Engage Kiss(エンゲージ・キス)のネタバレ解説・考察まとめ

『Engage Kiss』(エンゲージ・キス)とは、悪魔が暗躍するメガフロート都市「ベイロンシティ」を舞台に、ダメ男とヤンデレ少女と元カノが繰り広げる三角関係とアクションを描いたオリジナルアニメ。メディアミックス作品『Project Engage』の第1弾である。
零細PMC「I&S事務所」の経営者で、その日の糧にも事欠く生活を続ける緒形シュウ。ヤンデレ気質の悪魔少女キサラと元カノで大手PMCの社長令嬢夕桐アヤノに支えてもらいつつ、シュウは家族を殺した悪魔を探してベイロンシティを駆け抜ける。

『Engage Kiss』の概要

『Engage Kiss』とは、悪魔が暗躍するメガフロート都市「ベイロンシティ」を舞台に、ダメ男とヤンデレ少女と元カノが繰り広げる恋とバトルとアクションを描いたオリジナルアニメ。
アニプレックスによるメディアミックス作品『Project Engage』の第1弾である。メインライターに『冴えない彼女の育てかた』などの代表作で知られる丸戸史明、イラストレーターに『ネプテューヌシリーズ』で人気を博したつなこを採用しており、ズラリと並んだ実力派スタッフの名前にアニメファンから期待と注目が集まった。

次世代のエネルギー源として注目されるオルゴニウム。その採掘場を兼ねた海上都市「ベイロンシティ」。ここで活動する零細PMC「I&S(イサムアンドシュウ)事務所」の経営者である緒方シュウ(おがた シュウ)は、家族を殺した悪魔を追うために独立したはいいものの、その日の糧にも事欠く生活を続けていた。
そんな彼を支えるのは、ヤンデレ気質の少女キサラと、元カノで大手PMCの社長令嬢夕桐アヤノ。「ダメ男を巡る2人の(見る目の無い)女の戦い」に見えて、実のところキサラは“人の記憶を代償に力を発揮する”強大な悪魔であり、アヤノはアヤノで仇討ちのために己の全てを犠牲にしようとするシュウを案じて彼に関わり続けているのだった。

己の記憶をキサラに差し出しながら、家族を殺した悪魔を追い続け、シュウは今日もベイロンシティを駆け抜ける。

『Engage Kiss』のあらすじ・ストーリー

ヤンデレ悪魔と元カノ

キサラとアヤノに生活を支えてもらいながら、シュウは家族を殺した悪魔を追い続けていた。

次世代のエネルギー源として注目されるオルゴニウム。その採掘場を兼ねた海上都市「ベイロンシティ」。人々の欲望渦巻くこの街には、いつの頃からか悪魔が入り込み、超常の力を人々に貸し与え、あるいは契約した者の手足となって、様々な事件を起こしていた。これに対抗するため、ベイロンシティではPMC(民間軍事会社)が精力的に活動しており、悪魔絡みの騒動が起きるたびに「どの会社が鎮圧を担当するか」で入札が行われるのが常だった。
そのPMCの中でも異彩を放つのが「I&S事務所」。所長の緒方シュウと相棒の女学生キサラのみのごくごく小規模の会社ではあったが、ベイロンシティ最強の存在として市民や警察からは頼りにされていた。それもそのはず、キサラは見た目通りの少女ではなく、その正体は強大な力を秘めた悪魔なのだった。

一方で「I&S事務所」の経営は、シュウが常に入札価格を採算度外視の金額で引き受けるため常に火の車。その日の食事にも事欠く有様で、シュウはキサラや元カノの夕桐アヤノに食費や生活費を援助してもらうことでなんとか食いつないでいた。シュウの現恋人を自認するキサラとしてはそれが気に入らず、またシュウに未練たっぷりのアヤノとしてもキサラの存在が受け入れられず、2人は顔を合わせるたびに反目する。
どうしてそこまでシュウが悪魔絡みの事件にこだわるかといえば、彼の両親と妹が悪魔に殺されたことに原因があった。自分の命と引き換えにしてでも仇を討ちたいと考えたシュウは、力を借りる代償として自分の記憶を少しずつキサラに差し出しながら、なりふり構わず情報を集めていたのだ。

同棲までしていたシュウが、己の人生を投げ打ってでも仇討ちを果たさんとしていることを知り、アヤノは「自分では彼の心の傷を埋められないのか」と嘆きつつもこれを止めるために奔走。キサラはキサラで、シュウもまたアヤノへの想いを捨て切れていないが、自分が記憶を奪うことで彼女との思い出を失いつつあることへの罪悪感と「このまま記憶を奪い続ければシュウを独占できる」との暗い喜びの間で揺れ動く。

