シャルナーク=リュウセイ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シャルナーク=リュウセイとは『HUNTER×HUNTER』に登場する悪名高い盗賊集団・幻影旅団(通称クモ)の一員である。旅団結成時からの初期メンバーで、明るく仲間想いな性格である反面、殺人への躊躇がない冷酷な一面を持つ。また論理的な思考の持ち主で、旅団のアジトに連れ去られた主人公・ゴンが標的とは無関係だと結論づけた後は、すぐ逃がそうとした。プロのハンターでもあり、旅団内では主に情報処理を担当している。団長クロロが不在の際には、その優れた知識と分析力で状況を判断し、メンバーに対して指揮をとる。

シャルナーク=リュウセイの概要

シャルナーク=リュウセイは『HUNTER×HUNTER』に登場する、悪名高い危険度Aクラスの盗賊集団・幻影旅団(通称クモ)のNo.6であり、初期メンバーである。出身地は不明。年齢・経歴も明かされていない。明るく仲間想いの性格だが、見ず知らずの人間の命を奪う事に対して一切の躊躇がない。優れた分析力とプロハンター資格を活かし、主に情報処理を担当している。旅団結成時からの初期メンバーであり、団長クロロの命令とクモの掟に絶大な信頼を寄せる。また彼の持つ携帯電話はメンバー同士の連絡手段として用いられている。

シャルナーク=リュウセイのプロフィール・人物像

生年月日:不明
年齢:不明
身長:180cm
体重:72kg
血液型:O型
CV:高戸靖広(1999年フジテレビ版)/日高のり子(2011年日本テレビ版)
明るく仲間想いな性格であるが、見ず知らずの人間の命は容赦なく奪う冷酷さも持ち合わせている。戦闘時においても冷静沈着で、無人の廃棄物処理場である流星街で、第1級隔離指定生物のキメラアント・ザザンが率いる兵隊蟻に捕らえられた際も取り乱す様子を見せなかった。その時に「好きでもない奴の言いなりになるなら死んだ方がマシ」と語っており、団長クロロに信頼を寄せている事が伺える。豊富な知識と優れた分析力を持ち、旅団内では情報処理の役割を担っている。団長クロロの不在時にはメンバーに現状の把握について周知を行い、ハンターサイトから得た情報を基に今後の方針を決めることが多い。幻影旅団が、クルタ族の生き残りであるクラピカの討伐へ動き出した際には、ハンターサイトから得た資料をメンバーに渡し「引き続き2人組(ペア)で行動しリストの人物探しに全力挙げてくれ」と指揮をとった。旅団メンバーもシャルナークの立てた方針に従っていることから、その分析力は旅団内でも信頼されている事が伺える。

シャルナーク=リュウセイの能力

人間の生命エネルギーを自らのオーラとして自在に操る「念能力者」であり、オーラを使って物質や生物を操る「操作系」の使い手。シャルナークは念能力による必殺技を発動する条件として、対象物にアンテナを刺さなければならない。その為、戦闘時には如何にして相手にアンテナを刺すかを瞬時に見極める必要がある。シャルナークは硬い甲冑を持つ兵隊蟻・ペルとの戦闘中に攻撃を回避するなかで相手の特徴を捉え、アンテナを甲冑の隙間に刺すという案を思いつく。無傷での成功確率を持ち前の分析力で20%と仮定し、攻撃を受けつつもペルの後頭部にアンテナを刺す事に成功する。しかし同じく操作系の兵隊蟻・ボキに既に操られていたペルにアンテナは効かず、シャルナークは捕獲される。普段から不測の事態に備えて、予めアンテナを2本持って戦闘に臨んでいたシャルナークは手に持っていたもう一本のアンテナを自分に突き刺し、能力を発動。ペルとボキを瞬殺した。シャルナークは、パワーが全てではない念能力での戦闘において必要となる、あらゆる可能性の想定と分析力を有しているといえる。

シャルナーク=リュウセイの必殺技

携帯する他人の運命(ブラックボイス)

