色々不都合が出るらしいから駄目、と上の人が。家族なのに」ションボリ

アニ「大きくなるのも面倒くさいんだね」

ユミル「お前は大きくなってもチビッ子だったけどな」

クリスタ「もう、ユミル!そういうこと言わないのっ」

37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 02:48:02 ID:uWvLyQrE

ライナー「すまん、女子寮までは入れないからな」

ミーナ「うん、アニはまかせて!」ギュッ

アニ「じゃあまたね。ライナー、ベルトルト」フリフリ

ベルトルト「うん、またね」

ライナー「またな。……さて、俺達も着替えて訓練に急ぐか」

アルミン「午前は立体機動だよね、ご飯ゆっくり食べればよかったなあ」

ベルトルト「ごめんなさい……僕たちのせいで」

アルミン「あっ、ごめんね。ベルトルトのせいじゃないよ」ワタワタ

エレン「別に敬語じゃなくてもいいんだぞ、ベルトルト」

コニー「そうだぜ、いつもみたいにさ」

ジャン「元は一つ上だしな。いつものタメ口のがやりやすい」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 02:48:50 ID:uWvLyQrE

ベルトルト「元?」

マルコ「今は気にしなくていいよ。ただ、ライナーに話すときみたいにお話してほしいなってことだから」

ベルトルト「……でもお兄さんたち年上だし……そうだよね、ライナー」

ライナー「普通はな。こいつらは俺の友達で、お前の友達でもあるんだ。遠慮せず普通に接していいと思うぞ」

ベルトルト「……じゃあそうする」

アルミン「小さい頃から大人しいんだね。ベルトルトは」

エレン「その点アニって怖いものしらずだよなぁ」

コニー「さすがレオンハートだよな!」

ジャン「どういう理屈だ、馬鹿」

46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 12:10:17 ID:4cRBPwaQ

―立体機動訓練場 午前

キース「それでは、本日も三人一組での立体機動訓練を行う!

