つらつらわらじ(備前熊田家参勤絵巻)のネタバレ解説・考察まとめ

『つらつらわらじ』とは『月刊モーニングtwo』(講談社)で連載されていたオノ・ナツメによる時代劇漫画である。時は寛政、備前岡山藩主の熊田治隆は参勤交代のために江戸に向かうことになった。そして、隠居して江戸で暮らす計画を立てているため、江戸までの旅を楽しもうと考えていたのだ。しかし、江戸までの道のりは波乱の連続だった。『ACCA13区監察課』や『レディ&オールドマン』など人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、2年に1度の参勤交代エンターテインメントだ。

右下が山和木三郎左衛門

熊田治隆に大小姓頭として仕える側近。今回の参勤交代の旅に同行しており、幼少より治隆に仕えている。「三郎佐」と呼ばれるだけで、治隆の意向をくみ取ることができる。治隆が隠退することにいち早く気づいた人物でもある。

その他の登場人物

倉知九太郎(くらちきゅうたろう)/久作(きゅうさく)

小十人格御庭番(幕府から命令を受け諜報活動をする役職)。老中・松平越中守から、備前岡山藩の参勤交代の列に紛れ、熊田治隆をの弱みを握るよう命令を受けた。「渡り中間(武家に奉公する非武士のこと)」の九作として、紛れ込んでいる。暴れ馬から和泉を助けたことで治隆に口取り役を命じられる。その後、甘いものが好きな治隆に菓子談義をするため側に仕えていたが、口取り役を命じられた時から正体がばれていたことに気づき江戸に到着する直前に行列から抜けている。

松平越中守(まつだいらえっちゅうのかみ)

江戸幕府の老中首座。倹約令に反対の姿勢を示す熊田治隆を疎んじており、参府の旅で動向を探るため御庭番である倉知九太郎を潜り込ませた張本人。融通が利かない性格をしており、敵も多い。

鵬池善左衛門(ほうのいけぜんざえもん)

大坂の豪商鵬池家の当主。熊田家とは代々取引があり、暴れ馬である百楽を治隆に贈った張本人。

百楽(ひゃくらく)

左の馬が、百楽

大坂の豪商、鵬池善左衛門から熊田治隆に贈られた馬。治隆の命令には従うが、ほかの者の言うことは聞かず自由奔放で気性が荒い性格をしている。川を渡る際、家老の熊田和泉が乗っていたが暴れだし、中間の久作が口取り(馬を誘導したり落ち着かせる役割)となっている。贈られた当初は名前はなかったが、治隆が「百を楽しむ」ことから、「百楽」と名前を付けた。

一条関白(いちじょうかんぱく)

一条家当主で関白の位にある人物。母親は天城熊田家の養子なため、熊田和泉とは従兄弟にあたる。

幸吉(こうきち)

もともとは備前岡山城下で店を営んでいた人物。しかし、自らが作った大きな翼で城下を翔け、騒ぎを起こした罪で所払いになり駿府に移り住んでいた。治隆の目の前で空を翔る約束をしており、出立する直前に密かに作っていた翼で飛ぶことに成功した。

『つらつらわらじ』の用語

備前熊田家

備前岡山31万5千石を領す外様大名で、家紋は備前蜂。代々質素倹約政策を受け継いできたが、5代目熊田治隆は反対の姿勢を示している。

天城熊田家

岡山藩の家老の家元。もともとは熊田家の嫡流だったが、小牧長久手の戦いで当主だった熊田信輝が長男とともに戦死したため、次男である輝隆が当主になった。和泉はこの長男の家系だが、治隆は次男の家系である。もともとは筆頭家老の家系。

熊田家六家老

honomama4
honomama4
@honomama4

Related Articles関連記事

さらい屋 五葉(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

さらい屋 五葉(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『さらい屋 五葉』とは『月刊IKKI』(小学館刊)で連載されていた時代劇漫画、およびそれを原作としたテレビアニメである。時は江戸時代、藩主から暇を出され江戸にやってきた侍・秋津政之助は、誘拐組織「五葉」の頭である弥一の用心棒をすることになった。渋々、弥一の仕事を手伝う政之助だったが、この出会いをきっかけに人として成長していくのである。『ふたがしら』や『ACCA13区監察課』など人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、かどわかしを生業にした個性豊かな登場人物たちの時代劇エンターテインメントだ。

Read Article

ACCA13区監察課(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ACCA13区監察課(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ACCA13区監察課(オノ・ナツメ作)』とは『月刊ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス刊)にて2013年~2016年まで連載された漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。ACCA本部監察課副課長のジーン・オータスの過ごしていた平和な日常が少しずつ世界の陰謀に巻き込まれていく。その軸となるのは巨大統一組織「ACCA」と「タバコ」を巡る男たちの’’粋’’様だ。食えないキャラクターたちが勢ぞろいする大人な雰囲気の作品となっている。

Read Article

レディ&オールドマン(LADY and OLDMAN)のネタバレ解説・考察まとめ

レディ&オールドマン(LADY and OLDMAN)のネタバレ解説・考察まとめ

『レディ&オールドマン』とはオノ・ナツメが『ウルトラジャンプ』で連載していた男女バディ・エンタテインメント漫画作品。連載時期は2015年~2019年までで全8巻で完結。オノ・ナツメ原作の『ACCA13区監察課』や『BADON』とはまた違ったかなりハードボイルドな内容だ。舞台は1963年のロサンゼルス郊外。父親譲りのおせっかいな性格のシェリー・ブライトと100年間刑務所に入っていたというロバート・ウィンツ。この二人の出会いが全ての始まりだった。

Read Article

ふたがしら(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ふたがしら(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ふたがしら』とは、『月刊IKKI』(小学館刊)また増刊『ヒバナ』(小学館刊)で連載されていた時代劇漫画、およびそれを原作とした連続テレビドラマである。時は江戸時代。盗賊「赤目一味」の頭目だった辰五郎が死去。その際に、手下である弁蔵と宗次二人に一味のことを託したことからすべては始まった。『ACCA13区監察課』や『レディ&オールドマン』数々の人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、巧妙な駆け引きと巧みな騙しあいが織りなす時代劇盗賊エンターテインメントだ。

Read Article

リストランテ・パラディーゾ(GENTE〜リストランテの人々〜)のネタバレ解説・考察まとめ

リストランテ・パラディーゾ(GENTE〜リストランテの人々〜)のネタバレ解説・考察まとめ

『リストランテ・パラディーゾ(GENTE〜リストランテの人々〜)』とは、『マンガ・エロティクス・エフ』(太田出版)で連載されていたオノ・ナツメによる、老紳士たちが織り成すハートフル漫画である。幼くして両親が離婚し祖父母に預けられたニコレッタは、母親の再婚相手を一目見るためローマにあるリストランテにやってきた。そこで働き始めたニコレッタは、従業員全員が老眼鏡着用必須のリストランテであることを知ったのである。数々の人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、老眼鏡紳士たちによるおもてなし漫画だ。

Read Article

ハヴ・ア・グレイト・サンデー(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハヴ・ア・グレイト・サンデー(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』とは『月刊モーニングtwo』(講談社)で連載されていたオノ・ナツメによる、ある男たちの日曜日の出来事を描いたハートフル漫画である。初老の作家・楽々居輪治は、長くニューヨークで暮らしていたが、ある事情を抱え単身東京に戻ってきた。そして、一人暮らしを謳歌しようと思っていた輪治のもとに、息子のマックスと娘婿のヤスがやってきたのだった。『ACCA13区監察課』や『レディ&オールドマン』など人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、男だけの週末エンターテインメントだ。

Read Article

目次 - Contents