空閑遊真(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

空閑遊真(くが ゆうま)は『ワールドトリガー』の登場人物で主人公の一人。近界(ネイバーフッド)と呼ばれる異星から物語の舞台である三門市にやってきた近界民(ネイバー)。父親と近界のいろんな国を旅をしながら暮らしていた。敵に瀕死の重傷を負わされた空閑を助けるために父親が黒トリガーになったことをきっかけに三門市にやってくる。近界での戦闘経験を活かした臨機応変な戦闘スタイルが強み。「嘘を見抜く」という能力のサイドエフェクトがあり、嘘をつくと口から黒い煙が出ているように見える。

空閑遊真の来歴・活躍

玄界(ミデン)来訪

三雲が通う三門市立中学に突然転校してきた空閑は同じクラスの三雲と出会い、物語が始まる。
警戒区域外に現れるトリオン兵に立ち向かう三雲を空閑が助け、空閑は自身が近界民であることを明かす。
三雲をこっそり支えながら目的のため、ボーダーへの接触の機を伺っていたが、トリオンの痕跡により近界のトリガーが使用されたとボーダー本部で判明。
ボーダー本部A級の三輪隊の襲撃により、自身が近界民かつ黒トリガー持ちであることが明らかになってしまう。
迅悠一(じん ゆういち)の介入によりその場は事なきを得、空閑は迅の所属する玉狛支部を訪れることとなる。

空閑の過去

物心ついたころには父親空閑有吾と有吾のつくったトリオン兵レプリカとともに、近界の諸国を傭兵として旅をして回っていた。
4年前、とある国で傭兵として戦争に参加。半人前の戦闘員として空閑も参戦するつもりだったが、有吾に待機を命じられる。
しかし血気盛んだった空閑は命令に背いてこっそり戦闘エリアに出向き、敵の黒トリガー使いに襲われ瀕死の重傷となってしまった。
死を待つばかりの空閑の前に父が現れ、「助けてやる」と自身の生命と全トリオンを投入して黒トリガーを生成。
すべてを使い切った父は空閑が気が付くと風で崩れ去ってしまった。
空閑の瀕死の肉体は黒トリガー内に封印され、空閑は新たな肉体として特殊なトリオン体で活動することとなった。
トリオン体であるためそれ以来空閑の体は成長を止め、11歳のままとなっており、髪も黒から白へ変化した。

空閑は父親を黒トリガーから蘇らせることができないかと考え、あちらの世界「玄海」へ行くことを決意した。

ボーダー入隊

玉狛支部にて、父親の知り合い「モガミソウイチ」がボーダーの幹部であり、かつ父親もボーダーの創設者と知った空閑。
しかし、迅の師匠である最上宗一は黒トリガーとなっていた。
黒トリガーから人間を蘇ることができないと知った空閑は、迅からボーダーへの入隊を誘われるも、近界に帰ることにした。

そこで、空閑の事情をレプリカからきいた三雲に、ボーダーで一緒に戦わないかと声を掛けられる。
雨取の兄は数年前、近界に調査に行くといって出て行ってしまっており、雨取は探しに行きたいという。しかし、近界に行くにはボーダーのA級に昇格し、遠征部隊に選ばれなければならない。
三雲は空閑の力が必要だと説得し、空閑は了承。その代わり三雲が隊長になることを条件とした。
こうして玉狛第二/三雲隊が結成。
3人は遠征部隊を目指してボーダー内の昇格に挑むこととなった。

空閑はまずボーダーの入隊式に参加。まずはC級としてB級隊員になるべくミッションをこなす。
仮想トリオン兵との模擬戦闘やC級隊員との戦闘で圧倒的な戦闘力を見せる空閑。
ボーダー本部長忍田真史(しのだまさふみ)からB級に特例で昇格する提案を受けるも、近界民であることから悪目立ちを避けるため地道にポイントを稼いで昇格を狙うことにした。

