【進撃の巨人】エレン「解散式が始まる」【厳選名作SS】

進撃の巨人の厳選名作SSを掲載しています。本編で語られなかった104期訓練兵団の解散式の様子を描いたSSです。卒業生たちが訓練兵時代の様々な思い出を振り返っていきます。

エレン「解散式が始まる」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 01:39:56 ID:rOyPLAgQ

教官「これより解散式をはじめる!」

全員「ハッ!」

教官「全員準備はいいか!」

全員「ハッ!」

教官「よろしい、でははじめろ!」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 01:40:29 ID:rOyPLAgQ

サシャ「お父さん」

コニー「お母さん」

マルコ「お世話になった教官方」

エレン「僕たち」

ミカサ「私たちは」

ジャン「本日を持って」

ライナー「この訓練兵団を」

全員「卒業します!」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 01:41:13 ID:rOyPLAgQ

アニ「長いようで短いような3年間でした」

ベルトルト「それはきっと素敵な思い出がたくさんつまっていたからだと思います」

ダズ「不安と期待で胸がいっぱいだった」

全員「入団式!」

アルミン「僕はキース教官に名前をバカにされました」

ミーナ「私は家畜以下と罵られました」

マルコ「あのときのキース教官はとっても怖かったけど」

ジャン「思い返せば、あのときのキース教官の言葉があったから」

サシャ「私たちは3年間くじけずに進み続けることができたのだとわかります」

コニー「キース教官」

全員「3年間、本当にありがとうございました!」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 01:42:01 ID:rOyPLAgQ

エレン「そして入団式が終わってから」

ライナー「みんなで入った」

全員「お風呂!」

マルコ「あんなに大人数でお風呂に入るのははじめてだったけど」

ライナー「なんだかとっても楽しかったです」

ベルトルト(なんだろう、このくだり)

ジャン(こんなの台本にあったか?)

コニー「お風呂に入って男子が一番驚いたのは」

男子全員「ベルトルトくんの、ちんちん!」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 01:42:46 ID:rOyPLAgQ

ベルトルト(ぶほお!何言ってるのみんな!?聞いてないよ!?)

ライナー「ベルトルトくんのちんちんはその体躯に違わずとっても大きくて」

ベルトルト(ライナーー!君まで何を言ってるんだ!?)

男子全員「ズル剥けでした!」

ベルトルト(ぶっほおおお!この場でそんな大声で言うことじゃないだろおおお!何やってくれてんのおおおお!?)

クスクス

ベルトルト(ハッ女子が笑ってる。っていうかアニまで笑ってる!?やめて!やめてー!)

ジャン(可哀想だな、ベルトルトのヤツ)

マルコ「そしてベルトルトくんのちんちんをみたジャンくんの」

ジャン(は!?俺にまでくるのかよ!関係ねえだろ!?)

エレン「普通だ…これが現実ってもんだろうな…オレは夢か幻でも見ようとしてたのか?オレは知ってたハズだ、現実ってやつを普通に考えれば簡単にわかる、こんなチンコがでけぇヤツには勝てねぇってことぐらい…」

コニー「って感じの絶望しきった表情」

アルミン「僕たちは」

男子全員「一生忘れません!」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 01:43:30 ID:rOyPLAgQ

ジャン(忘れろやあああああ!?何言ってんだてめえらはあああ!?)

クスクス

ジャン(チクショウ、俺まで笑いものにされてるじゃねえか、ミカサは!?ミカサはどんな反応を!?)

ジャン(あ、何の反応もしてない。全然興味なさそう。よかった。いや、よかったのか?哀しい。空しいな)

7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 01:44:22 ID:rOyPLAgQ

ミーナ「女子のお風呂でも色々な事件がありました」

クリスタ(え?なにそれ?聞いてないよ?)

アニ「入団式のときから」

ミカサ「その可憐さで」

サシャ「一際輝きを放ち」

ハンナ「男子を魅了していた」

ユミル「クリスタちゃんの」

女子全員「乳首!」

クリスタ(えええええええええええ!?)

ミーナ「見た目の清純さからは考えられないほど」

アニ「おっきくて」

女子全員「真っ黒でした!」

クリスタ(やめてえええええええ!?なんでそんなこというのおおおおお!?)

8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 01:44:52 ID:rOyPLAgQ

ニヤニヤ

クリスタ(あ、なんか男の子が変な目で私のほうみてる…!恥ずかしいよお…!)

ミカサ「クリスタちゃんの」

サシャ「みためと」

ユミル「乳首の」

ハンナ「ギャップに衝撃を受けた私たちは」

アニ「しばらくの間」

ミーナ「クリスちゃんのことを」

ミカサ「陰で堕天使と呼んでいました」

クリスタ(そんな風に呼ばれてたの!?)

アニ「クリスタちゃん」

女子全員「本当にごめんなさい!」

クリスタ(やめてえええ!っていうかみんな申し訳ないと思ってないよね!?申し訳ないって気持ちが少しでもあるならこんなことしないよね!?)

9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 01:45:51 ID:rOyPLAgQ

クリスタ(いいよ、みんながその気なら私だってその気になっちゃうよ。いきなり私に矛先をむけられてビックリしたけど私だってイタズラに誘われてるんだから)

エレン「そして四月といえば忘れられないイベントがもう一つあります」

ミカサ「それは104期生の皆で楽しんだ」

全員「ジャンくんの誕生日パーティ!」

ジャン(え?やってないけど?3年間で一度もそんなことやってもらった覚えないけど?)

マルコ「ジャンくんの誕生日だけど」

クリスタ「あえて主役のジャンくんを呼ばないというサプライズにより」

全員「とっても楽しいパーティになりました!!」

ジャン(呼べやああああああああああ!?)

ジャン(なんだそれ、何にもサプライズになってねえよ、俺がいない俺の誕生日パーティって単なるパーティじゃねえか!そしていじめじゃねえか!?)

10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 01:46:24 ID:rOyPLAgQ

アニ「このパーティがきっかけで少しずつみんな打ち解けていくことができるようになしました」

ジャン(俺は全然そんなことなったけどな!?むしろ今溝ができた気がするけどな!?)

ライナー「あまりに楽しかったのでジャンくんを呼ばないジャンくんの誕生日パーティは毎年恒例のイベントになりました」

ジャン(通りで俺の誕生日前になるとみんなソワソワしだすと思ったよ!その様子を見るたびにもしかして…って期待してたよ!そして当日になったら訓練所に俺以外誰もいないんだもんな!泣きたくなったわ!)

アルミン「二年目からはわざとパーティの準備をしてるところをジャンくんにみつかって」

サシャ「何をしてるのかと聞かれたら、なんでもないよ、と隠してジャンくんにちょっと期待させて当日にがっかりさせるという遊びも入れました」

ジャン(わざとだったのかよ!ふざけんなテメエら!俺の純情を返せ!)

