【進撃の巨人】エレン「アルミンの」 ミカサ「誕生日」【厳選名作SS】

進撃の巨人の厳選名作SSを掲載しています。今回のお話では、アルミンの誕生日を祝うために幼い頃のミカサとエレンが奮闘します。幼馴染3人組のほのぼのとした日常で癒されてください。

エレン「アルミンの」 ミカサ「誕生日」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:05:43 ID:NDti2Go2

844年・秋

エレン「ミカサに問題。明日は何の日だ?」

ミカサ「…?分からない。明日は11月3日…じゅういちがつみっか…みかんの日?」

エレン「おいおい、何だよそれ。いいか、明日はな…」

ミカサ「うん」

エレン「明日は、アルミンの誕生日なんだよ」

ミカサ「そうなの?」

エレン「ああ。ミカサにとっちゃ初めてだよな」

ミカサ「アルミンは、何をあげたら喜ぶのだろう。本?」

エレン「あいつ、本読むの大好きだもんな。でもさぁ…」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:07:26 ID:NDti2Go2

エレン「去年も一昨年もあいつの誕生日には小遣いで買った本をあげてたんだよ。
その度に目をキラキラと輝かせて喜んでくれて…今年も、本をあげたら同じように喜んでくれるだろうな」

ミカサ「なら、今年も本をあげればいい。私も、アルミンの喜んだ顔が見てみたい」

エレン「まあ待てよ、三年連続で本とかありきたりすぎるだろ?
それに、今年はお前もいるんだからもっと派手に祝ってやりたいんだ」

ミカサ「例えば?」

エレン「それを今から考えるんだよ!アルミンの誕生日は明日だし、時間は十分だろ?」

エレン「アルミンに気付かれないようにこっそり準備してさ…あいつの喜ぶ顔が目に浮かぶよ」

ミカサ「ええ。きっととても喜んでくれると思う」

エレン「あとさ、一つ思いついたんだけどよ…」

ミカサ「ん」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:08:11 ID:NDti2Go2

エレン「…いや、なんでもねえ」

エレン(これを言ったらまず反対されるだろうからな…)

ミカサ「本当に?エレン、隠し事は良くない」

エレン「な、なんでもねえって言ってるだろ!」

ミカサ「…エレン」ジーッ

エレン「なんだよ…」

ミカサ「耳が赤い」

エレン「……」ガバッ

ミカサ「今更耳を隠しても無駄。エレン、何を隠しているの?」

エレン「べ、別に大したことじゃねえから気にすんなって!んなことよりさっさと準備しようぜ、外行くぞ!」スタスタ

ミカサ「エレン…」スタスタ

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:08:48 ID:NDti2Go2

―――
――

ミカサ「あ」

エレン「なんだ?」

ミカサ「サザンカが咲いている」

ミカサ「サザンカは、11月3日…アルミンの誕生日の誕生花」

エレン「へえ、詳しいんだな」

ミカサ「昔、母さんに花について沢山のことを教えてもらったから。
私がいた家の周りには、季節ごとに沢山の花が咲いていた。とても綺麗だった」

エレン「…何か悪いこと聞いちまったな」

ミカサ「気にしないで。それよりエレン、サザンカを摘んでいきたいから手伝って」ブチブチ

エレン「アルミンにあげるのか?花なんて枯れちまうだろ」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:09:28 ID:NDti2Go2

ミカサ「これも母さんに教えて貰ったのだけれど、押し花と言って、花を乾燥させて保存する技術がある。
アルミンは本を読むのが好きだから、この押し花を作って栞を作ろうと思っている」ブチブチ

ミカサ「あとは、花冠も…」ブチブチ

エレン「栞はともかく、あいつは男なんだから花冠なんて喜ばないと思うぞ」

ミカサ「でも、きっと似合うと思う」ブチブチ

ミカサ「ほら、エレンも手伝って」ブチブチ

エレン「はいはい…」ブチブチ

ミカサ「うん、これぐらいあれば十分」

エレン「一回家に置いてこようぜ、邪魔になりそうだしよ」

ミカサ「ええ」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:10:30 ID:NDti2Go2

―――
――

エレン&ミカサ「ただいま」ドサッ

カルラ「おかえり、二人とも。…その花はどうしたんだい?」

ミカサ「明日はアルミンの誕生日だから、押し花と花冠にしてプレゼントしようと思って」

カルラ「そういえば、もうそんな季節だったね。よし、明日はアルミンを家に呼んでおいで。特製のパイを作ってあげるよ」

エレン「本当!?じゃあ母さんとミカサは料理する係で、オレとアルミンは食べる係な!」キラキラ

ミカサ「エレンも手伝うべき」グニー

エレン「いでで!わかったよ、手伝うからほっぺ引っ張るなって!お前力強いんだよ!」

カルラ「こらこら。…ミカサはともかく、エレンには危なっかしくて任せられないよ。
折角の誕生日なんだし、明日は料理は私に任せてアルミンと三人で遊んでな」

ミカサ「ありがとう、おばさん。明日がとても楽しみ」

エレン「だよなぁ!…よし、ミカサ。明日の準備の続きをするぞ!」

ミカサ「ええ」

カルラ「気をつけて行ってくるんだよ!」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:11:02 ID:NDti2Go2

―――
――

ミカサ「エレン、どこに行くの?」スタスタ

エレン「アルミンのとこ」スタスタ

ミカサ「アルミンには内緒にしておくんじゃなかったの?」

エレン「ちょっと考えがあるんだよ。いつもはここら辺にいるんだけど…」キョロキョロ

アルミン「…」カリカリ

エレン「お、いたいた。よし、ミカサはちょっとここで待ってろ」

ミカサ「エレン…何をする気なの?」

エレン「まあ見てろって。おーい、アルミーン!」タタッ

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:11:33 ID:NDti2Go2

アルミン「やあ、エレン。ミカサはどうしたんだい?」

エレン「ちょっと用事があるってあっちの方にいるよ。それよりアルミン、何してるんだ?」

アルミン「数式を書いてたんだ。紙は高いからね、こうやって枝で地面に書いてるんだよ、何回でも書き直せるしね」

エレン「うりゃ!」ゴシゴシ

アルミン「エレン!?何するんだよ、折角書いたのに…」

エレン「アルミンのバカ!アホ!マヌケ!」ベーッ

アルミン「エレン…君がこんなことをするなんて何かあったのかい?」

アルミン「そしてそれはミカサやカルラおばさんにも話せないようなことなの?なら僕でよければ相談に乗るよ」ニコッ

エレン「うっ…」

エレン(流石アルミン…手強いな…でも)

