ビューティー・インサイド(韓国映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ビューティー・インサイド』とは、2013年カンヌ国際広告祭グランプリを受賞した原案『The Beauty Inside』を映画にした作品である。毎日目が覚めると別人に変わってしまう男が、ハン・ヒョジュが演じるホン・イスに恋をしてしまったファンタジーロマンス。毎日顔が変わっても1人の女性を愛する心は変わらない男・ウジンとホン・イスが、愛し合う故に立ちはだかる困難をどう乗り越えるのかをうまく表現した映画である。

『ビューティー・インサイド』の概要

画像左側がホン・イス(演:ハン・ヒョジュ)、右側がキム・ウジン

『ビューティー・インサイド』は、インテルと東芝の合作で制作された40分弱の物語を、韓国のCM界を代表するビジュアル・クリエイターのペク・ソンス監督が映画化。本作が長編デビュー作である。
『ビューティー・インサイド』の原案『The Beauty Inside』は2013年カンヌ国際広告祭グランプリを受賞して話題となった。
映画は2016年1月22日に全国の劇場で公開された。
配給はギャガ・プラス。

ペク・ソンス監督は1970年生まれで、ニューヨーク州立ファッション工科大学でイラストレーションを勉強。CM制作、高校デザイン、ミュージックビデオなどの多彩な分野で活躍している。
彼がタイトルデザイン制作した制作実績の中には、『オールド・ボーイ』、『あいつの声』、『スノーピアサー』などが挙げられる。

主要キャストとして、ハン・ヒジュン、パク・ソジュン、イ・ジヌクが出演している。そのほかにも韓国を代表する俳優陣が登場しており、日本からは韓国でも人気の高い上野樹里が参加している。

『ビューティー・インサイド』は、2015年のカンヌ国際映画祭のマーケットで出品されると、世界のバイヤーたちから評価を受けて、世界11ヶ国の先行販売が決定された。

朝、目が覚めると別人の姿に変わってしまう男(キム・ウジン)。ウジンは、アンティーク家具店で働く女性(ホン・イス)に恋をする。ウジンは毎日別の姿でイスのお店に通い始める。そして、見た目がシュっとしていて、顔立ちの良い姿になった日に、イスをデートに誘う。ウジンの職場に行った1日目のデート。ウジンのお気に入りのお店に行った2日目。初めてキスをした3日目とデートを重ねたが、必死に寝ないことで、姿を変えないようにしていたのだ。
そしてうっかり電車で寝てしまい、起きた時にはお世辞でも格好良いとは言えない姿になっていた。
イスはウジンと会えなくなったことを不思議に思いながら働いていると、新人の女性からご飯に誘われる。イスは新人の女性に連れてこられた場所は、ウジンと行った職場であった。なぜここを知っているのか困惑していると、「僕はキム・ウジンです」と新人の女性が話し始める。

『ビューティー・インサイド』は、姿が変わってしまうウジンの素直な気持ちと、毎日姿が変わってしまう恋人とどう向き合っていくのか模索するイスの気持ちがうまく表現されている。

『ビューティー・インサイド』のあらすじ・ストーリー

毎日姿が変わってしまうウジン

家具デザイナーのキム・ウジンは、18歳の時から毎朝目が覚めると、姿、性別、国籍、全てが変わってしまう。ある時は男性、女性、子供、老人、外国人。
病気のせいで、当時大学生だったウジンは青春を謳歌するのを諦め、人目につかないようインターネットを活用して働いている。
ウジンの病気を知っているのは、母親と親友のみ。母親は別の姿になってしまったウジンを何も言わずそっと抱きしめた。
もう1人ウジンの病気を知っている親友・サンベクはウジンから病気を告白された時、初めは戸惑っていた。しかし、ウジンの心だけは唯一変わっていないことに気づき、大声で笑った。サンベクの笑顔に釣られ、ウジンも笑った。
親友の関係が壊れなかったウジンとサンベクはともに家具ブランド「アレックス」を運営する。

アンティーク家具で働くイスに恋するウジン

目覚めるとおっちゃんに変わってしまったウジン。

アンティーク家具で店内を見渡していた時に、アンティーク家具店の従業員のホン・イスに恋をするウジン。それから姿を変えては、お店に行ってイスに接客をしてもらった。
ある日、イスをデートに誘うにはうってつけの姿になったウジンは、イスを食事に誘う。1日目は内緒でウジンの職場でイスの大好きなお寿司を食べる。2日目はウジンのお気に入りのお店に行くことに。3日目は初めてキスをした。4日目もまた会う約束をして別れたウジンは三日間寝ないでイスに告白した姿で維持した。しかし、気がついた時には電車で目が覚める。姿が変わってしまったのだ。
イスとの約束の時間に向かったウジン。しかし、姿が変わってしまったウジンに見向きもしないイスは、ウジンを探していたがとうとう帰ってしまった。ウジンはやるせない顔でイスを見送る。