目標は迅速な目的地点への到達!チームの連携も重要だ、一人で先走りすぎるな」

ライナー「教官」

キース「どうした、ブラウン」

ライナー「あの二人、連れては来ましたが。訓練に参加させるのは危険すぎるかと」

キース「その事か。貴様が心配せずとも、私と共にゴール地点で待機させておく」

ライナー「ハッ、出すぎた真似を」

キース「いや、友を思う気持ちの発露だろう。よし、出発しろ!」

「ハッ!」パシュッ

47 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 12:11:27 ID:4cRBPwaQ

アニ「おおー」

ベルトルト「空を飛んでる……」

キース「さあ、お前達も行くぞ。馬車まで手を繋ぎなさい」

アニ「はい、教官」バッ

ベルトルト「おねがいします、教官」バッ

キース「……もう敬礼を覚えたか、偉いな」ニコ

エレン「……なあ、アルミン。あれ……」

アルミン「きょ、教官にも色々あるんだよ、きっと」

ミカサ「お孫さんが欲しかったのかも」

48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 12:13:50 ID:4cRBPwaQ

―立体機動訓練場 ゴール地点

ジャン「よし、やったな!一位だ!」

ライナー「ああ、やっぱりお前は立体機動が上手いな」

ジャン「まあな……ん?教官はどこだ?」

サシャ「あそこです!」ビシッ

ジャン「さっさとチェック貰うぞ……おい」

ライナー「あれは……」

サシャ「……アニをおんぶしてますねえ。ベルトルトの手を引きながら」

ベルトルト「ご、ごめんなさい、教官……」ウトウト

アニ「ぐう」zzz

キース「構わん、お前も眠いならこの木陰で寝るといい」

ベルトルト「はぁい……」ウトウト

キース「よしよし、レオンハートも降ろしてやろう……」ニコニコ

49 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 12:15:14 ID:4cRBPwaQ

ライナー「きょ、教官っ」

キース「!」

ジャン「第一班、只今到着致しました!」

キース「…………」

「…………」

キース「…………よし、貴様らが一位だ。ここで待機していろ」

「ハ、ハッ!」バッ

ジャン(恐え……何だよあのオーラ)ヒソヒソ

サシャ(見られたのが不覚だったんですかね、教官的に)ヒソヒソ

ライナー(だろうな。……それにしても)ヒソヒソ

50 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 12:20:18 ID:4cRBPwaQ

アニ「むにゅ……」zzz

ベルトルト「……」スヤスヤ

ライナー「よく寝てるな」フッ

サシャ「ミカサも言ってましたけど、やっぱりライナーってお父さんの風格ありますよね」

ジャン「ああ、あの笑い方は父親のそれだな」

ライナー「せ、せめて兄貴だろう。まだ17だぞ俺は」

ジャン「俺らにとってはな、あいつらに対しては兄貴よりか父親寄りだ」

サシャ「いいお父さんです!」

55 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 19:23:44 ID:8CQ9I/og

―立体機動訓練場 数十分後

モブ「第十五班、只今到着致しました!」

キース「貴様らが最後だな……全員整列!」

アルミン「最後の班が到着したみたいだね」

エレン「やっとか、これで解散だな」

キース「――――くれぐれも次の訓練に遅れないように。では、解散!」

56 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 19:25:22 ID:8CQ9I/og

ライナー「……参ったな」

クリスタ「どうしたの、ライナー?」

アニ「すぴすぴ」

ベルトルト「……」スウスウ

ユミル「まだ寝てんのか、本当にガキなんだな」

ライナー「こいつら、一向に起きる気配がないんだ……抱き上げるにも装置を着けて二人は難しい」

ユミル「行きは馬車で来たんじゃないのか?」

アルミン「教官は臨時の施設点検が入って、しばらく残るらしいよ」

サシャ「ハイッ、私がアニをおんぶしますよ!パンの恩がありますからね!」ビッ

コニー「なら俺ベルトルト!いつもは絶対ムリだもんな!」ビッ

ライナー「気持ちは嬉しいが、どっちかでいいんだぞ?」

57 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 19:26:05 ID:8CQ9I/og

ジャン「まあそう言わず任せたらどうだよ?一日一人で子守も疲れるぞ、オトーサン」ポン

マルコ「ジャンの言う通りだよ、ライナー。僕らにできることがあったら言ってほしい」

ライナー「……そうだな。よし、サシャ、コニー!頼んだぞ」

サシャ「はい!ミーナ、アニを乗っけてください」

ミーナ「わかった、お願いね……寝顔可愛いな」

サシャ「子供でも、結構ずっしりきますね」

ミカサ「眠っている人間は、完全に脱力しているから。起きてるのを背負うより重いの」

ミーナ「なるほど」

コニー「エレン、こっちも頼む」

エレン「落とすなよ」

コニー「落とさねえよ、これでも村では弟妹をよくおぶってたんだからな!」

エレン「そっか、コニーはいい兄さんなんだな」ニカッ

コニー「おうよ!」フンス

58 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 19:30:22 ID:8CQ9I/og

――兵舎廊下 各寮への別れ道