第二次大規模侵攻

近界の中でも大国であるアフトクラトルからの大きな攻撃、通称「大規模侵攻」が予想されたため、ボーダーは迎え撃つための作戦を整えていた。
空閑も幹部の作戦会議で攻めてくる国がどこかについての情報提供を求められる。
そこでレプリカはボーダーの最高司令官である城戸政宗(きど まさむね)に対して、空閑の身の安全の保証と引き換えに周辺諸国の情報を教えると交渉。城戸は「ボーダーのルールに従う限りは身の安全を保証する」と宣言した。

敵アフトクラトル国の侵攻がはじまり、空閑も学校から参戦。 城戸から黒トリガーの使用は禁じられていたため、ノーマルトリガーで戦っていたが、敵が新型トリオン「ラービット」を出してきたことにより状況が一変。
ノーマルトリガーでは分が悪いと踏んだ空閑は、即座に黒トリガーを起動し応戦する。しかし、戦闘中にB級茶野隊に敵と間違われて攻撃されてしまう。嵐山隊の介入により事なきを得たが、城戸より嵐山隊へ同行するよう指示され、三雲とは別行動となった。
その後迅と合流し、大規模侵攻の未来によっては三雲が死亡すると伝えられ、三雲が死なない未来のために奮戦。
2人の前に現れたアフトクラトル国のヴィザとヒュースに立ち向かう。迅との作戦会議のうえ、コンビで戦うのは不利と判断。分断して1人1人と戦うことにしたため、空閑はヴィザと相対することになった。
実力も経験も格上、さらに国宝級の黒トリガーを使用するヴィザを相手取り、苦戦を強いられ、徐々に追い詰められていく。しかし、持ち前の機転を活かしてヴィザをとうとう撃破。
ギリギリであったが三雲を襲うアフトクラトル国隊長ハイレインへ攻撃を飛ばし、三雲はなんとか助かった。
しかし、三雲を助けるためにレプリカが敵国の遠征艇に侵入したまま出発してしまう。
三雲は自身を守るためにレプリカが犠牲となったことを謝るも、空閑は「修と千佳を助ける」という命令を全うしたレプリカを「よくやったと思う」と褒めた。

論功行賞で空閑は特級戦功を授与される。本来はポイントが得られるが、本部の提案でポイントを雨取につけて雨取をB級に昇格させ、B級には自力でポイントを貯めて昇格した。
ここでようやく全員がB級に昇格し、晴れてB級玉狛第二/三雲隊が正式に結成されることとなった。

B級ランク戦

第二次大規模侵攻直後、B級内でのランキングを争い、上位2チームはA級への挑戦権を得るB級ラウンド戦が始まった。
空閑たち玉狛第二は遠征部隊を目指すため、まずはB級上位を目指してラウンド戦に挑む。

ROUND1

ROUND1は吉里隊と間宮隊との対戦。
大規模侵攻直後であったため療養中の三雲は不参加、解説員となったため、空閑と雨取だけで戦うことに。
しかし解説の三雲が「大丈夫だと思います。」といった通り、空閑の実力を知らない対戦相手を無双し、一瞬で戦闘終了。
華々しい初陣をきった。