ミカサ「ジャンくんの誕生日のおかげで皆が仲良くなれました」

ジャン(ミカサ…)

全員「ジャンくん、本当にありがとう!」

ジャン(いや、やっぱ納得はできねえな!)

24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/07(土) 18:37:48 ID:MyDW6Ywc

ユミル「新しい仲間との生活の始まりであった4月が終わり」

クリスタ「私たちは無事に5月を迎えることができました」

ジャン(やっと台本に戻ってきたか…クソ、好き放題やりやがって…!)

ミーナ「そこではじめて行われた」

全員「立体機動訓練!」

エレン「立体機動装置は」

ミカサ「私たちが思っていたよりも」

ジャン「速く、バランスも不安定なもので」

アルミン「初めてのときは怖くてたまりませんでした」

マルコ「でも、この立体機動装置をつけたときの」

ライナー「これで兵士に近づいたという実感と感動」

ベルトルト「僕たち」

アニ「私たちは」

全員「一生忘れません!」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/07(土) 18:38:18 ID:MyDW6Ywc

ユミル「そして訓練が始まる直前に」

クリスタ「大丈夫俺はできるあんなに立体機動について勉強したじゃないか絶対できるできないはずがないこれができなきゃ憲兵団になれないんだだから絶対にできるんだできる俺はできる絶対できるできなきゃ嘘だできないなんてありえないんだ」

ダズ「などと呟いていた」

全員「不安と絶望と焦燥に彩られた表情をしたジャンくん!」

ジャン(あああああまた俺かよおおおおおお!?黒歴史じゃねえかあああああ!)

マルコ「僕たち」

ハンナ「私たちは」

全員「やっぱり一生忘れません!」

ジャン(だから忘れろおおおおおお!!)

エレン「あとついでに」

ミカサ「初めての訓練が思ったよりうまくいって」

マルコ「調子に乗ってみんなに自慢しまくっていたときの」

全員「完全に自惚れきったジャンくんの表情!!」

全員「これも一生忘れません!!」

ジャン(忘れてくれーーーーーー!!っていうか俺のターン長すぎだろチクショウ!!)

26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/07(土) 18:40:16 ID:MyDW6Ywc

アルミン「6月、皆で励ましあい助け合いながら進んでいった」

全員「行軍訓練!」

フランツ「一人だったらきっと達成できなかった」

トーマス「けど、皆のおかげでゴールにたどり着くことができました」

ミリウス「辛かったけど、仲間の大切さを実感できた訓練でした」

アルミン「そして中でも特にみんなを支えてくれた」

全員「ライナーくん!」

ライナー(俺の番か、まあいい。俺もジャンとベルトルトのヤツには加担したからな、覚悟はしておくさ)

エレン「ライナーくんは」

ミカサ「時に厳しく」

マルコ「時に優しく」

ベルトルト「僕たち皆を叱咤激励してくれました」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/07(土) 18:41:09 ID:MyDW6Ywc

サシャ「言葉に力なんてないと思っていたけど」

コニー「あのときのライナーくんの言葉は」

アニ「確かに、僕たちに前に進む力を与えてくれました」

ライナー(よせよ。兵士として当然のことをしたまでだ。っていうかなんだ折角覚悟したのに、これだけなのか?)

クリスタ「ライナーくん」

全員「本当にありがとう!」

ライナー(だから俺は兵士と当然の……クソ……面映いな…)

ジャン「だけど」

アルミン「幾ら励ます為とはいえ男子に声をかける度にお尻にタッチするのは」

全員「よくないと思います!」

ライナー(そうきたかああああああ!油断したあああああ!?)

フランツ「僕たちはなんと思わないけど」

エレン「入る兵団によっては問題にされたりすることもあるだろうから」

全員「ライナーくん、気をつけてくださいね!」

ライナー(なんだその半端な優しさはああああ!?俺がホモだって前提を勝手に決めてその上で勝手に受け入れて優しくする感じか!?違うからな!!)

41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:13:24 ID:RF8yMiLM

アルミン「だんだんと訓練にも慣れてきた七月」

ベルトルト「そんな中で皆の目をひく事件がありました」

ジャン「それは」

全員「エレンくんとライナーくんひっくり返り事件!」

マルコ「対人格闘訓練中に」

サシャ「あの目つきが悪くて好戦的なエレンくんと」

コニー「とってもガタイのいいライナーくんを」

トーマス「なんでもないような顔でひっくり返した」

全員「レオンハートさん!」

アニ(ん?)

42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:15:13 ID:RF8yMiLM

クリスタ「小柄なレオンハートさんが」

アニ(待って、今までみんな名前+くん付けがちゃん付けだったよね?何で私だけ苗字+さん付け?)

ユミル「男の二人をあっさり倒す様は」

アニ(なんで私だけ他人行儀?いや、そりゃ私はそこまでみんなと積極的に関わったりはしなかったけどさ、ジャンの誕生日パーティーとかでみんなと仲良くしたつもりだったんだけど)

全員「とってもカッコよかったです!」

アニ(カッコよかったって思ってくれるなら私のこともちゃん付けで読んでくれていいんだよ?アニちゃんって読んでいいんだよ?いや、別に寂しいわけじゃないんだけどね)

ミーナ「レオンハートさんは最初は少しとっつきにくところもあったけど」

アニ(ミーナまで!?あんた今まで普通にアニって呼んでくれたじゃないか!あれは演技だったの?ホントはレオンハートさんって距離感だったの!?)

ミカサ「一緒に話したり訓練をしているうちに、ホントはとっても優しい女の子だということがわかってきました」

アニ(わかってるならなんでレオンハートさんって呼ぶの!?アニちゃんでいいじゃん!レオンハートさんって全然打ち解けられてる風じゃないじゃん!)

43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:17:10 ID:RF8yMiLM

エレン「僕もレオンハートさんに格闘術を教わることで、技術だけでなく兵士としての心構えを学ぶことができました」

アニ(エレンも!?いや、私達もう少し仲良かったよね!?そんなレオンハートさん、イェーガーさんで呼び合うようなビジネスライクな関係じゃなかったよね!?)

ライナー「レオンハートさん」

アニ(なんであんたまで苗字呼びなんだよ!ちょっといい加減なんか寂しくなってきたよ私!)

クリスタ「卒業して離れてしまっても」

ジャン「僕たち」

ユミル「私達と」

全員「ずっと友達でいてくださいね!」

アニ(だから友達の距離感じゃないよね!?レオンハートさんって!他人か、よくても友達の友達ぐらいだよね!?)

アニ(ああ……別に友達なんていらないって思ってたのに……なんでだろう……すっごく傷ついたような気がする……)

ライナー(うむ、アニはこういう責め方のほうがダメージを受けやすいだろうと思っていたが…計算どおりだな…)

ベルトルト(ライナーがゲス顔をしている…)

44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:18:35 ID:RF8yMiLM

エレン「八月、僕たち訓練兵の間である噂が流れました」

ミカサ「それはにんにくを摩り下ろして頬に塗りたくると」

ジャン「そばかすが治るというものでした」

アニ「その噂が流れてからというもの」

ライナー「休日になると」

ユミル(あ、ヤバイ)

ミーナ「トロスト区で」

ベルトルト「八百屋のにんにくを買い占めて回る」

全員「ユミルちゃんの姿が目撃されるようになりました!」

ユミル(やっぱりなああああああちくしょーーーーー!)

