【進撃の巨人】アニ「ここは?」 サシャ「地下牢とだけ言っておきましょうか」【厳選名作SS】

進撃の巨人の厳選名作の厳選名作SSを掲載しています。捕まったアニの尋問担当になったのはなんと同期のサシャ・ブラウス。サシャならではの拷問方法でアニを精神的に追い詰めていきます。

アニ「ここは?」 サシャ「地下牢とだけ言っておきましょうか」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 21:37:30 ID:KgzCRmIg

五次創作ぐらい

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 21:38:08 ID:KgzCRmIg

地下深くに作られた部屋。暗い室内で肘掛けを備えた椅子に手足を縛り付けられたアニと傍らに立つサシャ

サシャ「水晶化してからの記憶はあるんですか?」

アニ「サシャ……あれからどのくらい経ったんだい?」

サシャ「残念だけど答えられません。質問はこっちがしますから。アニはただ答えるだけ、いいですか?」

アニ「そっか、あんたが尋問役ってことか。……ところで前にもなかったけこういうシチュエーション?」

サシャ「え、そうでしたっけ? 私の記憶にはありませんが……」

アニ「うーん……なんか前にもこういうの記憶にあるんだけど……思い出せないからまぁいいや」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 21:39:09 ID:KgzCRmIg

アニ「それにしても、アンタが私の尋問担当なんて、少し意外だね」

サシャ「えっ?」

アニ「てっきりアンタはこういうのダメな人間なんだと思ってたよ。悪いけどアンタ臆病だしさ」

サシャ「え、意味がよくわかりませんが……?」

アニ「てっきり私を尋問するのは調査兵団のハンジ分隊長みたいな変態だと思ってたよ。それがよりにもよってアンタが尋問係なんて……」

サシャ「あ、そこですかぁ!」

アニ「え?」

サシャ「いやだなぁ、アニは私が担当するのは尋問じゃなくて『拷問』ですよぉ(ニコォ)」

アニ「……!?(ゾクッ)」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 21:40:29 ID:KgzCRmIg

サシャ「アニみたいな人がそう簡単に口を割るとは思えませんからねぇ!(ケラケラ)」

アニ「(こ、コイツ……! なんて殺気を……まるで大熊を相手にしてるような……!)」

サシャ「でも正直、私の良心も痛むんですよね。かつてはルームメイトだった子を拷問するなんて、ねぇ?」

アニ「……そりゃどうも。どう考えても今更な情けだと思うけどね」

サシャ「まぁというわけで、そういう私がしたくもないことをする前に、アニが知ってることを全部を白状してくれれば、
お互い不幸にはならないはずです。これが私とアニの間のゲームのルールです……いいですか?」

アニ「勝手にしなよ。言っておくけど、私は戦士の誇りに誓って何も喋らないよ」

サシャ「ハァ……そうですか。ならお望み通り、やりたくもない拷問をしてあげますよ。覚悟はいいですか?」

アニ「……ふん。これでアンタも下衆の仲間入りさ、喜びなよ」

サシャ「ではお言葉に甘えて……」

アニ「(大丈夫……落ち着け、サシャ如き、隙を見て逃げ出すぐらいのことは簡単に……!)」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 21:41:44 ID:KgzCRmIg

サシャ「あ! 何故かこんな地下牢に炊飯器が!(パンパカパーン)」

アニ「!?」

釜<ピーッピーッ

サシャ「おぉ! ちょうどご飯が炊き上がったようですよ!」

アニ「はぁ……? おい……!」

サシャ「早速開けてみましょう……ひらけー、ゴマッ!(パカッ)」

モワァァァァ……ジュウウウウ……

アニ「……っ!?」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 21:43:00 ID:KgzCRmIg

サシャ「んむぅ、さすが新米、いい匂いがしますなぁグヘヘヘ……」

アニ「……お、おい、アンタ一体何のつもり?」

サシャ「あ! そうでした、アニもいたんでしたね! 炊きたての新米の匂いはアニも好きでしょ?」

アニ「は、はぁ――?!」

サシャ「そう縛られてたんじゃよくわからないでしょ? ホラホラ、嗅いでみてください(パタパタ)」

アニ「うッ……!? や、やめなよ……!」

モワァァァァァ……

アニ「……っ!? 煙ッ……!」

サシャ「ちなみにこのお米、あきたこまちなんですよ」

アニ「そ、そんなどうでもいい話……!」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 21:44:10 ID:KgzCRmIg

グゥウウウウウウウ……

アニ「!?/////(カァァァァッ)」

サシャ「あら? 何か聞こえましたね? 何の音でしょう?」

アニ「く、くッ……! 私を辱める気か!」

サシャ「グヘヘ……さてと。私は小腹がすいたのでお夜食の時間にしますよ」

アニ「ふ、ふん! 夜食とは随分のんきだね!」

サシャ「では早速、このツヤツヤ新米ご飯に~(ヨソイヨソイ)」

アニ「……!」

サシャ「冷蔵庫からバターを取り出して~、と」

アニ「うッ!?」

サシャ「適当にバターを絡めたところに醤油をかけて~(チョロチョロ)」

アニ「っ……!」

サシャ「醤油バター御飯でいただきまーす!」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 21:45:51 ID:KgzCRmIg

サシャ「ハフハフ……んー! んまい! んまぁいですよぉ!(ガツガツ)」

アニ「んんッ……!(ゴ……ゴクリ)」

サシャ「ほらアニ見てくださいよ! 濃厚なバターの味に醤油が絡まってお箸が止まりません!(ガツガツ)」

アニ「くっ! そ、そんな臭いもん人の鼻先でガッつくんじゃない!(ギューグルグル)」

サシャ「臭いなんてひどいなぁ、こんなにホッカホカなのに、ホラ(ガツガツ)」

アニ「あうぅ……!(ググゥー)」

サシャ「おやまぁ、体は正直なようですねぇ。アニの胃袋は物欲しそうに蠢いてますよ?(クスクス)」

アニ「(く、くそ……こんな下賎なメニューに……!)グーギュルギュル」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 21:47:00 ID:KgzCRmIg

サシャ「ふう、さて醤油バターご飯の次は……」

アニ「ま、まだ食べるの……?」

サシャ「そりゃあまだまだ夜は長いですからね。アニも一緒にどうです?
もちろん、それと引き換えに巨人の秘密を話してくれたら、の話ですけど」

アニ「ふざけるんじゃないよ。誰がそんな下賎な食べ物に(グゥゥー)……っ!/////(カァァァ)」

サシャ「あはは! もうお腹の音も隠せませんか! その調子でどんどん自分を解放してください!」

アニ「ぐ……この鬼畜が……!(グーグル)」

サシャ「グヘヘ……では次の一品に移りますか(ジャジャーンキルシュタイーン)」

アニ「!? そ、それは……!」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 21:50:59 ID:KgzCRmIg

