【FAIRY TAIL】主要な登場人物・キャラクターの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィなどが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。作中では多くの登場人物・キャラクターや魔法が登場し、ド派手なバトルが繰り広げられる。ここでは『FAIRY TAIL』の主要な登場人物・キャラクターの人物像や魔法を解説する。

「天空の巫女」「天竜」の異名を持つ。12歳で、右腕に水色の紋章がある。好きなものはシャルル、嫌いなものは梅干し。
元は「化猫の宿」の一員。幼い頃、天竜・グランディーネが消えたことで路頭に迷っていたところをジェラール(ミストガン)に助けられ、しばらく共に旅をした後「化猫の宿」に預けられた。
藍色の長髪を持つ華奢な少女。柔和温順で健気な性格だが、気弱でおどおどしており、引っ込み思案な傾向がある。その一方で、仲の良いシャルルの前では時折頑固な一面を見せる。「妖精の尻尾」に入ってからはそれ以前に比べて明るくなり、エドラス編ではギルドメンバーを元に戻すべく勇猛果敢な一面も見せた。自分の胸の成長に関して心配するなどの年頃の女の子らしい一面が描写されることがある。
天空の滅竜魔導士。使える天空魔法の魔力の源は「空気」で、呼吸により力を蓄える(ジェラール曰く「天を食う」)。「炎」や「鉄」と違い「空気」は普遍的に散布されているため、いかなる場所・状況においても(自身の自然回復に加えて)一定の魔力回復が可能という優位性を持つ。ただし環境に依存する面があり、空気がきれいなほど魔力が強まるが、逆に空気が汚れた環境では魔法が使えなくなる弱点を持つ。
グランディーネの手掛かりを知るために、同じ滅竜魔導士のナツがいる「連合」に参加。ニルヴァーナ破壊後、「化猫の宿」が事実上消滅したため、エルザの発案で「妖精の尻尾」に入った。S級試験ではメストに頼まれ、シャルルの警告を振り切ってまでパートナーとなる。
アニメ版やOVAにおいては原作に比べ出番が増えているほか、訳あって「RAVE」に登場したケツプリ団に加入している。。
元は水を操る水竜という設定であった為、名前の由来は水曜日の英語読み「Wednesday(ウエンズデー)」から。

◆天空の滅竜魔法◆

天空の滅竜魔法

補助系の魔法が中心であり、攻撃魔法は六魔将軍編から覚え始めた。

トロイア
バーニア
アームズ
アーマー
治癒魔法
解毒・解熱・痛み止め・傷の治癒などを行える魔法で、ドラゴンから受けた傷さえも治癒が可能という。自分には使えない。
天竜の咆哮(てんりゅうのほうこう)
天竜の翼撃(てんりゅうのよくげき)
空裂砲(くうれつほう)

renote.jp

ジュビア・ロクサー

出典: www.flickr.com

ジュビア・ロクサー

別名「大海のジュビア」。17歳で、左ももに青い紋章がある。一人称は「ジュビア」。好きなものはグレイ様、嫌いなものは雨。
かつては「幽鬼の支配者」の一員で、エレメント4の1人であった。「幽鬼の支配者」と「妖精の尻尾」の抗争ではグレイと対峙するが、彼に一目惚れしてしまい、直ぐに敗北を認めた。「幽鬼の支配者」の解散後は、グレイを物陰から見つめるなどストーカー紛いの行動を繰り返していたが、彼を追いかけ続けた事で「楽園の塔」事件に遭遇してナツ達に加勢、事件解決後に自ら望んで「妖精の尻尾」に加わった。
元は雨女体質で、てるてる坊主を首からぶら下げているにもかかわらず、彼女が歩く所は必ず雨が降っているほど。その体質から人から嫌われたり、恋人から振られたりした過去を持つが、グレイに敗北した後は雨女体質を克服した。
当初はルーシィをグレイをめぐる恋敵と勘違いしていたが、次第に友情が芽生る。グレイに対し度々アプローチを掛けようとしているが、いざとなると奥手で引っ込み思案な所がある。異常な妄想癖を発揮しており、最近はかなり暴走して来ている。
青色の髪を左右で巻き、暗い色のコートを着用していた。「妖精の尻尾」加入を期に明るい服装になり、髪もストレートのショートに変えたが、エドラス編の後、ハッピーからエドラスの自分ことを聞き、また元の髪形と服装に戻している。グレイとは対照的に、かなりの熱帯域でも熱がらず服を着続けてる。大魔闘演武の際にも再度髪型と服装を変更している。
新人にもかかわらず収穫祭のミスコンでは3位を記録した。S級魔導士昇格試験の8人に選ばれるも、一次試験で運悪くもエルザと当たってしまい、敗れている。だがこれは本来の力ではなく、後のメルディ戦でグレイの名が出た際にはエルザも戦慄するほどの実力を見せた。
lluvia(ジュビア)はスペイン語で「雨」を意味する。