イスに病気を打ち明けるウジン

イスのお店に新しく入った女性。手際よく仕事をしている姿を見て、イスがその女性を褒める。
すると、新人の女性はイスを突然ご飯に誘う。新人女性に連れてこられたイスが向かった先は、イスが以前ウジンとお寿司を食べたウジンの職場だった。イスが驚いていると、新人女性が一言話す。
「僕はキム・ウジンです」
机には、毎日姿が変わったウジンの記録映像が映されたPCが置かれていた。しかし、イスは状況が理解できず、その場を去ってしまう。

ウジンの病気を理解しようとするイス

イスとウジンが会えなくなってから少し経った時に、ウジンの病気の告白が気がかりだった。いてもたってもいられなくなったイスは自らウジンの家に行く。すると、家から出てきたのは女性になったウジンだった。
イスは唐突に「私のことが好きなのね…違うかな」と聞く。
ウジンはストレートに「好きだよ」と答える。
ウジンの気持ちを聞いたイスは、「起きたら姿が変わるウジンさんを見たい」と話す。
ベッドで一緒に横になったウジンとイスは、病気の話をする。
いつから病気になったのか、何歳なのか、死なないのか。
気がつくと、寝てしまっていたイスは、ウジンの部屋を見渡す。部屋の中には男性の服装から女性に服装、さまざまなサイズの靴やメガネなどが揃っていた。すると、男が近づいてくる。
イスは戸惑いながら「ウジンさんなの?」と聞く。
男はそっと微笑む。ウジンはまた姿が変わっていたのだ。

付き合い始めたイスとウジン

毎回会うたびに姿が変わるウジンをイスは受け入れてくれた。幸せそうにデートを楽しむ2人。時には外国人のウジンの姿とデートするイス。何十歳も離れた男とも。何十歳も離れた子供の時とも。

初めてウジンを他人に紹介するイス

イスが勤めている「ママスタジオ」で創立記念パーティが開かれた。
招待されていた「アレックス」のウジンは、イスの恋人として恥ずかしくない格好で人目に出たかったのに、その日に限っておばあさんになってしまう。
ウジンはすぐに眠れるBGM を流して格好いい姿に変われるように祈りながらもう一度眠りにつく。
イスの恋人にお目にかかれると知ったイスの上司はまだ来ないのかと疑問を抱く。
イスに他の男を紹介しようとしたときに、めちゃくちゃイケメンになったウジンがパーティーに姿を現す。
イスの上司はウジンを見て笑ってしまうくらい格好良かったので即座に退散。
イスとウジンはパーティを楽しんだ。

少しずつ溜まるイスのストレス

ウジンの病気を完全に受け入れられないストレスと不安を募らせるイス。

ウジンと幸せなイスの会社である噂が流れる。
イスが毎日違う男性とデートをしているという。
イスはうまくその場を切り抜けたが、イスの顔は少し悲しそうだった。

イスにプロポーズをしたウジン

イスと結婚したい気持ちが強くなったウジンは、イスにつけて欲しい指輪を手作りで何日もかけて製作する。
そしてついにイスに告白をする。
イスは冷静に今の状態では結婚できないことを告げる。
ウジンの病気のことを家族にどう話すのか、職場の人にどう説明するのか、イス自身でさえ、まだウジンの病気を完全に受け入れていなかったことの悩みを全てウジンにぶつけた。
すると、イスは急に頭痛で倒れる。
急いで病院に連れていくと、イスはストレスで体を壊していた。
イスと愛し合っていたと思っていたウジンにとって、イスが実は自分のことでストレスを抱えていたなんて思ってもいなかった。

ウジンの父親について話す母親

ウジンは母親の元に会いに行った。
すると母親はイスの体調を気にしながら別れることを勧めた。
母親は続けて今まで語られなかったウジンの父親のことについて話し始めた。
ウジンの父親も実はウジン同様、毎朝目が覚めると姿が変わってしまう病気だった。
ウジンの父親と母親も愛し合っていたが、やはり病気を完全に受け入れるには時間がかかった。
世間からは、母親は何人もの男をたぶらかしていると思われていた。
母親のストレスや不安を表には出さなかったが、これ以上迷惑はかけられないと父親自ら姿を消した。
母親はイスに自分と同じ気持ちになってほしくないと思い、ウジンにイスを解放してあげたらどうかと勧めた。

satokoa1
satokoa1
@satokoa1

Related Articles関連記事

スウィングガールズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

スウィングガールズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スウィングガールズ』とは、2004年に公開された「ジャズやるべ!」をキャッチフレーズに掲げた青春コメディ映画である。監督・脚本は『ウォーターボーイズ』で一躍有名になった矢口史靖が手掛け、主演には上野樹里を迎えた。山形の田舎を舞台に、ジャズや音楽とは無縁だった田舎の女子高生達は、ひょんな事からビッグバンドを組みある日突然ジャズの世界へ。落ちこぼれ高校生達が、ビッグバンドをきっかけに次第にジャズに魅了されていく様が描かれている。

