【進撃の巨人SS】ライナー「男子会」

進撃の巨人の厳選名作SSを掲載しています。104期男子たちが女子会ならぬ男子会を開催するSSです。他愛もない会話に花を咲かせる男子たちの可愛らしい(?)様子をお楽しみください。

ライナー「男子会」

出典: ameblo.jp

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 06:12:03 ID:YowMctqg

ライナー「エレンってさー何か異性の影がないよね。ミカサのことどう思ってんの」

ベルトルト「あ、それ超気になる!ミカサはどうなのよー白状しちゃいなって!」

エレン「えーやだー!恥ずかしいじゃん!」

ジャン「言っちゃえ言っちゃえ!」

アルミン「白状しないとこうしちゃうぞー!」コチョコチョ

エレン「やんっ!もぉーアルミンのセクハラ魔!ホント親父だよねー」

アルミン「いひひ…」ワキワキ

マルコ「ほらほらー白状しないとアルミンがセクハラしちゃうぞー?」

コニー「言わないと俺も触っちゃうんだからね。うりゃっ」ペロンッ

エレン「ちょっとぉ!コニーまで!もーわかったわかりました!白状しますぅー!」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 06:12:33 ID:YowMctqg

ベルトルト「で、どうなのどうなの?」

エレン「んー正直ミカサって超イケメンだと思うけど、ウチら幼馴染じゃん?」

エレン「だから恋人って考えると何かちがくない?」

アルミン「わかるわかる」

ライナー「でも幼馴染で結婚する人もいるじゃん」

ジャン「幼馴染婚っていいよねー何か絆出来てますって感じじゃない?」

マルコ「ジャンちょっと少女漫画すぎー」

ジャン「いいじゃん!オトコノコのロマンだよそれー」

コニー「俺はジャン支持でーす。いいよね幼馴染婚」

ジャン「でしょ?」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 06:13:09 ID:YowMctqg

エレン「てかさ、俺の話はいいけどライナーはどうなのよ」

ライナー「えっ、俺?」

マルコ「あ、クリスタくんでしょ?知ってる知ってる!ライナーって奥手だからさぁ」

ベルトルト「クリスタくん超可愛いよね。でも競争率高くない?」

ジャン「ここだけの話、ファンクラブあるんだって…」

コニー「うそっ!?凄過ぎない?アイドルみたーい」

ライナー「ん、で、でも…俺、クリスタくんと一緒にいれるだけでいいし…」

ライナー「笑顔見れるだけでもいいかなって…」

アルミン「やだ、ライナー超健気。このこの!可愛いヤツぅー!」グリグリ

ライナー「や、ちょっ、やめてよアルミン!」アワアワ

ベルトルト「超なごむー」

エレン「ねー」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 06:13:39 ID:YowMctqg

マルコ「あ、この鳥の丸焼き頼んでいい?」

ジャン「ダイエットしてなかったっけ?いいの?」

マルコ「んふふー実は目標体重になったの。だから自分へのご褒美しちゃう!」

ライナー「え!ダイエット成功したんだ!マルコすごーい」

コニー「ね、ね、今体重いくつ?」

マルコ「70キロ!贅肉とれてちょっと腹筋も出来たって感じ?」

ベルトルト「ねーねーダイエット何で成功したのか教えてよ-」

マルコ「んとね、王道ダイエット。訓練場を毎日50周したら痩せたって感じ?」

ジャン「マルコってホント努力の人だねー」

エレン「いいなー。俺もヒンズー・スクワットして下半身強化しちゃおっかな」

アルミン「筋肉いじめすると男子力上がるって感じだよねー」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 06:14:12 ID:YowMctqg

コニー「あ、」

ベルトルト「ん?なーに?」

コニー「ベルトルトがつけてる鉛入りリストバンド超かわいいんですけど」

エレン「あ!俺も気になってた!どこで買ったの?」

ベルトルト「これ人から貰ったものなのー。内地の商人から買ったんだって」

ライナー「人から?ほほう聞かせてもらいましょうか?」

アルミン「え?なになに?ベルトルトにも異性の影きちゃいました?」

ベルトルト「残念でしたー。これはフランツに貰ったんですー」

ジャン「まさかの百合?やだーウォール教が見てるって感じ」

マルコ「何そのウォール教が見てるって」

アルミン「小説小説。そういう題名の小説があるのよー」

マルコ「へー今度貸してよ」

ジャン「百合平気なら貸すよ~。超面白いからマジおすすめだかんね」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 06:14:45 ID:YowMctqg

店員「鳥の丸焼きお待たせしましたー」

ライナー「あ、マルコの頼んだ鳥の丸焼き超美味しそう」

ベルトルト「ウチらも見てたら腹ヘリしちゃったね。何か頼んじゃう?」

マルコ「皆も頼むならちょっと待とうか?」

ジャン「いいよ食べなよー。肉は冷えると肉汁も固まって美味しくないよ」

コニー「ホントは生肉とか燻製のが美味しんだけどね」

エレン「それコニーだけっしょ。サシャくんと揃って野生児しちゃってるし」

コニー「狩猟民ですし」

アルミン「狩猟民マジやばー。超アグレッシヴ」

エレン「芋食べてたしね」

ベルトルト「あれマジ爆笑したし。サシャくん面白すぎじゃね?ウケル」

ライナー「でも恋愛対象じゃないよね」

マルコ「良い人って感じだよねー」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 06:15:16 ID:YowMctqg

コニー「ちょ、ちょっとちょっと!サシャくんああ見えて超カッコイイ所あるんだよ!?」

ベルトルト「へーどんな?」

コニー「この前ナイフで飛んでる鳩仕留めてた」

ライナー「めっちゃサバイバルしてる!ごめん俺はそれちょっと無しかなー」

エレン「つかコニーはサシャくん好きなの?」

コニー「そーじゃないけどさぁ!なんか面白くないっていうか」

アルミン「好きなんじゃん」

コニー「だーかーらー!違うの!もーからかうの禁止!サシャくんの話ここまで!」

マルコ「コニー顔真っ赤~。照れてる照れてる」

ベルトルト「初々しい~。なんかほっこりした」

ジャン「訓練兵団に入る前の気持ち思い出しちゃうよね」

マルコ「訓練兵やってると心スレちゃうもんねー。癒し超大事。王に心臓捧げてばっかじゃつらー」

エレン「ストレス解消にまた殴り合いやっちゃう?」

ベルトルト「エレンそれ好きだよねー。マジ死に急ぎ野郎だし」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 06:15:47 ID:YowMctqg