ジャン「次は固定砲の模擬練だったか。起きねえな、そいつら」

サシャ「ぐっすりですね」

ミーナ「壁上に連れて行くのも危ないよね……どうしよう」

クリスタ「キース教官もいないし……寮でお留守番?」

アルミン「ちょっと不安だけど、置き手紙でもしてあれば安心かな」

エレン「ああ、大砲の横にいるよりはマシだろ」

ライナー「じゃあ俺達の部屋に二人とも寝かせるか。起きたら一人ぼっち、じゃな……サシャ、アニを渡してくれ」

サシャ「お願いしますね」ヨイショ

59 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 19:33:20 ID:8CQ9I/og

――男子寮

アニ「……」zzz

アニ「……んむ」パチッ

アニ「……ここどこ」

ベルトルト「……」スヤスヤ

アニ「ベルトルト、起きな」ペシペシ

60 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 19:35:29 ID:8CQ9I/og

ベルトルト「……ぅ……アニ?」

アニ「おはよ、ここどこ?」

ベルトルト「おはよう……あっ、僕が朝いたところだよ」

アニ「じゃあライナーの部屋?」

ベルトルト「うん、あとエレンと、アルミンと僕」

アニ「エレンとアルミン……?ああ、まん中分けと金髪の?」

ベルトルト「そうだよ」

61 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 19:37:42 ID:8CQ9I/og

ベルトルト「」キョロキョロ

アニ「どうしたの」

ベルトルト「みんな、いないね……」

アニ「……ほんとだ」

ベルトルト「……ライナーどこ?」グスッ

アニ「もう、すぐ泣かない。男でしょ」ゴシゴシ

ベルトルト「ごめん……」

65 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/08(木) 13:32:31 ID:lXbcW4tc

<カサッ

アニ「あれ、なんかある」

ベルトルト「なにその紙?」

アニ「字が書いてある。読むね」

---------------------

アニとベルトルトへ

オレはくんれんにいってくる

すこしあぶないところでのくんれんなので、

おまえらはここでおとなしくしておくこと

2じかんくらいしたらもどる、いいこでまってろ

ライナー
----------------------

66 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/08(木) 13:33:47 ID:lXbcW4tc

ベルトルト「ライナーの手紙だ!」

アニ「訓練だって。また空飛ぶのかな」

ベルトルト「危ないところって書いてある、ライナー大丈夫かな」アセッ

アニ「あいつは強いから大丈夫だよ」

ベルトルト「……そうだね、ライナーなら大丈夫だよね」ニコ

アニ「いい子で待ってろ、だって。なにする?」

ベルトルト「アニがしたいことでいいよ」

アニ「じゃあねえ……」ウーン

67 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/08(木) 13:37:15 ID:lXbcW4tc

―1時間経過

アニ「かくれんぼ飽きてきた」

ベルトルト「もうかくれる場所ないもんね……」

アニ「ままごとも飽きたし」クテー

ベルトルト「じゃあ、次はなにする?」

アニ「ん……ねえ、ライナー遅いね」

ベルトルト「……うん」

アニ「”2じかん”ってどのくらい?」

ベルトルト「わかんない……危ないところでケガしてないかな」ションボリ

アニ「ライナーなら平気だよ。もうちょっと待とうか」ポフポフ

ベルトルト「……うん」

68 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/08(木) 13:42:43 ID:lXbcW4tc

―1時間45分経過

ベルトルト「……なんでだれの声もしないんだろう」

アニ「もしかして、みんないなくなっちゃったのかな……」

ベルトルト「えっ」ビクッ

アニ「ライナーも、もう帰ってこないのかも……」

ベルトルト「や、やだよそんなの!……ライナーがいないなんて……うぇっ」

アニ「な、泣かないでよ」アセッ

ベルトルト「だって……ひぐっ……」ボロボロ

アニ「」ウルッ

ベルトルト「! ア、アニ……泣かないで」ヨシヨシ

アニ「……泣いてない」ウルウル

69 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/08(木) 13:50:31 ID:lXbcW4tc

―15分後 男子寮 廊下

テクテク

ライナー「なあ、エレン。なんか、泣き声みたいの聞こえないか?」

エレン「ああ、そういえば微かにするような。あいつらか?」

アルミン「二人に何かあったのかな……あっ、ライナー!」

biz88
biz88
@biz88

Related Articles関連記事

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツは『進撃の巨人』の登場人物で、「始祖ユミル」とも呼ばれている。エルディア人こと「ユミルの民」の始祖となった女性で、光るムカデのような生物と接触したことで彼女は「始祖の巨人」の能力を得たとされている。マリア・ローゼ・シーナという名前の3人の娘達がおり、パラディ島の3重の壁は彼女達の名前から名付けられた。ユミルの死後、巨人化能力は3人の娘達に引き継がれ、さらに子々孫々に脈々と継承されることとなった。

