【進撃の巨人】エレン「俺は憲兵団に入って内地で暮らす!」【厳選名作SS】

進撃の巨人の厳選名作SSを掲載しています。今回は、エレンの目的が巨人の駆逐ではなく憲兵団に入って内地で暮らす事だったらというお話です。あまり見られない腹黒で策士なエレンは必見です。

エレン「俺は憲兵団に入って内地で暮らす!」

出典: lohas.nicoseiga.jp

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 20:18:50.35 ID:/7u/m6+g0

教官「貴様は何者だ!」

アルミン「アルミン・アルレルトです!」

教官「そうか、バカ見てえな名前だな!何しにここに来た!?」

アルミン「憲兵団に入って安全な内地で暮らす為です!」

教官「貴様のような軟弱者は巨人の餌がお似合いだ!4列目は後ろを向け!」

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 20:21:26.04 ID:/7u/m6+g0

教官「貴様は何者だ!?」

ジャン「ジャン・キルシュタインです!」

教官「何しにここに来た!?」

ジャン「憲兵団に入って内地で暮らす為です」

教官「そうか、貴様も内地に行きたいか」

ジャン「は、はい!」

教官「ふんっ!」ガツン

ジャン「いってぇ!」

教官「誰が座っていいと言った!?この程度でへこたれる者が、憲兵団などになれるものか!」

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 20:25:12.48 ID:/7u/m6+g0

教官「貴様は何者だ!」

コニー「コニー・スプ──」

教官「逆だコニー・スプリンガー……!最初に教えたハズだ。この敬礼は公に心臓を捧げる決意を──」

蒸かした芋「サクッ」

教官「……おい貴様、何をやっている……?」

サシャ「ん……?」はむはむ

教官「貴様だ貴様に言ってるんだ!何者なんだ貴様は!?」

サシャ「サ、サシャ・ブラウスです!」

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 20:29:23.53 ID:/7u/m6+g0

教官「貴様が右手に持っているのは何だ」

サシャ「蒸かした芋です。調理場にちょうど頃合いのものがあったので」

教官「盗んだのか……なぜだ、なぜ貴様は芋を食べ出した?」

サシャ「冷めてしまっては元も子もないので……今食べるべきだと、判断しました」

教官「いや……わからないな……なぜ貴様は今芋を食べ出した……?」

サシャ「……それは何故、人は芋を食べるのか?という事で?」

教官「…………」

サシャ「あっ……あげませんよ?」

教官「誰が欲しいと言った!?」

9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 20:33:22.68 ID:/7u/m6+g0

教官「貴様はいったい何しにここに来たんだ!芋を食べる為か!?」

サシャ「憲兵団に入ってお腹いっぱいご飯を食べるためです!」

教官(何故だ……何故今年の訓練兵はこんなのしか居ないのだ……)

教官(2年前にマリアが陥落したからとは言えこれはあまりに……)

教官(ここは既に通過儀礼を終えている者にあるべき志願理由を言わせよう)

教官「おいベルトルト!お前は何しにここに来た!」

ベルトルト「か、開拓地行きは腰抜けだと言われ……ま、回りについてきて……」

教官「…………」

11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 20:37:07.90 ID:/7u/m6+g0

──その夜

エレン「ん?なんだあれ」

コニー「開拓地行きだとさ」

エレン「まだ初日だろ?また小石拾いをやりたいなんてな」

コニー「ついていけないって、自分から移動願い出したんだとよ」

エレン「そうか……まぁ、力のない者は去るしかない。そのまま肥料にでもなって土地を豊かにしてくれ」

コニー「そういやお前、出身聞かれなかったけど……」

エレン「こいつと同じ、シガンシナ区だ」

コニー「じゃあ見たのか!?超大型巨人!」

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 20:39:57.21 ID:/7u/m6+g0

──食堂

エレン「だから見たって」

一同「おぉ!?」

モブ「どのくらい大きいんだ!?」

エレン「壁から頭が出てたな……60mくらいはありそうだった」

モブ「なに!?俺は壁を跨いだと聞いたぞ!」

エレン「そんなデカかったらシーナも墜ちてるだろ考えろよ」

モブ「よ、鎧の巨人は!?」

エレン「鎧ってより筋肉だったぞ」

一同「おぉ!?」

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 20:42:38.88 ID:/7u/m6+g0

エレン「筋肉モリモリマッチョマンの変態って見た目だが、顔は厳つかったな……ライナーみたいな」

ライナー「!?」

ベルトルト「ら、ライナー……!」

エレン「そういや超大型巨人も誰かに似てるような……」

ベルトルト「!?」

エレン「……あぁ、教官みてえな顔だったな!教官の顔の皮を剥いだような」

ベルトルト「……ふぅ」

エレン(……あいつら?)