ユミル(いや、落ち着け。これは何にも恥ずかしいことじゃない。私だって一応女なんだ。そばかすを治したいと思うぐらい全然普通さ。そう何も問題はないさ。恥ずかしいことなんてない)

45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:19:44 ID:RF8yMiLM

ミカサ「ユミルちゃんは私達隠れてこっそりケアしてつもりだったと思うけど」

アニ「にんにくを摩り下ろして頬に塗りたくったりすれば」

クリスタ「当然凄いにおいがするのでぶっちゃけ丸わかりでした!」

ユミル(あ、どうしようやっぱり恥ずかしいかも)

サシャ「にんにくのにおいをぷんぷんさせながら」

ミーナ「クリスタちゃんに抱きついたり」

ハンナ「普段どおりのがさつな態度をとったりする姿は」

女子全員「申し訳ないけど同じ女性だとは思えないものでした!」

ユミル(あ、ダメだ!やっぱり恥ずかしい!誰か私を殺してくれ!)

46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:21:14 ID:RF8yMiLM

ユミル(いや、大丈夫。まだ大丈夫だ。実際あれのおかげで少しそばかすがマシになったしな。無駄な努力じゃなかったんだ。私は女として私のできることをしただけなんだ」

アルミン「そして僕からユミルちゃんに謝らないといけないことがあります」

ユミル(あ?)

アルミン「ごめんなさい!」

アルミン「にんにくを摩り下ろしてそばかすに塗りたくっても別にそばかすは治りません!」

ユミル(はあ!?)

アルミン「あれは訓練兵生活に疲れた僕がつい流してしまったデマカセです!」

ユミル(はあああああああああああああ!?)

アルミン「にんにくを食べれば少しは肌にいいけど塗りたくってもくさいだけです!」

ユミル(いや、でもあれをはじめてから実際少しマシになったし!)

47 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:22:07 ID:RF8yMiLM

アルミン「もし、ユミルちゃんが今そばかすがマシになったと思っているなら」

アルミン「それはプラシーボ効果か単なる気のせいです!」

ユミル(ふっざけんなよ!この頭デッカチの金髪もやし劣等生がああああああ!私の乙女心を弄んでるんじゃねえぞおおおおお!!)

クリスタ「っていうか、間違いなく気のせいです。一番ユミルと接してきた私が保証します」

ユミル(クリスタあああああああああ!?何言ってくれてんのおおおおお!?何私に残された希望を容赦なく踏みにじってくれてるのおおおお!?)

エレン「ユミルちゃん」

ミカサ「アルミンくんもこのようにしっかり反省しています」

マルコ「ユミルちゃんには少しショックだったかもしれないけど」

全員「どうかユミルちゃんもアルミンくんを許してあげてください!」

ユミル(いや、昔のことだしな、ちゃんと調べなかった私も悪いしな)

ユミル(別に今更怒りはしないさ……なんてなるかボケエエエエ!)

ユミル(式が終わったら憶えてろよチクショウ!私のなけなしの乙女心を弄んだ罪はきっちり償ってもらう!)

71 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/01(水) 13:00:46 ID:n./M/lUs

ライナー「そして九月には」

ベルトルト「休日を利用して」

ジャン「同期の皆で」

マルコ「芋掘り遠足に行きました」

アルミン(あ…これ聞いてない…ついに僕の番が来ちゃったか…)

アルミン(うーん、僕何やったっけな?この頃は色々といっぱいいっぱいだったからなあ、あんまり記憶がないんだよね)

サシャ(あー、ありましたね、そんなこと)

ユミル「兵舎近くの農家の方の協力で」

クリスタ「畑の芋を取り放題食べ放題!」

*兵団からお金は出ています

ミカサ「そんなイベントで一番張り切っていたのは」

アニ「やっぱり」

全員「サシャちゃんでした!」

72 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/01(水) 13:02:20 ID:n./M/lUs

アルミン(あー、そうだろうね。この手のイベントでサシャが燃えないわけないよね)

エレン「野生の勘というものなのか」

フランツ「サシャちゃんの掘りだす芋は」

ハンナ「誰のものよりも大きく」

ミーナ「美味しそうなものばかりでした」

コニー「そしてサシャちゃんは畑をやたら走りまわったり」

ジャン「人の芋を奪ったり」

ライナー「芋を食べ過ぎて喉をつまらせたりと」

ベルトルト「もうホントにやりたい放題でした!」

サシャ(あはは……)

73 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/01(水) 13:03:25 ID:n./M/lUs

マルコ「でも」

ダズ「サシャちゃんが」

トーマス「あんまり楽しそうにしていて」

サムエル「そしてあまりにも美味しそうに芋を食べるものだから」

ミリウス「一緒にいる僕たちまで」

ミカサ「とっても幸せな気持ちになりました」

クリスタ「サシャちゃん」

全員「本当にありがとう!」

サシャ(えへへ……なんだか照れちゃいますね)

74 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/01(水) 13:04:08 ID:n./M/lUs

アルミン(楽しそうだなあ、僕もちゃんと覚えてたらよかったらよかったんだけどなあ)

アニ「そして」

エレン「サシャちゃんが作ってくれた」

ライナー「その楽しい雰囲気を」

ユミル「一気にぶち壊しにかかってくれたのが」

全員「アルミンくんでした!」

アルミン(僕!?)

アルミン(え、僕なにやらかしちゃったの!?)

ベルトルト「その時アルミンくんは」

コニー「誰ともしゃべらず、黙々と芋を掘っていました」

75 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/01(水) 13:05:15 ID:n./M/lUs

クリスタ「だけど」

ジャン「サシャちゃんの次位に一生懸命芋を掘っているのに」

マルコ「アルミンくんは一向に芋を食べようともせず」

ダズ「芋を掘りだしてはその場に置いていました」

フランツ「そんなことを何度も何度も繰り返したあと」

エレン「アルミンくんは」

ミカサ「何個かの芋を持って」

ライナー「サシャちゃんの方に歩いて行きました」

ベルトルト「そしてアルミンくんがこれをお食べと言って差し出した芋は」

全部「全部!おちんちんにそっくりでした!」

アルサシャ(えええええええええええええええ!?!?!?!?)

アルミン(いくら疲れてたとはいえ何やってるの僕!?馬鹿じゃないの!?)

サシャ(え、え、え、え、え、え!?あ、あ、あれってえ?男の人の……えと……それに……///そっくりだったんですか!?)

76 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/01(水) 13:05:59 ID:n./M/lUs

フランツ「屈託のない笑顔でお礼を言うサシャちゃんとは対照的に」

ハンナ「サシャちゃんに芋を渡すアルミンくんの顔は」

全員「とってもゲスかったです!」

アルミン(死ね!死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね!2年前の僕死ね!)