銃を持ったマフィアを操るシャルナーク(左)

「携帯する他人の運命(ブラックボイス)」はシャルナークが愛用する独自の携帯電話で、人間を自由に操作できる念能力である。発動条件は専用のアンテナを対象者に刺すこと。その際、携帯電話の画面には操作されている人間の視界が映る。携帯電話のボタンをクリックして自由に操ることができる。しかし、アンテナが刺さった人間が死ねば操作は出来なくなり、携帯電話の画面も消える。

携帯する他人の運命(ブラックボイス)・自動操作モード

「携帯する他人の運命(ブラックボイス)・自動操作モード」はアンテナを自身に刺すことで発動する能力である。シャルナークの携帯電話には「自動操作 ON」との文字が表示され、自らを纏うオーラの量が跳ね上がる。携帯電話の「敵 視認しまシタ」「始末シまス」の音声を合図に、目の前の敵を瞬く間に始末する。能力の発動時のシャルナークは、髪が逆立ち目の色が変化する。また自動操作モード発動時の記憶は本人には無く、2〜3日筋肉痛でまともに動けなくなるという反動がある。

シャルナーク=リュウセイの来歴・活躍

ウボォーギンの救済

ウボォーギンの為にクラピカの居場所を調べるシャルナーク(左)

団長クロロの命令でマフィア主催の地下競売を襲撃した幻影旅団。その事実を知った各マフィアの長で構成された組織・十老頭は、報復の為に自分たちが選抜した最強の能力者・陰獣を幻影旅団に差し向ける。シャルナークはヨークシンで他の旅団メンバーと共に、マフィアと陰獣を相手に戦うウボォーギンをトランプをしながら見物していた。ウボォーギンは戦闘中に陰獣のメンバー・蛭によって膀胱に卵を植え付けるタイプのヒルを注入される。排泄時に卵が孵り、その激痛で死ぬと蛭に説明されたウボォーギンは陰獣を始末した後、幻影旅団のNo.8・シズクの掃除機型の念能力「デメちゃん」で体内の毒とヒルを吸い取るよう頼む。しかし「デメちゃん」は生き物を吸えない能力であることをシズクに教えられたウボォーギンは困惑する。その時シャルナークはウボォーギンに駆け寄り、注入されたヒルは「マダライトヒル」だと察知する。続けてシャルナークは「マダライトヒル」の卵は尿のアンモニア濃度が薄いと羽化せず無痛で排出されることをウボォーギンに伝え、ビールをよく飲んで大量の尿をするように助言した。

シャルナークが「誰か 車でビール沢山盗ってきてよ」と発言した瞬間、ウボォーギンはクラピカによる鎖で誘拐されてしまう。その際に、幻影旅団のNo.3・マチは追跡能力である念糸を使い、旅団メンバーはウボォーギンを乗せた車をシャルナークの運転で追うことになる。その追跡の最中に陰獣のメンバー・梟の攻撃を受け、ノブナガを除く旅団メンバーは車の外に脱出する。車の外では全ての陰獣たちが待ち構えていた。ノブナガを捕らえた梟の能力を見たシャルナークは、幻影旅団の襲撃に備えて地下競売の品物を事前に盗んだ人物が、陰獣であると推察する。旅団メンバーは、ウボォーギンを誘拐した人物が陰獣ではないかを探るべく戦闘を開始する。

全ての陰獣を始末し競売品を奪い盗った幻影旅団。その後、幻影旅団のNo.1・ノブナガ、マチ、No.5・フィンクス、シズクとシャルナークはマフィアンコミュニティーに扮して、とあるビルの一室で拘束された状態のウボォーギンを救出した。拘束具を外されたウボォーギンは大声で叫びクラピカへの報復に乗り出す。しかしその大声で同ビルに滞在していたクラピカを含むノストラード組のルーキー達は、ベーチタクルホテルへ避難していた。そのため、ウボォーギンはシャルナークと共に、とあるアパートの一室でクラピカの捜索にあたる。シャルナークはハンター証(ライセンス)を使用し、ハンターサイトから、ウボォーギンが拘束されていたビルの所有者はノストラード組の幽霊(ダミー)会社だと突きとめる。そしてその幽霊(ダミー)会社がヨークシンに保有している物件と、現在ノストラード組の構成員が宿泊中のホテルを同時に調べ上げ、クラピカが滞在している可能性のある場所をシャルナークはメモに記し、ウボォーギンに手渡した。