◆水流(ウォーター)◆

出典: www.flickr.com

水流(ウォーター)

水を操る魔法。自身の身体も水に変化させることができ、物理攻撃も無効化する。

水流拘束(ウォーターロック)
水流斬破(ウォータースライサー)
水流裂鞭(ウォーターカーネ)
水流激鋸(ウォータージグソー)

renote.jp

シャルル

FAIRY TAIL ハッピー&シャルル 【プリティー編】 GIFアニメ

6歳で、背中に紋章がある。好きなものはダージリンティー、嫌いなものはオスネコ。
ハッピーと同じく人間語が喋れるメスの白い猫。ウェンディがタマゴから孵し、共に「化猫の宿」に所属していた。勝気な性格。
「化猫の宿」消滅後はウェンディと共に「妖精の尻尾」に所属する。
ハッピーと同じく6年前にエドラスから送り込まれたエクシード。自身の持つ「滅竜魔導士抹殺の使命」に関する記憶のせいでナツやウェンディが囚われの身となったことで一度は絶望するが、ハッピーと彼の両親の温かい言葉を受けて立ち直った。初対面の時からハッピーを快く思っていなく、初めは「オスネコ」と呼び蔑んでいたが、エクシードに反逆して以降名前で呼ぶようになった。「妖精の尻尾」の仲間たちに対しても加入当初は距離を置いていたものの、エドラス編後は交流を持っている。
その正体はエクスタリア女王シャゴットの娘であり、前述の「滅竜魔導士抹殺の使命」の記憶は母親譲りの予知能力が無意識に発現したために脳裏に浮かんだ断片的な未来を彼女自身が自らの使命として誤解してしまったものであった。自分達に使命を与えたシャゴットらを非常に恨んでいたが、この理由により和解した。なお、本人はシャゴットとの関係を知らないが、エドラスでルーシィを救出する際「エクスタリア王女」をハッタリで名乗っている。
エドラスからの帰還後は、予知能力をコントロールできるように努めている。
「シャルル」の名前は英語圏では男性名の地域も存在するため、地域によってキャラクター名が異なっている。
使用魔法
◆翼(エーラ)

ラクサス・ドレアー

出典: www.narutobase.net

ラクサス・ドレアー Laxus Dreyar - NarutoBase Forums

23歳。左胸下に紋章がある。好きなものは最強、嫌いなものは弱者。
S級魔導士。逆立った金髪の髪で、右目に傷のある大柄な男。マカロフの実孫で、闇ギルド「大鴉の尻尾」のマスター・イワンを父に持つ。幼少時は祖父を「じーじ」と呼ぶなど敬愛していたが、青年時から反抗的になり「マスターの座を譲れ」と度々迫るようになる。一人称は、「おれ」。そして、「幽鬼の支配者」との一件や「妖精の尻尾」に対する周囲の反応、ガジルやジュビアを受け入れるギルドの現状にしびれを切らし、収穫祭の直前に「バトル・オブ・フェアリーテイル」を開催、マスターの地位の簒奪を目論む。
常にヘッドフォンを付け、葉巻を吸っている。そのヘッドフォンにはサウンドポッドという魔導式音楽プレイヤーが繋がっている。好きな音楽のジャンルはロックとクラシックを融合させたもの。
相手を見下す冷酷非道な態度のため、ナツやエルザとは仲が悪く、ミラジェーンをはじめとする殆どのギルドメンバーからも嫌われているが、それとは裏腹に仲間を想う純粋な心も秘めており、「妖精の法律」でマグノリアもろともギルドを壊滅せんとしたが、失敗に終わる(「妖精の法律」は「術者が敵と認識した者以外に効果がない」という性質があり、ラクサスがギルドのメンバーを敵と認識しきれていなかったことを暗に示す形となった)。「バトル・オブ・フェアリーテイル」騒動終結後、マカロフから破門を言い渡されるが、昔と同じように祖父を「じーじ」と呼び、収穫祭においてナツやマカロフ達からのメッセージを受け取り、涙ながらにギルドを去っていった。
その後は放浪生活を送っていたが、マカロフの危機を感じ取りハデスとの決戦に乱入。一矢報いるも倒すには至らず、残った魔力をナツに貸し与え後を託す。
天狼島からの帰還後は、ギルダーツの配慮によりギルドに復帰した。

