これぞ和洋折衷!?ベイマックスの舞台「サンフランソーキョー」まとめ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2015 01 24 18.52.48

12月に公開され、興行収入がアナ雪につぐ二位を獲得したディズニーの最新作「ベイマックス」!CM詐欺など公開直前からいろいろと話題になりましたね!中でも今回はベイマックスの舞台、架空都市「サンフランソーキョー」の美しい画像や製作秘話などをまとめてみました!

12月20日公開「ベイマックス」

「ベイマックス」は早くに両親を亡くし、唯一にして最愛の存在であった兄タダシを謎の事故で亡くしてしまったひとりぼっちの少年ヒロと、心とカラダを守るために作られたケア・ロボットの“ベイマックス”が繰り広げる感動アドベンチャー。

出典: mdpr.jp

公開から好発進!「もう一度見たい!」という声も多数

Big hero 6 1

日本ではこんなキーヴィジュアル公開前には
みかけなかったけどw

舞台となるのは架空都市「サンフランシスコ」+「トーキョー」=サンフランソーキョー

B31rrvicuaa0vai

なんか楽しそう!!!

この街はサンフランシスコの地形をベースに、建物の外観や看板、路地の雰囲気、そしてアメリカの都市では地中に埋められているため街には存在しない電信柱の電線など、至るところに日本的な要素が盛り込まれています。

出典: www.disney.co.jp

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2015 01 24 19.13.55

日本語や電車などいたるところに日本っぽさが

日本人クリエイターも多数参加

日本へ強いこだわりを持つ本作の監督ドン・ホール氏の「いい加減な“日本”テイストをサンフランソウキョウへ持ち込みたく無い」という指示の元、ディズニー・アニメーション・スタジオで長年働く日本人トップクリエイターのマット鈴木氏を始めとする30人以上のチームが“サンフランソウキョウ”を創りあげている。

出典: mdpr.jp

Suzuki photo

マット鈴木氏

「アバター」や「チキンリトル」も担当した
超すごい人!!

001l

上杉忠弘氏

アニー賞を受賞した経験があり、ベイマックスでは
コンセプトアートを担当!

Img 0016

その他にも日系人のスコットワタナベさんに付いても
こちらの会見でふれられていましたね〜!

サンフランシスコの地形に「別府」をあわせたイメージらしい

別府は、戦争で空襲を受けておらず、戦前の建物がいっぱい残っているんです。内装は新しくしてるんですけど建物自体は戦前のものが多くて。それに基本的に坂道なんですよね。そのイメージとサンフランシスコの今の感じが合体した雰囲気。

出典: news.mynavi.jp

Fc2blog 20141221220921d29

ちんちん電車や、桜の木、招き猫など
洋風の建物と絶妙にマッチしてる・・・

Productionstill

夜はサンフランシスコより??

サンフランソーキョーのコンセプトアートが美しい!

002l

独創的・・・・

003l
005l

こちらは中華っぽさもまざった繁華街のような雰囲気・・・

008l

この舞台の最大のインパクトでもある
大っきな橋!!!!!

Zz079e5b64 550x201
ユウコ
ユウコ
@yuchanco2525

Related Articles関連記事

カーズ/クロスロード(Cars 3)のネタバレ解説まとめ

2017年7月15日に公開されたピクサー映画。ブライアン・フィーの初監督作品。大人気カーズシリーズの第3弾。ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーンがシーズン最後のレースで最新テクノロジーを追及した次世代レーサーたちのスピードに圧倒され大クラッシュをしてしまう。「人生の岐路(クロスロード)」に立たされ仲間や新しい相棒に支えられながら運命の決断を迫られる物語。

Read Article

トイ・ストーリー(Toy Story)のネタバレ解説まとめ

ピクサー製作、ジョン・ラセター監督による長編アニメ映画。人間の目がない所でおもちゃが動くという設定に、独自の味付けが成されています。古いカウボーイ人形のウッディは、新しくやって来た宇宙飛行士人形バズにより持ち主の「一番のお気に入り」の座を奪われます。その逆恨みが元で様々な困難に見舞われるのでした。厳しい現実をユーモラスに描きつつ、友情や冒険の要素も盛り込んだ、大人も子供も楽しめる作品です。