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:12:14 ID:NDti2Go2

アルミン「…エレン?聞いてる?」

エレン(そういえば、オレって嘘をつくと耳が赤くなる癖があるんだよな、隠しとくか)ガバッ

アルミン「エレン?どうして耳を隠してるの?」

エレン「お、お前の話なんか…き、聞きたくねーんだよ!」クワッ

アルミン「え?」

エレン「これでも食らえ!」デコピン

アルミン「あうっ」ペチン

エレン「どうだ、参ったか」

アルミン「…エレン、流石に今のは痛かったかな…」ジワ

アルミン「…う゛ぅ……」

アルミン「うわぁぁぁぁぁ」ダッ

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:13:27 ID:NDti2Go2

エレン(やべえ、やり過ぎたかも…そしてあっちはミカサがいる方角…)ダラダラ

アルミン「うわぁぁぁん」ダッ

ミカサ「アルミン!?どうしたの!?」

ミカサ(恐らく聞こえなかったのだろうけど…行ってしまった)シュン

エレン「」スタスタ

ミカサ「エレン…アルミンはどうしたの?」

エレン「…昔読んだ絵本にさ、誕生日の前に冷たく接して当日に盛大に祝って驚かせるって話があったんだよ…」

ミカサ「…それで、エレンはアルミンに何をしたの?」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:13:58 ID:NDti2Go2

エレン「…まずあいつが地面に書いてた数式を足で消して、バカとかアホとか言ったんだけど、逆に心配されちまってさ…」

ミカサ「アルミンは頭がいいから…本心でないことなんてすぐ分かる。それに、エレンは嘘をつくと耳が赤くなるから」

エレン「うん、だから耳を隠してさ、お前の話なんて聞きたくねえって言ってデコピンしたら…」ズーン

ミカサ「エレン…それは流石にアルミンが可哀想」

エレン「…明日、誕生日を祝ってから謝ろうと思ってたんだけど、やっぱ今謝るべきか?」

ミカサ「そうしたほうがいいと思う」

エレン「よし、アルミンを探すぞ」

ミカサ「私もついて行く」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:14:32 ID:NDti2Go2

―――
――

ハンネス(今日も相変わらず平和だな、まあ変わらない日常が一番なんだけどよ…)

ハンネス「…ん?」

ハンネス(あそこにいるのはアルミンじゃねえか、またいじめられたのか?ちょっくら声でもかけてやるか)スタスタ

アルミン「うぅ…」グスグス

ハンネス「よう、アルミン」

アルミン「…ハンネスさん」

ハンネス「どうした?またいじめられたのか?」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:15:03 ID:NDti2Go2

アルミン「…違う」

ハンネス「いつも一緒にいるエレンとミカサはどうしたんだ?」

アルミン「……」

ハンネス「ははは、さては喧嘩しただろ」

アルミン「喧嘩というか…僕、エレンを怒らせたのかも…」

アルミン「思い当たる節はないんだけど…もう少し、エレンの言い分も聞くべきだったのかな…
僕、つい走り去っちゃって…途中、ミカサが声をかけてくれたけど、
ミカサに心配はかけさせたくないから、聞こえないふりをして…最低だ…」ポロポロ

ハンネス「…エレンの奴は、急に冷たくなったのか?」

アルミン「うん…昨日までは普通だったのに、今日になってからいきなり…地面に書いた数式を消されたり、デコピンされたり…」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:15:33 ID:NDti2Go2

ハンネス(今日になってから、なあ…そういえば、明日はアルミンの誕生日か。
先週、エレンが言ってたもんな。急に冷たくなったっていうのも明日を盛り上げるためだろうが…
少しやり過ぎたな、エレン…お前の思惑については触れないようにしておくが…)

アルミン「僕が、エレンに何か悪いことをしたのなら謝りたいんだけど、本当に何でエレンが怒ったのか心当たりがないんだ…」

ハンネス「エレンの事情は俺にも分からん。エレン本人にしか分からないだろうよ」

アルミン「うん」

ハンネス「お前とエレンは男同士。これから喧嘩もいっぱいするだろうよ」

アルミン「…うん」

ハンネス「でも、酷い目にあってもエレンのことを気遣えるお前に、
例え相手が何人だろうとお前がいじめられているのを見つけるとすぐに立ち向かったエレン」

ハンネス「こんなにも互いに信頼しあってるんだ、お前らならすぐに仲直りできるさ

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:16:05 ID:NDti2Go2

アルミン「…もし、仲直りできなかったら?」

ハンネス「大丈夫だって、万一できなかったら俺が仲裁してやるよ」ワシャワシャ

アルミン「か、髪がくしゃくしゃになるからやめてよ、ハンネスさん」

ハンネス「悪い悪い。…少し落ち着いたか?」

アルミン「うん」

ハンネス「泣いて走ってて疲れただろ、ほらこれ食え。酒のつまみの焼き菓子だが、味は悪くないはずだぜ。
疲れた時には甘いものを食うのが一番いいって言うだろ?」グイッ

アルミン「むがっ」

ハンネス「…うまいか?」

アルミン「…おいしい」ニコッ

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:16:37 ID:NDti2Go2

ハンネス「だろ?エレンにミカサと…三人で食えばもっとうまいだろうな」

ハンネス「ほら、サービスだ。この袋の中身、全部やるよ」

アルミン「いいの?」

ハンネス「ああ。その代わり、ちゃんと三人で分け合って食えよ?」ナデナデ

アルミン「ありがとう、ハンネスさん!」ニコッ

ハンネス「仲直りできたら明日三人で俺のところまで来いよ」ニッ

アルミン「…?分かった。じゃあ僕、エレンとミカサのことを探してくるから。本当にありがとう、ハンネスさん!」ダッ

ハンネス「いいってこった。頑張れよ、アルミン!」フリフリ

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:17:36 ID:NDti2Go2

―――
――

エレン「アルミン!アルミーン!」

ミカサ「エレン、あっちの方にはいなかった」

エレン「こっちにもいねえ…もう家に帰っちまったのかな」

ミカサ「…」キョロキョロ

ミカサ「…いた」

エレン「どこだ!?」

ミカサ「…あそこ。あの水色の服は間違いなくアルミンの」

エレン「よし、行くぞ!」タタッ

ミカサ「了解」タタッ

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 20:57:13 ID:gca35COQ

―――
――

アルミン(エレンとミカサはどこだろう…あまり遠くには行ってないと思うけど)キョロキョロ

ドンッ

アルミン「わあっ!すみません、少しよそ見してて…」

悪ガキA「よう、異端者」

悪ガキB「良い物持ってんじゃねーか」ニヤニヤ

悪ガキC「わざわざ俺達のところに持ってきてくれるだなんて良い奴だな」バッ

アルミン「や、やめろよ!」

悪ガキA「やーだね。お前ら、さっさと食っちまおうぜ」ゴソゴソ

悪ガキB「おお、うまそうだな」ジュルリ

アルミン「あ…ああぁ…」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 20:57:43 ID:gca35COQ

アルミン(このまま…ハンネスさんから貰ったお菓子、全部食べられちゃうのかな…
…いや…今回ばかりはあいつらと同レベルになってもいい。例え奪い返せなくても…抗ってやる!)