Read Article

梨泰院クラス(イテウォンクラス)のネタバレ解説・考察まとめ

梨泰院クラス(イテウォンクラス)のネタバレ解説・考察まとめ

『梨泰院クラス』とは、韓国のケーブルテレビ局にて2020年1月から3月まで放送された、飲食業界での成功を目指して仲間と共に奮闘する主人公を題材としたテレビドラマである。原作は、2017年から2018年にかけて連載されたチョ・クァンジンによるWeb漫画。パク・セロイが、父親を奪った同級生とその父への復讐を誓い、梨泰院で挑戦を始める。彼のもとに個性豊かなメンバーが集まり、外食No.1企業である長家グループを追い詰めていくストーリー。Netflixオリジナル作品として日本を含む世界に配信された。

Read Article

陽だまりの彼女(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

陽だまりの彼女(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『陽だまりの彼女』とは、越谷オサムによる日本の恋愛小説を原作として2013年に映画化された恋愛映画である。交通広告代理店の営業マンである奥田浩介(おくだこうすけ)が中学時代の同級生の渡来真緒(わたらいまお)に再会することからはじまり、ふたりは恋愛し結婚する。幸せな毎日を過ごしていたふたりだが、真緒に異変が現れる。そして浩介は真緒の驚くべき秘密を知るのだ。恋愛ストーリーの中にファンタジー要素が加わり、可愛らしく心温まる映画となっている。

Read Article

似合ってる!女優・タレントのかわいいショートヘアー画像集【マネしたい】

似合ってる!女優・タレントのかわいいショートヘアー画像集【マネしたい】

女性は髪が長いものだと思っていませんか?確かに、さらりとしたロングヘアーは女性らしさがあって「好き」という方も多いけれど、芸能界には髪が短い方もたくさんいます。しかもこれまためちゃくちゃ似合ってて素敵なんですよね。この記事では、そんなショートヘアーの似合う女性芸能人たちについてまとめました。

Read Article

【犬猿の仲】意外な人物も!?芸能界の共演NGまとめ

【犬猿の仲】意外な人物も!?芸能界の共演NGまとめ

「あの人とこの人は犬猿の仲」という関係って、どこにでもありますよね。芸能界でもそれは同じで、様々な理由で「共演NG」とされる組み合わせは多数存在しています。何がきっかけで「この人ムリ」になるのかは人それぞれですが、華々しい世界にもそういったことがあるというのは視聴者としてはあまり知りたくないですよね…。

Read Article

【上野樹里】辛すぎる…親が早くに亡くなった有名人・芸能人まとめ【松田翔太】

【上野樹里】辛すぎる…親が早くに亡くなった有名人・芸能人まとめ【松田翔太】

両親ともに健在なのはありがたいことですが、各界で活躍する有名人・芸能人の中には早くに親を亡くしてしまった方がいます。この記事では、そんな彼ら/彼女らについてまとめました。大人になってから親を亡くすのはもちろん辛いけど、まだまだ親の愛情が必要な子どもの頃に親が早世してしまうのはもっと辛いこと。現在のような活躍の裏でこんな悲しい出来事があったんだと思うと、自然と応援したくなりますね。

Read Article

【矢作兼】おめでとう!2016年に結婚した有名人・芸能人まとめ【上野樹里】

【矢作兼】おめでとう!2016年に結婚した有名人・芸能人まとめ【上野樹里】

毎日のように暗いニュースが報道される中、有名人の結婚が報じられるととても幸せな気持ちになりますよね。この記事では、2016年に結婚した芸能人やアスリートなどについてまとめました。お相手は有名人同士だったり一般の方だったりと様々ですが、たとえどんな人が相手であっても、誰もが心から祝福してあげられるような世界になってほしいと願うばかりです。

Read Article

【持田香織】実は変人?理解できない芸能人の奇妙な言動まとめ【上野樹里】

【持田香織】実は変人?理解できない芸能人の奇妙な言動まとめ【上野樹里】

人間は誰しも他人には見せないような一面を秘めています。芸能人もそれは同じで、メディアを通して見る姿からは想像もできないような奇妙な言動をとっている人がいました。この記事では、そんな彼ら/彼女らについてまとめています。新しい一面が見られることを喜ぶファンもいれば、やはりショックを受けてしまう人もいますよね。どう捉えるかは、あなた次第です。

Read Article

3年ぶりにドラマ復帰した上野樹里の裏の顔がヤバい!?【アリスの棘】

3年ぶりにドラマ復帰した上野樹里の裏の顔がヤバい!?【アリスの棘】

数々の名作ドラマや映画に出演してきた上野樹里。2011年の大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』以降、しばらくメディアへの登場がありませんでした。『アリスの棘』という作品で3年ぶりにドラマ復帰を果たしたようですが、その間の活躍がなかったのはどうやら彼女の「裏の顔」があまりにもヒドいことが影響しているようです。一体どんな姿なのか…。この記事でまとめましたが、ファンの方はショックを受けるかもしれないので閲覧にご注意ください。

Read Article

目次 - Contents