ユーリ・ブライア(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ユーリ・ブライアとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、作中の中心人物の1人であるヨル・フォージャーの実弟。
幼い頃から親代わりに育ててくれた姉のヨルを慕い、熱烈なシスコンへと成長する。それだけにそのヨルの夫であるロイドには非常に辛辣で、2人の結婚を祝福するどころかまったく認めていない。一方、普段は東人民共和国の国家保安局の一員として働いており、思想犯や西国への協力者を厳しく取り締まるという、フォージャー家の人々の前では見せない非情な一面を持つ。

ユーリ・ブライアのプロフィール・人物像

年齢:20歳
勤め先:国家保安局
階級:少尉
CV:小野賢章

ユーリ・ブライアとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、作中の中心人物の1人であるヨル・フォージャーの7つ年下の実弟。
幼い頃から親代わりに育ててくれた姉のヨルを慕い、「姉に楽をさせてあげたい」という一心で勉強に励んでエリートコースを歩むと同時、熱烈なシスコンへと成長。ヨルが絡むと普段の有能さが鳴りを潜めて暴走しがちという悪癖がある。

それだけにそのヨルの夫であるロイド・フォージャーに対しては非常に辛辣で、後になって教えられる形となった2人の結婚を祝福するどころかまったく認めておらず、「少しでも姉さんにふさわしくないと思ったらむりやりにでも別れさせてやる」と常々語っている。
義理の姪となったアーニャ・フォージャーについては、彼女が「自分も勉強をがんばってヨルに楽をさせてあげたい」と語っていることに感動して家庭教師を買って出る一方で、その頭の悪さに辟易としている。

外務省に就職したが、「ヨルの平和な暮らしを守りたい」との思いから、その姉にも秘密にしたまま1年前に東人民共和国(オスタニア)の国家保安局へと異動。現在は思想犯や敵対する西国(ウェスタリス)の諜報員を厳しく取り締まる日々を送る。階級は少尉で、その勤勉な働きから組織内での評判は上々。必要とあらば拷問などの手段も辞さない非情な一面を持つ。東人民共和国で暗躍する西国屈指の敏腕スパイ「黄昏(たそがれ)」を確保することを目標としているが、今のところこれといった手掛かりはつかめていない。
ロイドこそはその黄昏の正体であること、秘密にしているつもりの“国家保安局の人間である”ことを彼に見抜かれていること、自分を育てるために殺し屋稼業に手を染めたヨルが今もその仕事を続けていること、彼女とロイドの結婚は互いの利害が一致したがための偽装でしかないこと、アーニャがロイドの本当の娘ではなく彼の諜報活動のために用意された孤児であること、そのアーニャが他人の思考が読める超能力者であることなど、フォージャー家の人々が抱える様々な秘密にはまったく気付いていない。

ユーリ・ブライアの来歴・活躍

両親亡き後、姉に守られて育つ

幼い頃のユーリ(左)と、7つ年上の姉のヨル(右)。

幼くして両親を失うも、7つ年上の姉であるヨルに生活を支えてもらい、不自由なく育つ。自分のために身を粉にして働いてくれる姉に感謝し、彼女を尊敬し、そのヨルからも愛情をたっぷり注がれ、いわゆるシスターコンプレックスを念入りにこじらせていった。
なお、具体的な経緯は不明だが、この時ヨルが自分と弟の生活費を稼ぐための手段として選んだのが「ガーデンという暗殺者組織に参加して殺し屋になること」だった。ユーリはこのことにまったく気付いておらず、姉は清楚華憐で虫も殺せない優しい女性だと大人になってからも信じている。

国家保安局に異動する

姉に楽をさせたい一心で勉学に励み、学校を卒業後は外務省に務める。同時期に1人暮らしを始めるも、ヨルとは頻繁に連絡を取り合い、互いの近況を報告する良好な姉弟関係を続けていく。
しかし物語開始の1年前、「もっと積極的に姉を守る仕事をしたい、この国に迫る脅威を排除したい」との思いから、思想犯や敵国と通じている人間を秘密裏に調べて捕まえる国家保安局に異動。短い間に次々と実績を上げて少尉にまで上り詰める。