15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 20:46:39.87 ID:/7u/m6+g0

モブ「ふ、普通の巨人はどんななんだ?」

エレン「普通の──んぷっ!?」

モブ「も、もうよそう。思いだしなくない事だってあるだろう……」

エレン「あ、あぁ……そうしてくれ……巨人には絶対勝てない……勝てる気がしない……!」

コニー「そ、そんなに強いのか……?」

エレン「俺達が立体起動装置を使いこなしたところで敵うはずがない……!」

一同「……」

エレン「やっと憲兵になれる機会だ……俺は憲兵団に入って内地でミカサと静かに暮らす。もう巨人には──」

ジャン「お?お前も憲兵団に行きたいって言ったのか?」

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 20:49:23.72 ID:/7u/m6+g0

エレン「あぁそうだが……お前も確か、内地で楽したいんだっけか」

ジャン「俺は正直者なんでね、お前もそうなんだろ?まぁ一緒に目指そうじゃないか」

エレン「そうだな、10人はなれるからな!一緒に憲兵目指そうぜ!」

ジャン「おう!」

ミカサ(さりげなく一緒に暮らそうって言われた……)

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 20:54:00.70 ID:/7u/m6+g0

──翌日

教官「まずは貴様らの適正を見る!これができん奴は囮にも使えん!」

エレン「教官」

教官「なんだイェーガー?」

エレン「俺のベルトの金具が破損しているようですが……」

教官「む……よく見つけたな、貴様は長生きしそうだ。おい!代わりのベルト持ってこい!」

エレン「自分の装備くらい自分で点検しないとな、憲兵団に入りたかったらこれくらい」

ジャン「ははっ、すげぇなお前」

アルミン(すっげぇ仲いいなあの2人)

ミカサ(エレンは渡さない……)

エレン「で、教官。適正は」

教官「問題ない」

24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 21:00:05.04 ID:/7u/m6+g0

──その夜

ジャン「──そんな時は強めに吹かして惰性で移動するんだ。そのほうがガスの消費が少なくて済む」

マルコ「簡単に言われても」

ジャン「まあ誰にでもできるってわけには行かねえが……憲兵団に入りたいなら、な?」

マルコ「あぁ……憲兵団かぁ、いいなぁ~王様の為に働けるなんて」

ジャン「おいマルコ!お利口ぶってないで言えよ!憲兵団になりたいのは安全で快適な内地で暮らす為だろ」

マルコ「そ、そんな!少なくとも僕は──」

エレン「内地が快適……?」

ジャン「なんだよエレン、お前だって内地志望だろうが」

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 21:04:22.78 ID:/7u/m6+g0

エレン「憲兵にならなくてもお前の脳内は快適だと思うぞ?」

ジャン「なに?」

エレン「おかしいと思わねえのか?一度ウォールマリア陥落という悲劇を起こしながら防衛体制が強化されない事実を」

エレン「こんな無能な王に仕えるなんて快適じゃねえよ」

ジャン「今さら何言ってんだ。他にねえだろ」

エレン「ま、それもそうだな!」

ジャン「あっはっは!」

マルコ「このクズ野郎が!」

エレン「うるせえ!」

ジャン「これが現実だ!」

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 21:08:59.42 ID:/7u/m6+g0

ミカサ「止めなさい」

エレン「あっ……」

ジャン「お、おぅ……」

マルコ「さっきから王に対して愚弄するような……」

教官「先程から大きな音が聞こえるのだが……」

マルコ「サ、サシャが僕のパンを奪ったんです!」

サシャ「!?」

教官「また貴様か……少しは慎みを覚えろ」

マルコ「憲兵なら責任の押し付け合いくらいできないとな」

エレン「どこで覚えたんだ!?」

マルコ「お父さんに」

ジャン「おぉ!?」

34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 21:14:07.17 ID:/7u/m6+g0

──訓練中

アルミン「はあっ……はあっ……!」

教官「どうしたアルレルト!遅れているぞ!このままでは貴様は巨人の餌だ!」

ライナー「貸せっ!」

アルミン「ラ、ライナー!こんなことバレたら……」

ライナー「バレねえように尽くせ!」

教官(ライナー・ブラウン。屈強な肉体と精神を併せ持ち、仲間らかの信頼も厚い)

教官(が、エレンから巨人に似ていると言われ容姿に自信がない様子)

アルミン「足手まといはぁっ……ごめんだぁ!」

教官(アルミン・アルレルト。体力では巨人の餌にもならんが座学でそれなりの成績を残す)

39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 21:17:41.84 ID:/7u/m6+g0

アニ「ふっ……」ザシュ

ベルトルト「……」ザシュ

ジャン「でりゃあああ!」スカッ

ジャン(ざ、斬撃じゃ二人に敵わねえが……昨日エレンとここを見回った!巨人の位置なら完全に把握してる……!)

