【進撃の巨人】現代に生まれし、我が名はサシャ・ブラウス【厳選名作SS】

進撃の巨人の厳選名作SSを掲載しています。今回は現代に転生した104期のお話です。生まれ変わっても食いしん坊なサシャは、友達の家に上がり込んではご飯を食べさせてもらうのでした。ほのぼのした104期の様子をお楽しみください。

現代に生まれし、我が名はサシャ・ブラウス

1 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/06(土) 00:15:17 ID:BO5upmPs
サシャ(95㎏)「……ゲフッ」

あと頼んだ

2以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/06(土) 00:31:02 ID:XKbrWLAI

サシャ「こんばんはー」ガチャ

クリスタ「ひぇ!? ど、どどどうしたのこんな時間に」

サシャ「夕飯食べにきました! まだですよね?」

クリスタ「なんだ、今日シチューだけどいい?」

サシャ「わはー! クリスタのシチュー大好きです!」

3以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/06(土) 00:35:20
ID:XKbrWLAI

ユミル「ふぃー、あっつ…」

サシャ「あ、お邪魔してます」

クリスタ「ユミル服着て!」

ユミル「風呂上がりに服なんか着てられるかよー、って…ビール、ビール」

クリスタ「もう、せっかく着替え置いておいたのに…」

ユミル「サシャもビール飲むか?」

サシャ「あ、いただきます」

5以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/06(土) 00:45:43 ID:XKbrWLAI

クリスタ「パンツくらいはいてよ、もう…」

ユミル「あ゛ー……ダル」

クリスタ「サシャ、シチューあっためておいて」

サシャ「はーい」

クリスタ「はぁ…あかちゃんじゃないんだから…」モソモソ

ユミル「あンっ、…あッ」

クリスタ「はい、お尻上げて」

ユミル「優しく……してね?」

クリスタ「……」パァン

ユミル「いっってェ!」

6以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/06(土) 00:52:09
ID:XKbrWLAI

サシャ「ふーんふーん♪」コトコト

クリスタ「ごめんねー」パタパタ

サシャ「いえ、ちょうどあったまってきたところです!」

ユミル「今日はシチューかァ」

サシャ「お腹に紅葉咲いてますよ」

ユミル「愛の証だ、愛の証……なークリスタ?」チュッ

クリスタ「サシャ、お皿出してきてくれる? 私バゲット切るから」

サシャ「はーい」

クリスタ「サシャはいいこだなー」

ユミル「……」

9 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/06(土) 01:05:24 ID:XKbrWLAI

サシャ「私ごはんがいいです」

クリスタ「あれ、そう? じゃあユミル冷凍庫のやつチンしておいて」

ユミル「はいはい」

―――

チーン

クリスタ「はい、冷凍でごめんね」

サシャ「いえいえ!」

ユミル「ほんと図々しいやつだなお前は」

クリスタ「ユミル!」

10以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/06(土) 01:10:49
ID:XKbrWLAI

サシャ「ハァ…ハァ…ッ」

カパッ、ホワァ

クリスタ「シチューかけちゃっていいの? 別によそる?」

サシャ「一緒で! ぜひ一緒で! あと…えと、その」

クリスタ「フフッ、大盛りね」

ユミル「今さら何恥じらってんだこいつ」

サシャ「クリスタ神!女神クリスタ!クリスタ大如来!」

13以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/06(土) 01:18:44
ID:XKbrWLAI

サシャ「は、はぁぁぁ゛ぁぁ゛ぁ……!!」キューグルグルグゴッ

ユミル「うっさ!」

クリスタ「じゃあ、手と手を合わせて」

サシャ「ハァイ!!」

クリスタ「……」

ユミル「……? なんだよクリスタ」

クリスタ「パン一の子にはご飯食べさせてあげません」

ユミル「ハァ!?」

クリスタ「ハァじゃないでしょ! Tシャツくらい着なさい!」

サシャ「ちょっとユミルいい加減にしてくださいよ!」

ユミル「そんで何様のつもりだテメェは!」

14以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/06(土) 01:31:32
ID:XKbrWLAI

――



クリスタ「いただきまーす」

サシャ「いただき!ます!!」パァン!

ユミル「ま~す」

サシャ「ハフグルブシャグオッグォッグォ-!!」

ユミル「汚ねぇな!静かに食えよ!」

クリスタ「フフッ、サシャの食べっぷりは見てて気持ちいいなー」

ユミル「……ハフグルブシャ」

クリスタ「ユミル、こぼしてるからやめて」

ユミル「な、なんでサシャには怒らないんだよ!」

サシャ「食べ物を粗末にしちゃだめじゃないですか、もう」

ユミル「だからお前が! …こぼれてない…だと…?」

15以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/06(土) 01:45:37
ID:XKbrWLAI

――



サシャ「ごち!そう!さま!でし!た!!」パァン!