Read Article

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団に所属する兵士長。1人で1個旅団(約4000人)並みの戦力を持つとされ、「人類最強の兵士」として名高い。三白眼と刈り上げた髪型、小柄な体格が特徴で、ブレードを逆手に持って回転しながら巨人の肉を切り刻む戦闘スタイルを好んでいる。性格は冷静沈着で無愛想。スラム出身ということで言動も粗暴である。神経質で潔癖症だが、部下の最期を看取る際には汚れを気にせず手を握るという仲間想いの一面もある。

Read Article

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄。「獣の巨人」の継承者として調査兵団の前に立ちはだかり、高い投擲能力で多くの兵士を殺傷した。「九つの巨人」の継承者で組織されるマーレの戦士部隊のリーダーであり、多くの戦場でマーレに勝利をもたらしてきた。しかしその真の目的はエルディア人の救済であり、全てのエルディア人から生殖能力を奪うことで巨人の力を巡るこれ以上の悲劇を起こらないようにしたいと考えている。

Read Article

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハートとは、『週刊少年マガジン』に連載されている諫山創原作の漫画・テレビアニメ作品に登場する人物である。主人公のエレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団に所属し、卒業後は憲兵団に入団する。口数が少なく感情を表に表さないため、取っ付きにくい印象を与える性格。しかし格闘技に優れており、冷静な判断を下せるため訓練兵団卒業の際は4位の成績を収める実力の持ち主。

Read Article

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で、ユミルの民であることを偽造してマーレ人になりすまし、マーレ治安当局の職員として潜入していたエルディア復権派のスパイである。九つの巨人の一つである「進撃の巨人」の力を身に宿し、通称「フクロウ」と呼ばれている。 ユミルの呪いによって寿命が近い自分の代わりに、グリシャ・イエーガーにエルディア復権の願いを託して壁の中へ行くよう指示した。その後進撃の巨人を継承させる為無垢の巨人化したグリシャに捕食され、スパイとしての任務を果たし、その生涯を終えた。

Read Article

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガーとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の主人公。壁の外の世界に強い憧れを持っており、幼少期から調査兵団に入ることを目指してきた。その想いは、母親を巨人に食い殺されたことで一層強まり、調査兵団に入って巨人を駆逐することを心に誓う。性格は熱血漢で直情的。無鉄砲と思えるほどの勇敢さから、強大な巨人相手にも物怖じせずに向かっていく。命の危機に瀕した際に巨人化する能力に目覚め、人類の自由のためにその力を振るっていくことになる。

Read Article

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスターとは『進撃の巨人』の登場人物で、104期訓練兵団の卒業生。当初は駐屯兵団に所属していたが、ウォール・マリア最終奪還作戦の前に調査兵団に移籍した。「獣の巨人」を倒すための特攻作戦では唯一生き残り、瀕死のエルヴィン団長をリヴァイ達の元へ連れて行った。その後はエレンをパラディ島の救世主として祭り上げる「イェーガー派」の中心人物として、兵団総統を暗殺しクーデターを先導した。

Read Article

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライスとは『進撃の巨人』のキャラクターでマーレの戦士候補生。戦士候補生の同期であるガビ・ブラウンに好意を抱いており、彼女を救うために「鎧の巨人」継承を目指している。内気な性格だが、「悪魔の末裔」と言われるパラディ島の人々に対しても自分達と変わらない人間だと捉える優しい心の持ち主。心的外傷を負った兵士にも親切に接しており、そこでクルーガーと名乗る負傷兵と出会い、交流を深めていく。