ライナー「そういえばさ、ユミルくんいるじゃん?」

ベルトルト「うんうん」

ライナー「あれ絶対ベルトルトに気があると思うんだけど、ベルトルト知ってた?」

エレン「え!そうなの?クリスタくんと薔薇な関係だと…」

アルミン「薔薇とかウケルし。でもクリスタくんとべったりだよねユミルくん」

ベルトルト「確かに最近話すけどさぁーユミルくん超乱暴だよ?」

ジャン「違う違う。それ好きな子をいじめたいってやつだから」

マルコ「オンナノコってそういうとこあるよね。小学生かっての」

ベルトルト「てゆかさ、そういうのならアニくんの方が判りやすいじゃん」

エレン「え、なになに?何か情報持ってんの?」

ベルトルト「アニくんさー結構アルミンのこと見てるよ。んでもってアルミンにちょっち優しい」

ライナー「あー確かにアルミンに優しいよね。ウチとかめっちゃ投げるのにさぁ」

エレン「ライナーがからかうからじゃん。まあ俺も肩外されたりとかやられるけどー」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 06:16:21 ID:YowMctqg

ベルトルト「アニくん寡黙なのにやること激しいよねー。むっつりなんじゃないの?」

コニー「『アルミン…私の子を産ませてくれ…』とか?」

エレン「似てないし。ウケルんですけど」

コニー「『次はアンタが私を襲う番だね…』とか?」

ライナー「コニーやめてよ。身内ネタ笑っちゃうから」

ジャン「身内ネタやばいやばい。あ、すいませんお好み焼きください」

ライナー「俺ちゃんこ鍋~」

ベルトルト「がっつりいくねー。んじゃ僕は焼きそばで」

エレン「あ、皆頼む流れ?俺はとんこつラーメン大盛りにしよっかな」

アルミン「サンドイッチでー」

ベルトルト「あーまたアルミンったら可愛くない食べ物頼んでるー」

エレン「男子力低いぞー」

アルミン「えへへー。だって美味しいんだもーん」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 06:16:52 ID:YowMctqg

ジャン「明日の訓練どうするー?」

アルミン「立体機動だよね?今回キツいらしいから憂鬱~」

ベルトルト「教官さー最近なんか厳しくない?前はもうちょっと優しかった気がするんだけど」

マルコ「前からああじゃん。もしくは更年期なんじゃないの?」

エレン「ちょ、マルコ発言が大胆過ぎ」

コニー「でも訓練キツイのは疲れるよね。この前とかサムエルが死にかけたし」

ベルトルト「心臓止まったんだっけ?おっかなー」

ライナー「でもアレ起動装置点検サボっちゃったんでしょ?装置ケアはちゃんとしないと」

ジャン「装置すぐ荒れちゃうよね。週に一回解体掃除すると潤うよー」

エレン「ジャンの起動装置って超綺麗だよね」

アルミン「装置ケアのスペシャリストだよね。今度教えてよー」

ジャン「えーただじゃ嫌かなー」

コニー「ジャンってばそればっか!ケチんぼ~」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 06:17:36 ID:YowMctqg

店員「お待たせしました。注文の品です」

ライナー「お、待ってましたー。あっつあつのちゃんこゲット~」

ベルトルト「焼きそば美味し~…あ、餃子あったし。しまったなー」モグモグ

ジャン「餃子頼む?皆で食べれば量平気っしょ」

ベルトルト「んーじゃあ頼んでいい?すいませーん!大皿餃子くださーい!!」

エレン「ラーメン胃にしみる~。ここ良いお店だね」

マルコ「ライナーよく見つけたよね。無骨で殺気が満ちてて超オシャレだし」

アルミン「僕は喫茶店とかのほうが好きだけどなー」

コニー「アルミン男子力低すぎでしょ。もっと上げないとモテないよ~?」

エレン「草食系っていうんだっけ?やっぱオトコは肉食だよね」

ベルトルト「ロールキャベツ系男子ってのもあるらしいよー」

ライナー「それベルトルトじゃん」

アルミン「確かに~」

ベルトルト「ちょっと酷くない?しっかり肉食ですぅ~」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 06:18:07 ID:YowMctqg

ライナー「あー食べた食べた。ゲップ出ちゃいそう」

アルミン「汚いし~。てか外だいぶ暗くなったし、そろそろ会計しちゃう?」

ベルトルト「会計しちゃおっかー」

エレン「あー久しぶりに男子したって感じがする!たまには息抜きしないとね」

ジャン「訓練所戻ったらまた訓練兵やらなきゃだしねー」

マルコ「次回は僕が男子会開くからさ、また男子トークしちゃおうよ」

コニー「あ、参加するする。男子トーク超楽しい~」

店員「ひい、ふう、…はい、丁度ですね」

ライナー「ごちそうさまでした~」

エレン「あーお腹いっぱーい」

ベルトルト「がっつり食べちゃったぁ~。マルコ、ダイエット平気?」

マルコ「走れば余裕だし」

ジャン「徹底してるー。俺もダイエットしようかなぁ」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 06:18:49 ID:YowMctqg

ガララッ アリガトウゴザイマシター

ライナー「…」

エレン「…」

アルミン「…」

ベルトルト「…」

ジャン「…」

マルコ「…」

コニー「…」

ライナー「帰るか」

エレン「ああ」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 06:20:12 ID:YowMctqg

