ひとりで飲めるもん!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ひとりで飲めるもん!』とは2017年8月から2019年2月までコナリミサトが『まんがタイムオリジナル』で連載していた漫画作品、及びそれを原作としたテレビドラマ。
主人公・紅河メイ(べにかわめい)はコスメ会社の広報部で働くキャリアウーマン。社内でも一目置かれる彼女は、サクッと飲めるチェーン店飲みが大好き。仕事に疲れた時や自身のキャリアに悩み、迷った時には美味しい食事とお酒でリセットし、また明日頑張ろうとメイは前を向く。

9軒目 牛丼とビール

メイは同期で戦友である後藤の転職を祝うべく、2人でフレンチを食べに来ていた。一緒にのし上がっていこうと誓っていたが、後藤は今の会社での限界が見え、悩んだ結果転職を決めたのだった。後藤はメイに申し訳ないと言うが、メイは勤め先が変わっても戦友だと返す。
後藤と別れたメイは吸い込まれるように牛丼のチェーン店へ入店し、牛丼と生ビールを注文。紅生姜をたっぷりと乗せ、ひと思いにかき込むと「なまらうみゃー!!」と頭身が縮む。
脳裏には後藤と組んで仕事をしていた時の事が蘇る。明るく後藤を送り出したメイだったが、本当は寂しさでいっぱいであった。ここまでやってこれたのも後藤がいたからだったのだ。寂しさで空いた穴を牛丼とビールで埋めるかのようにかき込むメイであった。

10軒目 うどんとビール

広報部に新入社員・烏丸(からすま)がやってきた。社員たちが「教育係の紅河さんが気の毒」と噂するように、空回りばかりしている。挙句に指示されたメール返信を忘れ、メイがクレーム処理に追われることに。
上層部の厳しい目に晒されたメイは、胃に優しいものが食べたいとうどんチェーン店へ。あえての素うどんと瓶ビールを注文。ビールも一口目は少量にし、うどんを啜ると「なまらうみゃあ」と頭身が縮む。
素うどんでも美味しいのは、軸となる元々の麺が美味しいからだとメイは思った。仕事も同様で、烏丸はやる気はあるが、あれこれトッピングして軸となる麺が見えなくなっているうどんと同じだ。烏丸の空回りっぷりは入社当初のメイとそっくりだったため、自分がしてもらったようにきちんと指導しなければと考えるメイであった。

11軒目 長崎皿うどんとビール

連休明けからぼんやりしてやる気が起きない烏丸。新社会人の陥る5月病ではと騒ぐ烏丸を横目に、メイは「5月病は新入社員だけが患う病気ではないのよ」と心の中で呟く。実はメイもぼんやりとして通常の仕事量がこなせなくなっていた。そこで長崎めんのチェーン店へ。
野菜増し増し長崎皿うどんと生ビールを注文。あんたっぷりの麺とビールを口にすると「なまらうみゃああ」と頭身が縮む。そのままの味を楽しんだ後は、お酢、ラー油、ウスターソースとプレーンの4つの味のエリアを作り食べ進める。「ちょっと工夫すればマンネリせずに食べられるってすごい事だわ」と感じたメイは、5月病の原因がマンネリではないかと気づく。
早速デスク周りのグッズを購入し、リフレッシュを図ったメイは5月病をやり過ごすことに成功。一方の烏丸は単なる風邪であった。

12軒目 とんかつ定食とビール

ベストオブコスメデス大賞の授賞式。大賞を受賞し、登壇するのは老舗高級メーカー美勢堂(びせいどう)広報部の朝丘類次(あさおかるいじ)だ。メイが挨拶にいくとメイの会社の2位受賞を讃えつつも「やっぱりプチプラものってだけでみんな飛び付いちゃうんですかねぇ」などとイヤミが飛び出す。
烏丸は類次への怒りを爆発させるがメイはクールにかわし、帰りにとんかつチェーン店に立ち寄る。とんかつ定食と生ビールを注文。「なまらうんみゃっ」と頭身が縮む。しかしその形相は怒りに満ちていた。本音は大賞を獲れると踏んでおり、悔しさでいっぱいだったのだ。こちらを見下す様子が許せないメイは類次への闘志を燃やす。
「あーゆう奴にはこーゆうチェーン店の安くてなまらうみゃーメシ飲みの良さ、わからないんだろうなー」ととんかつを頬張るメイの近くの席には、類次がとんかつを食べる姿があった。