サシャ(アルミンが何か変な顔をしてるとは思ってはいましたけど…そういうことだったんですね……)

ライナー「そのあともアルミンくんは」

ベルトルト「芋への感謝をしめすためにもお芋さんに頬ずりしてあげないとね、とか」

アニ「こんなにおっきくなってえらいですね、って言いながらなでなでしてあげて、とか」

クリスタ「まず芋を綺麗にするために舌でペロペロしてあげようね、とか」

ユミル「この芋は先端を口に思いっきり頬張って前後に動かしながら食べるのは一番おいしいんだよ、とか」

全員「もう本当にやりたい放題でした!」

アルミン(やあああああめえええええてええええええ!?何やってるの!?ホント何やってるの僕!?)

アルミン(馬鹿じゃないの!?馬鹿じゃないの!?散々やらかしておいてその光景を覚えてないとかホント馬鹿じゃないの!?)

77 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/01(水) 13:06:55 ID:n./M/lUs

ミーナ「そしてそんなアルミンくんのゲスな要求に」

ハンナ「とってもいい笑顔で応えるサシャちゃん!」

エレン「あの時の場の空気は」

全員「今でも思い出したくありません!」

アルミン(だったら言わないでよおおおおおお!?何やってるんだよ、君たちはああああああああ!?)

サシャ(うう……私……気付かないうちに、なんだか恥ずかしいことをさせられていたんですね…)

サシャ(もうお嫁にいけません……)

ミカサ「アルミンくん」

アニ「訓練兵団を卒業したら」

クリスタ「色々とそういうものに触れる機会も増えると思いますが」

全員「エロスはほどほどにしてくださいね!)

アルミン(違うんだってばああああ!?僕はエロスなんじゃなくて…!あの頃はもうホント色々と限界で……もう……チクショオオオ!?)

95 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 19:49:37 ID:gMuabo/E

エレン「10月」

ミカサ「私たちにとって」

サシャ「初めての中間考査がありました」

アニ「考査の前は」

ライナー「皆で試験勉強をしたり」

ベルトルト「実技のアドバイスをしあったり」

マルコ「皆で助け合うことができました」

ダズ「試験前は緊張でいっぱいで」

トーマス「逃げ出したいと思うこともあったけど」

ミリウス「皆で助け合ったこと、励まし合ったこと」

ミーナ「愚痴を零しあったこと」

コニー「それらを含めて」

アルミン「今では、いい思い出です」

ジャン(ヤバいな、これは)

96 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 19:50:08 ID:gMuabo/E

エレン「でも一番の印象に残っているのは」

ミカサ「試験の2週間前から連日繰り広げられていた」

ジャン(やめろやめろやめろやめろやめてー!)

全員「ジャンくんの勉強していないアピール!」

ジャン(チクショオオオオオオーーーーーーー!)

アニ「その頃のジャンくんは」

ライナー「食堂や朝の教室など」

ベルトルト「皆が集まっている場所に来るたびに」

コニー「っべー、全然勉強してねーわー、クッソー、全然勉強してねーわー、ちょっと実家のアレとか色々重なって全然勉強とか自主練とかできてねーわー、っべー試験前なのにマジやっべー」

サシャ「などとのたまうのが習慣になっていました」

97 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 19:50:59 ID:gMuabo/E

ユミル「ヤッベーよ、マルコ、俺時間無くて全然勉強できてねえよ、あー、マジヤバいわ。全然勉強できてねえわ、時間が足りなくてよお」

クリスタ「と、ジャンくんに話しかけられるたびに」

アルミン「凄く困ったような顔をしていたマルコくんを」

トーマス「僕たち」

ミーナ「私たちは」

全員「忘れられそうにありません!」

ジャン(やめろー!恥ずかしいから!すっげえ恥ずかしいから!)

ジャン(っていうかまた俺かよ!クリスタとかベルトルトとか1回だけなのになんで俺だけ3回も食らってるんだよ!)

マルコ「でも、僕たちは知っています」

ジャン(お、おお、フォローをしてくれるのか、マルコ!)

ミリウス「全力で勉強していないアピールをしていたジャンくんだけど」

ナック「本当は夜中にこっそり起きて」

全員「誰にも見つからないように隠れて勉強していたことを!」

ジャン(クソがああああああああ!)

ジャン(フォローじゃねえじゃねえか!恥の上塗りじゃねえかこのくそったれがあああ!)

98 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 19:51:44 ID:gMuabo/E

コニー「そして試験結果が発表されて」

エレン「あっちゃー、全然勉強とか自主練とかしてねえのに上位10人に入っちまったよー、全然勉強してなかったのによー、これちゃんと勉強する時間があればもっと上にいけたのかもしれねーなー、クッソもったないことしたぜー」

ミカサ「などど皆に自慢している時の」

アニ「ジャンくんのドヤ顔」

全員「とっても微笑ましかったです!」

ジャン(うるせえ!)

ライナー「ジャンくん」

全員「勉強を頑張った甲斐があってよかったね!」

ジャン(うるせえええええええ!バーカ!チクショウ…バーカ!)

99 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 19:52:22 ID:gMuabo/E

ベルトルト「そして中間考査ではもう一人とても目立っていた人がいました」

サシャ「それは中間考査で」

アルミン「過去最高の成績とたたき出したミカサちゃん」

コニー「ではなく」

アルミン(え!?)

マルコ「ミカサちゃんの幼馴染の」

トーマス「アルミンくんでした」

アルミン(ちょっと待って、え!?そんなフェイントありなの!?)

アルミン(聞いてない、聞いてないよ!?え?もしかしてこれ僕の番になっちゃうの!?)

アルミン(ここはミカサの腹筋ネタじゃなかったの!?)

ナック「普段から見事な座学の受け答えをしていたアルミンくんは」

ミーナ「流石に筆記試験のときは余裕綽綽でこなしていました」

ライナー「しかし、体力に自信の無いアルミンくんは」

アニ「実技試験の直前になって」

ベルトルト「思いっきり手を震わせながら」

100 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 19:52:57 ID:gMuabo/E

コニー「だっ大丈夫だ、こんなのすぐ治まる!し、しかし…まずいぞ、現状では僕に立体機動を完全に使いこなす技術はない!実技に活かす為と頑張って作った技術理論のノートだって結局僕の身体能力の不足で有効活用することはできなかった!立体機動装置を使いこなせない時点で僕は訓練兵団から追い出される、そうなれば開拓地で過労死するのも時間の問題…そもそも…教官はその気になれば…僕たちなんかいつでも赤点にすることができるんだ!」

マルコ「と、物凄くテンパっていました」

アルミン(う、うわあああああああああ!?)

アルミン(ちょ、恥ずかしい!やめて!やめてよ!)