ヨルへの感謝と畏敬の念は、「姉を守るためならそれ以外の人間がどうなってもいい」との排他的な思想にまで成長しており、思想犯の逮捕のためなら強引な捜査や拷問も辞さなくなっている。
目下最大の目的は、東人民共和国で暗躍する敵国の敏腕スパイ黄昏の確保ないし排除にあるが、現時点で有力な手掛かりは得られていない。

姉の結婚を知る

義兄となったロイド(2コ目右)の人柄を見極めようとするユーリ。

20代の後半になっても恋人1人作らないヨルのことを心配してたびたび縁談を進める一方、「姉さんが結婚するならせめて自分が納得できる相手でないと嫌だ」との思いを年々膨らませていく。そんな折、ヨルが“自分に相談も報告も無く子持ちの男と結婚した”ことを知り衝撃を受け、義兄となったロイド・フォージャーに嫉妬と憎悪を抱く。
「姉さんが選んだ相手だ」として表面上は礼節を保つも、新居で顔合わせした際は少しでもロイドに落ち度があればそれを糾弾して離婚させる気まんまんだった。しかし完璧な夫然としたロイドになんら付け入る隙を見出せず、腹立ち紛れに「夫婦なら男女の付き合いもしているはずだ、キスして見せろ」と迫る。

しかしいざロイドとヨルがキスしそうになると、「姉さんが誰かと男女の仲になるなんて受け入れられない」と止めにかかり、酒を飲んで酩酊していた上に恥ずかしがって暴れ出したヨルに殴り飛ばされる。これを“キスを邪魔されるのを嫌がるほどヨルはロイドを愛している”のだと受け取り、ロイドをとりあえず姉のパートナーとして認め、「姉さんにふさわしくないと思ったら即座に離婚させてやる」と捨てゼリフを吐いて去って行った。
一方、後日改めて顔を合わせることとなった義理の姪のアーニャ・フォージャーについては、彼女がまだ無邪気そのものの子どもであること、ヨルによく懐いていること、ヨルもまたアーニャをかわいがっていること、何より「勉強して立派になってヨルに楽をさせたい」とかつての自分と同様の主張をアーニャがしたこともあって大いに気にいる。ならばと家庭教師を買って出るも、アーニャは学校の勉強がとことん苦手で、何を教えてもさっぱり身につかないことに辟易している。

実はそのロイドこそがユーリの探している黄昏本人であり、ヨルにも秘密にしている国家保安局の人間であることも見抜かれている。アーニャもまたロイドの実の娘ではなく、彼が諜報活動のために調達した孤児でしかないのだが、同時に「他人の思考を読み取る」力を持つ超能力者という秘密を持ち、ロイドたちやユーリが秘密にしていることも全て承知の上で家族として器用に立ち回っている。
このため“自身の秘密の保持”という点において、ユーリはロイドにもアーニャにも劣る立ち位置に収まっている。

ユーリ・ブライアの関連人物・キャラクター

ヨル・フォージャー

7つ年上の姉。首都バーリントの市役所で働く公務員。幼い頃に両親を失ったユーリにとっては第2の母とも呼べる存在であり、崇拝にも等しい深い敬意を抱いている。ヨルの側も弟のユーリを愛し、互いに成長して各々が独り立ちした今も良好な姉弟関係を続けている。新たな家族となったロイドとアーニャのことを家族として敬愛し、自分を大切に思うあまりユーリが彼らと仲良くしてくれないことには頭を悩ませている。
実は自分たち姉弟の生活費を捻出するために、東人民共和国に古くから根を張る暗殺者組織ガーデンに所属し、殺し屋として活動していた。自分と弟がそれぞれに真っ当な職を手に入れた今となっても殺し屋稼業を続けているが、ユーリはこのことにまったく気付いていない。