ジャン「憲兵団になるのは──俺だぁああ!」

コニー「ありがとよジャン!後をつけて正解だぜ!」

41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 21:23:08.55 ID:/7u/m6+g0

ジャン「何っ──な、なんだ!?」

サシャ「ひゃっほぉおおぅ!」ザシュ

教官(アニ・レオンハート。斬撃に非の打ち所はないが連帯性に欠け孤立気味。故に団体行動は問題外)

教官(ベルベル……ベルトル……?いや、わからないな)

教官(ジャン・キルシュタイン。立体機動はトップクラス。仲間との関係も良好)

教官(コニー・スプリンガー。小回りの効く機動が得意。だがそれを生かす頭脳はない)

教官(サシャ・ブラウス。誰が説明してもらおうか……)

46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 21:28:20.20 ID:/7u/m6+g0

ミカサ「んっ……」ズシャアアア

エレン「でぇやぁああああ!!」ズガッ

教官(ミカサ・アッカーマン。あらゆる科目を完全にこなす。だが余所見が多く危なっかしい。エレンと隔離するべきだろうか)

教官(エレン・イェーガー。目立った特技はないが、それはどれにおいても高い評価である為である)

教官(そして──誰よりも強い目的意識がある)

エレン「憲兵団は……俺だぁあああ!!」

教官(……なぜ巨人の脅威を目の当たりにしておきながらここまで腐るのだろうか)

52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 21:33:47.80 ID:/7u/m6+g0

──3年後

偉い人「心臓を捧げよ!」

訓練兵「「はっ!」」

偉い人「貴様らはこれをもって訓練兵を卒業する!卒業にあたって3つの選択肢が与えられる!」

偉い人「まずは壁の強化に勤める駐屯兵団!」

偉い人「次に犠牲を覚悟し、壁外へ赴く調査兵団!」

偉い人「そして王の下で民を統制する憲兵団!なお、憲兵団を志願できるのは上位10名だけだ!」

エレン(やった……やったぞ!ついに憲兵に……!)

ジャン(っしゃぁああああああ!!)