ベルトルト「いっぱい男子トークしちゃったねぇ」

ライナー「男子会は楽しいな。次はマルコが主催だが、次回が待ち遠しくて仕方が…」

ライナー「あ、」

ベルトルト「どうしたのライナー?」

クリスタ「あ、奇遇ね二人とも。一日見かけなかったけど、二人で遊びに行ってたの?」

ライナー「ああ…」ソワソワ

ユミル「そわそわしてんじゃねーよ気持ちわりいな」

ベルトルト「…」ジィ

ユミル「お前はガンつけてんのか?ああ?見てんじゃねーよ」ゲシッ

ベルトルト「いたっ」

ライナー「おいユミルやめろ。ベルトルトを無意味に蹴るんじゃない」

ユミル「…ふん。行こうぜクリスタ」プイッ

クリスタ「ユミルったら!ごめんねライナー、ベルトルト。またね」ペコッ

16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 06:20:59 ID:YowMctqg

ライナー「…」

ベルトルト「…」

ベルトルト「…女子ってホント乱暴だよねー」

ライナー「ユミルくんだけっしょ?クリスタくん優しいじゃん」

ベルトルト「オンナノコってわかんなーい」

ライナー「しょげないしょげないー。あとで筋トレ付き合ってあげるからさー」

ライナー「…」

ベルトルト「…」

ライナー「部屋に戻るぞ」

ベルトルト「ああ」

34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 16:19:53 ID:YowMctqg

マルコ「三週間ぶりだよねー。皆ちゃんと男子力上げてたー?」

ライナー「はいはーい、報告ありまーす」

エレン「えっ、なになに?ダンベル150kg上げられるようになったの?」

ライナー「違うよーまだ130kgだし!えっとね、あのね、あーやだー恥ずかしい~…」

ベルトルト「ライライ、ウチが変わりに言ってあげよっか?」

ライナー「うーベルっちお願いしてもいい?」

アルミン「いつの間にかアダ名で呼び合ってる~二人とも仲良しだよねー」

エレン「ウチらもアダ名使っちゃう?ミンちゃんとか」

アルミン「じゃあエレリン?何か友情深めた感あるし。これからは皆でアダ名で呼ぼっか」

マルコ「さんせい~」

ジャン「アダ名で呼ぶとますます仲良しって感じだよね。キズナパワー高まるわー」

コニー「秘密のアダ名にしよっか。女子にはシークレットでーす」

ベルトルト「やだなんかエロい」

アルミン「ベルトルトの思考がでしょー。この鬼畜王ランスめ」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 16:20:37 ID:YowMctqg

ライナー「アダ名いいけど報告させてよー話題変わるの早すぎだし」

ベルトルト「あ、ごめんごめーん。つい話ズレちゃった。えっとね、僕から報告でーす」

ベルトルト「なんと!ライライがクリスタくんとデートの約束こぎつけました!」

アルミン「マジ?ライライやるじゃん!」

エレン「ユミルくんのインビジブルガードをどうやって回避したの?凄いじゃん」

ライナー「ベルっちに協力してもらったのー。ほら、ユミルくんベルっちにアレっしょ?」

ライナー「だからダブルデートしよって言ったら食いついた」

エレン「それ完全に脈ありじゃん!ベルっちもやるぅ~」

アルミン「いいなーダブルデート。ウチもアニくん落としにいっちゃおっかな。イケメンだし」

エレン「この前興味無さそうだったのにしっかりマークしてたんだ。抜け目な~」

アルミン「エレリンさーダブルデートしようよ。ミカサ誘って」

ジャン「え、でもエレリンはミカサに興味ないっしょ?ウチに譲ってよー」

エレン「お前屑だから駄目」

ジャン「ぶっ殺すぞ!」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 16:22:20 ID:YowMctqg

コニー「あー皆いいなぁ。恋しちゃってるって感じ?ライライとか最近綺麗になったしさ」

マルコ「わかるわかる。ライライってば筋肉密度高まってるよね」

エレン「ライライは奥手のくせにえっちな身体してるよね。雄っぱいデカイし」

ライナー「ちょ、照れるんだけど。急に褒めんのやめてよ」

コニー「この大胸筋で何人の女を落としたのよ!言え!白状しろ~!」モミモミ

ライナー「やんっ!コーちんやめてよ!セクハラセクハラ!」

ベルトルト「オトコノコ同士の絡みって子猫がじゃれてるみたいだよね」

ジャン「わかるわかる」

コニー「あ、」モミッ

コニー「ライライ、もしかしてブラしちゃってる…?」

アルミン「え!嘘でしょ?ライライがそんな男子力下がるようなことするわけないじゃん!」

ライナー「ちょちょ、ブラとかするわけないでしょ。それはアウトだろ常識的に考えて」

コニー「じゃあ大胸筋を覆うこのゴワゴワは何?ネタは上がってるんだぞー!」

37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 16:23:41 ID:YowMctqg

ライナー「…誰にも言わない?」

コニー「言わない言わない」

ライナー「えっとね、大胸筋矯正サポーター始めたの。もっと雄っぱい大きくしたいなって」

ベルトルト「うっそマジ!?それ以上大きくしてどうすんの!」

ライナー「だってさぁーウチの雄っぱい、片方だけ小さいんだよ?美しい胸筋手に入れたいじゃん」

エレン「そんだけ大きいと形の問題きちゃうかー」

マルコ「ウチら貧乳には判らない悩みだねぇ。巨乳も苦労するんだ」

アルミン「ライライは服探すのも大変だよね。そんだけセクシーだと筋肉苦労も多そ~」

ジャン「苦労といえばベルっちも大変じゃない?背デカいし」

ベルトルト「僕は痩せてるからライライよかマシかな?ジャミーくらいだと丁度良かったのになぁ」

マルコ「ジャミーはバランスいいよね。筋肉あるし背もそれなりだし?」

エレン「うんうん。ジャミーくらいの身長って一番女子ウケいいよねー」

ジャン「ミカサにモテなきゃ意味ないしい~」

アルミン「ジャミーも一途だよね。相手がミカサじゃなきゃ一番リア充なれたっしょ」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 16:24:46 ID:YowMctqg