サシャ「何を驚いてるんですか? ただの冷凍食品のピラフじゃないですか」

アニ「せ、せっかく炊いたお米は使わないなんて、贅沢な奴だね!」

サシャ「やだなぁピラフなんて作るのに手間がかかるじゃないですか。だからこそですよ。さぁてこれを早速……(ビリビリ)」

アニ「くっ……このいやしんぼが……!(グルグル)」

サシャ「このフライパンの上に開けて……(ジュウウウウウ)」

アニ「は、はぁ!? な、なんで冷食をわざわざ炒めるの!? ラップしてレンジでチンすればいいだろ!」

サシャ「やだなぁ、お米が十分に油を吸ってこそのピラフじゃないですかー。
……ホラ、フライパンから香る油の弾ける音がいい感じでしょ?(ジュワアアアア)」

アニ「ぐうッ……! べ、別に! チンしたのと違いがあると思えないね!(ググゥー)」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 21:52:00 ID:KgzCRmIg

サシャ「グヘヘ……。さて、適当に炒め終わったのでこれを皿にヨソって……(ヨソイヨソイ)」

アニ「ッ――!(グォォォォォ)」

サシャ「これをダイエットコーラと一緒に……んまァーいッ!!(ガツガツ)」

アニ「……う!(グルグル)」

サシャ「ん~~! 米粒に絡む艶やかな油の舌触り! プリップリのエビの小気味よい歯ごたえやコーンの粒感!
コーラで口の中の油を胃に流し込む快感! そして夜中にこんな高カロリー食を食べているという背徳感!(ガツガツ)」

アニ「……ッ! ば、馬鹿だね! そんなんじゃ夏までにとても人にはお見せできない身体の出来上がりさ!」

サシャ「それでもいい! 今この瞬間にすべての自分の命運を預けてしまいたくなる極味が今ここにぃ!(ガツガツ)」

アニ「んんんッ――!(ギリギリグググゥゥッ)」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 21:52:53 ID:KgzCRmIg

サシャ「……ん? なんですかひもじそうな顔して。味見します?」

アニ「――ッ! ふっ、ふざけるなッ! 誰が冷凍食品なんかに魂を売るもんか!」

サシャ「あら残念。……あぁあ美味いなー! アニは食べられないなんて可哀想だなぁ~(ガツガツガツガツ)」

アニ「ぐぅぅ……! まだ、まだ屈しないぃ……私は、私は戦士なんだ……!(グールグル)」

サシャ「その威勢がいつまで続きますかね……。もうそろそろ効いてくる頃でしょうし」

アニ「ぐ……い、一体何を言って……?」

ド ク ン !

16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 21:54:15 ID:KgzCRmIg

アニ「……!?? ぅあ……ッガ――!?(ギュルルルルルルゴゴゴグググゥーーッ)」

サシャ「あはは、やっと効いてきましたね」

アニ「ギィッ――!(な、なんだ突然……!? い、胃が裏返りそうな空腹が……!)」

サシャ「どうです、凄い空腹感でしょ? さぞ辛いでしょうねぇ、ククク……」

アニ「な、何だ――ッあ……! ……あ、アンタ、わ、私の身体に、何をした……!?(ゴゴゴギュルルルルル)」

サシャ「さっきからこの部屋中に甘い匂いがしません? 実はこの香り、マックの揚げたてフライドポテトの匂いなんですよ」

アニ「! きっ、貴様ァ……!(ギューグルグル)」

サシャ「私は平気ですが。ま、よくもこれだけ長い時間無自覚でいられたもんですよ。戦士っていうのは伊達じゃないですね」

アニ「……うぅ! ぐ……!(あ……頭がクラクラして……な、何も考えられなくなる……! お、おなかが……!)」

サシャ「ククク……この匂いを嗅いだら最後、自ら食べ物を求めるようになっていくんですよ(ニタニタ)」

アニ「こ、の……!(悔しい……こんなジャンクフードの匂いなんかに……!)」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 21:57:08 ID:KgzCRmIg

ンマァァァァァイッ……

アアアアアァァァァ……

アルミン「うわっ!? 地下牢からもの凄い悲鳴が……!」

アルミン「きっと巨人化能力者も僕らと同じで痛みは消せないんだ……」

アルミン「サシャがやたら自信満々に『私に任せてくださぁい!』とか言うから任せてみたら、そ、想像以上だ……!」

アルミン「あのクールで無口なアニがこんなにも悲鳴をあげるなんて……」

アルミン「……サシャ、どんな拷問してるんだろう……?」

アルミン「……怖っ! 考えたらサブイボ出てきた……! 早く帰ろ……!(ガタガタ)」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 21:58:47 ID:KgzCRmIg

――――

サシャ「……ゲェップ。ピラフも食べ終わりましたね。腹二分目ぐらいにはなりました(ポンポン)」

アニ「げ、げほっ、ゲホッゲホッ! ッカ――!(ガクガクガクガク)」

サシャ「うひゃあ。こんなに上の口から涎垂らしちゃって……とんだ戦士様もいたもんですねぇ(ケラケラ)」

アニ「ぐ……! ふーっ……ふーっ……!(グーグーギュルルル……)」

サシャ「あ、やっぱ堪えました? まぁ常人なら一分で気が狂うような飢餓感でしょうしねぇ!」

アニ「う……!」

サシャ「さぁて、どうです? 秘密を話す気になりましたよね? アニが素直に話してさえくれれば……」

アニ「……! ……ペッ!」

サシャ「(ビチャ)」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 21:59:36 ID:KgzCRmIg

サシャ「……それがアニの答えね?」

アニ「戦士をナメんじゃなよ、芋女風情が……!(キッ!)」

サシャ「……ええよ。アニには飢える恐怖を骨の髄まで教える必要があるってわかったけん、しよんのなかね(フキフキ)」

アニ「……やってみな。私の身体は支配できても、心までは支配できないよ!」

サシャ「お望みとあらば、喜んで……よいしょっと(ガタン)」

アニ「!? そ、その鍋は……!?」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:01:06 ID:KgzCRmIg

サシャ「カレーが入った鍋ですよ。今晩のご飯はカレーだったんで持ってきちゃいました」

アニ「カレーか……調査兵団ってのもなかなかいいモン食ってるんだね……」

サシャ「ヒヒヒ……もしかしてアニ、カレーは重すぎて夜食にならないかとか思ってるんじゃないですか?」

アニ「!(ギクッ)」

サシャ「あはは、アニってば考えてることが全部顔に書いてますからねぇ」

アニ「ぐ……ふ、ふん! で、どうするんだい? あいにくカレーなんて憲兵団で飽きる程食べてるんだけど?」

サシャ「ククク……」

アニ「な、何が可笑しい!?」

サシャ「いや失敬失敬、アニの考えが予想以上に甘いので、つい……。そんな怖い顔しないでください、つるかめつるかめ」

アニ「な、何だと……!?」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:02:02 ID:KgzCRmIg