食べた者が卒倒することもあるなど極端に料理下手で、これはユーリが「姉さんが作ってくれたものを美味しくないとは言えない」と毎度完食した上で褒めちぎったことが大きな原因。自分の料理の腕前が壊滅的だという自覚を長いこと持てず、ようやくそれを理解した時には容易に矯正できなくなってしまっていた。
作中では随所で人間離れした身体能力を見せつけているが、幼い頃から怪力だったらしく、思い切り抱き締めたユーリの肋骨を折ってしまったことがある。

renote.jp

ロイド・フォージャー

ヨルの夫。職業は精神科医。前の妻と死別し、娘のアーニャを名門イーデン校に入学させるために再婚しようと考えていた折にヨルと出会う。意気投合し、アーニャとの相性も確かめた上で1年前に結婚。現在はバーリントで家族3人で暮らしている。
その正体は、黄昏のコードネームを持つ西国屈指の敏腕スパイ。上記の設定は新たな任務のために用意した仮初のもので、ヨルを妻にしたのもその一環。ヨルの側も「殺し屋稼業のことを秘密にするため、私生活上のパートナーが欲しい」と考えていたため、互いの利害が一致した結果となっている。ヨルが殺し屋であることには気づいていない。

「敬愛する姉を奪った男」としてユーリからは恨まれているが、そのユーリとヨルとの間の強い絆をロイドは羨ましいと感じている。一方でユーリが国家保安局の人間であることを目敏く見抜き、「危険だが近い距離にいれば大きなメリットがある」と判断。ユーリと仲良くしようと努めている。

renote.jp

アーニャ・フォージャー

ロイドと、彼の前の妻との間に生まれた娘。年齢は6歳で、現在はイーデン校の1年生。新たな母となったヨルに懐いており、「勉強して立派になって母に楽をさせたい」という言葉で当初“ロイドの娘”と色眼鏡で見ていたユーリの評価を引っ繰り返した。しかし地頭はいいものの学校の勉強は壊滅的で、臨時の家庭教師となったユーリを呆れさせている。
実はロイドが任務のために孤児院からもらってきた子で、彼と血の繋がりはない。“他人の思考を読み取る”力を持つ超能力者で、ロイドやヨルを始めとして自分の周囲の人々の秘密に気付いている。

実際の年齢は4~5歳程度で、学校の勉強についていけないのもクラスメイトと比べて1年以上成長が遅れているのが大きな原因。地頭はむしろ良い方で、自分の超能力が周囲に知られることの危険性を理解し、それぞれに秘密を抱える家族の間で器用に立ち回ってその絆を維持しようと努めている。

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のネタバレ解説・考察まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のネタバレ解説・考察まとめ

『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』は、遠藤達哉によるアクションコメディ漫画。『少年ジャンプ+』にて連載中。スパイアクションとホームドラマの融合によるコメディという異色作で、赤の他人だったスパイの男、殺し屋の女、超能力者の少女が「仮初の家族」を築き、偽装家族が互いに秘密を抱えながらも「家族としての普通の日常」を送るために日々のトラブルと奮闘するホームコメディ。物語はスパイの男が与えられた任務を成功させるための行動が主軸になっており、家族の平穏から世界平和まで守る姿が描かれている。

Read Article

SPY×FAMILYの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

SPY×FAMILYの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 コミカルなシーンが多い一方、その世界設定は「大国同士が緊張状態にある」という危ういもので、時にテロリズムなどの凄惨なシーンが登場する。それに屈さず、手を血に染めてでも平和のために戦うキャラクターたちの言葉は、普段との落差もあって読者の胸に鋭く突き刺さるものとなっている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のイーデン校まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のイーデン校まとめ