クリスタ「はい、お粗末さまでした」

ユミル「美味しかったよ、クリスタ」スッ

クリスタ「はいはい」プイ

ユミル「……」ガシッ

クリスタ「!」

ブチュゥウゥウ

クリスタ「っ!っ!」ベシベシ

サシャ「げふー」

16以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/06(土) 01:56:02
ID:XKbrWLAI

――



サシャ「食器洗いお手伝いします!」

クリスタ「サシャはお客さんなんだからいいの、ユミルの相手してて?」

サシャ「わかりました!」

ユミル「鉄拳やろうぜ、鉄拳!」

サシャ「やです」

ユミル「じゃ何すんだよ」

サシャ「今日は耳すまなので耳すま観ます」

ユミル「何回観るんだよ! もう6回以上観ただろ?最後は雫と聖司がセックスして終わりだよ」

サシャ「耳すまはそんな下品じゃないですよ!耳すま耳すま耳すま耳すま!」

ユミル「あーうっせ」

クリスタ「私も観たいな」

ユミル「よし、耳すま観るか」

サシャ「きゃほーぅ!」

17以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/06(土) 02:08:31
ID:XKbrWLAI

――



カーテ-ンヲヒライーテ-

シーズカナコボレビーヲー

サシャ「感動した」

ユミル「感動した」

クリスタ「素敵過ぎる」

ユミル「おいもう11時だぞ」

サシャ「はい?」

クリスタ「それがどうかしたの?」

ユミル「えっ」

クリスタ「えっ」

サシャ「?」

18以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/06(土) 02:19:12
ID:XKbrWLAI

ユミル「い、いや……帰れよ、な?」

サシャ「え?なんでですか?」

ユミル「あめちゃんやるから、な?」グイグイ

サシャ「やめてください! 今ちょうどいい睡魔に襲われムニャムニャ」

クリスタ「別にいいじゃない、泊まっていったって」

ユミル「えー!?」

サシャ「ムニャムニャ」

ユミル「帰れよ! もうお前帰れよ!」

サシャ「なんでですか! なんでそんなに必死なんですか! 教えてください!このYES/NO枕と何か関係あるんですか! 教えてください!」

ユミル「関係あるんだよ! ガキじゃないんだからわかれよ!」

クリスタ「ちょ、ゆゆゆゆゆユミル!?」

20以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/06(土) 02:30:19
ID:XKbrWLAI

サシャ「冗談ですよ帰りますよまったくユミルは本当にアレですね、アレ!」

ユミル「アレってなんだよオイ、アレってなんだ?」

クリスタ「違うから!本当に違うから!勘違いしないでね本当に!」

サシャ「じゃあなんか騒がしくなってきたので帰りますね」

ユミル「おう帰れ帰れ」ソワソワ

クリスタ「本当に違うからね!ユミルがいつも一緒に寝たい寝たいってうるさいから!全然そんなんじゃないから!」

サシャ「おやすみなさーい」

ユミル「おう」

クリスタ「違うからー!」

パタン

サシャ「フゥ-……帰りますかね」

現代に生まれし、その女の名はサシャ・ブラウス――

趣味は友達の家の夕食にありつくことである!!

24以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/06(土) 23:46:49
ID:XKbrWLAI

サシャ「こんばんはー」ガチャ

ライナー「おっ、来たな」

ベルトルト「やあ、こんばんはサシャ」

サシャ「晩飯食わせてもらいに来ました!」

ライナー「おう! 食ってけ食ってけ!」

サシャ「お邪魔しまー…汚なっ!」

ライナー「そうか?」

ベルトルト「だから片付けておこう、って言ったのに」

サシャ「ほんといつ来ても男ッ!て感じの部屋ですねー」

25以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/06(土) 23:52:42
ID:XKbrWLAI

サシャ「今日の晩飯はなんですか? 二郎ですか?」

ライナー「家で二郎作るほどの男道はまだ進んでないな」

ベルトルト「ハハハ……今日の夕食は野菜炒めだよ」

サシャ「……」

ライナー「どうした? 食欲ないのか?」

サシャ「ちなみに誰作ですか」

ベルトルト「ライナーだよ」

サシャ「……ふぃー、お腹いっぱいになりました! それではこれで!」

ライナー「まあまあまてまて」

27以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 00:06:14
ID:lNV.DfjY

サシャ「野菜炒めって! ……野菜炒めって!」

ライナー「ハッハッハ! 相変わらず清々しいまでに図々しいやつだな! だが安心しろ、肉は入るから田舎の母ちゃんがつくりそうな野菜『だけ』炒めじゃないぞ!」

サシャ「……私は期待してたんです、来る度に食べられる、この男臭い部屋にそぐわないよくわからないけどすごく美味いオシャレメシを!」

ベルトルト「あぁー……」

ライナー「お前が来るときはいつもベルトルトが作ってたからな」

ベルトルト「ハハハ……」

サシャ「これがモテ男と非モテ男の違いなんですかね」

ライナー「え、ベルトルトモテてるのか……?」

サシャ「うちの学部にも結構隠れファンみたいなのいますよ?」

ベルトルト「アハハ、背がでかいから目立ってるだけだよ」

サシャ「クゥゥゥゥル! このクールさがモテの秘訣ですね!」

ベルトルト「あ、あはは」

ライナー「うらやましい」

29以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 00:14:03
ID:lNV.DfjY

サシャ「まあそんなに勧めるなら食べていきましょうか……至高の野菜炒めってやつを!」

ライナー「わかったわかった、よっこらせ」

サシャ「じゃあ私はこのちらかった部屋をちょっと片付けておきますかね」

ライナー「おう、頼む」

ベルトルト「僕も手伝うよ」

30以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 00:42:04
ID:lNV.DfjY

――



サシャ「ふんふーん♪」ブイーン

カサッボボボ!

