【ポケモンSM】ソルガレオ・ルナアーラは2進化ポケモンと判明!進化する伝説のポケモンは史上初!色違いの情報も!【ポケットモンスター サン・ムーン】

『ポケットモンスター サン・ムーン』に登場する、物語のカギとなるポケモン「コスモッグ」の最終進化系が伝説のポケモンソルガレオとルナアーラと確定した。サンバージョンではソルガレオ、ムーンバージョンではルナアーラに進化する。しかもコスモッグは一つのROMで2体入手出現する。片方は作中で進化をするが、片方はコスモッグのままゲットすることができ、ソルガレオに進化させるかルナアーラに進化させるか進化先を選ぶことができるのだ。

ソルガレオとルナアーラは、史上初の「進化する伝説のポケモン」

コスモッグがソルガレオ・ルナアーラに分岐進化

なんと衝撃の事実が判明。

ポケモンサンムーンで登場するソルガレオ・ルナアーラは、なんとコスモッグの進化後の姿だったのだ。

すなわち、20年のポケモンの歴史上初の「進化する伝説のポケモン」が登場したのである。

コスモッグ

星雲ポケモン。エスパータイプ。
この点とデザイン、そして「コスモ」という名前が、既にソルガレオとルナアーラとの関係を匂わせている。

人々には知られざるポケモンであり、その昔アローラの王とその後継者のみぞ知る秘匿とされてきた。
その際「星の子」と呼ばれていた模様。

実は「ウルトラビースト」に分類されるポケモン(ウルトラビースト=異次元ポケモン)。

サン・ムーンのストーリーの鍵を握るポケモンであり、エーテル財団とスカル団に狙われている。

リーリエが本編冒頭でコスモッグを奪取、コスモッグのテレポートで施設を脱出し、主人公と遭遇することになるが……

コスモウム

コスモッグが進化した姿。
物語の途中でコスモッグは………ということになり、この姿へと進化を遂げる。

この状態からソルガレオ・ルナアーラに分岐進化する。

サンではソルガレオ
ムーンではルナアーラ

といった具合に、バージョンによって進化するポケモンが異なる。
進化方法は特殊であり、物語に大きく関わってくる。

よくデザインを観察すると、ソルガレオの頭部のような意匠を持っている一方、ルナアーラの翼のような意匠も持っていることが分かる。

出典: img.pokemonbbs.com

ポケモンカードより判明

根拠はコチラ

ソルガレオ

ポケモンサンのパッケージを飾るポケモン。

コスモッグが成長した真の姿。

太古より太陽の使者として崇められ、畏敬の念を込めて「太陽を喰らいし獣」と呼ばれていた。

太陽モチーフという事から炎タイプではないかと予想が多かったが、意外にもジラーチやメタグロスと同じエスパー・鋼タイプである。
太陽を喰らえるほどの体=鋼鉄の体、ということなのだろうか。

ルナアーラ

ポケモンムーンのパッケージを飾るポケモン。

コスモッグが成長した真の姿。

太古より月の使者として崇められ、畏敬の念から「月を誘いし獣」と呼ばれていた。

同じく月がモチーフのルナトーン、クレセリアと同じエスパータイプに属する。

色違いを見ても納得、コスモッグからソル・ルナに到る進化の流れ

コスモッグ 色違い

コスモウム 色違い

ソルガレオ 色違い

ルナアーラ 色違い

実はコスモッグは2体いる!?

本編中では、ソルガレオ・ルナアーラに成長した状態をゲットすることになる。

しかし、なんと両バージョンで進化前のコスモッグ(本編に登場する個体とは別個体)をゲットできることが判明。
これでコスモッグとコスモウムを図鑑登録することが可能に。

ウルトラビーストとは?

renote.jp

ところで、コスモッグとてもが可愛い

もちろんバトルでも使えます。

同じく「形状が段階的に変化する伝説のポケモン」ジガルデのジガルデ・コアはバトルで使えません。

出典: pk-mn.com

天真爛漫。

好奇心が強く、どんな人やポケモンにも怯えることなく、かまってもらうとすぐに懐く性格。

出典: sun-moon-poke.xyz

そりゃ珍しいよね……

ちっこい!

