【進撃の巨人】アルミン「なんでミカサとエレン成長してるの?」エレン「えっ」【厳選名作SS】

進撃の巨人の厳選名作SSを掲載しています。今回はアルミンの記憶が10歳に退行してしまうSSです。アルミンが開拓地送りにならないよう1週間以内になんとか記憶を戻そうとしますが…。

アルミン「なんでミカサとエレン成長してるの?」エレン「えっ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 21:31:16 ID:w2gFdXu30

エレン「何を言ってるんだアルミン?」

ミカサ「アルミン? 調子が悪いなら休んだ方がいい」

アルミン「いや、僕は大丈夫……っ! 頭が痛い……」

エレン「結構な勢いでぶつかってたからな。無理せず医務室へ行こうぜ」

ミカサ「私達も付きそう」

アルミン「医務室? 医務室って何処の?」

エレン「何言ってんだよ、訓練兵団のに決まってるだろ?」

アルミン「訓練、へいだん?」

ミカサ「これは、まさか……!」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 21:32:15 ID:w2gFdXu30

アルミン「待ってよ、意味がわからない。なんで僕たちが訓練兵団にいるの?」

ミカサ「エレン、もしかしてアルミンは……」

エレン「ああ、流石に俺でもわかったぜ。なんてこった、今度はアルミンかよ……」

アルミン「?」

ミカサ「アルミン、驚かないで聞いて欲しい。私達は訓練兵団に属している。貴方も含めて」

アルミン「ええっ?」

エレン「お前の身体をよく見てみろ」

アルミン「身体……え? 僕も成長している、のか?」

エレン「違う、多分今お前は頭を強く打って記憶が退行してるんだ」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 21:34:52 ID:w2gFdXu30

アルミン「退行? つまり本当は僕もこの身体に見合った年齢なの?」

エレン「ああ」

アルミン「い、今は何年なの!?」

ミカサ「850年」

アルミン「五年も経ってるの!? じゃあ僕は今十五歳……はは、なんだよそれ」

エレン「今は混乱してると思うけど、ついてきてくれアルミン。教官に説明しなきゃマズイし、一応怪我も医務室で見て貰おう」

ミカサ「その方がいい」

アルミン「……うん、わかったよ」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 21:38:44 ID:w2gFdXu30

キース「アルレルト訓練生が退行……?」ギロ

アルミン「ひっ?」

エレン「ハッ! その通りです!」

キース「お前達……一体何をどうやればそんな……イヤ、今はそんなことを話していても仕方がない」

キース「三日だ」

エレン「えっ?」

キース「アルレルト訓練生には三日の猶予を与える。それまでに思い出せなければ残念だが訓練兵としてここにはおけない」

ミカサ「お言葉ですが、前例よりも期間が少ないように見受けられます」

キース「お前の知る前例は上位十名候補からのものだ。あれはかなりの特別措置と言える」

アルミン「……」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 21:41:53 ID:w2gFdXu30

エレン「教官! しかしそれでは差別に当たると具申致します!」

キース「訓練生の育成は慈善事業ではない。可能な限り優秀な兵士を速く確実に作る必要がある。本来ならば即刻開拓地送りになるものもいるのだ」

エレン「しかし!」

アルミン「い、いいよエレン。今の僕のおかれている状況が良くわかったから」

エレン「でも……!」

アルミン「……そうやってゴネて期間を延ばして、僕が元に戻らなかったらどうするの?」

エレン「それは……けど!」

アルミン「もし記憶が戻らなかったら僕は僕で、何とかする。そうするしかないんだ」

エレン「アルミン……」

アルミン「行こう」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 21:44:41 ID:w2gFdXu30

ミカサ「アルミン、荷物を持とう」

アルミン「へ、平気だよ、一人で持てる」

エレン「あ、いつも持ち歩いてる鞄か。俺が持ってやろうか?」

アルミン「大丈夫だってば。これくらい自分でちゃんと……わぁっ!?」バサササ

アルミン「……くっ」

エレン「いわんこっちゃない、無理するなよ。普段から重そうだな、とは思ってたんだ」

アルミン「大丈夫だって。いつも持ってたんなら、自分で出来る!」サッサッ

エレン「そ、そうか? ん? アルミン、こっちにも何か落ちてるぞ?」

アルミン「え? あ、うん……なんだろうこれ? 素早く髪を伸ばす方法? なんで僕こんなの調べたんだろう?」

キース「!?」ガタッ

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 21:48:01 ID:w2gFdXu30

キース「」ゴホン

エレン「」ギクッ

ミカサ「」ギクッ

アルミン「」ギクッ

エレン「失礼しました! 直ちに退室します!」

キース「待て」

エレン「ハッ!……え?」

キース「アルレルト訓練生の期間を、やはり一週間とする」

エレン「えっ?」

キース「必ず期間内に戻せ……必ずだ」

エレン「ハッ!」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 21:52:58 ID:w2gFdXu30

エレン「やったなアルミン!」

アルミン「う、うん……でもなんでだろう」

エレン「理由はどうだっていい。一週間あればどうにかなるさ」

ミカサ「そう、私達も全力でサポートする」

アルミン「……二人とも忙しいだろ? そこまでしてくれなくてもいいよ」

エレン「何言ってるんだよ、親友だろ?」

ミカサ「そう、困ってるアルミンを放っておけない」

アルミン「……」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 21:53:29 ID:w2gFdXu30

クリスタ「あ、アルミン、エレン、ミカサ!」

エレン「クリスタか、どうした?」

クリスタ「アルミンが訓練中に倒れたって聞いてお見舞いに……」

アルミン「えっと、知り合い?」

エレン「ああ、同期のクリスタだよ」

アルミン「クリスタ、さん……」

クリスタ「ええっ? どうしちゃったのアルミン? いつものクリスタでいいよ!」

ミカサ「実は……」

~~説明ちう~~

クリスタ「今度はアルミンが……?」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 21:54:01 ID:w2gFdXu30

クリスタ「そっか、大変だねアルミン、困ったことがあったら言ってね?」

アルミン「う、うん……ありがとう、ございます。クリスタ、さん」

クリスタ「なんか、さん付けで呼ばれると少しむず痒いかな」

アルミン「……」

エレン「今日はもう訓練も終わりだし、とりあえず食堂に行こうぜ。そこでみんなにも協力を扇ごう」

ミカサ「うん」

アルミン「え? あ、いやみんなって……?」

エレン「ああ、同期だよ、みんな良い奴等だぜ?」

アルミン「でも、僕なんかのことでそんなに人を巻き込むのは……」

エレン「大丈夫、気にするなって!」

ミカサ「アルミンは何も気にしなくていい」

アルミン「……」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 21:54:43 ID:w2gFdXu30

ライナー「よぅ、随分と遅かったな。アルミンは大丈夫か?」

ベルトルト「訓練中に倒れたって聞いたけど」

アルミン「え、えっと」

エレン「実はさ」

~~説明ちう~~

ライナー「マジか」

ベルトルト「それは大変だね」

ミカサ「……」

ライナー「どうしたミカサ?」

ミカサ「ライナーは、怪我をしていたと聞いた気がするけど……」

ライナー「あんなもんすぐ治るさ」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 21:55:22 ID:w2gFdXu30

ジャン「んだよ、騒がしいな。まーたお前か死にたがり」

エレン「ああ? 誰が死にたがりだこの敗北主義者!」

アルミン「ちょ、え、エレンやめなよ……」

ライナー「あの二人はいつものことだよ」

ベルトルト「そうだね」

アルミン「そうなんですか? ライ、ナーさん、ベルトルトさん」

ベルトルト「!?」

アルミン「え、僕なにか間違いました?」

ベルトルト「間違ってない……間違ってないよ!」ガシッ

アルミン「ふぇ?」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:01:16 ID:w2gFdXu30

アルミン「あ、あの……え? ベルトルトさん?」

ベルトルト「アルミン!君は最高だ! 困った事があったら力になるよ!」

ライナー「おいおいベルトルト、急にどうしたんだ? お前らしくもない」

アルミン「あ、あの、それじゃ、エレンを止めてもらえますか、ベルトルトさん」

ベルトルト「おい二人とも! 喧嘩はやめるんだ!」

ジャン「お、おお……ベル……うんたらに怒られるなんて……」

エレン「悪かったよベルトルト」

ベルトルト「今日の僕はいつもと違う、違うぞ!」

ジャン「おいライナー、ベルト……の奴どうしたんだ?」

ライナー「さあ?」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:02:27 ID:w2gFdXu30