ジャン「そこが辛いとこ~。もっとエレリンみたいに殺伐としないと駄目なのかなぁ」

エレン「ジャミーは巨人への殺意が足りないんだってば。もっと殺意持とーよ!」

ベルトルト「結構しっかりしてるから、ほっとけない感がないんじゃね?」

ライナー「そういうオトコノコに弱い人いるよね。今にも人殺しそうなところないと駄目かも」

マルコ「殺意はオトコノコの必需品の時代かー。流行についてけないなー」

コニー「必需品といえばさ、アレどうする?訓練兵養成ギブス」

ライナー「ウチは悩み中」

ベルトルト「僕は買わないかなー。戦闘スタイル的にも筋肉つけすぎたら駄目だし」

エレン「俺も俺も。てかこのメンツじゃライライくらいしか需要ないっしょ」

ジャン「全員パワータイプじゃないもんねー。ウチも技巧派ですし」

アルミン「でもさでもさ、アレ可愛くない?無骨なスプリングとかトキめくんですけど」

コニー「わかる~。可愛さだけで買っちゃいそうだよね」

39 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 16:25:31 ID:YowMctqg

ライナー「てかさ、話戻るんだけどぉ~」

アルミン「またクリスタくんの話?の前にちょっち注文しようよ。喋ってばっかじゃん」

マルコ「男子トークは始まると止まらないよね。そう思ってコースで予約してるから」

アルミン「マルピー超気遣いの人じゃん!コース何?」

マルコ「ドスコイ!オッスオッス男のドデカ盛りスペシャルコース!だよ~」

ベルトルト「メニューで言うとコレ?やばー超美味しそうなんですけど」

アルミン「ウチ食べれるかなぁ~。ライライちょっと手伝ってよ」

ライナー「ミンちゃんって小食だよね。オトコノコは大食漢が一番だから食べないと!」

エレン「雄っぱいも大きくならないぞ~」

コニー「エレリンのレアセクハラだし。そうだそうだ、大きくならないぞ~」

アルミン「いいもーん。男子力低くたってこの頭脳があるし」

ジャン「頭いい人だもんね。俺も座学頑張らないとなー。憲兵団なりた~」

マルコ「早く王に心臓捧げる系男子になりたいよね。生王に会えないかなぁ」

40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 16:26:16 ID:YowMctqg

店員「お待たせしました。コース料理でございます」

エレン「あ、早速来たね。うわ、からあげめっちゃ美味しそう。ソースかけていい?」

マルコ「半分だけにしといてー。レモン派だし」

エレン「りょーかい。おらおらー駆逐してやる…一個残らず…!」

ジャン「出たエレリンの18番!」

アルミン「そのネタ何回もやられてるのに笑うんだけど。鉄板だわー」

ベルトルト「で、ライライの話って何?ウチ知ってるのダブルデートだけだけど」

ライナー「この前さぁー手当してもらったじゃん?その時良い感じになってぇ~」

コニー「あー怪我したよね。額割れたんだっけ?」

ライナー「そそ。その時さー偶然手ぇ握っちゃったの。超やばかった」

アルミン「ライライ積極的~!奥手は封印しちゃった系なの?」

ライナー「うー競争率激しいし?ちょっと勇気出しちゃおうかなって…」

エレン「うんうん、その方がいいよ!人間いつ死ぬかわからないもんね!」

41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 16:26:54 ID:YowMctqg

ベルトルト「あ、この天ぷら超美味しい」

ライナー「飲み放題もあるのも嬉しいよね。マルピーのお店チョイスすごいわぁ~」

マルコ「でも料理重視だから前の店ほどオシャレじゃないんだよね。ほら、女子も結構いるし」

ジャン「仕方ない仕方ない。料理も良くておしゃれな店って少ないもん」

アルミン「えーでもここも結構オシャレじゃん。さっきの店主とか超美人だったし」

エレン「見た見た!元調査兵団らしいよー。体中の戦傷がいいよね。絶対モテるよアレ」

コニー「ウチも傷跡の一つあると箔が付くのかなー」

ライナー「傷にもよるっしょ。猫の引っかき傷とか超NGだし」

ベルトルト「言える~。巨人との戦闘傷とか出来たらやばくない?絶対モテちゃう」

コニー「それヤバイ!そんなの出来たら同性でも漢として惚れちゃう!」

ライナー「兄貴って呼びたくなっちゃう!あー戦傷はオトコノコの憧れだわー」

エレン「ねー。あ、飲み物頼む?焼酎あるよ」

ライナー「俺は地酒行こうかなー。すいませーん!飲み物いいですかぁ~?」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 16:27:27 ID:YowMctqg