58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 21:37:24.97 ID:/7u/m6+g0

──食堂

コニー「これで俺も憲兵だ!」

サシャ「もう食べ物に困りませんね!」

トーマス「えぇ!憲兵に行っちゃうのかい!?」

エレン「あぁ、俺が訓練していたのは内地へ行くためだからな」

トーマス「もったいないよ!それだけの技術があれば巨人にも勝てるよ!」

エレン「──勝てると思うから戦えって?お前、命賭けてそれが言えんのかよ」

トーマス「すん……」

70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 21:43:09.39 ID:/7u/m6+g0

エレン「お前が勝てると考えてんのは、お前が巨人に対して無知だからだ」

エレン「俺はあの光景をみて悟った、勝てるわけがない」

エレン「何万、何十万の犠牲を払って戦術を発達させたと言うが個人の戦闘力に依存する立体機動術は不安定だ」

エレン「政府の防衛体制も微妙だ、本気で守ろうという気が感じられない」

エレン「俺は内地で巨人とおさらばして、ミカサと暮らす!それが俺の夢だ!」

ミカサ「エレンが内地へ行きたいと言うならそうしよう……」

ジャン「おいおい、俺を忘れちゃあ困るぜ?」

エレン「別にお前と暮らす気はねえよ」

ジャン「分かってるよ」

74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 21:48:47.49 ID:/7u/m6+g0

──固定砲整備中

エレン「あれ、お前も憲兵団志望だったのか」

コニー「昨日あんな演説しといて何言ってんだ」

エレン「事実を言っただけだろ」

サシャ「皆さん!上官の食糧庫からお肉取ってきました!」

エレン「コニー、サシャを捕まえるぞ。憲兵へアピールだ」

コニー「おっけー」

バチ……ドカーン

エレン「な、なんだ──はっ!?」

超大型巨人「……」

整備班「「う、うわぁあああああ!!」」

77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 21:53:42.96 ID:/7u/m6+g0

超大型巨人「……」ドカーン

整備班「「うがっ……」」

エレン「なっなんだ!?……あっ!モブキャラが落ち──」

サシャ「動いちゃダメですよ!?」

モブ「あ……あぁ……」

エレン「す、すげぇなあいつ」

コニー「お、おい!あれ!」

エレン「はっ……壁に穴を空けられた……!?」

コニー「きょ、巨人が入ってくる……!」

エレン「っ!固定砲整備四班、退却用意!これは無理だ!今すぐ逃げろぉおおお!!」

84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 21:56:35.71 ID:/7u/m6+g0

駐屯兵A「確か訓練兵達が固定砲の整備をしているはずでは?」

駐屯兵B「超大型巨人出現時の作戦は既に始まっている。それに従ったのだろう」

エレン「とりあえず本部に逃げ込め!」

各員「おぅ!」

91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 22:03:03.70 ID:/7u/m6+g0

偉い人「──作戦通り各班ごとかかれ!前衛部には──」

モブ「嫌だ……死にたくない……」

エレン「嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ」

ジャン「何で今日なんだ……」

アルミン「ど、どうしたんだエレン……」

エレン「どうしただと……!?何言ってんだよアルミン!」

ジャン「俺達は明日から内地行きだったんだぞ!?お前は憲兵団になれないから巨人の餌にしかならねえがな!?」

アルミン「お、落ち着いて……」

ジャン「落ち着いて死にに行けってか!?」

エレン「ぶっ殺すぞてめぇ!!」

アルミン「エ、エレン……」

94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 22:07:46.91 ID:/7u/m6+g0

ミカサ「エレンと……静かに暮らしたかったのに……」

上官「アッカーマン、お前は特別に後衛だ」

ミカサ「お断りします、私はエレンの班に行きます」

上官「これは命令だ!アッカーマン!」

ミカサ「エレンの側に居られないのなら今すぐ辞表を叩きつけますが」

上官「くっ……アッカーマンの喪失は人類にとって大損害だ……しょうがない」

ミカサ「ありがとうございます」

上官「処分を覚悟することだな……!」

99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 22:11:30.90 ID:/7u/m6+g0

──戦闘直前

エレン(ジャンは作戦通り動けるはずだ……問題ない)

アルミン「こ、これはいい機会じゃないかな……?ここで活躍しておけば」

エレン「まぁ、二階級くらいはすぐに上がりそうだな……」

アルミン「そういう事を言わないでくれ……」

上官「前衛の支援につけ!」

エレン「……いくぞ」

一同「お、おう……」

101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 22:15:29.41 ID:/7u/m6+g0

エレン(決して楽観視していたわけがないが……これはあまりに──)

エレン「って奇行種だ!止まれ!」

エレン「全員無事か!?」

モブ「ト、トーマスが……居ない……」

エレン「なに──」

奇行種「アアアアア……」

トーマス「あ……ああっ……あれ……」

奇行種「……」ゴックン

エレン「うわぁ……あ……」

エレン(──これはチャンスか)

104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 22:20:32.01 ID:/7u/m6+g0

エレン「何しやがんだてめぇ!」バシュゥゥゥ

アルミン「エ、エレン!?」

モブ「よせ!単騎行動は!」

エレン「よくもトーマスを!絶対に!絶対に逃がさん!」

エレン(多分足元の巨人が俺の足に食い付いてくるはずだ)

巨人「ガァアア」

エレン(このタイミングを狙って班から離脱する!)

アルミン「エ、エレンはどこに行ったんだ!?まさか食われ──」

モブ「うっうわぁああああ!!やめて!やめてください!!」

アルミン「この場に居ても死ぬだけだ……この班は壊滅……他の班に合流しないと!」

109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 22:23:22.93 ID:/7u/m6+g0

エレン「旨く撒いたな……これで敵前逃亡の目撃者はなしか。よし、本部でジャンと落ち合おう」

ミカサ「……ああいう行動に出るなら説明して欲しかった。乗り遅れそうになった」

エレン「お前は主席だろうが、お前を信頼したんだ」

ミカサ「そう……」

エレン「ほら急ぐぞ」

116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 22:29:01.76 ID:/7u/m6+g0

──本部、ガス補給所

ジャン「おせぇじゃん」

エレン「そういうお前は見られてないだろうな」

ジャン「当たり前だ……で、どういう作戦だ」

エレン「まず、このまま時間が経てば戦線は後退するだろう。巨人を抑え込むなんて不可能だ」

エレン「だから俺達だけで逃げる。そこまではいいな?」

ジャン「ああ、だがどこへ」

エレン「壁の上だ……正確には途中でガス切れを演出するために宙ぶらりんだが」

ジャン「──だいたい読めたぞ。皆がガス切れを起こしたら勝負か」

エレン「ああ」

ミカサ(──分からないなんて言えない……)

124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 22:35:08.59 ID:/7u/m6+g0

カーン カーン(撤退命令)

コニー「──これはどういう状況なんだアルミン?今の撤退命令だろ」

アルミン「コニー、ガスの残りはあるかい?」

コニー「無いよりはマシって感じだな、補給しないと」

アルミン「それが……補給は不可能だ」

コニー「な、なんで!?まさか、本部に巨人が……?」

アルミン「そんなところだね……本部に3~4m級の巨人が入り込んだんだって」

コニー「まさか、破壊されちまったのか?」

アルミン「巨人にそこまでの知性はないよ……ただ、戦意喪失し補給任務を放棄したそうだ」

128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 22:42:31.00 ID:/7u/m6+g0