アルミン「あの」

ジャン「あ?」

アルミン「」ビクッ

ジャン「なんだよ?」

アルミン「ベルト、じゃなくてベルトルト、だと思います」

ジャン「ああ、まあそうだっけか」

アルミン「はい」

ベルトルト「……僕はここにいてもいいんだ」

ライナー「そりゃいいだろ……今はな」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:07:45 ID:w2gFdXu30

アルミン「そ、それであの」

ベルトルト「うん、なんだい?」

アルミン「速く食事を摂らないといけないんじゃ……」

ベルトルト「そうだね、みんな速く食べよう」

エレン「そうだな」

ミカサ「流石アルミン。記憶が無くても正解を導ける力がある」

アルミン「……」

クリスタ「……」ジィ

ユミル「おーいクリスタぁ、はやく一緒に座ろうぜー」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:08:38 ID:w2gFdXu30

クリスタ「う、うん」

ユミル「んだよ、どうしたあ?」

クリスタ「ううん、なんでもないの。いこう」

エレン「さ、食おうぜ!」

アルミン「うん」

ミカサ「ジャンも医務室だったような……」

ジャン「よ、呼んだかミカサ?」

ミカサ「呼んでいない」

ミカサ「ので」

ミカサ「あっちへいってほしい。すぐに」

ジャン「」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:12:47 ID:w2gFdXu30

アルミン「ねえエレン」

エレン「なんだ?」

アルミン「僕らは巨人に侵攻されて、撤退し、訓練兵団に志願した、で良いんだよね?」

エレン「ああ」

アルミン「その巨人はその後どうなったの?」

エレン「えっ?」

アルミン「エレンの話によると壁を越えるほどの超大型巨人が現れて壁を壊し、鎧の巨人が扉を壊した」

アルミン「その二体は討伐されたの?」

エレン「いや、急にいなくなったらしい」

アルミン「いなくなった?」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:13:35 ID:w2gFdXu30

エレン「ああ、不思議なことに扉を壊した後は姿を見てないんだ」

アルミン「……おかしいよね」

エレン「ああ、確かに。何処にいったんだろうな」

ライナー「……」

ベルトルト「……」

アルミン「うん、そこもそうだけど……超大型巨人や鎧の巨人は壁を壊せる技術があるんだ。なのにエレンの話を聞く限りでは五年間それがない」

エレン「奴等には高度な知性が無いんだろ、確か座学の講義でもそんなことを……」

アルミン「それだけを鵜呑みにするのは早計だよ、だって現に超大型巨人や鎧の巨人は壊している実績があるんだ」

ライナー「……」

ベルトルト「……」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:16:24 ID:w2gFdXu30

アルミン「巨人は人間を食べるし、人間のいる方に向かう習性があるんだから……一度やって人間の領域に踏み込めたなら何度も同じようなことをしようとしてもおかしくない」

アルミン「なのに五年間はそれが一度もない」

アルミン「それどころか討伐したわけでも無いのに姿さえ確認出来ない」

アルミン「これは相当妙だよ」

エレン「言われてみてば……考えたこと無かったな」

ライナー「な、なあ」

エレン「どうした?」

ライナー「アルミンって本当に記憶が無いのか?」

エレン「ああ」

ライナー「……末恐ろしいな」

ベルトルト「……」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:20:58 ID:w2gFdXu30

アルミン「ねえエレン」

エレン「なんだ?」

アルミン「消灯時間まではまだ時間があるって言ってたよね?」

エレン「ああ」

アルミン「それなら本が読めるところはないかな」

エレン「あるぞ、書庫が。お前は結構通ってるみたいだったな」

アルミン「書庫か、良かったら連れていってよ」

エレン「わかった。メシも食い終わったし行こうぜ」

ミカサ「エレンとアルミンが行くなら私もいこう」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:23:59 ID:w2gFdXu30

エレン「ここだよ」

アルミン「わあ……!」キラキラ

ミカサ「アルミンの目が変わった」

エレン「昔から本好きだしな。よく一度読んだ本の内容を忘れて読み直したいなんて言ってたっけ」

アルミン「これ全部読んでいいんだよね?」

エレン「ああ、ただし消灯時間までには戻るぞ」

アルミン「わかってる! わぁ! あっちから読んでみよう!」スタタ

ミカサ「なんだか、本当にアルミンらしい」

エレン「そうだな」

アルミン「エレン! 見てよこれ! 調査兵団の記録だ!」

エレン「なに!? 俺も見る!」

ミカサ「……二人とも、本当に子供の時みたい」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:30:08 ID:w2gFdXu30

アルミン「壁外調査記録シガンシナ区から東へ十五㎞ほどの地点、壁内ではそうそうない高さの木々が生い茂る樹林に遭遇」

エレン「樹林? 高さはどれくらいなんだろーな!」

アルミン「待って……えっと、巨人に遭遇するも、高さを生かした立体機動の戦闘により、勝利。被害は二人」

エレン「殺したんだな! 流石調査兵団だぜ!」

アルミン「今後、こういった場所の方が立体機動を生かせる為、おびき寄せて戦闘するための逃げ場所と検討したい」

エレン「人類もまだ負けちゃいねーぜ!」

アルミン「うーん、もう少し外の世界のこと載ってないのかな、戦績ばっかりだよこの本」

エレン「ええーいいだろう別に、これはこれで面白いし」

ミカサ「これじゃどっちが子供かわからない」フフ

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:30:59 ID:w2gFdXu30

アルミン「うーん、やっぱり訓練兵団ってだけあって戦術書や参考書、武器に関する本やこれまでの歴史、戦績なんかが多いなあ」

ミカサ「アルミン、貸し出しカードを調べてみたらどうだろう」

アルミン「貸し出しカード?」

ミカサ「アルミンはよく本を借りて読んでいた。貸し出しカードにアルミンの名前がある本を読めば、何か思い出すかも知れない」

エレン「なるほどな、それに今まで読んだことあるってことはアルミンが楽しめる本ってことだろうし」

ミカサ「そういうこと」

エレン「ミカサ、考えたな!」

ミカサ「それほどでもない///」

アルミン「なんかエレン少し変わった?」

エレン「え?」

アルミン「なんだろう、大人になったって言うか素直になったっていうか」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:35:30 ID:w2gFdXu30

エレン「そうか?」

アルミン「うん、僕の知るエレンならもう少しミカサ相手に尖っていたと思うよ」

ミカサ「アルミンの言うことは間違っていない。言うなれば反抗期をようやくエレンは過ぎたということ」

エレン「俺はお前の子供かよ!」

アルミン「そうそう、そんな感じ。なんだ、やっぱり変わってないや」

ミカサ「反抗期はまだ終わってなかった……」

エレン「だから子供扱いすんなっての!」

エレン「だいたいこの前まではお前の方が子供でだな」

ミカサ「それは聞き捨てならない」

アルミン「ちょっと静かにしてよ! 本が読めない!」

エレン「お、おう」

ミカサ「ごめんなさい」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:40:32 ID:w2gFdXu30

エレン「そろそろ戻るぞアルミン」

アルミン「んー」

ミカサ「消灯時間が近い。もう戻らないといけない」

アルミン「あとちょっとー」

エレン「ちょっとってどれくらいだよ?」

アルミン「これ読んだらー」

ミカサ「いくらアルミンでもその厚さの本はすぐに読み切れない。今日は戻るべき」

アルミン「んー」

エレン「だああああああ!」バッ

アルミン「あ、ちょっと!? 何するのエレン!?」

エレン「消灯時間! 戻らないと罰則があるんだよ!」

アルミン「あ、ごめん、もうそんな時間なんだ……」

ミカサ「借りる手続きをしておいてあげるから戻ろう」

アルミン「うん」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:43:46 ID:w2gFdXu30

クリスタ「あ、アルミン、エレン、ミカサ」

エレン「よう」

ミカサ「お疲れ様」

アルミン「……」ペコリ

クリスタ「アルミンは相変わらずかあ……少しさびしいな」

アルミン「ごめんなさい、クリスタ、さん」

クリスタ「クリスタでいいって。なんか逆に違和感感じちゃう」

クリスタ「でもアルミンって小さいい時から礼儀正しいんだね」

クリスタ「何かあったら言ってね? 手伝えることなら手伝うから」

エレン「サンキュな」

アルミン「……」

ミカサ「アルミン?」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:48:56 ID:w2gFdXu30