13軒目 かつ丼

ユルく、世渡り上手に見える朝丘類次。コスメデス大賞受賞の場では、ビジネス誌の記者や美容学校関係者、女性社員たちのお誘いをユルくかわす。そしてメイと同じとんかつのチェーン店へ向かった。
注文はカツ丼と水のみ。丼物は瞬殺で食べる事ができるから。類次はユル男に見せかけ、効率重視の仕事人間だったのだ。「食ったら即たまった仕事メールのレス!そして未消化の今日のタスク処理だ!」と食事中も仕事で頭はいっぱい。そして今日のパーティーでのメイを思い返し「まぁあの女はこんな安いチェーン店でメシ食ったりしないだろうがな」とカツ丼をかき込んでいると「なまらうみゃー」の声が聞こえてきた。
振り返ると頭身の縮んだメイが食事をしていた。類次はそれがメイとは気づかず、幸せそうに食べる姿を見て「なんか良いのかもな。ゆっくり時間を噛みしめて楽しんでて」と考える。しかし食事を終えた類次は早々に仕事に戻るのであった。

14軒目 激辛カレーとビール

メイが手がけたティーン向サイトの最終デザインが上がってきた。そこへ「紅河さん、大変です!」と後輩が駆け込んできた。それは類次プロデュースの今日発表された新サイト。全てがメイの案とそっくりだったのだ。
再度の擦り合わせで日にちはロス、上層部は小言を言うばかり。憎しみの業火で焼身してしまいそうなメイは、カレーチェーン店へ。大盛りカレーの10辛と缶ビールを注文。カレーを口にすると「なまら辛うみゃああ」と頭身が縮む。ビールも缶のままチェイサーのように飲み干す。「今日やるべきことは全てやった!あとは明日に持ち越し!」と激辛カレーを食べ続けると、汗と一緒に焦燥と憎しみも吹き出していく。
類次とメイは仕事の感度が似ており、そして類次の方が少し仕事が早い。汗をかき切りスッキリしたメイは「朝丘類次いつか泣かす」と店を後にする。

15軒目 うな丼とビール

仕事中に母からの電話を受けているメイ。電話を切ると会話を聞いていた後輩に、紅河家のお盆は、亡くなった祖父母の好物のうなぎを親戚一同で食べるのがお決まりなのだと説明する。去っていくメイを見ながら後輩たちは「紅河さんて実家との距離感クールそう」「お盆休み返上で仕事とか考えらんない」と囁き合う。
仕事後、メイはうな丼のチェーン店へむかう。うな丼とビールを注文。ふわっとした身のうなぎを食べると「なまらうみゃー…」と頭身が縮む。実は実家が大好きなメイは、親戚や家族とうなぎが食べたかったと落ち込んでいたのだ。また、名古屋出身の母が作ったひつまぶしが食べたいと思うメイ。「ないなら作ればいいのでは」思い立ち、早速うなぎをテイクアウト。
翌日のメイはイキイキとしていた。昨晩自宅で作ったひつまぶしは成功で、年末まで頑張れるエナジーチャージにも成功したのであった。

16軒目 ハンバーグとビール

アロマサロンで「紅河店長、結婚記念日ディナー楽しんできてくださいね」とスタッフから送り出されるメイの母。スタッフは「結婚年月にちなんだ粋なワインで乾杯してそう!」と盛り上がるが、両親が向かったのはハンバーグのチェーン店であった。
大ジョッキと目玉焼きハンバーグ、チーズハンバーグを注文。乾杯し、ハンバーグを食べると「なまらうみゃ〜っっ」と2人とも頭身が縮む。そして初めて家族で来店した時の事を思い出す。当時両親は多忙を極め、関係もギスギスしていた。そんな時小さなメイがハンバーグを頬張り「なまらうみゃー!」と言ったのだ。2人が「なあに。それは?」と聞くと、2人の地元の言葉を合わせて作った言葉で「お父さんとお母さんの美味しいが仲良く合体したみたいで、嬉しくて楽しいよ」と答える。それを聞いた2人はいい意味で力が抜け、食事を楽しむことができたのだった。
お盆休みに会えなかった事を嘆く父に、母は「今頃東京で同じ店のハンバーグ食べてたりしてね」と応え笑いあう。同じ頃、東京ではハンバーグを食べるメイの姿があった。