ダズ「アルミンくん」

ユミル「今更遅いかもしれませんが」

クリスタ「一言言わせてください」

全員「落ち着け!」

アルミン(わかってるよ!でも仕方ないじゃないか!初めての実技試験で緊張してたんだから!

101 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 19:53:47 ID:gMuabo/E

ライナー「まず、教官にそんなやりたい放題できるような権限はありません」

アルミン(わかってるよ!)

アニ「それと、最初の考査ではあくまで最低限のことを身についているかの確認なので」

ベルトルト「よっぽどのことがない限り開拓地送りにはなりません」

アルミン(わかってるってば!)

サシャ「何はともあれ」

マルコ「アルミンくん」

全員「中間考査、突破できてよかったね!」

アルミン(あああああああ!?もううるさいよ、チクショー!?)

102 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 19:54:38 ID:gMuabo/E

エレン「11月」

ミカサ「木枯らしが肌に突き刺さる季節になりました」

フランツ「皆が寒さに備えて厚着をしているなか」

ハンナ「一人だけ異質な子がいました」

サシャ「それはコニーくんです」

ライナー「休日に外に出るときは」

ベルトルト「みんなマフラーや手袋をしているのに」

アニ「何故かコニーくんだけは」

全員「いっつも半そでと短パンでした!」

コニー(え?それっておかしいことなのか?)

103 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 19:55:39 ID:gMuabo/E

マルコ「そんな格好で寒くないのか?と聞いても」

トーマス「コニーくんはいつも」

ジャン「へへっ俺は天才から全然寒くないぜ!」

アルミン「と答えるだけでした」

コニー(だって寒くねえし!)

ダズ「コニーくん」

ミリウス「この場を借りて」

ミーナ「当時から皆が思っていたことを言わせてもらいます」

全員「子供か!」

コニー(わかんねえな、寒くなかったら子供なのか?)

アルミン(くそ!わかっていたけど全然堪えてない!)

ベルトルト(コニーは普段からバカやってるし、自分がバカだって自覚が少しあるから)

ベルトルト(ネタは豊富なんだけど、逆にこういう場ではネタにしづらいんだよ!)

ジャン(クソ!俺はあんなに大恥かかされったてのによお!)

104 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 19:56:10 ID:gMuabo/E

エレン「12月」

ミカジャン「」ビクッ

ライナー「12月といえば」

ベルトルト「やっぱりクリスマス」

アルミン「この年は休日とクリスマスが重なったので」

トーマス「みんなで集まってちょっとしたパーティーをしました」

アニ「あんなに大人数でパーティーをしたのは」

コニー「四月のジャンくんの誕生日パーティー以来だったので」

サシャ「パーティーはとっても盛り上がりました」

ユミル「ビンゴ大会や」

クリスタ「みんなで持ち寄ったクリスマスプレゼントの交換会」

全員「どれも大切な思い出です!」

ミカサ(いやだ……あのことに触れられるのはいやだ…)

ジャン(勘弁してくれ…マジで勘弁してくれよ……また俺かよ、俺4回目だぞ、オイ)

105 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 19:56:48 ID:gMuabo/E

フランツ「そして皆が集まったパーティーで」

ハンナ「一際異彩を放っていたのは」

男子全員「ジャンくんと」

ジャン(やめろおおおお!チクショウ!怨むぞ死に急ぎ野郎!)

女子全員「ミカサちゃんでした!」

ミカサ(この世界は…残酷だ…)

アルミン「他の人たちはみんな普段着だったのに」

ダズ「ジャンくんはどこから持ってきたのか」

トーマス「高級そうなタキシードで身を包み」

ミーナ「ミカサちゃんは大人な雰囲気のドレスを身に纏っていました」

エレン「ジャンくんはカッコよかったし」

アニ「ミカサちゃんは可愛くて、キレイだったけど」

ジャン(わかってるから)

ミカサ(わかってるから言わないで)

全員「二人とも、すっごく浮いてました!」

106 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 19:57:19 ID:gMuabo/E

ジャン(うっせええええええ!わかってるって言ってんだろおおおおお!)

ミカサ(こ、これは…辛い…!)

アルミン「ことの発端はライナーくんが皆でクリスマスパーティーを開こうといったことでした」

マルコ「ジャンくんの芋ほり遠足以来」

ベルトウト「みんなで集まって遊ぶということもなかったので」

コニー「僕たちは1、2もなく賛成しました」

サシャ「そして私たちはその場にいなかった人たちにも」

クリスタ「声をかけることにしました」

ユミル「そしてジャンくんとミカサちゃんに声をかけるのは」

ベルトルト「エレンくんということになりました」

ミカサ(エレンは悪くない…わるいのは私…)

107 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 19:58:35 ID:gMuabo/E

トーマス「エレンくんはまずジャンくんを探しに行きました」

ダズ「エレンくんがジャンくんをみつけるとジャンくんから声をかけてきたそうです」

フランツ「なあ、エレン、今度クリマスがあるだろ?恥を承知でお願いをするんだが、なんとか、俺とミカサが(二人きりで)一緒に過ごせるようにセッティングしてくれないか?頼む!この通りだ!」

ハンナ「そしてエレンくんはこう答えました」

エレン「ちょうどよかった。俺もそのことでお前を探してたんだ。お前も(皆が集まるパーティーで)ミカサと一緒に居たいっていうならちょうどよかったな」

ミリウス「ホントか、エレン、お前……いいヤツだったんだな!」

ナック「と、ジャンくんは言ったそうです」

ジャン(ああ、そうだよ!悪いか!その時は本気でそう思ったんだよ!」

エレン「気にすんなって、じゃあ俺はミカサに声をかけてくるからさ。ここで待ってろよ」

ライナー「エレンくんはそう言うと今度はミカサちゃんと探しに行きました」

マルコ「すると、ミカサちゃんもエレンくんを探していたようでエレンくんはすぐにミカサちゃんを見つけることができました」

コニー「ミカサちゃんは言いました」

サシャ「エレン、今度のクリマスなのでだけど……私と一緒に居てくれないだろうか…?」

108 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 19:59:07 ID:gMuabo/E

アルミン「エレンくんの返事はこうでした」

エレン「おお、よかった。俺もクリスマスのことでお前を誘いにきたんだよ」

ミーナ「ホントに?エレンも同じ気持ちだったの…嬉しい」

ダズ「と、ミカサちゃんは言ったそうです」

エレン「家族が大切な日に一緒に過ごすのは当たり前だろ、じゃあ細かい予定が決まったらお前にも連絡するからな」

フランツ「エレンくんはそういうと」

ハンナ「ジャンくんにはミカサがオッケーをくれたと伝え」

ナック「ライナーくんたちは二人ともパーティーに参加したいと言っていたと伝えました」

ライナー「その結果」

ベルトルト「皆で集まる気楽なパーティーに」

マルコ「二人の男女がバリバリの勝負服を着てやってくるという事態が生じてしまいました!」

ミカサ(言わないで…!お願い…!)