アルミン「え、なに? ミカサ」

ミカサ「……なんでもない。でも、考え過ぎはよくない」

アルミン「! うん……」

エレン「さ、行こうぜアルミン」

アルミン「あ、うん」

ミカサ「おやすみなさい」

エレン「おやすみー」

アルミン「おやすみミカサ、クリスタ……さん」

クリスタ「……」

ミカサ「アルミンに悪気はない、許してあげて」

クリスタ「うん……」

クリスタ「……」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:49:35 ID:w2gFdXu30

アルミン「」ペラッ

エレン「いい加減消すぞアルミン」

アルミン「あ、うん……ってちょっと待って」

エレン「んだよ?」

アルミン「これなんて読むの?」

エレン「ああ、これはな」

アルミン「へえ……でも僕がエレンに教わる日がくるなんてね」

エレン「しょうがないだろ、今のお前じゃ。それに普段からアルミンには勉強教えてもらってるからな」

アルミン「そっか」

エレン「ああ、消すぞ」

アルミン「うん」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:55:08 ID:w2gFdXu30

アルミン「……」

アルミン「……」

アルミン「はぁ、眠れない」

アルミン「散歩でもしてこよう」

アルミン「……」スクッ

ギィィ

バタン

アルミン「……」

アルミン「……月が綺麗だな……」

アルミン「この明るさなら本が読めるかも」

アルミン「……」スッ

アルミン「」ペラッ

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:55:41 ID:w2gFdXu30

コケコッコー

クリスタ「ふわぁぁ……顔洗わなきゃ……ん?」

アルミン「」ペラッ

クリスタ「アルミン? こんなに朝早くから外で本を読んでるなんて」

アルミン「」ペラッ

クリスタ「おはようアルミン」

アルミン「」ペラッ

クリスタ「アルミン?」

アルミン「」ペラッ

クリスタ(え? 無視されてる?)グス

アルミン「よし、終わり! ってわああああああっ!? いつからそこに!?」

クリスタ「あ、気付いた」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 22:59:10 ID:w2gFdXu30

クリスタ「もう、無視されてるのかと思っちゃった……」

アルミン「ご、ごめんなさい」

クリスタ「でも朝早いんだねアルミン」

アルミン「え? あ、ああああ!? もうこんな時間!?」

クリスタ「え?」

アルミン「本を読むのに夢中で徹夜しちゃった……どうしよう」

クリスタ「ええええええ!? 徹夜!?」

アルミン「はい。とにかく一度部屋に戻ります」

クリスタ「そうした方がいいよ。少しでも寝た方がいいしエレンが心配してるかも」

アルミン「はい。あ、えとクリスタ、さん、寝癖ついてますよ」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:00:39 ID:w2gFdXu30

クリスタ「えっ!? あわわわわ///」

アルミン「それじゃ」

クリスタ「……あれがアルミンの素、なのかな。なんか、昨日も思ったけど……」

ユミル「クーリスタ♪」ダキッ

クリスタ「ひゃあああああっ!?」

ユミル「ひでーなあ、おいていくなんて」

クリスタ「ちょっと顔を洗おうと思って、あと寝癖も直さないと」

ユミル「うし、じゃあ行こうぜ」

クリスタ「うん」クルッ

ユミル「? どうした? あれは……アルミン? 奴がどうかしたのか?」

クリスタ「ううん、なんでもない、いこうユミル」

ユミル「……ああ」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:01:11 ID:w2gFdXu30

アルミン「うぅ」ウツラウツラ

アルミン「眠い……急に眠くなってきた」

アルミン「お腹もすいた……」

ドンッ

アルミン「あうっ!」

サシャ「あ、すいません!」

アルミン「こちらこそごめんなさい」

サシャ「ってなんだアルミンじゃないですか、おはようございます!」

アルミン「え? 知り合い?」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:01:55 ID:w2gFdXu30

サシャ「酷いですね、同期じゃないですか」

アルミン「ああそうなんですか。実は僕、今記憶が退行しているらしいんです」

サシャ「ありゃ、今度はアルミンですか。でもしっかりしてるように見えますね」

アルミン「そう、ですか?」

サシャ「はい! 今でも私より利口そうです」

アルミン「あははは……」グゥ~

サシャ「おや? 腹減りですか?」

アルミン「実は……」

サシャ「むふふ、ではついてきてください!」

アルミン「え? あ、ちょっと……」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:02:27 ID:w2gFdXu30

アルミン「あの……ここは?」

サシャ「上官の食糧庫です」

アルミン「え」

サシャ「しっ! みつかったら営倉いきですよ!」

アルミン「それっていけないことなんじゃ」

サシャ「わかってませんねアルミン、危険を冒さなければ美味しい食糧にはありつけないんですよ!」

アルミン「へ、へえ」

アルミン「でも泥棒はいけないことなんじゃ」

サシャ「泥棒じゃありませんよ、これはむしろ狩りの一種なんです」

アルミン「狩り?」

サシャ「ええ、食糧庫に眠る食材をこっそり見つからないように持って帰るという、超難易度の高いね」

アルミン「狩り、かあ……なんか恰好いいかも!」キラキラ

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:05:26 ID:w2gFdXu30

サシャ「わかりますかアルミン!」

アルミン「外の世界の事が乗ってる本に書いてあったんだ。狩猟民族のこととか」

アルミン「壁の中でも狩猟で生計を立てている人がいるけど、昔は食べる目的以外でも狩りをしていたんだって」

アルミン「彼らは狩りをするのに犬を使っていたらしいんだ。犬を調教して相棒にしていたんだって」

サシャ「じゃあアルミンは今から私の犬です」

アルミン「うん、わかったよ」

サシャ「違いますよアルミン、そこは「ワン」です」

アルミン「ワン?」クビカシゲ

サシャ(……可愛い)

サシャ「ワン!」

アルミン「ワン!」

サシャ「……」ナデナデ

アルミン「クーン?」

サシャ「///」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:06:32 ID:w2gFdXu30

サシャ「アルミンは良い子ですね。名犬になりますよ」ナデナデ

アルミン「ワン!」

サシャ「可愛いなあ、こんなことなら私も相棒を作っておくんだったかなあ」ナデナデ

アルミン「ワン!……あの、そろそろふつうにしゃべっても?」

サシャ「えっ?」

アルミン「う……わ、わん」

サシャ「っ! っ!」ナデナデ

アルミン「わんわんわん!(あんまり撫でないでください!)」

サシャ「おーよしよし、もっと撫でてやるけんね」

アルミン「わんわん!(違います!)」

サシャ「よしよし」

キース「……何をやっている貴様ら」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:13:22 ID:w2gFdXu30

サシャ「!?」

アルミン「!?」

キース「朝から上官の食糧庫にいる理由を説明してもらおうか、ブラウス訓練生、アルレルト訓練生」

サシャ「はわわわわ……!」

アルミン「わ、わん!」

キース「は?」

アルミン「あ、じゃない、えっと、このお姉さんに案内してもらっていたんです」

キース「ブラウス訓練兵に?」

アルミン「迷っていしまって、そしたら近くにこの人がいて、えっとついでにこの中を無理言って少し見せてもらってました」

サシャ「」コクコク!

