あまり知られていない星のカービィの裏設定・都市伝説集

言わずと知れた任天堂の大人気シリーズ『星のカービィ』。今回はあまり知られていない星のカービィの裏話や小ネタ、裏設定、都市伝説を集めてみました。知っていればさらにゲームを楽しめること間違いなしです。

renote.jp

renote.jp

「星のカービィ」は最初、「ティンクルポポ」というゲームタイトルだった

出典: ja.kirby.wikia.com

初期設定を尊重して宮本の指示で今も裏設定として残してあるとか
宣伝でカービィが言ってたセリフの

「君を見ていると、ずっと昔からおともだちだった気がするよ。」

ってのは君も昔はそうだったよねという意味

「星のカービィ」は開発当初『はるかぜポポポ』というゲームタイトルで呼ばれており、それが『ティンクル★ポポ』と変わっていった

出典: blogs.yahoo.co.jp

「ティンクルポポ」では「カービィ」の名前は当初、「ポポポ」という名前だった

出典: matome.naver.jp

「カービィ」の由来は諸説あるが、正式なものは不明である

出典: hicbc.com

アメリカに存在した掃除機会社の名前「Kirby」から取ったという説、かつてドンキーコングの著作権問題に従事していたアメリカ人の任天堂の顧問弁護士の名前「ジョン・カービィ」の名前から取った、などとも言われているが、桜井政博や宮本茂本人も覚えていないという。

当時ゲームボーイはモノクロで、ほとんどのスタッフがポポポの色を白だと思い込んでしまい、結局広告のポポポの色もそのまま白になってしまった

出典: www.gamespark.jp

米国でも「星のカービィ(Kirby's Dream Land)」が発売されたが、その当時の色は白だった。実は、
日本での発売前は桜井のみがカービィがピンクだと思っていたらしく、米国のほうでその間違いが伝
わるのが遅かったため、パッケージには白のまま発売されてしまった。後に、ピンクに直される。

初期の星のカービィにはコピー能力はなかった

出典: shiroblo.com

コピー能力は『星のカービィ 夢の泉の物語』より導入された。

カービィには自分の意思はなくて子供の見てる夢の存在

出典: seiga.nicovideo.jp

デデデ大王がシリーズにおいて一切登場しなかった作品は『鏡の大迷宮』の一作のみ

出典: matome.naver.jp

ワドルディは「よちよち歩く」という意味のWaddleから来ている

出典: 2cham.net

英語では"Waddle Dee"と表記する。

ワドルディはデデデ大王の家来ながらカービィに対する敵意は皆無である

出典: prcm.jp

カービィは「星の戦士」としてのメタナイトの後輩

出典: maruta.be

カービィは本作において「次世代の星の戦士」とされており、メタナイトにとっては星の戦士としての後輩にあたる。カービィがプププランドに現れてしばらくはデデデの家来としてわざと攻撃を加えることで彼を鍛えていたが、(そのため1話~3話では敵か味方か曖昧な人物として描かれている)中盤以降はデデデ大王が魔獣を用いてカービィを倒そうとすることが多くなったため、メタナイトは自らは戦わず、カービィにアドバイスを送ることによって魔獣の倒し方を習得させようとしている。

rizumu0530
rizumu0530
@rizumu0530

目次 - Contents