ジャン「…でさぁ、そこでミカサがさぁ。えへへ」

ベルトルト「ジャミー出来上がってる。ほらほら、お持ち帰りしちゃうぞー」ムギュー

ジャン「やぁだぁ~ベルっち暑苦しい~」

ライナー「女子に見せられないよね。こんなジャン見せたら送り狼されちゃう」

マルコ「酔うとすぐに無防備になるんだから。ギャップ萌えってやつ?」

エレン「ふにゃん…」

アルミン「エレリンもおねむー?二人ともお酒弱いねぇ。ウチみたいにソフドリにすればいいのに」

エレン「おさけのみたいもん」

コニー「何かひらがなみたいな喋りになってる~。ベルっちこっちもお持ち帰りしてよ」

ベルトルト「えー二人もおんぶするの?ライライ手伝ってよー」

ライナー「引きずればへーきへーき。足持って地面に引きずりなよ」

ベルトルト「人事だと思ってー!仕方ないなぁ、荷物持ちして運んじゃうか」

43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 16:28:03 ID:YowMctqg

マルコ「んじゃお会計してくるね。先出ててよ」

ライナー「あ、トイレ行きたい。会計の間に行ってくる~」

コニー「はいはーい。じゃあ出よっか」

ベルトルト「だね~。さて二人も運ばないと…ふんっ!」グイッ

ジャン「えへへ…ミカサぁ…」

エレン「くちくぅ…くちくしてやるんだからぁ…」

アルミン「見事に荷物持ちされてるし。ウケル。おしり触っちゃおー」サワサワ

エレン「んんぅ…」

ジャン「ふえ…」

ベルトルト「こらこらイタズラしないのー。それにしてもクソ重いな捨ててえ」

コニー「いじわる言わないのー。ほら、扉開けてあげるから」ガラッ

ベルトルト「ありがとー」

アルミン「あー楽しかったぁ。男子会やると時間立つのが早いなぁ~」

44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 16:28:39 ID:YowMctqg

ガララッ ピシャン

エレン「…」

アルミン「…」

ベルトルト「…」

ジャン「…」

コニー「…」

アリガトウゴザイマシター ガララッ

マルコ「…」

ライナー「…」

ライナー「帰るか」

コニー「ああ」

45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 16:29:16 ID:YowMctqg

アルミン「ほらエレン。いい加減ベルトルトに担がれてないで起きなよ」ペチペチ

ライナー「キツいならジャンだけでも俺が担ぐぞ」

ベルトルト「いいよいいよ。鍛えられるし…男子力上がるしー…」

コニー「ぷふっ、外でそれ止めろよ」

マルコ「ふふふ」

アニ「…成績上位陣が揃ってお出かけ?」

アルミン「アニ。どうしたのこんな夜中に…もしかしてまた一人で特訓?」

アニ「そんなとこかな」

アルミン「相変わらず熱心だね。僕も見習わなきゃ駄目だな」

アニ「…! よ、良ければ今度、教えてやってもいいけど」

アルミン「え、ホント?」

アニ「うん」

46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 16:29:56 ID:YowMctqg

マルコ「…僕らは先に行っているよ。酔っぱらい二人を運ばないとね」

ベルトルト「じゃあね二人とも」

アルミン「うん、先に行ってて。それじゃいつにしようか?」

アニ「あの、えっと、じゃあ次の休み」

アルミン「わかった。次の休みに一緒に特訓しようね!」

アニ「うん…」カアアッ

ライナー「…」

ベルトルト「…」

マルコ「…」

コニー「…小さいはーる小さいはーる小さいはーるみーつけた」

マルコ「ぷふっ」

ライナー「ウケル」

ベルトルト「ほっこりするわー」

70 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 21:06:29 ID:YowMctqg

ザアアアア…

ジャン「…」ゴロゴロ

マルコ「…ふああ」ゴロゴロ

ベルトルト「雨降ってるね。男子会も中止か」

ライナー「この大雨では行く予定だった店も営業にならんだろう」

アルミン「楽しみにしてたんだけどな」

エレン「…いっそここで男子会やらねーか?つまみくらいなら用意できるしよ」

ジャン「マジ?やっちゃう~?」

ベルトルト「男子トークはストレス解消に最適だよね~。やっちゃおっか」

ライナー「二人とも早速男子会モードじゃん!素早いし」

マルコ「念のため扉に鍵をかけとこっか。女子来ないと思うけどさ」

エレン「マルピー頼んだー」

コニー「んん…?お前らどうしたんだよ…ここ店じゃねえぞ…」フアア

ベルトルト「今日は雨だから部屋で男子会だよー。コーちんお寝坊だね~?」

71 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 21:07:03 ID:YowMctqg

コニー「えーそうなんだー。じゃあ何か調理場から取ってきちゃう?」

ライナー「ウチも行く行く。燻製肉を狙い撃ち~」

ベルトルト「じゃあウチらはセッティングしてるから。お肉ゲット班の無事を祈んね」

エレン「心臓を捧げよ!」ビシッ

ジャン「捧げよ!」ビシッ

ライナー「見事な敬礼だ。だがエレン・イェーガー…逆だ!」プニプニ

エレン「えへへ、わざとだもーん。やん、ほっぺやめてってば」

ジャン「あざとーい」

コニー「ちょっとぉー!人のネタ取るの禁止!」

ベルトルト「それはコーちんの十八番だもんね。あの時マジ腹筋痛かった」

コニー「アレはわざとじゃなかったんだけどぉ~」

マルコ「そういうのを天然でやるからコーちん可愛いよね」

72 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 21:07:46 ID:YowMctqg

ライナー「んっと、とりあえず燻製肉とパンと…あとお酒もなのかな?」

コニー「お酒なかったら水でもいいっしょ。雰囲気で酔える酔える」

ベルトルト「ちゃんとバレないようにねー。バレたら懲罰房で毎日罵られるもん」

ライナー「わかってるわかってる。それじゃ行ってくるね」

コニー「いい子で待ってるんだよ~?」

アルミン「はーい」

エレン「いってらっしゃ~い」

ガチャ バタン

ライナー「…」

コニー「…」

ライナー「行くか」

コニー「ああ」

73 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 21:08:17 ID:YowMctqg

ライナー「しかし部屋で男子会というのも何だか新鮮でいいものだな」ゴソゴソ

コニー「女子にだけは知られたくねーけどな」ゴソゴソ

ライナー「知られたら何言われるかわかんないよねー。女子超怖い」

コニー「だから外でそれやめてよ。笑うし。あ、缶詰ゲッ…あ」

サシャ「あ」

コニー「お、お前サシャ!?何でここにいるんだよ!」

サシャ「そそそそそれは、その、そ、そっちこそ何で食料庫にいるんですか!」

ライナー「ぐ!…サシャ、ここはお互い秘密にしておかないか?」

サシャ「つまりそちらも目的は同じということですね…」

コニー「そういうこった。悪い条件じゃねーだろ?」

サシャ「見逃してくれるなら構いませんよ。では私は失礼します」コソコソ

75 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 21:08:48 ID:YowMctqg

ライナー「…サシャくんに今の聞かれちゃったかなー」

コニー「大丈夫っしょ。秘密にするって言ってたし。ああ見えて口硬いよー」

ライナー「やっぱ好きなんじゃん」

コニー「だから違うって言ってるじゃん!ライライいじわる!」

ライナー「えへへ、コーちん超可愛い~」ギュッ

コニー「もー」プクー

ライナー「部屋に戻ったら尋問タイムだもんね。さ、戻ろ」

コニー「ううーしまったなぁ。いいもん、ベルっちの後ろに隠れるから」

アハハウフフ

ミーナ「…」

ミーナ「とんでもないものを見ちゃった…」

76 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 21:09:27 ID:YowMctqg

ライナー「ただいまぁ~」

コニー「戦利品持ってきたよん。お肉にーパンにー…なんとお酒もゲット!」

ベルトルト「二人ともスゴーイ!」

マルコ「やるねー。でも明日雨が上がったら盗んだ分は補充するんだよ~?」

ジャン「もーマルピーったら固いんだから!今は男子会楽しもうよ!ね?」