17軒目 ホットドッグとビール

類次と重複したサイトの修正に成功したメイは上層部から評価を受ける。しかし対処法を示さず、結果が出た時だけ手のひらを返す上層部にモヤっとするメイ。後藤と食事をしながらその話をすると退職して独立でも考えているのかと聞かれ、ドキッとする。同日ニュースサイトでは類次の独立が報道されており、焦燥感を感じたメイは飲み直そうとするも寄りたい店が思いつかず、映画館に入館する。
ホットドッグと生ビールを買い、予告を見ながらホットドッグを頬張るメイ。「なまらうみゃ〜っっ」と頭身が縮む。映画はもがき悩みながらも戦い続ける女戦士の物語で、その爽快さと女性客の多さに「きっとみんなだって色々と悩んだりしてるんだろうなって、そう思うと不思議な力が湧いてくるみゃ!」と前向きになるメイであった。女戦士は自分の道を切り拓き、映画はエンドロールを迎えたが「で、私はどうしよう」とメイはその場を動くことができなかった。

18軒目 回転寿司とビール

最近ボーッとしている事が多いメイを見て、社員たちは転職か独立するのではと噂していた。噂を聞いた上層部は退職を止めようとしてくるが、メイの良き上司である是枝は「上層部の奴らの言うことなんて気にしなくていいのよ。たくさん悩み抜いて冒険なさい」と励ます。
自分にとっての冒険がわからないメイは、高級寿司のディナーに出かけてみることに。美味しい寿司と白ワインに舌鼓を打つメイ。食べ方も店員の指示通りに。今後を考える事にも疲れ、このまま流れに任せてみようかと決めかけた時、靴のヒールが折れ倒れ込む。「なんでこのタイミングで折れるかな!?最悪…」と顔を上げると、そこには回転寿司のチェーン店があった。
回転寿司とビールを楽しみながら、食べたい時に食べたい物が食べられ、気軽に楽しめる店がやっぱり好き。仕事もみんなの笑顔が見れるような物を作って売りたい。それだけだと再認識したメイであった。

最終軒 天丼とビール

メイは是枝に「この会社に残って働くことが、今の私にとって最高にワクワクする冒険だ」と残留を決めたことを報告。「どうせなら上がって来なさいよ、紅河」と是枝もメイを応援する。
その頃、類次は商談相手とメイの話題になっていた。商談相手からメイが転職か独立をするという噂があったが、結局残留となったことを聞かされる。類次は転職や独立はないと分かっていた。メイの自社商品への熱烈な愛を感じていたからであった。
高揚感を感じていたメイは天丼のチェーン店へとやって来た。小天丼とグラスビールを注文するが、いつもとは違い温玉乗せである。「なまらうみゃ〜っ」といつものように楽しむメイ。この先も迷うことがあっても、こんな夜があればきっと乗り越えられるとメイは確信したのであった。

『ひとりで飲めるもん!』の登場人物・キャラクター

7oa0a8a1m6
7oa0a8a1m6
@7oa0a8a1m6

Related Articles関連記事

仮面ライダーW(ダブル)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーW(ダブル)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーW』とは、2009年9月6日から2010年8月29日にかけて全49話が放送された特撮テレビドラマ作品であり、『平成ライダーシリーズ』の第11作品目。 探偵を営む左翔太郎の前に土地の権利者と名乗る鳴海亜希子という女性が現れ、翔太郎に事務所の立ち退きを求める。2人の言い争いの最中、女性から彼氏を探してほしいと依頼がくる。依頼の調査中、謎の怪人ドーパントが出現。探偵事務所には秘密の部屋があり、謎の少年フィリップがいた。左翔太郎とフィリップは2人で1人の仮面ライダーWであった。

Read Article

珈琲いかがでしょう(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

珈琲いかがでしょう(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『珈琲いかがでしょう』とは、2014年から2015年にかけコナリミサトが『WEBコミックEDEN』で連載していた青年漫画、およびそれを原作としたアニメやドラマ作品。移動珈琲屋を経営する青山一が、家庭や性格に問題を抱えた人と出会い、こだわりの珈琲でおもてなしすることで心を通わせていく。物語が進行するにつれ、人の良さそうな青山一の驚くような過去が明かされていく。2021年4月からテレビドラマ化され話題になった。