renote.jp

使用魔法
◆レイジングボルト
◆雷の滅竜魔法
雷竜の咆哮(らいりゅうのほうこう)
雷竜方天戟(らいりゅうほうてんげき)
妖精の法律(フェアリーロウ)

ミラジェーン・ストラウス

出典: r0.prcm.jp

フェアリーテイル ミラの画像集 [1] | 完全無料画像検索のプリ画像!

19歳で、左ももに白い紋章がある。好きなものは料理、嫌いなものはゴキブリ。
「妖精の尻尾」の看板娘で、通称「ミラ」。明るく穏やかな性格で男女問わず人気が高いが、少々天然。本人は乗り気ではないが、たまにグラビアアイドルの仕事もしている。料理が得意だが、絵はとても下手。
現在は現役を引退しているが、元は「魔人」と恐れられたS級魔導士であった。6年前、兄弟のエルフマン、リサーナと共にギルドに加わった。当時は現在とは違って乱暴な口調で、性格も好戦的だった。また、ナツが泣いている姿を「カワイイ」と言うなどサディストであった様子。幼少期はエルザをライバル視しており、リサーナがエルザ派(ナツなど)と仲良くしていると知ると怒り狂うほどだったが、何だかんだで実は相性が良かった模様。しかし、2年前にリサーナが消えたことをきっかけに今のような外見や性格に変化した。
現役を退いて長いがその実力は健在で、「バトル・オブ・フェアリーテイル」ではフリードを圧倒。S級試験でもエルフマンとエバーグリーンのペアを苦戦させ、「悪魔の心臓」のアズマを高ぶらせる程の戦力を見せつけたが、いずれも不測の事態により敗北している。

renote.jp

Zen
Zen
@Zen

Related Articles関連記事

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「FAIRY TAIL」は、2006年より「週刊少年マガジン」にて連載が開始された真島ヒロによる漫画作品。 一人前の魔導士を目指す少女「ルーシィ」はひょんなことから、炎を操りそして炎を食べる滅竜魔導士「ナツ」と出会い、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に加入することに。迫力的な魔法バトルと魔導士としての彼らの成長を描くファンタジー作品。「絆」を軸とした、心の熱くなるセリフの数々が魅力の一つである。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

『FAIRY TAIL』とは『週刊少年マガジン』で連載された真島ヒロによるファンタジー漫画及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の問題児ナツとその仲間たちが依頼を受けて様々な問題を解決していく様子が描かれる。 登場する個性豊かな魔導士たちはそれぞれ特徴的な魔法を使うことができ、その種類は多岐にわたる。その迫力満点の魔法が『FAIRY TAIL』の魅力の1つといえる。

Read Article

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインIIは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル及びそれらを原作としたアニメ作品でソードアート・オンラインの続編。時はVRゲームが普及した2020年代。ゲーム内の死が現実になるデスゲーム「SAO」から生還した主人公・キリトは、デスガンというプレーヤーに撃たれた者が現実世界で変死を遂げている噂を耳にし、その謎を解明すべくガンゲイル・オンラインにダイブする。

Read Article

王室教師ハイネ(漫画・アニメ・舞台)のネタバレ解説・考察まとめ

「王室教師ハイネ」とは、「赤井ヒガサ」による漫画作品。2017年にブリッジ製作でアニメ化。さらに同2017年ミュージカル化し、メインキャラ5人の役をアニメの声優陣がそのまま勤めた。主人公「ハイネ」は、グランツライヒ王国の国王「ヴィクトール」の勅令で、ヴィクトールの息子の4人王子「カイ」「ブルーノ」「レオンハルト」「リヒト」の王室教師になった。王子たちは一癖も二癖もある人物達なのであった。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル。およびそれを原作としたアニメ作品。VRMMORPG、ソードアート・オンライン(SAO)が発表された2022年。ユーザー達は仮想世界に埋没していくが、SAOの正体はゲーム内での死が現実になる命懸けのデスゲームだった。開発者の思惑によりログアウト不能となった世界で、主人公のキリトは現実世界に戻るべく、死闘を繰り広げる。