──壁 の途中

エレン「ジャン、ガスを抜いておけ」

ジャン「おいエレン、ガス切れを起こして動けないって状況なのはいいが救援がなければ」

エレン「忘れたのか?今、リヴァイの居る調査兵団がウォールマリアに遠征中だ」

エレン「ここの異変に気が付いて帰還するだろう。その時に拾ってもらって証人にする」

ジャン「なるほど。しかし、もし本部が奪還された場合、俺達の行動は反逆だと証明されるぞ」

エレン「なぁに、ボンベに細工しておいた」

ジャン「細工?」

エレン「──誰かが補給しようとバルブを回せば爆発する」

130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 22:47:26.58 ID:/7u/m6+g0

コニー「──だったら!総力をあげて本部を取り返すしかねえだろ!」

アルミン「そうだね……その為の策は練ったんだけど、この士気を回復させる手段が……」

コニー「そういうことなら……おい、マルコ」

マルコ「なんだ……」

コニー「ここだけの話、本部にはリヴァイ兵長が居るってよ」

マルコ「なに、本当か!?」

コニー「生きてたどり着ければ昇進早いんじゃないか?」

マルコ「いっくぜぇえええ!!」バシュゥゥゥ

アルミン「……え」

131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 22:50:08.77 ID:/7u/m6+g0

コニー「オ、オイオマエラ!オレタチハナカマニ、ヒトリデタタカワセロトマナンダカ!?」

アルミン(すっごく棒読みだ……)

コニー「コノママジャコシヌケにナッチマウゾ!」バシュゥゥゥ

ライナー「そいつは心外だな」

サシャ「やーい芋抜け!芋虫!芋ー!」

モブ「や……やってやる……!」

ウォオオオオオオ!

アルミン「何でこれだけで盛り上がれるんだ?」

139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 22:55:34.41 ID:/7u/m6+g0

アルミン「チームA!3ブロック南に待避!巨人の注意を引け!」

モブ「了解!」

アルミン「チームEは方位3-3-5に向け前進!」

モブ「了解!」

アルミン「ライナー!右から回り込め!」

ライナー「これで3体回目!」

コニー「すげぇなアルミン!お前指揮官に向いてるんじゃねえか!?」

アルミン「口を動かす暇があったら体を動かせ!チームD!チームBが開けた道から突っ込め!」

141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 22:57:30.87 ID:/7u/m6+g0

コニー「よし、本部だ!」

サシャ「やっと補給が──」

アルミン「いやまだだ、中に居る巨人を片付けないと」

コニー「その口振りからいうと、策はあるんだな!?」

アルミン「2、3考えてる」

145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 23:00:25.42 ID:/7u/m6+g0

アルミン「──こういう作戦でいこうと思う。異論はあるかい?」

マルコ「時間もないし、これでいこう!時間もないし!」

コニー「そうと決まれば銃を探さないと」

サシャ「上官の食糧庫に散弾銃がありました!」

コニー「すげぇなサシャは!よくそんな場所から見つけたな!」

アルミン「よし、各員配置につけ!」

148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 23:03:59.36 ID:/7u/m6+g0

──リフト内

モブ「うわっ……目の前に……目の前にぃ……!」

モブ「落ち着け!十分に引き付けてから」

巨人「……」チラッ

モブ「ひぃっ……!」

アルミン「スタンバイ……スタンバイ……」

巨人「……」ドシン

アルミン「撃て!」

ズダダダダダダ

アルミン「かかれ!」

149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 23:06:00.98 ID:/7u/m6+g0

──壁

エレン「暇だな……」

ジャン「あぁ……」

ミカサ「私は楽しい……エレンと一緒……」

ジャン「そりゃよかったな」

エレン「お、調査兵団が帰ってきたぞ!おーい!助けてくれー!」

リヴァイ「……なんだあれは」

156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 23:14:31.44 ID:/7u/m6+g0

ハンジ「ガス切れかな?」

リヴァイ「待っていろ」バシュゥゥゥ

エレン「助かった……」

リヴァイ「一体どういう状況だ?巨人が入ってきたのか?」

エレン「ええ、かくかくしかじか──」

リヴァイ「──つまりお前らはガスの残りが心配になり補給へ向かおうとしたが、本部は巨人が占拠」

リヴァイ「仕方なく安全な場所へ待避しようとし壁の上を目指したが途中でガス切れ。ということか」

エレン「は、はい……」

ハンジ「まー新兵にあの数の巨人は無理ですね。壁上の待避は妥当でしょう」

リヴァイ「途中で動けないとはいえ巨人の手は届かねえしな……」

157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 23:17:42.80 ID:/7u/m6+g0

リヴァイ「とりあえずお前らを壁の上まで運ぶ」

ジャン「兵長はどうされるのですか?」

リヴァイ「あそこの巨人を片付ける。補給線の維持は最優先だ──」

ドカァアアアアアン

ミカサ「きゃ!?」

リヴァイ「なんだ─」

ジャン「本部が……爆発した……!?」

エレン「……」

167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 23:23:46.26 ID:/7u/m6+g0

