秋元真夏(乃木坂46)の名言・迷言・発言まとめ

秋元真夏は日本のアイドルグループ「乃木坂46」のメンバーで2代目キャプテン。第1期生としてオーディションに合格するが、学業優先のため結成当初は芸能活動の休業を余儀なくされた。4枚目のシングル『制服のマネキン』より復帰。以降、乃木坂46の中心メンバーの1人として活躍している。本記事ではそんな秋元真夏のテレビや雑誌のインタビューでの発言を集めている。

お家とかにもよく、まつ(松村)は来てくれるから、(卒業に関しての)お話聞いてたんだけど、先に。聞いてても実感って湧かないんですよ。実感湧くのって、私たちいつも、ちゃんと公式で発表された日で、その時にネットでみんなの反応とか、寂しがってる様子とか。あと私たちにもコメントが届くじゃないですか。そういうのを見た時に実感して。その日の夜ずっと携帯見てて、めちゃめちゃ寂しくなりましたね。バラエティ一緒にやってると、すごいフォローしてくれる子だったので、乃木坂としてもすごい大事なメンバーだったし、みんなのこと助けてくれるし、すごい賢いから、みんなのこと広く見れる。失ったらどうしようって思うぐらいの子なんですけど、でも長い間たぶん自分で決めてきたことが、この次の夢だと思うので。私はちゃんと背中を押せるように。卒業する時はちょっと寂しすぎてどうなっちゃうかわかんないけど、今はしっかり背中を押したいなと思います。
(2021年4月18日:文化放送『秋元真夏(乃木坂46) 卒業アルバムに1人はいそうな人を探すラジオ サンデー』)

秋元本人がパーソナリティを務めているラジオ番組での発言。松村の卒業がアナウンスされたタイミングでの放送。松村の卒業を非常に残念に思っている様子が伺える。

「向井葉月について:同じ空気は…向井葉月ちゃんですかね」

同じ空気は…向井葉月ちゃんですかね。「(3人の)プリンシパル」を見に行ったんですけど、その時、まだ活動して間もないのにすでにイジられてたんですよ。それを見て「あれ?私みたい」と思って。これは私予備軍だって勝手に思っちゃって。楽屋に行って「すごくイジられるの?」って聞いたら「そうなんですよ。スタッフさんもメンバーもみんなイジってきます」って言っていたので「これは仲間かもしれない」って。そこから目をつけています。葉月ちゃんはイジられるネタを自分から提供するタイプ。でも入ったばっかりでそんなにイジられて大丈夫かなと思って「大丈夫?自分でつらいと思ってたら早めに言った方がいいよ」って聞いたら「私は楽しい。イジってもらえるのもありがたいって思ってる」と言っていて。そう思えているなら、そのキャラを伸ばせていけたらいいなって思いました。
(2017年6月8日『モデルプレス』)

「3期生の中で同じ空気を感じるメンバーは?」という質問に対する回答。3期生の中で向井は、他のメンバーからよくイジられるキャラクターである。と同時に他のメンバーから愛されるキャラクターでもある。秋元も他のメンバーからイジられ、かつ愛されるメンバーであるため、そんな向井に親近感を抱いたのだろう。

「山下美月について:私にまっすぐ来るんじゃなくて私の斜め横を通っていく」

与田ちゃんと桃子はけっこう喋るようになってきて、目を合わせたら全然緊張してる感じもなくニコってしてくれるんですけど、山下美月ちゃんが緊張してるっぽくて…。なんか斜め下を見て猫背で走り去っていく姿をめちゃくちゃ見るんですよ(笑)。しかも私にまっすぐ来るんじゃなくて私の斜め横を通っていく、一瞬見てさって行っちゃうので、この夏の間にもうちょっと喋れるようになりたいです。
(2017年8月29日『モデルプレス』)