サシャ「いくら内地勤務の憲兵団様でも、これは食べられないと思いますよぉ?(ドロリ)」

アニ「はっ……!? ま、まさか……!」

サシャ「そうです。食事が終わって冷えてドロドロになったカレーです!」

アニ「ぐうっ!?(ググゥ)」

サシャ「冷えて数時間経ったカレー……いくら憲兵団でも、こればっかりは家庭でしか味わえない味ですよねぇ?」

アニ「あ、あぁ……な、なんて卑劣な……うぅ……!(グーッググーッ)」

サシャ「アツアツ状態とはまた違った食感、各具材によく染み込んだ味、これを鍋から……父さんや母さんにバレないように……(キョロキョロ)」

アニ「あ、も、や、やめて……!(ギュルルルルル)」

サシャ「お玉で鍋から直接、行儀悪く……! ハフッ……んまァーいッ!! 味がよく染みてて最高です!!(ガツガツ)」

アニ「うっ、うあああああああ……! ぐわぁぁぁぁぁ! (グゴゴゴゴガクガクガクガク)」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:02:44 ID:KgzCRmIg

アニ父『ほらアニ、もう9時だぞ、いい加減寝なさい』

豆アニ『……父さん、お腹すいた(グー)』

アニ父『さっきカレー食べたばかりだろ? それに、食べてすぐに寝ると牛さんになっちゃうんだぞ?』

豆アニ『そんなの嘘だもん! 私知ってるんだもん! ごはん! ごはん!(ジタバタ)』

アニ父『コラコラ、父さんを困らせるんじゃない、身体に悪いんだから。明日の朝ご飯まで辛抱しなさい』

豆アニ『でぇーもぉーでぇーもぉー!(ジタバタ)』

アニ父『ダメだったら。ほら、おトイレ行って来て。もう明かり消すから』

豆アニ『ちぇー(トボトボ)』

豆アニ『……あ、台所にさっきのカレーのお鍋ある』

豆アニ『冷めてる……。……(グー)』

豆アニ『……味見だけ、味見するだけなら……(イソイソ)』

豆アニ『……何コレうままっ。うままっ……!(ガツガツ)』

27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:04:13 ID:KgzCRmIg

サシャ「んー、夜食というよりつまみ食いであること、お行儀の悪さ、これは二重の意味で背徳感が……ゲプ」

アニ「あ……ああ、あ……!(ガクガクグーグー)」

サシャ「おんやぁ? どうしたんですそんなに震えて。低血糖ですか?」

アニ「だ、まれ……!(グゥーグゥー)」

サシャ「あ、わかった! アニってば、家庭的な味に飢えよっとね!」

アニ「……!(ギクッ)」

サシャ「顔色が変わったとこ見ると図星っぽいですね。わかりますよぉ、私にも田舎がありますから」

アニ「……あんたみたいなゲスに共感してもらえるとは、反吐が出るほど光栄だね」

サシャ「ククク……ヨダレまみれの口でよく吠えますね。では、これはどうでしょう?(サッ)」

アニ「……! あ、うう……!」

サシャ「見えてますか? 魚肉ソーセージですよ?」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:05:44 ID:KgzCRmIg

アニ父『はぁー今日も訓練疲れたなぁ。アニもよくついてきたな。偉いぞ』

粒アニ『……毎日言ってるけど、私はただ父さんのわけわかんない理想に付き合ってるだけなんだからね?』

アニ父『戦士になるためには必要な訓練なんだよ。文句はなし! 恨み言もなし!』

粒アニ『はぁ……いつもそれだね』

アニ父『さぁーて、風呂も入ったし、ビールだビール!』

粒アニ『はいはい、よく冷えてますよっと』

アニ父『おう悪いなアニ! もうひとつ、ついでにいつものアレも頼む!』

粒アニ『はいはい、ちょいと待っててね』

アニ「……や、やめろ……それだけは、それだけは!」

サシャ「もうやめてと言うなら巨人の秘密を喋ってからですよ。どうします? 話してくれますか?」

アニ「あ、ぐ……!(だっ、ダメだ! こんな悪魔に秘密を話したら、ライナーやベルトルト、父さんまで……!)」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:08:37 ID:KgzCRmIg

サシャ「うふふ……欲望に抗う必死なアニの顔見てたら、少し苛めたくなっちゃいましたねぇ……(ニッタァァァ)」

アニ「……!」

サシャ「さて、魚肉ソーセージを包むフィルムを剥いで……お皿に乗せて……(ムキムキ)」

アニ「そっ、そんなもん、直接齧りつけばいいじゃないか……!」

サシャ「これに醤油とマヨネーズ、七味唐辛子……と(ヌリヌリ)」

アニ「ッカ……!(ギュルルルルルルルルルルグギギギギギ)」

サシャ「これをさっと……チーン! して、簡単おつまみの出来上がりです!(ジュウウウウウウ)」

アニ「オエッ……! オエエエエエエエッ……ガッハ!(グギギギギギギギギギギ)」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:09:07 ID:KgzCRmIg

粒アニ『はいできたよ、父さん(ジュウウウウ……)』

アニ父『おぉすまんすまん。いやーこれが美味くてねぇ。ビールに合うんだよなぁ』

粒アニ『まったく、こんな安あがりなつまみで幸せになれる父さんが羨ましいよ』

アニ父『お前も酒が飲めるぐらいの年齢になればわかるさ。……どうだ、お前も少しつまむか?』

粒アニ『乙女にはもう少し上等な食べ物を勧めなよ。じゃあ私もお風呂行ってくるから』

アニ父『やれやれ、つれない娘だなぁ。誰に似たんだか』

ゴウンゴウン……チーン!