ウボォーギンの弔い合戦

旅団メンバーに今後の方針を説明するシャルナーク(中央)

ウボォーギンはクラピカと戦い、二度とアジトへ帰ってくることは無かった。団長は旅団メンバーに「2人組で鎖野郎を探し出して連れてこい」という命令を出しているが、マフィアはおろかクラピカは一切姿を現さない。それを不自然に感じた旅団メンバーたちはシャルナークの指揮の元、作戦会議を行う。シャルナークはマフィアが一切姿を現さなくなった現在の状況について、次の作戦への準備期間だとメンバーに周知する。当初、報復に乗り出したマフィアからクラピカの情報を探る思惑だった旅団メンバーだが、シャルナークの「しかたないから逆にこっちから積極的に狩りに出ようと思う」という提案により、方針を変更することになる。シャルナークはまずハンターサイトから入手したノストラード組構成員の顔写真リストをメンバーに手渡し、覚えるよう促した。渡された顔写真リストの表紙には5人の構成員が印刷されている。シャルナークはその5人の中にクラピカがいない事をウボォーギンから聞いており、旅団メンバーには「鎖野郎の見た目がわからない以上知ってる奴を見つけるしかない」と説明する。その後シャルナークは旅団メンバーに、引き続き2人組で顔写真リストの人物探しを行うように伝え、「んじゃ午後10時にここ集合ってことで 以上!」と指揮をとった。

その後、幻影旅団のメンバーたちは、それぞれ2人組で顔写真リストの人物とクラピカの捜索へ当たる。その最中、シャルナークを含む旅団全員に対して団長クロロからの「セメタリービルで暴れるから来い」という伝言が送信される。旅団一行は予言能力の持ち主・ネオンの能力を盗むために団長クロロが潜入しているセメタリービル周辺に集まる。団長クロロの伝言に付け加えられていた「派手に殺れ!!」という条件に従い、旅団メンバー達はウボォーギンの弔い合戦としてマフィア達に抗争を仕掛ける。シャルナークはセメタリービル周辺で警備中のマフィアにアンテナを刺し、「携帯する他人の運命(ブラックボイス)」で操り仲間討ちをさせた。

同時刻、団長クロロは十老頭に雇われた殺し屋一族・ゾルディック家のゼノとシルバに劣勢を強いられていた。しかしクロロはゾルディック家の長兄・イルミにゼノとシルバの依頼人である十老頭の始末を依頼していた。依頼人が死亡した場合、標的から手を引くというゾルディック家のルールに則り、ゼノとシルバはクロロとの戦闘を中断しその場から立ち去る。クロロはマフィアから一切の痕跡を辿らせず、かつセメタリービルで行われるオークションの競売品を盗むことを予め旅団員に伝えていた。クロロの指示の元、幻影旅団のNo.12・コルトピの能力で幻影旅団の死と競売品は偽造され、オークションはマフィアに扮した旅団メンバー達によって行われた。その際シャルナークはオークションの司会を務めるマフィアを「携帯する他人の運命(ブラックボイス)」で操る役目を担当した。

人質交換に対する見解

ベーチタクルホテルでゴンと暗殺一族であるゾルディック家のエリート・キルアを捕獲した幻影旅団だったが、団長クロロをクラピカに誘拐されてしまう。旅団メンバーの元にクラピカは、No.9・パクノダ宛の「2人の記憶話せば殺す」という、自身と繋がりを持つゴンとキルアの記憶を読み取らせない目的の置き手紙を残した。パクノダが「クラピカを逃し団長を救う」か「蜘蛛の掟に従い、団長を犠牲にしクラピカを狩る」かと選択を迫られる中、ベーチタクルホテルにシャルナーク、フィンクス、幻影旅団のNo.2・フェイタンが合流。団長をすぐ追わなかった事について口論を始めるノブナガとフェイタンをシャルナークは「OK 反省会はあと!」と仲裁に入る。そして今後の方針についてシャルナークは自分を含めたその場にいる旅団メンバー8人全員で、今から団長を追う様に指揮をとり始める。