乃木坂46第3期生の合格者初披露が行われたのが2016年9月4日。同年12月10日にはお見立て会が開催されている。このインタビューが掲載されたのはお見立て会から約8ヵ月後。インタビューで触れられている与田と大園(桃子)は2017年8月9日リリースの18枚目シングル『逃げ水』でいきなりWセンターに抜擢されていたので、ある程度先輩たちとの交流もあったはず。翻って山下はまだ選抜にも選ばれておらず、この違いが秋元の発言の根底にあるように感じる。但し山下に関しては次のインタビューにもあるように、ここから大きく成長していくことになる。

「山下美月について:“同志”という感覚に思えるのは、梅澤美波と山下美月なんですよ」

後輩に対しては、基本“可愛い”という目線で見るんですけど、1期生と3期生なのに“同志”という感覚に思えるのは、梅澤美波と山下美月なんですよ。4期生はまだ一緒に活動をしていないので分からないんですけど、その理由が“可愛い”という後輩らしさもありながらそれよりも「早く先輩に追いつかないと」とか「自分でしっかり発言していなきゃ」という責任感がかなり強いのがその2人なのかなと思って。みんな強いんですけど、特に強く感じます。例えば全員で取材を受けていても梅ちゃんや美月に振ったら絶対正しい答えをしてくれるんだろうな、とかちゃんと返してくれる安心感があります。
(2019年5月29日『モデルプレス』)

上記のインタビュー掲載から約1年9ヵ月後に掲載されたインタビュー。山下は2018年4月25日リリースの20枚目シングル『シンクロニシティ』で1列目の福神として初の選抜入り。そこからグングンと自信と実力、そして乃木坂46のメンバーとしての責任感を強く持つようになってきたことが伺える。梅澤は後に乃木坂46の副キャプテンに就任、山下も2021年1月27日リリースの26枚目シングル『僕は僕を好きになる』で表題曲初のセンターを任されるなど、大きく成長することになる。秋元のこの発言は、そんな梅澤、山下のこれからの活躍を見通した慧眼の賜物にも思える。

「若月佑美について:このツアーで若月の新しい顔を見て欲しい」

秋元真夏です。
私と若月は仲がいい。しょっちゅうご飯に入っている。若月がぐったりした様子で明らかに落ち込んでいる時、「大丈夫?」って聞くと、若月は「大丈夫」って答える。でもその時が1番やばい。
若月はストイックで真面目。責任感も強く男前でかっこいい。空気を読むのが上手い。対応力がすごい。相手の求めていることを全力で返す。だからすぐに追い込まれる。いっぱいいっぱいになる。
若月は私の前では全然かっこよくない。イケメンなんかじゃない。根は乙女だ。甘えっ娘だ。
隙だらけの女の子。私は企んでいる。若月女子化計画。このツアーで若月の新しい顔を見て欲しい。逆に私はイケメンキャラで頑張ります。
(2015年8月8日:日本ガイシホール)

2015年8月5日~8月31日まで開催された「乃木坂46 真夏の全国ツアー2015」では、開演前に各メンバーをフューチャーしたオープニング映像が流された。2015年8月8日、愛知・日本ガイシホールにおいては、若月佑美をフューチャー。秋元と若月のナレーションが交互に流される形で映像が放送された。上の発言は秋元のパートを抜き出したもの。尚、このオープニング映像は乃木坂46の15枚目のシングル『裸足でSummer』Type-A、Type-Bの特典映像「ライブ参加者だけが見られた真夏の全国ツアー2015 全16公演オープニング映像」として収録されている。