粒アニ『マヨ魚肉ソーセージうままっ……うままっ……!(ガツガツ)』

32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:10:53 ID:KgzCRmIg

サシャ「グヘヘ……やっぱり眼の色が俄然違います。こういうのがアニの好みなんですね」

アニ「あ……ガ……! や、やめ……んぐ……!(gleeオドルガッショウブ!?)」

サシャ「アハハ、もう言葉も話せませんか。そんなんで果たしてあと何分持ちますかね?」

アニ「(正気だ! 正気に戻れ私……! コイツに弱みを見せるんじゃない……!)」

サシャ「さて、ここでよく冷えた缶ビールっと。未成年だけどたまにはいいっしょ(カシュッ)」

アニ「!? ……あ、あぁ、それは……それだけは!(ガクガクガクガク)」

サシャ「じゃあいただきまーす!(ガツガツ) ……さて、マヨ七味魚肉ソーセージをビールを流し込んで……(グビグビ)」

アニ「あ、あぁあぁぁあ……!(グーグルルルルルルル)」

ハンネス「……ぷっはーッ! この一杯のために生きてるなぁ!」

アニ「ああぁあああああああぁぁぁぁあぁあぁぁぁぁああぁ!!(グリリリリリリリリリリーッ)」

33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:12:22 ID:KgzCRmIg

サシャ「おおぅいけね、ついつい『缶ビール飲ませたら日本一』のハンネス工兵隊長の声が出ちまいました」

アニ「ゲホッ! ゲホゲホッ! オエッ……! ……っく、はぁーはぁー……!(グーグーダラダラ)」

サシャ「さてさて、もういい加減喋らないと、頭の方がトンんじゃいますよ? ……グビグビ、プッハァ!」

アニ「ッ……! 常日頃からカロリー制限してる乙女が、このぐらいでへこたれると思うな……!(グーゴゴゴ……)」

サシャ「あはははははははははははははははははははははははははははははははははははは!」

アニ「(ビクッ)」

サシャ「カロリー制限、カロリー制限ッ! 言うと思ってましたよ! ダイエット!? 運動!? 規則正しい生活!?
まったく笑わせてくれますねぇ乙女とやらは! そんな脆くて矮小なプライドは、夜食が持つ圧倒的力の前にはすべからく無力だというのに!(ゲラゲラ)」

アニ「な、なにを……! く、クリスタやミーナはちゃんとカロリーを計算して、体重をキープしていただろ!?」

サシャ「ほう、言い切りましたね。ですが、これを見ても同じことを言えますかね?(シャッ)」

34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:14:36 ID:KgzCRmIg

クリスタ「おいひぃのぉ……魚肉ソーセージおいひぃのぉ……あむあむ(ジュルジュル)」

アニ「く、クリスタ!? 一体どうして……!?」

サシャ「グヘヘ……アニの心を根本からへし折るために、少しばかり洗脳させてもらいました」

クリスタ「おいひぃ……魚肉とマヨネーズは凄く合うのぉ……お夜食もっと食べるのぉ……(ジュルジュル)」

サシャ「哀れなもんでしょ? ちょっとばかり『間食最高!』ってそそのかしてやったらあの通りですよ」

アニ「な……!?」

クリスタ「あぁ……あぁあ……マヨネーズ……マヨネーズの白いの、いっぱいわたひのお口にちょうらぁい……(レロレロ)」

サシャ「あーあー、あんなに腹ボテになって……この分じゃ、流石の女神もプクプクの豚さんになっておしまいですねぇ」

アニ「……! わ、私はともかく、アンタとクリスタは仲間じゃないか! よくも仲間を、こんな、こんな……!」

サシャ「なーに、演出上必要な小道具ってヤツですよ。こういうのないと盛り上がらないでしょ?(ケラケラ)」

アニ「……!(ゾクッ) ……あ、アンタは悪魔だよ! 本物の、悪魔だ……!」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:16:18 ID:KgzCRmIg

アニ「お、おいクリスタ! 正気に戻りな! アンタにはライナーやユミルだっているだろ!? しっかりしろッ!」

クリスタ「……あぁぁ? もうソーセージない……。おかわりぃ、おかわりほしいのぉ、おかわりぃ……!(ガクガク)」

アニ「く、クリスタ!? あ、ああぁ、そんな……!」

クリスタ「おかわり……ほしい……おかわりおかわりおかわりおかわりおかわりおかわりおかわりおかわりおかわりおかわり
おかわりおかわりおかわりおかわりおかわりおかわりおかわりおかわりおかわりおかわりおかわりぃい(ガタガタ)」

アニ「く、クリスタ! くっ……!」

サシャ「ホラホラ誰が目を逸らしていいって言ったんですか! ちゃんと見て!(グイッ)」

アニ「や、やめて……! 見たくない……あんなクリスタは見たくない……!」

クリスタ「おかわりおかわりぃ……レロレレォ」

サシャ「アハハハハハハ! 自分から夜食を求めるとはとんだ淫売ですね! 女神も堕ちたものですよ!」

アニ「死ね……この腐れ外道! ぐうゥッ……!」

37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:17:27 ID:KgzCRmIg

サシャ「さーさ、クリスタ? おかわりならハンジ分隊長にお願いしてくださいね?」

クリスタ「さしゃぁあ、一緒に食べよ? 魚肉ソーセージおいひぃよぉ?(レロレロ)」

サシャ「後でたくさん食べますから。……さーさ先輩のみなさーん、この娘をお願いしますねー!」

ガチャ、バタム……

アニ「……アンタがこんな外道だって知ってたなら、訓練の時に事故に見せかけて殺しておけばよかったよ(ギリッ)」

サシャ「おー怖い怖い。……さて、そろそろおりこうさんになりましょ? アニもああなりたいですか?」

アニ「へ? ……わ、私がさっきのクリスタみたいに……?(ゾクッ)」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:18:42 ID:KgzCRmIg

サシャ「そうなると私としても困りますんで。……この魚肉ソーセージ、食べたいでしょ?(グリグリ)」

アニ「っ! や、やめて! や、やぁっ……! なにこれ……生臭い……き、きもち悪い……!(グリグリ)」

サシャ「ほらほら、その可愛いお口でズッポリ根本まで咥え込みたいって顔に書いてありますよ?(ペシペシ)」

アニ「……ッ! ナメるんじゃないよ……!(キッ!)」

サシャ「……。……気に入りませんね、その反抗的な目!(ペチーン)」

アニ「ッグハ!(ペチーン)」

サシャ「どうなんです? ホラホラ、食べたいって正直に言ってみてくださいよ(ペチーンペチーン)」

アニ「あぎっ! ぐはっ! (ペチーンペチーン)」

39 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:20:02 ID:KgzCRmIg

アニ「……っぐ……! はーっ……はーっ……!」

サシャ「さぁ、どうなんです?」

アニ「……! ……」

アニ「……♪トンヘームルグァ、ペクトゥーンサニ、マールーゴタルットーロー!」

サシャ「……! ……このぉッ!(ペチーンペチーン!)」

アニ「がはっ! ぐあっ!(ペチーンペチーン!)」

サシャ「ハァハァ……手間かけさせないでくださいよ。……さぁ、ただ一言、『慈悲を!』と言えば……」

アニ「♪トンヘームルグァ、ペクトゥーンサニ、マールーゴタルットーロー!」

サシャ「……! ……(フーッ)」

40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:21:51 ID:KgzCRmIg

サシャ「強情ですねぇ。これはもう、私も人の心も捨てる他なかね」

アニ「アンタに人の心なんかあったのかい? この悪魔め(ゼーゼー)」

サシャ「ふん、これだけはいくらなんでも出さんつもりやった……ばってん、しよんなか、本当にしよんのなかね。
私にこうさせたのはアニやけん、もし気が狂っても恨まんやってね?」