ROUND2

荒船隊

荒船哲次(あらふね てつじ)
【ポジション】隊長/スナイパー

穂刈篤(ほかり あつし)
【ポジション】スナイパー

半崎義人(はんざき よしと)
【ポジション】スナイパー

諏訪隊

諏訪洸太郎(すわ こうたろう)
【ポジション】隊長/ガンナー

堤大地(つつみ だいち)
【ポジション】ガンナー

笹森日佐人(ささもり ひさと)
【ポジション】アタッカー

本戦

荒船隊、諏訪隊との対戦。
三雲は初のランク戦とあって下調べと作戦準備に余念がなく、空閑もその思いにこたえようと万全の態勢を整えていた。
ランク戦では一番ランクの低い隊が対戦マップを選べ、今回は玉狛第二に選択権がきていた。
三雲は「市街地C」を選択。階段状の宅地が斜面に沿って続く地形であり、スナイパーが3人いる荒船隊は有利、逆にスナイパーのいない諏訪隊は不利な戦闘エリアである。
玉狛第二の狙いはあえて荒船隊の有利な状況に偏らせることで、諏訪隊と玉狛第二の利害を一致させることであった。予想どおり荒船隊VS諏訪隊+玉狛第二の陣形になり、空閑の得意とする乱戦の状況が整う。
エース対決荒船VS空閑は、荒船がスナイパー装備からアタッカー装備に切り替えたことで勝負の行方が危ぶまれたが、無事空閑の勝利。諏訪隊も終始連携できないようにバラけさせ、一人ひとりつぶしていくことで、玉狛第二の作戦勝ちとなった。
この試合で玉狛第二は8位に上昇した。

ROUND3

那須隊

那須玲(なす れい)
【ポジション】隊長/シューター

熊谷友子(くまがい ゆうこ)
【ポジション】アタッカー

日浦茜(日浦茜)
【ポジション】スナイパー

1skumachen
1skumachen
@1skumachen

Related Articles関連記事

ワールドトリガー(ワートリ)のトリガーと必殺技まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)のトリガーと必殺技まとめ

『ワールドトリガー』とは、葦原大介による漫画、及びそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 ある日突然現れた近界民(ネイバー)の襲撃により、三門市は大きな被害を受ける。その危機を救ったのが『ボーダー』と呼ばれる機関だった。ボーダーに所属する三雲修は空閑遊真という少年と出会う。遊真は近界民の世界からやって来ていた。 トリガーとはこの世界で使われる武器である。トリガーは地球、近界民で独自に発展し、多様な戦い方をするこの作品の要となっている。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)のサイドエフェクト・副作用まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)のサイドエフェクト・副作用まとめ

『ワールドトリガー』とは、葦原大介による漫画、及びそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 ワールドトリガーでは、異世界人である近界民(ネイバー)の技術である『トリガー』を使って戦う。トリガーは『トリオン』というエネルギーを使って運用される。トリオン能力が優れた者は稀に特殊能力を発揮する。それが『副作用(サイドエフェクト)』である。

Read Article

NEW
ワールドトリガー(ワートリ)のネタバレ解説・考察まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワールドトリガー』とは、2013年より葦原大介が『週刊少年ジャンプ』で連載を開始し、2018年より『ジャンプスクエア』に移籍した漫画およびそれを原作としたアニメ、ゲーム作品のこと。舞台は現代の日本。ある日突然異世界から近界民(ネイバー)が現れ、三門市という街を襲った。そして、それに唯一対抗できる界境防衛機関「ボーダー」という組織が作られた。そのボーダーの隊員である三雲修が、異世界からやって来た転校生・空閑遊真(ネイバー)に出会うところから物語は始まる。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『ワールドトリガー』とは葦原大介によるバトルアクション漫画及びそれを原作としたアニメ作品。この記事では、『ワールドトリガー』のアニメに使われた歴代のオープニング・エンディング主題歌を紹介する。白熱のバトルを盛り上げる主題歌には様々なアーティストが起用され、どれもがファンから高い支持を受けている。

Read Article

那須玲(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

那須玲(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

那須玲(なす れい)とは、『ワールドトリガー』の登場人物で、ボーダー本部所属B級那須隊の隊長。ボーダー内でも屈指の「バイパー(変化弾)」使いで、聡明さと高度な戦闘技術で隊長兼エースを務める。病身のため自宅で過ごすことが多く、作戦会議なども自宅のベットで行っていることがある。しかし、いざ戦場に立つと俊敏な動きで敵を圧倒する。ランク戦三日目昼の部(第三戦)でも、本作の主人公を要する玉狛第二(三雲隊)と激戦を繰り広げ主人公達を追い詰めた。穏やかで落ち着いた性格を持ち、チームメイト想いな女性。