Read Article

あなたの番です(あな番)のネタバレ解説・考察まとめ

あなたの番です(あな番)のネタバレ解説・考察まとめ

『あなたの番です』とは、日本テレビ系にて2019年4月から9月まで放送された全20話のミステリードラマである。キウンクエ蔵前というマンションに引っ越してきた新婚夫婦が「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる姿を描いたミステリードラマで、企画・原案は秋元康。第1章、第2章で構成された2クール半年間に渡って放送され、テレビ放送と連動して、『扉の向こう』というスピンオフがHuluにて独占配信されている。

Read Article

キャットストリート(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

キャットストリート(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『キャットストリート』とは2004年から2007年の3年間神尾葉子が『別冊マーガレット』で連載したヒューマンストーリーである。かつて人気子役だった主人公・青山恵都(あおやま けいと)。9歳で芸能界を引退してからは不登校になり、ずっと引きこもりの生活を送っていたが、16歳の彼女の前にフリースクール「エル・リストン」へ誘う男が現れる。「エル・リストン」で様々な人間と出会い再び恵都は女優復帰を目指す。2008年にNHKでドラマ化され、谷村美月が主演を演じた。

Read Article

古見さんは、コミュ症です。(漫画・ドラマ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

古見さんは、コミュ症です。(漫画・ドラマ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『古見さんはコミュ症です。』は、オダトモヒトによる漫画および、それを原作としたアニメ、TVドラマ作品。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2016年25号から連載。コミックス累計発行部数は550万部を突破している。コミュ症(コミュニケーション障害)の女子高生・古見と特に特徴のない普通の男子高校生・只野とそのクラスメイト達との交流を描いたコメディ作品。 個性的なキャラクターによる軽妙なやり取りや、コメディの中で描かれる只野や古見の心の成長が魅力となっている。

Read Article

SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜(ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜(ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』とは、超能力などを使った特殊な事件を捜査するために設立された、未詳事件特別対策係を舞台にした刑事ドラマ及び原作をもとにした映画である。IQ201の天才刑事と警視庁特殊部隊 (SIT) 出身の捜査官が特殊能力(SPEC)を持つ犯人と対決する姿が描かれている。ドラマ初期にはミステリーなストーリーが繰り広げられ、後半になるとSPECに関わる陰謀劇が中心となっている。2人の刑事の個性的なキャラクターも見どころのひとつだ。

Read Article

NEW
陽だまりの彼女(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

陽だまりの彼女(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『陽だまりの彼女』とは、越谷オサムによる日本の恋愛小説を原作として2013年に映画化された恋愛映画である。交通広告代理店の営業マンである奥田浩介(おくだこうすけ)が中学時代の同級生の渡来真緒(わたらいまお)に再会することからはじまり、ふたりは恋愛し結婚する。幸せな毎日を過ごしていたふたりだが、真緒に異変が現れる。そして浩介は真緒の驚くべき秘密を知るのだ。恋愛ストーリーの中にファンタジー要素が加わり、可愛らしく心温まる映画となっている。

Read Article

古見さんは、コミュ症です。のネタバレ・解説まとめ

古見さんは、コミュ症です。のネタバレ・解説まとめ

『古見さんは、コミュ症です。』はコミュ症の女子高生、古見硝子と普通の男子高校生、只野仁人の交流を描いたコメディ漫画である。容姿端麗であるが人付き合いが苦手な古見硝子の見せる可愛らしい言動が魅力であり、読者だけではなくクラスメイトからも人気を集める。また癖の強いクラスメイト達と只野仁人とのテンポの良いやりとりも作品を面白くしている。

Read Article

【SPEC】知ればもっと面白くなる!SPECホルダー一覧!

【SPEC】知ればもっと面白くなる!SPECホルダー一覧!

戸田恵梨香・加瀬亮W主演の大人気ドラマ『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』。「SPEC」という超常的な能力を持つ犯罪者を追う者たちの活躍を描いた人気シリーズである。 ここでは、本作に出てくるSPECホルダーことSPEC能力の所有者たちをまとめて紹介する。これを見ればより一層面白くなること間違いなし!!

Read Article

目次 - Contents