エレン「そうそう。部屋でやる機会なんてそうないんだからパーッとやろうよ」

アルミン「セッティングも完了してるよー」

ライナー「わー凄い!殺風景だった部屋に殺伐が追加されて地獄みたいだね!」

コニー「オトコノコって感じだー」ウンウン

ベルトルト「苦労したんだよ~?テーマは『戦地獄』だけど、どうかな?」

ライナー「そんな感じするする。居るだけで狂戦士になりそー」

コニー「男子会にうってつけだよね。あーますます男子力上がっちゃいそーだわ」

77 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 21:10:03 ID:YowMctqg

エレン「それじゃ、乾杯しよっか?」

ライナー「皆グラスもったー?」

ジャン「はーい、持ちましたぁ-」

ライナー「それじゃ…かんぱぁーい♪」

カンパーイ

ベルトルト「あ、やば。この燻製肉当たりかも。出来がいいし」

マルコ「マジ?ウチにも一口ちょうだいよ」

ベルトルト「いいよー。はい、あーん♪」

マルコ「そういうの照れるから!ベルっちってユミルく○にもそういうのやるの?」

ベルトルト「こんなのオトコノコ同士じゃないと恥ずかしくて出来ないって~」

アルミン「女子相手だとなんか恥ずかしいよねー」

エレン「だよねー。オトコノコ同士はホラ、やっぱ友達だから多少はさ?」

コニー「うんうん。おふざけでやるのとガチでやるのは全然違うって感じ?」

78 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 21:10:46 ID:YowMctqg

ベルトルト「でもさー…ウチわかんなくなっちゃったの」

ライナー「どーしたの?アンニュイな雰囲気しちゃってさ」

ベルトルト「ユミルくんのことちょっちいいかなーって。彼女さ、心がイケメンなのよね」

マルコ「え!ついにベルっちに春来た?」

ベルトルト「春的なものきちゃったかもー」

ライナー「ウチ絡みで結構ユミルくんと話す機会増えたもんね」

エレン「いいなー皆イケメン捕まえてるし。ウチもいい人居ないかなぁ」

アルミン「ミカサにすりゃいいじゃん。あんな完璧超人なイケメンって貴重種だよ?」

ジャン「しかもエレリンにぞっこんだしー。あー羨ましい~」

エレン「でもさぁ、幼馴染だよ?もう家族愛って感じだしー。なんかなぁ」

ジャン「じゃあウチに頂戴よ!」

エレン「お前相手にされてねえじゃん」

ジャン「殺す」

79 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 21:11:21 ID:YowMctqg

ライナー「てかさーコーちん忘れてね?尋問タイムですよ~?」

コニー「う、ライライ覚えてたの?だからさぁ、サシャくんとはそういうんじゃないって」

マルコ「え?なになに?恋愛イベントしちゃった的な?」

ジャン「包囲網しちゃおーっと。コーちん人の恋愛話に食いつく割には自分の言わないよね」

ベルトルト「ウチも白状したんだしコーちんも白状しちゃえって~」

コニー「や、ちょ、やめてってば。エレリン助けて~」ギュッ

エレン「頼られちゃったし。でも俺も聞きたいなぁ~つーわけで確保ォー!!」グワシッ

コニー「ぐおおおおおおお!!!」ジタバタ

ジャン「エレリンそのまま関節極めちゃえ!」

アルミン「折るか折らないかの痛みを与えちゃえ!言うまで極めちゃうよ~?」

コニー「いてえ!離せ!離せぇ!」ジタバタ

ライナー「早く言わないと次はベルっちが足の関節極めちゃうかんね」

ベルトルト「殺ったろーじゃん!」

80 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 21:12:13 ID:YowMctqg

コニー「わかった!いう!いうがらぁ!」

エレン「二言はない~?嘘ついたら次はそのまま肩外すからな。俺は本気だ」パッ

コニー「…」ハアハア

ベルトルト「駆逐モードこわー」

ライナー「人殺しの眼だよね。エレリンのそういうところオモロー」

ジャン「では尋問タイム入りまーす!サシャのどんなところが好きですかー?」

コニー「えっと…」モジモジ

エレン「…」バッガシッ

コニー「ぐああああああああああああ!!!!」

マルコ「エレリン!ストップストップ!いくらなんでも気が短すぎ!」

エレン「何か興奮してきちゃって…」パッ

ライナー「まだ駆逐モードなんだね~。落ち着くまで抱っこしよっか?」

エレン「え、ホント?えへへ、じゃあぎゅってして~」

ライナー「エレリンのこういうとこマジ可愛い」ギュッ

sy_0102
sy_0102
@sy_0102

Related Articles関連記事

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツは『進撃の巨人』の登場人物で、「始祖ユミル」とも呼ばれている。エルディア人こと「ユミルの民」の始祖となった女性で、光るムカデのような生物と接触したことで彼女は「始祖の巨人」の能力を得たとされている。マリア・ローゼ・シーナという名前の3人の娘達がおり、パラディ島の3重の壁は彼女達の名前から名付けられた。ユミルの死後、巨人化能力は3人の娘達に引き継がれ、さらに子々孫々に脈々と継承されることとなった。

Read Article

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団に所属する兵士長。1人で1個旅団(約4000人)並みの戦力を持つとされ、「人類最強の兵士」として名高い。三白眼と刈り上げた髪型、小柄な体格が特徴で、ブレードを逆手に持って回転しながら巨人の肉を切り刻む戦闘スタイルを好んでいる。性格は冷静沈着で無愛想。スラム出身ということで言動も粗暴である。神経質で潔癖症だが、部下の最期を看取る際には汚れを気にせず手を握るという仲間想いの一面もある。

Read Article

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄。「獣の巨人」の継承者として調査兵団の前に立ちはだかり、高い投擲能力で多くの兵士を殺傷した。「九つの巨人」の継承者で組織されるマーレの戦士部隊のリーダーであり、多くの戦場でマーレに勝利をもたらしてきた。しかしその真の目的はエルディア人の救済であり、全てのエルディア人から生殖能力を奪うことで巨人の力を巡るこれ以上の悲劇を起こらないようにしたいと考えている。

Read Article

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハートとは、『週刊少年マガジン』に連載されている諫山創原作の漫画・テレビアニメ作品に登場する人物である。主人公のエレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団に所属し、卒業後は憲兵団に入団する。口数が少なく感情を表に表さないため、取っ付きにくい印象を与える性格。しかし格闘技に優れており、冷静な判断を下せるため訓練兵団卒業の際は4位の成績を収める実力の持ち主。

Read Article

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で、ユミルの民であることを偽造してマーレ人になりすまし、マーレ治安当局の職員として潜入していたエルディア復権派のスパイである。九つの巨人の一つである「進撃の巨人」の力を身に宿し、通称「フクロウ」と呼ばれている。 ユミルの呪いによって寿命が近い自分の代わりに、グリシャ・イエーガーにエルディア復権の願いを託して壁の中へ行くよう指示した。その後進撃の巨人を継承させる為無垢の巨人化したグリシャに捕食され、スパイとしての任務を果たし、その生涯を終えた。

Read Article

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガーとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の主人公。壁の外の世界に強い憧れを持っており、幼少期から調査兵団に入ることを目指してきた。その想いは、母親を巨人に食い殺されたことで一層強まり、調査兵団に入って巨人を駆逐することを心に誓う。性格は熱血漢で直情的。無鉄砲と思えるほどの勇敢さから、強大な巨人相手にも物怖じせずに向かっていく。命の危機に瀕した際に巨人化する能力に目覚め、人類の自由のためにその力を振るっていくことになる。