Read Article

生駒達人(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

生駒達人(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

生駒達人(いこまたつひと)は『ワールドトリガー』の登場人物で、ボーダー本部所属B級生駒隊の隊長。迅悠一曰く「ボーダー随一の旋空弧月の使い手」で攻撃手(アタッカー)ランキング6位の実力。県外からのスカウトで三門市にやってきてた京都人。コテコテの関西弁でボケを連発するなど終始マイペースな人物で、『ワールドトリガー』内では珍しい三枚目キャラクターである。隊員たちからは「イコさん」と呼ばれている。17巻のB級ランク戦で初登場。

Read Article

NEW
影浦雅人(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

影浦雅人(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

影浦雅人(かげうらまさと)とは、『ワールドトリガー』の登場人物で、ボーダー本部所属B級影浦隊の隊長。ボーダー内屈指のアタッカーだが、暴力行為や素行の悪さも目立つ問題児。「感情受信体質」という副作用(サイドエフェクト)を発現させており、戦闘面では不意打ちや遠距離からの射撃を察知することが可能。ただし私生活では他人の感情も意図せず察知してしまうためつらい思いをしている。素行の悪さはサイドエフェクトに起因しているともいえる。本作主人公の空閑遊真(くがゆうま)と仲が良く、ライバル関係にある。

Read Article

出水公平(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

出水公平(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

出水公平(いずみ こうへい)とは、『ワールドトリガー』の登場人物で、ボーダー本部所属A級1位太刀川隊のシューター。4種類の弾トリガーを巧みに操ることができる感覚派の天才。ふたつの弾トリガーを組み合わせる「合成弾」の生みの親。作中では「弾バカ」と呼ばれており、高い戦闘センスと高度な技術で戦闘面で大きな活躍をしている。また、豊富な知識や洞察力も持ち合わせているため、戦闘だけでなく指導者としても一流である。本作主人公の三雲修(みくもおさむ)に指導をつけている。

Read Article

NEW
嵐山准(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

嵐山准(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

嵐山准(あらしやまじゅん)とは、『ワールドトリガー』の登場人物で、ボーダー本部所属A級嵐山隊の隊長。A級5位としての活躍もさながら、ボーダーの顔として広報部隊も兼務している。広報としてはテレビやCMなどへの出演をはじめ、新入隊員の入隊試験を担当するなどその任務は多岐にわたる。三門市ではある種の芸能人のような扱いをされており、特に女性からの人気が高い。家族のことを何よりも大事に考えており、好きなものに弟妹をあげるほどのブラコン・シスコン。三門市を守るザ・正義の味方の象徴のような青年である。

Read Article

NEW
迅悠一(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

迅悠一(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

迅悠一(じん ゆういち)とは、『ワールドトリガー』の登場人物であり、本作の主人公の一人である。自らを「実力派エリート」と名乗るその実力は本物。黒トリガー「風刃」の最初の所有者であり、ボーダー内に数人しかいないとされているS級隊員であった。「未来予知」というサイドエフェクトによって目の前の人間の未来を見ることができる。「風刃」を本部に返還したため隊に所属しないA級隊員として活動している。「ぼんち揚げ」が大好物で、部屋に箱で常備しているほど。

Read Article

NEW
ヒュース(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

ヒュース(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

ヒュースとは、『ワールドトリガー』の登場人物で、近界(ネイバーフット)最大級の国家であるアフトクラトルに所属する兵士。本作の舞台である現代/玄界(ミデン)に侵攻してきた人型ネイバーの一人である。大規模侵攻編後は捕虜として玉狛支部に引き取られることとなった。その後、母国への帰還を条件に一時的に玉狛第二/三雲隊へ加わる。8歳から剣術を学んでおり、戦闘センスも非常に高い。また、B級ランク戦の映像から隊員たちの実力や最善の戦術を即座に指摘できるほどの戦術眼も持ち合わせている。