「若月佑美について:若のピンチは私が救うから」

若へ
いつも申し訳ないほどお世話になってます。まなったんはこう見えて結構恥ずかしがり屋さんなので普段言えないことを手紙で書かせてもらうね!
最近は仕事がない日でもご飯に行って話したり、お互いが好きなスイーツを食べに行ったりして、家族や友達よりも一緒にいる時間が長い気がします。私は周りからは思われていないかもしれないけど、人と接する時に見えない壁を作ってバリアを張ってしまうところがあります。でも若といる時は自分を作らずありのままでいられるのですごく気を許しています。
3月の頭頃、色んな事が重なっていっぱいいっぱいになっている時期があって、いつもなら誰にも相談せずに解決しようとするけど、何かを感じ取って折れそうな時にすぐメールをくれていつも感謝しています。前に若が、「真夏に寄りかかってもらえるように、自分はよりかかりすぎないようにする」と言ってくれていたけど、若は他の人よりも周りをすごくよく見ているし、気を遣えるし、我慢強すぎる人だと思う。だからこそ、辛いことや大変なことも「大丈夫」と言って無理をして頑張ってしまうところがあるので心配です。
若の優しい言葉に甘えて、最近は私の方がよりかかりすぎになってしまっているので反省してます。もし一人で辛くなったり、どこにぶつけたらいいのか分からないことが出てきたら、”とりあえず真夏なら聞いてくれるかな?”っていうくらいに頭の片隅に置いといてくれたら嬉しいです。若のピンチは私が救うから。こんな私じゃ頼りないかもしれないけどこれからもずーっと味方です。
まあ、とにかく。私は若のことが大好きなんです。きゃ~~~!!!恥ずかしいからもう言わない。若月と桜井玲香の仲の良さは有名だが、一時期「若月は今は秋元とつるむことが多いから」と桜井から不満の声が上がったことがあった。それだけ秋元と若月も仲が良かったのだ。
真夏より
(2016年5月31日『NOGIBINGO!6』)

『NOGIBINGO!6』第8回放送「大人気企画遂に登場! あなたの妄想叶えます 妄想リクエスト」の回の「乃木坂46がパジャマで女子トークNOGIROOM」で読みあげられた秋元から若月佑美への手紙。この「NOGIROOM」では毎回、メンバー間の手紙の朗読が行われていた。また朗読を行うのは手紙を書いた、あるいは手紙を送られた本人ではなく、それとは別のメンバー。上の手紙は生田絵梨花によって朗読されている。若月と桜井玲香の仲の良さはファンの間でも有名だが、一時期「若月は今は秋元とつるむことが多いから」と桜井から不満の声が上がることがあった。それだけ秋元と若月も仲が良かったのだ。

卒業していくメンバーへ

「桜井玲香へ:いなくなるのが想像できないけど、本当にお疲れ様でした」

どんどん終わりの日に近づいてくのが寂しいけど、残りの日を大事にして、キャプテンも任命されて、玲香のことを超えることはできないけど、卒業しても安心してもらえるよう頑張りたい。振り返ると寂しいし、いなくなるのが想像できないけど、本当にお疲れ様でした。
(2019年8月24日:幕張メッセ)