Read Article

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスターとは『進撃の巨人』の登場人物で、104期訓練兵団の卒業生。当初は駐屯兵団に所属していたが、ウォール・マリア最終奪還作戦の前に調査兵団に移籍した。「獣の巨人」を倒すための特攻作戦では唯一生き残り、瀕死のエルヴィン団長をリヴァイ達の元へ連れて行った。その後はエレンをパラディ島の救世主として祭り上げる「イェーガー派」の中心人物として、兵団総統を暗殺しクーデターを先導した。

Read Article

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライスとは『進撃の巨人』のキャラクターでマーレの戦士候補生。戦士候補生の同期であるガビ・ブラウンに好意を抱いており、彼女を救うために「鎧の巨人」継承を目指している。内気な性格だが、「悪魔の末裔」と言われるパラディ島の人々に対しても自分達と変わらない人間だと捉える優しい心の持ち主。心的外傷を負った兵士にも親切に接しており、そこでクルーガーと名乗る負傷兵と出会い、交流を深めていく。

Read Article

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で「車力の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成されるマーレの戦士の一員として、数々の戦場で功績を打ち立ててきた。当初は始祖奪還計画に参加せずマーレ本国を守っていたが、850年「獣の巨人」であるジーク・イェーガーと共にパラディ島に上陸する。ウォール・マリア奪還を狙う調査兵団との決戦では後方支援を担当し、負傷したジークと「鎧の巨人」であるライナー・ブラウンの逃走を助けた。性格はマイペースだが、冷静沈着で判断力に優れている。

Read Article

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディスとは『進撃の巨人』の登場人物で第104期訓練兵団の指導教官。スキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられている。元々は第12代団長として調査兵団を率いていたが、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせたにもかかわらず成果を残せなかったことから、自分の無能を悟りエルヴィン・スミスに団長職を引き継がせた。主人公エレンの父親であるグリシャ・イェーガーとは以前から面識があり、彼が消息を絶つ直前に顔を合わせた最後の人物である。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの父。シガンシナ区で診療所を開き街の人々から尊敬を集めていたが、シガンシナ区に巨人が流入した後行方不明となる。失踪直前エレンに巨人化の薬を打ち込み、世界の真実が隠された自宅地下室の鍵をエレンに託した。物語中盤で彼が壁外の世界から「始祖の巨人」奪還のためにやってきた巨人化能力者であったことが明らかとなる。

Read Article

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の団員。主人公エレン・イェーガーとはウォールローゼ南区第104期訓練兵団時代の同期である。責任感が強く、リーダーシップもあることから同期の中ではまとめ役を担っていた。しかし、その正体はウォール・マリアを破壊した「鎧の巨人」であり、始祖奪還を目的にパラディ島に送り込まれたマーレの戦士である。正体が判明した後はたびたびエレン達と対立し、始祖の力を巡って死闘を繰り広げていく。

Read Article

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリスとは『進撃の巨人』の登場人物で、憲兵団の新兵。アニ・レオンハートとは同期でルームメイト。ウェーブヘアが特徴の少女で、軽薄で不真面目な言動が多い。他の新兵同様安全な内地で楽をするために憲兵団に入ったが、実は機転の利くところがある。アニのことは愛想のない同期だと思っていたが、ストヘス区の戦闘以降行方不明になったことを心配しており、アニの正体が「女型の巨人」であることを知って大きなショックを受けていた。同期のマルロ・フロイデンベルクに好意を持っているが、マルロ本人は気づいていない。

Read Article

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツとは『進撃の巨人』の登場人物。主人公エレンの父親グリシャの前妻で「獣の巨人」ジークの母。その正体はフリッツ王家の末裔。ストーリー上、巨人の歴史と王家の情報を語る重要な役割を持つ。パラディ島に移住することを拒みマーレに留まった一族は、代々巨人の情報を隠し持っており、その末裔であるダイナはエルディア復権派と共に始祖の巨人の奪還を企てるが、計画は息子ジークの密告により失敗。ダイナは巨人化後、グリシャの後妻であるカルラを捕食する。最期はエレンの持つ座標の力で巨人の群れに喰われた。

Read Article

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルトとは『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。金髪ボブカットの中性的な外見を持つ。大人しいが芯の強い勇敢な性格で探求心が強い。祖父の影響で人類はいずれ壁の外に出るべきだという思想を持っており、エレンが外の世界に憧れるようになったのもアルミンの影響である。小柄で身体能力は低いものの、知能や判断力はずば抜けており、エレンや調査兵団の窮地をその知略で度々救っている。

Read Article

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物で、中央第一憲兵団対人立体機動部隊の隊長。かつて「切り裂きケニー」の異名を取った大量殺人鬼だったが、ウーリ・レイスとの出会いを経て現在は中央第一憲兵団に所属し対人戦闘を専門とする部隊を率いている。リヴァイ・アッカーマンの育ての親であり、彼に戦闘技術を教えた人物でもある。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、対立した調査兵団を大いに苦しめた。

Read Article

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団第13代団長である。調査兵団は人類の生存圏を広げることを目的とし、日々巨人との死闘を繰り広げている。その類まれなる頭脳と判断力から大きな功績を挙げているが、目的のためなら手段を選ばない非情さから「悪魔的」と称されることもある。彼の真の目的は世界の真実を解き明かし、「人類は王家によって記憶を改竄された」という父の仮説を証明すること。人類最強と称されるリヴァイ兵士長を調査兵団に入れたのも彼である。

Read Article

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマンとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。本作のヒロイン的ポジションで、幼い時にエレンに助けられた経験から、彼を守ることを自分の使命だと考えている。驚異的な身体能力を持ち、トップの成績で訓練兵団を卒業。実戦でも1人で複数の巨人を討伐する実績を残す。性格は寡黙で口下手だが、エレンのこととなると取り乱す一面もある。物語後半において、母方の祖先が東洋にあるヒィズル国将軍家だったことが明らかになった。

Read Article

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で、「マーレの戦士」候補生。天真爛漫で型破りな性格で、憧れの従兄であるライナーから「鎧の巨人」を継承するため日夜訓練に励んでいる。パラディ島のエルディア人を悪魔の末裔として強く憎んでおり、彼らを皆殺しにして自分達善良なエルディア人を収容区から解放することを願っていた。しかし成り行きでパラディ島に渡ることとなり、そこで出会った人々との交流からガビの考え方は変化し始める。