その瞬間クラピカから電話が入り、団長の人質交換の条件と場所を伝えられる。パクノダはクラピカに一人で来る様にとの条件をつけられ、人質交換を行う為にリンゴーン空港へと向かった。クラピカを倒す為、「追跡するな」という指示に背いてパクノダの後を追うシャルナークとフェイタン、フィンクスに対してノブナガは止めに入る。それに対しシャルナークは、クロロがネオンから盗んだ予言能力を使って提示された、旅団の半分が壊滅するという未来を回避するべく、ノブナガに「ズルズル奴の指示に従えば占い通りになっちゃうよ」と対立の姿勢を見せる。その時、クラピカからクロロの携帯電話を通してシャルナークに着信が入り、フィンクスが通話を対応した。クラピカに「こちらにはお前らのウソを見破る能力者がいる」と伝えられた旅団員は追跡を中止し、アジトへと戻った。

一方、リンゴーン空港でパクノダはクラピカに「私のことについて一切情報を漏らさぬこと!!」という新たな人質交換の条件をつけられ、アジトへと戻る。パクノダは団員達にその旨を伝えるが、フィンクスは人質交換に反対しクラピカの居場所を聞き出そうとする。クラピカを取り逃がしても団長を奪還したいマチとコルトピ、パクノダ側はフィンクスとフェイタンに対立する。一部始終を見ていた幻影旅団のNo.7・フランクリンはシャルナークに現段階での最悪のケースについて尋ねる。それに対しシャルナークは「ゴンとキルア、クラピカの逃亡」「既に団長は殺されている」「クラピカ討伐に反対派の旅団メンバーが操作されている」という3つを最悪なケースだと返答した。フランクリンは一番の最悪なケースは旅団自体が全滅することだと自身の見解を旅団メンバーに伝える。シャルナークもそれに納得し、幻影旅団はパクノダを再び人質交換の場に向かわせた。

団長からのメッセージ

シャルナークはシズクとコルトピと共に、念能力で作られたゲーム空間である「グリードアイランド(G・I)」に潜入していた。ゲーム内で使用できるカードの実物と、予めコルトピのコピー能力で複製したカードの両方をシャルナークは手に持つ。そしてカードを具現化させる呪文である「ゲイン!」と唱えたところ、複製されたカードの方には反応がなく、実物のカードはアイテムへと変身した。またゲーム内のアイテムに対して、無性物なら吸い込めるはずのシズクの「デメちゃん」が機能しなかった。この2つの事象から、シャルナークは「このゲームは仮想世界ではなく 現実世界のどこかで行われている………!!」と推察する。その根拠についてシャルナークは、ゲーム内の市民と重要なアイテムは全てゲームマスターの念能力で具現化されているとシズクとコルトピに説明する。グリードアイランドはカードを全て揃えると、現実世界に3枚まで持ち帰れるというクリア報酬がある。しかし、ゲーム空間が現実と地続きである事に気付いたシャルナークは「簡単に持ち帰れるかも知れない」「3つといわずお宝全部」とカードを盗む意欲を見せた。それに対しシズクとコルトピも賛同し、シャルナークは同じくゲーム空間にいるフィンクスとフェイタンとの合流を図る。