──壁上

エレン「リヴァイの奴、生存者なんて居ないと思うが……まあいいか。本部に行く間にガス切れを起こさない事を祈るよ」

ジャン「なぁエレン、壁の上を歩いて内地まで逃げるっつったってさすがに遠くねえか?」

エレン「なら下まで下りて直線距離を歩くか?」

ジャン「遠慮しとくよ」

エレン「しかしまぁ、俺達は無事に退却完了!明日から内地暮らしだ!」

ジャン「そうだな!暫くは安全だ」

エレン「暫く?何言ってんだ?ずっと安全さ」

ジャン「もし超大型巨人や鎧の」

エレン「それならさっきのガス爆発で死んださ」

ジャン「何っ!?」

177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 23:27:33.67 ID:/7u/m6+g0

エレン「なんだ気が付かなかったのかよ?まあいい、あの巨人達は人間が化けたものだ」

ジャン「そ……そんなことがあり得るのか?」

エレン「事実を目の前にそんな疑問になんの意味がある」

ジャン「それもそうだな、つまり内地の安全は保証されたんだな!」

エレン「ああ、これでミカサと二人で暮らせる……やっと……」

ミカサ「……子供の頃から一緒だったのに」

180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 23:33:11.76 ID:/7u/m6+g0

エレン「あぁ、そうだそうだ忘れるところだった──なぁジャン」

ジャン「ん?なんだ?」

エレン「とりあえずこっから落ちてくれ」ドンッ

ジャン「おい何す──うわぁああああぁぁぁ……」

ミカサ「……どうして落としたの?」

エレン「ジャンの奴がお前を気にかけていたからな……寄ってくる前に処分した」

ミカサ「何も殺さなくても」

エレン「お前の下着を盗んでいたぞ」

ミカサ「……酷い……死んで当然……」

エレン「それよりもミカサ……これで二人きりだな」

ミカサ「……うん」

終わり

関連リンク

renote.jp

halconnrnt
halconnrnt
@halconnrnt

Related Articles関連記事

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツは『進撃の巨人』の登場人物で、「始祖ユミル」とも呼ばれている。エルディア人こと「ユミルの民」の始祖となった女性で、光るムカデのような生物と接触したことで彼女は「始祖の巨人」の能力を得たとされている。マリア・ローゼ・シーナという名前の3人の娘達がおり、パラディ島の3重の壁は彼女達の名前から名付けられた。ユミルの死後、巨人化能力は3人の娘達に引き継がれ、さらに子々孫々に脈々と継承されることとなった。

Read Article

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団に所属する兵士長。1人で1個旅団(約4000人)並みの戦力を持つとされ、「人類最強の兵士」として名高い。三白眼と刈り上げた髪型、小柄な体格が特徴で、ブレードを逆手に持って回転しながら巨人の肉を切り刻む戦闘スタイルを好んでいる。性格は冷静沈着で無愛想。スラム出身ということで言動も粗暴である。神経質で潔癖症だが、部下の最期を看取る際には汚れを気にせず手を握るという仲間想いの一面もある。

Read Article

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハートとは、『週刊少年マガジン』に連載されている諫山創原作の漫画・テレビアニメ作品に登場する人物である。主人公のエレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団に所属し、卒業後は憲兵団に入団する。口数が少なく感情を表に表さないため、取っ付きにくい印象を与える性格。しかし格闘技に優れており、冷静な判断を下せるため訓練兵団卒業の際は4位の成績を収める実力の持ち主。

Read Article

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄。「獣の巨人」の継承者として調査兵団の前に立ちはだかり、高い投擲能力で多くの兵士を殺傷した。「九つの巨人」の継承者で組織されるマーレの戦士部隊のリーダーであり、多くの戦場でマーレに勝利をもたらしてきた。しかしその真の目的はエルディア人の救済であり、全てのエルディア人から生殖能力を奪うことで巨人の力を巡るこれ以上の悲劇を起こらないようにしたいと考えている。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガーとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の主人公。壁の外の世界に強い憧れを持っており、幼少期から調査兵団に入ることを目指してきた。その想いは、母親を巨人に食い殺されたことで一層強まり、調査兵団に入って巨人を駆逐することを心に誓う。性格は熱血漢で直情的。無鉄砲と思えるほどの勇敢さから、強大な巨人相手にも物怖じせずに向かっていく。命の危機に瀕した際に巨人化する能力に目覚め、人類の自由のためにその力を振るっていくことになる。

Read Article

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で「車力の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成されるマーレの戦士の一員として、数々の戦場で功績を打ち立ててきた。当初は始祖奪還計画に参加せずマーレ本国を守っていたが、850年「獣の巨人」であるジーク・イェーガーと共にパラディ島に上陸する。ウォール・マリア奪還を狙う調査兵団との決戦では後方支援を担当し、負傷したジークと「鎧の巨人」であるライナー・ブラウンの逃走を助けた。性格はマイペースだが、冷静沈着で判断力に優れている。