悪魔代理人

シュウの調査は少しずつ実を結び、ベイロンシティに「力を欲する者に悪魔を紹介する」何者かが存在していることが判明する。しかし警察からは「悪魔代理人」の名で行方を捜索されているその人物は、シュウたちに探られていることに気づき、自分を嗅ぎ回る者を始末しようとアヤノに刺客を放つ。これを先読みしていたシュウはキサラを送り込んでアヤノを守らせた上で、相手の手がかりを得ようと画策する。
そんなシュウの動きと狙いを察した市警察の刑事三上テツヤ(みかみ テツヤ)は、シュウが家族の仇を追っていることまで調べた上で、「一緒に一連の事件の黒幕を捕まえないか」と提案。自分とキサラだけで目的を果たそうと考えていたシュウだったが、三上の熱意を受け入れ、彼と共に犯人を追うことを選択する。

相手の動きは捜査の手を一歩先回り、ここしばらくシュウたちの周囲で暗躍していた“悪魔を人々に配って回っていた謎の人物”こと花村ジュンヤが何者かに殺される。再び手掛かりが失われてしまったという現状を前に、しかし三上は「花村を殺した犯人を追えば、必ず黒幕に辿り着く」と前向きな言葉を口にする。シュウもまた家族を殺した悪魔を討つため、その際に起きた事件で父に着せられた冤罪を晴らすため、そして「悪魔に連れ去られた妹を助ける」というかすかな望みを叶えるため、命と人生と生活を代償に活動を続けていく。
シュウが三上と組んで調査を進めていく中、星天教会のシスターにして悪魔祓いを職務とするエクソシストのシャロン・ホーリーグレイルがベイロンシティにやってくる。彼女はここ最近の活躍で画像がネット上に溢れるようになったキサラを滅することを目的としており、そのために市内のPMCを次々と襲撃して情報を集めていく。やがてシャロンはシュウの前にも姿を現し、彼を守ろうとしたキサラと対峙。そこでシャロンがシュウとかつて恋仲であり、同時に“封印されていたキサラを解き放ち、2人がかりで致命傷を負わせた”人物であることが明らかとなる。

『Engage Kiss』の登場人物・キャラクター

緒形シュウ(おがた シュウ)

CV:斉藤壮馬

零細PMC「I&S事務所」の経営者。業界の常識を無視した安値で仕事を請け負う一方、仕事用の装備にはしっかり金をかけるので、日々の食事にも事欠く貧乏性。
荒事には滅法強く、近距離での射撃戦から距離を置いての狙撃まであらゆる銃火器の扱いに長ける。アヤノとはかつて同棲までした恋人関係にあり、一方的に別れを告げた今も仕事上の付き合いがある。

家族を殺した悪魔を追っており、そのためにアヤノと別れ、大手PMC「AAA Defender co.」を退職。キサラと契約した後に独立して「I&S事務所」を立ち上げる。キサラの圧倒的な戦闘能力により、同事務所はベイロンシティの最高戦力と見なされて市の上層部から頼りにされる一方、その価格破壊を厭わぬ営業が同業者から不評を買っている。

キサラ

CV:会沢紗弥

シュウの相棒の少女。生活能力の無い彼を健気に支え、自腹を切って食事を提供することもある。普段はベイロンシティにある高校に通っている。
その正体は、ベイロンシティでも他に例のない“A級”カテゴリーの強大な悪魔。真の力を発揮するにはその都度シュウとの契約が必要で、代償として彼の記憶を奪っている。

シュウのことは契約者であるという以上に本気で愛しており、元カノのアヤノに対しては敵意を露わにする。そのアヤノから「このまま契約を続けて全ての記憶を奪われたシュウが廃人になってもいいのか」と尋ねられた際は、「最後の女になれればいい」と語った。

夕桐アヤノ(ゆうぎり アヤノ)

CV:Lynn

シュウの元カノ。大手PMC「AAA Defender co.」の社長令嬢で、真面目かつ厳格かつ有能な現場指揮官でもある。年齢はシュウより少し上。
家族の仇を追うことを決めたシュウから一方的に別れを告げられ、表面上は吹っ切った風を装うも、未だに彼に未練を抱きまくっており、それを方々から指摘されている。仕事柄たびたび顔を合わせるシュウに対してはどうしても厳しい対応を貫くことができず、何かと金銭的な援助をしている。

シャロン・ホーリーグレイル

CV:大久保瑠美

全人類への博愛と、一切の例外を認めない悪魔への強硬な姿勢で知られる星天教会のシスター兼エクソシスト。I&S事務所での活躍で、その存在が外部にも知られるようになったキサラを滅するために、ベイロンシティへとやってくる。
足技を主体とした格闘技の使い手。シュウとは同い年で、かつては恋仲だった。シュウが封じられていたキサラを解放した瞬間に立ち会い、彼と2人でキサラを倒している。

夕桐アキノ(ゆうぎり アキノ)

CV:渡辺明乃

アヤノの母親にして、大手PMC「AAA Defender co.」の社長を務める才媛。
かつて自社で鍛えたシュウの手腕を高く評価しており、自分の下を去った今も彼のことを目にかけている。

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

目次 - Contents