サシャ「?」

サシャ「何か吸っちゃいましたね」カチッ

サシャ「えーっと」ガサガサ

つ未使用コンドーム×5

サシャ「!?」

31以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 00:42:58
ID:lNV.DfjY

ベルトルト「サシャ? どうしたんだい?」

サシャ「きゃっ!やめてください! 私に乱暴する気だったんですね!? エロ同人みたいに!」

ベルトルト「えっ!?」

サシャ「エロ同人みたいに!」

ベルトルト「ええっ!?」

ライナー「どうしたサシャ、女の子みたいな声上げて」

サシャ「ベルトルトにレイ…乱暴されそうになったんです!エロ同人みたいに!」

ベルトルト「い、言いがかりだよ…僕が一体」

ライナー「なんだこれは」つコンドーム

ベルトルト「あっ」

32以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 00:53:49
ID:lNV.DfjY

サシャ「ライナーはもてないのでそれが必要になる機会はありません……よってそれはベルトルトのものです!間違いありません!」

ベルトルト「くっ」

ライナー「まさかお前に論理的な思考ができるとはな」

サシャ「ふふーん、簡単な推理ですよ!」

ライナー「まあ遊んでないでさっさと片付けておけよ、あと少しでできるからな」

サシャ「はーい」

ベルトルト「……」コソコソ

ガシィッ

ベルトルト「ひぃっ!?」

サシャ「それでほんとのところお相手はだれなんですか!? 私の知ってる人ですか!? 教えてください! 私、気になります!」

ベルトルト「知らない知らない!ほんと知らないから!お願いもう離して!」

サシャ「教えてくれるまで離しません!」ギュー

ベルトルト「うわぁっ!」

ライナー「……やれやれ」

33以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 01:15:01
ID:lNV.DfjY

――



ライナー「できたぞー」

サシャ「そ~れそれ」コチョコチョ

ベルトルト「わひひひっひひー…っっ!ゲッホゲホホフヘヘ!」ビクンビクン

ライナー「ほら、飯だ」

サシャ「!、なんだかいい匂いがします!」

ベルトルト「はぁ…はぁ…ゲホっ」

サシャ「わぁー!」

ベルトルト「ライ…ハァ、ナー…」

ライナー「どうした」

ベルトルト「いい加減、下にジャージかスウェットか何か穿きなよ」

ライナー「……気になるか?」

サシャ「いえ、私は別に」グゥー

35以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 01:22:35
ID:lNV.DfjY

ベルトルト「ダメだよ! サシャだって女の子なんだから!」

サシャ「!、そうです! 私だって女の子なんですよ!?」

ライナー「さっきと言ってる事が違うぞ、全く…」

サシャ「だからモテないんですよライナーは、まったくもう」

ベルトルト「待ってるから何か穿いてきな」

ライナー「わかったわかった」

36以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 11:50:24
ID:lNV.DfjY

――



サシャ「いただきまぁす!」パァン

ライナー「おう、食え食え」

ベルトルト「いただきます」

サシャ「ん!? 意外にイケますねこれ」

ベルトルト「でしょ?」

ライナー「同じものはもう二度と作れないけどな」

37以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 11:52:43
ID:lNV.DfjY

野菜炒め:冷蔵庫の余り物が適当に炒められた物。量多し。

ご飯:どんぶり一杯。これも量多し。

味噌汁:普通の大根と油揚げの白味噌の味噌汁。これもまた量多し。

サシャ(キャベツとニンジン、玉ねぎが適当に切られて豚肉とカニカマがこれまた適当に一緒に炒められている…

味付けは味覇とニンニクペーストとオイスターソースか、ウン、なんかいいなぁこういうの

男の子って感じだ

まずくない、まずくないぞ!

夕飯はやっぱりこういう味の濃いおかずでご飯を掻き込むに限る!

味噌汁は…おっ、油揚げと大根かァ

ご飯が進む組み合わせだ)グォッグォッモムッズムッ

サシャ「うぉォン!私はまるで人間火力発電所です!!」

ベルトルト「!?」

ライナー「いきなりなんだお前」

サシャ「この前クリスタの家で観たドラマのマネです」

38以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 12:06:07
ID:lNV.DfjY

ライナー「ク、クリスタの家にも行ってるのか?」

サシャ「結構お邪魔してますよ、昨日も行きました」

ライナー「ほ、ほぅ」

ベルトルト「確かユミルも一緒に住んでるんだよね」

サシャ「二人は仲良しですからね」

ライナー「き、昨日クリスタは何を食べたんだ?」ハァ…ハァ…

サシャ「……なんかキモいですよ、ライナー」

ライナー「ぐっ!? スマン…」

ベルトルト「……昨日サシャは何食べたの?」

サシャ「シチューです!」

ライナー(シチューか……クリスタのシチュー)ハァ…ハァ…

39以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 12:08:34
ID:lNV.DfjY

ベルトルト「美味しかった?」

サシャ「すっごく美味しかったですよ! 野菜がとろとろになるまで煮込まれてて、既製品のルーを使わず小麦粉とバターから作られたクリスタシチューは絶品以外の何物でもないですね!」

ライナー(

俺「ただいま、クリスタ」

クリスタ「お帰りなさい、アナタ! 今日はシチューよ!」

俺「シチューもいいが俺はクリスタが食べたいゾっ」

クリスタ「いやんばかん」

とかいってな)