Read Article

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で「車力の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成されるマーレの戦士の一員として、数々の戦場で功績を打ち立ててきた。当初は始祖奪還計画に参加せずマーレ本国を守っていたが、850年「獣の巨人」であるジーク・イェーガーと共にパラディ島に上陸する。ウォール・マリア奪還を狙う調査兵団との決戦では後方支援を担当し、負傷したジークと「鎧の巨人」であるライナー・ブラウンの逃走を助けた。性格はマイペースだが、冷静沈着で判断力に優れている。

Read Article

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディスとは『進撃の巨人』の登場人物で第104期訓練兵団の指導教官。スキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられている。元々は第12代団長として調査兵団を率いていたが、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせたにもかかわらず成果を残せなかったことから、自分の無能を悟りエルヴィン・スミスに団長職を引き継がせた。主人公エレンの父親であるグリシャ・イェーガーとは以前から面識があり、彼が消息を絶つ直前に顔を合わせた最後の人物である。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の団員。主人公エレン・イェーガーとはウォールローゼ南区第104期訓練兵団時代の同期である。責任感が強く、リーダーシップもあることから同期の中ではまとめ役を担っていた。しかし、その正体はウォール・マリアを破壊した「鎧の巨人」であり、始祖奪還を目的にパラディ島に送り込まれたマーレの戦士である。正体が判明した後はたびたびエレン達と対立し、始祖の力を巡って死闘を繰り広げていく。

Read Article

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの父。シガンシナ区で診療所を開き街の人々から尊敬を集めていたが、シガンシナ区に巨人が流入した後行方不明となる。失踪直前エレンに巨人化の薬を打ち込み、世界の真実が隠された自宅地下室の鍵をエレンに託した。物語中盤で彼が壁外の世界から「始祖の巨人」奪還のためにやってきた巨人化能力者であったことが明らかとなる。

Read Article

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリスとは『進撃の巨人』の登場人物で、憲兵団の新兵。アニ・レオンハートとは同期でルームメイト。ウェーブヘアが特徴の少女で、軽薄で不真面目な言動が多い。他の新兵同様安全な内地で楽をするために憲兵団に入ったが、実は機転の利くところがある。アニのことは愛想のない同期だと思っていたが、ストヘス区の戦闘以降行方不明になったことを心配しており、アニの正体が「女型の巨人」であることを知って大きなショックを受けていた。同期のマルロ・フロイデンベルクに好意を持っているが、マルロ本人は気づいていない。

Read Article

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツとは『進撃の巨人』の登場人物。主人公エレンの父親グリシャの前妻で「獣の巨人」ジークの母。その正体はフリッツ王家の末裔。ストーリー上、巨人の歴史と王家の情報を語る重要な役割を持つ。パラディ島に移住することを拒みマーレに留まった一族は、代々巨人の情報を隠し持っており、その末裔であるダイナはエルディア復権派と共に始祖の巨人の奪還を企てるが、計画は息子ジークの密告により失敗。ダイナは巨人化後、グリシャの後妻であるカルラを捕食する。最期はエレンの持つ座標の力で巨人の群れに喰われた。

Read Article

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルトとは『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。金髪ボブカットの中性的な外見を持つ。大人しいが芯の強い勇敢な性格で探求心が強い。祖父の影響で人類はいずれ壁の外に出るべきだという思想を持っており、エレンが外の世界に憧れるようになったのもアルミンの影響である。小柄で身体能力は低いものの、知能や判断力はずば抜けており、エレンや調査兵団の窮地をその知略で度々救っている。

Read Article

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物で、中央第一憲兵団対人立体機動部隊の隊長。かつて「切り裂きケニー」の異名を取った大量殺人鬼だったが、ウーリ・レイスとの出会いを経て現在は中央第一憲兵団に所属し対人戦闘を専門とする部隊を率いている。リヴァイ・アッカーマンの育ての親であり、彼に戦闘技術を教えた人物でもある。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、対立した調査兵団を大いに苦しめた。