Read Article

ヲタクに恋は難しい(ヲタ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヲタクに恋は難しい』とは、作者のふじたがイラストサービスのpixivにて投稿を開始した漫画である。 2014年4月にウェブコミックとしてpixivに1作目が投稿され、2015年4月にはpixivで公開されている作品と描き下ろしを含めた単行本が一迅社より発行されている。略称は「ヲタ恋」。主人公桃瀬成美はオタクだが周囲に隠している。転職先で幼馴染で見た目はいいが重度のゲームオタクの二藤宏嵩と再会し、成り行きから付き合うことになる。

Read Article

マギ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

中東をモチーフにした魔導冒険ファンタジー「マギ」は、作者の大高忍(おおたかしのぶ)が週刊少年サンデーで連載している漫画作品。古の滅びた世界から干渉を試みる謎の組織「アルサーメン」の暗躍により滅びの兆しを見せ始める世界で、創世の魔法使い「マギ」の少年・アラジンは、迷宮攻略を目指すアリババらと出会い、世界の異変や悲劇、戦争を止めるべく奔走していく。

Read Article

聖☆おにいさん (中村光)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖☆おにいさん』とは、中村光による宗教ジョーク漫画作品である。同作を元に、OVA・アニメ映画作品が制作されている。2016年12月22日、実写ドラマ化の発表があった。 キリスト教の教祖・イエスと、仏教の教祖・ブッダが東京立川のアパートでバカンスを楽しむ日々を軸に、ドタバタコメディが繰り広げられる。

Read Article

冴えない彼女の育てかた(冴えカノ)のネタバレ解説・考察まとめ

『冴えない彼女の育てかた』とは丸戸史明によるライトノベル、およびそこから派生する漫画、アニメ、ゲーム作品。 物語の主人公とあるオタク高校生が、とある少女をメインヒロインとした同人ゲームを作るためにサークルを立ち上げる。好きなことには熱中するその性格で、メンバー内のもめごとや納期、ライバル同人サークルとの対立など、様々な困難を乗り越えながら奮闘する物語。

Read Article

僕だけがいない街(僕街)のネタバレ解説・考察まとめ

三部けいによる漫画を原作とするアニメ作品。 2016年よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて全12話が放送された。 「再上映(リバイバル)」と呼ばれるタイムリープ能力を持つ主人公が、自分と周囲の人々を救うために、現在と過去を行き来するミステリー・サスペンス作品である。 終盤の11話の途中からは、原作とはやや違うオリジナルストーリーとなっている。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld (SAO アリシゼーション WoU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld(SAOアリシゼーションWoU)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』のテレビアニメ作品のひとつである。本作は「アンダーワールド」と呼ばれる人工の異世界を舞台に、ヒロインであるアリスが主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちと共に、『ダークテリトリー』と呼ばれるその異世界の闇の領域に住む軍団と、それを裏から操る現実世界の侵略者たちの陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

アルドノア・ゼロ(Aldnoah.Zero)のネタバレ解説・考察まとめ

『アルドノア・ゼロ』とは、A-1 Pictures・TROYCAによって共同制作されたオリジナルロボットアニメーションである。分割2クールで、第1クールは2014年7月から9月まで、第2クールは2015年1月から3月まで放映された。 地球人と火星人の戦争を描いている。地球人である界塚伊奈帆と地球人でありながら火星人に仕えるスレイン・トロイヤード、この2人の主人公と火星の皇女が戦争の行方を大きく変えていく。