ライナー「フッ、幸せな新婚生活だな」

サシャ「は? 何言ってんですかライナー」

40以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 12:17:33
ID:lNV.DfjY

――



サシャ「げふー」

ライナー「あ゛ー…食ったな」

ベルトルト「ふぅ」

サシャ「わぁ、お腹がポンポンに膨れてますよ、ホラ」ペロン

ベルトルト「!?」

ライナー「ハッハッハ! 赤ん坊みたいだな!」ポンポン

サシャ「ぐー、苦しいでふ」

ベルトルト「ちょちょちょちょっと! 女の子なんだからそんな簡単にお腹とか出しちゃだめだよ!」

サシャ「えーそうですかね」

ライナー「そんなもんか」

ベルトルト「そうなの、だからほらサシャも服なおして」

サシャ「でもクリスタもユミルもよく家でやってますよ!」

ベルトルト「それは……女の子同士だから、女の子同士はセーフ」

サシャ「えー?」

41以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 12:22:56
ID:lNV.DfjY

ライナー(

クリスタ「みてみてーライナー」

俺「ん?」

クリスタ「えへへ、お腹ポンポンになっちゃった」ペロン

俺「おっ、赤ちゃんがいるみたいだなぁ!」

クリスタ「……私も」

俺「えっ?」

クリスタ「私もそろそろライナーの赤ちゃん……欲しい、な?」



ライナー「フ、フフフ……」ジー

サシャ「……なんかライナーの視線がキモいのでお腹しまいます」

ライナー「!?」

42以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 13:41:44
ID:lNV.DfjY

――



サシャ「ふふーん♪」ジャー、キュッキュッ

サシャ「洗い物終わりましたよ」

ライナー「ああ、すまないな」

サシャ「いえいえ、お茶もいれたのでどうぞ」

ライナー「まるで自分の家のように動くなお前は」

ベルトルト「ありがとう」

サシャ「は~、今日はなんだか疲れました……」

ライナー「風呂洗ってあるからお湯入れながら入っていいぞ」

サシャ「そうですか? じゃお先失礼します」

ベルトルト「着替えならこの前サシャが泊まった時置いていったのが洗濯機の上の棚に入ってるからね」

サシャ「ふぁ~い……あー、ねむ」

ライナー「次俺入っていいか?」

ベルトルト「いいよ」

50以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 23:36:43
ID:lNV.DfjY

――



サシャ「フゥー! いい湯でした!」

ライナー「おっ、出たか」

ベルトルト「はい扇風機」

サシャ「これはありがたいです」

ライナー「じゃあお先に」

ベルトルト「うん」

サシャ「ぁ゛~~」ブーン

ベルトルト「ふぅ、……レポートの続きでもやってようかな」

サシャ「……ぁ~い」ブーン

51以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/07(日) 23:51:28
ID:lNV.DfjY

ベルトルト「……」カチッ

テレビ「ドッワハハハハ」

ベルトルト「……」カチッ

テレビ「……」

サシャ「……」ブーン

――



ライナー「上がったぞー」

ベルトルト「あ、うん」

ライナー「暑いな……サシャ、扇風機貸してくれ」

サシャ「……」

ライナー「……おいサシャ?」ペチペチ

ベルトルト「?」

サシャ「zzz」

ライナー「寝てやがる……」

ベルトルト「えっ」

52以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/08(月) 00:06:52
ID:NHXZXXI.

ベルトルト「ベッド片付けてくる」

ライナー「ああ」

サシャ「zzz」

ライナー「おい、サシャ! 起きろ!」ペチペチ

サシャ「zzz、ムー…」

ライナー「ダメか……仕方ない」

ライナー「よっ」グイッ

サシャ「zzz」チラッ

ライナー「……平常心、平常心、サシャだぞサシャ」

53以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/08(月) 00:14:01
ID:NHXZXXI.

寝室

ライナー『ベルトルト、開けてくれ』

ベルトルト「?」

ガチャ

ライナー「すまん、両手が使えなくてな」

ベルトルト「!、わー」

ライナー「何をしてるんだ?」

ベルトルト「はい、チーズ」ピピッカシャッ

ライナー「おい!」

ベルトルト「『【緊急拡散希望】ライナーがサシャをだっこして寝室に入っていった【緊急拡散希望】』、っと」

ライナー「俺になんの恨みがあってそんな仕打ちをするんだお前は」

サシャ「zzz」スピー

54以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/08(月) 00:20:48
ID:NHXZXXI.

ライナー「まったく……」

ガンッ

サシャ「フム゛ッ……zzz」

ベルトルト「ドアノブに頭ぶつけたけど」

ライナー「そのくらいじゃ起きんだろ、っと」

サシャ「zzz」ゴロン

ベルトルト「暑いし掛け布団一枚でいいかな」

ライナー「ああ」

ム゙ーン

ベルトルト「あっ、早速クリスタから反応があったよ、『お姫様だっこ! 私もして欲しいな(≧ω≦)』だって」

ライナー「ッッッッシャァ!!!」

サシャ「っ……zzz」ビクンッ

ベルトルト「シー」

ライナー「……スマン」

55以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/08(月) 00:42:46
ID:NHXZXXI.

ベルトルト「じゃあ僕風呂入ってくるね」

ライナー「おう」

56以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/08(月) 00:44:23
ID:NHXZXXI.

ム゙ーン

マルコ『二人って付き合ってるの?』

ム゙ーン

ミーナ『そんな話聞いたこと無いけど』

ム゙ーン

コニー『サシャって結構巨乳だな、谷間見えてる』

ム゙ーン

ジャン『@コニー 保存した』

アニ『@コニー ドン引きした』

ム゙ーン

ミーナ『@ジャン 最低』

ミカサ『@ジャン きもちわるい』

クリスタ『@コニー そういう事は思っても言わない方がいいよ?』

ム゙ーン

コニー『ごめんなさい』

現代に生まれし、その女の名はサシャ・ブラウス――

男の部屋でも躊躇なく眠るその豪胆さ、限り無し!!

65以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/08(月) 22:04:32
ID:NHXZXXI.

サシャ「こんばんはー!」ガチャ

シーン

サシャ「あれ?」

サシャ「ミーナー?アニー? いないんですかー?」パタン

サシャ「……だれかぁー……」

<コホッ

サシャ「アニの声! 上がります!」

ガラッ

サシャ「アニ! お腹がすき…」

アニ「」

サシャ「し、死んでる……!」

67以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/08(月) 22:21:37
ID:NHXZXXI.

