【小林麻央】ブログで語られなかった「花咲き乳がん」についてのまとめ

2017年、1人の女性が乳がんとの闘病生活の末に亡くなりました。その女性とは小林麻央。34歳という若さにしてこの世を去ってしまった彼女は、亡くなる3日前まで闘病ブログを綴っていました。彼女の場合、早いうちからがん細胞が皮膚を突き破る「花咲き乳がん」という状態だったといわれています。この記事では、その「花咲き乳がん」について詳しくまとめました。

2016年6月に海老蔵が会見し、麻央さんが乳がんで闘病していることを公表。闘病生活を公開した麻央さんのブログは海外でも大きな反響を呼び、2016年には英BBC放送の「今年の女性100人」に選ばれた。医療関係者がしんみりと話す。

出典: tocana.jp

出典: www.google.co.jp

麻央さんは生前、BBCにこんな手記も寄稿しています。

人の死は、病気であるかにかかわらず、
いつ訪れるか分かりません。

例えば、私が今死んだら、
人はどう思うでしょうか。

「まだ34歳の若さで、可哀想に」
「小さな子供を残して、可哀想に」
でしょうか??

私は、そんなふうには思われたくありません。

なぜなら、病気になったことが
私の人生を代表する出来事ではないからです。

私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、
愛する人に出会い、
2人の宝物を授かり、家族に愛され、
愛した、色どり豊かな人生だからです。

BBCニュース ーより引用

出典: grapee.jp

出典: www.google.co.jp

matome.naver.jp

matome.naver.jp

matome.naver.jp

3回忌を迎えて動画が公開されました。「麻央の事。今日はそういう日。。」

麻央の事。今日はそういう日。。

2018年8月さくらももこさん(ちびまる子ちゃんの作者)も乳がんで逝く。

matome.naver.jp

また偉大な女性が乳がんでなくなってしまいました。享年54歳の若さでした。

出典: ameblo.jp

顎に転移したがん。

医療用麻薬のフェンタニル(フェントステープ)も見られるでしょうか。

フェントステープはがんによる強い痛みを抑える麻薬性鎮痛剤です。成分を皮膚から吸収させるテープ剤で、同成分の薬剤にデュロテップがあります。1日毎に交換します。貼付中は持続的に薬剤を放出するように工夫されています。

麻薬ですからけっして他人に譲渡してはいけません。紛失したり子供が触れてしまわないように保管にも気をつけて下さい。

出典: monolith-japan.com

出典: www.amazon.co.jp

専門家の間でも「年を越すのは難しいだろう」という見解が圧倒的だったが、麻央さんは家族や周囲の献身的な看病や励ましもあり、医療従事者も驚くほどの生命力を見せた。前出関係者の話。「ブログでは伝えることはできない部分もあったと思います。状況から察するに、早い段階でがんの皮膚転移がお腹にまで広がり、がん細胞が皮膚を突き破る『花咲き乳がん』の状態だったと考えられます。

出典: tocana.jp

2018年3月アフラックのCMに出ていた「山下弘子さん」も惜しまれながら25歳の若さで乳がんで亡くなられました。

アフラックのCMやNHKのテレビなどに芸能人としてでなく癌患者として出演した山下弘子さん
若くして余命半年を言い渡された癌患者として注目を浴びました。

出典: pinky-media.jp

出典: www.google.co.jp

19歳でがんを経験。命の恩人達を集めて挙げた結婚式。

出典: www.google.co.jp

お母さんにヴェールダウンされる姿にグっときました。。。

彼女のブログに、旦那さんが死去の連絡をしてくれています。

www.yamashitahiroko.com

出典: www.google.co.jp

kirigamine5
kirigamine5
@kirigamine5

目次 - Contents