2019年8月24日、幕張メッセで開催された全国握手会において、桜井玲香の卒業セレモニーが開催された。上のスピーチはその時のもの。

「桜井玲香へ:誰よりも玲香の応援団になって背中を押します」

玲香へ。
玲香卒業おめでとう。そしてキャプテン本当にお疲れさまでした。8年間、乃木坂のキャプテンを務めてくれた玲香には伝えたい思いがたくさんあります。今日はメンバーを代表して私が手紙を贈らせてもらいます。
私の中での玲香との最初の思い出は、乃木坂の最終オーディションです。黒いミニスカートを穿いてキリッとした表情の玲香とすれ違った私は、そのキラキラしたオーラに圧倒されていました。それから一緒に活動していく中で、玲香との思い出が数え切れないくらいできました。
女子校出身メンバーで結成した「女子校カルテット」は、他のメンバーからも、この4人はお母さんになってもお婆さんになっても一緒にいそうだねって言われるくらい濃い時間を過ごしてきたり、何年か前のクリスマスに、リハが終わってお互い予定がなくって2人でご飯に行ったり、初めて2人きりでご飯に行ったから、実はあの時、何を話そうかなと緊張していたけど、今では何でも話せる関係になれたのが、私はすごく嬉しいです。
でも、やっぱり忘れられないのは、乃木坂の活動をみんなより1年遅れで始めたときのことです。あの時、私は正直、自分が乃木坂に受け入れてもらえるのか、怖くてたまりませんでした。でもそんなとき、私のことをずっと気にかけてくれていたのが玲香でした。きっと玲香はキャプテンという立場じゃなくても、そうやって私を見守ってくれたんだと思います。あの時は本当にありがとう。
玲香がキャプテンでなければ、今の乃木坂はありません。玲香はそんなことないって謙遜するだろうけど、私だけじゃなくここにいるみんながそう思っているはずです。目には見えない乃木坂らしさ。それは玲香がつくってくれたこの優しい空気感なんだと思います。玲香はすごく人に気を遣うし、自分の悩みも話さないから、もっと頼ってと心配になることもたくさんありました。でもメンバーはみんな心の底から玲香がキャプテンで良かったと本当に思っています。嬉しいことも苦しいこともすべてを受け止めてくれて本当にありがとう。
こうして手紙を読んでいても、まだどうしても玲香がいなくなることを想像できません。また明日楽屋に入ったらいつものように玲香に会える気がしてしまいます。面と向かってこういうことを言うべきじゃないことは分かってるけど、本当は寂し過ぎてどうしたらいいのか分かりません。できることなら、ずっと一緒にいたかったけど、これからは私たちは誰よりも玲香の応援団になって背中を押します。だからこの先、たいへんなことや、辛いことがあったら、その時くらいは私たちを頼ってね。8年間本当にお疲れ様でした。今までありがとう!
大好きな玲香へ。
(2019年9月1日:明治神宮野球場)

2019年9月1日、明治神宮球場において開催された「乃木坂46 真夏の全国ツアー2019」最終日は桜井玲香にとって、乃木坂46最後の活動の場となった。上のスピーチは新キャプテンとなった秋元から今までキャプテンとして頑張って来た桜井に向けられたもの。

「白石麻衣へ: 卒業までに双子の共通点 もっともっと探さなきゃ」

黒石麻衣ちゃんが卒業を発表し…あ、間違えた。白石麻衣ちゃんが卒業を発表しました。
あーーーー、やだやだやだ!
キャプテンらしくないこと言っちゃった(>_<) 抑えられませんでした。 立場を忘れて気持ちが漏れ出てます。笑 公式の発表前に聞いてはいたものの、 いざ本当に発表となると まだよくわからなくて。 何より居なくなった後の状況が 想像つかなすぎて自分の気持ちがわかりません。 いつも先陣を切って新しいことに 飛び込んで道を作ってくれたり グループの華となり太陽となり みんなを照らし続けてくれたことに 感謝しかありません。 性格も似ているところがあるし 私には本当のお姉ちゃんみたいで 嬉しかったんです♪ 本っ当に出会えてよかった(^^) グループを出てからも ずっと応援し続けます♪ たくさん思い出作ろうね! 卒業までに双子の共通点 もっともっと探さなきゃ。
まいやん大好き。
(2020年1月9日:秋元真夏ブログ)

2020年1月9日にアップされた秋元のブログから。

その他

「前に行っても、これからも『太もも』と『肩』は出し続けるんですけど」

私は4枚目で復帰してから2作8福神でやらせてもらったんですけど、そのあと3列目に下がって、そこから前に行くために自分の力をつけて前にいきたいなって思ってて。このポジションを頂いたけど、努力を惜しまないでファンの人に感謝して頑張りたいです。前に行っても、これからも「太もも」と「肩」は出し続けるんですけど、それで頑張りたいと思います。
(2014年5月12日『乃木坂って、どこ?』)