アニ「ぅ…」

サシャ「生きてた! アニ、何があったんですか!?なんで半ケツなんですか!?」

アニ「……るさぃ」

サシャ「……と、とにかくこんなところで寝てたら風邪ひきますよ、ベッドに運びますね」グイッ

アニ「……自分、で、いける」グッ

サシャ「あーほら無理しないで……ってあれ、なんかアニ熱いですね? これ既に風邪ひいちゃってますね?」

アニ「……ん」

サシャ「まあいいや、よいしょっと」

アニ「!、やっちょっ!」バタバタ

サシャ「わっ!? どどどどうしたんですか急に!」

アニ「あたし今汗まみれだし、汚いし……臭い、かも」

サシャ「はあ、別に気にしませんけど……」

アニ「……」

サシャ「じゃあおんぶならどうですか、おんぶなら臭い嗅げませんよ」

アニ「……じゃあそれで」

68以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/08(月) 22:29:05
ID:NHXZXXI.

サシャ「よい、しょっと!っというほど重くもないですね!」

アニ「……」

サシャ「はー、アニが小さくて軽くて助かりました」

アニ「……なんで?」

サシャ「なんでって、ライナーくらいでかかったらおんぶするのも大変ですよ」

アニ「…うん」

サシャ「あんなデカイのが倒れてたら、もう見捨てるか足引っ張って運ぶしかないですからね」

アニ「……うん」

サシャ「……アニ?」

アニ「……」

サシャ「し……死んだ……?」

アニ「生きてる」

サシャ「アッハイ」

69以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/09(火) 00:55:31
ID:SvuboOFI

サシャ「ミーナはどうしたんですか?」

アニ「昨日から友達と旅行」

サシャ「ミーナが苦しむ友達を捨てて遊びを選ぶなんて……!」

アニ「……体調が崩れたのは昨日の夜からだから」

サシャ「冗談ですよ冗談、ミーナがいいこなのはよく知ってます」

サシャ「それにしたってあんな状態になる前に誰か友達に助けを呼べばよかったじゃないですか」

アニ「……あたし、友達いないし」

サシャ「へっ?」

70以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/09(火) 01:14:52
ID:SvuboOFI

サシャ「わ、私!私!」

アニ「へぇ、アンタ友達だったんだ」

サシャ「うぅ…ひどい」

アニ「冗談」

サシャ「顔が本気でしたよ!?」

アニ「フフッ」

71以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/09(火) 01:26:21
ID:SvuboOFI

サシャ「それで」

アニ「なに?」

サシャ「着替えないんですか?」

アニ「着替えるから出てってよ」

サシャ「私は気にしませんよ?」

アニ「あたしが気にするんだよ…!」

サシャ「友達だから! 友達だから!」

アニ「ばっ、やめろ! はなせ!」

サシャ「あんまり暴れると熱上がるじゃないですか!」

アニ「だから出てってよ!」

72以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/09(火) 02:02:37
ID:SvuboOFI

――



アニ「ハァ……」

サシャ「そういえばお腹減ってませんか?」

アニ「別に」

サシャ「ダメですよちゃんとたべないと、どうせ今日ほとんど何も食べてないんじゃないですか?」

アニ「まあ……そうだけど」

サシャ「というわけで何食べます? 焼き肉?すき焼き?牛丼ですか?」

アニ「それアンタが食いたい物だろ?」

サシャ「じゃあ無難にお粥にしましょうか」

アニ「……あたしアンタが飯作ってる所見たことないんだけど、ちゃんと作れるの?」

サシャ「作れますよ失敬な! 乙女ですよ乙女! お粥くらいちょちょいですよ!」

アニ「……ふーん」

74以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/09(火) 22:46:40
ID:SvuboOFI

――



サシャ「出来ましたよー」

アニ「ん」パタン

サシャ「何読んでるんです?」

アニ「バキ」

サシャ「はい」

アニ「そんなに食欲無いんだけど」

サシャ「駄目ですよ食べなきゃ! はい、アニのお粥です」コト

アニ「お粥ね……」

サシャ「そしてこれが私用の『木耳コリコリ!具だくさん海鮮中華粥!ウマイゾ!』です」ゴト

アニ「……」

76以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/09(火) 22:59:33
ID:SvuboOFI

サシャ「いただきます!」パァン!

カパッ、ホワワン

サシャ「んほー! 鶏ガラ出汁の香りが食欲をそそりますね!」

サシャ「ハムチャグペショグォッグオッコリッ!」

アニ「……」ジュル

サシャ「はふはふ!」

サシャ「白身魚が口の中で淡雪の様にほろろ!っととけて、その旨みはもはや甘いとさえ言えるレベルの美味しさ!」

アニ「……」グルルルキュ-

サシャ「それが絶妙な塩気と相まって口の中で爽やかな海が!っと思った瞬間キクラゲのコリコリとした食感が口の中に踊り、口の中はまるで海上のオーケストラや!」

サシャ「んんん……! うーまーいーz」

アニ「ねぇ」

77以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/09(火) 23:02:18
ID:SvuboOFI

サシャ「はい」

アニ「あたしもそれがいいんだけど」

サシャ「えーお腹減ってないって言ったじゃないですかー(棒)」

アニ「うぅ……そ、」グルルルグルングルンキュギュギュン

アニ「そいつを寄越せサシャー!」バッ

サシャ「なっ、なにをするだー!?」

アニ「ハフッハフッハムッハフッ!」

78以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/09(火) 23:13:06
ID:SvuboOFI

――



アニ「げふー」

サシャ「ゲフゥ、よくあんなに食べましたね」

アニ「よく考えたら朝から水しか飲んでなかったし、お腹減ってたみたい」

サシャ「顔色も全然よくなりましたしもう大丈夫そうですね!」

アニ「ん」

サシャ「じゃあ食器片付けてきちゃいますね」

80以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/09(火) 23:17:47
ID:SvuboOFI

アニ「ねえ」

サシャ「はい?」

アニ「……すごい美味かった」

サシャ「はい!」

アニ「あと」

サシャ「はい?」

アニ「ぁりがと……サシャ」

サシャ「……フフッ」

サシャ「お粗末!」パァン!