イーデン校とは、遠藤達哉の漫画『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)に登場する、東人民共和国屈指の名門校。物語の中心人物の1人であるアーニャ・フォージャーが入学し、以後多くの時間を過ごすこととなる場所である。 男女共学で、授業は13年制となっており、生徒のほとんどは名家や有力者の子女である。未来の国士を育てるため、愛国教育にも力を入れている。入学には厳しい試験を突破する必要があり、劣等生を強制的に途中退学させる仕組みも存在するなど、名門に相応の峻厳な教育システムで知られている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の武器まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の武器まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 社会の裏側で暗躍する人々を題材としているため、作中には暗器、刀剣、各種銃器、爆弾や手榴弾、さらには生物兵器に至るまで多種多様な武器が登場し、時にはそれ自体を巡っての激しい攻防が描かれる。物語を華々しく、あるいは陰惨に彩るそれらの武器について紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のスパイグッズ・道具・アイテムまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のスパイグッズ・道具・アイテムまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 裏家業の人々を題材としているため、盗聴器や暗号といったいかにもな品が数多く登場する。一方で「それぞれの理由で家族を演じなければならない」という事情から、ごく日常的なアイテムが重要な意味を持つことも少なくない。そんな『SPY×FAMILY』に登場する道具の数々を紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のコラボ商品・グッズまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のコラボ商品・グッズまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 2019年に連載が開始されるや読者から高い評価を受け、2022年にアニメ化されてからはさらに注目される作品となった。その人気にあやかる形で様々な企業とのコラボレーションが展開されており、連載初期からのファンや新規の客層を楽しませている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の料理・食事・食べ物・飲み物まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の料理・食事・食べ物・飲み物まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 裏社会の人々の暗闘だけでなく、主人公たちが各々の事情から作り上げた“家族”も物語のテーマとなっている。そのためごく日常的な食事シーンなどもたびたび描かれており、キャラクターの立ち位置や他者との関係、その変化を表すものとしても重要な意味を持たされている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の変装まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の変装まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 国家間や組織間で暗躍する人々をメインに扱っているため、作中には様々な変装シーンが存在する。それらは変装した相手の知り合いすら見抜けないほど精巧なものから、ただのコスプレ同然のもの、仮装にもなっていないものなど、種類も質も多種多様。作品を彩る変装の数々を紹介していく。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のWISE・ワイズまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のWISE・ワイズまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 WISEは作中に登場する組織で、中心人物の1人であるロイド・フォージャーが所属する西国の諜報機関。東人民共和国の要人ドノバン・デズモンドを警戒し、これをより近くで監視するためにオペレーション<梟>を発動。疑似家族を作って東人民共和国に潜伏するロイドを様々にサポートする。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の元ネタ・モデルまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の元ネタ・モデルまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 作中には「戦争直前の緊張状態にある東西の大国」、「国境を超えて暗躍する諜報組織」、「優等生に様々な特権が与えられる名門校」などが存在しており、ファンの間ではそれらのモデルについても様々に語られている。ここでは、そんな『SPY×FAMILY』の元ネタとされるものを紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の殺し屋・ヒットマン・暗殺者まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の殺し屋・ヒットマン・暗殺者まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 物語の中心人物の1人であるヨル・フォージャーを始めにして、作中には殺し屋やヒットマン、暗殺者など殺しを生業とする裏社会の人間が数多く登場する。平和な社会の裏側で暗躍する彼らの存在は、その熾烈な戦いが作品の大きな魅力となると同時に、世界観に深みをもたらすものともなっている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のフォージャー家まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のフォージャー家まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 時にコミカルに、時にハードに描かれる主人公たち「フォージャー家」の日常は、無関係の3人が少しずつ家族らしい絆で結ばれていく微笑ましいものであり、一方で“いずれ彼らの関係は破綻する”という虚無感を内包したものとなっている。物語の中心となるフォージャー家の面々を紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のガーデンまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のガーデンまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 ガーデンとは作中に登場する組織で、中心人物の1人であるヨル・フォージャーが所属する東人民共和国の暗殺組織。所属する暗殺者は単身で一個中隊に匹敵する猛者ばかりで、東人民共和国に仇なす悪党や売国奴が主な標的。その存在は世間には秘されているが、知る者ぞ知る都市伝説と化している。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の組織まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の組織まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 作中には数多くのスパイや殺し屋、盗賊、テロリストと、彼らが所属する組織が登場する。個々に目的も人員も異なる組織が活動し衝突する様を描くことで、世界観に立体的な構造を持ち込む仕組みともなっている。ここでは、そんな『SPY×FAMILY』に登場する組織について紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のミッション・任務まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のミッション・任務まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 登場人物の多くがいわゆる「裏社会」に属する人々であるため、彼らが本来の仕事を行う際はミッションもしくは任務という形で命じられている。時にそのミッション自体が物語の重要なエピソードとして登場し、主人公たちの華々しい活躍や成長が描かれる舞台ともなっている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のバーリント市役所まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のバーリント市役所まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 バーリントは物語の舞台である東人民共和国の首都であり、その市役所には物語の中心人物の1人であるヨル・フォージャーが勤務している。ヨルは殺し屋という裏の顔を持ち、偽装のためにこの職場を利用しているに過ぎないが、私生活上での交流などで一般の公務員たちとも積極的に交流している。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のスパイまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のスパイまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 物語の中心人物であるロイド・フォージャーはスパイであり、作中には彼の同僚や商売敵という形で何人ものスパイが登場する。戦争直前の緊張状態にある西国と東人民共和国の間で、時に戦争回避のために暗躍し、時に個人的な依頼を受けて激しくぶつかり合うスパイたちを紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の地下テニス大会キャンベルドンまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の地下テニス大会キャンベルドンまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 地下テニス大会「キャンベルドン」は単行本6巻で描かれた中編シリーズで、新たな大戦の火種にもなりうるとされるザカリス文書を巡り、物語中心人物の1人である黄昏が仲間と共にスパイ活動ではなくテニスに挑戦する様を描いている。作品においても特にコメディ色の強いエピソードである。