Read Article

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団第13代団長である。調査兵団は人類の生存圏を広げることを目的とし、日々巨人との死闘を繰り広げている。その類まれなる頭脳と判断力から大きな功績を挙げているが、目的のためなら手段を選ばない非情さから「悪魔的」と称されることもある。彼の真の目的は世界の真実を解き明かし、「人類は王家によって記憶を改竄された」という父の仮説を証明すること。人類最強と称されるリヴァイ兵士長を調査兵団に入れたのも彼である。

Read Article

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の団員。主人公エレン・イェーガーとはウォールローゼ南区第104期訓練兵団時代の同期である。責任感が強く、リーダーシップもあることから同期の中ではまとめ役を担っていた。しかし、その正体はウォール・マリアを破壊した「鎧の巨人」であり、始祖奪還を目的にパラディ島に送り込まれたマーレの戦士である。正体が判明した後はたびたびエレン達と対立し、始祖の力を巡って死闘を繰り広げていく。

Read Article

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルトとは『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。金髪ボブカットの中性的な外見を持つ。大人しいが芯の強い勇敢な性格で探求心が強い。祖父の影響で人類はいずれ壁の外に出るべきだという思想を持っており、エレンが外の世界に憧れるようになったのもアルミンの影響である。小柄で身体能力は低いものの、知能や判断力はずば抜けており、エレンや調査兵団の窮地をその知略で度々救っている。

Read Article

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマンとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。本作のヒロイン的ポジションで、幼い時にエレンに助けられた経験から、彼を守ることを自分の使命だと考えている。驚異的な身体能力を持ち、トップの成績で訓練兵団を卒業。実戦でも1人で複数の巨人を討伐する実績を残す。性格は寡黙で口下手だが、エレンのこととなると取り乱す一面もある。物語後半において、母方の祖先が東洋にあるヒィズル国将軍家だったことが明らかになった。

Read Article

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの父。シガンシナ区で診療所を開き街の人々から尊敬を集めていたが、シガンシナ区に巨人が流入した後行方不明となる。失踪直前エレンに巨人化の薬を打ち込み、世界の真実が隠された自宅地下室の鍵をエレンに託した。物語中盤で彼が壁外の世界から「始祖の巨人」奪還のためにやってきた巨人化能力者であったことが明らかとなる。

Read Article

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団所属のベテラン兵士。初登場時は分隊長だったが、後にエルヴィン・スミス団長の後を継いで調査兵団第14代団長に就任する。ゴーグル(平常時は眼鏡)を着用し、茶髪を無造作に1つにまとめた中性的な外見をしている。明るく聡明な人物だが、巨人に対する情熱は人一倍で変人揃いの調査兵団内でも特に異彩を放っている。ウォール・マリア最終奪還作戦以降は左目を負傷したことから眼帯を着用している。

Read Article

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタインとは『進撃の巨人』の登場人物で、調査兵団に所属する兵士。第104期訓練兵団を6番で卒業した。自己の保身を第一に考える現実主義者で、思ったことを率直に言い過ぎる性格からたびたび主人公のエレン・イェーガーと対立していた。当初は巨人の脅威から逃れるために内地への配属を希望していたが、友人のマルコ・ボットが戦死したことで考えを大きく変え、調査兵団に入団する。入団後は持ち前の現状把握能力を活かして同期のまとめ役として活躍した。

Read Article

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で、「マーレの戦士」候補生。天真爛漫で型破りな性格で、憧れの従兄であるライナーから「鎧の巨人」を継承するため日夜訓練に励んでいる。パラディ島のエルディア人を悪魔の末裔として強く憎んでおり、彼らを皆殺しにして自分達善良なエルディア人を収容区から解放することを願っていた。しかし成り行きでパラディ島に渡ることとなり、そこで出会った人々との交流からガビの考え方は変化し始める。

Read Article

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ(ヒストリア・レイス)とは、諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物。第104期訓練兵団卒業生であり、主人公エレン・イェーガーは同期の1人。小柄で温厚、思いやりのある可愛らしいアイドル的な存在として登場する。同期のユミルと仲が良い。成績10位以内に入っているが、実際はユミルからその座を譲られただけで身体能力は人並みである。本名はヒストリア・レイスといい、壁内世界の真の王家の末裔であることが後に発覚する。

Read Article

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライスとは『進撃の巨人』のキャラクターでマーレの戦士候補生。戦士候補生の同期であるガビ・ブラウンに好意を抱いており、彼女を救うために「鎧の巨人」継承を目指している。内気な性格だが、「悪魔の末裔」と言われるパラディ島の人々に対しても自分達と変わらない人間だと捉える優しい心の持ち主。心的外傷を負った兵士にも親切に接しており、そこでクルーガーと名乗る負傷兵と出会い、交流を深めていく。