アニ「安心しなよ、アンタが攻めあぐねて音を上げる方が先さ(大丈夫……ただの脅しだ!)」

サシャ「できれば、できればこれは……本心から、出したくないと思ってましたよ?(サッ)」

アニ「!? ……!!!?」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:24:47 ID:KgzCRmIg

サシャ「さすがに信じられない、って顔ですね? そうです、夜食の王様、チャルメラ(塩味)ですよ……」

アニ「そ、そんな……! う、嘘だろ……そんなもん夜中に食べたら体重が……!」

サシャ「今更ですねぇ。いちいち体重のことなんか気にしてたら夜食なんて食べられませんって……
さぁて早速麺を茹でて……あはん、いい匂いですねぇ……(グツグツ)」

アニ「ぐッ……! 下衆が……!(ギューグルグルグル)」

サシャ「器に置いたスープの元を煮汁で溶いてーの……」

アニ「い、いちいち説明するんじゃないッ……!(ギュギュギュギュルギュルギュル)」

サシャ「呆れるほどに強情ですねぇ。一言と『食べさせてください』と懇願すれば、味見ぐらいはさせてやる用意があるんですがね……」

アニ「だっ、誰がそんなことするもんか!」

サシャ「あーら残念、ならば苦しんでもらいますね……いただきます……フーッハフハフ……ズズッ、ズズズズズーッ!」

アニ「ぐああああああああッ!! お腹が、お腹ああああああああっ!(ググゥーググゥービクビクッ)」

43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:25:35 ID:KgzCRmIg

小アニ『……(カリカリ)』

アニ父『(コンコン)父さんだ、入るぞ』

小アニ『どーぞー(カリカリ)』

アニ父『父さんもう寝るぞ……ってアニ、まだ勉強してるのか?』

小アニ『真に優秀な戦士は腕っ節でなくて頭で戦うんでしょ?(カリカリ)』

アニ父『たはは……お前には苦労かけるな』

小アニ『……別にいいよ、自分のためでもあるからさ』

アニ父『……。そうだ、アニ、お腹減ってないか?』

小アニ『え……? ……うん、まぁ、減ってるかも』

アニ父『ちょっと待ってろ』

小アニ『?』

44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:27:26 ID:KgzCRmIg

アニ父『(コンコン)入るぞ』

小アニ『なんだよ父さん……って、何これ?』

アニ父『ラーメン。やっぱ夜食にはこれだろ(ホカホカ)』

小アニ『……あのねぇ父さん? 女の子にはダイエットって厄介な概念があるの、知ってる?』

アニ父『たまにはいいだろ、な? ほら、ネギもたっぷり刻んだし』

小アニ『はぁ……。いいよ、ありがたく受け取っておくよ』

アニ父『ははは、そうか。……じゃあなアニ、勉強もほどほどにな?』

小アニ『はいはい、おやすみ(バタム)』

小アニ『……ラーメンうめぇー。やっべぇチャルメラの塩味超好き。うままっ、うままっ……!(ズルズル)』

46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:29:23 ID:KgzCRmIg

アニ「ぐっ……はぁー……はぁー……ガフッ!(グーグルルルル)」

サシャ「おやおや、なんですか情けないなぁ……。まだ最初の一口しか食べてませんよ?」

アニ「くっ、ま、まだだ……! たかがラーメンごときに……!(グーググー)」

サシャ「まだまだ地獄はこれからですよ……ズゾゾゾゾッ、ハフハフ……ズズーッ! ハフシハフシ……」

アニ「ぐ、あぁ……!(落ち着けアニ・レオンハート! 見るな! 五感を閉じて何も感じるんじゃない!)」

サシャ「ハフハフ……ズズーッ! ズゾゾゾゾズートルビ……、あ、いけね、ネギが飛んだ」

アニ「……!(く、も、もう意識が……! 父さん、私に力を……!)」

サシャ「ズズーッ! ……ふぅ。もう半分は食べましたかね?」

アニ「(あ……あと半分……な、なんとか耐えられる……!)」

47 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:30:44 ID:KgzCRmIg

サシャ「じゃあここらへんで、ラーメン恒例の味変祭りと行きましょうか……(ニタニタ)」

アニ「!?」

サシャ「まず、おろしニンニクをたっぷり入れてー……(ニュルルルルル)」

アニ「そ、そんなにニンニク入れたら……明日の朝みんなに大顰蹙を買うのに……!」

サシャ「さらにこれにバターを載せてーの……スイートコーンを載せてーの……胡椒を振ってーの……」

アニ「あ……も、や、やめっ、やめて……!」

サシャ「んーいー香りだなぁー。それじゃいただきまーす。……ハフハフ……ズズッ! ズゾゾゾゾゾーッ!」

アニ「ひぎぃぃぃ! やめてぇ夜中にそんないい音立ててチャルメラ食べないでぇぇぇぇっ!(ググググゥーッギリギリミチミチ)」

48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:32:39 ID:KgzCRmIg

アニ父『おーい、そろそろメシにしよう』

中アニ『はいはい。ほら、父さんの大好きなインスタントラーメンだよ』

アニ父『おっ、嬉しいねぇ! これがなかなかどうして旨いんだよな……ズズズッ!』

中アニ『いただきます。……ズルズル(貧乏味覚は遺伝するのかね? 私も大好きだし)』

アニ父『おいアニ、胡椒取ってくれ。あとニンニクとバター』

中アニ『……またニンニク入れるの? まだ昼間だよ?』

アニ父『いいだろ今日は休日だから誰とも会わないんだし。うりゃ(ネリネリ)』

中アニ『はぁ、マナーがなってない父親を持つと苦労するよ(ネリネリ)』

アニ父『なんだよぉ、お前だって結局ニンニク入れるんじゃないか』

中アニ『私はいいんだよ。後で牛乳飲むし(ネリネリ)』

アニ父『ちぇー、可愛くない娘だなー』

中アニ『(ニンニク入りラーメンうままっ! うままっ! うんめぇ~)ズルズル』

49 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:34:15 ID:KgzCRmIg

アニ「ガハッ……! ゲホッ、ゲホゲホッ! う……!(ダラダラ)」

サシャ「あーあーもーこんなにヨダレ垂らしちゃって。そんなに美味しそうでした?(ニタニタ)」

アニ「っ! や、やめろ……見るな……見るなぁっ! 私は耐える、この程度の拷問如き、耐えてみせる……!」

サシャ「ククク……」

アニ「何が可笑しい!?」

サシャ「まさかアニ、これで終わりだと思ってるんじゃないでしょうねぇ?」

アニ「え……?」

サシャ「まだあるじゃないですか、ホラ。ここに飲み残したスープと、さっき炊きあがった新米が……ククク」

アニ「お……あ、あぁあぁあああ……、ま、まさか……!」

サシャ「やっぱりラーメンの最後はおじやですよねぇ?(ニタニタ)」

アニ「(む、無理だ……! こ、こんな責め、どうやって正気を保てば……!)」

50 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:38:13 ID:KgzCRmIg

アニ「わ、わかった! 巨人の秘密は喋る! だから、そ、それだけはやめてっ!」

サシャ「え?」