アルミン「……」スゥー

悪ガキC「うめえうめえ」ムシャムシャ

アルミン「…返せよっ!」ダッ

悪ガキA「…異端者の癖に生意気だぞ」スッ

アルミン「うわぁ!」ズデン

悪ガキA「足払いに引っかかるなんて情けねえ奴」ニヤニヤ

悪ガキB「おい、覚悟はできてるんだろうな?」ニヤニヤ

悪ガキC「邪魔しやがって、ボコボコにしてやるよ」ニヤニヤ

アルミン「…殴りたければ殴ればいいさ。暴力でしか物事を解決しない君達の方が、僕から見れば異端者だよ」

悪ガキA「…この―!」ブンッ

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 20:59:16 ID:gca35COQ

エレン「やめろーッ!」

悪ガキB「エレンだ!今日こそボコボコにして泣かせてやる!」

ミカサ「…私もいる」

悪ガキC「うわぁ!ミカサだ!」

ギャーギャー ワーワー

悪ガキ達「」チーン

エレン「ったく…相変わらず卑怯な奴らだ」

ミカサ「…アルミン、大丈夫?怪我はない?一人で立てる?」

アルミン「うん…ありがとう、二人とも」

エレン「…アルミン」

アルミン「エレン」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 21:00:28 ID:gca35COQ

エレン「……さっきはごめんな…」

アルミン「…いいよ。それより、エレン。本当に何があったの?さっきからずっと気がかりだったんだ」

エレン「そ、それは…明日になったら教えてやるよ」

アルミン「そっか。それじゃあ、明日を楽しみにしておくよ。あと、二人とも…」

アルミン「ハンネスさんから、三人で食べろって焼き菓子を貰ったんだけどさ…
あいつらに殆ど食べられちゃって、二個しか残ってないんだ。だから、エレンとミカサで二人で分けて食べてほしい」

ミカサ「どうして?ハンネスさんの言うように、三人で分け合って食べればいい」

エレン「ああ、ミカサの言うとおりだ。三人で食べようぜ」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 21:01:05 ID:gca35COQ

アルミン「でも、そうするとエレンとミカサの分が少なくなるし…」

エレン「これはオレの分、これはミカサの分、これはアルミンの分な」スッ

ミカサ「ありがとう、エレン。…アルミン、何も遠慮することはない」

アルミン「じゃ、じゃあ…ありがとう、エレン」

エレン「腹減ったしさっさと食おうぜ。…うめえ!ハンネスさん、良い物食ってるじゃねえか」ムシャムシャ

アルミン「ね。ハンネスさんも言ってたけど、三人だからよりおいしく感じてるんだと思う」

ミカサ「三人寄れば…もっと楽しい」

アルミン「あはは、それを言うなら文殊の知恵だよ。…でも、ミカサの言うとおりだ」ニコッ

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 21:01:50 ID:gca35COQ

―――
――

エレン「ふぅ、うまかったな」

アルミン「うん…二人はこれからどうするの?」

エレン「えっと…オレはこれからちょっと用事があるから今日はここでお別れな!」

ミカサ「私も、エレンと一緒に用事がある」

アルミン「そっか、それじゃあまた明日」

エレン「おう!」

ミカサ「アルミン…今日はありがとう」

アルミン「こちらこそありがとう!またね!」フリフリ

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 21:02:42 ID:gca35COQ

―――
――

エレン「ミカサ、本屋に行こうぜ」スタスタ

ミカサ「今年は本をやめるんじゃなかったの?」スタスタ

エレン「いや、やっぱりありきたりでもいいんだ。好きな物をあげるのが一番だろ」

ミカサ「アルミンは、どんな本をあげたら喜ぶのだろう」

エレン「あいつのことだから、どんな本でも喜ぶと思う。まあ実際に入って見てから決めようぜ」

ミカサ「ええ」

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 21:03:18 ID:gca35COQ

―――
――

エレン「お、この一軒の家が表紙の本とかどうだ?」

ミカサ「どんな内容だろう」

エレン「あらすじがあるな…やんちゃな兄と、口うるさい妹と、臆病な弟が一軒の家から旅立ち広い世界を見る話だってよ」

エレン「この三人兄弟、オレ達みたいだよな。やんちゃな奴はオレで、口うるさい奴はミカサで、臆病な奴はアルミン」

ミカサ「そう?私は口うるさくないし、アルミンも勇気があると思う。それに、エレンが兄で私が妹じゃなくて私が姉でエレンとアルミンが弟の方がしっくりくる」

エレン「いや、オレが兄でいいだろ!」

ミカサ「私のほうが背が高いから私が二人の姉でいい。…話を戻すけれど、私もこの本がいいと思う。挿絵も綺麗だし」

エレン「だよな。…ミカサ、今いくら持ってる?オレはこれぐらいだけど」ジャラジャラ

ミカサ「私はこれぐらい。二人で合わせれば、十分に足りる値段」ジャラジャラ

エレン「じゃあ、これにしとくか」

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 23:43:14 ID:s.VBYyT6

エレン「よし、そろそろ帰るか」スタスタ

ミカサ「ええ」スタスタ

―――
――

エレン&ミカサ「ただいま」

カルラ「おかえり、二人とも」

ミカサ「カルラおばさん、押し花を作るからナイフを貸して」

カルラ「手を切らないようにして使うんだよ」

ミカサ「大丈夫」

エレン「ナイフなんて何に使うんだよ」

ミカサ「見れば分かる、部屋に行こう」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 23:44:06 ID:s.VBYyT6

―――
――

ミカサ「押し花を作る時は散らかるから…この布を敷こう」

エレン「おう」

ミカサ「まずは下準備から」

ミカサ「…」ザクザク

エレン「おい、ミカサ!なんで花を切ってるんだよ!」

ミカサ「サザンカは大きい花だから、一度処理をしないとうまく押し花にできない」

ミカサ「まずは、こうして花びらのうち厚いものを切り落とす。厚いものは、縮んでしまうから」

ミカサ「葉っぱも切るのだけれど…この葉っぱも後で使うから捨てずに置いておこう」

ミカサ「花びらは私がやるから、エレンは葉っぱを取って。葉で手を切らないようにね」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 23:44:49 ID:s.VBYyT6