キース「……念のために聞いておこう、何か盗ったものはあるか」

サシャ「まだ何も盗ってません!」

アルミン「あっ」

キース「……ほゥ? まだ、と言ったか、サシャ・ブラウス」

サシャ「!!!!!!!」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:20:27 ID:w2gFdXu30

キース「アルレルト訓練生」

アルミン「えっと、僕、ですか?」

キース「その様子ではまだ退行から回復していないようだな」

アルミン「あ、はい……」

キース「今回は貴様の機転に免じて見逃してやろう」

サシャ「!」

キース「ただし」

サシャ「!?」

キース「ブラウス、貴様は朝食抜きだ」

サシャ「!」ガーン

キース「分かったらさっさとここから出て行け」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:23:43 ID:w2gFdXu30

アルミン「見つかっちゃいましたね」

サシャ「そんなあ、まだ何も食べてないのに、朝食が食べられないなんて……」

アルミン「僕のを、分けてあげますから元気だしてください、サシャ、さん」

サシャ「!? 神!?」

アルミン「えっ?」

サシャ「いや、でもさすがに今のアルミンからもらうわけには……」

アルミン「え、えっと、ほら、相棒じゃないですか。ご主人様には尽くさないと。だから、ね、サシャ、さん」

サシャ「むぅ、そのサシャさんってのは違和感ありありです。サシャでいいですよ」

アルミン「え、でも……」

サシャ「ご主人様命令です! サシャと呼びなさい!」

アルミン「は、はい、サシャ……ご主人様」

サシャ「い、いやご主人様は付けなくてもいいんですよ」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:31:32 ID:w2gFdXu30

食堂

サシャ「それでアルミン? ええとそのぅ」

アルミン「はい、パン半分こしましょう」

サシャ「アルミィン!」パクッ

アルミン「わっ、僕の指まで食べないでください……!」

エレン「あ、いたいた! アルミン心配したんだぞ! 朝からいないから……」

アルミン「あ、エレン、ごめん……それよりサシャご主人様をなんとかしてよ」

エレン「は?」

ミカサ「ごしゅじんさま……?」

ザワ!?

サシャ「!!!」

アルミン「?」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:37:16 ID:w2gFdXu30

エレン「おいサシャ! お前アルミンに何教えてんだよ!」

ミカサ「流石にこれは看過できない。サシャ、私たちの友人に変なことを強要するのはやめてほしい」

サシャ「あ、いやこれは違うんです!」

アルミン「そ、そうだよ、サシャ……は悪くないんだ! ただ今朝上官の食糧庫に連れて行かれただけで……」

エレン「上官の食糧庫!?」

ミカサ「下手したら営倉、ううん独房行き……サシャ?」ギロ

サシャ「ひぃぃぃぃぃ!? だ、大丈夫です事なきを得ましたから!」

クリスタ(あれ? 今アルミンサシャのことは呼び捨てにした?)

ユミル「朝から騒がしいなおい、なあクリスタ」

クリスタ「」ジィィ

ユミル「クリスタ?」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:43:55 ID:w2gFdXu30

ユミル(アルミンを気にしていやがるのか?)

ユミル(そういや昨日からそんな節があったな……)

ユミル「……」

エレン「とにかく! 変なことにアルミンを巻き込むなよな!」

ミカサ「アルミンを巻き込んだらあなたを許さない」

アルミン「……てよ」ボソッ

エレン「どうかしたかアルミン?」

ミカサ「アルミン?」

アルミン「……なんでもない」

クリスタ「」ジィ

ユミル「……」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:48:03 ID:w2gFdXu30

エレン「アルミン、今日はいきなり立体軌道の訓練なんだ、できそうになかったらやらなくてもいいぞ」

アルミン「ううん、やってみるよ。何か思い出すきっかけになるかもしれないし」

アルミン「さっきおおよそ原理は頭に入れたよ」

エレン「流石だな、昔のままでもアルミンは俺より頭良いんじゃねえか?」

アルミン「ふふふ、そうだといいね。でも読めない字があって困ったよ」

エレン「ああ、昨日もそんなこと言ってたな。とりあえず俺もフォローするから」

アルミン「うん、でもエレンはちゃんと自分のことにも集中してよ」

エレン「わかってるって」

アルミン「えっと、まずはアンカー射出して……わっああああああああっ!?」ギュイン!

エレン「アルミン!?」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:53:52 ID:w2gFdXu30

アルミン「わああああああっ!? ぎゃあっ!」ガァンッ!!

エレン「アルミン!」ダッ

アルミン「う、うぅ」

エレン「大丈夫か!?」

アルミン「っ……!」

エレン「くっ!、おぶされ! 医務室へ行こう!」

アルミン「……じょぶ」

エレン「なんだって?」

アルミン「だい、じょぶ、だから……っ!」

エレン「お前でも結構思いっきりぶつかってたろ!」

アルミン「はぁ、はぁ、もう、平気、だから」

エレン「アルミン……」

クリスタ「凄い声が聞こえたけど大丈夫!?」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:54:48 ID:w2gFdXu30

エレン「クリスタか、心配かけたな、アルミンがまだ立体軌道になれてなくてな」

クリスタ「無理もないよ、大丈夫? アルミン」

アルミン「だい、じょうぶ、です、クリスタ……さん」

クリスタ「……」

エレン「クリスタ?」

クリスタ「あ、うん大丈夫なら良かった。それとアルミン、私はクリスタでいいからね!」

アルミン「は、はい……クリスタ、さん」

クリスタ「……」シュン

ユミル「」チッ

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:55:32 ID:w2gFdXu30

エレン「本当に大丈夫なのか?」

アルミン「大丈夫だよ、けどさすがにしばらくは見学することにする」

エレン「ああ、そうしとけ」

アルミン「エレンはいっていいよ。僕はあそこで見てるから」

エレン「わかった、ゆっくりやすんでろよ」

アルミン「うん」

アルミン「……」

アルミン「っ、痛い……」ボロボロ

アルミン「うぅ……!」

クリスタ「」ジィ

ユミル「」ジィ

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:56:27 ID:w2gFdXu30

エレン「次は格闘訓練だけど大丈夫か?」

アルミン「大丈夫だよ、心配性すぎるよエレンは」

アルミン「僕だって……」

エレン「ん?」

アルミン「なんでもない、僕だって格闘なら女の子に負けたりしないさ。ミカサは例外だけど」

エレン「ミカサはなあ、でも同期の女子もみんな強いぜ」

アルミン「えっ、そうなの?」

エレン「ああ、たとえばあそこにいるアニとか、すげえぞ! 前に気付いたら回転させられて地面に転がされてたんだ」

アルミン「へえ」

アニ「なに? 私のこと話してた?」

エレン「お、丁度良かった、アニ、今日こそお前を倒して……」

アルミン「え?」

エレン「ん?」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14 23:57:45 ID:w2gFdXu30

アルミン「エレンはこの人に勝ったことないの?」

エレン「ああ、すげえ強いぜ。でもそのうち抜いてみせるさ」

アニ「ふん、どうだかね」

アルミン「ね、ねえ、じゃあ僕とやってもらったらだめかな」

アニ「私が?」

アルミン「うん」

アニ「どういう風の吹き回しだい?」

アルミン「だ、だめならいいんだ」

エレン「やめとけって。アニは相当強いぞ?」

アルミン「う、うん……」

アニ「別に私は……いいけど」

アルミン「あ」パァァ

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 00:04:41 ID:3SyCqFNY0

アニ「ふっ!」

アルミン「わっ!」

ドサッ

アルミン「っ……!」

アニ「大丈夫かい?」

アルミン「……ありがとう」

アニ「そんな腕でなんで私とやろうと思ったんだい?」

アルミン「あの、ちょっと聞きたいんですけど」

アニ「言ってみな」

アルミン「僕って、どれくらい強いですか?」

アニ「……」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 00:05:14 ID:3SyCqFNY0

アルミン「あの……」

アニ「あんたの格闘術における技術を訓練兵団の中でランキング化するなら、下の下だろうね」

アニ「ビリ争いの渦中にいるだろうさ」

アニ「そもそもあんた格闘苦手過ぎ」

アルミン「やっぱりそう、ですか、ありがとうございます」

アニ「おかしな奴だね、これだけボロクソに言われてお礼を言うなんて」

アルミン「なんとなく、エレンと話してるのを見て、アニさんはおべっかを使わない素直な人だろうなって思ったから」

アニ「?」

アルミン「正直に、言ってもらいたかったんです。だから……」

アニ「……ふぅん、そうかい」

アニ「……」

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 00:05:45 ID:3SyCqFNY0

アニ「教官がこっちに向かってるし、もう一回やるよ」

アルミン「はい」

アニ「ふっ!」

アルミン「ぎゃあっ!」

アニ「……」

アルミン「はは、弱いな僕、弱すぎる……ごめんなさいアニさん、これじゃ訓練になりませんよね」

アニ「別に」

アルミン「?」

アニ「私はアンタが格闘苦手だとは言ったけど、弱いとは言ってないよ」

アルミン「えっ」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 00:07:13 ID:3SyCqFNY0