Read Article

トイ・ストーリー2(Toy Story 2)のネタバレ解説まとめ

ジョン・ラセター監督による、生きたおもちゃたちの冒険を描くアニメ映画の2作目。アンディ少年の親友、カウボーイ人形のウッディは、実はプレミア人形。おもちゃ屋の社長にビジネスの道具として持ち去られた上、オフィスのおもちゃ達からいずれ持ち主から忘れられると聞き、帰るべきか迷います。一方、アンディの部屋では捜索隊が組まれてウッディの救出に向かうのでした。前作以上に見せ場もメッセージも盛り込まれています。

Read Article

カーズ(Cars)のネタバレ解説まとめ

「カーズ」は2006年6月9日に公開のピクサーによって制作された長編アニメーション映画作品。第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞を受賞。車の世界を舞台にした圧倒的なスケールとスピード感溢れる映像、そして温かい物語のラスト。名曲も多いと話題の映画。期待のレーシングカー、ライトニング・マックィーンが小さな町の住人たちとの出会いをきっかけに大切なものを学び成長していく物語。

Read Article

トイ・ストーリー3(Toy Story 3)のネタバレ解説まとめ

ピクサーによる生きたおもちゃの物語3作目です。おもちゃで遊ばなくなったアンディと、遊んでほしいおもちゃたち。大学に同行するカウボーイ人形のウッディ以外は、捨てられたと思い込んで保育園に寄付される道を選びます。そこが、おもちゃの楽園に見せかけた地獄だとも知らずに。容赦ない展開と冒険に手に汗握る、それでいて爽快にして感動の物語です。ジョン・ラセター製作総指揮、リー・アンクリッチ監督。

Read Article

カーズ2(Cars 2)のネタバレ解説まとめ

2011年7月30日公開の大人気カーズシリーズの第2弾。ピクサー映画で「トイ・ストーリー」シリーズ以外で初めての続編長編作。ジョン・ラセターとブラッド・ルイスの共同監督。カーズの主人公「ライトニング・マックィーン」が仲間たちと一緒にワールド・グランプリに出場する。初めてレースについてきた親友の「メーター」がスパイと間違われ悪の組織と闘うことになる。メーターが大活躍する友情がテーマの物語。

Read Article

モンスターズ・インク(Monsters, Inc.)のネタバレ解説まとめ

ディズニーとピクサー製作の長編3DCGアニメーション映画。公開前から、ユニークで愛らしいキャラクターが脚光を浴び、2001年、全米で記録的な大ヒットとなった。夜な夜な子どもたちを脅かすくせに実は子どもが大の苦手というモンスターたち。彼らの世界に小さな女の子が紛れ込んだことから巻き起こる騒動を友情と愛情を織り交ぜてコミカルに描く。ベテランアニメーター、ピート・ドクターの初監督作品。

Read Article

『モンスターズ・ユニバーシティ』の「ロアー・オメガ・ロアー」は「嫌な連中」か?

『モンスターズ・ユニバーシティ』に登場する悪役というかライバルキャラの「ロアー・オメガ・ロアー」。二次創作などで人気を誇っているようですが、作中では「嫌なエリート集団」にしか見えません。でもよくよく考えれば、やっぱり魅力もあるし、憎めないんですよね。

Read Article

博多華丸、大吉ついにYouTuberに挑戦!~第三章 「ベイマックス」をわかりやすく紹介してみた~

華丸、大吉のYouTuberになりたいの動画撮影の今回のテーマは映画「ベイマックス」について紹介することに。 ところが、ここでも「華丸ワールド」が炸裂!!ある「食べ物」を使って映画紹介することにより、展開は不思議な方向へ・・。 果たして、「ベイマックス」の映画紹介はどうなっていくのか?この動画の見所を紹介。

Read Article

Contents