エレン「わかった」ブチブチ

ミカサ「…」ザクザク

エレン「……うわっ!」ビクッ

ミカサ「エレン、どうしたの?指を切ってしまった?」

エレン「…いや、芋虫がいてさ」

ミカサ「殺したら可哀想だから、葉っぱごと外に出してあげよう」

エレン「お、おう…」

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 23:45:23 ID:s.VBYyT6

ミカサ「3つ。これだけあれば十分」

エレン「次は何をすればいいんだ?」

ミカサ「花びらと葉っぱを千切れないようにこの本の上に置いて」

エレン「任せとけ」

ミカサ「その間に、私は残りの花で冠を作る」

ミカサ「サザンカには茎がないから、根本の部分に穴を開けて糸を通して行く」ブスブス

エレン「それ、大変だろ…手伝おうか?」

ミカサ「大丈夫。…エレン、置き終わったらその上に本を置いて。重いものを載せることで水分が少しずつ抜けて完成するから」

エレン「父さんの部屋から何冊か取ってくるよ」スタスタ

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 23:46:10 ID:s.VBYyT6

エレン「こんだけありゃ十分だろ」ドサッ

ミカサ「ええ。あとはこのまましばらく置いておけば完成」

ミカサ「そして、花冠も完成した」

エレン「おお、すげえ!赤くて…花なのに、なんかかっこいいな」

ミカサ「これなら、男の子が着けてもあまり恥ずかしくないと思う。…それにしても」

ミカサ「大分、花が余ってしまった」

エレン「カゴいっぱいに採ってきたからな…飾り付けに使うとかどうだ?
昔、父さんが内地から買ってきた綺麗な紐や飾りなんかも使ってさ」

ミカサ「ええ、とても素敵なものになると思う」

エレン「場所はオレ達の部屋でいいな、始めるぞ」

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 23:46:43 ID:s.VBYyT6

夕方―

エレン「こんなもんでいいだろ」

ミカサ「色とりどりの飾りにサザンカの花…とても綺麗。まるで、花畑にいるみたい」

エレン「あいつの驚いた顔が目に浮かぶよ、なあミカサ」

ミカサ「ええ」

エレン「あとよ、片付けをしてる時にこれを見つけたんだ」スッ

ミカサ「…凄く綺麗な石」

エレン「だろ?ずっと前…オレがアルミンと会う前に拾ったんだけど、
失くしちまって結構探してたんだ。まさか、今日になって出てくるだなんて」

エレン「でさ、この石の色見てみろよ」

ミカサ「黄色。アルミンの髪と同じ」

エレン「だろ?折角だからさ、これも明日アルミンにあげようと思うんだ」

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 23:47:18 ID:s.VBYyT6

ミカサ「そのままあげるのもなんだし、折角だからペンダントにしよう。
紐で小さな網を作って、中にその石を入れれば完成する」

エレン「ミカサ、それオレにやらせてくれないか?」

ミカサ「構わないけど…作り方は分かる?」

エレン「…分からねえ」

ミカサ「じゃあ私が作り方を教えるから、エレンはそれを聞いて作って」

エレン「おう」

ミカサ「まずはこれぐらいの長さの紐を四本用意して」

エレン「さっきの飾り付けで余った分があるな。…これでいいか?」

ミカサ「ええ。次に紐の中心…ここに平結びを一回」

エレン「平結びってなんだよ」

ミカサ「平結びというのは…」カクカクシカジカ

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 23:47:56 ID:s.VBYyT6

ミカサ「あとは中に石を入れて、外れないように上を固く結んで…これで完成」

エレン「よっしゃあ!」

ミカサ「大変だったでしょう。エレンはよく頑張った」

エレン「ああ、凄く大変だった。けどよ…どうしてもオレの手で作りたかったんだ」

ミカサ「アルミン、凄く喜んでくれると思う。明日が楽しみ」

エレン「オレもだよ、ミカサ」

ミカサ「…そろそろ夕飯の時間。エレン、行こう」

エレン「あぁ!」

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 23:48:26 ID:s.VBYyT6

―――
――



エレン「寝る前に、明日のことについて話したいんだけどよ」

ミカサ「うん」

エレン「まず、朝になったらオレ達でアルミンを迎えにいくだろ?」

ミカサ「うん」

エレン「それでアルミンを家の前まで連れてきたら目を瞑らせてさ、この部屋まで歩かせようぜ」

ミカサ「…危なくない?」

エレン「転ばないように、手を繋げば大丈夫だろ」

ミカサ「それはとても名案だと思う」

エレン「だろ?じゃあ明日に備えてそろそろ寝るぞ、おやすみ」

ミカサ「おやすみ、エレン」

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 23:49:11 ID:s.VBYyT6

―――
――

ジジミン「アルミン」

アルミン「何?」

ジジミン「明日はお前の誕生日じゃのう」

アルミン「すっかり忘れてたよ…」

ジジミン「お前ももう9歳か…時が経つのは早いのう」

ジジミン「顔と性格は母に似て、聡明で本が好きなところは父に似て…立派に育ったものじゃ」

アルミン「…うん、ありがとう」

ジジミン「アルミン、明日何かほしい物やしてほしいことはあるか?」

アルミン「うーん…」

ジジミン「少しは欲張ってもいいんだぞ?」

アルミン「…じゃあ」

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 23:49:43 ID:s.VBYyT6

アルミン「…爺ちゃんに、長生きしてほしいかな」

ジジミン「……」

ジジミン「アルミンが、一人前になるまでは死ねんよ」

アルミン「うん、約束だよ」ニコ

ジジミン「ああ、約束じゃ」

ジジミン(…見ておるか?アルミンはこんなにもいい子に育ったぞ……)

アルミン「それじゃあ爺ちゃん、もう寝るよ。明日はエレンとミカサが来るらしいから、早めに寝るんだ」

ジジミン「良かったのう。ゆっくり休むんじゃぞ」

アルミン「うん、おやすみ爺ちゃん」

ジジミン「おやすみ」

ジジミン(友達も二人もできて…神様、ありがとうございます。…娘と娘婿が生きておったら、凄く喜んでいたのだろうな…)