Read Article

ウォルソン/バボル(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ウォルソン/バボル(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ウォルソン・バボルペアとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、地下テニス大会「キャンベルドン」に参加した元プロテニス選手の2人組。 10年前にグランドスラムを達成した実力者ペア。引退後も研鑽を重ね、さらなる強敵との戦いを求めて地下テニス界に身を投じ、東人民共和国の闇テニスクラブへとやってきた。 対戦相手となった黄昏と夜帳のスパイペアを弱者と断じ、「これから始まるのは試合ではなく一方的な蹂躙」だと豪語するも、彼らに一蹴されて呆気なく敗退した。

Read Article

アーニャ・フォージャー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

アーニャ・フォージャー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

アーニャ・フォージャーとは『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、ロイド・フォージャーの養女。ある組織の実験によって生み出された超能力者で、人の心を読むことができる。ロイドの正体が西国の凄腕スパイ〈黄昏〉であると知った上で、好奇心から彼の養子となり任務の遂行のために名門イーデン校に入学する。天真爛漫な性格で、突飛な行動からロイドを度々振り回す。スパイの父と殺し屋の母がいるフォージャー家の日々を気に入っており、この偽装家族を維持するために奮闘する。

Read Article

ヨル・フォージャー/いばら姫(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ヨル・フォージャー/いばら姫(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ヨル・フォージャー(旧姓:ブライア)とは『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、バーリント市役所に努める女性事務員。裏の顔は〈いばら姫〉というコードネームの暗殺者で、「店長」という人物から指令を受けて東国に害成す売国奴を暗殺する。非常に高い戦闘能力を持つが浮世離れした性格で、嘘をついたり人と話を合わせたりするのが苦手。利害の一致からロイド・フォージャーと偽装結婚することになり、アーニャの義母となった。自分の正体を隠しながら、慣れない子育てに奮闘していく。

Read Article

ボンド・フォージャー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ボンド・フォージャー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ボンド・フォージャーとは遠藤達哉の漫画『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)に登場する大型犬でフォージャー家のペット。かつての東国旧政権下で行われた動物実験プロジェクト〈アップル〉によって未来予知能力を得た。政権崩壊によって実験が頓挫した後、排外主義の学生グループの手に渡り外相暗殺計画に利用されそうになっていたが、アーニャと出会いテログループのアジトを脱出。予知能力を活かしてアーニャと共にテロ計画を阻止した後、フォージャー家に引き取られ「ボンド」という名前を付けられた。

Read Article

ロイド・フォージャー/黄昏(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ロイド・フォージャー/黄昏(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ロイド・フォージャーとは遠藤達哉による漫画『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の主人公で凄腕のスパイ。コードネームは「黄昏」で本名は不明。東国の大物政治家ドノバン・デズモンズとの接触を目的とした任務・オペレーション〈梟〉(ストリクス)を遂行するため、精神科医ロイド・フォージャーを名乗り偽装家族を形成する。スパイとしての能力は超一流で、戦闘能力だけでなく変装技術、人心掌握術と様々な技能に長けている。スパイらしく常に冷静で合理的な性格だが、本質的には平和を愛する心優しい青年である。