アニ「あんたはあれだけ私にやられてるのに泣き言一つ言わないし、相当痛かっただろうに随分と我慢してるじゃないか」

アルミン「そ、それは……」

アニ「あんたには絶望的なまでに格闘術の才がないけど……それがイコール強さじゃない」

アニ「私はそう思ってる。そもそもこんなもの何の役にもたちやしない」

アニ「へこたれない心を持ってる方がよっぽど……」

アルミン「優しいんですね、アニさん」

アニ「……は?」

アルミン「あ、いえ、その、良い人だなって」

アニ「私は別に……そんなんじゃない。アンタも言っただろ? ただ私は本当のことを言ってるだけさ」

アルミン「はい、でも、ありがとうアニさん」

アニ「……次は寝技教えてやるよ」

アルミン「えっ」

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 00:08:13 ID:3SyCqFNY0

アルミン「ちょっ」

アニ「ほら、ここをこうすると」

アルミン「ちょ、痛い、いたたたたたたっ! 苦しいです!」

アルミン「アニさん離して!」

アニ「アニでいいさ」

アルミン「そ、そんな、アニさっ」

アニ「ふっ!」

アルミン「あだだだだ!? わ、わかりました、わかりましたから!」

アニ「どうわかったんだい?」ギギギ

アルミン「ア、アニ! わかったからやめてアニ! ね、ねえこれで」

アニ「まあ、いいか」スッ

アルミン「ふぅ、いたたた……酷いですよアニさ……アニ」

アニ「……次は無いよ?」

アルミン「」ガクガクブルブル

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 00:09:12 ID:3SyCqFNY0

エレン「どうだアルミン、アニは怖かっただろ?」

アルミン「そんなことないよ、とってもいい人だった……ヨ?」

エレン「なんで今間を空けたんだよ」

アルミン「あはは……でも良い人だっていうのは本当だよ」

エレン「強かっただろ?」

アルミン「うん。もう気付いたら地面にドシンって感じだったし、まだ脛が痛い」

エレン「だろ!? 俺も最初辛くてさあ」

アルミン「しかもそのあとアニが寝技なんてかけてくるから関節も痛くて……」

エレン「へえ、あいつ寝技も知ってんのか」

アルミン「エレンは教えてもらったことないの?」

エレン「ああ」

サシャ「アールミン♪」

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 00:10:20 ID:3SyCqFNY0

アルミン「わっ、サシャ……? ど、どうしたんですか?」

サシャ「むぅ、いつも通りにして欲しいんですけどね、まあいいです。これ今朝のお礼、私のパァンを半分あげます」

エレン「サシャが自分のパンを他人に半分あげるだと!?」

アルミン「何をそんなに驚いてるのエレン?」

エレン「サシャを知ってるヤツが聞いたらそりゃ驚くさ、こりゃ鎧の巨人と超大型巨人が空から降ってくるかもしれんぞ」

アルミン「大げさだなあ、ありがとうございます、サシャさ……サシャ」

サシャ「はい!」

アルミン「……あれ? これ、半分?」

エレン「どうみても四分の一もないな」

サシャ「あ、あはは……気付いたら結構食べちゃってまして。残った分の半分、です」

アルミン「あははは……」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 00:10:50 ID:3SyCqFNY0

アニ「邪魔するよ」ドン

アルミン「あ、アニ? どうしたの?」

アニ「別に。偶にはここで食べようと思っただけさ」

アルミン「あ、そうなんだ」

アニ「迷惑かいい?」

アルミン「そんなことないよ」

アニ「フン、ついでにあんたの格闘批評してやるよ」

エレン「あ、ずりぃぞアルミン! 俺も!」

アニ「エレンにはこの間言っただろ」

エレン「足元がお留守ってか? うーん」

アルミン「なんかアニって……おねえちゃんみたい」

アニ「!?」

アニ(おねえちゃん……///)

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 00:11:43 ID:3SyCqFNY0

クリスタ「」ジィ

ユミル(まーたアルミン見てるのかクリスタのヤツ)チッ

クリスタ「うん……よし!」

ユミル「あ、おいクリスタ……?」

クリスタ「ね、ねえアルミン、私もここいい?」

アルミン「は、はい!? あ、ど、どうぞクリスタ、さん」

クリスタ「……うん」シュン

ユミル(……あの野郎、またクリスタをしょげさせやがって)

クリスタ「あ、あのねアルミン、私はいつもクリスタって」

ユミル「おうアルミン、てめーいい加減にしろよ!」

アルミン「!?」

207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 20:30:09 ID:3SyCqFNY0

ユミル「毎度毎度私のクリスタをしょげさせやがって」グイッ

アルミン「っ、何を?」

ユミル「わかってんだろ? クリスタがさん付けで呼ばれるのを嫌がってるのを」

アルミン「……」

ユミル「周りの奴らもずっと同じならいざ知らず、サシャやアニが呼び捨てになったのに未だにクリスタが呼び捨てにされないってのは納得いかないだろうが」

アルミン「……離してください」

ユミル「あ? てめえ、んなこと言える立場か? ぶん殴ってもいいんだぞ?」

アルミン「じゃあ、そうすればいいでしょう」

ユミル「てめえ、殴れないと思ってるなら思い違いも良い所だ」

アルミン「殴りたければ殴ればいい、僕は何も殴られるようなことはしていない!」

ユミル「よーし歯を食いしばれ」バキッ!

クリスタ「ユミル!」

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 20:30:42 ID:3SyCqFNY0

アルミン「っ! 僕が人をどう呼ぼうと僕の自由だ!それを他人に咎められる言われは無い!」

ユミル「てめえ……!」

クリスタ「ユミル止めて!」

アルミン「殴りたければ殴れ! でも何も言い返せないってことは貴方が僕に屈服したってことじゃないのか? 何も言い返せないから、自分が間違ってるってわかってるから殴るんだろ!」

ユミル「おぼっちゃんが、痛い目みないとわかんねえらしい、私はお前の周りの甘ちゃんとは違うぞ」バキッ

アルミン「っ!」

クリスタ「ユミル!」

エレン「ユミル止めろ! アルミンを離せ!」

ユミル「どうだ? あ? 少しは素直に……っ?」

アルミン「」ジッ

ユミル(なんだこいつ……こいつは確か格闘術など肉体系は不得意だったはず)

ユミル(なのに、なんで殴られて、そんな目をしていられる?)

ユミル(怯えじゃない、挑戦するような目で……)

214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 20:32:05 ID:3SyCqFNY0

ユミル「チッ、やめだやめ」サッ

クリスタ「ユミル、アルミンに謝って!」

ユミル「あーはいはい、ごめんなさいねえ」

クリスタ「ユミル!」

アルミン「……」

ユミル「」チラッ

ユミル(こいつに恐怖が無かったわけじゃないだろう)

ユミル(ただ、こいつの中で芯が通っていただけのこと)

ユミル(それを貫き通せるってことは……こいつ、思ったよりも強い男だったんだな)