50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 20:08:22 ID:XlWcatS2

―朝

ミカサ「エレン、起きて」

エレン「ふぁああ…おはよう」

ミカサ「おはよう、エレン」

エレン「さっさと飯食って、アルミンを迎えにいこうぜ」

ミカサ「待って、その前に栞の仕上げをしよう」ゴソゴソ

エレン「すげえ、ペラペラになってるじゃん」

ミカサ「花を厚めの台紙に貼り付けて、その上からこの薄い紙で貼り付ければ完成」ペタッ

エレン「…いいな。ミカサ、よかったら今度オレにも作ってくれよ」

ミカサ「構わないけれど、その代わりに沢山使ってほしい」

エレン「わ、わかったよ!」

51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 20:09:41 ID:XlWcatS2

―――
――

カルラ「おはよう、二人とも」

エレン&ミカサ「おはよう」

エレン「お、いい匂いがする」スンスン

カルラ「昨日言った通り、パイを焼いているんだよ」

ミカサ「この匂いはりんご?」

カルラ「そう。楽しみにしていてね」

エレン「あぁ!」

ミカサ「エレン、朝ごはんを食べたらアルミンを迎えにいこう」

エレン「そうだな」

52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 20:10:11 ID:XlWcatS2

ミカサ「ごちそうさま」

エレン「よし、行くか」

ミカサ「ええ」

エレン「母さん、アルミンを迎えに行ってくる」

カルラ「気をつけて行ってくるんだよ」

53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 20:10:42 ID:XlWcatS2

―――
――

エレン「おーいアルミン!迎えに来たぞ!」

アルミン「じいちゃん!エレン達が来たからいってくるね」

ジジミン「楽しんでくるのじゃぞ」

アルミン「うん、行ってきます」

54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 20:11:18 ID:XlWcatS2

―――
――

アルミン「ねえ、二人とも」

エレン「どうした?」

アルミン「ハンネスさんのところに寄って行ってもいいかな?昨日来いよって言われたんだ」

ミカサ「ええ、構わない」

エレン「オレもいいぜ」

アルミン「ありがとう、それじゃあ行こう」

55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 20:12:38 ID:XlWcatS2

―――
――

アルミン「ハンネスさーん!」

ハンネス「よう、来たか」

ミカサ「どうも」

エレン「ハンネスさん、今日もサボりかよ。他の奴らも仕事してないし、まるでサボり兵団じゃねえか」

ハンネス「いざって時にはちゃんと働くから安心しろって。俺達が忙しくないってことは平和の証でもあるんだぞ」

ハンネス「それより、アルミン」ゴソゴソ

アルミン「ん?」

56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 20:13:12 ID:XlWcatS2

ハンネス「ほら、これ。お前へのプレゼントだ、誕生日おめでとう」

アルミン「僕とエレンとミカサの絵だ、ハンネスさんが描いてくれたの?」

ハンネス「そうだよ、一日で描き上げたんだぜ」

ミカサ「凄い…三人ともそっくり」

エレン「ハンネスさんって、絵が上手だったんだな…」

アルミン「ありがとう、ハンネスさん。僕の部屋に飾るよ」

ハンネス「喜んで貰えたようでよかったぜ、この絵みたいにお前らも仲良くしろよ」ニッ

エレン「当たり前だろ!な、二人とも」

アルミン「うん!」

ミカサ「勿論」コクッ

57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 20:13:43 ID:XlWcatS2

ハンネス「ははっ、安心だな!そうそう、酒もあるんだが飲んでくか?折角の誕生日なんだしよ」

アルミン「あはは…それはいいかな…」

エレン「ハンネスさん、それ犯罪だぞ!」プクー

ハンネス「一口ぐらいならばれねえって。まあお前らも大人になれば俺の気持ちもよーく分かるだろうよ」ハハハ

ハンネス「それよりお前ら、誕生日パーティーに向かう途中だったんだろ?」

エレン「なんで分かるんだよ」

ハンネス「伊達にお前らのことを見てないからな、何をしようとしてるかなんてお見通しってこった」

58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 20:14:15 ID:XlWcatS2

ハンネス「ほら、さっさと行ってこい。楽しんでこいよ、主役さん!」バシンバシン

アルミン「痛っ!…うん、楽しんでくるよ!」

エレン「ハンネスさん、オレ達が行った後酒飲むなよ!」

ミカサ「そう、昼からお酒は身体に悪い」

ハンネス「おうよ」

アルミン「ハンネスさん、またね」フリフリ

ハンネス「おう!」

ハンネス(行っちまったか…よし)プシュッ

ハンネス(アルミンの誕生日の記念に、一杯やっとくか)ゴクゴク

59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 20:14:57 ID:XlWcatS2

―――
――

エレン「よし、着いたぞ」

アルミン「う、うん」

アルミン(なんか、ドキドキするなぁ…)

エレン「アルミン、目瞑ってろ」

アルミン「エレン、目瞑って歩いたら危ないよ…」

エレン「大丈夫だって、オレが手を繋いでやるから」

ミカサ「私も、エレンが繋いでいない方の手を繋ぐ」

60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 20:15:44 ID:XlWcatS2

エレン「じゃあオレは右手を繋ぐから、ミカサは左手を頼むぞ」ギュッ

ミカサ「分かった」ギュウッ

アルミン「わっ」

アルミン(ミカサの力、強いな…ちょっと痛いかも。
女の子に力強いねなんて言ったら失礼だから言わないけど… でも、ミカサの手、柔らかいなぁ)

エレン「ほら、行くぞ。アルミン、ちゃんと目瞑っとけよ」 スタスタ

アルミン「分かったよ」ギュッ

ミカサ「大丈夫、私もエレンもいるから前が見えなくても転ぶことはないし、転ばせない」スタスタ

エレン「よし、入るぞ」ガラッ

61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 20:16:17 ID:XlWcatS2

アルミン「…まだ目を開けちゃダメかな?」

ミカサ「もう少しだけ歩いてから」

エレン「よし、着いた。アルミン、目を開けていいぞ」

アルミン「う、うん…」ドキドキ

ミカサ「どう?アルミン」

アルミン「え?えぇ?」

アルミン「…すごい。すごいよ!これ全部、二人で飾りつけたの?」

エレン「そうだよ。昨日、家に帰ってからミカサと頑張ったんだ」

ミカサ「喜んで貰えたようで、凄く嬉しい。…アルミン、これは私から」ポフッ

62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 20:16:51 ID:XlWcatS2

アルミン「…花の、冠?」

ミカサ「そう。サザンカの花で作った。アルミンは金髪だから、赤がよく似合う」

エレン「だな、似合ってるぜ。あと、作ったのはミカサだけどオレも手伝ったんだからな!」ニッ

アルミン「二人ともありがとう」ニコッ

アルミン(花の似合う…男としてそれはどうなんだろう…でも二人の気持ちが凄く嬉しい…)

ミカサ「…アルミン、これも私から。アルミンは本が好きだから、押し花にして栞も作った。良かったら使ってほしい」スッ

アルミン「ありがとうミカサ、大切に使わせて貰うよ」ニコッ

ミカサ「…赤のサザンカの花言葉は、理性。頭のいいアルミンにはぴったり」

エレン「おお、すげーしっくり来るな」

63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 20:17:22 ID:XlWcatS2

アルミン「そ、そんなことないよ…」テレテレ

エレン「そんなことあるって、いつもお前はオレ達にいろいろなことを教えてくれるしな」

アルミン「僕だって二人から色々なことを教えてもらってるよ。今だって、ミカサから花言葉を教えて貰ったしね」

ミカサ「アルミン。赤のサザンカの花言葉には、謙遜というものもある。これも、アルミンにはぴったり」

アルミン「そうかな?」

ミカサ「ええ。…アルミンは、大人にだって負けない知識があるんだから、もっと自信を持ってもいい」ニコッ

アルミン「うん…ありがとう、ミカサ」

エレン「次はオレからだ!ミカサに教えて貰いながら作ったんだぜ」

64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 20:18:07 ID:XlWcatS2

アルミン「黄色に輝く石…本で見たことがある。これ、シトリンじゃ…えぇ!?これどうしたの?こんなに高価なもの受け取れないよ!」アセアセ

ミカサ「アルミン…エレンは、何度も私に作り方を聞き返しながら一生懸命にこれを作ってくれた。受け取ってくれたら凄く喜ぶと思う」

エレン「この石、そんな凄いもんなのか?まあ受け取れよ。昔拾ったんだけどなくしちまってよ、ずっと探してたんだけど見当たらなくてさ。
それが昨日になって見つかったんだ」