シャルナークはゲーム内から持ち帰った石の成分等からグリードアイランドが実際に行われている島を推察し、旅団メンバーと共に現実世界からの侵入を目論む。旅団メンバーは、現実世界からのグリードアイランドへの侵入に成功するが、彼らの前にゲームマスターであるレイザーが立ち塞がり、「排除(エリミネイト)カード」で遠くの大陸へと飛ばされてしまう。再度、正当な方法でゲーム内に侵入した旅団メンバーは、ゲーム内で会った人物が記載されている本(バインダー)のリストに「クロロ=ルシルフル」の名前を発見する。クロロと会った認識の無い旅団メンバーに対してシャルナークは「おそらくこれは団長じゃない」との見解を示す。シャルナークは続けて、クロロはネオンから盗んだ予言能力に従って無自覚にグリードアイランドを訪れたと考察する。そしてクラピカの能力で念能力を使えないクロロは、自分たちと同じくレイザーによってゲーム外に飛ばされたとシャルナークは語る。本(バインダー)のクロロの名前は、クロロ自身が誰かを雇って名乗らせた形跡であると同時に、念能力を除去する能力者・除念師がゲーム内にいるという、団長からのメッセージであると結論づけた。

paprika0523i8
paprika0523i8
@paprika0523i8

Related Articles関連記事

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描く少年漫画である。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせないのが念能力の存在。念能力は作中に登場する特殊能力で、その方向性によっていくつかの系統に分けることが可能である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 「幻影旅団」とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』とは『週刊少年ジャンプ』で連載している冨樫義博による少年漫画である。主人公のゴン=フリークスが父親を探すため、怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける「ハンター」になり、様々な冒険をする物語だ。ハンターは仕事柄、未知の領域に踏み込むことが多いため、念能力という特殊な能力を身につけている。その中でも特質系と呼ばれる系統は他に類のない特殊な能力で、特質系に分類される能力者はとても少ない。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。念能力の系統の一つ・「操作系」とは物質や生物などの物体をオーラで操作する能力で、高い応用性を持った系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「具現化系」とは念能力の系統の一つで、オーラを物質化させることができる。主要人物の一人であるクラピカは具現化系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「放出系」とは体から離れたオーラを飛ばす、何らかの形を与える能力が多い。ゴンと共にハンター試験を受けたレオリオは、放出系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博の漫画作品及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事の追求を生涯をかける「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」と呼ばれる特殊な能力を身に着けていなくてはならない。「強化系」とは、念能力を六つの系統に分けた属性の一つで、物の持つ力や働きを強める系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「変化系」はオーラの形状や性質を変える能力で、糸、電気、ゴムなどあらゆるものに変化させる。ゴンの友人で、暗殺一家のキルアも変化系に属する。

Read Article

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディックとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主人公ゴン=フリークスの親友であるキルア=ゾルディックの祖父。暗殺一家ゾルディック家の一員。キルアに対して甘い一面があり、家族の意に反しハンターの道を進むキルアを見守っている。オーラと呼ばれる生命エネルギーを龍に変化させ自在に操る変化系の能力者。ハンター協会会長を務めていたアイザック=ネテロと古くから付き合いがあり、表社会と裏社会を統べる者同士で持ちつ持たれつの関係を築いている。登場人物の中でも、トップクラスの実力の持ち主である。

Read Article

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターであり、暗殺一家ゾルディック家の当主。ゴンの友達キルアの父親。長身、長髪で筋肉質な見た目は周りのものを委縮させるほどの威圧感がある。過去には幻影旅団の団員と戦って暗殺したことがあり、暗殺者としては一流の腕を持つ。キメラアント編ではヂートゥを一撃で叩き潰している。

Read Article

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』の主要人物の1人で、伝説の暗殺一家の三男。暗殺術の才能はゾルディック家史上随一と言われており、ゾルディック家当主の父シルバ、長男イルミから英才教育を受けていた。しかし敷かれたレールの上を歩く人生に嫌気がさし、ある日母と次男を刺して家出をする。そして暇つぶしに受けたハンター試験でゴンに出会うのであった。