Read Article

NEW
二宮匡貴(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

二宮匡貴(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

二宮匡貴(にのみや まさたか)とは、『ワールドトリガー』の登場人物。ボーダー本部所属B級二宮隊隊長。射手(シューター)ランク1位、個人総合ランク2位。かつてはA級部隊を率いていたが、隊員の鳩原未来(はとはら みらい)の違反行為により降格処分を受けた過去を持つ。鳩原について今も独自に調査を続けている。実力に裏付けされた高圧的でぶっきらぼうな態度、辛辣な物言いが目立つが、能力のある人間には敬意を払い、必要なら教えを乞うことも辞さないストイックな人物。

Read Article

風間蒼也(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

風間蒼也(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

風間蒼也(かざま そうや)とは『ワールドトリガー』の登場人物で、ボーダー本部所属A級風間隊の隊長。他人の才能や才覚を見抜くことに長けており、優れた育成能力も持ち合わせている。厳しめな物言いもするが、役目を果たしたものを称賛したりと優しさも持ち合わせている。スコーピオンをメイントリガーとして扱い、アタッカーランクは2位の実力者。部隊の戦術は聴覚と透明化のトリガーを駆使したステルス戦闘を得意としている。間接的ではあるが、本作主人公の一人三雲修(みくも おさむ)の成長に何度もかかわっている。

Read Article

NEW
烏丸京介(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

烏丸京介(ワールドトリガー)の徹底解説・考察まとめ

烏丸京介(からすまきょうすけ)とは、『ワールドトリガー』の登場人物で、ボーダー玉狛支部所属A級玉狛第一/木崎隊のオールラウンダー。本作の主人公である三雲修(みくもおさむ)の師匠でもある。隊長である木崎レイジ(きざきれいじ)を師匠にもち、オールラウンダーとしての戦法を受けついでいる。1年ほど前までは本部に所属していたため、本部の隊員達との交友関係も広い。作中で認定されているイケメンであり、好意を寄せている女性も多い。家庭が大家族でもあるためバイトを複数掛け持ちしている。

Read Article

虹色デイズ(水野美波)のネタバレ解説・考察まとめ

虹色デイズ(水野美波)のネタバレ解説・考察まとめ

原作は水野美波。集英社の別冊マーガレットに2012年2月号~2017年4月号まで連載。 喜怒哀楽がすぐ出てしまう主人公・夏樹は時々乙女チックな妄想をする妄想男子。女好きで若干シスコンの智也。さわやかなサディスティックの恵一。頭脳明晰だが照れ屋のオタクメガネの剛。 この4人を軸に高校生の淡い恋愛や友情、進路に伴う成長、少しバカっぽい日常をコメディタッチで描いた作品。

Read Article

【ワールドトリガー】三雲隊所属・ネイバー空閑遊真の厳選画像まとめ【ワートリ】

【ワールドトリガー】三雲隊所属・ネイバー空閑遊真の厳選画像まとめ【ワートリ】

空閑遊真(くが ゆうま)は、『週刊少年ジャンプ』の大人気サイエンス・ファンタジー漫画『ワールドトリガー』の登場人物であり主人公。ネイバーという異世界からやってきた少年。年齢は14歳であるが、外見はそれよりも幼い印象があり、身長も低い。ボーダー隊員の三雲修と出会い、ネイバーの身でありながらボーダーに所属するようになる。小柄な体格を活かしたスピードのある戦闘スタイルを持ち、ボーダーの上級隊員とも渡り合う実力を持っている。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)公式Twitterで回答されたQ&Aまとめ

ワールドトリガー(ワートリ)公式Twitterで回答されたQ&Aまとめ

『ワールドトリガー』は集英社の『週刊少年ジャンプ』の大人気サイエンス・ファンタジー漫画。作り込まれた世界観と個性溢れるキャラクターが魅力的である。登場人物が多く、またキャラクター達が使用する武器も多様化しているため、話を聞くと複雑難解に聞こえるかもしれないが、読者が気になる細かな設定が多く公開されているため、意外にも読者がすんなりと入り込める漫画になっている。公式Twitterや単行本では、読者からの質問に作者が丁寧に回答しているQ&Aが公開されている。