エレン「んでお前の髪もこの石も黄色だし…その、きっとお前に似合うと思うんだ…」

アルミン「エレン…それ、女の子に向かって言う台詞だよ」クスクス

アルミン「でも、ありがとう。大事にするね」ニコッ

アルミン「…早速、着けてみよう。…どう?」

エレン「おお、似合ってるな!」

ミカサ「アルミン…とてもかわいらしい」

アルミン「あ、ありがとう…」

アルミン(僕も一応男の子なんだから、かっこいいって言ってくれた方がいいんだけど…
でも、やっぱり褒められると嬉しいな…)

65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 20:18:37 ID:XlWcatS2

エレン「最後に、オレとミカサで金を出しあってかった―」

コンコン

エレン「お、母さんかな?入っていいぞ」

ガラッ

カルラ「ちょっと入るよ」

アルミン「どうも、お邪魔しております」ペコリ

カルラ「そう畏まらなくても大丈夫だよ。ところでアルミン、りんごは好きかい?」

アルミン「大好きです!」キリッ

カルラ「良かった。ほら、今日のためにりんごのパイを作ったの。三人で仲良く分けるんだよ」

アルミン「今日のために…ありがとうございます」ペコッ

66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 20:19:07 ID:XlWcatS2

エレン「母さんの作るパイはうまいんだぜ!」

ミカサ「ええ。アルミンも、食べたら驚くと思う」

アルミン「そんなに美味しいんだ」

カルラ「ほら、一口食べてみて」

アルミン「じゃあ…いただきます」パク

アルミン「…!」

カルラ「どう?」

アルミン「凄くおいしいです!」パァァ

エレン「な、言ったとおりだろ?」

カルラ「喜んで貰えたようで何よりだよ。じゃあ、私はここで。三人とも、楽しみなよ」

アルミン「はい、どうもありがとうございました!」

69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 22:37:57 ID:XlWcatS2

―――
――

エレン「ふぅ、うまかったな」

アルミン「僕もうお腹いっぱいだよ」

ミカサ「アルミンの分だけ、少し大きく切り分けたから」

アルミン「そうなんだ…ありがとう、ミカサ」

ミカサ「アルミンは身体が小さいから、少しでも食べないと」

アルミン「これから成長期なんだから、もっと大きくなるよ…多分」

エレン「そうそう、これからだよ」

エレン「…で、アルミン。さっき渡せなかったプレゼントだけど…」ゴソゴソ

アルミン「うん」ドキドキ

ミカサ「エレン、私も一緒に渡す」

エレン「おう、せーので行くぞ」

エレン「せーの…」

70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 22:38:37 ID:XlWcatS2

エレン&ミカサ「アルミン、お誕生日おめでとう!」

アルミン「…ありがとう、二人とも!」ニコッ

エレン「ほら、開けてみろ」

アルミン「じゃあ早速…」ドキドキ

アルミン「…これ、僕が読みたかったやつだ。
前からずっとほしかったんだけど、高くて買えないから店で眺めてるしかなくて…」

ミカサ「エレンも言ってたけれど、二人でお金を出し合って買った。
だから、これは私達二人からのプレゼント」

アルミン「ありがとう…後で、皆でじっくり読ませてもらうよ」

71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 22:39:25 ID:XlWcatS2

エレン「今読まなくていいのか?」

アルミン「なんだか、胸がいっぱいで…」

エレン「そうか、じゃあ今度三人揃った時にでも読もうぜ」

アルミン「うん」

ミカサ「…アルミン」

アルミン「ん?」

ミカサ「誕生日の歌を歌ってあげる」

エレン「ミカサ、歌がうまいんだぜ」

アルミン「わぁ…楽しみだな」

ミカサ「では…」スゥ~

72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 22:40:11 ID:XlWcatS2

ミカサ「Happy birthday to you,Happy birthday to you」

アルミン(…懐かしいな。昔、母さんも歌ってくれたっけ)

アルミン(……母さん…父さん…)ジワ

エレン(オレも歌おう)

エレン&ミカサ「Happy birthday, dear Armin,Happy birthday to you」

ミカサ「…おめでとう」パチパチ

エレン「おめでとう、アルミン!」パチパチ

アルミン「二人とも、ありが…と」

73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 22:41:04 ID:XlWcatS2

ミカサ「アルミン…泣いてるの?」

エレン「大丈夫か?どこか痛いのか!?」

アルミン「ううん…昔、母さんも歌ってくれたから…思い出したんだ…」ポロポロ

ミカサ「アルミン…」

エレン「お前は…変わらねえなぁ、初めて友達になってから泣き虫でよ」ナデナデ

エレン「…オレ達は、お前の両親の代わりはできない。
けど、こうやってお前の母さんがやってたみたいに泣いているアルミンを撫でることならできるぜ」

ミカサ「そして、こうして一緒にいることもできる」

エレン「ミカサの言うとおりだ。オレは、ずっと一緒だ」

アルミン「うん…」

74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 22:41:51 ID:XlWcatS2

エレン「いつか必ずアルミンの両親が目指した外の世界に行って、
炎の水、氷の大地、砂の雪原や海を見に行こう。
壁の中の狭い世界じゃなくて、壁の外にある本当の世界を…」

ミカサ「ええ。いつか必ず、三人で…」

アルミン「ありがとう…僕、二人と友達で良かった…」ポロポロ

アルミン「…エレンもミカサも…僕と、友達になってくれて、ありが…ううっ」

アルミン「うわぁぁぁぁ…」

エレン「おいアルミン大丈夫かよ!?」

ミカサ「エレン…私まで涙が…」ポロポロ

エレン「…なんだよ、ミカサまで…」

エレン「…あれ?」ポロポロ

75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 22:42:29 ID:XlWcatS2

―――
――

ミカサ「…アルミン、落ち着いた?」

アルミン「…うん。エレンとミカサは?」

ミカサ「私は大丈夫」

エレン「…オレも。でもちょっと眠くなってきたや…」フワァ

アルミン「…僕も、ちょっと疲れたかな」

ミカサ「久々に、三人で寝よう。アルミンが真ん中で、私とエレンは両隣で」

エレン「だな」

76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 22:43:24 ID:XlWcatS2

アルミン「ミカサ…ミカサはエレンと隣じゃなくてもいいのかい」

ミカサ「大丈夫。それに、今日はアルミンが主役だから」

エレン「主役が真ん中じゃないなんておかしいだろ?」

アルミン「あはは、言われてみればそうだね。じゃあ…」ゴロン

エレン「おう」ゴロン

ミカサ「ええ」ゴロン

三人「おやすみ」

77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 22:44:18 ID:XlWcatS2

アルミン(ああ、暖かいなあ…僕は、この二人が友達で、こんなに祝って貰えて)

アルミン(母さん、父さん…見てる?僕は今―)