Read Article

ヒソカ=モロウ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ヒソカ=モロウ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ヒソカ=モロウとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、ピエロのような風貌の気まぐれな殺人快楽者。主人公ゴンと同じく第287期ハンター試験に合格。気に入った強敵と戦って殺すことに喜びを感じ、興味のない相手は躊躇なく殺す。ハンター協会内でも「謎の奇術師」として警戒されている。自らに匹敵する強さになると見込んだゴンをいたく気に入っている。幻影旅団の団長と戦うために一時団員として身を置いていた。団長との戦闘で敗北し奇跡的に生還を遂げた後は、旅団員を全員を殺すため暗黒大陸を目指す船に潜伏している。

Read Article

イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディックとは『週刊少年ジャンプ』に掲載されている漫画『HUNTER×HUNTER』に登場する、ゾルディック家の長男でキルアの兄である。黒い瞳に黒髪ロングの見た目で感情の起伏に乏しく表情も全く変化がないため日本人形や能面を思わせる雰囲気を持っている青年。弟のキルアに対して異常な執着を持っており、普段は感情をあまり表に出さない冷酷なイメージだが、キルアが絡むと感情を露わにすることがある。執事のツボネ曰くイルミと次男のミルキは母親似で好きになれないらしい。

Read Article

クラピカ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クラピカ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クラピカとは、『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主要人物の1人。興奮状態になると目が緋色になる少数民族”クルタ族”の生き残り。同胞を惨殺し”緋の眼”を奪い去った幻影旅団を捕まえるため第287期ハンター試験を受験し合格。イズナビの元で修業を積み念能力を習得し、ノストラードファミリーとして裏社会で暗躍しながら亡き同胞の奪われた目を取り戻していく。レオリオの推薦で”十二支ん”のメンバーに抜擢され、残りの目を取り戻すため”B・W(ブラックホエール)1号”に乗り暗黒大陸を目指す。

Read Article

ビスケット=クルーガー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ビスケット=クルーガー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ビスケット=クルーガーとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで、宝石の収集をメインに活動しているストーンハンター。愛称はビスケ。ハンター協会の会長であるネテロの創始した「心源流拳法」の師範である。主人公ゴンとその友達のキルアの潜在能力の高さに気づき、修行を経て二人の能力を開花させた人物。師匠としてはとても優秀で、弟子には厳しくも優しく接している。

Read Article

マチ=コマチネ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

マチ=コマチネ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

マチ=コマチネは『HUNTER×HUNTER』において最初に登場した幻影旅団(通称クモ)の一員である。主に追跡や治療の役割を担っており、ゴンやキルア、ヒソカといった主要メンバーと関わる機会が多い敵陣のキャラクターだ。強気でクールな性格であり、自らと関係のない人物の命を容赦なく奪う。その一方で同じ旅団員、特に結成時のメンバーには仲間意識が強い。また団長クロロに厚い信頼を寄せている。

Read Article

フェイタン=ポートオ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フェイタン=ポートオ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フェイタン=ポートオとは『HUNTER×HUNTER』における悪名高い盗賊集団・幻影旅団(通称クモ)の一員である。戦闘に長けており、殺人に躊躇のない冷酷さを持つ。中でも拷問好きの一面を持ち、旅団のアジトに連れ去られた主人公・ゴンに拷問を仕掛けようとした。一族を殺された報復としてクラピカにメンバーの殺害や団長を誘拐され、お互いを殺し合おうと激しい争いを繰り返している。一人称はワタシで「お前 調子乗りすぎね」等、特徴的な話し方をする。主な武器は、刀と弾丸を備えた傘。ゲームに興味を寄せる一面もある。

Read Article

フィンクス=マグカブ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フィンクス=マグカブ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フィンクス=マグカブとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、戦闘に長けており殺人に一切の躊躇がない冷酷さを持つ。団員の中でも短気な性格であり、団長クロロの奪還について反対するフィンクスに主人公・ゴンが腹を立てた際は、その首を折ると脅した。また旅団メンバーに助言を行うこともあり、冷静な状況判断にも長けている。常に武器は持たず、肉弾戦を得意としている。一族を滅ぼされたクラピカと旅団で激しい争いを繰り返している。