ジャン(やめろー!やめろー!チクショー!ダメだ!熱い!熱い!顔真っ赤だチクショウ!)

109 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 19:59:41 ID:gMuabo/E

コニー「パーティーの最中」

サシャ「二人は常に顔を真っ赤にして」

クリスタ「なんだがぎこちない動きをしていました」

ユミル「こんなことを言うのはなんだけど」

全員「とっても可愛かったです!」

ジャン(うるせえ!バーカ!)

ミカサ(お願い、そんな死体にムチを入れるような真似はやめて)

アルミン「ここでエレンくんから二人に言いたいことがあるようです」

110 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 20:00:39 ID:gMuabo/E

エレン「俺が言葉足らずだったせいで、二人にいらない手間をかけてしまったようで」

エレン「本当にごめんなさい!」

ジャン(全くだ!この野郎!マジぶっ殺してやろうかと思ったわ!あの時は!)

ミカサ(エレンは悪くない。エレンは悪くない。悪いのはちゃんと確認しなかった私、そして世界がとても残酷だっただけ)

エレン「でも、ミカサ」

ミカサ(…?)

エレン「あの時のドレス、凄く似合ってたぞ!」

ミカサ(!)

ミカサ(やはり…この世界は…残酷だ……そして……とても美しい…!)

ジャン(……)

ジャン(おい、俺!)

ジャン(俺にはなんかフォローねえのかオイ!)

111 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 20:01:10 ID:gMuabo/E

エレン「一月」

ミカサ「訓練兵になって初めての雪が降りました」

クリスタ「雪が降っていてもコニーくんは普段どおりの格好をしていました」

コニー(寒くねえからな!)

ユミル「雪が降る中での立体機動は」

ライナー「手がかじかみ、視界も悪いという悪条件だったので」

アニ「最初は事故に起こさないように操作するのが精一杯でした」

ジャン「そんな中でサシャちゃんは普通に動けるどころか」

アルミン「宙を舞っている雪を笑顔で食べていたので」

コニー「流石だな、と思いました」

ベルトルト「あといつ教官に怒られるかとてもヒヤヒヤしました」

サシャ(えへへ)

112 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 20:01:47 ID:gMuabo/E

フランツ「雪は何日か降り続け」

ハンナ「営庭が雪で覆われるほどになりました」

ダズ「その雪は休日まで持ったので」

ナック「僕たちは集まって雪合戦をしました」

ミリウス「その雪合戦で大活躍をしたのは」

マルコ「勿論、抜群の身体能力を誇るミカサちゃん」

エレン「ではなく」

マルコ(え!?フェイント!?僕にも!?)

ライナー「普段は落ち着いた性格をしているマルコくんでした」

マルコ(僕、そんなに変なことしたっけかな?)

113 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 20:02:17 ID:gMuabo/E

ジャン「単純な身体能力ではミカサちゃんがぶっちぎりだったので」

サシャ「討伐数ではミカサちゃんが一番でしたが」

コニー「討伐した相手に与えたダメージという点ではマルコくんが一番でした」

マルコ(なんのことだろう?)

ミカサ「マルコくんの作る雪玉はとても特殊なものでした」

アルミン「それはただ他の人より固い雪玉をつくるということでなく」

全員「雪の中に馬糞を混ぜるという恐ろしい兵器でした!」

マルコ(え!?それって普通じゃないの!?)

アニ「馬糞を雪でコーティングし」

クリスタ「投げるときは馬糞が手に触れずに」

ユミル「相手に当たると馬糞が四散するという」

ベルトルト「絶妙な馬糞と雪の量」

トーマス「そして雪の固め方のバランス調整、そしてその製作スピード」

ダズ「マルコくんはまさに」

全員「うんこ雪玉の職人でした!」

114 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/01(土) 20:02:59 ID:gMuabo/E

マルコ(え!?あれって皆できることじゃないの!?)

フランツ「僕たちはマルコくんの雪玉に立ち向かうことができず」

ハンナ「逃げ惑うしかありませんでした」

マルコ(雪玉にうんこ入れるのって、常識だよね?)

ジャン「雪合戦が終わったあと、なんで雪玉にうんこなんか入れたのかマルコくんに聞いてみたら」

エレン「え?だって普通そうするだろ?僕の地元じゃ皆やってたよ」

ミカサ「と言っていたので」

ライナー「あの常識人のマルコがうんこを投げることを躊躇わなくなるなんて」

ベルトルト「幼い頃の環境って怖いっていうか、大事なんだなあと思いました」

マルコ(嘘!?うんこ雪玉っておかしいの!?だからあれから誰も僕を雪合戦に誘ってくれなかったの!?)

サシャ「マルコくん」

コニー「もし、今後雪合戦をする機会があったら」

全員「うんこ雪玉は自重してあげてくださいね!」

マルコ(あ、うん、わかった、ありがとう)

マルコ(でも、あれが常識じゃないって…え、嘘、どうしよう。何か僕が今まで立ってていた常識という足場が崩れていくような感じがする。僕はこれから何を信じて生きていけばいいんだろう)

YUKIKAZE
YUKIKAZE
@YUKIKAZE

Related Articles関連記事

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツは『進撃の巨人』の登場人物で、「始祖ユミル」とも呼ばれている。エルディア人こと「ユミルの民」の始祖となった女性で、光るムカデのような生物と接触したことで彼女は「始祖の巨人」の能力を得たとされている。マリア・ローゼ・シーナという名前の3人の娘達がおり、パラディ島の3重の壁は彼女達の名前から名付けられた。ユミルの死後、巨人化能力は3人の娘達に引き継がれ、さらに子々孫々に脈々と継承されることとなった。

Read Article

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団に所属する兵士長。1人で1個旅団(約4000人)並みの戦力を持つとされ、「人類最強の兵士」として名高い。三白眼と刈り上げた髪型、小柄な体格が特徴で、ブレードを逆手に持って回転しながら巨人の肉を切り刻む戦闘スタイルを好んでいる。性格は冷静沈着で無愛想。スラム出身ということで言動も粗暴である。神経質で潔癖症だが、部下の最期を看取る際には汚れを気にせず手を握るという仲間想いの一面もある。

Read Article

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄。「獣の巨人」の継承者として調査兵団の前に立ちはだかり、高い投擲能力で多くの兵士を殺傷した。「九つの巨人」の継承者で組織されるマーレの戦士部隊のリーダーであり、多くの戦場でマーレに勝利をもたらしてきた。しかしその真の目的はエルディア人の救済であり、全てのエルディア人から生殖能力を奪うことで巨人の力を巡るこれ以上の悲劇を起こらないようにしたいと考えている。

Read Article

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハートとは、『週刊少年マガジン』に連載されている諫山創原作の漫画・テレビアニメ作品に登場する人物である。主人公のエレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団に所属し、卒業後は憲兵団に入団する。口数が少なく感情を表に表さないため、取っ付きにくい印象を与える性格。しかし格闘技に優れており、冷静な判断を下せるため訓練兵団卒業の際は4位の成績を収める実力の持ち主。