アニ「(父さん……ライナー……ベルトルト……! ごめん……!)」

サシャ「……本当に? なんだ、呆気ないなぁ」

アニ「……ぐっ! ……な、なんでもだ、なんでも喋る! 聞かれるままに洗いざらい全部喋るよ!」

サシャ「……ふむ」

アニ「だ、だから、それだけは……!」

51 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:39:08 ID:KgzCRmIg

サシャ「残念ですが……一足遅かったですね」

アニ「……! あ、あぁ……そ、んな……!(ガチガチガチガチ)」

サシャ「もう手遅れです。実は私、秘密なんかどうでもよくて、ただ夜食が食べたくて仕方がないだけなんですよ……(ニッタァァァ)」

アニ「あ、あぁ……! や、やめてぇ! もうやめてぇ! 私だってあんなことやりたくなかったんだ!
ごめんなさいごめんなさい! だからそれだけは……慈悲を……どうか慈悲を……! あぁあぁあああぁぁ!!(ギシギシ)」

サシャ「堪忍してねアニ、もうウチも食欲が止まらんとよ……」

52 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:40:01 ID:KgzCRmIg

サシャ「見えとると見えとると? ホラ、こんな風にスープにご飯を適当にヨソって……(マゼマゼ)」

アニ「あぐうッ……! や、やめて……そんなことされたら、あ、たま、あらまがおかしく……!(グルグルグル……)」

サシャ「更にその上から生卵を入れてー(パカリ)」

アニ「ひぎぃぃぃ! た、たまごらんていれたらぁ……! 胃が、胃がねじ切れひゃうぅ……!」

サシャ「これをさっとチンして……と(ゴウンゴウンゴウン……チーン)。ハイ出来上がり」

モッファァァァァ……グツグツグツグツ……

アニ「んぎぃッ!!(ビグン! ガクガクガクガクギュルルルルルゥゥゥギリギリギリギリ)」

53 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:41:06 ID:KgzCRmIg

サシャ「あぁ……ついに、ついに降臨しました! これが、これこそが夜食の王様……!」

アニ「ぐぴゅっ……! ら、らめぇ、やめてぇ! お願いだからやめてぇ!(ガクガクガクガクグーグルガーグル)」

サシャ「では早速、いただきまふぅ……フゥーハフハフ、モグモグ!
フハハ……フハハハ! んまぁーいッ! んますぎるゥゥゥ!! アハハハハハハハハ!!(ガツガツガツガツ)」

アニ「んああああああああああああッ! あっ、ッァアァァアアアアアアァァアアァアァアアァア!!(ビグンビグン)」

サシャ「ラード、ニンニク、バター、胡椒、ご飯、卵、すべての旨みが濃厚に絡み合い喉を通るたびに幸せを感じる!
満ちる……満ちていきますよぉぉぉ!! 私の胃袋がこの至宝で満ちていく! アハハハハハ!!(ガツガツガツガツ)」

アニ「ぐあああああああああああッ! そんなにガッツいちゃらめぇ! ぁぁああぁぁあああっ、ああぁあぁあァァァ!
お腹がぁ! お腹がぁぁぁっ! いっぱいになるう゛っ゛!……んほおお゛あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛っ゛!(ビグンビグングリグリグリブチブチチチッ!!)」

54 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:41:38 ID:KgzCRmIg

アニ父『アニ……。俺が間違っていた――』

大アニ『……』

アニ父『今更許してくれとは言わない。……けど、一つだけ頼みがある』

アニ父『この世のすべてを敵に回したっていい。この世のすべてからお前が恨まれることになっても、父さんだけはお前の味方だ』

アニ父『だから、約束してくれ……』

大アニ『……』

アニ父『…………………………帰って来るって――!』

大アニ『(……昨日の夜に食べたラーメンおじや美味しかったなぁ……)』

アニ「ああぁぁぁぁぁあぁあぁぁぁぁぁああああぁああぁぁぁぁああぁぁぁっ!!」

drivemycar228
drivemycar228
@drivemycar228

Related Articles関連記事

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツは『進撃の巨人』の登場人物で、「始祖ユミル」とも呼ばれている。エルディア人こと「ユミルの民」の始祖となった女性で、光るムカデのような生物と接触したことで彼女は「始祖の巨人」の能力を得たとされている。マリア・ローゼ・シーナという名前の3人の娘達がおり、パラディ島の3重の壁は彼女達の名前から名付けられた。ユミルの死後、巨人化能力は3人の娘達に引き継がれ、さらに子々孫々に脈々と継承されることとなった。

Read Article

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団に所属する兵士長。1人で1個旅団(約4000人)並みの戦力を持つとされ、「人類最強の兵士」として名高い。三白眼と刈り上げた髪型、小柄な体格が特徴で、ブレードを逆手に持って回転しながら巨人の肉を切り刻む戦闘スタイルを好んでいる。性格は冷静沈着で無愛想。スラム出身ということで言動も粗暴である。神経質で潔癖症だが、部下の最期を看取る際には汚れを気にせず手を握るという仲間想いの一面もある。

Read Article

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄。「獣の巨人」の継承者として調査兵団の前に立ちはだかり、高い投擲能力で多くの兵士を殺傷した。「九つの巨人」の継承者で組織されるマーレの戦士部隊のリーダーであり、多くの戦場でマーレに勝利をもたらしてきた。しかしその真の目的はエルディア人の救済であり、全てのエルディア人から生殖能力を奪うことで巨人の力を巡るこれ以上の悲劇を起こらないようにしたいと考えている。

Read Article

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハートとは、『週刊少年マガジン』に連載されている諫山創原作の漫画・テレビアニメ作品に登場する人物である。主人公のエレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団に所属し、卒業後は憲兵団に入団する。口数が少なく感情を表に表さないため、取っ付きにくい印象を与える性格。しかし格闘技に優れており、冷静な判断を下せるため訓練兵団卒業の際は4位の成績を収める実力の持ち主。

Read Article

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で、ユミルの民であることを偽造してマーレ人になりすまし、マーレ治安当局の職員として潜入していたエルディア復権派のスパイである。九つの巨人の一つである「進撃の巨人」の力を身に宿し、通称「フクロウ」と呼ばれている。 ユミルの呪いによって寿命が近い自分の代わりに、グリシャ・イエーガーにエルディア復権の願いを託して壁の中へ行くよう指示した。その後進撃の巨人を継承させる為無垢の巨人化したグリシャに捕食され、スパイとしての任務を果たし、その生涯を終えた。