Read Article

ベッキー・ブラックベル(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ベッキー・ブラックベル(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ベッキー・ブラックベルとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、名門イーデン校に通う6歳の女の子。 「自分のために男子に立ち向かってくれた」という誤解をきっかけに、物語の中心人物の1人であるアーニャ・フォージャーと友人関係になる。そのアーニャの父であるロイドに入れ込み、いずれ自分が彼のお嫁さんになることを夢想するなど、年齢のわりには大人びた価値観の持ち主。父親は大手軍事企業ブラックベルのCEOで、時に反発し、時には素直に甘えるなど、良好な親子関係を築いている。

Read Article

ダミアン・デズモンド(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ダミアン・デズモンド(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ダミアン・デズモンドとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、作中の最重要人物ドノバン・デズモンドの次男。 名門イーデン校に通う6歳の少年で、常に2人の取り巻きを引き連れ、親の権力をかさに着て高慢に振る舞う。作品の中心人物の1人であるアーニャ・フォージャーのクラスメイトで、入学初日に悪口を言い続けたことで苛立った彼女に鉄拳制裁される。しかしそのアーニャが一転塩らしく謝罪したのを見て気にかけ始めたり、取り巻きと友人として対等に接したりと、中身は歳相応の“良い子”である。

Read Article

メリンダ・デズモンド(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

メリンダ・デズモンド(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

メリンダ・デズモンドとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、「東西両国間の新たな戦争を画策している」とされる作中の重要人物ドノバン・デズモンドの妻。 明るく活発で、思い立ったら即行動に出るタイプ。愛国婦人会というコミュニティに参加しており、会の友人たちとお茶やママさんバレーを楽しんでいる。デパートで転びそうになったところをヨル・フォージャーに助けられ、彼女を気に入って会に誘う。「息子のダミアンを殴った女の子」として、フォージャーの名には覚えがあるようである。

Read Article

キース・ケプラー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

キース・ケプラー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

キース・ケプラーとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、東人民共和国の学生テロリストグループのリーダー。 東人民共和国の思想と正義を妄信し、10年前まで戦争状態にあった西国を敵視し、再び戦端を開かせることを画策。同じ志を持つ仲間を集め、軍用犬に爆弾をくくりつけて西国の外務大臣ブランツを襲撃させる計画を進めていた。若く経験もないため計画自体には穴もあったが、それだけにセオリーから外れた行動も多く、一時は彼らを阻止しようとした敏腕スパイのロイド・フォージャーをも追い詰めた。

Read Article

フランキー・フランクリン(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

フランキー・フランクリン(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

フランキー・フランクリンとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、物語の中心人物の1人であるロイド・フォージャーと顔馴染みの情報屋。 東人民共和国の首都バーリントを主な活動場所としており、その情報収集能力にはロイドも一目置いている。ロイドとは単なるスパイと情報屋という関係を超えた長年の腐れ縁で、時に私生活の相談を持ち掛けるなど友人のような間柄。ロイドの家族であるヨルやアーニャ、ペットのボンドとも交流がある。女性にモテないことを気にしており、たびたび珍妙な騒ぎを巻き起こす。

Read Article

フィオナ・フロスト/夜帳(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

フィオナ・フロスト/夜帳(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

フィオナ・フロスト(コードネーム:夜帳)は、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、西国諜報機関WISEに所属する女スパイ。 怜悧冷徹にして職務に忠実な人物で、スパイとして高い実力を持つ。しかし実は物語の中心人物の1人でスパイとしての先輩に当たるロイド・フォージャーに熱烈な恋心を抱いており、彼の関心を買うことを第1の目標としている。ロイドが任務のために疑似家族を作った際、自分以外の女性が彼の妻役を演じることに納得できず、その座を射止めたヨル・フォージャーに猛烈な敵愾心を抱く。

Read Article

シルヴィア・シャーウッド/鋼鉄の淑女(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

シルヴィア・シャーウッド/鋼鉄の淑女(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

シルヴィア・シャーウッド(コードネーム:鋼鉄の淑女)とは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、西国諜報機関WISEの管理官。物語の中心人物の1人ロイド・フォージャーの直属の上司である。 西国と東人民共和国の戦争を回避するため、両国間の緊張を緩和するための様々な任務に従事している。必要とあれば拷問紛いのことすら辞さない冷徹な人物だが、変装用に購入したコートを気に入るなど女性らしい一面も。過去に幼い娘を戦争で失い、その頃の娘と同年代の少女に対しては時に優しい一面を覗かせる。