ガス状の体は、風が吹けば飛ばされてしまうほどに軽いそう。
浴びた光を吸収することで育つとのことで、育ち過ぎた結果がソルガレオとルナアーラ。

出典: chuchu-tsushin.com

こんなにか弱そうなポケモンがソルガレオとルナアーラになるなんて……いつものポケモンで安心します。

出典: chuchu-tsushin.com

人懐っこいというだけあって、感情表現も素直そのもの。

出典: i2.kym-cdn.com

ジタバタだだっ子なコスモッグ(GIF動画)

kmkz-0223
kmkz-0223
@kmkz-0223

Related Articles関連記事

ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン(ポケモンSM・USUM)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『サン・ムーン』は第7作目であり、『ウルトラサン・ウルトラムーン』は『サン・ムーン』にストーリーやシステムを一部追加したバージョンになっている。プレイヤーはアローラ地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、スカル団やエーテル財団といった組織と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のメガシンカ・ゲンシカイキまとめ

『ポケットモンスター』とは株式会社ポケモンより発売されているロールプレイングゲームのシリーズである。ポケットモンスター(ポケモン)と呼ばれる生き物を捕獲・育成してポケモンリーグという施設のチャンピオンを目指す。 メガシンカとは、『ポケットモンスターX・Y』で追加された新要素。「旧シリーズのポケモンを再びピックアップする」という理念のもと追加されたシステムである。メガシンカと似たものに、伝説のポケモンであるグラードンとカイオーガが太古の姿に戻るゲンシカイキというものも存在する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のZワザ・Z技まとめ

「Zワザ(Z技)」とは、ポケットモンスターサン・ムーンから登場した要素。1戦闘中に1度しか使えないいわば必殺技のことである。インフレする対戦環境に適応できる一部以外のポケモンへの救済措置として登場した。 問題点や調整不足もみられるが、Zワザの登場によりあらゆるポケモンが活躍できる機会を得られるようになった。

Read Article

ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンの魅力まとめ

前作、ポケットモンスターサン・ムーンに新要素を加えてバージョンアップとして登場したのが、ウルトラサン・ウルトラムーンである。前作と同じく島巡りと呼ばれる旅に出た主人公がいくつもの試練を乗り越えて、チャンピオンを目指すストーリーだが、前作から新たに追加された新要素もたくさんあるので、前作を遊んだからと言って飽きることはないだろう。 今回はポケットモンスターウルトラサン・ウルトラムーンの魅力に迫る。

Read Article

【ポケモンSM&USUM】ウルトラビースト図鑑(UBまとめ一覧) 正体と考察 種族値・タイプ・技などネタバレ【ポケットモンスター サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン】

『ポケットモンスター サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン』で登場するUB(ウルトラビースト)は人にもポケモンにも害をなす脅威とされ、ポケモンであることさえ怪しいと言われるような存在だ。ウルトラホールよりやってきた謎の生命体と言われる彼らと伝説のポケモンネクロズマやソルガレオ・ルナアーラとの関係とは。その正体と真相をまとめた。また全UBのタイプ・種族値・特性なども記述する。

Read Article

【ポケットモンスターサン・ムーン】最強パーティーを作るために育成するべきポケモンと対策【ポケモンSM】

ポケットモンスターサン・ムーン(ポケモンSM)における対戦で使うべきおすすめポケモンを紹介していきます。新たな要素「リージョンフォーム」や「Zワザ」などが加わり対戦環境はどう変化したのでしょうか?対戦で勝ちたい方・強くなりたい方は是非参考にしてください。

Read Article

【ポケモンSM】ゲッコウガのフォルムチェンジ!サトシゲッコウガとは? 入手方法・種族値・強さ 解説まとめ【ポケットモンスター サン・ムーン】

大人気ロールプレイングゲームの『ポケモン』の第7世代『ポケットモンスター サン・ムーン』の体験版で登場したサトシゲッコウガ。 このゲッコウガはアニメに登場したサトシのゲッコウガがゲームに逆輸入されたポケモンだ。ゲームではサトシゲッコウガが敵を倒すことで専用の特性が発動しフォルムチェンジをすることが分かっている。そのサトシゲッコウガの入手方法・種族値・強さ、アニメにおけるサトシゲッコウガの活躍を解説する。

Read Article

ポケモンSM・USUMマイナー型・変態型紹介【ポケモンサン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン】

「人とは違った戦いをしたい」 そんな方におすすめするのがマイナーポケモンそしてマイナー戦術。ロマン戦法で勝ちたいという方向けに、いくつか構築例を提案していますので参考にしてください。努力値は極振りがほとんどです。楽な気持ちで見てください。

Read Article

【ポケモンSM】アローラのすがた図鑑(リージョンフォームまとめ一覧・全18種)原種ポケモンと比較してみた【ポケットモンスター サン・ムーン】

ポケットモンスター サン・ムーンの舞台となるアローラ地方ではリージョンフォームという今までのポケモンに登場したポケモンでありながら、見た目が異なるポケモンが存在する。これらは「アローラのすがた」と呼ばれ、原種とは異なる種族値やタイプなどを持つ。ここではダグトリオ、ペルシアン、ゴローニャ、ナッシーといったポケモンのリージョンフォームから、サトシゲッコウガと呼ばれる変わったフォルムチェンジを持つポケモンを原種と共に紹介する。