Read Article

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガーとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の主人公。壁の外の世界に強い憧れを持っており、幼少期から調査兵団に入ることを目指してきた。その想いは、母親を巨人に食い殺されたことで一層強まり、調査兵団に入って巨人を駆逐することを心に誓う。性格は熱血漢で直情的。無鉄砲と思えるほどの勇敢さから、強大な巨人相手にも物怖じせずに向かっていく。命の危機に瀕した際に巨人化する能力に目覚め、人類の自由のためにその力を振るっていくことになる。

Read Article

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスターとは『進撃の巨人』の登場人物で、104期訓練兵団の卒業生。当初は駐屯兵団に所属していたが、ウォール・マリア最終奪還作戦の前に調査兵団に移籍した。「獣の巨人」を倒すための特攻作戦では唯一生き残り、瀕死のエルヴィン団長をリヴァイ達の元へ連れて行った。その後はエレンをパラディ島の救世主として祭り上げる「イェーガー派」の中心人物として、兵団総統を暗殺しクーデターを先導した。

Read Article

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライスとは『進撃の巨人』のキャラクターでマーレの戦士候補生。戦士候補生の同期であるガビ・ブラウンに好意を抱いており、彼女を救うために「鎧の巨人」継承を目指している。内気な性格だが、「悪魔の末裔」と言われるパラディ島の人々に対しても自分達と変わらない人間だと捉える優しい心の持ち主。心的外傷を負った兵士にも親切に接しており、そこでクルーガーと名乗る負傷兵と出会い、交流を深めていく。

Read Article

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で「車力の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成されるマーレの戦士の一員として、数々の戦場で功績を打ち立ててきた。当初は始祖奪還計画に参加せずマーレ本国を守っていたが、850年「獣の巨人」であるジーク・イェーガーと共にパラディ島に上陸する。ウォール・マリア奪還を狙う調査兵団との決戦では後方支援を担当し、負傷したジークと「鎧の巨人」であるライナー・ブラウンの逃走を助けた。性格はマイペースだが、冷静沈着で判断力に優れている。

Read Article

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディスとは『進撃の巨人』の登場人物で第104期訓練兵団の指導教官。スキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられている。元々は第12代団長として調査兵団を率いていたが、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせたにもかかわらず成果を残せなかったことから、自分の無能を悟りエルヴィン・スミスに団長職を引き継がせた。主人公エレンの父親であるグリシャ・イェーガーとは以前から面識があり、彼が消息を絶つ直前に顔を合わせた最後の人物である。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの父。シガンシナ区で診療所を開き街の人々から尊敬を集めていたが、シガンシナ区に巨人が流入した後行方不明となる。失踪直前エレンに巨人化の薬を打ち込み、世界の真実が隠された自宅地下室の鍵をエレンに託した。物語中盤で彼が壁外の世界から「始祖の巨人」奪還のためにやってきた巨人化能力者であったことが明らかとなる。

Read Article

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の団員。主人公エレン・イェーガーとはウォールローゼ南区第104期訓練兵団時代の同期である。責任感が強く、リーダーシップもあることから同期の中ではまとめ役を担っていた。しかし、その正体はウォール・マリアを破壊した「鎧の巨人」であり、始祖奪還を目的にパラディ島に送り込まれたマーレの戦士である。正体が判明した後はたびたびエレン達と対立し、始祖の力を巡って死闘を繰り広げていく。

Read Article

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリスとは『進撃の巨人』の登場人物で、憲兵団の新兵。アニ・レオンハートとは同期でルームメイト。ウェーブヘアが特徴の少女で、軽薄で不真面目な言動が多い。他の新兵同様安全な内地で楽をするために憲兵団に入ったが、実は機転の利くところがある。アニのことは愛想のない同期だと思っていたが、ストヘス区の戦闘以降行方不明になったことを心配しており、アニの正体が「女型の巨人」であることを知って大きなショックを受けていた。同期のマルロ・フロイデンベルクに好意を持っているが、マルロ本人は気づいていない。

Read Article

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツとは『進撃の巨人』の登場人物。主人公エレンの父親グリシャの前妻で「獣の巨人」ジークの母。その正体はフリッツ王家の末裔。ストーリー上、巨人の歴史と王家の情報を語る重要な役割を持つ。パラディ島に移住することを拒みマーレに留まった一族は、代々巨人の情報を隠し持っており、その末裔であるダイナはエルディア復権派と共に始祖の巨人の奪還を企てるが、計画は息子ジークの密告により失敗。ダイナは巨人化後、グリシャの後妻であるカルラを捕食する。最期はエレンの持つ座標の力で巨人の群れに喰われた。

Read Article

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物で、中央第一憲兵団対人立体機動部隊の隊長。かつて「切り裂きケニー」の異名を取った大量殺人鬼だったが、ウーリ・レイスとの出会いを経て現在は中央第一憲兵団に所属し対人戦闘を専門とする部隊を率いている。リヴァイ・アッカーマンの育ての親であり、彼に戦闘技術を教えた人物でもある。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、対立した調査兵団を大いに苦しめた。

Read Article

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルトとは『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。金髪ボブカットの中性的な外見を持つ。大人しいが芯の強い勇敢な性格で探求心が強い。祖父の影響で人類はいずれ壁の外に出るべきだという思想を持っており、エレンが外の世界に憧れるようになったのもアルミンの影響である。小柄で身体能力は低いものの、知能や判断力はずば抜けており、エレンや調査兵団の窮地をその知略で度々救っている。

Read Article

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団第13代団長である。調査兵団は人類の生存圏を広げることを目的とし、日々巨人との死闘を繰り広げている。その類まれなる頭脳と判断力から大きな功績を挙げているが、目的のためなら手段を選ばない非情さから「悪魔的」と称されることもある。彼の真の目的は世界の真実を解き明かし、「人類は王家によって記憶を改竄された」という父の仮説を証明すること。人類最強と称されるリヴァイ兵士長を調査兵団に入れたのも彼である。

Read Article

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマンとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。本作のヒロイン的ポジションで、幼い時にエレンに助けられた経験から、彼を守ることを自分の使命だと考えている。驚異的な身体能力を持ち、トップの成績で訓練兵団を卒業。実戦でも1人で複数の巨人を討伐する実績を残す。性格は寡黙で口下手だが、エレンのこととなると取り乱す一面もある。物語後半において、母方の祖先が東洋にあるヒィズル国将軍家だったことが明らかになった。