Read Article

ヘンリー・ヘンダーソン(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ヘンリー・ヘンダーソン(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ヘンリー・ヘンダーソンとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、エレガントであることを至上の価値観と信じる教師。 東人民共和国屈指の名門イーデン校で歴史を教えており、第3寮セシルの寮長を兼任する。自他共にエレガントであることを求め、生徒には厳しい態度で臨んでいるが、勉強に打ち込みすぎて疲弊している生徒をそれとなく休ませるよう配慮するなど教育者としての務めをしっかりと果たしている。 面接試験でロイド・フォージャーが見せた態度に感じ入り、彼の娘であるアーニャに注目している。

Read Article

ビル・ワトキンス(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ビル・ワトキンス(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ビル・ワトキンスは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、物語の中心人物であるアーニャ・フォージャーの同級生。 人民軍陸軍司令部少佐の息子で、6歳にして大人顔負けの筋骨隆々たる体格の持ち主。その6歳児としては破格の身体能力と頭脳を活かして幼稚園時代から数々の球技大会を総ナメし、“ポーダムの怪童”の異名を持つ。「ドッジボールのクラス対抗戦に勝てば優等生の証である星のエンブレムがもらえる」という噂を信じ、アーニャの在籍する1年3組の生徒たちを相手に獅子奮迅の活躍を見せた。

Read Article

ドノバン・デズモンド(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ドノバン・デズモンド(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ドノバン・デズモンドとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、東人民共和国で強大な政治力を持つ国家統一党の総裁。 東人民共和国きってのタカ派で、西国との戦争の準備を着々と進めているとされている。戦争回避のために活動している西国諜報機関WISEからもっとも警戒すべき人物と目され、彼に接触するための特別作戦が進行している。表舞台にはめったに顔を出さないが、息子たちの通っているイーデン校の懇親会にだけは、そこが政治的な社交界としての意味合いも持つことから定期的に参加している。

Read Article

マードック・スワン(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

マードック・スワン(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

マードック・スワンは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、物語の中心人物の1人であるアーニャ・フォージャーの通うイーデン校の教師。 先代ヘッドマスターの息子で、その権力をかさに着て好き放題に振る舞う傲慢な人物。そんな性格が災いして妻から離婚を突きつけられ、娘の親権も失う。自業自得で私生活上の失敗を重ねている真っ最中であるため、「幸せそうな家族」を毛嫌いしており、イーデン校の面接試験でアーニャに心を抉るような質問を投げかける。これに激怒した同僚に鉄拳制裁されることとなった。

Read Article

マシュー・マクマホン/部長(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

マシュー・マクマホン/部長(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

マシュー・マクマホンとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、東人民共和国で古くから活動する暗殺者組織ガーデンに所属する殺し屋。物語の中心人物の1人であるヨル・フォージャーの殺し屋としての先達で、組織内では部長と呼ばれている。 普段は首都バーリントで公務員として働き、物腰穏やかな老紳士として通っている。ダーツからスナイパーライフルまでをも使いこなす熟達した殺し屋で、任務遂行のためなら拷問も障害の排除も辞さない。国賊を始末するガーデンの職務に誇りを持つ、職人肌の人物である。

Read Article

ユーイン・エッジバーグ(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ユーイン・エッジバーグ(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ユーイン・エッジバーグとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、物語の中心人物の1人であるアーニャ・フォージャーのクラスメイト。 東人民共和国の要人ドノバン・デズモンドの息子であるダミアン・デズモンドにエミール・エルマンと共に付き従い、2人1組の太鼓持ちとして振る舞う。一方で無理をして勉強している彼を心配し、時に罰掃除に付き合うためにこれ見よがしに違反を犯し、ダミアンが虫が苦手と知ればこれを持って追い回すなど、対等の友人としても接している。宇宙飛行士になる夢を持つ。

Read Article

目次 - Contents