現代に生まれしその女の名はサシャ・ブラウス――

その女子力、古今東西双璧を成すもの無し!!

kanon
kanon
@kanon

Related Articles関連記事

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツは『進撃の巨人』の登場人物で、「始祖ユミル」とも呼ばれている。エルディア人こと「ユミルの民」の始祖となった女性で、光るムカデのような生物と接触したことで彼女は「始祖の巨人」の能力を得たとされている。マリア・ローゼ・シーナという名前の3人の娘達がおり、パラディ島の3重の壁は彼女達の名前から名付けられた。ユミルの死後、巨人化能力は3人の娘達に引き継がれ、さらに子々孫々に脈々と継承されることとなった。

Read Article

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団に所属する兵士長。1人で1個旅団(約4000人)並みの戦力を持つとされ、「人類最強の兵士」として名高い。三白眼と刈り上げた髪型、小柄な体格が特徴で、ブレードを逆手に持って回転しながら巨人の肉を切り刻む戦闘スタイルを好んでいる。性格は冷静沈着で無愛想。スラム出身ということで言動も粗暴である。神経質で潔癖症だが、部下の最期を看取る際には汚れを気にせず手を握るという仲間想いの一面もある。

Read Article

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄。「獣の巨人」の継承者として調査兵団の前に立ちはだかり、高い投擲能力で多くの兵士を殺傷した。「九つの巨人」の継承者で組織されるマーレの戦士部隊のリーダーであり、多くの戦場でマーレに勝利をもたらしてきた。しかしその真の目的はエルディア人の救済であり、全てのエルディア人から生殖能力を奪うことで巨人の力を巡るこれ以上の悲劇を起こらないようにしたいと考えている。

Read Article

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハートとは、『週刊少年マガジン』に連載されている諫山創原作の漫画・テレビアニメ作品に登場する人物である。主人公のエレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団に所属し、卒業後は憲兵団に入団する。口数が少なく感情を表に表さないため、取っ付きにくい印象を与える性格。しかし格闘技に優れており、冷静な判断を下せるため訓練兵団卒業の際は4位の成績を収める実力の持ち主。

Read Article

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で、ユミルの民であることを偽造してマーレ人になりすまし、マーレ治安当局の職員として潜入していたエルディア復権派のスパイである。九つの巨人の一つである「進撃の巨人」の力を身に宿し、通称「フクロウ」と呼ばれている。 ユミルの呪いによって寿命が近い自分の代わりに、グリシャ・イエーガーにエルディア復権の願いを託して壁の中へ行くよう指示した。その後進撃の巨人を継承させる為無垢の巨人化したグリシャに捕食され、スパイとしての任務を果たし、その生涯を終えた。

Read Article

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガーとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の主人公。壁の外の世界に強い憧れを持っており、幼少期から調査兵団に入ることを目指してきた。その想いは、母親を巨人に食い殺されたことで一層強まり、調査兵団に入って巨人を駆逐することを心に誓う。性格は熱血漢で直情的。無鉄砲と思えるほどの勇敢さから、強大な巨人相手にも物怖じせずに向かっていく。命の危機に瀕した際に巨人化する能力に目覚め、人類の自由のためにその力を振るっていくことになる。

Read Article

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスターとは『進撃の巨人』の登場人物で、104期訓練兵団の卒業生。当初は駐屯兵団に所属していたが、ウォール・マリア最終奪還作戦の前に調査兵団に移籍した。「獣の巨人」を倒すための特攻作戦では唯一生き残り、瀕死のエルヴィン団長をリヴァイ達の元へ連れて行った。その後はエレンをパラディ島の救世主として祭り上げる「イェーガー派」の中心人物として、兵団総統を暗殺しクーデターを先導した。

Read Article

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライスとは『進撃の巨人』のキャラクターでマーレの戦士候補生。戦士候補生の同期であるガビ・ブラウンに好意を抱いており、彼女を救うために「鎧の巨人」継承を目指している。内気な性格だが、「悪魔の末裔」と言われるパラディ島の人々に対しても自分達と変わらない人間だと捉える優しい心の持ち主。心的外傷を負った兵士にも親切に接しており、そこでクルーガーと名乗る負傷兵と出会い、交流を深めていく。

Read Article

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で「車力の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成されるマーレの戦士の一員として、数々の戦場で功績を打ち立ててきた。当初は始祖奪還計画に参加せずマーレ本国を守っていたが、850年「獣の巨人」であるジーク・イェーガーと共にパラディ島に上陸する。ウォール・マリア奪還を狙う調査兵団との決戦では後方支援を担当し、負傷したジークと「鎧の巨人」であるライナー・ブラウンの逃走を助けた。性格はマイペースだが、冷静沈着で判断力に優れている。