Read Article

【ワートリ】ワールドトリガーの美人揃いのオペレーターまとめ!【アニメOP】

【ワートリ】ワールドトリガーの美人揃いのオペレーターまとめ!【アニメOP】

オペレーターとは、『週刊少年ジャンプ』の大人気サイエンス・ファンタジー漫画『ワールドトリガー』に登場する組織・ボーダーに所属するとある役目を持つ人達の総称。ボーダー内で組織されている部隊には、必ず一人オペレーターと呼ばれる人員を必要とする。 TVアニメ第1期のOP(オープニング)2『アシタノヒカリ』にでは、オペレーターが集合している場面が描かれており、個性溢れるかわいい・美人なキャラクターが勢揃いだ。この記事では各オペレーターのプロフィールを紹介する。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)の登場人物・キャラクターの個人ポイント・ランキングまとめ

ワールドトリガー(ワートリ)の登場人物・キャラクターの個人ポイント・ランキングまとめ

『ワールドトリガー』は集英社の『週刊少年ジャンプ』の大人気サイエンス・ファンタジー漫画。バトル要素も多いこの漫画では敵とのバトルと同じくらいボーダー隊員同士のバトルも描かれる。ボーダーに所属する戦闘員はそれぞれポイントを持っており、仲間内で戦いその勝敗でポイントが個人間を移動するシステムがある、ポイントの多さは個人の強さの証であり、それによって組織内でのランキングも作られている。

Read Article

【ワールドトリガー】登場人物・キャラクターの強さランキングTOP10【ワートリ】

【ワールドトリガー】登場人物・キャラクターの強さランキングTOP10【ワートリ】

『ワールドトリガー』は集英社の『週刊少年ジャンプ』の大人気サイエンス・ファンタジー漫画。バトル漫画としても人気のこの漫画には多くのキャラクターが登場し、戦いを繰り広げている。多くの登場人物が所属するボーダーではポイント制で強さをランキングする仕組みがあり、実力者が明確になっているが、ポイントでは推し量ることのできない強さなども存在している。この記事では『ワールドトリガー』に登場するキャラクター達の中でも特に強い10人をピックアップして紹介している。

Read Article

【ワートリ】ワールドトリガーに出演する超豪華な声優陣まとめ!

【ワートリ】ワールドトリガーに出演する超豪華な声優陣まとめ!

『ワールドトリガー(ワートリ)』は集英社の『週刊少年ジャンプ』の大人気サイエンス・ファンタジー漫画。作中にはたくさんの個性あふれる魅力的なキャラクターが登場し、その数は100を超える。TVアニメは2021年10月には第3期が放映される予定だ。キャラクターを演じる声優陣の顔ぶれが超豪華であることも人気の一つであり、その豪華な顔ぶれに驚かされる。この記事では『ワールドトリガー』の登場人物に命を吹き込む超豪華声優陣をまとめて紹介する。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)の登場人物・キャラクターの対戦記録まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)の登場人物・キャラクターの対戦記録まとめ

『ワールドトリガー(ワートリ)』は集英社の『週刊少年ジャンプ』の大人気サイエンス・ファンタジー漫画。バトル漫画としても人気なこの漫画では作中で多くのバトルが描かれている。敵との戦いももちろんだが、『ワールドトリガー』では研鑽のためボーダー組織内同士の戦闘員が戦う場面もたくさんある。この記事では登場人物・キャラクター達の過去の対戦記録を○✕でまとめている。