ユミル「わかったわかった、クリスタ。確かに今のは私が悪かった、思ったほど、アルミンはガキじゃなかったらしい」

アルミン「……?」

ユミル「……悪かった、許してくれ」

アルミン「う、うん……」

215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 20:32:47 ID:3SyCqFNY0

アニ「ところでユミル」

サシャ「今の件について、私ものすごく怒りを覚えてます」

アニ「奇遇だね、私もだよ」

アルミン「アニおねえちゃん、顔怖いよ……」

アニ「!? お、おね……」

サシャ「ちょ、私は!? 私はなんですかアルミン!?」

アルミン「え? ごしゅじんさま?」

サシャ「い、いやそれは……それでいい、かも?」

アルミン「でもこれじゃなんか変態みたいですね」

サシャ「アルミン!」

アルミン「ひゃっ!?」

サシャ「」ナデナデ

アルミン「わん……」

サシャ「///」

216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 20:37:20 ID:3SyCqFNY0

アニ「アルミン、そんな犬みたいな真似しなくていいよ」

アルミン「あはは……」

サシャ「失礼ですね、これは私とアルミンとのスキンシップです!」

ミカサ「なんの騒ぎ?」

アルミン「あ、ミカサ。アニおねえちゃんがサシャとちょっとね」

ミカサ「アニが、おねえちゃん……?」

アニ「///」

ミカサ「考え直した方がいいアルミン」

アルミン「?」

エレン「そうだぞ、アニはお前のねえちゃんじゃねえだろ」

アルミン「そうだけど、さっきの格闘訓練でよく僕の事を見てくれて……」

アルミン「エレンにとってのミカサみたいな感じかな」

アルミン「僕に上の兄妹、家族がいたらこんな感じかなって……」

エレン「ちょっと待てアルミン」

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 20:39:00 ID:3SyCqFNY0

エレン「俺が上だろ、ミカサは下だ」

ミカサ「エレンは私がいないとだめ、したがってエレンが下」

エレン「いや俺がアニキのようなポジションだろ」

ミカサ「それは納得できない」

エレン「お前はいっつもいっつも人の世話を焼こうとしてるけどな、あそこまでいらねえんだよ!」

アルミン「ちょ、ちょっと、喧嘩は……」

アニ「あんたら二人とも、イチャイチャならよそでやんな」

エレン「イチャイチャなんてしてねーだろうが!」

ミカサ「……」

エレン「否定しろよお前も!」

ミカサ「……」

220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 20:43:52 ID:3SyCqFNY0

ミカサ「誠に遺憾ながら、今少々胃の調子が悪い」

ミカサ「ので」

ミカサ「エレンの要求を呑むことが出来ない」

エレン「この……!」

エレン「アルミン、お前からも何か言ってやってくれ」

アルミン「すぅ、すぅ……」

エレン「って、寝てるのかよ!」

サシャ「しぃ!」

アニ「静かにしな」

エレン「あ、ああ……」

222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 20:50:29 ID:3SyCqFNY0

クリスタ「無理もないよ、アルミン徹夜だったらしいし」

エレン「ええっ? なんでだよ!」

ミカサ「アルミンのことだからきっと本をずっと読んでいたんだと思う」

アニ「全く、本当にしょうがないね。ここは私が寮まで連れて行ってやるよ」

サシャ「いえいえ、ここは相棒である私が引き受けますよ」

ユミル「そいつには悪いことしたからな、私がおぶってやってもいい」

エレン「アルミン人気者だな。ってそういやなんでクリスタはアルミンが徹夜だって知っていたんだ?」

クリスタ「え?」

ユミル「!?」

224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 21:00:53 ID:3SyCqFNY0

ユミル「まさかクリスタ、そんな、嘘だろ?」

アニ「どういうことか説明がほしいね」

サシャ「クリスタ? 私の相棒とまさか夜通し一緒だったんですか?」

クリスタ「え? え? え? ち、違うの! 今朝偶然会って聞いただけで!」

ユミル「そ、そうか」ホッ

サシャ「そういえば今朝すごく眠そうでしたね」

アニ「まあ、そんなことだろうと思ってたよ」

エレン「話が纏まったところで俺はアルミン連れてくよ」

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 21:04:11 ID:3SyCqFNY0

アニ「えっ」

サシャ「えっ」

ユミル「えっ」

エレン「???」

ミカサ「お願い」

エレン「おう、んじゃな」

アニ「……」

サシャ「……」

ユミル「……」

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 21:15:42 ID:3SyCqFNY0

アルミン「うぅん……」

エレン「こうしてると、思い出すな、昔を」

エレン「と言ってもアルミンは決して俺やミカサの差し出す手を取ろうとはしなかったけど」

エレン「速く記憶が戻るといいな、アルミン」

アルミン「むにゃむにゃ……僕は、……とう、に……」

エレン「よっと、」

グイッ

アルミン「ふみゅっ」

エレン「あ、やべ。っっと大丈夫か」

アルミン「zzz」

エレン「……いくか」

228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 21:20:58 ID:3SyCqFNY0

アルミン「ん……あさ……」ムク

エレン「zzz」

アルミン「えれんはまだねてる……顔洗ってこよ」

パタン

アルミン「ふぁぁぁ……ん?」

アルミン「あそこにいるのは……」

犬「ハッハッハ……」フリフリ

アルミン「犬だ! わあ!」

犬「クゥーン」スリスリ

アルミン「よしよし」

犬「わん!」

アルミン「可愛いなあ、サシャもこんな気持ちなのかな」

231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 21:31:36 ID:3SyCqFNY0

アルミン「うーん何か食べられるものをあげられれば……そうだ!」

アルミン「サシャに頼んでまた食糧庫に忍び込んで……」

アルミン「うん、そうしよう!」

アルミン「じゃあこの子を何処かに隠さなくちゃ」

アルミン「寮に近い林でいいかな」

アルミン「昨日の立体軌道用のアンカーケーブルの予備が部屋にあったし、首輪の代わりになりそうなのもあったはず」

アルミン「こっそりこの子を育てよう!」

アルミン「ふふふ!」

犬「わん!」

232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 21:37:12 ID:3SyCqFNY0

アルミン「サシャ、お願いがあるんですけど」

サシャ「どうしましたアルミン?」

アルミン「え、えと、ちょっと食糧庫に」

サシャ「! ふふふ! 流石は相棒! 良いでしょう付き合いましょう!」

アルミン「ありがとう!」パァ

サシャ(かわええ)

サシャ「さっそくいきますよ!」

アルミン「うん!」

サシャ「私にかかれば食糧庫の一つや二つちょちょいのちょいです!」

234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 21:43:21 ID:3SyCqFNY0

アルミン「サシャのおかげで無事にとって来れた。芋は大丈夫だよね?」

アルミン「はやくもっていってあげよう!」スタタ

クリスタ「あれ? アルミン?」

アルミン「ほら」

犬「ハフッ、ハフッ」

アルミン「かわいいなあ」

クリスタ「アルミン? こんなところで何をしてるの?」

アルミン「!?」

犬「わうわう!」

クリスタ「犬!?」

237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 21:57:14 ID:3SyCqFNY0

アルミン「あ、あのその、いや、えっと、これは……」

クリスタ「どうしてこんなところに犬が……って芋!?」

クリスタ「一体どこから……あ、サシャね!?」

アルミン「う」

クリスタ「そっか、サシャと二人で昨日も食糧庫に行ったり犬って言ってたのはこれのせいだったんだ」

アルミン「あ、それは違います」

クリスタ「?」

アルミン「このこと、サシャは知らない、から」

クリスタ「そうなの?」

アルミン「はい。まだ、だれにも言ってません。だから、その、えっと、内緒にしてもらえると……」

クリスタ「ふぅ~ん……そっか、うん、いいよ」

アルミン「あ!」パァァ

クリスタ「ただし」

アルミン「!?」

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 22:02:45 ID:3SyCqFNY0

クリスタ「私の事も呼び捨てにすること!」

アルミン「えっ!?」

クリスタ「アルミンはいつも私の事をクリスタって呼び捨てにしていたんだよ?」

アルミン「で、でも……」

クリスタ「じゃないとこの事ばらしちゃう、かも」

アルミン「そんな!」

クリスタ「アルミンは、……今の方が素、なんだよね」

アルミン「?」

クリスタ「私の、ううんみんなの知るいつものアルミンはきっと、素じゃなかった」

クリスタ「アルミンは、いつも自分を殺していたんだね……まるで……みたい」

アルミン「???」

240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 22:09:07 ID:3SyCqFNY0

クリスタ「アルミンは優しいから、今のアルミンからみてみんながすごく年上に見えるんでしょ?」

アルミン「……はい」

クリスタ「だからつい敬語や敬称をつけちゃう。でも実際はそうじゃないんだから、そんなことされたら寂しいよ」

アルミン「う」

クリスタ「ね?」

アルミン「わかりました、クリスタ……さ……クリスタ」

クリスタ「よし! じゃあこのことは二人だけの秘密! そのかわり私もこの子こと手伝うね!」

アルミン「あ、ありがとう……」

クリスタ「どういたしまして!」

241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 22:12:36 ID:3SyCqFNY0

クリスタ「あ、そろそろ朝食の時間! いこう?」

アルミン「は、はい」

クリスタ「敬語も、徐々に直していこうね」

アルミン「う、うん……」

クリスタ(アルミンは、本当は自分の思ったことを言ったりやったりする子だったんだ)