アルミン(―こんなにも幸せだよ)

78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 22:44:53 ID:XlWcatS2

―――
――

カルラ(三人とも、今何をしてるんだろう。少し覗いてみよう)

コンコン

カルラ「ちょっと入るよ!」

ガラッ

カルラ「…ん?」

79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 22:45:27 ID:XlWcatS2

エレン「…ぐがー」Zzz

アルミン「…」スヤスヤ

ミカサ「…」スゥスゥ

カルラ(三人とも、はしゃぎすぎて疲れて寝ちゃったのかね)

カルラ(…さっきは花冠をよく見れなかったけど、これはサザンカの花で作ったものか)

カルラ(花言葉は、困難に打ち勝つ、だっけ?
虐められてるアルミンを助けるため、相手が何人いても立ち向かっては怪我をして帰ってきたエレンに、
身体能力の高いミカサ、そして賢いアルミン。 …この三人の力が合わされば、きっとどんな困難でも立ち向かえるだろうね)

カルラ(それにしても…もう秋なんだから、このままだときっと風邪を引いてしまうね。毛布を掛けてあげよう)クスクス

バサッ

カルラ(よし、これで大丈夫だね。…三人とも、いい夢を見るんだよ)

―完―

80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/03(日) 22:46:00 ID:XlWcatS2

終わりです。ギリギリで間に合ってよかった
アルミン、お誕生日おめでとう!

natsumi153
natsumi153
@natsumi153

Related Articles関連記事

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツは『進撃の巨人』の登場人物で、「始祖ユミル」とも呼ばれている。エルディア人こと「ユミルの民」の始祖となった女性で、光るムカデのような生物と接触したことで彼女は「始祖の巨人」の能力を得たとされている。マリア・ローゼ・シーナという名前の3人の娘達がおり、パラディ島の3重の壁は彼女達の名前から名付けられた。ユミルの死後、巨人化能力は3人の娘達に引き継がれ、さらに子々孫々に脈々と継承されることとなった。

Read Article

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団に所属する兵士長。1人で1個旅団(約4000人)並みの戦力を持つとされ、「人類最強の兵士」として名高い。三白眼と刈り上げた髪型、小柄な体格が特徴で、ブレードを逆手に持って回転しながら巨人の肉を切り刻む戦闘スタイルを好んでいる。性格は冷静沈着で無愛想。スラム出身ということで言動も粗暴である。神経質で潔癖症だが、部下の最期を看取る際には汚れを気にせず手を握るという仲間想いの一面もある。

Read Article

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハートとは、『週刊少年マガジン』に連載されている諫山創原作の漫画・テレビアニメ作品に登場する人物である。主人公のエレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団に所属し、卒業後は憲兵団に入団する。口数が少なく感情を表に表さないため、取っ付きにくい印象を与える性格。しかし格闘技に優れており、冷静な判断を下せるため訓練兵団卒業の際は4位の成績を収める実力の持ち主。

Read Article

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄。「獣の巨人」の継承者として調査兵団の前に立ちはだかり、高い投擲能力で多くの兵士を殺傷した。「九つの巨人」の継承者で組織されるマーレの戦士部隊のリーダーであり、多くの戦場でマーレに勝利をもたらしてきた。しかしその真の目的はエルディア人の救済であり、全てのエルディア人から生殖能力を奪うことで巨人の力を巡るこれ以上の悲劇を起こらないようにしたいと考えている。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガーとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の主人公。壁の外の世界に強い憧れを持っており、幼少期から調査兵団に入ることを目指してきた。その想いは、母親を巨人に食い殺されたことで一層強まり、調査兵団に入って巨人を駆逐することを心に誓う。性格は熱血漢で直情的。無鉄砲と思えるほどの勇敢さから、強大な巨人相手にも物怖じせずに向かっていく。命の危機に瀕した際に巨人化する能力に目覚め、人類の自由のためにその力を振るっていくことになる。

Read Article

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で「車力の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成されるマーレの戦士の一員として、数々の戦場で功績を打ち立ててきた。当初は始祖奪還計画に参加せずマーレ本国を守っていたが、850年「獣の巨人」であるジーク・イェーガーと共にパラディ島に上陸する。ウォール・マリア奪還を狙う調査兵団との決戦では後方支援を担当し、負傷したジークと「鎧の巨人」であるライナー・ブラウンの逃走を助けた。性格はマイペースだが、冷静沈着で判断力に優れている。

Read Article

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団第13代団長である。調査兵団は人類の生存圏を広げることを目的とし、日々巨人との死闘を繰り広げている。その類まれなる頭脳と判断力から大きな功績を挙げているが、目的のためなら手段を選ばない非情さから「悪魔的」と称されることもある。彼の真の目的は世界の真実を解き明かし、「人類は王家によって記憶を改竄された」という父の仮説を証明すること。人類最強と称されるリヴァイ兵士長を調査兵団に入れたのも彼である。

Read Article

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の団員。主人公エレン・イェーガーとはウォールローゼ南区第104期訓練兵団時代の同期である。責任感が強く、リーダーシップもあることから同期の中ではまとめ役を担っていた。しかし、その正体はウォール・マリアを破壊した「鎧の巨人」であり、始祖奪還を目的にパラディ島に送り込まれたマーレの戦士である。正体が判明した後はたびたびエレン達と対立し、始祖の力を巡って死闘を繰り広げていく。

Read Article

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルトとは『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。金髪ボブカットの中性的な外見を持つ。大人しいが芯の強い勇敢な性格で探求心が強い。祖父の影響で人類はいずれ壁の外に出るべきだという思想を持っており、エレンが外の世界に憧れるようになったのもアルミンの影響である。小柄で身体能力は低いものの、知能や判断力はずば抜けており、エレンや調査兵団の窮地をその知略で度々救っている。

Read Article

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマンとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。本作のヒロイン的ポジションで、幼い時にエレンに助けられた経験から、彼を守ることを自分の使命だと考えている。驚異的な身体能力を持ち、トップの成績で訓練兵団を卒業。実戦でも1人で複数の巨人を討伐する実績を残す。性格は寡黙で口下手だが、エレンのこととなると取り乱す一面もある。物語後半において、母方の祖先が東洋にあるヒィズル国将軍家だったことが明らかになった。

Read Article

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの父。シガンシナ区で診療所を開き街の人々から尊敬を集めていたが、シガンシナ区に巨人が流入した後行方不明となる。失踪直前エレンに巨人化の薬を打ち込み、世界の真実が隠された自宅地下室の鍵をエレンに託した。物語中盤で彼が壁外の世界から「始祖の巨人」奪還のためにやってきた巨人化能力者であったことが明らかとなる。

Read Article

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団所属のベテラン兵士。初登場時は分隊長だったが、後にエルヴィン・スミス団長の後を継いで調査兵団第14代団長に就任する。ゴーグル(平常時は眼鏡)を着用し、茶髪を無造作に1つにまとめた中性的な外見をしている。明るく聡明な人物だが、巨人に対する情熱は人一倍で変人揃いの調査兵団内でも特に異彩を放っている。ウォール・マリア最終奪還作戦以降は左目を負傷したことから眼帯を着用している。