Read Article

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で、「マーレの戦士」候補生。天真爛漫で型破りな性格で、憧れの従兄であるライナーから「鎧の巨人」を継承するため日夜訓練に励んでいる。パラディ島のエルディア人を悪魔の末裔として強く憎んでおり、彼らを皆殺しにして自分達善良なエルディア人を収容区から解放することを願っていた。しかし成り行きでパラディ島に渡ることとなり、そこで出会った人々との交流からガビの考え方は変化し始める。

Read Article

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイスとは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。壁内人類の真の王家であるレイス家当主。実質的には壁内での最高権力者である。ウーリ・レイスの兄であり、フリーダ・レイスやヒストリア・レイスの父親。正妻との間に5人の子がいたが、当時使用人として働いていたアルマとも関係を持ち、ヒストリアが産まれたことにより、事実的には子供は6人。だがグリシャにより正妻との間の子は皆殺されてしまい、生き残っている子供はヒストリアただ1人である。

Read Article

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタインとは『進撃の巨人』の登場人物で、調査兵団に所属する兵士。第104期訓練兵団を6番で卒業した。自己の保身を第一に考える現実主義者で、思ったことを率直に言い過ぎる性格からたびたび主人公のエレン・イェーガーと対立していた。当初は巨人の脅威から逃れるために内地への配属を希望していたが、友人のマルコ・ボットが戦死したことで考えを大きく変え、調査兵団に入団する。入団後は持ち前の現状把握能力を活かして同期のまとめ役として活躍した。

Read Article

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団所属のベテラン兵士。初登場時は分隊長だったが、後にエルヴィン・スミス団長の後を継いで調査兵団第14代団長に就任する。ゴーグル(平常時は眼鏡)を着用し、茶髪を無造作に1つにまとめた中性的な外見をしている。明るく聡明な人物だが、巨人に対する情熱は人一倍で変人揃いの調査兵団内でも特に異彩を放っている。ウォール・マリア最終奪還作戦以降は左目を負傷したことから眼帯を着用している。

Read Article

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ(ヒストリア・レイス)とは、諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物。第104期訓練兵団卒業生であり、主人公エレン・イェーガーは同期の1人。小柄で温厚、思いやりのある可愛らしいアイドル的な存在として登場する。同期のユミルと仲が良い。成績10位以内に入っているが、実際はユミルからその座を譲られただけで身体能力は人並みである。本名はヒストリア・レイスといい、壁内世界の真の王家の末裔であることが後に発覚する。

Read Article

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナとは『進撃の巨人』の登場人物で反マーレ派義勇兵の中心人物。マーレに滅ぼされた国の出身で、「獣の巨人」継承者で王家の血を引くジーク・イェーガーの信奉者として活動し、パラディ島の近代化に大きく貢献した。ジークの提唱する「エルディア人安楽死計画」達成のためなら寝食を共にした仲間すら殺害する冷酷な性格の女性。しかし実際にはマーレの被害者というのは虚偽であり、「世界を救う英雄」に憧れているだけのごく一般的なマーレ人である。

Read Article

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の兵士。坊主頭が特徴で、小柄な体格を生かした小回りの利く機動を得意としている。バランス感覚にも優れ104期訓練兵団を8番の成績で卒業したが、少々頭の回転が鈍く同期達からはバカ扱いされている。同期のサシャ・ブラウスとはバカ同士気が合うようで、よく訓練中に2人でふざけていた。当初は憲兵団を志望していたが、主人公のエレン・イェーガーに感化され調査兵団に入団を決めた。入団後はムードメーカーとして活躍する。

Read Article

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガトとは『進撃の巨人』の登場人物でマーレ軍エルディア人戦士隊隊長。後にマーレ上層部が全滅すると元帥に就任した。ジーク・イェーガーやライナー・ブラウンら「マーレの戦士」達を選抜し育て上げた人物でもある。性格は厳格で戦士候補生に対する態度も威圧的だが、大多数のマーレ人とは異なりエルディア人に対する差別感情は薄く、部下たちを1人の人間として尊重している。現状認識能力に優れ、始祖奪還作戦を数人の子供に託すマーレ軍上昇部の正気を疑っていた。

Read Article

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウスとは「進撃の巨人」シリーズの登場人物であり、主人公エレン・イェーガーと同じ調査兵団に所属している女性。頭はあまり良くないが、並外れた身体能力と勘の良さは周囲からも認められている。狩猟を生業とする村の出身であるため、食べ物には目がなく食料庫からよく盗みを働いていた。方言で話すことに抵抗があるため他人には敬語で話す。天真爛漫で非常にマイペースな性格の持ち主である。

Read Article

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団団員。第104期訓練兵団を3位で卒業し、どの分野でもそつなくこなすことができる優秀な人物である。ただし優柔不断で判断を他人に任せる傾向があり、積極性に欠けることから他の同期と比べると少し影が薄い。その正体は、ウォール・マリア陥落の主因となった「超大型巨人」であり、始祖奪還作戦のために大国マーレから派遣された「マーレの戦士」の1人だった。任務を達成し故郷に帰ることを切望していたが、結局その願いは叶わず異国の地で命を落とすこととなる。

Read Article

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアードとは『進撃の巨人』の登場人物で「顎の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成される「マーレの戦士」の一員として、「顎の巨人」の持ち味である硬い顎と牙や俊敏性を活かし数々の戦場で活躍している。戦士候補生時代の同期であるライナー・ブラウンとは「鎧の巨人」継承権をめぐって争ったライバルだった。自分ではなく能力の低いライナーが「鎧の巨人」継承者として選ばれたことや、兄のマルセルがライナーをかばって巨人に食われたことから、ライナーに対して悪感情を抱いている。

Read Article

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、レイス家の長女。黒髪で青い瞳を持つ。レイス家当主のロッド・レイスとその正妻の第1子として生まれた。表向きは地方の貴族として振る舞っているが、実際は壁内の真の王家の末裔。レイス家に代々引き継がれている特別な巨人能力を叔父のウーリ・レイスから引き継ぎ、宿している。本人の飾らない性格は多くの者から慕われており、妾の子である異母妹ヒストリアにも姉として優しく接していた。

Read Article

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシスとは『進撃の巨人』の登場人物で駐屯兵団の司令官。スキンヘッドと口ひげが特徴の年配の男性。巨人との戦いの最前線である南側領土の最高責任者として、果断な指揮を振るい人類を守り抜いてきた。人類の勝利のためなら成功率の低い作戦でも取り入れる柔軟な判断力の持ち主だが、飄々とした言動や戦場でも酒を持ち歩く姿勢から「生来の変人」としても知られている。トロスト区攻防戦では巨人化したエレン・イェーガーによる穴の封鎖作戦を採用し、人類の勝利に貢献。兵団によるクーデターの際も大きな役割を果たした。

Read Article

目次 - Contents