Read Article

【ワールドトリガー】B級射手・那須玲のプロフィール・画像まとめ【ワートリ】

【ワールドトリガー】B級射手・那須玲のプロフィール・画像まとめ【ワートリ】

那須玲(なす れい)は、『週刊少年ジャンプ』の大人気サイエンス・ファンタジー漫画『ワールドトリガー』の登場人物。B級部隊の部隊長を務めている射手(シューター)。病弱なため生身の体ではあまり運動などはできないが、トリオン体に換装することで自由に動くことができる。自隊の順位はB級中位と決して高くないが、射手としての能力は高く、A級1位太刀川隊隊長の太刀川も実力を認めるところである。

Read Article

【ワールドトリガー】A級1位・太刀川隊の射手・出水公平の厳選画像まとめ【ワートリ】

【ワールドトリガー】A級1位・太刀川隊の射手・出水公平の厳選画像まとめ【ワートリ】

出水公平(いずみ こうへい)は、『週刊少年ジャンプ』の大人気サイエンス・ファンタジー漫画『ワールドトリガー』の登場人物。ボーダーにある隊の中で最も実力のある部隊、A級1位・太刀川隊に所属しており、個人でも射手(シューター)でNo.1の実力を持っている。キャラクター人気投票では上位入賞常連者であり、バレンタインデーでもファンから多くのプレゼントを獲得している。この記事では出水公平の厳選画像をまとめる。

Read Article

【ワールドトリガー】A級3位風間隊隊長・風間蒼也の厳選画像まとめ【ワートリ】

【ワールドトリガー】A級3位風間隊隊長・風間蒼也の厳選画像まとめ【ワートリ】

風間蒼也(かざま そうや)は、『週刊少年ジャンプ』の大人気サイエンス・ファンタジー漫画『ワールドトリガー』の登場人物。ボーダーに存在する8つの精鋭部隊A級の中で3位に位置する風間隊の創設者であり隊長である。21歳で戦闘員の中では年長者であり性格もクールだが、低めの身長と少し幼い顔立ちのせいで、実際よりも若く見られがち。そのギャップに落ちたファンも多く存在する。この記事ではそんな風間蒼也の公式・非公式の画像を厳選してまとめる。

Read Article

【ワールドトリガー】実力派エリート・迅悠一の厳選画像まとめ【ワートリ】

【ワールドトリガー】実力派エリート・迅悠一の厳選画像まとめ【ワートリ】

迅悠一(じん ゆういち)は、『週刊少年ジャンプ』の大人気サイエンス・ファンタジー漫画『ワールドトリガー』の登場人物。自他共認める実力派エリートであり、サイドエフェクト(副作用)「未来予知」という特殊能力を持っている。さらにブラックトリガー「風刃」を所持しており、ボーダー内でも数少ないS級隊員であった。その後「風刃」を手放したため、A級隊員に降格。部隊には所属せず、サイドエフェクトを駆使し、世の中がいい方向に進むよう暗躍をしている。

Read Article

【HY】カラオケで盛り上がる!おすすめの男女デュエット曲まとめ【AM11:00】

【HY】カラオケで盛り上がる!おすすめの男女デュエット曲まとめ【AM11:00】

男女混合でカラオケに行くとデュエット曲に挑戦してみたくなることはありませんか?気になる人や好きな人がいるなら、またとない大接近のチャンスです!この記事では、そんな場合におすすめな男女デュエット曲についてまとめました。歌には自信がない…という方も、ぜひチャレンジしてみてください。大事なのはウマく歌うことじゃなく、一緒にその場を楽しむことですよ!

Read Article

【GARNI】AAAの使ってるアクセサリー・アイテムまとめ!マネしたくなる!【クロムハーツ】

【GARNI】AAAの使ってるアクセサリー・アイテムまとめ!マネしたくなる!【クロムハーツ】

人気パフォーマンスグループのAAA。そのメンバーが身に付けているアクセサリーやアイテムがとってもオシャレとのことで話題になっています。メンバー同士でお揃いのものを使っていたりもするみたいで、グループ愛を感じますね。一体どんなものなのか、メンバー1人ずつまとめてみました。これらを身に付ければ、あなたも今日からAAAになれる!?

Read Article

目次 - Contents