Read Article

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディスとは『進撃の巨人』の登場人物で第104期訓練兵団の指導教官。スキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられている。元々は第12代団長として調査兵団を率いていたが、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせたにもかかわらず成果を残せなかったことから、自分の無能を悟りエルヴィン・スミスに団長職を引き継がせた。主人公エレンの父親であるグリシャ・イェーガーとは以前から面識があり、彼が消息を絶つ直前に顔を合わせた最後の人物である。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの父。シガンシナ区で診療所を開き街の人々から尊敬を集めていたが、シガンシナ区に巨人が流入した後行方不明となる。失踪直前エレンに巨人化の薬を打ち込み、世界の真実が隠された自宅地下室の鍵をエレンに託した。物語中盤で彼が壁外の世界から「始祖の巨人」奪還のためにやってきた巨人化能力者であったことが明らかとなる。

Read Article

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の団員。主人公エレン・イェーガーとはウォールローゼ南区第104期訓練兵団時代の同期である。責任感が強く、リーダーシップもあることから同期の中ではまとめ役を担っていた。しかし、その正体はウォール・マリアを破壊した「鎧の巨人」であり、始祖奪還を目的にパラディ島に送り込まれたマーレの戦士である。正体が判明した後はたびたびエレン達と対立し、始祖の力を巡って死闘を繰り広げていく。

Read Article

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリスとは『進撃の巨人』の登場人物で、憲兵団の新兵。アニ・レオンハートとは同期でルームメイト。ウェーブヘアが特徴の少女で、軽薄で不真面目な言動が多い。他の新兵同様安全な内地で楽をするために憲兵団に入ったが、実は機転の利くところがある。アニのことは愛想のない同期だと思っていたが、ストヘス区の戦闘以降行方不明になったことを心配しており、アニの正体が「女型の巨人」であることを知って大きなショックを受けていた。同期のマルロ・フロイデンベルクに好意を持っているが、マルロ本人は気づいていない。

Read Article

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツとは『進撃の巨人』の登場人物。主人公エレンの父親グリシャの前妻で「獣の巨人」ジークの母。その正体はフリッツ王家の末裔。ストーリー上、巨人の歴史と王家の情報を語る重要な役割を持つ。パラディ島に移住することを拒みマーレに留まった一族は、代々巨人の情報を隠し持っており、その末裔であるダイナはエルディア復権派と共に始祖の巨人の奪還を企てるが、計画は息子ジークの密告により失敗。ダイナは巨人化後、グリシャの後妻であるカルラを捕食する。最期はエレンの持つ座標の力で巨人の群れに喰われた。

Read Article

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物で、中央第一憲兵団対人立体機動部隊の隊長。かつて「切り裂きケニー」の異名を取った大量殺人鬼だったが、ウーリ・レイスとの出会いを経て現在は中央第一憲兵団に所属し対人戦闘を専門とする部隊を率いている。リヴァイ・アッカーマンの育ての親であり、彼に戦闘技術を教えた人物でもある。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、対立した調査兵団を大いに苦しめた。

Read Article

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルトとは『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。金髪ボブカットの中性的な外見を持つ。大人しいが芯の強い勇敢な性格で探求心が強い。祖父の影響で人類はいずれ壁の外に出るべきだという思想を持っており、エレンが外の世界に憧れるようになったのもアルミンの影響である。小柄で身体能力は低いものの、知能や判断力はずば抜けており、エレンや調査兵団の窮地をその知略で度々救っている。

Read Article

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団第13代団長である。調査兵団は人類の生存圏を広げることを目的とし、日々巨人との死闘を繰り広げている。その類まれなる頭脳と判断力から大きな功績を挙げているが、目的のためなら手段を選ばない非情さから「悪魔的」と称されることもある。彼の真の目的は世界の真実を解き明かし、「人類は王家によって記憶を改竄された」という父の仮説を証明すること。人類最強と称されるリヴァイ兵士長を調査兵団に入れたのも彼である。

Read Article

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマンとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。本作のヒロイン的ポジションで、幼い時にエレンに助けられた経験から、彼を守ることを自分の使命だと考えている。驚異的な身体能力を持ち、トップの成績で訓練兵団を卒業。実戦でも1人で複数の巨人を討伐する実績を残す。性格は寡黙で口下手だが、エレンのこととなると取り乱す一面もある。物語後半において、母方の祖先が東洋にあるヒィズル国将軍家だったことが明らかになった。

Read Article

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で、「マーレの戦士」候補生。天真爛漫で型破りな性格で、憧れの従兄であるライナーから「鎧の巨人」を継承するため日夜訓練に励んでいる。パラディ島のエルディア人を悪魔の末裔として強く憎んでおり、彼らを皆殺しにして自分達善良なエルディア人を収容区から解放することを願っていた。しかし成り行きでパラディ島に渡ることとなり、そこで出会った人々との交流からガビの考え方は変化し始める。

Read Article

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイスとは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。壁内人類の真の王家であるレイス家当主。実質的には壁内での最高権力者である。ウーリ・レイスの兄であり、フリーダ・レイスやヒストリア・レイスの父親。正妻との間に5人の子がいたが、当時使用人として働いていたアルマとも関係を持ち、ヒストリアが産まれたことにより、事実的には子供は6人。だがグリシャにより正妻との間の子は皆殺されてしまい、生き残っている子供はヒストリアただ1人である。

Read Article

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタインとは『進撃の巨人』の登場人物で、調査兵団に所属する兵士。第104期訓練兵団を6番で卒業した。自己の保身を第一に考える現実主義者で、思ったことを率直に言い過ぎる性格からたびたび主人公のエレン・イェーガーと対立していた。当初は巨人の脅威から逃れるために内地への配属を希望していたが、友人のマルコ・ボットが戦死したことで考えを大きく変え、調査兵団に入団する。入団後は持ち前の現状把握能力を活かして同期のまとめ役として活躍した。