Read Article

ゴン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゴン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゴン=フリークスとは『週刊少年ジャンプ』に掲載されている『HUNTER×HUNTER』に登場する主人公である。ツンツンに逆立つ緑色がかった黒髪にどんぐり目の一重の少年。くじら島の出身で叔従母(いとこおば)のミトのもとで、幼い頃から大自然に囲まれて育ち、8歳の時にカイトと出会い、自然の厳しさと父親ジン=フリークスのことを教えられ、ハンターに対して強い憧れを抱く。そして11歳になり、父親を探し自分の夢を叶えるために、くじら島を出てハンター試験を受ける。

Read Article

メルエム(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

メルエム(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

メルエムとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターでキメラ=アントの王。自らが種の全てを託された王であるという自覚と自負を、生まれながらにして持っている。非常にプライドが高く、自身の発言・命令への拒否、偽り、誤魔化しは断じて許さない。口癖は「二度言わすな」。身体能力は他のキメラアントを遥かに凌駕しており、長く伸びた尾をムチのように振るい、相手を叩き潰すことを得意としている。

Read Article

NEW
アイザック=ネテロ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

アイザック=ネテロ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

アイザック=ネテロとは『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで、ハンター協会及びハンター試験審査委員会の会長である。ハンター試験のトラブル処理をしたり、奇術師ヒソカの挑発を煙に巻くなど老獪な爺さん。また、「心源流拳法」の創設者である。ハンター試験に合格して裏試験を受けたプロハンターは、全員が心源流の教えに基づいて念能力を習得している。

Read Article

ノブナガ=ハザマ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノブナガ=ハザマ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノブナガ=ハザマとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターである。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、旅団内では特攻の役割を担っている。戦闘に長けており殺人に一切の躊躇がない冷酷さを持つ。その反面、自らが気に入った人物に対しては情に厚く、尋問中の主人公・ゴンがノブナガを腕相撲で打ち負かした際には、旅団への入団を誘った。また常に刀を持ち歩き、素早い抜刀で標的を殺害できる。一族を滅ぼされたクラピカと旅団で激しい争いを繰り返している。

Read Article

シズク=ムラサキ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シズク=ムラサキ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シズク=ムラサキとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団のメンバーで、旅団内では主に情報・処理の役割を担っている。殺人への躊躇を見せない冷酷さを持つ反面、天然でマイペースな性格であり、一度忘れた事は二度と思い出さない。また好奇心が豊かであり、主人公・ゴンが腕相撲でダイヤを報酬に条件競売を実施した際は、盗賊であるにも関わらずお金を払って参加した。旅団に一族を滅ぼされたクラピカと激しい争いを繰り返している。

Read Article

カイト(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

カイト(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

カイトとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで主人公ゴンの父親であるジンの弟子であり、ゴンの先輩にあたるプロハンターである。股に届くほど伸ばした長髪の青年で、帽子を愛用している。父親は死んだと教えられていたゴンに、ジンは生きていること、ハンターという職業があることを教え、自分もジンのようなハンターになりたいと決意させたのはカイトである。

Read Article

NEW
パクノダ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

パクノダ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

パクノダとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、主に尋問と調査の役割を担っている。旅団を尾行していた主人公ゴンと元暗殺者キルアを捕らえた際は、旅団に一族を滅ぼされたクラピカの情報を聞き出そうとした。仲間意識が強く団長クロロとクモの掟に絶大な信頼を寄せている反面、任務の為なら躊躇なく殺人を行う冷酷さを持つ。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

コジコジ(COJI-COJI)のネタバレ解説・考察まとめ

コジコジ(COJI-COJI)のネタバレ解説・考察まとめ

『コジコジ』とは、漫画家さくらももこによる日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。漫画は『きみとぼく』で1994年から1997年まで連載され、アニメは1997年から1999年まで放送された。メルヘンの国に住む主人公「コジコジ」と、その仲間達の日常生活を描いた作品。さくらももこの持ち味であるシュールさやブラックジョークをふんだんに用いて描かれている。

Read Article

目次 - Contents