Read Article

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウスとは「進撃の巨人」シリーズの登場人物であり、主人公エレン・イェーガーと同じ調査兵団に所属している女性。頭はあまり良くないが、並外れた身体能力と勘の良さは周囲からも認められている。狩猟を生業とする村の出身であるため、食べ物には目がなく食料庫からよく盗みを働いていた。方言で話すことに抵抗があるため他人には敬語で話す。天真爛漫で非常にマイペースな性格の持ち主である。

Read Article

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツとは『進撃の巨人』の登場人物。主人公エレンの父親グリシャの前妻で「獣の巨人」ジークの母。その正体はフリッツ王家の末裔。ストーリー上、巨人の歴史と王家の情報を語る重要な役割を持つ。パラディ島に移住することを拒みマーレに留まった一族は、代々巨人の情報を隠し持っており、その末裔であるダイナはエルディア復権派と共に始祖の巨人の奪還を企てるが、計画は息子ジークの密告により失敗。ダイナは巨人化後、グリシャの後妻であるカルラを捕食する。最期はエレンの持つ座標の力で巨人の群れに喰われた。

Read Article

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディスとは『進撃の巨人』の登場人物で第104期訓練兵団の指導教官。スキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられている。元々は第12代団長として調査兵団を率いていたが、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせたにもかかわらず成果を残せなかったことから、自分の無能を悟りエルヴィン・スミスに団長職を引き継がせた。主人公エレンの父親であるグリシャ・イェーガーとは以前から面識があり、彼が消息を絶つ直前に顔を合わせた最後の人物である。

Read Article

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で、ユミルの民であることを偽造してマーレ人になりすまし、マーレ治安当局の職員として潜入していたエルディア復権派のスパイである。九つの巨人の一つである「進撃の巨人」の力を身に宿し、通称「フクロウ」と呼ばれている。 ユミルの呪いによって寿命が近い自分の代わりに、グリシャ・イエーガーにエルディア復権の願いを託して壁の中へ行くよう指示した。その後進撃の巨人を継承させる為無垢の巨人化したグリシャに捕食され、スパイとしての任務を果たし、その生涯を終えた。

Read Article

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイスとは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。壁内人類の真の王家であるレイス家当主。実質的には壁内での最高権力者である。ウーリ・レイスの兄であり、フリーダ・レイスやヒストリア・レイスの父親。正妻との間に5人の子がいたが、当時使用人として働いていたアルマとも関係を持ち、ヒストリアが産まれたことにより、事実的には子供は6人。だがグリシャにより正妻との間の子は皆殺されてしまい、生き残っている子供はヒストリアただ1人である。

Read Article

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリスとは『進撃の巨人』の登場人物で、憲兵団の新兵。アニ・レオンハートとは同期でルームメイト。ウェーブヘアが特徴の少女で、軽薄で不真面目な言動が多い。他の新兵同様安全な内地で楽をするために憲兵団に入ったが、実は機転の利くところがある。アニのことは愛想のない同期だと思っていたが、ストヘス区の戦闘以降行方不明になったことを心配しており、アニの正体が「女型の巨人」であることを知って大きなショックを受けていた。同期のマルロ・フロイデンベルクに好意を持っているが、マルロ本人は気づいていない。

Read Article

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団団員。第104期訓練兵団を3位で卒業し、どの分野でもそつなくこなすことができる優秀な人物である。ただし優柔不断で判断を他人に任せる傾向があり、積極性に欠けることから他の同期と比べると少し影が薄い。その正体は、ウォール・マリア陥落の主因となった「超大型巨人」であり、始祖奪還作戦のために大国マーレから派遣された「マーレの戦士」の1人だった。任務を達成し故郷に帰ることを切望していたが、結局その願いは叶わず異国の地で命を落とすこととなる。

Read Article

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物で、中央第一憲兵団対人立体機動部隊の隊長。かつて「切り裂きケニー」の異名を取った大量殺人鬼だったが、ウーリ・レイスとの出会いを経て現在は中央第一憲兵団に所属し対人戦闘を専門とする部隊を率いている。リヴァイ・アッカーマンの育ての親であり、彼に戦闘技術を教えた人物でもある。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、対立した調査兵団を大いに苦しめた。

Read Article

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の兵士。坊主頭が特徴で、小柄な体格を生かした小回りの利く機動を得意としている。バランス感覚にも優れ104期訓練兵団を8番の成績で卒業したが、少々頭の回転が鈍く同期達からはバカ扱いされている。同期のサシャ・ブラウスとはバカ同士気が合うようで、よく訓練中に2人でふざけていた。当初は憲兵団を志望していたが、主人公のエレン・イェーガーに感化され調査兵団に入団を決めた。入団後はムードメーカーとして活躍する。

Read Article

目次 - Contents