Read Article

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイスとは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。壁内人類の真の王家であるレイス家当主。実質的には壁内での最高権力者である。ウーリ・レイスの兄であり、フリーダ・レイスやヒストリア・レイスの父親。正妻との間に5人の子がいたが、当時使用人として働いていたアルマとも関係を持ち、ヒストリアが産まれたことにより、事実的には子供は6人。だがグリシャにより正妻との間の子は皆殺されてしまい、生き残っている子供はヒストリアただ1人である。

Read Article

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタインとは『進撃の巨人』の登場人物で、調査兵団に所属する兵士。第104期訓練兵団を6番で卒業した。自己の保身を第一に考える現実主義者で、思ったことを率直に言い過ぎる性格からたびたび主人公のエレン・イェーガーと対立していた。当初は巨人の脅威から逃れるために内地への配属を希望していたが、友人のマルコ・ボットが戦死したことで考えを大きく変え、調査兵団に入団する。入団後は持ち前の現状把握能力を活かして同期のまとめ役として活躍した。

Read Article

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団所属のベテラン兵士。初登場時は分隊長だったが、後にエルヴィン・スミス団長の後を継いで調査兵団第14代団長に就任する。ゴーグル(平常時は眼鏡)を着用し、茶髪を無造作に1つにまとめた中性的な外見をしている。明るく聡明な人物だが、巨人に対する情熱は人一倍で変人揃いの調査兵団内でも特に異彩を放っている。ウォール・マリア最終奪還作戦以降は左目を負傷したことから眼帯を着用している。

Read Article

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナとは『進撃の巨人』の登場人物で反マーレ派義勇兵の中心人物。マーレに滅ぼされた国の出身で、「獣の巨人」継承者で王家の血を引くジーク・イェーガーの信奉者として活動し、パラディ島の近代化に大きく貢献した。ジークの提唱する「エルディア人安楽死計画」達成のためなら寝食を共にした仲間すら殺害する冷酷な性格の女性。しかし実際にはマーレの被害者というのは虚偽であり、「世界を救う英雄」に憧れているだけのごく一般的なマーレ人である。

Read Article

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ(ヒストリア・レイス)とは、諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物。第104期訓練兵団卒業生であり、主人公エレン・イェーガーは同期の1人。小柄で温厚、思いやりのある可愛らしいアイドル的な存在として登場する。同期のユミルと仲が良い。成績10位以内に入っているが、実際はユミルからその座を譲られただけで身体能力は人並みである。本名はヒストリア・レイスといい、壁内世界の真の王家の末裔であることが後に発覚する。

Read Article

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の兵士。坊主頭が特徴で、小柄な体格を生かした小回りの利く機動を得意としている。バランス感覚にも優れ104期訓練兵団を8番の成績で卒業したが、少々頭の回転が鈍く同期達からはバカ扱いされている。同期のサシャ・ブラウスとはバカ同士気が合うようで、よく訓練中に2人でふざけていた。当初は憲兵団を志望していたが、主人公のエレン・イェーガーに感化され調査兵団に入団を決めた。入団後はムードメーカーとして活躍する。

Read Article

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガトとは『進撃の巨人』の登場人物でマーレ軍エルディア人戦士隊隊長。後にマーレ上層部が全滅すると元帥に就任した。ジーク・イェーガーやライナー・ブラウンら「マーレの戦士」達を選抜し育て上げた人物でもある。性格は厳格で戦士候補生に対する態度も威圧的だが、大多数のマーレ人とは異なりエルディア人に対する差別感情は薄く、部下たちを1人の人間として尊重している。現状認識能力に優れ、始祖奪還作戦を数人の子供に託すマーレ軍上昇部の正気を疑っていた。

Read Article

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウスとは「進撃の巨人」シリーズの登場人物であり、主人公エレン・イェーガーと同じ調査兵団に所属している女性。頭はあまり良くないが、並外れた身体能力と勘の良さは周囲からも認められている。狩猟を生業とする村の出身であるため、食べ物には目がなく食料庫からよく盗みを働いていた。方言で話すことに抵抗があるため他人には敬語で話す。天真爛漫で非常にマイペースな性格の持ち主である。

Read Article

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団団員。第104期訓練兵団を3位で卒業し、どの分野でもそつなくこなすことができる優秀な人物である。ただし優柔不断で判断を他人に任せる傾向があり、積極性に欠けることから他の同期と比べると少し影が薄い。その正体は、ウォール・マリア陥落の主因となった「超大型巨人」であり、始祖奪還作戦のために大国マーレから派遣された「マーレの戦士」の1人だった。任務を達成し故郷に帰ることを切望していたが、結局その願いは叶わず異国の地で命を落とすこととなる。

Read Article

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアードとは『進撃の巨人』の登場人物で「顎の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成される「マーレの戦士」の一員として、「顎の巨人」の持ち味である硬い顎と牙や俊敏性を活かし数々の戦場で活躍している。戦士候補生時代の同期であるライナー・ブラウンとは「鎧の巨人」継承権をめぐって争ったライバルだった。自分ではなく能力の低いライナーが「鎧の巨人」継承者として選ばれたことや、兄のマルセルがライナーをかばって巨人に食われたことから、ライナーに対して悪感情を抱いている。

Read Article

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、レイス家の長女。黒髪で青い瞳を持つ。レイス家当主のロッド・レイスとその正妻の第1子として生まれた。表向きは地方の貴族として振る舞っているが、実際は壁内の真の王家の末裔。レイス家に代々引き継がれている特別な巨人能力を叔父のウーリ・レイスから引き継ぎ、宿している。本人の飾らない性格は多くの者から慕われており、妾の子である異母妹ヒストリアにも姉として優しく接していた。

Read Article

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシスとは『進撃の巨人』の登場人物で駐屯兵団の司令官。スキンヘッドと口ひげが特徴の年配の男性。巨人との戦いの最前線である南側領土の最高責任者として、果断な指揮を振るい人類を守り抜いてきた。人類の勝利のためなら成功率の低い作戦でも取り入れる柔軟な判断力の持ち主だが、飄々とした言動や戦場でも酒を持ち歩く姿勢から「生来の変人」としても知られている。トロスト区攻防戦では巨人化したエレン・イェーガーによる穴の封鎖作戦を採用し、人類の勝利に貢献。兵団によるクーデターの際も大きな役割を果たした。

Read Article

目次 - Contents