クリスタ(多分、成長するにつれて、自分を殺して周りばかりみるようになった)

クリスタ(……ほんと、わたしみたい……)

アルミン「クリスタ?」

クリスタ「っ! なんでもない、いこっ」

アルミン「うん」

snw15
snw15
@snw15

Related Articles関連記事

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツは『進撃の巨人』の登場人物で、「始祖ユミル」とも呼ばれている。エルディア人こと「ユミルの民」の始祖となった女性で、光るムカデのような生物と接触したことで彼女は「始祖の巨人」の能力を得たとされている。マリア・ローゼ・シーナという名前の3人の娘達がおり、パラディ島の3重の壁は彼女達の名前から名付けられた。ユミルの死後、巨人化能力は3人の娘達に引き継がれ、さらに子々孫々に脈々と継承されることとなった。

Read Article

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団に所属する兵士長。1人で1個旅団(約4000人)並みの戦力を持つとされ、「人類最強の兵士」として名高い。三白眼と刈り上げた髪型、小柄な体格が特徴で、ブレードを逆手に持って回転しながら巨人の肉を切り刻む戦闘スタイルを好んでいる。性格は冷静沈着で無愛想。スラム出身ということで言動も粗暴である。神経質で潔癖症だが、部下の最期を看取る際には汚れを気にせず手を握るという仲間想いの一面もある。

Read Article

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄。「獣の巨人」の継承者として調査兵団の前に立ちはだかり、高い投擲能力で多くの兵士を殺傷した。「九つの巨人」の継承者で組織されるマーレの戦士部隊のリーダーであり、多くの戦場でマーレに勝利をもたらしてきた。しかしその真の目的はエルディア人の救済であり、全てのエルディア人から生殖能力を奪うことで巨人の力を巡るこれ以上の悲劇を起こらないようにしたいと考えている。

Read Article

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハートとは、『週刊少年マガジン』に連載されている諫山創原作の漫画・テレビアニメ作品に登場する人物である。主人公のエレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団に所属し、卒業後は憲兵団に入団する。口数が少なく感情を表に表さないため、取っ付きにくい印象を与える性格。しかし格闘技に優れており、冷静な判断を下せるため訓練兵団卒業の際は4位の成績を収める実力の持ち主。

Read Article

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で、ユミルの民であることを偽造してマーレ人になりすまし、マーレ治安当局の職員として潜入していたエルディア復権派のスパイである。九つの巨人の一つである「進撃の巨人」の力を身に宿し、通称「フクロウ」と呼ばれている。 ユミルの呪いによって寿命が近い自分の代わりに、グリシャ・イエーガーにエルディア復権の願いを託して壁の中へ行くよう指示した。その後進撃の巨人を継承させる為無垢の巨人化したグリシャに捕食され、スパイとしての任務を果たし、その生涯を終えた。

Read Article

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガーとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の主人公。壁の外の世界に強い憧れを持っており、幼少期から調査兵団に入ることを目指してきた。その想いは、母親を巨人に食い殺されたことで一層強まり、調査兵団に入って巨人を駆逐することを心に誓う。性格は熱血漢で直情的。無鉄砲と思えるほどの勇敢さから、強大な巨人相手にも物怖じせずに向かっていく。命の危機に瀕した際に巨人化する能力に目覚め、人類の自由のためにその力を振るっていくことになる。

Read Article

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスターとは『進撃の巨人』の登場人物で、104期訓練兵団の卒業生。当初は駐屯兵団に所属していたが、ウォール・マリア最終奪還作戦の前に調査兵団に移籍した。「獣の巨人」を倒すための特攻作戦では唯一生き残り、瀕死のエルヴィン団長をリヴァイ達の元へ連れて行った。その後はエレンをパラディ島の救世主として祭り上げる「イェーガー派」の中心人物として、兵団総統を暗殺しクーデターを先導した。

Read Article

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライスとは『進撃の巨人』のキャラクターでマーレの戦士候補生。戦士候補生の同期であるガビ・ブラウンに好意を抱いており、彼女を救うために「鎧の巨人」継承を目指している。内気な性格だが、「悪魔の末裔」と言われるパラディ島の人々に対しても自分達と変わらない人間だと捉える優しい心の持ち主。心的外傷を負った兵士にも親切に接しており、そこでクルーガーと名乗る負傷兵と出会い、交流を深めていく。

Read Article

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で「車力の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成されるマーレの戦士の一員として、数々の戦場で功績を打ち立ててきた。当初は始祖奪還計画に参加せずマーレ本国を守っていたが、850年「獣の巨人」であるジーク・イェーガーと共にパラディ島に上陸する。ウォール・マリア奪還を狙う調査兵団との決戦では後方支援を担当し、負傷したジークと「鎧の巨人」であるライナー・ブラウンの逃走を助けた。性格はマイペースだが、冷静沈着で判断力に優れている。

Read Article

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディスとは『進撃の巨人』の登場人物で第104期訓練兵団の指導教官。スキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられている。元々は第12代団長として調査兵団を率いていたが、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせたにもかかわらず成果を残せなかったことから、自分の無能を悟りエルヴィン・スミスに団長職を引き継がせた。主人公エレンの父親であるグリシャ・イェーガーとは以前から面識があり、彼が消息を絶つ直前に顔を合わせた最後の人物である。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの父。シガンシナ区で診療所を開き街の人々から尊敬を集めていたが、シガンシナ区に巨人が流入した後行方不明となる。失踪直前エレンに巨人化の薬を打ち込み、世界の真実が隠された自宅地下室の鍵をエレンに託した。物語中盤で彼が壁外の世界から「始祖の巨人」奪還のためにやってきた巨人化能力者であったことが明らかとなる。

Read Article

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の団員。主人公エレン・イェーガーとはウォールローゼ南区第104期訓練兵団時代の同期である。責任感が強く、リーダーシップもあることから同期の中ではまとめ役を担っていた。しかし、その正体はウォール・マリアを破壊した「鎧の巨人」であり、始祖奪還を目的にパラディ島に送り込まれたマーレの戦士である。正体が判明した後はたびたびエレン達と対立し、始祖の力を巡って死闘を繰り広げていく。

Read Article

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリスとは『進撃の巨人』の登場人物で、憲兵団の新兵。アニ・レオンハートとは同期でルームメイト。ウェーブヘアが特徴の少女で、軽薄で不真面目な言動が多い。他の新兵同様安全な内地で楽をするために憲兵団に入ったが、実は機転の利くところがある。アニのことは愛想のない同期だと思っていたが、ストヘス区の戦闘以降行方不明になったことを心配しており、アニの正体が「女型の巨人」であることを知って大きなショックを受けていた。同期のマルロ・フロイデンベルクに好意を持っているが、マルロ本人は気づいていない。

Read Article

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツとは『進撃の巨人』の登場人物。主人公エレンの父親グリシャの前妻で「獣の巨人」ジークの母。その正体はフリッツ王家の末裔。ストーリー上、巨人の歴史と王家の情報を語る重要な役割を持つ。パラディ島に移住することを拒みマーレに留まった一族は、代々巨人の情報を隠し持っており、その末裔であるダイナはエルディア復権派と共に始祖の巨人の奪還を企てるが、計画は息子ジークの密告により失敗。ダイナは巨人化後、グリシャの後妻であるカルラを捕食する。最期はエレンの持つ座標の力で巨人の群れに喰われた。

Read Article

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物で、中央第一憲兵団対人立体機動部隊の隊長。かつて「切り裂きケニー」の異名を取った大量殺人鬼だったが、ウーリ・レイスとの出会いを経て現在は中央第一憲兵団に所属し対人戦闘を専門とする部隊を率いている。リヴァイ・アッカーマンの育ての親であり、彼に戦闘技術を教えた人物でもある。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、対立した調査兵団を大いに苦しめた。