Read Article

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタインとは『進撃の巨人』の登場人物で、調査兵団に所属する兵士。第104期訓練兵団を6番で卒業した。自己の保身を第一に考える現実主義者で、思ったことを率直に言い過ぎる性格からたびたび主人公のエレン・イェーガーと対立していた。当初は巨人の脅威から逃れるために内地への配属を希望していたが、友人のマルコ・ボットが戦死したことで考えを大きく変え、調査兵団に入団する。入団後は持ち前の現状把握能力を活かして同期のまとめ役として活躍した。

Read Article

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で、「マーレの戦士」候補生。天真爛漫で型破りな性格で、憧れの従兄であるライナーから「鎧の巨人」を継承するため日夜訓練に励んでいる。パラディ島のエルディア人を悪魔の末裔として強く憎んでおり、彼らを皆殺しにして自分達善良なエルディア人を収容区から解放することを願っていた。しかし成り行きでパラディ島に渡ることとなり、そこで出会った人々との交流からガビの考え方は変化し始める。

Read Article

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ(ヒストリア・レイス)とは、諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物。第104期訓練兵団卒業生であり、主人公エレン・イェーガーは同期の1人。小柄で温厚、思いやりのある可愛らしいアイドル的な存在として登場する。同期のユミルと仲が良い。成績10位以内に入っているが、実際はユミルからその座を譲られただけで身体能力は人並みである。本名はヒストリア・レイスといい、壁内世界の真の王家の末裔であることが後に発覚する。

Read Article

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライスとは『進撃の巨人』のキャラクターでマーレの戦士候補生。戦士候補生の同期であるガビ・ブラウンに好意を抱いており、彼女を救うために「鎧の巨人」継承を目指している。内気な性格だが、「悪魔の末裔」と言われるパラディ島の人々に対しても自分達と変わらない人間だと捉える優しい心の持ち主。心的外傷を負った兵士にも親切に接しており、そこでクルーガーと名乗る負傷兵と出会い、交流を深めていく。

Read Article

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウスとは「進撃の巨人」シリーズの登場人物であり、主人公エレン・イェーガーと同じ調査兵団に所属している女性。頭はあまり良くないが、並外れた身体能力と勘の良さは周囲からも認められている。狩猟を生業とする村の出身であるため、食べ物には目がなく食料庫からよく盗みを働いていた。方言で話すことに抵抗があるため他人には敬語で話す。天真爛漫で非常にマイペースな性格の持ち主である。

Read Article

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディスとは『進撃の巨人』の登場人物で第104期訓練兵団の指導教官。スキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられている。元々は第12代団長として調査兵団を率いていたが、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせたにもかかわらず成果を残せなかったことから、自分の無能を悟りエルヴィン・スミスに団長職を引き継がせた。主人公エレンの父親であるグリシャ・イェーガーとは以前から面識があり、彼が消息を絶つ直前に顔を合わせた最後の人物である。

Read Article

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツとは『進撃の巨人』の登場人物。主人公エレンの父親グリシャの前妻で「獣の巨人」ジークの母。その正体はフリッツ王家の末裔。ストーリー上、巨人の歴史と王家の情報を語る重要な役割を持つ。パラディ島に移住することを拒みマーレに留まった一族は、代々巨人の情報を隠し持っており、その末裔であるダイナはエルディア復権派と共に始祖の巨人の奪還を企てるが、計画は息子ジークの密告により失敗。ダイナは巨人化後、グリシャの後妻であるカルラを捕食する。最期はエレンの持つ座標の力で巨人の群れに喰われた。

Read Article

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で、ユミルの民であることを偽造してマーレ人になりすまし、マーレ治安当局の職員として潜入していたエルディア復権派のスパイである。九つの巨人の一つである「進撃の巨人」の力を身に宿し、通称「フクロウ」と呼ばれている。 ユミルの呪いによって寿命が近い自分の代わりに、グリシャ・イエーガーにエルディア復権の願いを託して壁の中へ行くよう指示した。その後進撃の巨人を継承させる為無垢の巨人化したグリシャに捕食され、スパイとしての任務を果たし、その生涯を終えた。

Read Article

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイスとは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。壁内人類の真の王家であるレイス家当主。実質的には壁内での最高権力者である。ウーリ・レイスの兄であり、フリーダ・レイスやヒストリア・レイスの父親。正妻との間に5人の子がいたが、当時使用人として働いていたアルマとも関係を持ち、ヒストリアが産まれたことにより、事実的には子供は6人。だがグリシャにより正妻との間の子は皆殺されてしまい、生き残っている子供はヒストリアただ1人である。

Read Article

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリスとは『進撃の巨人』の登場人物で、憲兵団の新兵。アニ・レオンハートとは同期でルームメイト。ウェーブヘアが特徴の少女で、軽薄で不真面目な言動が多い。他の新兵同様安全な内地で楽をするために憲兵団に入ったが、実は機転の利くところがある。アニのことは愛想のない同期だと思っていたが、ストヘス区の戦闘以降行方不明になったことを心配しており、アニの正体が「女型の巨人」であることを知って大きなショックを受けていた。同期のマルロ・フロイデンベルクに好意を持っているが、マルロ本人は気づいていない。

Read Article

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団団員。第104期訓練兵団を3位で卒業し、どの分野でもそつなくこなすことができる優秀な人物である。ただし優柔不断で判断を他人に任せる傾向があり、積極性に欠けることから他の同期と比べると少し影が薄い。その正体は、ウォール・マリア陥落の主因となった「超大型巨人」であり、始祖奪還作戦のために大国マーレから派遣された「マーレの戦士」の1人だった。任務を達成し故郷に帰ることを切望していたが、結局その願いは叶わず異国の地で命を落とすこととなる。

Read Article

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物で、中央第一憲兵団対人立体機動部隊の隊長。かつて「切り裂きケニー」の異名を取った大量殺人鬼だったが、ウーリ・レイスとの出会いを経て現在は中央第一憲兵団に所属し対人戦闘を専門とする部隊を率いている。リヴァイ・アッカーマンの育ての親であり、彼に戦闘技術を教えた人物でもある。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、対立した調査兵団を大いに苦しめた。

Read Article

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の兵士。坊主頭が特徴で、小柄な体格を生かした小回りの利く機動を得意としている。バランス感覚にも優れ104期訓練兵団を8番の成績で卒業したが、少々頭の回転が鈍く同期達からはバカ扱いされている。同期のサシャ・ブラウスとはバカ同士気が合うようで、よく訓練中に2人でふざけていた。当初は憲兵団を志望していたが、主人公のエレン・イェーガーに感化され調査兵団に入団を決めた。入団後はムードメーカーとして活躍する。

Read Article

目次 - Contents