Read Article

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団所属のベテラン兵士。初登場時は分隊長だったが、後にエルヴィン・スミス団長の後を継いで調査兵団第14代団長に就任する。ゴーグル(平常時は眼鏡)を着用し、茶髪を無造作に1つにまとめた中性的な外見をしている。明るく聡明な人物だが、巨人に対する情熱は人一倍で変人揃いの調査兵団内でも特に異彩を放っている。ウォール・マリア最終奪還作戦以降は左目を負傷したことから眼帯を着用している。

Read Article

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ(ヒストリア・レイス)とは、諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物。第104期訓練兵団卒業生であり、主人公エレン・イェーガーは同期の1人。小柄で温厚、思いやりのある可愛らしいアイドル的な存在として登場する。同期のユミルと仲が良い。成績10位以内に入っているが、実際はユミルからその座を譲られただけで身体能力は人並みである。本名はヒストリア・レイスといい、壁内世界の真の王家の末裔であることが後に発覚する。

Read Article

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナとは『進撃の巨人』の登場人物で反マーレ派義勇兵の中心人物。マーレに滅ぼされた国の出身で、「獣の巨人」継承者で王家の血を引くジーク・イェーガーの信奉者として活動し、パラディ島の近代化に大きく貢献した。ジークの提唱する「エルディア人安楽死計画」達成のためなら寝食を共にした仲間すら殺害する冷酷な性格の女性。しかし実際にはマーレの被害者というのは虚偽であり、「世界を救う英雄」に憧れているだけのごく一般的なマーレ人である。

Read Article

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の兵士。坊主頭が特徴で、小柄な体格を生かした小回りの利く機動を得意としている。バランス感覚にも優れ104期訓練兵団を8番の成績で卒業したが、少々頭の回転が鈍く同期達からはバカ扱いされている。同期のサシャ・ブラウスとはバカ同士気が合うようで、よく訓練中に2人でふざけていた。当初は憲兵団を志望していたが、主人公のエレン・イェーガーに感化され調査兵団に入団を決めた。入団後はムードメーカーとして活躍する。

Read Article

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガトとは『進撃の巨人』の登場人物でマーレ軍エルディア人戦士隊隊長。後にマーレ上層部が全滅すると元帥に就任した。ジーク・イェーガーやライナー・ブラウンら「マーレの戦士」達を選抜し育て上げた人物でもある。性格は厳格で戦士候補生に対する態度も威圧的だが、大多数のマーレ人とは異なりエルディア人に対する差別感情は薄く、部下たちを1人の人間として尊重している。現状認識能力に優れ、始祖奪還作戦を数人の子供に託すマーレ軍上昇部の正気を疑っていた。

Read Article

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウスとは「進撃の巨人」シリーズの登場人物であり、主人公エレン・イェーガーと同じ調査兵団に所属している女性。頭はあまり良くないが、並外れた身体能力と勘の良さは周囲からも認められている。狩猟を生業とする村の出身であるため、食べ物には目がなく食料庫からよく盗みを働いていた。方言で話すことに抵抗があるため他人には敬語で話す。天真爛漫で非常にマイペースな性格の持ち主である。

Read Article

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団団員。第104期訓練兵団を3位で卒業し、どの分野でもそつなくこなすことができる優秀な人物である。ただし優柔不断で判断を他人に任せる傾向があり、積極性に欠けることから他の同期と比べると少し影が薄い。その正体は、ウォール・マリア陥落の主因となった「超大型巨人」であり、始祖奪還作戦のために大国マーレから派遣された「マーレの戦士」の1人だった。任務を達成し故郷に帰ることを切望していたが、結局その願いは叶わず異国の地で命を落とすこととなる。

Read Article

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアードとは『進撃の巨人』の登場人物で「顎の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成される「マーレの戦士」の一員として、「顎の巨人」の持ち味である硬い顎と牙や俊敏性を活かし数々の戦場で活躍している。戦士候補生時代の同期であるライナー・ブラウンとは「鎧の巨人」継承権をめぐって争ったライバルだった。自分ではなく能力の低いライナーが「鎧の巨人」継承者として選ばれたことや、兄のマルセルがライナーをかばって巨人に食われたことから、ライナーに対して悪感情を抱いている。

Read Article

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、レイス家の長女。黒髪で青い瞳を持つ。レイス家当主のロッド・レイスとその正妻の第1子として生まれた。表向きは地方の貴族として振る舞っているが、実際は壁内の真の王家の末裔。レイス家に代々引き継がれている特別な巨人能力を叔父のウーリ・レイスから引き継ぎ、宿している。本人の飾らない性格は多くの者から慕われており、妾の子である異母妹ヒストリアにも姉として優しく接していた。

Read Article

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシスとは『進撃の巨人』の登場人物で駐屯兵団の司令官。スキンヘッドと口ひげが特徴の年配の男性。巨人との戦いの最前線である南側領土の最高責任者として、果断な指揮を振るい人類を守り抜いてきた。人類の勝利のためなら成功率の低い作戦でも取り入れる柔軟な判断力の持ち主だが、飄々とした言動や戦場でも酒を持ち歩く姿勢から「生来の変人」としても知られている。トロスト区攻防戦では巨人化したエレン・イェーガーによる穴の封鎖作戦を採用し、人類の勝利に貢献。兵団によるクーデターの際も大きな役割を果たした。

Read Article

目次 - Contents