Read Article

灰と幻想のグリムガル(Grimgar)のネタバレ解説・考察まとめ

『灰と幻想のグリムガル』とは、十文字青によるライトノベル小説が原作となった、アニメ作品。 小説は2013年より刊行、アニメは2016年1月より全12話構成で放送された。 また『月刊ガンガンJOKER』にて、2015年5月号から2016年7月号まで漫画も連載されている。 ある日突然グリムガルという異世界で目を覚まし、名前以外の記憶がなくなってしまった若者たちの冒険の物語。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ソードアート・オンライン』とは、架空のフルダイブ型バーチャルリアリティーオンラインゲームを舞台にした川原礫によるライトノベル、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 本作は2009年より連載の続くライトノベルのアニメ化第一弾であり、アインクラッド編は剣技で戦う世界で、続くフェアリィ・ダンス編は剣と魔法で戦う妖精世界が舞台となっている。 剣と魔法による命がけの戦いからは数多くの名言が生まれ、本作の持つ世界観は類似のVRMMORPGを舞台にした作品群にも多大な影響を与えた。

Read Article

心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『心が叫びたがってるんだ。』とは、2015年公開のアニメ映画。社会的ヒット作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』のスタッフにより作成され、様々なメディアに展開していった青春群青劇。幼い頃のトラウマでしゃべれなくなった高校生・順。地域交流会でミュージカルを披露することとなり、「歌なら言いたいことが言えるかも」とやる気になった彼女は、仲間たちとの様々な交流の中で成長していく。青春の爽快感と切なさが詰まった物語と、ミュージカルとして生まれ変わる懐かしいメロディーの数々を楽しめる映画作品である。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)』とは、川原礫による架空のVRゲームを舞台とした人気ライトノベルシリーズ『ソードアート・オンライン』のテレビアニメ作品のひとつである。本作は主人公のキリトこと桐ヶ谷和人が現実世界での事故によって人工の異世界「アンダーワールド」に迷い込んでしまい、そこで出会ったユージオやアリスらアンダーワールドの住人たちと共に、現実世界への帰還を目指して冒険する物語を描いている。

Read Article

亜人ちゃんは語りたい(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『亜人ちゃんは語りたい』とは、ペトスによる漫画及びA-1 Pictures制作のアニメーション作品。人間とは少し違う体質を持った「亜人」と人間が共存する世界の日常物語。主人公で高校教師の「高橋鉄男」は亜人に対して興味を持っていたが、人生でまだ一度も亜人と出会ったことが無かった。しかし新学期が始まると「小鳥遊ひかり」「町京子」「日下部雪」「佐藤早紀絵」の4人の亜人に出会った。

Read Article

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』の劇場アニメ作品である。本作は、ゲーム内で死亡すると現実でも死亡するデスゲームを乗り越えた主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちが、AR(拡張現実)を用いたオンラインゲーム「オーディナル・スケール」の裏で蠢く陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

FAIRY TAIL 鉄の森編から冥府の門編までの長編ストーリー&キャラクター達!

最初の長編「鉄の森(アイゼンヴァルト)」編~「冥府の門(タルタロス)」編までのストーリーと、アニメオリジナルストーリー。 そして、そこに登場したキャラクター達を一気に紹介! 「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」メンバーがこれまでに、どれほどの強敵達との戦いを強いられてきたかのおさらいです!

Read Article

【FAIRY TAIL】歴代美女キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)とは、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に所属する魔導士たちが幾多の冒険を繰り広げる、真島ヒロによるアクション漫画。 作中では世界はおろか時間軸までをも超えた大冒険が描かれ、幾多の魅力的なキャラクターが物語に花を添えた。ここではその中でも人気の高い女性キャラクターを中心に紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】冥府の門(タルタロス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中ではフェアリーテイル以外にも様々なギルドが登場する。その中でもバラム同盟の一角、冥府の門(タルタロス)と呼ばれる闇ギルドはほぼ全員がゼレフ書の悪魔・エーテリアスで構成されており、高い戦闘能力を持っている。ここではタルタロスに所属する登場人物・キャラクターを紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。フェアリーテイルの魔導士はギルドメンバーのことを家族と呼び、とても大切に思っている。だからこそ主人公のナツをはじめ、メンバーは仲間の身に危機が迫った時などには熱い言葉をかけることが多い。ここでは『FAIRY TAIL』の名言・名セリフを登場人物・キャラクターごとにまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)のS級魔導士、マスターの解説まとめ

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。ギルド「フェアリーテイル」にはS級と呼ばれる優れた魔導士が存在する。彼らは大変高い戦闘能力を誇り、主人公のナツですらS級のギルダーツには片手であしらわれる。ここではS級魔導士と、初代マスターであるメイビス、三代目マスターであるマカロフを紹介する。

Read Article

目次 - Contents