『乃木坂って、どこ?』第133回放送「乃木坂46 9thシングル選抜メンバー発表!」の中で飛び出してきた発言。
このシングルで秋元は4作ぶりに福神に復帰。上の発言はその時の感想。既に現在まで続く秋元らしいキャラクターは完成しており、それを自ら発信している姿が垣間見れる。

「アタマタイラって呼ばれてたんですよ」

yamada3desu
yamada3desu
@yamada3desu

Related Articles関連記事

乃木坂46の徹底解説まとめ

乃木坂46の徹底解説まとめ

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。当初はAKB48のライバルということで何かと比較されることが多かったが、現在では第59回、及び第60回の日本レコード大賞を連続受賞するなど、「AKB48の公式ライバル」という看板はもはや不要の「乃木坂46」という唯一無二のアイドルグループとして君臨している。

Read Article

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズは、秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ・AKB48および姉妹グループ、坂道シリーズのことである。恋愛禁止を掲げるアイドルグループとしても有名であるが、スキャンダルや騒動が後を絶えない。ついにはグループに在籍しながら結婚宣言を行ったメンバーも現れ、世間を騒がせている。

Read Article

乃木坂46の家族エピソードまとめ

乃木坂46の家族エピソードまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された内容を中心に乃木坂46のメンバーと家族とのエピソードをまとめて紹介する。

Read Article

乃木坂46のハロウィン仮装まとめ

乃木坂46のハロウィン仮装まとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、ハロウィン時にこの2番組で放送されたメンバーによる仮装の模様や、その後のゲーム大会などをまとめて紹介する。

Read Article

乃木坂46の学力テストまとめ

乃木坂46の学力テストまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された学力テスト企画「頭脳(NO)王決定戦」の内容を紹介する。

Read Article

NEW
乃木坂46の名言・迷言・発言まとめ

乃木坂46の名言・迷言・発言まとめ

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46(現櫻坂46)」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。本記事では、乃木坂46が出演したテレビ番組や雑誌等で行なわれたインタビューから、印象深い名言や迷言、発言を集め、加入した期生別・メンバー別(50音順)に紹介する。

Read Article

乃木坂46次世代エースは誰!?

乃木坂46次世代エースは誰!?

現在人気のアイドル、乃木坂46。 現在のエースや十福神といったフロントメンバーの人気は非常に高まっており、今や公式ライバルであるAKB48グループをもしのぐものとなっています。 しかし、メンバーの層は厚く、次世代と言われる若手のメンバーの人気も実力も上がってきていると話題になってきています。 そこで、今回はそんな乃木坂46の次世代メンバーを紹介します。

Read Article

【あつ森】乃木坂46を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】乃木坂46を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。人気アイドルを再現したマイデザインは特に人気だ。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなアイドルと同じ衣装を身に着けることもできる。ここでは「乃木坂46」の衣装を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【乃木坂46】柏幸奈の画像まとめ

【乃木坂46】柏幸奈の画像まとめ

乃木坂46はAKB48の「公式ライバルグループ」として2011年に結成され、今や日本を代表するアイドルグループのひとつとなった。柏幸奈は乃木坂46の元メンバーで、子どもの頃から子役女優として活動し、アイドルグループ「ももいろクローバー」にも所属した。乃木坂46の卒業後はファッションモデルとして活動している。ここでは柏幸奈の画像をまとめた。

Read Article

ヴィンテージ物も!芸能人・著名人が愛用しているカメラまとめ【タモリ、福山雅治ほか】

ヴィンテージ物も!芸能人・著名人が愛用しているカメラまとめ【タモリ、福山雅治ほか】

日々テレビや映画など華やかな世界で活躍している芸能人・著名人たち。彼らの中には「カメラ収集」や「写真撮影」を趣味にしている人も多い。テレビ番組の企画などではたまに彼らのコレクションの一部が披露されているが、手軽な一眼レフやコンパクトカメラ、中にはヴィンテージ物の貴重なカメラも含まれている。本記事では芸能人・著名人たちが愛用しているカメラに関して、画像と共にまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents