【進撃の巨人】ベルトルト「僕とサシャが入れ替わっトルト」【厳選名作SS】

進撃の巨人の厳選名作SSを掲載しています。今回はサシャとベルトルトの精神が入れ替わるやや長めのSSです。ちょっと笑えてほのぼのしたストーリーをお楽しみください。さらに後日談もあります。

ベルトルト「僕とサシャが入れ替わっトルト」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 18:49:23 ID:Mxs6JLVg

ベルトルトとサシャに絡んだカップリング要素があるので、苦手な人は注意

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 18:50:00 ID:Mxs6JLVg

―男子寮―

ベルトルト(はあ~今日の訓練も疲れたな。寝る時間も少なくて体が重いや…)グッタリ

エレン「ベルトルト、もう寝るのか?」

ベルトルト「うん。エレンは寝ないの?」

エレン「俺は少し筋トレして寝る。一緒にしないか?」

ベルトルト「いや、遠慮しとく」

エレン「そっか、おやすみ」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 18:50:34 ID:Mxs6JLVg

ベルトルト「おやすみ」

ベルトルト(エレン元気だな…。同じくらい疲れてるはずなのに。やっぱ精神が強いんだな)

アルミン「ベルトルト、寝るの?今からマルコと本の交換するんだけど、ベルトルトもしない?」

ベル「ごめん、しない」

アルミン「そっか。良かったら今度、交換してよ。ベルトルトの蔵書読みたいな」

ベルトルト「うん、今度ね」

アルミン「おやすみ」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 18:51:16 ID:Mxs6JLVg

ベルトルト「おやすみ」

コニー「ベルトルト!聞いてくれよ!サシャのやつがよ…」

ベルトルト「うん、明日でいい?」

コニー「なんだよー、お前、もう寝るトルト?」

ベルトルト「うん。ねむトルトは寝るトルト」

コニー「ちぇっ、まあいいや。おやすみー」

ベルトルト「うん、おやすみ」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 18:51:48 ID:Mxs6JLVg

ベルトルト(僕から話しかけることほとんどないのに、皆よく声かけてくれるよな。ちょっと嬉しいけどもっと影を薄くしたほうがいいのかな。でもこれ以上どうやって…ライナーに相談…)

ベルトルト(…あれ?そういえばライナーはどこ行ったんだろう?)キョロキョロ

ジャン「おい、ベルトルト」

ベルトルト「あ、ごめん。僕もう寝るから」ゴロゴロ

ジャン「さっき寮の裏でライナー見かけたんだけどよ、女といたぜ。なあ、あいつ彼女いるのか?」

ベルトルト「えっ!?彼女!?」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 18:52:19 ID:Mxs6JLVg

ジャン「別にどうでもいいんだけどよ。流石に男子寮の近くで密会してんの教官に見つかったらまずいんじゃねぇかと思って。でもお前が知らなかったんなら彼女じゃねぇのかな?」

ベルトルト「僕、彼女がいるなんて聞いたことないよ」

ジャン「じゃあ、告白されてたのかもな」

ベルトルト「告白!?」ガバッ

ジャン「うわっ!」ビクッ

マルコ「どうしたの?」

アルミン「ジャン、ダメだよ。ベルトルトは眠いんだから起こしちゃかわいそうだろ」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 18:52:51 ID:Mxs6JLVg

ジャン「起こしてねぇよ。ライナーが告白されてたのかもって言ったら、こいつが突然飛び起きたからびっくりしたんだよ」

アルミン「ああ、ライナーモテそうだもんね」

ベルトルト「モテそう!?」

マルコ「頼りがいあるし、女子にも男子にも優しいし、背も高いし逞しいし、モテそうだよね」

エレン「ライナーは社交的だしな」

コニー「うん、モテそうだな」

ベルトルト「そ、そんな…(まさか、まさかとは思うけど壁内で彼女作ったりしてないだろうな!?)」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 18:53:28 ID:Mxs6JLVg

ジャン「まじかよ…あいつそんなモテそうか?女子とか怖がるんじゃねぇの?」

アルミン「わかってないなあ。強面なのに、話すと優しいってのがいいんじゃないか」

マルコ「そうそう。ミカサとか、アニみたいな近寄りがたいクールな子が仲良くなるとすっごい甘えん坊…って想像してごらんよ」

ベルトルト「…(アニ。可愛い…!)」

ジャン「ミカサ、クッソ可愛いぜ!」

マルコ「ま、そんな感じだよ。きっと」

ベルトルト(いかんいかん。アニ可愛いって言ってる場合じゃない!ライナーが彼女を作ってないか確認しに行かねば!)ドタドタ

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 18:54:04 ID:Mxs6JLVg

エレン「ベルトルト、どこ行くんだよ?寝るんじゃなかったのか?」

ベルトルト「ちょっとトイレ…」タタタタタッ

アルミン「あれはライナーを見に行ったね」

マルコ「そうだね。親友のことだから気になるんだろうね」

コニー「後で聞けばいいのにな」

ジャン「バカ。あの顔見なかったのか?あれは抜け駆けて彼女作るなんて許さんって顔だったぞ」

マルコ「ベルトルトってそういうの気にするのかな?」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 18:54:49 ID:Mxs6JLVg

アルミン「ずっとライナーと一緒だから、気にするんじゃない?」

ジャン「おい、マルコ。お前は彼女いねぇだろうな?」

マルコ「ん?いるよ」

ジャン「は!?お、お前俺に内緒で…」ワナワナ

エレン「ああ、ベルトルトも今のジャンみたいな顔してたな」

コニー「へー。裏切られて悔しい、悲しいって顔だな」

アルミン「マルコ、ほんとに彼女いるの?」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 18:55:27 ID:Mxs6JLVg

マルコ「いや。いないよ。ごめん、ジャン。嘘だ」

ジャン「う、嘘!?マルコ!て、てめぇ!!…でもま。だよな!そんな暇無いよな!」

アルミン「ね。毎日忙しいし、それどころじゃないよね」

マルコ「だね。ちょっといいなって思う子がいてもそこまで気が回らないよ。お互い兵士ってことを理解して節度ある付き合いができるならともかく、普通のカップルみたいにデートしたりマメに会ったりは難しいな」

コニー「俺は今のとこあんま興味ねぇなー」

エレン「俺も。なんかめんどくせぇし…」

アルミン「コニーやエレンはサシャやミカサとよく一緒にいるから、周りからしたら羨ましいのになあ。あの二人訓練兵の中でも可愛いしさ」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 18:55:59 ID:Mxs6JLVg

ジャン「ほんとこんなこと言ってるやつにべったりとか、世の中おかしいぜ」ギロッ

エレン「なんだよ」

ジャン「なにがだよ」

エレン「俺のこと睨んだじゃねぇか」

ジャン「睨んだがどうしたよ?」

アルミン「あー!もうやめなって!」

マルコ「ジャン、みっともないよ」

ジャン「ふん!俺は寝る!」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 18:56:46 ID:Mxs6JLVg

エレン「んだよ…俺も寝る」

コニー「皆寝るのかよ」

アルミン「僕はマルコと本の交換会するよ。コニーも混ざる?」

コニー「本かよ。俺持ってねぇし、読んでたら眠くなっちまうぜ」

マルコ「難しい本じゃないよ。コニーも好きな本だよ」

コニー「あ、エロいやつか?読む読む」

マルコ「…はっきり言うなって」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 18:57:24 ID:Mxs6JLVg

アルミン「あはは…でも真面目な本もあるよ」

ジャン「なんだよ、そういう本なら俺も混じる」ノソノソ

エレン「俺も」

コニー「お前らも好きだなぁ」

ジャン「うるせぇな。お前もだろ」

エレン「アルミン見せてくれよ」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 18:58:16 ID:Mxs6JLVg

アルミン「あ、うん。えっとこれが僕ので、こっちがマルコの…(ベルトルト、様子見るだけならいいんだけど。まあ、邪魔とかはしないよね)」

―――――
――――
―――

―男子寮の裏―

ベルトルト(どこだ!?ライナー)キョロキョロ

女子訓練兵「…なの、だから…」

ライナー「…」

ベルトルト(居た!)テテテテテ

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 18:59:03 ID:Mxs6JLVg

女子訓練兵「私とお付き合いしてください!」

ベルトルト(うっ!本当に告白だった!ラ、ライナーどう答えるんだ!?)

ライナー「俺は…」

ベルトルト(暗くてよく見えないけど、ライナーの好きそうな、女の子っぽい可愛い感じの子だぞ?でも、頼む!断ってくれ!ライナー!!本当の君は兵士じゃないんだぞ!)

ライナー「すまん。付き合えん」

ベルトルト(よし!よくやった!)

女子訓練兵「そ、そっか。あの、お友達からでも…」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 18:59:44 ID:Mxs6JLVg

ベルトルト(食い下がるなあ。ライナー、情に流されちゃ駄目だよ!)

ライナー「俺に気持ちがあってそうしたいと言うなら、お互いにとって辛くなるだけだから忘れたほうがいい。気持ちに答えてやれない俺なんかやめておけ」

女子訓練兵「だ、ダメなんだね…。ごめん。わかった。ありがとう」

ライナー「すまん。だが、お前は可愛いからすぐいいやつが現れると思うぞ。それと、ありがとうな」

ポンポン

女子訓練兵「!!」ドキッ

ライナー「じゃあな。気をつけて帰れよ」スタスタ

女子訓練兵「うん…」ポーッ

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:00:24 ID:Mxs6JLVg

ベルトルト(うぉいうぉい!断っときながら頭ポンポンとか、よくやるよ。なんか女の子ポーっとしてるしさあ…。もっと撃沈させないとめんどくさい事になったらどうすんだよ。ちょっと釘さしとこう)テテテ…

ライナー(ふう、なんかこのところよく呼び出されるな。まいった)

ベルトルト「ライナー」ヌッ

ライナー「うおっ!?なんだ、ベルトルト!?もしかして見てたのか?」

ベルトルト「見てたよ。なんだよ今の。もっと嫌われるくらいに断らないとダメだろ」

ライナー「別に嫌われるほどの断り方しなくていいだろ」

ベルトルト「したほうがいいだろ!」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:01:09 ID:Mxs6JLVg

ライナー「いや、しなくていい。好かれてるほうが万が一俺たちの正体がバレた時にかばってくれる可能性がある」

ベルトルト「えっ?」

ライナー「こっちが特別好きでなければ得に問題ない。殺すのをためらってくれるくらいには、好かれてるほうがいいだろ」

ベルトルト「そ、それもそうか…一理あるよ」

ライナー(よし。口からでまかせだったがベルトルトを黙らせることができたな)

ベルトルト「でも、断ってくれて安心したよ。ライナーに彼女がいなくて良かった…」

ライナー「どういう意味だ?」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:01:43 ID:Mxs6JLVg

ベルトルト「ライナーが壁内の人間に情が移って付き合って子供や家庭を作って、俺の故郷はここだ…ってことにはならなさそうで良かったって意味だよ。君は兵士モードだと目が話せない」

ライナー「そうか。心配かけて悪いな。だがその辺はわきまえてるつもりだ。訓練と使命でそれどころじゃないしな」

ベルトルト「ならいいんだけど。好きな子もいない?」

ライナー「ん?…あ、ああ」

ベルトルト「ふーん…(あ、今目を逸したね。こりゃいるな)」

ライナー「お前はいないのか?」

ベルトルト「僕に関してそういう心配は無用だよ。壁内の女の子とどうこうなることは無い。それより、ライナー、好きな子いてもいいけどさ。来るべき時にはちゃんと気持ちにけじめはつけてよ。故郷に連れてくとか言わないでよ?」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:02:23 ID:Mxs6JLVg

ライナー「ん?…ああ」

ベルトルト(あー。不安だ…)

ベルトルト「あとさ、あんまり女の子にモテないようにしてよ」

ライナー「モテてるか?」

ベルトルト「皆がライナーはモテるって言ってたよ。君は目立ちすぎ」

ライナー「そうは言ってもな。どうすりゃいいんだ」

ベルトルト「僕みたいに影薄く目立たないようにしてたらいいんだよ。ライナーばっか脳天気にモテてずるいし」

ライナー「努力はしてみるが。俺ばっかって言うが、お前も大人しくしてるからモテないってわけじゃないだろ。女子に人気が無いとは思えんぞ」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:02:58 ID:Mxs6JLVg

ベルトルト「呼び出されたことも告白されたこともないよ」

ライナー「お前がスルーしてるだけじゃないのか?」

ベルトルト「そんなことない。僕はモテないよ。こないだ女子達が、僕は暗くて何考えてるかわかんないし、女子のこと避けるし優柔不断で気が弱そうだからちょっとねって言ってるの聞いたし…聞いたし…」ウルウル

ライナー「お、お前は顔悪くないし、高身長だし、強いし、頭もいいからな!使命が終わって影薄くするのやめたらめちゃくちゃモテる!モテるぞ!今は気づかれてないだけだ!」

ベルトルト「背が高すぎっていうか、全体的に長すぎって言われてたし…言われてたし…似たようなタイプなら社交的でリーダーもできるマルコのほうが良いって言ってたし…言ってたし…」ドヨーン

ライナー「俺が女なら放っておかないのになー!」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:03:40 ID:Mxs6JLVg

ベルトルト「ライナーみたいな女なんかやだよ…」

ライナー「そ、そうか。すまん。(傷つくだろ…)」

―――――
――――
―――

―次の日・食堂―

ベルトルト「あ、見てみてライナー、今日のパンいつもより長いよ!あはは…僕みたい…長い…」

ライナー「おい、いいかげん立ち直れ…」

コニー「のわっ!」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:04:14 ID:Mxs6JLVg

ライナー「なんだ?」

ベルトルト「コニーとサシャだね」

コニー「おい、サシャ。なんだその黒いの?」

サシャ「これはこないだの山岳訓練で採ったキノコです。食べれるキノコです。前に食べましたから」クンクン

コニー「二股に別れてて気持ち悪ぃな」

ライナー「よお。相席いいか?」

サシャ「どうぞ」

コニー「構わないぜ」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:04:57 ID:Mxs6JLVg

ライナー「サシャ、なんだそれ?」

サシャ「山で見つけたキノコです」

ベルトルト「うわ、気持ち悪い色と形。前失礼するね」ガタガタ

サシャ「でも食べれるんですよ」

ライナー「た、食べるのか?」

サシャ「とりあえず半分食べます!」ガブッ

ベルトルト(うぎゃああ!グロイのにサシャ度胸ありすぎだよ!)ブルッ

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:05:29 ID:Mxs6JLVg

サシャ「んー、根元が硬いですね。噛み切れない…」ガジガジ

ライナー「どんな味なんだ?」

サシャ「結構美味しいですね!」ガジガジ

コニー「うえ~」

ベルトルト「へえ…」

サシャ「うー。噛み切れ…ふんっ!」ガジッ

キノコの半分「ビュン!」

ポチャ…

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:06:02 ID:Mxs6JLVg

サシャ「あ!」

コニー「おっ!」

ベルトルト「うわっ!僕のスープの中に!」ガーン

ライナー「あーあ…」

サシャ「大丈夫ですよ!毒はありません!前私食べたけど1年以上何も起こっていません」モグモグ

ベルトルト「そんなの、サシャが異常に丈夫なのかもしれないだろ」

サシャ「大丈夫!大丈夫!でも嫌なら私がスープ貰い受けましょう!」

コニー「お前ずるいよな」

ベルトルト「嫌だよ。あげるなら交換だ」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:06:43 ID:Mxs6JLVg

サシャ「いいですよ。もうほとんど残ってないですけど」

ベルトルト「…いいよもう。自分の食べるよ。でもキノコはグロいからとってくれ」

サシャ「はいはい。ひょいっと」モグモグ

ベルトルト「はあ…本当に大丈夫かな」カチャカチャ

ライナー「俺が交換してやろうか?」

ベルトルト「うーん、いいよ。一口食べてダメならサシャにあげるから」

サシャ「ベルトルト。やっぱり毒があるかもしれませんから、私が全部引き受けましょう」

ベルトルト「スープ欲しいだけだろ、君は」ズズッ

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:18:05 ID:Mxs6JLVg

コニー「どうだ?」

ベルトルト「んー、普通。別に味も何も移ってないよ」

ライナー「そうか。ちょっと浸かっただけだしな」

サシャ「全部飲むんですか?」

ベルトルト「うん。飲めるからあげる理由もないしね…んっ!?」

サシャ「…!?」

ベルトルト(うっ、なんだ!?急に頭がボーッとしだしたぞ!?あ、駄目だ…眠い…)ガチャ

ライナー「おい、ベルトルト、皿。端に寄せすぎだ。ボーッとしてるとスープ皿落ちるぞ…」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:18:53 ID:Mxs6JLVg

ベルトルト「うん…」

ベルトルト(だめだー…ぼーっとして…あっ、お皿落ちる)

ガチャーン

コニー「わっ、ベルトルトのスープひっくり返ったぞ!」ガタッ

サシャ(ああースープもったいない…うーん、なんでしょう、急に眠気が…)ウトウト

ベルトルト(あ、意識が…)

サシャ(落ちるー)

ベルトルト「…」ガツンッ

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:19:30 ID:Mxs6JLVg

サシャ「…」ガツンッ

ライナー「うおっ!?お前ら急に机に頭ぶつけてどうした!」

コニー「なんだ!?やっぱ毒があったのか!?」

ベルトルト「うう~ん。大丈夫です。突然眠気が」ムクッ

サシャ「一瞬寝ちゃった。いてて。おでこ打ったのか」ムクッ

ベルトルト(あれ?急に視点が高い…ん?私がいる?鏡?)

サシャ(…僕??僕が僕を見てる?ん???)

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:20:30 ID:Mxs6JLVg

ベルトルト・サシャ「!!??」

ベルトルト「私!?」ガタッ

サシャ「僕っ!?」ガタタッ

ライナー「ど、どうした!?」

サシャ「ライナー!ちょ、ちょっと来て!えっと、僕も!」グイグイ

ライナー「!?」

ベルトルト「え、え…!?」

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:21:15 ID:Mxs6JLVg

コニー「なんだ?」

アルミン「どうしたの?」

マルコ「何かあったの?」

コニー「さあ?」

―――――
――――
―――

―使われてない倉庫―

サシャ「二人共…!入って!」ガタガタ

ベルトルト「は、はい」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:22:00 ID:Mxs6JLVg

ライナー「???」

サシャ「扉を閉めてっと…」

ライナー「どうしたんだ、サシャ?」

サシャ「サシャじゃない!僕はベルトルトだ、ライナー!」

ライナー「は?」

ベルトルト「私、今、ベルトルトですけど、ベルトルトじゃないんですよ!」

ライナー「はあ!?」

サシャ「サシャ、君がしゃべるとライナーが混乱するから黙っててくれ」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:22:43 ID:Mxs6JLVg

ベルトルト「あ、は、はい。すいません」

サシャ「ライナー、僕にもわけがわからないんだけど、今、僕はサシャの見た目をしてるけど、中身はベルトルトなんだ!そして、僕の中にはどうやらサシャがいる!入れ替わってる!」

ライナー「は?二人の人格が入れ替わった?」

サシャ「うん。そうみたいだ。スープ飲んだ瞬間急に眠くなって、一瞬気を失ったかと思ったら…」

ライナー「ほ、本当か…?ど、どうする?」

サシャ「どうしよう!?」

ベルトルト「どうしますかね?」

ライナー「とりあえず元に戻る方法を見つけないといかんな。入れ替わった原因がわかればいいんだが」

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:23:27 ID:Mxs6JLVg

サシャ「そうだね!でも原因か…何だろう…」

ライナー「二人ほぼ同時に机に頭ぶつけたからか?」

サシャ「うーん…その前にすごく眠くなったんだよね」

ベルトルト「私もです。キノコ食べたとたん一瞬眠気が来て…」

ライナー・サシャ「!!」

ベルトルト「ん?なんです?」

ライナー「キノコじゃないか!?あのキノコを食べたのはサシャと、スープに入ったベルトルトだけだ」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:24:09 ID:Mxs6JLVg

サシャ「あのキノコ怪しかったもんね」

ベルトルト「去年食べた時は何も起こりませんでしたよ?」

ライナー「そりゃ誰かと分けて食べたのか?」

ベルトルト「一人で全部食べました」

ライナー「キノコはスープに浸かっただけだったが、それでも分けて食べたことになったのかもしれん。二股に割れてたのが怪しい」

サシャ「原因としては考えられる。もう一度食べれば治るかも!サシャ、あのキノコはもうないのかな?」

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:25:14 ID:Mxs6JLVg

ベルトルト「あるにはあると思いますが、山岳訓練で登った山からとってきましたので、1日かけて休日に出かけて取りに行くか、次回の山岳訓練まで待つかしないと、平日は訓練で時間が無くて無理ですね」

ライナー「次の山岳訓練っていつだ?それに同じ山を使うとは限らないぞ」

サシャ「じゃあ、今週末の休みに行くしかないね。はあ…なんでこんなことに」

ベルトルト「すいません…私のせいですね」

サシャ「怪しいと思いながらスープを飲んだ僕にも落ち度はあるよ」

ベルトルト「そんなことは…」

ライナー「なってしまったもんはしょうがない。週末までなんとか乗り切るしかあるまい」

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:25:51 ID:Mxs6JLVg

サシャ「乗り切るって、じょ、女子に混じって生活しないといけないのかな?」

ライナー「まあ…そうなるよな」

サシャ「そんなの無理だよ!」

ベルトルト「じゃあ、訓練中にわざとちょっと怪我でもして、医務室で過ごしませんか?」

ライナー「ああ、それは…」

サシャ「怪我はダメだ!!」

サシャ(万が一巨人にでもなられたら大変なことになる)

ベルトルト「ひえっ!?だ、ダメですかね?びっくりしました」

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:26:38 ID:Mxs6JLVg

ライナー「おい、ベルトルト!」

サシャ「あっ!…ごめん、怪我はダメ。えっと、僕はサシャの体なのに怪我させるとか無理だから。仮病もたぶんすぐバレるし難しいと思うよ」

ベルトルト「そうですか。いっそばらしてしまえば皆協力してくれるんじゃないですか?」

ライナー「いや、それはしないほうがいい」

ベルトルト「なんでです?」

ライナー「中身がベルトルトだから許されると思って、お前の体にいたずらする輩が出てくるかもしれん」

ベルトルト「えぇ!?それは困りますね」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:27:14 ID:Mxs6JLVg

ライナー(というより、中身が周りの知るとことなった時に、ベルトルトの体のまま目の届かないとこで行動されたりしたら困るからな。巨人に変身するような事態を避けるためにも俺と一緒にいてもらって、見張っておいたほうがいい。そのためにはベルトルトとして生活してもらったほうが都合がいいからな)

サシャ「そうだね、戻るまで秘密にしよう。サシャ、お願いだから僕でいる時は僕らしく振舞ってくれよ?」

ベルトルト「任せてください!」フン!

サシャ「僕は敬語じゃないよ」

ベルトルト「あっ、そうですね!じゃない…そうだな!安心しろ!僕に任せろ!」

サシャ「…僕そんな言い方するかな…不安だ…」

ライナー「俺がなんとかフォローする。それよりお前のほうが心配だが…」

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:28:03 ID:Mxs6JLVg

サシャ「私は大丈夫ですよ?お任せください」

ベルトルト「おおっ!まるで私のようです!ベルトルトは演技が上手いですね」

サシャ「サシャは下手すぎだよ!もっと頑張ってくれよ!」

ベルトルト「そうでした!僕頑張るですよ!…頑張るよ!」フンッ!

サシャ「心配だな…。頼むよ、ライナー…」

ライナー「ああ。それと…ちょっとお前だけに話があるんだが」

サシャ「話って?」

ライナー「サシャ、ちょっと二人にさせてくれないか?外で待っててくれ」

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:28:45 ID:Mxs6JLVg

ベルトルト「ん?わかりました。じゃない、わかったよ、ライナー!」

ガラガラ…バタン

サシャ「で?話って?」

ライナー「外にいるサシャに聞こえたらまずいから、ちょっと耳貸せ」ヒソヒソ

サシャ「うん」ズイッ

ライナー「もし何も知らないアニが、中身がサシャのベルトルトに話しかけたら俺たちの関係や正体がバレる恐れがある。アニには話しておいて協力してもらったほうがいい。お前も女子寮で生活するならそのほうがいいだろう」

サシャ「!!…そうだね。そのほうがいいね」

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:30:00 ID:Mxs6JLVg

ライナー「だが、中身がお前のフォローをするとはいえアニがサシャと突然仲良くしだしたら怪しくなるから、その辺含め俺からアニに説明しておいたほうがいい。今から行ってくるからその間お前らはここでお互いの生活状況や、交友関係なんかをできるだけ情報交換しておけ」

サシャ「わかった。1週間とはいえボロが出ないようにするよ」

ライナー「じゃあ行ってくる」

ガラガラ…バタン

サシャ(ああ…僕どうなるんだろう…)

ガラガラ

ベルトルト「ライナーから、用があるので帰ってくるまで二人でこの倉庫の中で待ってるように言われました」

バタン

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:30:48 ID:Mxs6JLVg

しまった。ネタバレ注意って書き忘れてた。読んでしまった人ごめんなさい。

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:31:43 ID:Mxs6JLVg

サシャ「うん。その間に、周りに不審がられないようにお互いに情報交換しておこう。全部は無理だから、フォローし合いながら生活できたらいいけど…僕と君って今まで話したことも無いに等しいし、全然接点ないから急に仲良くしてると不自然だからさ、なるべく今まで通りの距離感で生活できるようにしよう」

ベルトルト「わかりました」

サシャ「えーと、じゃあね、僕からお願いしたいのは、まず目立つことはしないで欲しい。食堂でパンもらえるかさまよったり、人に要求したりしないでね。それと、僕はあまり周りに話しかけていったり仲良くしにいったりせず大人しくしてるタイプだから、コニーとふざけたりとか、遊びの誘いもなるべく断るように。暇なときは本でも読んでて」

ベルトルト「ええっ!?食べることを我慢するのキツいですよ!自信ありません…」

サシャ「我慢して。パンは僕が君の真似して調達するようにしてみるから。後でそのパンを食べたらいいだろ」

ベルトルト「お、それはいい手ですね。私は何もせずパンを得られて最高です」

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:33:06 ID:Mxs6JLVg

サシャ「それと、仲のいい女子もいると思うけどあくまでも僕なんだから親しく話したりしないように」

ベルトルト「うーん、がんばります。ベルトルトのフリは案外難しそうですね」

サシャ「本当に不安だよ。それで、サシャは誰と仲がいいの?よく一緒にいるのはユミル、クリスタかな」

ベルトルト「そうですね。ユミル、クリスタとはよく話します。でも二人組になる時は、ユミルがクリスタと組むことが多いので、私はミカサともよく組みます。ミカサとは結構話もしますね。意外と色々話してくれます!」

サシャ「ふーん、そうなんだ…あの、アニ…アニとは」

ベルトルト「アニですか?」

サシャ「や、アニとかミーナとか、ハンナとは仲いいのかな?」

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:34:08 ID:Mxs6JLVg

ベルトルト「普通ですかね。特に仲良しではありませんが。たまに何か食べるものをくれる時もあります」

サシャ「そっか…(サシャがアニと仲良しだったらもうちょっと楽だし…僕としても役得なんだけどな)」

サシャ「あとは…サシャは何か気をつけてほしいこととかある?皆に知られててやらないと不自然な癖とかさ」

ベルトルト「特に無いと思います」

サシャ「あ、そうなんだ…いや、あるよね?なんかあるよね」

ベルトルト「急に言われても思いつきませんよ。そうですねー。あっ!」

サシャ「どうしたの?」

ベルトルト「え?その…ですね///」カアァァァッ

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:34:51 ID:Mxs6JLVg

サシャ「?」

ベルトルト「着替えとか、お風呂とか、体見ないでくださいね…!!」

サシャ「えっ!!あっ!?///」カアァァァァァッ

ベルトルト「あと、触るのもダメですからね!」

サシャ「さ、触らないし見ないよ!///」

ベルトルト「お願いしますよ。そういえば…もよおした時ってどうすればいいんですかね?」

サシャ「どうって…その、立ってするのは抵抗あると思うから座ってしたらいいよ」

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:35:48 ID:Mxs6JLVg

ベルトルト「見たり触らなくてもできます?ああ…なんか思いついたら、股になんかあるのが気になってきました」ソワソワ

サシャ「そのへんのことは、なにか困ったらライナーに相談して」

ベルトルト「はい…ああ、なんでこんなことに」ガックリ

サシャ「うん。早く週末になるといいね。がんばろう」

ベルトルト「はい。そうですね」

ガラガラ

サシャ「あ。ライナーかな。早かった…」

マルコ「あれ?サシャ…とベルトルト?」

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:36:29 ID:Mxs6JLVg

サシャ「!」

ベルトルト「!」

マルコ「なんかここ使われて無いのに扉が少し開いてたから気になって…。えっと…お邪魔だったかな?」

ベルトルト「いえ!?どうぞどうぞ!!あ、ここ座ります!?」アセアセ

マルコ「え?」

サシャ(サシャ!怪しすぎるよ!)

サシャ「マルコ、しーっ。今かくれんぼしてて、ライナーから隠れてるんです」

ベルトルト(おおっ!ベルトルト上手いですね!)

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:37:07 ID:Mxs6JLVg

マルコ「隠れんぼしてるの?珍しいメンバーだね」

サシャ「珍しくベルトルトが参加したいと言ったので、たまたまです」

マルコ「僕、てっきり密会してるのかと思っちゃった。違うんだね。誤解してごめんね」

サシャ「いいえ。気にしなくていいですよ」

ベルトルト「うん。気にしなくていいよ」

マルコ「そっか。…なんかさ」チラッ

サシャ(ん?)

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:37:46 ID:Mxs6JLVg

マルコ「なんかサシャ今日、感じが違うね」

サシャ・ベルトルト(!!!)ドキッ

サシャ「そ、そうですか?」ドキドキ

マルコ「うん…。なんとなく」

ベルトルト「いつもと一緒でs…だよね?」

サシャ(ああああ!ボロが出るからサシャは喋るんじゃないっ!)

サシャ「そうですよ。私はいつもと一緒ですよ?」

マルコ「あは、そうだね。気のせいか」

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:38:31 ID:Mxs6JLVg

サシャ「はい、そうですね」

マルコ「うん…」

サシャ(…マルコ、早くどっか行ってほしいんだけど…)

ベルトルト(汗が…この体ちょっとどきっとしたらすぐ汗がでるんですが…)

マルコ(うーん、本当に隠れんぼなのかな?こんな怪しい場所でこのまま二人きりにしておいていいものか…)

―――――
――――
―――
―その頃、ライナーは…―

ライナー「アニ」

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:39:11 ID:Mxs6JLVg

アニ「ん?なんだい」

ライナー「ちょっと話がある。今から別のルートを通っていつものとこで落ち合おう」

アニ「わかった」

――
―――
――――

ライナー「アニ、突然すまないな」テクテク

アニ「いいよ、別に。で?話って?ベルトルトはいないの?」

ライナー「ああ。というより話ってのはそのベルトルトのことなんだ」

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:39:51 ID:Mxs6JLVg

アニ「どうしたの」

ライナー「実は、サシャのとってきた怪しいキノコのせいで、今ベルトルトとサシャの中身が入れ替わってるんだ」

アニ「は?」

ライナー「信じられんかもしれんが本当なんだ。実際見たらわかる。ベルトルトの体にサシャの精神、サシャの体にベルトルトの精神が入ってるって感じだ」

アニ「からかってんの?」

ライナー「俺が嘘でこんなくだらんこと言いにわざわざ呼び出すか!信じれないのはしょうがないが、嘘じゃない。お前の協力なしにはどうにもならんのだ」

アニ「…わかったよ。バカみたいな話だけど、あんたが言うなら信じるよ。あんたはいつも実直だもんね」

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:40:32 ID:Mxs6JLVg

ライナー「そう言ってもらえると助かる。おそらく同じキノコを食べれば二人はまた元に戻ると思うんだが、そのキノコを取りに週末まで待たないといけないんだ。それでめんどくさい事に、その間二人が入れ替わってることを周りに隠しながらお互いに女子寮と男子寮を入れ替わって生活することになる」

アニ「まあ、そういう状態なら、異性の寮で生活するわけにはいかないからね。しかしベルトルトの体で怪我でもされたら大変だね。サシャのやつ、食べ物目的だけど、あの強い意志は怖いね。怪我した状態で食べ物に関わったら巨人になる可能性が高いよ」

ライナー「そうなんだ。万が一あの『何が何でも食べたい』って状態で巨人になられるとかなりやばい。サシャにベルトルトとして生活してもらえれば俺がずっと一緒にいても不自然にならないからフォローはできるんだが、そうなるとベルトルトのほうがな…。俺が一緒にいるのも限界があるし、なにより不自然になる」

アニ「私がベルトルトのフォローをすればいいってことか。でも、私もさしてサシャと仲がいいわけでもないから、四六時中一緒にとか怪しすぎて無理だよ」

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:41:10 ID:Mxs6JLVg

ライナー「ベルトルトは器用だからサシャとして過ごす自体はさして心配しなくていいと思うんだが、その、女子としての生活の面でな。風呂とか…着替えとか色々問題があるだろ」

アニ「ああ…なるほどね。ま、なんとか上手くやってみるよ」

ライナー「悪いな。タイミングをみてサシャを見かけたら話しかけてみてくれ。中身はベルトルトだ。お前にフォローを頼むことはベルトルトにだけ話してある。サシャには知られないよう気をつけてくれ。ベルトルトは中身がサシャだから絡まなくていい」

アニ「ややこしいね。けどわかった。じゃ、行くね。なんかあったら相談するよ」

ライナー「ああ。頼む」

アニ(はあ…なんで使命以外で悩まされなきゃなんないんだろ。疲れるね)スタスタ

ライナー(さて、これでとりあえずいいだろう。さ、戻るか)タッタッタ

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:42:13 ID:Mxs6JLVg

―――――
――――
―――

―倉庫―

マルコ「…」

サシャ「…」

ベルトルト「…」

サシャ(う、うーん。なぜかマルコも一緒にライナーを待つことになってしまった…弱ったな)

マルコ「…」チラッ

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:42:47 ID:Mxs6JLVg

サシャ(!?)ビクッ

マルコ「…」ニコッ

サシャ「???」ニコッ

マルコ「…///」テレッ

サシャ(あ…もしかして、マルコってサシャのこと)

ベルトルト「お腹すいたねー」

サシャ(!?喋るなって!)

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:43:19 ID:Mxs6JLVg

マルコ「え、もうお腹すいたの?さっき朝食とったばっかだよね」

ベルトルト「空いたよ。マルコ何か持ってない?」

サシャ(棒読みだああ!でもこれは使えるかも。マルコに、食堂に食べ物を取りに行って貰えるよう頼んで出て行ってもらおう)

サシャ「そうですね。お腹すきましたね。マルコ、何か持ってたら私にも分けてください」

マルコ「ごめん、何も持ってないよ」

ベルトルト「本当に?」クンクン クンクン

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:44:15 ID:Mxs6JLVg

マルコ「うわっ!?ベルトルトなんだよ急に!?なんで僕の匂い嗅ぐの!?」

ベルトルト「食べ物を持ってるか匂いでわかるかと思って」クンクン

サシャ(やめろー!!!!僕の体で変なことするなあああ!!)

サシャ「ベルトルト!マルコが嫌がってますよ。マルコ、私たちは隠れんぼで隠れてないといけないので、もしよければ食堂で何か余ってないか見てきてくださいよ」

マルコ「え、余ってるかな?」

サシャ「お願いします。…ここにいたらベルトルトに匂いを嗅がれ続けてしまいますよ」ヒソヒソ

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:45:08 ID:Mxs6JLVg

マルコ(あ、逃がしてくれる口実か。気が利くなあ。なんか、今日のサシャっておしとやかな感じだし、やっぱりいつもと違うよね。元気でおばかなサシャ見てると心が明るくなるけど、今日のサシャはまた…よくわかんないけど守ってあげたい雰囲気かもし出してて、いい…)ドキドキ

サシャ「さ、早く」

マルコ「うん。わかった。何か持ってくるからサシャ、ここにいてね?」

サシャ「はい、いますので、お願いしますね」

マルコ「ベルトルト、今日の君ちょっと変みたいだけど大丈夫?頼むから、サシャにさっきみたいな変なことしないでよ?」

ベルトルト「しないよ。しないから早く何か食べるものを!」

65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:45:58 ID:Mxs6JLVg

サシャ(違う、違うんだ!マルコ!今日の僕は僕じゃないんだ!いつもの僕はこんな変なことしないんだ!真面目なマルコに変とか思われるのすごい恥ずかしいし傷つくよ!サシャのバカ!!こいつ本当にバカ!)

マルコ「じゃ、行ってくるね」タッタッタ

サシャ「…」

ベルトルト「やったー!何か食べれるね!」

サシャ「ねえ、サシャ…君ふざけてるのか?」

ベルトルト「なんだい?ダメだよ。サシャは敬語なんだからちゃんと喋らないと」

サシャ「今は二人きりだからいいの。あのさ、僕の体なんだから変なことしないでよ!」

66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 19:47:29 ID:Mxs6JLVg

ベルトルト「何かしましたかね?」

サシャ「マルコのことクンクン嗅いでただろ!」

ベルトルト「ああ。すいません!つい!でもベルトルトの鼻では匂いよく嗅ぎ取れなかったですね」

サシャ「嗅ぐの禁止だからね。絶対、絶対っ!女子にそれしないでくれよ」

ベルトルト「はい。気をつけます」

サシャ(あああ…もうやだ。サシャが何するかわかんなくて不安すぎる)

ライナー「すまん。待たせたか?」

ガラガラ

6may
6may
@6may

Related Articles関連記事

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツは『進撃の巨人』の登場人物で、「始祖ユミル」とも呼ばれている。エルディア人こと「ユミルの民」の始祖となった女性で、光るムカデのような生物と接触したことで彼女は「始祖の巨人」の能力を得たとされている。マリア・ローゼ・シーナという名前の3人の娘達がおり、パラディ島の3重の壁は彼女達の名前から名付けられた。ユミルの死後、巨人化能力は3人の娘達に引き継がれ、さらに子々孫々に脈々と継承されることとなった。

Read Article

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団に所属する兵士長。1人で1個旅団(約4000人)並みの戦力を持つとされ、「人類最強の兵士」として名高い。三白眼と刈り上げた髪型、小柄な体格が特徴で、ブレードを逆手に持って回転しながら巨人の肉を切り刻む戦闘スタイルを好んでいる。性格は冷静沈着で無愛想。スラム出身ということで言動も粗暴である。神経質で潔癖症だが、部下の最期を看取る際には汚れを気にせず手を握るという仲間想いの一面もある。

Read Article

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄。「獣の巨人」の継承者として調査兵団の前に立ちはだかり、高い投擲能力で多くの兵士を殺傷した。「九つの巨人」の継承者で組織されるマーレの戦士部隊のリーダーであり、多くの戦場でマーレに勝利をもたらしてきた。しかしその真の目的はエルディア人の救済であり、全てのエルディア人から生殖能力を奪うことで巨人の力を巡るこれ以上の悲劇を起こらないようにしたいと考えている。

Read Article

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハートとは、『週刊少年マガジン』に連載されている諫山創原作の漫画・テレビアニメ作品に登場する人物である。主人公のエレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団に所属し、卒業後は憲兵団に入団する。口数が少なく感情を表に表さないため、取っ付きにくい印象を与える性格。しかし格闘技に優れており、冷静な判断を下せるため訓練兵団卒業の際は4位の成績を収める実力の持ち主。

Read Article

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で、ユミルの民であることを偽造してマーレ人になりすまし、マーレ治安当局の職員として潜入していたエルディア復権派のスパイである。九つの巨人の一つである「進撃の巨人」の力を身に宿し、通称「フクロウ」と呼ばれている。 ユミルの呪いによって寿命が近い自分の代わりに、グリシャ・イエーガーにエルディア復権の願いを託して壁の中へ行くよう指示した。その後進撃の巨人を継承させる為無垢の巨人化したグリシャに捕食され、スパイとしての任務を果たし、その生涯を終えた。

Read Article

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガーとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の主人公。壁の外の世界に強い憧れを持っており、幼少期から調査兵団に入ることを目指してきた。その想いは、母親を巨人に食い殺されたことで一層強まり、調査兵団に入って巨人を駆逐することを心に誓う。性格は熱血漢で直情的。無鉄砲と思えるほどの勇敢さから、強大な巨人相手にも物怖じせずに向かっていく。命の危機に瀕した際に巨人化する能力に目覚め、人類の自由のためにその力を振るっていくことになる。

Read Article

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスターとは『進撃の巨人』の登場人物で、104期訓練兵団の卒業生。当初は駐屯兵団に所属していたが、ウォール・マリア最終奪還作戦の前に調査兵団に移籍した。「獣の巨人」を倒すための特攻作戦では唯一生き残り、瀕死のエルヴィン団長をリヴァイ達の元へ連れて行った。その後はエレンをパラディ島の救世主として祭り上げる「イェーガー派」の中心人物として、兵団総統を暗殺しクーデターを先導した。

Read Article

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライスとは『進撃の巨人』のキャラクターでマーレの戦士候補生。戦士候補生の同期であるガビ・ブラウンに好意を抱いており、彼女を救うために「鎧の巨人」継承を目指している。内気な性格だが、「悪魔の末裔」と言われるパラディ島の人々に対しても自分達と変わらない人間だと捉える優しい心の持ち主。心的外傷を負った兵士にも親切に接しており、そこでクルーガーと名乗る負傷兵と出会い、交流を深めていく。

Read Article

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で「車力の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成されるマーレの戦士の一員として、数々の戦場で功績を打ち立ててきた。当初は始祖奪還計画に参加せずマーレ本国を守っていたが、850年「獣の巨人」であるジーク・イェーガーと共にパラディ島に上陸する。ウォール・マリア奪還を狙う調査兵団との決戦では後方支援を担当し、負傷したジークと「鎧の巨人」であるライナー・ブラウンの逃走を助けた。性格はマイペースだが、冷静沈着で判断力に優れている。

Read Article

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディスとは『進撃の巨人』の登場人物で第104期訓練兵団の指導教官。スキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられている。元々は第12代団長として調査兵団を率いていたが、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせたにもかかわらず成果を残せなかったことから、自分の無能を悟りエルヴィン・スミスに団長職を引き継がせた。主人公エレンの父親であるグリシャ・イェーガーとは以前から面識があり、彼が消息を絶つ直前に顔を合わせた最後の人物である。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の団員。主人公エレン・イェーガーとはウォールローゼ南区第104期訓練兵団時代の同期である。責任感が強く、リーダーシップもあることから同期の中ではまとめ役を担っていた。しかし、その正体はウォール・マリアを破壊した「鎧の巨人」であり、始祖奪還を目的にパラディ島に送り込まれたマーレの戦士である。正体が判明した後はたびたびエレン達と対立し、始祖の力を巡って死闘を繰り広げていく。

Read Article

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの父。シガンシナ区で診療所を開き街の人々から尊敬を集めていたが、シガンシナ区に巨人が流入した後行方不明となる。失踪直前エレンに巨人化の薬を打ち込み、世界の真実が隠された自宅地下室の鍵をエレンに託した。物語中盤で彼が壁外の世界から「始祖の巨人」奪還のためにやってきた巨人化能力者であったことが明らかとなる。

Read Article

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリスとは『進撃の巨人』の登場人物で、憲兵団の新兵。アニ・レオンハートとは同期でルームメイト。ウェーブヘアが特徴の少女で、軽薄で不真面目な言動が多い。他の新兵同様安全な内地で楽をするために憲兵団に入ったが、実は機転の利くところがある。アニのことは愛想のない同期だと思っていたが、ストヘス区の戦闘以降行方不明になったことを心配しており、アニの正体が「女型の巨人」であることを知って大きなショックを受けていた。同期のマルロ・フロイデンベルクに好意を持っているが、マルロ本人は気づいていない。

Read Article

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツとは『進撃の巨人』の登場人物。主人公エレンの父親グリシャの前妻で「獣の巨人」ジークの母。その正体はフリッツ王家の末裔。ストーリー上、巨人の歴史と王家の情報を語る重要な役割を持つ。パラディ島に移住することを拒みマーレに留まった一族は、代々巨人の情報を隠し持っており、その末裔であるダイナはエルディア復権派と共に始祖の巨人の奪還を企てるが、計画は息子ジークの密告により失敗。ダイナは巨人化後、グリシャの後妻であるカルラを捕食する。最期はエレンの持つ座標の力で巨人の群れに喰われた。

Read Article

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルトとは『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。金髪ボブカットの中性的な外見を持つ。大人しいが芯の強い勇敢な性格で探求心が強い。祖父の影響で人類はいずれ壁の外に出るべきだという思想を持っており、エレンが外の世界に憧れるようになったのもアルミンの影響である。小柄で身体能力は低いものの、知能や判断力はずば抜けており、エレンや調査兵団の窮地をその知略で度々救っている。

Read Article

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物で、中央第一憲兵団対人立体機動部隊の隊長。かつて「切り裂きケニー」の異名を取った大量殺人鬼だったが、ウーリ・レイスとの出会いを経て現在は中央第一憲兵団に所属し対人戦闘を専門とする部隊を率いている。リヴァイ・アッカーマンの育ての親であり、彼に戦闘技術を教えた人物でもある。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、対立した調査兵団を大いに苦しめた。

Read Article

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団第13代団長である。調査兵団は人類の生存圏を広げることを目的とし、日々巨人との死闘を繰り広げている。その類まれなる頭脳と判断力から大きな功績を挙げているが、目的のためなら手段を選ばない非情さから「悪魔的」と称されることもある。彼の真の目的は世界の真実を解き明かし、「人類は王家によって記憶を改竄された」という父の仮説を証明すること。人類最強と称されるリヴァイ兵士長を調査兵団に入れたのも彼である。

Read Article

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマンとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。本作のヒロイン的ポジションで、幼い時にエレンに助けられた経験から、彼を守ることを自分の使命だと考えている。驚異的な身体能力を持ち、トップの成績で訓練兵団を卒業。実戦でも1人で複数の巨人を討伐する実績を残す。性格は寡黙で口下手だが、エレンのこととなると取り乱す一面もある。物語後半において、母方の祖先が東洋にあるヒィズル国将軍家だったことが明らかになった。