Read Article

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で、ユミルの民であることを偽造してマーレ人になりすまし、マーレ治安当局の職員として潜入していたエルディア復権派のスパイである。九つの巨人の一つである「進撃の巨人」の力を身に宿し、通称「フクロウ」と呼ばれている。 ユミルの呪いによって寿命が近い自分の代わりに、グリシャ・イエーガーにエルディア復権の願いを託して壁の中へ行くよう指示した。その後進撃の巨人を継承させる為無垢の巨人化したグリシャに捕食され、スパイとしての任務を果たし、その生涯を終えた。

Read Article

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガーとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の主人公。壁の外の世界に強い憧れを持っており、幼少期から調査兵団に入ることを目指してきた。その想いは、母親を巨人に食い殺されたことで一層強まり、調査兵団に入って巨人を駆逐することを心に誓う。性格は熱血漢で直情的。無鉄砲と思えるほどの勇敢さから、強大な巨人相手にも物怖じせずに向かっていく。命の危機に瀕した際に巨人化する能力に目覚め、人類の自由のためにその力を振るっていくことになる。

Read Article

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスターとは『進撃の巨人』の登場人物で、104期訓練兵団の卒業生。当初は駐屯兵団に所属していたが、ウォール・マリア最終奪還作戦の前に調査兵団に移籍した。「獣の巨人」を倒すための特攻作戦では唯一生き残り、瀕死のエルヴィン団長をリヴァイ達の元へ連れて行った。その後はエレンをパラディ島の救世主として祭り上げる「イェーガー派」の中心人物として、兵団総統を暗殺しクーデターを先導した。

Read Article

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライスとは『進撃の巨人』のキャラクターでマーレの戦士候補生。戦士候補生の同期であるガビ・ブラウンに好意を抱いており、彼女を救うために「鎧の巨人」継承を目指している。内気な性格だが、「悪魔の末裔」と言われるパラディ島の人々に対しても自分達と変わらない人間だと捉える優しい心の持ち主。心的外傷を負った兵士にも親切に接しており、そこでクルーガーと名乗る負傷兵と出会い、交流を深めていく。

Read Article

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で「車力の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成されるマーレの戦士の一員として、数々の戦場で功績を打ち立ててきた。当初は始祖奪還計画に参加せずマーレ本国を守っていたが、850年「獣の巨人」であるジーク・イェーガーと共にパラディ島に上陸する。ウォール・マリア奪還を狙う調査兵団との決戦では後方支援を担当し、負傷したジークと「鎧の巨人」であるライナー・ブラウンの逃走を助けた。性格はマイペースだが、冷静沈着で判断力に優れている。

Read Article

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディスとは『進撃の巨人』の登場人物で第104期訓練兵団の指導教官。スキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられている。元々は第12代団長として調査兵団を率いていたが、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせたにもかかわらず成果を残せなかったことから、自分の無能を悟りエルヴィン・スミスに団長職を引き継がせた。主人公エレンの父親であるグリシャ・イェーガーとは以前から面識があり、彼が消息を絶つ直前に顔を合わせた最後の人物である。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の団員。主人公エレン・イェーガーとはウォールローゼ南区第104期訓練兵団時代の同期である。責任感が強く、リーダーシップもあることから同期の中ではまとめ役を担っていた。しかし、その正体はウォール・マリアを破壊した「鎧の巨人」であり、始祖奪還を目的にパラディ島に送り込まれたマーレの戦士である。正体が判明した後はたびたびエレン達と対立し、始祖の力を巡って死闘を繰り広げていく。

Read Article

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの父。シガンシナ区で診療所を開き街の人々から尊敬を集めていたが、シガンシナ区に巨人が流入した後行方不明となる。失踪直前エレンに巨人化の薬を打ち込み、世界の真実が隠された自宅地下室の鍵をエレンに託した。物語中盤で彼が壁外の世界から「始祖の巨人」奪還のためにやってきた巨人化能力者であったことが明らかとなる。

Read Article

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリスとは『進撃の巨人』の登場人物で、憲兵団の新兵。アニ・レオンハートとは同期でルームメイト。ウェーブヘアが特徴の少女で、軽薄で不真面目な言動が多い。他の新兵同様安全な内地で楽をするために憲兵団に入ったが、実は機転の利くところがある。アニのことは愛想のない同期だと思っていたが、ストヘス区の戦闘以降行方不明になったことを心配しており、アニの正体が「女型の巨人」であることを知って大きなショックを受けていた。同期のマルロ・フロイデンベルクに好意を持っているが、マルロ本人は気づいていない。

Read Article

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツとは『進撃の巨人』の登場人物。主人公エレンの父親グリシャの前妻で「獣の巨人」ジークの母。その正体はフリッツ王家の末裔。ストーリー上、巨人の歴史と王家の情報を語る重要な役割を持つ。パラディ島に移住することを拒みマーレに留まった一族は、代々巨人の情報を隠し持っており、その末裔であるダイナはエルディア復権派と共に始祖の巨人の奪還を企てるが、計画は息子ジークの密告により失敗。ダイナは巨人化後、グリシャの後妻であるカルラを捕食する。最期はエレンの持つ座標の力で巨人の群れに喰われた。

Read Article

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルトとは『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。金髪ボブカットの中性的な外見を持つ。大人しいが芯の強い勇敢な性格で探求心が強い。祖父の影響で人類はいずれ壁の外に出るべきだという思想を持っており、エレンが外の世界に憧れるようになったのもアルミンの影響である。小柄で身体能力は低いものの、知能や判断力はずば抜けており、エレンや調査兵団の窮地をその知略で度々救っている。

Read Article

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物で、中央第一憲兵団対人立体機動部隊の隊長。かつて「切り裂きケニー」の異名を取った大量殺人鬼だったが、ウーリ・レイスとの出会いを経て現在は中央第一憲兵団に所属し対人戦闘を専門とする部隊を率いている。リヴァイ・アッカーマンの育ての親であり、彼に戦闘技術を教えた人物でもある。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、対立した調査兵団を大いに苦しめた。

Read Article

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団第13代団長である。調査兵団は人類の生存圏を広げることを目的とし、日々巨人との死闘を繰り広げている。その類まれなる頭脳と判断力から大きな功績を挙げているが、目的のためなら手段を選ばない非情さから「悪魔的」と称されることもある。彼の真の目的は世界の真実を解き明かし、「人類は王家によって記憶を改竄された」という父の仮説を証明すること。人類最強と称されるリヴァイ兵士長を調査兵団に入れたのも彼である。

Read Article

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマンとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。本作のヒロイン的ポジションで、幼い時にエレンに助けられた経験から、彼を守ることを自分の使命だと考えている。驚異的な身体能力を持ち、トップの成績で訓練兵団を卒業。実戦でも1人で複数の巨人を討伐する実績を残す。性格は寡黙で口下手だが、エレンのこととなると取り乱す一面もある。物語後半において、母方の祖先が東洋にあるヒィズル国将軍家だったことが明らかになった。

