今こそ注目したい!ウルトラマンゼロについてあれこれ

Discography img voyager feat zero

今やウルトラマンギンガがメインを張っているウルトラワールド。しかし、ギンガ登場まで、子供たちを大いに沸かせていたヒーローがいることをご存知でしょうか?彼の名はウルトラマンゼロ。ゲスト出演を果たした映画や主役を務めるパチンコの発表など、2015年もまだまだ目が離せません。そんなゼロについてまとめました。

そもそも、ウルトラマンゼロとは?

A01

2007年の「ウルトラマンメビウス」終了から、2年のときを置いて現れた待望の新ウルトラマンです。

ウルトラセブンの息子であり、その弟子であったウルトラマンレオに師事し、宇宙拳法主体のスタイルで戦います。

ウルトラマンダイナやノア、コスモス、ギンガなど、平行宇宙のウルトラマンとも交流があります。

初登場となった2009年の映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」は、ウルトラ空白期に放送されていた怪獣が主役のドラマ「大怪獣バトル」シリーズの劇場版でもありました。

ウルトラセブンを父に持ち、ウルトラマンレオ・アストラ兄弟に師事後、ベリアルを追ってアナザースペースに赴き、ウルティメイトブレスレットを得て、ベリアル銀河帝国の野望を打ち砕いた。盟友、グレンファイヤー・ミラーナイト・ジャンボット・ジャンナインらと、『ウルティメイトフォースゼロ』を結成している。

出典: m-78.jp

おもなデータ

17008847

苛酷な環境の惑星で修行したことで、その身体能力は多くのウルトラマンを大きく凌ぎます。

ウルトラマンたちを追い詰めた怪獣軍団を、たった一人で劣勢に追い込むなど、その能力は圧倒的といえるほど高いものがあります。

身長 49m

体重 3万5千t

最大飛行速度 マッハ7

出身地 M78星雲・光の国

出典: m-78.jp

意外な年齢

Img 1

落ち着きのあるほかのウルトラマンに比べると、たしかに幼い感じが目立ちます。

きちんと礼儀もわきまえているとはいえ、年長者に対しても軽い感じで接してくるあたり、確かに高校生っぽいところといえるのかも。

年齢:5900歳(地球人に換算すると高校1年生)

出典: dic.pixiv.net

進化し続けるウルトラマン

Cgw164 vfx main

ゼロの冒険の舞台は、M78星雲のあるおなじみの宇宙を飛び出し、さまざまな平行宇宙へ広がっています。その冒険の過程で、ノアから与えられたウルティメイトゼロや、ダイナ、コスモスと合体したウルトラマンサーガ(画像)、二人の能力が宿ったストロングコロナ、ミラクルナ、さらに最大の能力をもつシャイニングウルトラマンゼロなど、その能力はゼロの成長につれてアップし続けています。

様々な宇宙で数々のバトルを繰り広げるウルトラマンゼロは、地球でのバット星人との戦いで、ウルトラマンダイナ・ウルトラマンコスモスと心を一つにして ウルトラマンサーガへと奇跡の変身をとげ勝利した。この時ダイナ・コスモスから授かった新たな力をみなぎらせ、ウルトラマンゼロはさらにパワーアップしたのだ!

出典: blog.m-78.jp

いかがでしたか?主役の時期は過ぎたものの、決してほかのウルトラマンにも負けない、オンリーワンの魅力をもったキャラクターだと思います。登場作品も比較的視聴しやすい環境にありますし、興味をお持ちの方はぜひ、ゼロの冒険を追いかけてみてはと思います。

daisukekun
daisukekun
@daisukekun

Related Articles関連記事

ウルトラマン(初代ウルトラマン、Ultraman)のネタバレ解説まとめ

1966年(昭和41年)7月17日~1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で放送。 『ウルトラマン』とは、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。 映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」である。全39話放送された。 ウルトラマンと地球人のハヤタ隊員が一心同体となり、科学特捜隊と共に、怪獣や侵略宇宙人を倒し、地球の平和を守るストーリーである。

Read Article

まさかの円谷プロ公式!「ウルトラ怪獣擬人化計画」地球を萌やす怪獣たちはフィギュアも熱い!

「ウルトラマンを知らない若い世代に、怪獣の魅力を通じてもっと作品を知ってもらおう」という志から始まったプロジェクトが、何をどう間違えたのか怪獣の萌え擬人化というメディア展開に発展した異色の「ウルトラ怪獣擬人化計画」! 既に商品化も始まっているウルトラ怪獣達の萌えるフィギュアをご紹介しましょう!

Read Article

ウルトラマンなどの成田亨のデザインの世界

1966年に生まれ、今も作品が作られ続ける「ウルトラマンシリーズ」。「ウルトラマン」の初期シリーズで、ウルトラマンなどのデザインで作品を支えたのが、彫刻家・成田亨だ。ウルトラマンのみならず、怪獣、メカニック、コスチュームなど、成田亨のデザインワークスは古びないものだ。 そういった、成田亨のデザインを紹介したい。

Read Article

Contents