Read Article

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルトとは『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。金髪ボブカットの中性的な外見を持つ。大人しいが芯の強い勇敢な性格で探求心が強い。祖父の影響で人類はいずれ壁の外に出るべきだという思想を持っており、エレンが外の世界に憧れるようになったのもアルミンの影響である。小柄で身体能力は低いものの、知能や判断力はずば抜けており、エレンや調査兵団の窮地をその知略で度々救っている。

Read Article

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団第13代団長である。調査兵団は人類の生存圏を広げることを目的とし、日々巨人との死闘を繰り広げている。その類まれなる頭脳と判断力から大きな功績を挙げているが、目的のためなら手段を選ばない非情さから「悪魔的」と称されることもある。彼の真の目的は世界の真実を解き明かし、「人類は王家によって記憶を改竄された」という父の仮説を証明すること。人類最強と称されるリヴァイ兵士長を調査兵団に入れたのも彼である。

Read Article

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマンとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。本作のヒロイン的ポジションで、幼い時にエレンに助けられた経験から、彼を守ることを自分の使命だと考えている。驚異的な身体能力を持ち、トップの成績で訓練兵団を卒業。実戦でも1人で複数の巨人を討伐する実績を残す。性格は寡黙で口下手だが、エレンのこととなると取り乱す一面もある。物語後半において、母方の祖先が東洋にあるヒィズル国将軍家だったことが明らかになった。

Read Article

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で、「マーレの戦士」候補生。天真爛漫で型破りな性格で、憧れの従兄であるライナーから「鎧の巨人」を継承するため日夜訓練に励んでいる。パラディ島のエルディア人を悪魔の末裔として強く憎んでおり、彼らを皆殺しにして自分達善良なエルディア人を収容区から解放することを願っていた。しかし成り行きでパラディ島に渡ることとなり、そこで出会った人々との交流からガビの考え方は変化し始める。

Read Article

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイスとは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。壁内人類の真の王家であるレイス家当主。実質的には壁内での最高権力者である。ウーリ・レイスの兄であり、フリーダ・レイスやヒストリア・レイスの父親。正妻との間に5人の子がいたが、当時使用人として働いていたアルマとも関係を持ち、ヒストリアが産まれたことにより、事実的には子供は6人。だがグリシャにより正妻との間の子は皆殺されてしまい、生き残っている子供はヒストリアただ1人である。

Read Article

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタインとは『進撃の巨人』の登場人物で、調査兵団に所属する兵士。第104期訓練兵団を6番で卒業した。自己の保身を第一に考える現実主義者で、思ったことを率直に言い過ぎる性格からたびたび主人公のエレン・イェーガーと対立していた。当初は巨人の脅威から逃れるために内地への配属を希望していたが、友人のマルコ・ボットが戦死したことで考えを大きく変え、調査兵団に入団する。入団後は持ち前の現状把握能力を活かして同期のまとめ役として活躍した。

Read Article

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団所属のベテラン兵士。初登場時は分隊長だったが、後にエルヴィン・スミス団長の後を継いで調査兵団第14代団長に就任する。ゴーグル(平常時は眼鏡)を着用し、茶髪を無造作に1つにまとめた中性的な外見をしている。明るく聡明な人物だが、巨人に対する情熱は人一倍で変人揃いの調査兵団内でも特に異彩を放っている。ウォール・マリア最終奪還作戦以降は左目を負傷したことから眼帯を着用している。

Read Article

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ(ヒストリア・レイス)とは、諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物。第104期訓練兵団卒業生であり、主人公エレン・イェーガーは同期の1人。小柄で温厚、思いやりのある可愛らしいアイドル的な存在として登場する。同期のユミルと仲が良い。成績10位以内に入っているが、実際はユミルからその座を譲られただけで身体能力は人並みである。本名はヒストリア・レイスといい、壁内世界の真の王家の末裔であることが後に発覚する。

Read Article

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナとは『進撃の巨人』の登場人物で反マーレ派義勇兵の中心人物。マーレに滅ぼされた国の出身で、「獣の巨人」継承者で王家の血を引くジーク・イェーガーの信奉者として活動し、パラディ島の近代化に大きく貢献した。ジークの提唱する「エルディア人安楽死計画」達成のためなら寝食を共にした仲間すら殺害する冷酷な性格の女性。しかし実際にはマーレの被害者というのは虚偽であり、「世界を救う英雄」に憧れているだけのごく一般的なマーレ人である。

Read Article

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の兵士。坊主頭が特徴で、小柄な体格を生かした小回りの利く機動を得意としている。バランス感覚にも優れ104期訓練兵団を8番の成績で卒業したが、少々頭の回転が鈍く同期達からはバカ扱いされている。同期のサシャ・ブラウスとはバカ同士気が合うようで、よく訓練中に2人でふざけていた。当初は憲兵団を志望していたが、主人公のエレン・イェーガーに感化され調査兵団に入団を決めた。入団後はムードメーカーとして活躍する。

Read Article

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガトとは『進撃の巨人』の登場人物でマーレ軍エルディア人戦士隊隊長。後にマーレ上層部が全滅すると元帥に就任した。ジーク・イェーガーやライナー・ブラウンら「マーレの戦士」達を選抜し育て上げた人物でもある。性格は厳格で戦士候補生に対する態度も威圧的だが、大多数のマーレ人とは異なりエルディア人に対する差別感情は薄く、部下たちを1人の人間として尊重している。現状認識能力に優れ、始祖奪還作戦を数人の子供に託すマーレ軍上昇部の正気を疑っていた。

Read Article

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウスとは「進撃の巨人」シリーズの登場人物であり、主人公エレン・イェーガーと同じ調査兵団に所属している女性。頭はあまり良くないが、並外れた身体能力と勘の良さは周囲からも認められている。狩猟を生業とする村の出身であるため、食べ物には目がなく食料庫からよく盗みを働いていた。方言で話すことに抵抗があるため他人には敬語で話す。天真爛漫で非常にマイペースな性格の持ち主である。

Read Article

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団団員。第104期訓練兵団を3位で卒業し、どの分野でもそつなくこなすことができる優秀な人物である。ただし優柔不断で判断を他人に任せる傾向があり、積極性に欠けることから他の同期と比べると少し影が薄い。その正体は、ウォール・マリア陥落の主因となった「超大型巨人」であり、始祖奪還作戦のために大国マーレから派遣された「マーレの戦士」の1人だった。任務を達成し故郷に帰ることを切望していたが、結局その願いは叶わず異国の地で命を落とすこととなる。

Read Article

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアードとは『進撃の巨人』の登場人物で「顎の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成される「マーレの戦士」の一員として、「顎の巨人」の持ち味である硬い顎と牙や俊敏性を活かし数々の戦場で活躍している。戦士候補生時代の同期であるライナー・ブラウンとは「鎧の巨人」継承権をめぐって争ったライバルだった。自分ではなく能力の低いライナーが「鎧の巨人」継承者として選ばれたことや、兄のマルセルがライナーをかばって巨人に食われたことから、ライナーに対して悪感情を抱いている。

Read Article

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、レイス家の長女。黒髪で青い瞳を持つ。レイス家当主のロッド・レイスとその正妻の第1子として生まれた。表向きは地方の貴族として振る舞っているが、実際は壁内の真の王家の末裔。レイス家に代々引き継がれている特別な巨人能力を叔父のウーリ・レイスから引き継ぎ、宿している。本人の飾らない性格は多くの者から慕われており、妾の子である異母妹ヒストリアにも姉として優しく接していた。

Read Article

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシスとは『進撃の巨人』の登場人物で駐屯兵団の司令官。スキンヘッドと口ひげが特徴の年配の男性。巨人との戦いの最前線である南側領土の最高責任者として、果断な指揮を振るい人類を守り抜いてきた。人類の勝利のためなら成功率の低い作戦でも取り入れる柔軟な判断力の持ち主だが、飄々とした言動や戦場でも酒を持ち歩く姿勢から「生来の変人」としても知られている。トロスト区攻防戦では巨人化したエレン・イェーガーによる穴の封鎖作戦を採用し、人類の勝利に貢献。兵団によるクーデターの際も大きな役割を果たした。

Read Article

目次 - Contents