Read Article

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で、「マーレの戦士」候補生。天真爛漫で型破りな性格で、憧れの従兄であるライナーから「鎧の巨人」を継承するため日夜訓練に励んでいる。パラディ島のエルディア人を悪魔の末裔として強く憎んでおり、彼らを皆殺しにして自分達善良なエルディア人を収容区から解放することを願っていた。しかし成り行きでパラディ島に渡ることとなり、そこで出会った人々との交流からガビの考え方は変化し始める。

Read Article

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタインとは『進撃の巨人』の登場人物で、調査兵団に所属する兵士。第104期訓練兵団を6番で卒業した。自己の保身を第一に考える現実主義者で、思ったことを率直に言い過ぎる性格からたびたび主人公のエレン・イェーガーと対立していた。当初は巨人の脅威から逃れるために内地への配属を希望していたが、友人のマルコ・ボットが戦死したことで考えを大きく変え、調査兵団に入団する。入団後は持ち前の現状把握能力を活かして同期のまとめ役として活躍した。

Read Article

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイスとは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。壁内人類の真の王家であるレイス家当主。実質的には壁内での最高権力者である。ウーリ・レイスの兄であり、フリーダ・レイスやヒストリア・レイスの父親。正妻との間に5人の子がいたが、当時使用人として働いていたアルマとも関係を持ち、ヒストリアが産まれたことにより、事実的には子供は6人。だがグリシャにより正妻との間の子は皆殺されてしまい、生き残っている子供はヒストリアただ1人である。

Read Article

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団所属のベテラン兵士。初登場時は分隊長だったが、後にエルヴィン・スミス団長の後を継いで調査兵団第14代団長に就任する。ゴーグル(平常時は眼鏡)を着用し、茶髪を無造作に1つにまとめた中性的な外見をしている。明るく聡明な人物だが、巨人に対する情熱は人一倍で変人揃いの調査兵団内でも特に異彩を放っている。ウォール・マリア最終奪還作戦以降は左目を負傷したことから眼帯を着用している。

Read Article

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナとは『進撃の巨人』の登場人物で反マーレ派義勇兵の中心人物。マーレに滅ぼされた国の出身で、「獣の巨人」継承者で王家の血を引くジーク・イェーガーの信奉者として活動し、パラディ島の近代化に大きく貢献した。ジークの提唱する「エルディア人安楽死計画」達成のためなら寝食を共にした仲間すら殺害する冷酷な性格の女性。しかし実際にはマーレの被害者というのは虚偽であり、「世界を救う英雄」に憧れているだけのごく一般的なマーレ人である。

Read Article

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ(ヒストリア・レイス)とは、諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物。第104期訓練兵団卒業生であり、主人公エレン・イェーガーは同期の1人。小柄で温厚、思いやりのある可愛らしいアイドル的な存在として登場する。同期のユミルと仲が良い。成績10位以内に入っているが、実際はユミルからその座を譲られただけで身体能力は人並みである。本名はヒストリア・レイスといい、壁内世界の真の王家の末裔であることが後に発覚する。

Read Article

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の兵士。坊主頭が特徴で、小柄な体格を生かした小回りの利く機動を得意としている。バランス感覚にも優れ104期訓練兵団を8番の成績で卒業したが、少々頭の回転が鈍く同期達からはバカ扱いされている。同期のサシャ・ブラウスとはバカ同士気が合うようで、よく訓練中に2人でふざけていた。当初は憲兵団を志望していたが、主人公のエレン・イェーガーに感化され調査兵団に入団を決めた。入団後はムードメーカーとして活躍する。

Read Article

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガトとは『進撃の巨人』の登場人物でマーレ軍エルディア人戦士隊隊長。後にマーレ上層部が全滅すると元帥に就任した。ジーク・イェーガーやライナー・ブラウンら「マーレの戦士」達を選抜し育て上げた人物でもある。性格は厳格で戦士候補生に対する態度も威圧的だが、大多数のマーレ人とは異なりエルディア人に対する差別感情は薄く、部下たちを1人の人間として尊重している。現状認識能力に優れ、始祖奪還作戦を数人の子供に託すマーレ軍上昇部の正気を疑っていた。

Read Article

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウスとは「進撃の巨人」シリーズの登場人物であり、主人公エレン・イェーガーと同じ調査兵団に所属している女性。頭はあまり良くないが、並外れた身体能力と勘の良さは周囲からも認められている。狩猟を生業とする村の出身であるため、食べ物には目がなく食料庫からよく盗みを働いていた。方言で話すことに抵抗があるため他人には敬語で話す。天真爛漫で非常にマイペースな性格の持ち主である。

Read Article

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団団員。第104期訓練兵団を3位で卒業し、どの分野でもそつなくこなすことができる優秀な人物である。ただし優柔不断で判断を他人に任せる傾向があり、積極性に欠けることから他の同期と比べると少し影が薄い。その正体は、ウォール・マリア陥落の主因となった「超大型巨人」であり、始祖奪還作戦のために大国マーレから派遣された「マーレの戦士」の1人だった。任務を達成し故郷に帰ることを切望していたが、結局その願いは叶わず異国の地で命を落とすこととなる。

Read Article

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアードとは『進撃の巨人』の登場人物で「顎の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成される「マーレの戦士」の一員として、「顎の巨人」の持ち味である硬い顎と牙や俊敏性を活かし数々の戦場で活躍している。戦士候補生時代の同期であるライナー・ブラウンとは「鎧の巨人」継承権をめぐって争ったライバルだった。自分ではなく能力の低いライナーが「鎧の巨人」継承者として選ばれたことや、兄のマルセルがライナーをかばって巨人に食われたことから、ライナーに対して悪感情を抱いている。

Read Article

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、レイス家の長女。黒髪で青い瞳を持つ。レイス家当主のロッド・レイスとその正妻の第1子として生まれた。表向きは地方の貴族として振る舞っているが、実際は壁内の真の王家の末裔。レイス家に代々引き継がれている特別な巨人能力を叔父のウーリ・レイスから引き継ぎ、宿している。本人の飾らない性格は多くの者から慕われており、妾の子である異母妹ヒストリアにも姉として優しく接していた。

Read Article

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシスとは『進撃の巨人』の登場人物で駐屯兵団の司令官。スキンヘッドと口ひげが特徴の年配の男性。巨人との戦いの最前線である南側領土の最高責任者として、果断な指揮を振るい人類を守り抜いてきた。人類の勝利のためなら成功率の低い作戦でも取り入れる柔軟な判断力の持ち主だが、飄々とした言動や戦場でも酒を持ち歩く姿勢から「生来の変人」としても知られている。トロスト区攻防戦では巨人化したエレン・イェーガーによる穴の封鎖作戦を採用し、人類の勝利に貢献。兵団によるクーデターの際も大きな役割を果たした。

Read Article

目次 - Contents