Read Article

【ポケモンSM】新ポケモン全99種画像一覧まとめ/サン・ムーン出現ポケモンの違い(種族値も掲載)【ポケットモンスター サン ムーン】

大人気ロールプレイングゲームの『ポケモン』の第7世代『ポケットモンスター サン ムーン』のバージョンごとに出現するポケモン、進化後の姿が違うポケモン、「両バージョンでゲットできる」全新ポケモンの「種族値・タイプ・特性・特徴・生息地・進化条件・アローラ図鑑説明」を紹介。御三家からUB(ウルトラビースト)、ソルガレオ、ルナアーラ、ネクロズマなどの伝説のポケモンも余すことなく紹介する。ぜひゲーム購入の参考に。

Read Article

【ポケットモンスターサン・ムーン】最強パーティに必須!育成すべき激強ポケモン選定【ポケモンSM】

ポケモンバトルは戦略・バランス・育て方が大事になってきます。ただし最強パーティをつくるには、エースとなる強いポケモンがかかせません。対戦考察も記載しています。このまとめを参考にして、レート上位のポケモンマスターを目指してください!!

Read Article

【ポケットモンスターサンムーン】最強の害悪ポケモン!ドヒドイデの育成論と型一覧【ポケモンSM】

ポケットモンスターサン・ムーンで初登場したひとでなしポケモンドヒドイデ。ヒドイデの進化形で、とくせいは「ひとでなし」と「さいせいりょく」。対戦においては、耐性の多さと高水準の耐久が魅力です。そんなドヒドイデの育成論とおすすめの型一覧をまとめました。

Read Article

【ポケモンSM】第七世代で混乱マヒやけどの状態異常が弱体化!技・特性・状態異常の仕様変更まとめ【ポケットモンスター サン・ムーン】

第七世代の『ポケットモンスター サン・ムーン』にて「こんらん」「マヒ」「やけど」の状態異常が弱体化した。「こんらん」や「マヒ」は第六世代でボルトロス、クレッフィーなどのポケモンが使用し、いわゆる害悪戦法と言われ多くのトレーナーを苦しめてきた状態異常だ。これらの状態異常を駆使するプレイヤーとっても、そうでないプレイヤーにとってもこの弱体化は対戦に大きな影響を与える。ここではそんな状態異常や技・特性の仕様変更をまとめてみた。

Read Article

【ポケモンSM】幻のポケモン「マーシャドー」の徹底考察・ネタバレ解説まとめ【ポケットモンスター サン・ムーン】

大人気ロールプレイングゲームの『ポケモン』の第7世代『ポケットモンスター サン・ムーン』に登場する幻のポケモン「マーシャドー」。 ポケモン サン・ムーンとポケモン映画『キミにきめた!』に登場する「マーシャドー」について、タイプ・種族値・特性、特徴や考察をまとめた。専用のZ技【七星奪魂腿】の意味は? ホウオウ、コスモッグ――ソルガレオ、ルナアーラ、そしてネクロズマたち伝説のポケモンとの関係に迫る。

Read Article

【ポケモンSM】新システム「Zワザ」とは? タイプ別・専用Zワザの威力・効果・Zクリスタル入手場所まとめ一覧【ポケットモンスター サン・ムーン】

『ポケットモンスター サン・ムーン』から追加された新システム「Zワザ」。これは対応するZクリスタルというアイテムを持たせることですべてのポケモンが使用可能になる技であり、バトルにおいては起死回生の一手となり得る。攻撃技をZワザにすれば大威力の攻撃技となり、変化技をZワザにするとそれぞれ特殊な効果を発揮する。このシステムのおかげでいままで活躍しにくかったポケモンが活躍できるようになったりなど、対戦に与える影響は大きい。ここではタイプ別のZワザの効果や威力、Zクリスタルの入手場所をまとめた。

Read Article

【ポケモンSM】種族値・特性・覚える技 変更まとめ一覧+第7世代の新技・新特性・新道具まとめ一覧【ポケットモンスター サン・ムーン】

第七世代の『ポケットモンスター サン・ムーン』より一部のポケモンの種族値・特性・覚える技、技の効果、状態異常の効果、技マシンが変更となった。代表的なのはゲンガーの特性が「ふゆう」から「のろわれボディ」になったことだ。それによってゲンガーは弱体化してしまったと言える。これらポケモンの仕様変更の前と後の違い・新技・新特性などポケモンSMでの変更点をまとめてみた。

Read Article

目次 - Contents