Read Article

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で、「マーレの戦士」候補生。天真爛漫で型破りな性格で、憧れの従兄であるライナーから「鎧の巨人」を継承するため日夜訓練に励んでいる。パラディ島のエルディア人を悪魔の末裔として強く憎んでおり、彼らを皆殺しにして自分達善良なエルディア人を収容区から解放することを願っていた。しかし成り行きでパラディ島に渡ることとなり、そこで出会った人々との交流からガビの考え方は変化し始める。

Read Article

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタインとは『進撃の巨人』の登場人物で、調査兵団に所属する兵士。第104期訓練兵団を6番で卒業した。自己の保身を第一に考える現実主義者で、思ったことを率直に言い過ぎる性格からたびたび主人公のエレン・イェーガーと対立していた。当初は巨人の脅威から逃れるために内地への配属を希望していたが、友人のマルコ・ボットが戦死したことで考えを大きく変え、調査兵団に入団する。入団後は持ち前の現状把握能力を活かして同期のまとめ役として活躍した。

Read Article

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイスとは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。壁内人類の真の王家であるレイス家当主。実質的には壁内での最高権力者である。ウーリ・レイスの兄であり、フリーダ・レイスやヒストリア・レイスの父親。正妻との間に5人の子がいたが、当時使用人として働いていたアルマとも関係を持ち、ヒストリアが産まれたことにより、事実的には子供は6人。だがグリシャにより正妻との間の子は皆殺されてしまい、生き残っている子供はヒストリアただ1人である。

Read Article

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団所属のベテラン兵士。初登場時は分隊長だったが、後にエルヴィン・スミス団長の後を継いで調査兵団第14代団長に就任する。ゴーグル(平常時は眼鏡)を着用し、茶髪を無造作に1つにまとめた中性的な外見をしている。明るく聡明な人物だが、巨人に対する情熱は人一倍で変人揃いの調査兵団内でも特に異彩を放っている。ウォール・マリア最終奪還作戦以降は左目を負傷したことから眼帯を着用している。

Read Article

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナとは『進撃の巨人』の登場人物で反マーレ派義勇兵の中心人物。マーレに滅ぼされた国の出身で、「獣の巨人」継承者で王家の血を引くジーク・イェーガーの信奉者として活動し、パラディ島の近代化に大きく貢献した。ジークの提唱する「エルディア人安楽死計画」達成のためなら寝食を共にした仲間すら殺害する冷酷な性格の女性。しかし実際にはマーレの被害者というのは虚偽であり、「世界を救う英雄」に憧れているだけのごく一般的なマーレ人である。

Read Article

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ(ヒストリア・レイス)とは、諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物。第104期訓練兵団卒業生であり、主人公エレン・イェーガーは同期の1人。小柄で温厚、思いやりのある可愛らしいアイドル的な存在として登場する。同期のユミルと仲が良い。成績10位以内に入っているが、実際はユミルからその座を譲られただけで身体能力は人並みである。本名はヒストリア・レイスといい、壁内世界の真の王家の末裔であることが後に発覚する。

Read Article

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の兵士。坊主頭が特徴で、小柄な体格を生かした小回りの利く機動を得意としている。バランス感覚にも優れ104期訓練兵団を8番の成績で卒業したが、少々頭の回転が鈍く同期達からはバカ扱いされている。同期のサシャ・ブラウスとはバカ同士気が合うようで、よく訓練中に2人でふざけていた。当初は憲兵団を志望していたが、主人公のエレン・イェーガーに感化され調査兵団に入団を決めた。入団後はムードメーカーとして活躍する。

Read Article

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガトとは『進撃の巨人』の登場人物でマーレ軍エルディア人戦士隊隊長。後にマーレ上層部が全滅すると元帥に就任した。ジーク・イェーガーやライナー・ブラウンら「マーレの戦士」達を選抜し育て上げた人物でもある。性格は厳格で戦士候補生に対する態度も威圧的だが、大多数のマーレ人とは異なりエルディア人に対する差別感情は薄く、部下たちを1人の人間として尊重している。現状認識能力に優れ、始祖奪還作戦を数人の子供に託すマーレ軍上昇部の正気を疑っていた。

Read Article

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウスとは「進撃の巨人」シリーズの登場人物であり、主人公エレン・イェーガーと同じ調査兵団に所属している女性。頭はあまり良くないが、並外れた身体能力と勘の良さは周囲からも認められている。狩猟を生業とする村の出身であるため、食べ物には目がなく食料庫からよく盗みを働いていた。方言で話すことに抵抗があるため他人には敬語で話す。天真爛漫で非常にマイペースな性格の持ち主である。

Read Article

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団団員。第104期訓練兵団を3位で卒業し、どの分野でもそつなくこなすことができる優秀な人物である。ただし優柔不断で判断を他人に任せる傾向があり、積極性に欠けることから他の同期と比べると少し影が薄い。その正体は、ウォール・マリア陥落の主因となった「超大型巨人」であり、始祖奪還作戦のために大国マーレから派遣された「マーレの戦士」の1人だった。任務を達成し故郷に帰ることを切望していたが、結局その願いは叶わず異国の地で命を落とすこととなる。

Read Article

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアードとは『進撃の巨人』の登場人物で「顎の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成される「マーレの戦士」の一員として、「顎の巨人」の持ち味である硬い顎と牙や俊敏性を活かし数々の戦場で活躍している。戦士候補生時代の同期であるライナー・ブラウンとは「鎧の巨人」継承権をめぐって争ったライバルだった。自分ではなく能力の低いライナーが「鎧の巨人」継承者として選ばれたことや、兄のマルセルがライナーをかばって巨人に食われたことから、ライナーに対して悪感情を抱いている。

Read Article

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、レイス家の長女。黒髪で青い瞳を持つ。レイス家当主のロッド・レイスとその正妻の第1子として生まれた。表向きは地方の貴族として振る舞っているが、実際は壁内の真の王家の末裔。レイス家に代々引き継がれている特別な巨人能力を叔父のウーリ・レイスから引き継ぎ、宿している。本人の飾らない性格は多くの者から慕われており、妾の子である異母妹ヒストリアにも姉として優しく接していた。

Read Article

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシスとは『進撃の巨人』の登場人物で駐屯兵団の司令官。スキンヘッドと口ひげが特徴の年配の男性。巨人との戦いの最前線である南側領土の最高責任者として、果断な指揮を振るい人類を守り抜いてきた。人類の勝利のためなら成功率の低い作戦でも取り入れる柔軟な判断力の持ち主だが、飄々とした言動や戦場でも酒を持ち歩く姿勢から「生来の変人」としても知られている。トロスト区攻防戦では巨人化したエレン・イェーガーによる穴の封鎖作戦を採用し、人類の勝利に貢献。兵団によるクーデターの際も大きな役割を果たした。

Read Article

目次 - Contents