Read Article

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団第13代団長である。調査兵団は人類の生存圏を広げることを目的とし、日々巨人との死闘を繰り広げている。その類まれなる頭脳と判断力から大きな功績を挙げているが、目的のためなら手段を選ばない非情さから「悪魔的」と称されることもある。彼の真の目的は世界の真実を解き明かし、「人類は王家によって記憶を改竄された」という父の仮説を証明すること。人類最強と称されるリヴァイ兵士長を調査兵団に入れたのも彼である。

Read Article

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマンとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。本作のヒロイン的ポジションで、幼い時にエレンに助けられた経験から、彼を守ることを自分の使命だと考えている。驚異的な身体能力を持ち、トップの成績で訓練兵団を卒業。実戦でも1人で複数の巨人を討伐する実績を残す。性格は寡黙で口下手だが、エレンのこととなると取り乱す一面もある。物語後半において、母方の祖先が東洋にあるヒィズル国将軍家だったことが明らかになった。

Read Article

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で、「マーレの戦士」候補生。天真爛漫で型破りな性格で、憧れの従兄であるライナーから「鎧の巨人」を継承するため日夜訓練に励んでいる。パラディ島のエルディア人を悪魔の末裔として強く憎んでおり、彼らを皆殺しにして自分達善良なエルディア人を収容区から解放することを願っていた。しかし成り行きでパラディ島に渡ることとなり、そこで出会った人々との交流からガビの考え方は変化し始める。

Read Article

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタインとは『進撃の巨人』の登場人物で、調査兵団に所属する兵士。第104期訓練兵団を6番で卒業した。自己の保身を第一に考える現実主義者で、思ったことを率直に言い過ぎる性格からたびたび主人公のエレン・イェーガーと対立していた。当初は巨人の脅威から逃れるために内地への配属を希望していたが、友人のマルコ・ボットが戦死したことで考えを大きく変え、調査兵団に入団する。入団後は持ち前の現状把握能力を活かして同期のまとめ役として活躍した。

Read Article

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイスとは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。壁内人類の真の王家であるレイス家当主。実質的には壁内での最高権力者である。ウーリ・レイスの兄であり、フリーダ・レイスやヒストリア・レイスの父親。正妻との間に5人の子がいたが、当時使用人として働いていたアルマとも関係を持ち、ヒストリアが産まれたことにより、事実的には子供は6人。だがグリシャにより正妻との間の子は皆殺されてしまい、生き残っている子供はヒストリアただ1人である。

Read Article

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団所属のベテラン兵士。初登場時は分隊長だったが、後にエルヴィン・スミス団長の後を継いで調査兵団第14代団長に就任する。ゴーグル(平常時は眼鏡)を着用し、茶髪を無造作に1つにまとめた中性的な外見をしている。明るく聡明な人物だが、巨人に対する情熱は人一倍で変人揃いの調査兵団内でも特に異彩を放っている。ウォール・マリア最終奪還作戦以降は左目を負傷したことから眼帯を着用している。

Read Article

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナとは『進撃の巨人』の登場人物で反マーレ派義勇兵の中心人物。マーレに滅ぼされた国の出身で、「獣の巨人」継承者で王家の血を引くジーク・イェーガーの信奉者として活動し、パラディ島の近代化に大きく貢献した。ジークの提唱する「エルディア人安楽死計画」達成のためなら寝食を共にした仲間すら殺害する冷酷な性格の女性。しかし実際にはマーレの被害者というのは虚偽であり、「世界を救う英雄」に憧れているだけのごく一般的なマーレ人である。

Read Article

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ(ヒストリア・レイス)とは、諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物。第104期訓練兵団卒業生であり、主人公エレン・イェーガーは同期の1人。小柄で温厚、思いやりのある可愛らしいアイドル的な存在として登場する。同期のユミルと仲が良い。成績10位以内に入っているが、実際はユミルからその座を譲られただけで身体能力は人並みである。本名はヒストリア・レイスといい、壁内世界の真の王家の末裔であることが後に発覚する。

Read Article

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の兵士。坊主頭が特徴で、小柄な体格を生かした小回りの利く機動を得意としている。バランス感覚にも優れ104期訓練兵団を8番の成績で卒業したが、少々頭の回転が鈍く同期達からはバカ扱いされている。同期のサシャ・ブラウスとはバカ同士気が合うようで、よく訓練中に2人でふざけていた。当初は憲兵団を志望していたが、主人公のエレン・イェーガーに感化され調査兵団に入団を決めた。入団後はムードメーカーとして活躍する。

Read Article

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガトとは『進撃の巨人』の登場人物でマーレ軍エルディア人戦士隊隊長。後にマーレ上層部が全滅すると元帥に就任した。ジーク・イェーガーやライナー・ブラウンら「マーレの戦士」達を選抜し育て上げた人物でもある。性格は厳格で戦士候補生に対する態度も威圧的だが、大多数のマーレ人とは異なりエルディア人に対する差別感情は薄く、部下たちを1人の人間として尊重している。現状認識能力に優れ、始祖奪還作戦を数人の子供に託すマーレ軍上昇部の正気を疑っていた。

Read Article

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウスとは「進撃の巨人」シリーズの登場人物であり、主人公エレン・イェーガーと同じ調査兵団に所属している女性。頭はあまり良くないが、並外れた身体能力と勘の良さは周囲からも認められている。狩猟を生業とする村の出身であるため、食べ物には目がなく食料庫からよく盗みを働いていた。方言で話すことに抵抗があるため他人には敬語で話す。天真爛漫で非常にマイペースな性格の持ち主である。

Read Article

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団団員。第104期訓練兵団を3位で卒業し、どの分野でもそつなくこなすことができる優秀な人物である。ただし優柔不断で判断を他人に任せる傾向があり、積極性に欠けることから他の同期と比べると少し影が薄い。その正体は、ウォール・マリア陥落の主因となった「超大型巨人」であり、始祖奪還作戦のために大国マーレから派遣された「マーレの戦士」の1人だった。任務を達成し故郷に帰ることを切望していたが、結局その願いは叶わず異国の地で命を落とすこととなる。

Read Article

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアードとは『進撃の巨人』の登場人物で「顎の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成される「マーレの戦士」の一員として、「顎の巨人」の持ち味である硬い顎と牙や俊敏性を活かし数々の戦場で活躍している。戦士候補生時代の同期であるライナー・ブラウンとは「鎧の巨人」継承権をめぐって争ったライバルだった。自分ではなく能力の低いライナーが「鎧の巨人」継承者として選ばれたことや、兄のマルセルがライナーをかばって巨人に食われたことから、ライナーに対して悪感情を抱いている。

Read Article

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、レイス家の長女。黒髪で青い瞳を持つ。レイス家当主のロッド・レイスとその正妻の第1子として生まれた。表向きは地方の貴族として振る舞っているが、実際は壁内の真の王家の末裔。レイス家に代々引き継がれている特別な巨人能力を叔父のウーリ・レイスから引き継ぎ、宿している。本人の飾らない性格は多くの者から慕われており、妾の子である異母妹ヒストリアにも姉として優しく接していた。

Read Article

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシスとは『進撃の巨人』の登場人物で駐屯兵団の司令官。スキンヘッドと口ひげが特徴の年配の男性。巨人との戦いの最前線である南側領土の最高責任者として、果断な指揮を振るい人類を守り抜いてきた。人類の勝利のためなら成功率の低い作戦でも取り入れる柔軟な判断力の持ち主だが、飄々とした言動や戦場でも酒を持ち歩く姿勢から「生来の変人」としても知られている。トロスト区攻防戦では巨人化したエレン・イェーガーによる穴の封鎖作戦を採用し、人類の勝利に貢献。兵団によるクーデターの際も大きな役割を果たした。

Read Article

目次 - Contents